スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) |
CM(-)

やる夫達で>>1の地元の歴史談話を描く様です まとめ一覧




やる夫達で>>1の地元の歴史談話を描く様です まとめ一覧

備考:やる夫スレヒロイン板 http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1268960637/


第一回】  【第二回】  【第三回】  【第四回】  【第五回】

第六回】  【第七回】  【第八回】  【第九回】  【第十回】

【第十一回】 【次回作安価 + 冒頭】   【第十二回】 【第十三回】

【第十四回】(07/13) 【短編前編】 (03/21) 【短編後編】 (03/21)

本スレ
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1268960637/



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                 Д_____________________Д
                 [[]!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!![]]
               |-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.|
               |.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=|
                  ノ-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.ゝ.
              ノ=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.ゝ、
            キIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIヤ.
           ノ_二三_-==-_─ ̄三─≡ ̄-三==_-二=三≡-_─_二三_-==ヽ、.
          /二=_-三 ̄≡_-==─≡_- ̄_=≡_二三二=_-三 ̄≡_-==─≡_- ̄_=\,,
      ,,_,,,-''''=_-三 ̄≡_-==─≡- ̄_=≡__二三二=_-三≡_-==─≡_- ̄=≡_二三''''-,,_,,.
_,_,,_,,,-'''____________________________________ "''-、,,,_,,_,_,,_ 
ヽ @==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@ ヤ
 `ヽ丶.}{ |艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸| }{  /
   \}{ |l|! ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄/ ̄ ̄~\|| ̄ ̄::┣━Д━┫:: ̄ ̄|| ̄ . : "´  ̄ ` : 、|| ̄γ∴⌒∴⌒ .;}{/
     }{ |l|!: ::::::::|iiiiiiiiiiiiiiiii|iiiiii./ ⌒   ⌒\jjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjj|iiii.,:::::::::::::::::::::::::::ヽ::、(∵ ∴丿;∵;∴ヾ∴ヽ
  γ;;⌒ ノヽ;;);⌒ ヽ:::::::::::::::| :::/   (●) (●)ヽ |__||__||__|  |//:::,::::::,:::::::、:::::::、::ヾ:.∵丿∴ゝ∵∴):∴::∴):
r;;ゞ(;:: 丿;:: ;;;;;ヾ;;),,):.__| ..| ⊂⊃(__人__)⊂|=.=.====.== l,f:::i|_:::::|:::::::||:::::_|i::::i::|::∴ ソ)::〆:ソ":(∴;(∴;ヾ)
(:: ;;;;ソ;; ) ;::ソゝヾ) ;;):::)==ii .|      (_/´  .|________|^|:|:::::|(●)  (●)|::::::|:| ∴(;ゝ(:::∴ ソ)::〆:ソ" |;`ベ
(::: :(;;;;;(  ;::). (;ゝノ ::)Y...|| ヽ         /----------------- |:|::::_|    ,、    |_::::|::| ゙∴;(∴ ∴(;ゝ(:::∴ ソ)::〆:
((:::(::;〆;;;ゝ;:: ;::))( ;::),ブ__||__/   ヽ     ノヽ-----------------..|:|:´:|゙:、/ |l|\,.ィ|:`::|::| ゝ(:::∴ ソ)(∴ ∴::〆:ソ"ヘ∴;
`ベ(; ゛(;;; (:::: ソ)::〆:ソ|il!li!./ /   ∩ノ ⊃|  |----------------- .|:|::::|::/   |  ゙ヽ::::|::|:(:;;ソ∴∵丿∴ゝ∵:(:;;∴∵丿∴;
: : : : : : : : ゝ|;il|!|ソ´~: : : : ; (  \ / _ノ |  | : : : : : : : : ; : : : : : : :.:..:|:|::::|/   ∧   |::::|:::|; : : :ゞ|;il|!|;il|!|/: : : : : ; : : : : : : : :
: : : : : : : : ノ;ハノリヽ_ : : : : ; : .\ “  /__|  | : : : : : : : : ; : : : : : : : : |:|::::|  /,| ヽ  |::::|::|i : ; : :ノ;ハノリハノリヽ_: : : : ; : : : : : : : :
: : : : : : : :^"''`"" ^: : : : ; : : : :. \ /___ / : : : : : : : : : ; : : : : : : : :.|:|:i'l〉イ´  .|  `ト〈'i,:|::|| : : : ⌒^"''`"" ^ : : : : : : ; : : : : : :
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




スポンサーサイト

やる夫達で>>1の地元の歴史談話を描く様です 第一回



1 名前:1 ◆e2.bUZZKrg[saga] 投稿日:2010/02/19(金) 01:11:35 ID:JXB4lPkI



         |
    / ̄ ̄\
   /   _ノ  \.  このスレで今から扱うのは、>>1の地元に伝わる昔話を基にした短編AAだ。
   |    ( ●)(●)
.   |      (__人__)   なるべくその土地の雰囲気を描けるよう、台詞が方言になるがご容赦願うだろ。
   |     ` ⌒´ノ
.   |         }.    。  もし元の話をご存知でも、投下終了までは常識的にネタバレはご留意願うだろ。
.   ヽ        }    /
    ヽ     ノ   ./     あと性的な描写や暴力的な描写があるので苦手な人は気をつけて欲しいだろ…。
     / lヽ介/lヽ、 ,rE)
.     | | ~ヾ/~ |. ソ◇'
    | |  ゚|  |\/____E[]ヨ___________
  _ | |  ゚|  |__
  |\  ̄ヽ⌒ヽ⌒ヽ \
  |\\  ⌒  ⌒ 甘 \
  |  \| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|



やる夫達で>>1の地元の歴史談話を描く様です 第二回


45 名前: ◆e2.bUZZKrg[saga] 投稿日:2010/02/20(土) 00:10:39 ID:eyD4I0KM



              ” `.  :;.;;、'::;.;;、':` ;;:.;;、':.;。:.;;:; :;.;;::;:;、':.;。::;./.;ヽ;;、':.; ;:;'`。::;.;;、':.;
ぃ=-==ー=ー=-==ー=ー``.;; :;;、':、、,...;:;.,.γ,.,;ヽ  ,i'; ;':;:;,,:,";、;、'..:.`;;:.;;、:;:;。  ::;/.;ヽ;、':.;;:。.:.
ヽ,、二,、二,、二,、二,、二,、二,、二,、二:;.;;、'::;.;;、':;;、':.;"''""'''。::;.;;、':.;;::.;;:;'`。;:;'`::;:;'`;:;'`;.;ヽ、;
二,,、二,,、二,、二,、二,、二,、二,、二,、二,、:,"、':.;;::.;。::;.;;、':.;;;:;'`;:;'`:。;:;'`;:;'`。;、;、'..:.`;;:.;
、二,、二,、二,、二,、二,、二,、二,、二,、二,、二,、二;,,.;:;',.,`;:;'`、':.;;::.;。;:;'`;:;'`::;.;;、;:;'`':.;;;:;'`:。;
;;、二,、二,、二,、二,、二,、二,、二,、二,、二,、二,、二;:;'`;:;';::. ;。::;.;;、':.;;`\; ''i_,;/ ヽ::.;。::;.
;:;;、二,、二,、二,、二,、二,、二,、二,、二,、二,、二,、二,;;;。::;; :;'`;:;'`;: ;'`.;;.γ  、':.;;'''。::;.;;、':.;;
⌒y⌒y⌒y⌒y⌒y⌒y⌒y⌒y⌒y⌒y⌒y⌒y⌒y"''ー',.,.,;:;'`;:;'`;:;'`;:;'`,i'  /ー、;、ー':;、':.
二,_,二,_,二,_,二,_,二,_,二,_,二,_,二,_,二,_,二,_,二,_,二,_,二,_,二, ;:;, '';;'",,i' ...;; .,i''''。::;.;;、':.;;
  .:I,,i__I   |;;| |   I,,i__I   I,,i__I    |;;| i I,,i__I __,i` ;; ;:;/'''。::;.;;、':.;;
,;__,;____"''三二|;;| 二i]_,__,;_,;__,;__,;___,_;__,,,;;三二|;;| 二i]    、i ;:;: ;:`;:;:
 li____li____li__,,,|;;i |li____li____,li          |;;| | |:i |  ;; ;;:;,i '|:;| |
 li____li____li__,,,|;;i |li____li____,li          |;;| | |:i |  / :;;:;,;i.:..|:;| |
 li____li____li__,,,|;;i |li____li____,li          |;;| | |:l | ,i  ,;,;,i' `-"__..,.,__,.,______、,/
 li____li____li__,,,|;;i |li____li____,li          |;;| | |:i |,i`  :;:; ,___.,i.,__,,く.,__,,,_)___/
 li____li____li__,,,|;;i |li____li____,li          |;;| | l:i (ヽ ;;:;:;i,,___.,i.,__,,く.,__,,,_/_/
        |;;i |               |;;| | ゙,i` : ー /__ヽ,___.,i.,__,,く.,,./
        |;;i |               |;;| |  i  ;;:;:;i'ヽ,__く.,_.,ヽ.___/
        |;;i |               |;;| |,.,i' ..:;;;:;:;i'  ヽ.____i_, /
─────=|;;i |;;=─────────-i;;|_,,';; :;;:;,;:i':ノ    ヽ,./
______,|;;i |___________,_______ ,,i:'`.:.:;,.,: :;,i'ヽ;,,.   /
       ,.,’ー‘,,             .ノ;;,;, ':.;。::;.;;、' :.i /
                        ;'`、':;.;;::  .;。;:;'`/
__________,,.,______________,_____/

     |┃
 ガラッ. |┃
     |┃  ノ//
     |┃三      / ̄ ̄\
     |┃      /  ⌒  ⌒\
     |┃      /   (⌒) (⌒)ヽ
     |┃三   .|    (__人__) |  ただいまを言う相手もいな~い♪
     |┃三   .|      `⌒´  |
     |┃  ノ// ヽ         /
     |┃三   / ヽ       ノヽ
     |┃    /           ヾ



やる夫達で>>1の地元の歴史談話を描く様です 第三回


139 名前: ◆e2.bUZZKrg[saga] 投稿日:2010/02/20(土) 01:09:56 ID:eyD4I0KM



        / ̄ ̄\
      /   _ノ  \  さて、ここから先は>>1の妄想と電波に基づく異説だ。
      |    ( ●)(●)
     . |     (__人__)  >>1が疑問に思ったきっかけは「侍中由緒帳」という
       |     ` ⌒´ノ  彦根藩士達の記録帳を読んだ時だ。
     .l^l^ln        }
     .ヽ   L       }  第十巻の巻末にある孕石家のあとがきには、徳左衛門が突然出家したとある。
       ゝ  ノ    ノ   そしてこの人物が件の皿屋敷に出てくる孕石家の嫡男・政之進のモデルだと思っただろ。
     /   /     \
    /   /        \      だが五百石もの資産がありながら何故出家するに至ったのか?
  . /    /        -一'''''''ー-、.  年収2500万が約束されてるのに突然それを捨てられないだろ?
  人__ノ       (⌒_(⌒)⌒)⌒))



やる夫達で>>1の地元の歴史談話を描く様です 第四回


207 名前: ◆e2.bUZZKrg[saga] 投稿日:2010/02/23(火) 00:03:10 ID:2GkRNtLI



          .  / ̄ ̄\
          ./ _ノ  .ヽ、\
          .|  (●)(●) |  この作品を投下する前に、初めに断っておくッ!!
.          .|  (__人__) .|
           .|   ` ⌒´  ノ  今回の物語は>>1が主人公の男と舞台を描きたかった故電波と妄想を史料で包んだ結果だ。
           ヽ  ._   .}   ハッキリ言って歴史考証価値ゼロ、口に出すのも憚れるほどの内容だろ。
            ヽ_/ } . ノ
            /、 〈  く    まぁこんな男が居て、こんな場所があったって事だけご理解願えると幸いだろ。
           ハ ヽ Y`ー.、i
           { ヽ_ゾノ-‐1    だから大人な気持ちで読んで貰えると主演の俺も救われるだろ、常識的に…。
           `¨´┬' . |



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。