スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) |
CM(-)

やる夫が正史を書くようです 第二十二回後編

※今回投下前までの雑談等追加したのを見る方はこちら

583 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/22(日) 21:38:11.98 ID:ViRNruUo



              i、 〈l〈l r,==¬
             -=| |=‐  |.|   |.| o o o
       /       i7 |.| 「/   L===」
      〈        ゙'
      /      、ー--‐へ、 (⌒\          「やる夫が正史を書くようです」第二十二回後編……!
  .  , '      l`i‐r-ゝ  v   \\、ヾ;  ヽーァ─
    /イ    :ト、!│| ! , ij   u \ヽリ   ∨     .>>1は投下中、読者のレスには反応しない……!!
    │,イ   | u | | l∠ニ  u    ト、     ヽ  /
     l/ | ,イ |─ァつ_ ~U~ u/;⌒i   |:: \   ヽ /   俺みたいな小者がこんな役やっていいのかよ……!!!
      レ W f/ ノ ,.- // ./ j v |:: u \  V
           { /つ ィ .// /   u  |::v /ヽ.  i
          l /つ/ レ'  〈__,.ヘ   | ̄7  ヽ |
          ヽ ヘ'v ー-、 ノ  ヽ  | /    W
            \ ij 0 ヽ.   `ー' | r‐¬ |
             \ ノ O \    |_!o ol_|



584 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/22(日) 21:40:02.07 ID:ViRNruUo



【紀元238年5月 魏 幽州 帯方郡】


  (⌒ヽ                                              (⌒ヽ
  (    ,⌒)                                   (⌒ヽ    (
 (    ⌒ヽ                                   (   ⌒)   ゝ
  ゝ      ⌒ヽ,,                               ,,.(     )、,,(
 (          ⌒ヽ                                (          ゝ
 (            )                               (  
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.....:::::::... .....:::::::....... .....:::::::...  .....:::::::...   ..:   ..::::.   ...::::::.. ..::::::::........ 。゚。,,,_ .....::::::::::::::::
.....:::::::........:::::::........:::::::........::::::  :........:::::::...... ..::::::: .:::::.... .:::::  ....::::... ........  ::::::::....... ...::::::::. ......
.....:::::::... .....:::::::... .....:::::::... .....:::::::...   .:::::...............::::::::..:::::.. 。...:::::::::::::.....  .::::::::........ ...::::::::::.. ::...
。.... :::::.....:::::::... :::::::.....:::::::...::..:::::.....:::::....   。..::::...... 。...:: ......  .....::::::::..:::::..::.....::::::::::::::::... ...:::::::
~~ .....:::::::... .....:::::::... ::  .:::::.....:::::....  .........:::::::::::::::::.........::...:::::::...::::::::::::::.....:::::::::::::。::::::.........::::::::
   ~^^゚~.。.... 。.... . ..:::::.....:::::.....:::::....。.....゚ .........。・...。.... 。 。。..::::...... 。...::::::::... ......::::::::::::::::..
        ~^^゚~~~゚^~~~~~~・。,,,,:~"~~。~・" ゚''~。,,, 。....゚....... 。.....:::::::::..........:::::
: :. . . . .     ..: : :. . . . .     ..: : :. . . ..: : :. . . . . . .   ..: : :. . .~^^゚~・,,。,, 。....゚......。..。....
      .. . ...        . . . .    ..: : :. . . . .  ..: : :. . . . .          ^~^:~。,,,,・
  .. . . . . .          .. . ...        . . . .    ..: : :. . . . .




585 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/22(日) 21:41:39.21 ID:ViRNruUo


                                             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ
                                              / /" `ヽ ヽ  \
                                          //, '/     ヽハ  、 ヽ
                                          〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|
                                          レ!小l●    ● 从 |、i|
                                           ヽ|l ||、_,、_, | |⊃  |ノ│
    お、お助けにょろ~。                      /⌒ヽ__|ヘ || ゝ._)|| j /⌒i !
                                       \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
    ちゅるやたちは帯方郡にご挨拶に来ただけで……  .   /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
                                        `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |
    あなたがたに敵対する意志はありませんにょろ          | |   <父>   .|´ |
                                           | |、________ r ゝ |
                                           レv |      | ヾ!ヾ!
            , --──-、                            .|  .(;;U;)  |
         , イ /      ヘ  ト 、                         |  |  |  |
         i !ー、〉 __ j j __〉-ノ i                         |__|  .l__|
           ヾ_,,;;》 `-"::: `-"l_.ジ 
              | ヽ ' _ ` イ    
             l l  ´=` l            
           ノ  ヽ _,、__ノ                顔立ち、七尺に満たない身長、粗末なチ●コ……
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、          
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_         これは間違いなく倭人だな。
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!      .なんでここにいるのかは、だいたい察しがついたが……
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       何故倭人は帯方郡に居合わせたのか?
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────




586 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/22(日) 21:43:11.33 ID:ViRNruUo



          , -=―=―- 、 _
       〃⌒>'´  /    丶`ニ=‐'
       ./ ,′// , ´ /  j } ヽ \
      / l  | i l / /// ,イ ハヽ ヽ
      ノ,イ八 l レ_j/∠∠///∠Ll }ヘ
    <ノ .∧ l  ムrt=k`  ィ=、ルレ′j    .その理由として考えられるのは、
      / イ Vヘ. ヽVr!   jr/ムイ{      彼らが帯方郡に進物を届けに来たのではないかという点。
     ´ W^{ゝヘ ハ.ヽヽ _ ' /〈リヽ     
         j八 }ヽ ヘ、   j`<ミ\      彼らは遼東征伐の最中に帯方郡にいたのだから、
          リ朽\!`{7|:::::::::>ミ;>,     最初から魏に朝貢するつもりだったとは考えにくい。
          ノ \- 厶]::::::::f }::/:/    
       r=<    V三|:::::::::| |/:/      .倭が公孫氏に従属していたらしいのを考えればなおのこと
       /‐-、 \   ∨メ、::::ノ V、
   .   /_j   , X \   ヽ {´   /
       〈  ´  \\  >ヘ、___,イヽ
       `、   ヽ \.>j    ハ│
        {     ∨  `ヽ、_,/∧|                            ____
                                                /      \
                                               /─    ─  \
                                             / (●)  (●)   \
                                             |    (__人__)      |
     ……で、来てみたら戦争やってました、と               .\   ⊂ ヽ∩     <
                                               |  |  '、_ \ /  )
                                               |  |__\  “  /
                                               \ ___\_/




587 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/22(日) 21:44:12.23 ID:ViRNruUo



━┓
┏┛     ⌒
・      ___⌒
    / ― 乂____    ━┓
  /ノ  (●/   ― \   ┏┛
. | (●)   |     (●) ヽ\ ・
. |    (__ノl   (⌒  (●) |        でも、それがどうして倭人を洛陽へ送ろうなんて話になるんだお?
. │       〉     ̄ヽ__)   |
  \__/´      ___/
      /|          ヽ
       | |         |

                                      /: :.イ : /: :./ : /:. :.i:. :. :. :.|: : : : : :\:.ハ : : : : i : : : :.
                                      ///: :/:.:.:.′:.i : : i| : : : : |: : :i: :. :. :.ヾ:|:. :.: :.:|: : : : :.
                                       /  / : :i: : :.|:. .:.|:. :.ハ: : : : ト、: :ヽ: \:. :.|:. :.: :.:|: : : :. :.
                                          ′:イ: :. :.|:. .:.|! /__、: : :ハ_\_:ト : ヽ |:. :.: :.:| : i : : :.
                                       |: / |:.:.i: :|:. :.:ハ′  \ ∧  ヾ  ヽ|: : : : :! /: :i: :i:.
                                       |/ . l : |: :|:. :.|xテ云   \ 才示伝テ:! : : : : /Y:.l!: ト\
        それはこれから述べる                 {'  ハ: |l八: :.! 弋:rタ     弋:_r夕 | : : /イ } ハ:|
                                          }ハ: i:小    ,           イ:.:.:/  イ/ }'
                                           |ハ: ハ           / j: :/´ ∧:.i
                                                  l:i : :..     ‐        イ: /i: イ ハ|
                                               从 i: :.>.、       < / イ:ハ{
                                                  ハ: |    ー<     /' < ̄:.
                                                  ヾ|    }ハ   /:. :. :. :. : \
                                                         ノ} / :. :. :. :. :. :. :. :\




588 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/22(日) 21:46:16.20 ID:ViRNruUo



【紀元238年5月 魏 幽州 帯方郡】

        / ̄ ̄ ̄\.........:::::::::::.... .......
       /::::::::: :    l ト、  .... .....::::::::::...r‐ ' _ノ.
     . |:::::::::::::    ,ーノ  l ... ......::::::::_ ) (_
       |:::::::::::::    《;;;_ジ. ..... ..:::(⊂ニニ⊃) 
     .  |:::::::::::::::     l  ..... ......: ::::`二⊃ノ     実はお前たちが挨拶に来た公孫淵は謀反人でな。
     .  ヽ____    }  ..... ......: :::: ((  ̄
        r'ニニヽ._\ト_ノ.. ..... ......: ::::::  ;;.       .今我が国の兵が奴を討ち果たすべく動いている所だ。
      r':ニニ:_`ー三`:く._           [l、.      
    /: : : : : : :`,ニ、: :_:_;>      /,ィつ      .もしお前たちが公孫淵に義理立てするなら、
 .   /: : : : : : : : / : : : ヽ\     ,∠∠Z'_つ      次はお前たちの国を攻めなきゃならんが……
   | : :.:.:.:.:.: . :/: : : : : : l : ヽ.   / .r─-'-っ
 .   |:.:.:.:.:.:.:.:.:.,' ''" ̄: : :l: : : :l   /  ):::厂 ´
    |:.:.:.:.::.:.:.:l -─-: : /:_:_:_:_l / ̄`Y´
 .   |:.:.::.:.::.::l.__: : : :/::: : : : :l/⌒ヽ: :〉                    _l      -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
    |::.:::.::.::l: : : : : : /:::: : : : : |: : : : ゙/                    \   / /" `ヽ ヽ  \
                                         <  //, '/     ヽハ  、 ヽ
                                         / 〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|
                                            レ!小l●    ● 从 |、i|
                                             ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ|
                                             |ヘ   ゝ._)   j.  | , |
                                               | /⌒l,、 __, .イァト|/ |
                                   .          | /  /::|三/:://  ヽ |
                                             | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |




589 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/22(日) 21:47:12.63 ID:ViRNruUo


                                                -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
                                                / /" `ヽ ヽ  \
                                            //, '/     ヽハ  、 ヽ {
                                             ; 〃 {_{\  u / リ| l.│ i| ;
                                            レ!小l●    ● 从 |、i| .ガクガク.
     ち、ちゅるやたちは何も悪いことしてないにょろ           .ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│;
                                             | 八   {  }  _l /ノ |
                                           ;: | lr'⌒)、._ ̄_ (´ j // i | {
                                          ガク ….l/ヾ三} l___/{彡'´} i | ;
                                             ;  |l   ノl |二//|   l ,イl|
                                             ;  | ゝー' ∧! //∧__j/ l | ;
        / ̄ ̄ ̄\.........:::::::::::.... .......
       /::::::::: :    l ト、  .... .....::::::::::...r‐ ' _ノ
     . |:::::::::::::    ,ーノ  l ... ......::::::::_ ) (_
       |:::::::::::::    《;;;_ジ. ..... ..:::(⊂ニニ⊃) 
     .  |:::::::::::::::     l  ..... ......: ::::`二⊃ノ  
     .  ヽ____    }  ..... ......: :::: ((  ̄        まあ、待て。
        r'ニニヽ._\ト_ノ.. ..... ......: ::::::  ;;.    
      r':ニニ:_`ー三`:く._           [l、.         .俺たちも色々忙しくて、
    /: : : : : : :`,ニ、: :_:_;>      /,ィつ         できれば海の果てまで行きたくないんだ。
 .   /: : : : : : : : / : : : ヽ\     ,∠∠Z'_つ   
   | : :.:.:.:.:.: . :/: : : : : : l : ヽ.   / .r─-'-っ         そこで提案があるんだが……
 .   |:.:.:.:.:.:.:.:.:.,' ''" ̄: : :l: : : :l   /  ):::厂 ´
    |:.:.:.:.::.:.:.:l -─-: : /:_:_:_:_l / ̄`Y´
 .   |:.:.::.:.::.::l.__: : : :/::: : : : :l/⌒ヽ: :〉
    |::.:::.::.::l: : : : : : /:::: : : : : |: : : : ゙/ 




590 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/22(日) 21:48:17.48 ID:ViRNruUo



        / ̄ ̄ ̄\.........:::::::::::.... .......
       /::::::::: :    l ト、  .... .....::::::::::...r‐ ' _ノ
     . |:::::::::::::    ,ーノ  l ... ......::::::::_ ) (_
       |:::::::::::::    《;;;_ジ. ..... ..:::(⊂ニニ⊃) 
     .  |:::::::::::::::     l  ..... ......: ::::`二⊃ノ  
     .  ヽ____    }  ..... ......: :::: ((  ̄    
        r'ニニヽ._\ト_ノ.. ..... ......: ::::::  ;;.        お前たち、洛陽へ行く気はないか?
      r':ニニ:_`ー三`:く._           [l、.     
    /: : : : : : :`,ニ、: :_:_;>      /,ィつ        天下の支配者たる本当の皇帝陛下に会わせてやる
 .   /: : : : : : : : / : : : ヽ\     ,∠∠Z'_つ   
   | : :.:.:.:.:.: . :/: : : : : : l : ヽ.   / .r─-'-っ    
 .   |:.:.:.:.:.:.:.:.:.,' ''" ̄: : :l: : : :l   /  ):::厂 ´
    |:.:.:.:.::.:.:.:l -─-: : /:_:_:_:_l / ̄`Y´
 .   |:.:.::.:.::.::l.__: : : :/::: : : : :l/⌒ヽ: :〉                            -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
    |::.:::.::.::l: : : : : : /:::: : : : : |: : : : ゙/                             / /" `ヽ ヽ  \
                                              //, '/     ヽハ  、 ヽ
                                              〃 {_{       リ| l.│ i|
                                              レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|
               拒否権は?                        ヽ|l ●   ●  .| |ノ│
                                               |ヘ⊃ 、_,、_, ⊂⊃j | , |
                                                 | /⌒l,、 __, .イァト|/ |
                                     .          | /  /::|三/:://  ヽ |
                                               | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |




591 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/22(日) 21:49:03.32 ID:ViRNruUo



   /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙\       
  / ノ(          ヽ   iヽ 
_i_.⌒           i__ノ i 
   ヾ  〉  ヾj j j  ,,〉    i
_,,;;;ジ   `ヾニア::::  fニア、;;__ノ 
  |::::::::..  〈  , '::::     〉
  .|:::::::::::..   ,,____〉l
  |::::::::i:::::..{ { + + + + +{ l                  あると思ってんのか?
   l:::::::i::::.... '' ̄ ̄ ̄ ̄アi 
   |:::::..ヽ:::::::  """  ,,/ 
   |:::::::....ヾ;;;;...__);;_ノ′
   }::::::::::::::::...      {  
  ̄:::::::::::::::.:::::::::::::::::::..  ̄ ー- _
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....       \                           -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
                                                / /" `ヽ ヽ  \
                                            //, '/     ヽハ  、 ヽ
                                            〃 {_{―    ―リ| l │ i|
                                            レ!小l○    ○ 从 |、i|
             ですよねー                        ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│
                                           /⌒ヽ__|ヘ         j /⌒i !
                                         \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
                                   .        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
                                          `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \      
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       当時、魏の帯方郡太守に任じられていた劉夏は、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       この倭人の一団を洛陽の皇帝曹叡の下に送ろうと考えた
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ      
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────




592 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/22(日) 21:50:31.03 ID:ViRNruUo



     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |       なんでだお?
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /
                                                   / ̄ ̄\
                                                 /  _ノ ,ヽ\
                                                 |   ( ●)(●)
                                           . \    |     (__人__)
                                              .\  .|     ` ⌒ノ
    うーん。                                     . \ ヽ       }
                                                 .\_,ゝ     ノ
    おそらく、「海の向こうの倭人に朝貢させた」という事実を           /, r、    く
    太守の劉夏が己の功績としたかったのだと思います。           ./ 〈  \    i
                                               . ヽ、 .ヽ   \ i..|
    簡単に言えばポイント稼ぎでしょうね                        .て_)   \ノ
                                                        \
                                                          \
                                                            \




593 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/22(日) 21:51:40.37 ID:ViRNruUo



       ____
      /      \
     / ⌒  ⌒   \
   /  (ー) (ー) /^ヽ    たかだか東夷のひとつに朝貢させるぐらいでポイント稼ぎになるのかお?
  |   (__人__)( /   〉|
  \   ` ⌒´  〈 / ⌒^ヽ
―――――――― \ _ _ _ )

                                               /.:.:.         \
                                                /:,:.:.:  /   ヽ    \
                                              /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`
                                              /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ
    倭人は東夷の中で少々特殊な立場にいる。              /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l } 
                                             N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j 
    参考までに、これまでの中国と倭の関係を見てみよう          ヽム:.} ii;_j    ii;リ ル iレヽ  
                                                 `ヘ:ゝ   _     小/    
                                                   ヾ:{>、 _ ィ<}/|/    
                                               _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_     
                                             /| l:|   | ===|   |:l゙ヽ   
                                             /  | l:l   l     l   l::l l   
                                             l  ヽハ    l    l  //  |




594 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/22(日) 21:54:18.58 ID:ViRNruUo



【紀元一世紀後半 漢首都 洛陽】


                ,.ム- 廴rァー 、:ノ-..、 : : : : \
          /   / ./   : : : : :\: : : : : ヽ
         / /  ./ .i . . | . . . .    : ヽ:ヽ: : : :l
           /:/: : : :! : | :| : : : : : : : | : :i : . .Ⅵl   l
        i:| | : :| : イ |::. : : : :/ :j| : :| : : : V: : : : |
        | :|: :| : :|:/十lト| : .:イ:_/_|: :リ: : : : :|: : : : |          孟堅兄様。
        l从: {、 |,.士ミV..:/ j/_|:/`ト !: : |:.: : : :|
             ヽ:ト:バ ヒz:ハV  f下ラ:ヵV : :ハ : : : !         この『地理志』に書いてある
           |: :| `       `¨´ /:/:}`jヽ {:|         倭人というのは何者だ?
           |:八   '      ノ´: : :リイ: : : Ⅵ
         ,ィZZ.|: : :\  ‐ 、   / : : .:/ : : : : : l:|―‐ァ‐ 、    東夷で烏丸や高句麗、韓の名は聞くが、
       ,.ィ/l.   | : : : :|> . __/ : : : : イ : : : : : : :l| / /|    倭人の名は初めて聞いたぞ?
    ,_ィ/  | r┤: : :i | ll||  / : : : /7: : : : : : : : :| ,.イ  |
   |lllll|    |__{ !: : : | Ⅵl||. /: ァ'´ ̄ ′: : : : : : : : Ⅵ.|.   |
   |lllll|    /、_ヘ ∨ : :! :Ⅵ| i /    l: : : : : : : : : | : :Ⅵ   |
   |lllll|    ド--ヘ. V : :ヽ:Ⅵ/       |: : : : : : : : : :! : : ヽ |
   r|lllll|n  ト 二ス` ヽ : : ::V        | : : : : : : : : : l : : : :V|
   | Ⅵ|| Ⅵ /`¨¨´ ̄´ \:.|       |: : : : : : : : : : l: : : : :||
   lヽ`┘ ヽ        ヽl       レl: : : : : : : : : :|:. : : | |
   ヽ.     }        / .|       |=!: : |: : : : : : : :| : : :l:| |
    \    \   / / |     .′l: : ! : : : : : :l: l::..: :l:| |

           漢 班家の娘 班昭(字:恵姫)

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ      
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       倭人の名が史書に見えるのは、『漢書』『地理志』が初出である
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ      
    `ヘ:ゝ    .'    小/        
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────




595 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/22(日) 21:55:36.47 ID:ViRNruUo



              /       /     }       \
            /          /     ハ    ヘ   ヽ
          〃   /    /     / ヽ    ':.   ',
            ″   /    ,{      イ   ,    :.   '.
             | '    {  / ハ    //  -‐-', }   :.   l
             l│ |   レl 「厂ハ j//      | ハ   |   |   
            l│ |   | |j/ { Vノ      __ リ│   |   |
           l |  |  | |ル,:'=- `    ''⌒゙`ヾ|   |   |   確かにあまり聞かないかもしれないわね。
           l |  |  | '´              |   |   |   
           l |  ヘ  |       ,        丿  |  │   私が調べた限りだと、
            |人 { \|:、        _         リ  八   |   倭人は楽浪郡の海の向こうに住んでいるらしくて、
            i| /∧   い、     V ⌒7    ,.イ 〃   |   そこには倭人の国が百余国あるとかないとか……
          j// ヘ、 ∨ |l  .   ` ‐'′  イ_/ ∧ 、  |
          /  /   \| ∧(| `   ._,. '′ j/ イ  \ ヽ :、  .楽浪郡とは交流があるみたいね
            /  /     j/  \      /   |、 {   \  :、
        /  /   ,. '{::ハ   \    /    ∧}:「` r- 、  \
          /  厶ィ   {:{∧    ム=く    / |}:}   | : : 「` 、 ヽ
       / {{::{     {:{  \ /{::.::.::.:}\  /  ,|}:}   | : : |  }::}\

              漢 文官 班固 (字:孟堅)

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      『漢書』『地理志』による倭人の記述はこうだ。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       「楽浪の海中に倭人あり。分かれて百余国と為る。
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       歳時を以って来たりて献見す」
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ      
    `ヘ:ゝ    .'    小/          記述から推測するに、
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          倭人は前漢後期頃から毎年のように楽浪郡に来ていたようだ
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────




596 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/22(日) 21:57:06.51 ID:ViRNruUo



         / 〃/         ヘ、     \
        '´  / /    ヘ         \     ヽ
.        /   /      ト、         '::.      ':.
        /             } | ヽ }     ::.       :.
.      /   {  |      j:リ  .| ト、     ::.      :.
      ′  |  | {     // '" ̄} 「 ヽ     :.  .:    ::.    .それと世祖の時代には、洛陽に朝貢に来ていたわ。
.     {    ∧_」,ハ   j/   ,. ,ムノ=ミ从    !、 .::     i    
.     {    { ! | __\リ    ' (ヒ'tしjノ'! |  |)} .:     l     世祖は大層お喜びになって、
     ,   ':.{V/'{:む      ゝニ''゚ l j   l|/ i     |    .『漢委奴国王』って記した金印を与えたはずよ。
.       ′  从ヽ弋:ソ          /  リ | l     !
       '、   ヘ.           ノ |  / | |    !    まあ、海の向こうから来るし、
         ヽ   \  ` _        ' 从  | |    :.    .滅多な事では洛陽まで来ないでしょうね
         \   `ー-   ヽ 丿     / / ':. l |    ',
           \  \`ト .    ,. イ /   ∨  、     ':.
.             \`ヽ|  l 〕コ´   l/      \ ヽ    ':.
               ヽ | jレ'´ }       =≠≧ミ    ':.
              イ「/ハ、  ,. -‐ /,/     ヽ    ::.
                / } /,′      / /          ',    ::.
             l j//        / /           |    :.


───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      時は流れて後漢の光武帝の時代。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       光武帝の治世の最晩年の中元二年(紀元五七年)正月、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       倭の奴国と呼ばれる国の使者が洛陽まで朝貢に来ている。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/          ただ、この朝貢は楽浪郡が平定されてから二十七年後の事であり、
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          一見不自然なタイミングでの朝貢は、後漢側に何か意図があったのだろう
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────




597 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/22(日) 21:58:43.39 ID:ViRNruUo



【紀元107年10月 漢首都 洛陽】
                                     ━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                                                  -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
                                                / /" `ヽ ヽ  \
                                      /\       //, '/     ヽハ  、 ヽ
  倭国王帥升の使者、                      /   \     〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|
  生口百六十人を引き連れ参上しましたにょろ   ヘ_/      \    レ!小l●    ● 从 |、i|
                                \  /⌒ヽ    /\  ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│
                                  \ ゝ  丿  /  /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !
                                   ヽ 二   /   \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
                                        ̄       /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
                                              `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |
         / /  ./ .i . . | . . . .    : ヽ:ヽ: : : :l       ━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
           /:/: : : :! : | :| : : : : : : : | : :i : . .Ⅵl   l
        i:| | : :| : イ |::. : : : :/ :j| : :| : : : V: : : : |
        | :|: :| : :|:/十lト| : .:イ:_/_|: :リ: : : : :|: : : : |
        l从: {、 |,.士ミV..:/ j/_|:/`ト !: : |:.: : : :|
             ヽ:ト:バ ヒz:ハV  f下ラ:ヵV : :ハ : : : !     .あれが本物の倭人か。
           |: :| `       `¨´ /:/:}`jヽ {:|
           |:八   '      ノ´: : :リイ: : : Ⅵ     長生きしてみるものだな。
              .|: : :\  ‐ 、   / : : .:/ : : : : : l:|
           | : : : :|> . __/ : : : : イ : : : : : : :l|     ちなみに生口というのは、奴隷、奴婢の事を指す
           |: ::: :i |    ./ : : : /7: : : : : : : : :|
               !: : : | ヽ..  /: ァ'´ ̄ ′: : : : : : : :丶
               ∨ : :! :.ヽ .i /    l: : : : : : : : : | : :ヽ ←まだ生きてる

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .光武帝の時代から五十年後の安帝の時代、
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .永初元年十月にも倭人が洛陽まで来て朝貢したと伝えられている。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       この年は、二年前に第四代皇帝の和帝が崩御し、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       前年には第五代皇帝の殤帝が二歳で崩御するという慌しい時期だった。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/          また、西方では羌族の反乱が勃発したり、
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          西域都護が一時的に廃止されるなど、後漢の衰退が見え始めた頃である
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────




598 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/22(日) 22:00:26.99 ID:ViRNruUo


                  /ヽ、__
            ,.. -‐ァ/: . . . \¨¨>. .
           /. . . . { |!: . . . . . . ヽ: . . .`. 、
         . ' . . . .,: -ヘ:{ヽ: . . . . . ノ: . . . . . .\
        /  . :/ . . ./´: : . . . `ヽ. ̄`. 、 . . ヽ
          /: . /: . . . . . . . /: . . . . . . : . . . . \: .ハ
        ′/    . . . . . .{: . . . . . . .ヽ: . . .  ヽ : i
      |/ . . .  /  /           l     . . . V.|
       | i : . . . . !: . /!: {:. . . . . . . . .|: |: . .| . . . . :| |         バカ
       | |: : . . . :|: ./ |: ハ:. :. : . . : :/}:.ハ: ハ|. . :| |     うちの班超が西域に行ったおかげで、
       | |: . . |:. A/‐十トⅥ:.. : : .:/7'¨¨}:.ト|:|: . .||     西の方の事は色々分かるようになったが……
       |ハ:.:. . l:..{,|,z==ミ、ヾ、::..:/ r,z==ミ'、 }l: . .: { l|
        |:ハ:.. .ヽK弋ィ:fツ`  `メ ´弋ィ:rツアリ. :/ト|: |     東の方はまだ分からん事が多い。
        |. . .トヽ:. \` ̄            ̄´ /:/ :l| . |
        |. . l|. ``:┬`      ,      ノイ: . . |!:. .{     .まあ、これは後代の史家に期待しておこう
      .′.:ハ. . . :{ヽ.             ,.イ::}: . . .|l:.. .l
        i. . .:|:.| . . :|'´{ > .  ´`  . イ 「`ト|. . . ハ:.|
       ハ. . :レ! . ..:|! l   ヽ` ー≦ノ  j | !. . 卜、}:∧
     / . ./|`| . . :|ヽヽ   ,>くrx   / /|. . .| /〉、∧
     //:/  l|  :|ハ \_///H、ヽ\/ / j. .  |// ハ.ヽ
.    /:/. | ヽ l.| . . .:|  ヽ ∨イ { | ト、∨/   |. . . .|/ / |:.ハ
    {:/{. .|  ヽ|. . .:{   〈〈、|: | |:.| /}j/   j. . . !| /   !:.. . l


───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       これ以降、倭人の使者が洛陽に至ったという記録はない
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ      
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────




599 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/22(日) 22:02:12.44 ID:ViRNruUo



      /.:.:.         \
       /:,:.:.:  /   ヽ    \
     /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`
     /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ      理由を推測すると、以下のようになる。
   /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }
    N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      後漢が外戚と宦官の争いで混迷を極めた事。
     ヽム:.} ii;_j    ii;リ ル iレヽ  
        `ヘ:ゝ   _     小/        結果、中央の混迷の余波が楽浪郡にも及び、
          ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         倭国を含む東夷に対して統制が効かなくなった事。
      _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_    
    /| l:|   | ===|   |:l゙ヽ        .そして、同時期に倭国も混乱していたらしい事
    /  | l:l   l     l   l::l l   
    l  ヽハ    l    l  //  |

                                                 ___
                                               /   ヽ、_ \
                                              /(● ) (● ) \
        なんかロングパスが来てる件                   /:::⌒(__人__)⌒::::: \
                                            |  l^l^lnー'´       |
                                            \ヽ   L        /
                                               ゝ  ノ
                                             /   /




600 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/22(日) 22:02:55.61 ID:ViRNruUo



      /.:.:.         \
       /:,:.:.:  /   ヽ    \
     /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`
     /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ
   /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }
    N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      そうして魏の時代に至るわけだが、
     ヽム:.} ii;_j    ii;リ ル iレヽ       ここまでの漢と倭の関係を見ると、
        `ヘ:ゝ   _     小/         倭人が洛陽まで来て朝貢するのは極めて珍しいと言える。
          ヾ:{>、 _ ィ<}/|/
      _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_          .もっとも、出先機関である楽浪郡には出入りしていただろうが
    /| l:|   | ===|   |:l゙ヽ   
    /  | l:l   l     l   l::l l   
    l  ヽハ    l    l  //  |                            / ̄ ̄\
                                             /   _ノ  \
                                             |    ( ●)(●)
                                            . |     (__人__)
                                              |     ` ⌒´ノ
     記録上、倭人が洛陽まで来たのはたったの二度。        .l^l^ln        }
                 キジ  ソロク                           ヽ   L       }
     西域の大国の亀慈や疎勒などが、                   ゝ  ノ    ノ
     毎年朝貢に来るのとはえらい違いです               /   /     \
                                           /   /        \
                                         . /    /        -一'''''''ー-、.
                                         人__ノ       (⌒_(⌒)⌒)⌒))
    / ̄ ̄ ̄\
  /        \       .なるほど。
 /    ─   ─ ヽ
 |    (●)  (●) |      滅多にない倭人の朝貢を成功させれば、
 \  ∩(__人/777/      政治的な効果は見込めるし、それを斡旋した太守も功を認められるお
 /  (丶_//// \




601 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/22(日) 22:04:17.02 ID:ViRNruUo



【紀元238年5月 魏 幽州 帯方郡】

          (    ⌒ヽ                                   (   ⌒)  
           ゝ      ⌒ヽ,,                               ,,.(     )、
          (          ⌒ヽ                                (       
          (            )                               (      
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         .....:::::::... .....:::::::....... .....:::::::...  .....:::::::...   ..:   ..::::.   ...::::::.. ..::::::::........ 。゚。,,,_ .....:::::::::::::::: 
         .....:::::::... .....:::::::... .....:::::::... .....:::::::...   .:::::...............::::::::..:::::.. 。...:::::::::::::.....  .::::::::........ ...::::::::
         。.... :::::.....:::::::... :::::::.....:::::::...::..:::::.....:::::....   。..::::...... 。...:: ......  .....::::::::..:::::..::.....::::::::::::::::... 
         ~~ .....:::::::... .....:::::::... ::  .:::::.....:::::....  .........:::::::::::::::::.........::...:::::::...::::::::::::::.....:::::::::::::。::::::.....
            ~^^゚~.。.... 。.... . ..:::::.....:::::.....:::::....。.....゚ .........。・...。.... 。 。。..::::...... 。...::::::::... ......::::::::
                 ~^^゚~~~゚^~~~~~~・。,,,,:~"~~。~・" ゚''~。,,, 。....゚....... 。.....:::::::::
         : :. . . . .     ..: : :. . . . .     ..: : :. . . ..: : :. . . . . . .   ..: : :. . .~^^゚~・,,。,, 。....゚......
       / ̄ ̄ ̄\.........:::::::::::.... .......
      /::::::::: :    l ト、  .... .....::::::::::...r‐ ' _ノ
    . |:::::::::::::    ,ーノ  l ... ......::::::::_ ) (_
      |:::::::::::::    《;;;_ジ. ..... ..:::(⊂ニニ⊃) 
    .  |:::::::::::::::     l  ..... ......: ::::`二⊃ノ  
    .  ヽ____    }  ..... ......: :::: ((  ̄    
       r'ニニヽ._\ト_ノ.. ..... ......: ::::::  ;;.     
     r':ニニ:_`ー三`:く._           [l、.                 ヘンピ
   /: : : : : : :`,ニ、: :_:_;>      /,ィつ   (俺だって、こんな辺鄙な土地と早くオサラバしたいんだよ)
.   /: : : : : : : : / : : : ヽ\     ,∠∠Z'_つ   
  | : :.:.:.:.:.: . :/: : : : : : l : ヽ.   / .r─-'-っ    
.   |:.:.:.:.:.:.:.:.:.,' ''" ̄: : :l: : : :l   /  ):::厂 ´
   |:.:.:.:.::.:.:.:l -─-: : /:_:_:_:_l / ̄`Y´
.   |:.:.::.:.::.::l.__: : : :/::: : : : :l/⌒ヽ: :〉       
   |::.:::.::.::l: : : : : : /:::: : : : : |: : : : ゙/       

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ      
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       こうして倭人の使節は洛陽へ送られる事になった
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ      
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────




602 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/22(日) 22:05:27.37 ID:ViRNruUo



【紀元238年7月 魏 幽州 帯方郡】



                           (::::::::::::   ヽ
                   , ⌒ヽ    (::::::::::::::::::::::  )
                  (:::::::::::: '   (:::::::::::::::::::::::::::  ヽ⌒ヽ 、
                   ゝ:::::::::::: `ヽ(:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    )       (⌒ 、
                  (::::::::::::::::::   ::::::::::::::: 、⌒  ::::::::::::::::  ヽ     (:::::::  ヽ
                 (::::::::::::(⌒::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::::::  )    (:::::::::::::::::
               ::(::: ::::::::::::::::::::::::::: `)::::::::::::::::::::::::::::: ノ:::::::::::::::::: Y⌒ ヽ::::::::::::::::::::::::
               ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::)::::::::::::::::::::::::::::     ┌┐  :::::::::::::::::::::::::::::
               ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  /~'7;; |/~''7 ::::::::::::::::::::::::
               ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: (魏( ̄|  ( ::::::::::::::::::::::::
                                    、___`t-'ーイゝ-i
                                     ヽ] ̄二二二7
               ~^'""~~~~^'""~~~~^'""~~~~^'""~~~~^'""~~~~^'"^~~^'""~^'"^~~~~~~~
                ~~~ ~~   ~~~~  ~~~ ~~  ~~~  ~~~
                ~ ~~  ~~  ~~   ~~ ~~~~~    ~~ ~~~
               ~ ~~~~~ ~~ ~~~~   ~~  ~ ~~  ~~ ~~~~


───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       彼らは遼東征伐の終了を待ち、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       海路青州に渡り、そこから陸路で洛陽を目指したと思われる
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────




603 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/22(日) 22:06:30.95 ID:ViRNruUo



         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     |      船で行くのかお?
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ       .遼東が平定されたから陸路でも行けるんじゃ……
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |
                                                   / ̄ ̄\
                                                 / _ノ  ヽ、.\
                                                   |  (●)(●) .|
     船で帯方郡から青州に渡った方が早いからですよ。            .!  (__人__)  |
                                                   , っ  `⌒´   |
     常識的に考えて下さい                             / ミ)      /
                                               ./ ノゝ     /
                                               i レ'´      ヽ
                                               | |/|     | |
      /.:.:.         \
       /:,:.:.:  /   ヽ    \
     /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`
     /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ 
   /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }
    N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j 
     ヽム:.} ii;_j    ii;リ ル iレヽ           それにはもうひとつ理由がある
        `ヘ:ゝ   _     小/   
          ヾ:{>、 _ ィ<}/|/    
      _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_    
    /| l:|   | ===|   |:l゙ヽ   
    /  | l:l   l     l   l::l l   
    l  ヽハ    l    l  //  |




604 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/22(日) 22:07:44.13 ID:ViRNruUo



【紀元238年7月 魏 幽州 帯方郡】

          (    ⌒ヽ                                   (   ⌒)  
           ゝ      ⌒ヽ,,                               ,,.(     )、
          (          ⌒ヽ                                (       
          (            )                               (      
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         .....:::::::... .....:::::::....... .....:::::::...  .....:::::::...   ..:   ..::::.   ...::::::.. ..::::::::........ 。゚。,,,_ .....:::::::::::::::: 
         .....:::::::... .....:::::::... .....:::::::... .....:::::::...   .:::::...............::::::::..:::::.. 。...:::::::::::::.....  .::::::::........ ...::::::::
         。.... :::::.....:::::::... :::::::.....:::::::...::..:::::.....:::::....   。..::::...... 。...:: ......  .....::::::::..:::::..::.....::::::::::::::::... 
         ~~ .....:::::::... .....:::::::... ::  .:::::.....:::::....  .........:::::::::::::::::.........::...:::::::...::::::::::::::.....:::::::::::::。::::::.....
            ~^^゚~.。.... 。.... . ..:::::.....:::::.....:::::....。.....゚ .........。・...。.... 。 。。..::::...... 。...::::::::... ......::::::::
                 ~^^゚~~~゚^~~~~~~・。,,,,:~"~~。~・" ゚''~。,,, 。....゚....... 。.....:::::::::
         : :. . . . .     ..: : :. . . . .     ..: : :. . . ..: : :. . . . . . .   ..: : :. . .~^^゚~・,,。,, 。....゚......
       / ̄ ̄ ̄\.........:::::::::::.... .......
      /::::::::: :    l ト、  .... .....::::::::::...r‐ ' _ノ
    . |:::::::::::::    ,ーノ  l ... ......::::::::_ ) (_
      |:::::::::::::    《;;;_ジ. ..... ..:::(⊂ニニ⊃) 
    .  |:::::::::::::::     l  ..... ......: ::::`二⊃ノ  
    .  ヽ____    }  ..... ......: :::: ((  ̄     来年の年始の朝賀には間に合わせんとな。
       r'ニニヽ._\ト_ノ.. ..... ......: ::::::  ;;.     
     r':ニニ:_`ー三`:く._           [l、.      陸路で洛陽に行かせたら、
   /: : : : : : :`,ニ、: :_:_;>      /,ィつ      .間に合うかどうか微妙だしな
.   /: : : : : : : : / : : : ヽ\     ,∠∠Z'_つ   
  | : :.:.:.:.:.: . :/: : : : : : l : ヽ.   / .r─-'-っ    
.   |:.:.:.:.:.:.:.:.:.,' ''" ̄: : :l: : : :l   /  ):::厂 ´
   |:.:.:.:.::.:.:.:l -─-: : /:_:_:_:_l / ̄`Y´
.   |:.:.::.:.::.::l.__: : : :/::: : : : :l/⌒ヽ: :〉       
   |::.:::.::.::l: : : : : : /:::: : : : : |: : : : ゙/       

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .朝貢という行為は原則として正月の朝賀で行われる。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       光武帝の時の使節は正月には洛陽にいたし、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       安帝の時の使節も朝賀に間に合うように前年の十月に洛陽にいた。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/          今回の使節が朝賀に間に合わせようとするなら、
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          極力早いうちに洛陽に入る必要があった
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────




605 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/22(日) 22:08:50.81 ID:ViRNruUo



               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |
   /( ●)  (●)\  !   !    当時の景初暦の正月に朝貢するってことは、
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l    このスレの月日の表記だと十二月に朝貢するってわけだお!
  |     |r┬-|       |  /
  \     ` ー'´     //      .だから倭人たちは、十一月中には洛陽に入らんといけないんだお
  / __        /
  (___)      /

                                            /.:.:.:.:.:.::.:: : : : : : :: : ::ヽ、
                                            :.:.:.:/:.::./.:.:./:.:.:.:.:.:.::.:. ;: ::.ヽ
                                            ::: ::|.:.:.:i|:.:./ |:.:li、:.:.∧:.:.:.::ヽ.
                                            : :: !.:.:. ||/--l/ |ノ--l:.: .:.lヾ、
    このスレ、通常の暦 → 景初二年十二月              : ::(|:.:.:.:| ‐‐   ‐-│::.:/
    当時の景初暦(魏のみ) → 景初三年一月             Ⅵヘ.:.:.:l   _ _   /.:.ノ
                                               \ヽ、 _ , イ!::/
    何故こうなったのかは先に述べたのでここでは割愛する        / ヽ{  ト、ヽ l:′
                                             ∧\  マ三ソ| \
                                            ./: : \\ ヾ-〃 /∧




606 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/22(日) 22:10:23.50 ID:ViRNruUo



【紀元238年冬 魏 幽州 薊】

_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_l二二二ln_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n
:.. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :| | || | |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
森森森森森森森森п森::::::....∧Ali;'i゙i゙l'i,::;...;;.;;ii:i;;:ili、_,i斤il]il] ,,,,,__i;;ii:i;;ir=ュ;;;;;;;;,,,,,,............n........
ヮ,'l㌍l、l゚i: :.lA゙ill#「ll!l;l㌶ni|』┌==┬─ii┐.,,'#ll,』 |.lll,,т㍑i゙i゙lェli;'ュョョョ゙ill#‐「ll!l;li+;;ii: ;rヘ∧凸;;;;;;
田┐工ユE∧ヰA┌─≡─!杢卦士⊂ニ⊃;:::┌┐;;;;;;;:::,,,,,ロ卅ユ鬥H出Tエニ斤彳∟凵Ξ|田
=,ィ'⌒ニニエニニil]1lー-i]__森森森森_トロロロi|::rーilil==┬≡┐| ̄|─r‐┬||irr-、v冖v"|l巫]||斤
、_|il]il]_三rー| ̄ ̄|─r‐┬|iΠп/____/|  |、__\| ̄冂ПーГ┬┬ヱ ̄|─r‐┬|Π
/三三三| ̄≡≡ ̄|/二三   〉====Π/  ゙.ヘ_===_\_ |FF|ニ|i ̄ ̄i| /⌒\ /二三
/二二 /∧ ̄∧\ 「 ̄ ̄ ̄/「 ̄ ̄二二|j  ゙、_三__|  i|三三三三|i |二二! 三\
__,,.‐',. ‐'i| 田|「| | 田,. イ___/´|    |  il   |\ __] Πпr―.、=ニ二>、|| 田 |
ェェェ=‐´ 田|/二ニ,ハ_,.-_‐=_二l  |__|  '|___|   |l二ニ‐- 、 ,,_丶、` ‐ 、_,,...> ___
≡≡===> ,. - ‐''´‐ '' "´i i i i i i i| /             \ |l i l i l i`''ー-.、`、‐-、|皿皿|丶、_
ニ―-┐γ´  r''´i i| i| i_l⊥l,.-‐''´       ::'' i ''::     `''‐-.l l_i l| i| il|`ヽ、`゙ヽ、  .vi==
_,,... -┤ゝ、_゙丶i,''"´        \  .:'  :i:  ':.  /         `ヽl| il| i|ノ   )、 |! ロ
  r┐:|-‐''´/|_ `ー-ァ―ァ、 _   |圭圭圭圭圭|   _   ._,,...-‐''´  _,.イj:::丶| l^
」 .i__| :|_,,/n |  / / / ||       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      |ヽ  ._,,..-‐<´-‐||:::::::::ヽ!
    :| | / ヽ|/∧’/ / i||    /         \       |丶\ \ | | | 川 ノ::::::::::::::ヽ
-‐  /|| ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄||\
  /川||_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_||川
/川 /                                                  \

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      さて、一旦話を司馬懿に戻す。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       彼は遼東の戦後処理を終えると軍を返し、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       .幽州の州都である薊まで戻って来ていた。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/          これから紹介するのは、司馬懿がどういう人物かを象徴する逸話である
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────




607 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/22(日) 22:12:06.08 ID:ViRNruUo



           - - ──ー - -、 ブルブル
/i     ,.-‐''"´            \     i\ 《    将軍……
l  \_/    _,,     ,,_     ヽ、_/  l 》     
l  ::::::/    ━━     ━━      ヽ:::   l     幽州ってえらく寒くないっすか?
ヾ_,;;;l   , , ,                  l;;;__ジ        
    .|       i ̄i ̄i ̄i  """     |        この薄着じゃ風邪引きますよ?
 》   l       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄         l    》    もう一枚羽織るもんでももらいたいんですが
 《  ` 、  /⌒⌒i   /⌒ヽ        /    《      
 》    `/    |   |    \   /      》
                                      ,ィ'´     ;'´(       )ヽ     ヽ
                                    ∠二ィ : .  `、 > ___,,,..ノ 丿    .ヘ
                                       /: : ; .   `´ `ー--‐''´    . : : |
                                     ∠:/,:ィ: : : ,:ィ: . /| ト、       . : : : |
                                      ///.: :, く//   \!_,>   . : : : : :|
                                      '´ /:,:イ`>、\   _,/ /\ . : : : : : |
    うちの兵、荊州や関中出の奴が多いからな。       |/ .kー-。、〉 >-‐'ー。、 |.:|‐-、: : !
                                          |`ー:/'´  `ー-‐'´ | !か.|: /
    体調崩して死なれても困るし、                   |/ __‐、    u lノい/:〈
    確か官物の襦(肌着)があったから持ってきてやろう。     `iー______  ,'/じ:' : :ヽ
                                           l `ー―‐---‐'  '/: : : : : : :.ヽ
    ちょっと待っていてくれ                         '、   ー    //: : : :∧: : : :ヽ
                                           ∧.     /,.r': : : :,/⌒'ヽ: : : l
                                           ノ|: ,ヘ__/,r'´ノ: : :/    \.:|
                                           |: : /」:/ /: :,:イ          \

                                              魏 将軍 胡遵

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー        北国の冬は早い。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       この頃、司馬懿軍の兵士たちは寒さに震え、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       彼らはそれを凌ぐために肌着が欲しいと訴え出た。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/          幸い薊には官物の古着があったらしく、
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          これを兵士に与えようという動きが起こった
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────




608 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/22(日) 22:12:46.26 ID:ViRNruUo



          ,. -‐- 、r'´  ̄ ~Z.__
       ∠             ´   ,.>
.     /                 ̄`>
     /           ,、      `\
.    !             / \    \. トゝ
   │       , ,.イ /、._,  ヽ |ゝ、  N
.    |      /レ' レ\,/  /V '´ l\!
     |. r;=、 .ノ=a=== ,, ,/a===!
    | |.ト、| |  ` ー--‐ "  \ーァ"!          ……というわけなんですが
    | l ヒ |:|.       r __   \l
     |  `ー 1|、 ヾニ二二二二フ 7′
    ノ     | \     ___  /
.   /   ,ヘ、  ト、 \    ̄ ̄ /l
  /  ./\.ヽ. ヽヽ、 \   , ' ,'                  .レニイ.|,lト、 |、  |!、 |    ,/! ,ィ     !|
  ,' , ./   \ヽ、ヽ \./`iイ /                 . /ノ ハ!十寸ニマT \|   /+/-!_j  ,ィ!
. /l/l/     |\\ヽ  ヽ. Wレ                  //!   ! _゙__ヽ--ヽ  ! ,/ナ'´ レ1 //
/      _..⊥._ \``  |                     / |ヽ  ヘ. 弋歹ヽ   j/ 弋歹/´7    ,.、
                                      ! |.\ ヾ ̄´       ` ̄ラ ィ!   ./ .}
                                     八!  i\_\     ′ _,∠_,ィ1l   ./ ./
                                    - 、|.|  レヘゝ、  ー ァ  /  l !l  / ./_,.--ー
      却下。                         : ::::::|.|  |:::::::\゙> __ ,イ l   |,. ‐::/ ,イ、::::_::_::_::
                                    :::::: ',!  |::::::::::/^「介、  ! .!  l__:::/ノ / `ヽ::::::::
      馬鹿な事言わないでくれる?            、:::::∧ .!:::::::/:::::レ l|:、〉-'^::|  |::::〃 ./、У./\::
                                    ::ヽ:::/\∨ヽ!::_::| lY:::i}ト、:::! ,/:::У ' Y_/ / ノ!
                                    :::::∨:::::i\ヽト:::/!  ヾ、!>‐l| /!::::::|      ー'ーン′
                                    :::::::ヘ:::::レ´ヾ└V!   ヽ //! |:::::::}        /

                                      魏 太尉 司馬懿(字:仲達)

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       .しかし、話を聞いた司馬懿は古着を与えるのに難色を示した
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────




609 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/22(日) 22:14:14.11 ID:ViRNruUo



    ,.へ           /`',
  //ヽ.\      (二二  .二二二)
.//    \ヽ._      / ./
` '       \_`,    .//      ∩∩  ,へ
              /_,-‐-‐‐- 、  ∪∪//
            -=ニ ̄      \  // O O O
           /            l__
          /      __   /|     _\        それはあまりに非情の仰せ……
          ( i'^'l r‐ ' ̄| .| i /  |   、\ ̄
        //-iノr-'⌒ヽ|/ / /二|/  l |ヽ|         皆遼東では頑張ったのに……
      _<  ((/((._ ,@ v,  =、、 |/| | |i | 
    <     / u_ιu~= u/_ @ ヾ//| |l/                        ,ォェ、___
 < ̄      l/ニヽ-、_r _  {ι、,-'´/ レ                      ,.f込tン:::::::::::` ヽ、
 ─┬─ |   /ヾニヾ、ヽ、\J /                        /::::;. -‐  ´ ̄ ̄`丶\
  ./  // / `i v ヾ ニ、_ノノ                         〃::/          \ヽ、
/  / // /  ヽ ミ u,/'//                     .     ll::/   l        、 ヽY _
' ̄i/   //   /`-'/´///                         ll::l}   l  |    l | l   lイニ}|
                                          ll;;l} l、 |   | l、 -l‐七/v'  lミ彳、
                                      .   _,'Vi  l,x tT二t,|ヽ,ノ,ィT}`'j l ||〃へ.、
                                        /<//l、 ヽヽィf_lj`     ¨ ∠ノlノ.|| l ヽ>
   それとこれとは話が別よ?                    ヽ//{∧  \_.  __'_, ,ィ′l  レ. l
                                      .  / //'l | \__<. 、 __`_´.イ,ヽ  \,__ l
   だいたい貴方の言う襦は官物よねぇ?             / l_| |_!   l  l l'ー--,<└vヽ  \\!
                                      . /    ,ィー-.‐|  |'′ //lYミヽ|l ハ 、 ヽ:.\
   それを人臣に私的な理由で施すなんてありえないわよ  /     /.::::::::::::{   \ーtfノli 斤 l:::::|j\ l:::::::.\
                                          /.:::::::::::::::ヽi\ ヽ  ̄l」 |/  |::.Y :::`'::::::::::/
                                      .   /.::::::::::::::::::::::|:::l ヽl_,、_r、,_,、r、l'|:::::', :::::::::::::/
                                        〈:::::::::::::::::::::::::l:::::\゙ ' | l / ' ,}::::/ :::::::::::ハ
                                      .   \:::::::::::::::::::i、:::::::::\  仍} ,/:::::l`ヽ:::::::::::::',
                                           T :::::::::::/ \:::::::::::` - 、/::::::::l  ヽ:::::::::..ヽ




610 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/22(日) 22:15:13.59 ID:ViRNruUo



      /.:.:.         \
       /:,:.:.:  /   ヽ    \
     /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`
     /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ 
   /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }
    N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j     司馬懿は厳格に公私を区別する人だったらしく、
     ヽム:.} ii;_j    ii;リ ル iレヽ      この種の行為を嫌っていた節がある。
        `ヘ:ゝ   _     小/   
          ヾ:{>、 _ ィ<}/|/        .公人としては当たり前だろうが、
      _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_         これでは司馬懿がただの嫌な人間に映るかもしれない
    /| l:|   | ===|   |:l゙ヽ   
    /  | l:l   l     l   l::l l   
    l  ヽハ    l    l  //  |
                                                  ____
                                                 /      \
      あまりにも度量が無さ過ぎるお。                      / ⌒  ⌒  \
                                              /  (ー) (ー) /^ヽ
      よく兵士たちも従ってるもんだお                    .|   (__人__)( /   〉|
                                             \   ` ⌒´  〈 / ⌒^ヽ
                                           ―――――――― \ _ _ _ )




613 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 22:18:37.37 ID:nJLL2tUo

必ずしも兵士に甘い者が慕われるとは限らないのが面白いところ

兵士に気にかけた衛青よりも、無頓着だった霍去病の方が人気があったとかね



611 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/22(日) 22:16:36.67 ID:ViRNruUo



【紀元238年冬 魏 幽州 薊】

          _,ヾ\//__
         .>      ゛' 、           
         ∠         ヽ           .ただただ兵士たちが可哀想なんです。
        /           |          
        '|   /| ∧ |ヽ、   |           何年も戦地で暮らし、
        ,..|,/=|ノuヽ|=ヽ、 .|、,_          いろいろ苦労してるのに待遇は一向によくならない。
    _,,、、‐''゙, |(|| == .l.l == ||)||、,_゛''ー 、,,_     .
  .i'i'゙_,,、、‐'゙ l`||, u  |.|  ノ,,、||'/.l  ゛''ー、,,_~/''、   しかもうちの軍は、
  l |~     l ヽ| `'' ヽl_レ‐''´ |/  l     /  l   .六十過ぎの爺さんすら前線に立たせてますからね
 .l |     .l   l       /   l    /   l  .
 l |     ム,--、,l      /,,、--、 |   /  ノ|
                                            _ -─ ─- ,- 、
                                         rメ´── 、::::::::::::::`ヽ \
                                         〆     /  `ヽ;:::::::::::\ ヽ
                                       // / / /      \::::::::::l  ',
                                      ,イイ | メ、 l   ,イ  l  }_::_}  !
                                  _, -ー' /ル| l ァ=ミ、!   // | /! //`l|ヾ》  i
                                 // ̄ {| | l ト、ヒソ | /二Zナ | ヾニソヘヽ   !
   言わんとしている事は分かるわよ。              、__}ハヽゝ , `´  r'::ンヽ}/ }| | ヾ\ i
                                      `ヽ:::| ∧ 、 _  `´ /  /| |   `ヽニゝ
   ただ、こういうのはやり方が問題なのよ           < ̄:::|  |\`__  ,ィ//  ハ| |   l  ',
                                    -=ニ´::::::|  l^`}ノ}バ7/  /!_ノ}/l__ ,ィヽ ヽ
                                     /ィ/:l  |::/、/l| ∨ / ̄`ヽ::::::∠ __\\
                                      /::::::::l  !{/ .ト=/ /::::::::::::::::l:::::::::::<__ヽ ヽ
                                      ヽ:::::::| ハーr'゙Y//:::::::::::::::::::}:::::::::::::::::< ! \
                                      ノ 〉:::| /:::: ̄`/:::::/:::::::::::::/::::::::::::::::::::::::\  ヽ
                                     / /::::::{ハ::::::::::/::::/::::::::/::::::::{::::::::::: ト、:::::、ー-ゝ  ',
                                      / /:::::::::::∧:::::::ヽ/_/:::/::::::::::::〉、::ト、! | \::〉    l

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       ……が、ここからが司馬懿の真骨頂と言えるのかもしれない
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ      
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────




612 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/22(日) 22:17:25.29 ID:ViRNruUo



      /.:.:.:.::::::::::::::::::::::::.:::.:.:.\
     /,.:::::.:.:::∧::ト:::::::::::::::::::::.:.ヽ
     ´ /.:..:;イ::/: l::!ハ:∧:::::::::::::::::|
      /::イく`く   ,斗匕xヘ:::::::::::::|
.       ´/|==`ei i!===e==:::|:rx::::::|
.       |`ーァ':::: `ー ' u:|:|n|:::::l                 は?
       !/.::::__, u   .:::::|:|り::::::l
       └'に二..つ .::::,.:イ: :::::::::::l
         ',  ━  .:::/.:/::::::::::::::::l
.        ∧  .:::/ .:/:::::::::/\:::l                  >′´    \::::::::>、____
.         /.:.::ヽ.:ィ゙_,, ィ/:::::::// >l                /      l ヽ    ̄ //小 \Y/
.      イ.:.::::xf='´  /::::// /::`                  . ' /      | |ト  |  \'」ト \\__
      /.::://| _,.=7:// /::::::::                /  l      | ∥| } _|   l \_ヽ_ \\
                                     /   |   | | イ厂|,ハ !  | ゙,  ̄\\ ヽ.ヽ
                                   ′ | i |ヽ   |// /,.斗:‐刋 | |    ̄  レ′
                                  |  | ||_\ |! / 〃ヽソ ' / /  |     \
                                   || ゝ \ -\∨       / イ   ト     \ \
                                  | ト  \ィヘ ソ       / |    | \     \ ゛ー
                              \___ 、 \\ヽ ̄´  ヽ __,.      |    |\ \
  明朝、兵士たちを集めなさい         __ \\|\ \  ̄二   '´´      |    |  \ >-...    _
                            ::::::::::::::::::\, ――‐∠ヽ_         / |   ∧__>'´::.::.::.::.::`<::::::::::::
                            ::::::::::::::_/   ―ッ厂   、\ー-  <::.::/   /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.\:::::::
                            :::::::∧/   /  /   l l ト )//「\::V  /::.:,′::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::\:
                            ::::::′冫 /    | _」  | | |∠〈〈仆:::::マ /.::./::.::.::.::.::.::.::.::.::___::.::.
                            :::::| ハ _  ,―┴ぐ_ノ-イ‐'::.::/フ┘|::|/ /´::.::./::.::.::  -―――-
                            :::/   7 Y´    |__  了::.::.//z_r‐レ'/.::.:::./ レ'´::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:
                            〈|   /  \ -―{_  ̄|_::.::レ燈}彡イ::.::.::.::./ /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:
                            ├く    <__   | \「::.:_j ゞ '´〕/::.:/〈 〈::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:




614 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/22(日) 22:18:53.59 ID:ViRNruUo



― 翌日 ―

       , ==薔 ==、- 、
      / , -―― - 、  \ヽ
       /'´       \ _jlヘ',
     i'  l | l  l  l /{に{」|',
     ! |、:l l |l   l/l l Tj小〉!   .:┐
     l l ト _ヽ丶, ィ¬jイ〈j | l: |/ |
     ヽトl'´| !   :!_丿 !  l |:/   /
      ト、l└'  _ r-、 l l/  /        今日みんなに集まってもらったのは他でもないわ
      l l\  ヽ ノ ハ |l / :/',
        ! l |>r=tォ=|  l_/_, -‐、',
       | ,!: |/└イ!ト┤  / , --'i|
       l/ Vー‐{」l」/{  V , --ヘZ
       /  /  薔  .]ハ  L| r= |〔
      /  l,._____〔_ ハ. └' /r」
    {   ノ ̄ ̄ ̄`ヽ匕 こ二´ 「 ン



                       ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                        |\_/ ̄ ̄\_/| |\_/ ̄ ̄\_/| |\_/ ̄ ̄\_/||\_/ ̄ ̄\_/|
                                  |\_/ ̄ ̄\_/| |\_/ ̄ ̄\_/| |\_/ ̄ ̄\_/|
                          |\_/ ̄ ̄\_/| |\_/ ̄ ̄\_/| |\_/ ̄ ̄\_/| ▼ |_/
 (また違う戦地への転属かなぁ?)    \_| ▼ ▼ |_/\\_| ▼ ▼ |_/ \_| ▼ ▼ |_/.皿 /\
                             \ 皿 /  /    \ 皿 / /     \ .皿 /     .\ |
                             /    \  | |    /    \ | |   . /    \|      | | 
                       ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




615 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/22(日) 22:21:42.28 ID:ViRNruUo



         ∠ ―-    \\
      /       \   ヽ \
      /         ヽ ヽ  \ |   ヽ
      ′      l l | ∧|、   ,
     | ||{  l |  | |l _ハ斗′ヾト   l
    ! l 、\ヽl /イレ厶イ    |トヽ |          まずは、荊州、関中、遼東と戦い抜いてくれた貴方たちに、
      \ 斗≧ ∨ 弋ソノ| l|  |レノ  |          大魏の三公としてお礼を言わせてもらうわ。
       | l ハゞ'' 、   " | l| |i |「   |ノ} イ
     .| | i从   、-ァ   j从ハノk≦圭圭圭≦     そこで貴方たちの働きに報いるべく、陛下と相談した結果、
      ノ人{  へ.    / | l |才⌒ヾ圭圭圭ミぃ     いくつかの恩典を頂ける事になったわ
      ,x≦圭≧厶'jfチ〔  ̄,| | i   r'i  /^ヾ圭圭圭≧
   x≦圭圭ア´/〃|トヽ /ノ i |   | |r'7   〉圭圭ミ
   彡抂圭〈 / /{{_儿_}},ヘ人ゝ /ニ Y   /圭圭ミ
   ' /圭州 〈 / l`)兀(´    | 〉ニ、 |  仆圭ミメ、

                       ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                        |\_/ ̄ ̄\_/| |\_/ ̄ ̄\_/| |\_/ ̄ ̄\_/||\_/ ̄ ̄\_/|
                                  |\_/ ̄ ̄\_/| |\_/ ̄ ̄\_/| |\_/ ̄ ̄\_/|
       !                 |\_/ ̄ ̄\_/| |\_/ ̄ ̄\_/| |\_/ ̄ ̄\_/| ▼ |_/
                          \_| ▼ ▼ |_/\\_| ▼ ▼ |_/ \_| ▼ ▼ |_/.皿 /\
                             \ 皿 /  /    \ 皿 / /     \ .皿 /     .\ |
                             /    \  | |    /    \ | |   . /    \|      | | 
                       ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




616 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/22(日) 22:23:23.42 ID:ViRNruUo



         ∠ ―-    \\
      /       \   ヽ \
      /         ヽ ヽ  \ |   ヽ
      ′      l l | ∧|、   ,
     | ||{  l |  | |l _ハ斗′ヾト   l
    ! l 、\ヽl /イレ厶イ    |トヽ |         一、我が軍の兵のうちで六十歳以上の者は退役を許可する。
      \ 斗≧ ∨ 弋ソノ| l|  |レノ  |
       | l ハゞ'' 、   " | l| |i |「   |ノ} イ      .一、我が軍の将兵で従軍中に死亡した者は、
     .| | i从   、-ァ   j从ハノk≦圭圭圭≦       私たちで葬儀を行って亡骸を家に送る。
      ノ人{  へ.    / | l |才⌒ヾ圭圭圭ミぃ   
      ,x≦圭≧厶'jfチ〔  ̄,| | i   r'i  /^ヾ圭圭   それと陛下から労いを兼ねて、お酒と食べ物を頂いているわ
   x≦圭圭ア´/〃|トヽ /ノ i |   | |r'7   〉圭圭ミ 
   彡抂圭〈 / /{{_儿_}},ヘ人ゝ /ニ Y   /圭圭ミ
   ' /圭州 〈 / l`)兀(´    | 〉ニ、 |  仆圭ミメ、

                      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                       |\_/ ̄ ̄\_/| |\_/ ̄ ̄\_/| |\_/ ̄ ̄\_/||\_/ ̄ ̄\_/|
                                 |\_/ ̄ ̄\_/| |\_/ ̄ ̄\_/| |\_/ ̄ ̄\_/|
      !!?              |\_/ ̄ ̄\_/| |\_/ ̄ ̄\_/| |\_/ ̄ ̄\_/| ▼ |_/
                         \_| ▼ ▼ |_/\\_| ▼ ▼ |_/ \_| ▼ ▼ |_/.皿 /\
                            \ 皿 /  /    \ 皿 / /     \ .皿 /     .\ |
                            /    \  | |    /    \ | |   . /    \|      | | 
                      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




617 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/22(日) 22:25:01.36 ID:ViRNruUo



         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \ ヒソヒソ
ト、      /             \     ,:イ
| \___/  ___ ,,),,) ___ ヽ_/ |    おいおい、退役許可とかマジかよ。
|     ..:::ヾ::::::ヾ:::::::::::/   ヾ::::::::::/  |   /
\ ....::::;;;;ジ::::::: ヾ;;;;;/     ヾ;;;;;/   |;;::. シ     今までこういうのってあんまりなかったよな?
   ̄ ̄ ̄|:::::::::::::::::  i ̄i ̄i ̄i     | ̄
       ヽ::::::::::::::::::: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ノ
                                             - - ──ー - -、 ヒソヒソ
                                  /i     ,.-‐''"´            \     i\
                                  l  \_/    _,,     ,,_     ヽ、_/  l
  死んだ連中の葬式の面倒も見てくれるなんて、    l  ::::::/    ━━     ━━      ヽ:::   l
  太尉って意外といい人だよね。             ヾ_,;;;l   , , ,                  l;;;__ジ 
                                      .|       i ̄i ̄i ̄i  """     |   
  長く戦場生活してるとこういうのもあるんだね         l       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄         l
                                      ` 、  /⌒⌒i   /⌒ヽ        /
                                        `/    |   |    \   /



───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー        遼東征伐に従軍していた兵士たちは、六十過ぎの年輩の兵が多かった。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       彼らの年齢を考えれば、曹操時代からのベテランもいただろうし、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j        .司馬懿の軍事行動を支えたのも彼らだったと思われる。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/          言い換えれば、当時の魏は彼ら老練の兵を酷使していたとも言える
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────




618 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/22(日) 22:26:27.75 ID:ViRNruUo



                _  - ―― 、
               イ.:::::::  -――-\
            / /.::::/      ヽ  \
           / __〈::::ノ  {   { ヽ.   } | :lハ
           /<_ 小、> | \ーヽ \ ノlノィノ |
           / </|_」   | f=ミヽ   ィ7| /
            /      | ヽ  、  ||     || レ'ィカ
            /      人 \_>  r‐ ¬ィ''〔 ノノ
         /   ≧==≧\  \ |  /{ 7 く__つ        これが陛下と私からのご褒美よぉ~
       /  ∠三三三三>ー一'´:.:.:.:..\>┤
      ./   / ≧三三了.:.:.:.:.:.:.:.:.:._,,、<\| |
      /   / /三三三∧:.:.:.:.:.:.:>ヘ {}:l:.:.:.〉ノ
     ;  / 厶ィ⌒ヾ三ニ>=イ:.:.:.:.ヽ |:|:.:.{
     | /  /    }彡ヘシ}:.:.:.:.:.:.:.:.∨.:ト、:.:.\
     | l |  / _,,.∠斗―/-―:.:.:.:.:.:.:.:〈 \:.:.:}ヽ、
     ヽ |/..:.:.:.:.:.:.:_ -‐'´.:.:/..:.:.:.:.:.:.:.∧ヘ ト-'_rく
     /..:.:.:.:.:.:.:./..:.:.:.:.:.:.:.〈:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/><l:.l  ヽく_r勹
     ー――/..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧:.:.:.:.:.:.:/>く|:.:l   ヽ
          /..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ ヽ:.:.:.:./\/|:.:.l   | |

                        ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
                       <SBI! SBI! SBI! SBI! SBI! SBI! SBI! SBI!>
                        ∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨
                          、        、        、       、        、
                        /っノ      /っノ      /っノ     /っノ      /っノ
 六十歳以上の兵士の皆さん→   / /  ∧_∧ / /  ∧_∧ / /  ∧_∧ / /  ∧_∧ / /  ∧_∧
                       \\(    )\\(    )\\(    )\\(    )\\(    )


───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ        ところが司馬懿、彼らの退役をあっさり許可。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       .その恩恵を受けた者、およそ千余人
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────




619 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/22(日) 22:27:20.84 ID:ViRNruUo



                _  - ―― 、
               イ.:::::::  -――-\
            / /.::::/      ヽ  \
           / __〈::::ノ  {   { ヽ.   } | :lハ
           /<_ 小、> | \ーヽ \ ノlノィノ |
           / </|_」   | f=ミヽ   ィ7| /
            /      | ヽ  、  ||     || レ'ィカ
            /      人 \_>  r‐ ¬ィ''〔 ノノ
         /   ≧==≧\  \ |  /{ 7 く__つ        胸を張りなさぁい。
       /  ∠三三三三>ー一'´:.:.:.:..\>┤
      ./   / ≧三三了.:.:.:.:.:.:.:.:.:._,,、<\| |          .貴方たちは天下最強の兵だったわぁん
      /   / /三三三∧:.:.:.:.:.:.:>ヘ {}:l:.:.:.〉ノ
     ;  / 厶ィ⌒ヾ三ニ>=イ:.:.:.:.ヽ |:|:.:.{
     | /  /    }彡ヘシ}:.:.:.:.:.:.:.:.∨.:ト、:.:.\
     | l |  / _,,.∠斗―/-―:.:.:.:.:.:.:.:〈 \:.:.:}ヽ、
     ヽ |/..:.:.:.:.:.:.:_ -‐'´.:.:/..:.:.:.:.:.:.:.∧ヘ ト-'_rく
     /..:.:.:.:.:.:.:./..:.:.:.:.:.:.:.〈:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/><l:.l  ヽく_r勹
     ー――/..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧:.:.:.:.:.:.:/>く|:.:l   ヽ
          /..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ ヽ:.:.:.:./\/|:.:.l   | |

                        ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
                       <SBI! SBI! SBI! SBI! SBI! SBI! SBI! SBI!>
                        ∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨
                          、        、        、       、        、
                        /っノ      /っノ      /っノ     /っノ      /っノ
                       / /  ∧_∧ / /  ∧_∧ / /  ∧_∧ / /  ∧_∧ / /  ∧_∧
                       \\(    )\\(    )\\(    )\\(    )\\(    )

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ        峻厳な反面、寛容な面も併せ持つ。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       .司馬懿という人間の特徴が良く出ている逸話と言える
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────




620 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/22(日) 22:28:58.59 ID:ViRNruUo



、ゝ    、  | //    /        <
\ 、 ヽ\l レ/∠x.:、-‐xz彡        \\
  `. Y"``゙^''''"゙´       」三       い`
   ヽ|             三≧       ヽ
    ′   、 ,        ミ         i、i
   { , ===《 {`====‐-、  \       い     爵位を安邑侯に格上げ、三千九百戸の領地を与える。
    ‘, -―ぉ'}  〈 ラ¬aー‐   ゙: レ'⌒:,   ド、
    } c:こう,:   c~こつ    l |ハ !  {      やっぱり陛下は俺の事見ていてくれるんだな
    レ////""  //////     | ん り  N
    |   /              l.′) /   ‘、
    ‘.  ゝ  r             ノ ´.:'   、 l
    ゙:.  、_____,      厂「     トl                     ,. -‐- 、r'´  ̄ ~Z.__
     :.  込___/      ′ ! |  トヽ                  ∠             ´   ,.>
      :.  、__,      /,  j从{>┴―‐-、         .     /                 ̄`>
      '.  i爪、      .:::´ /_ -‐''´        ∧             /           ,、      `\
       Ⅵj小从ぃ .:::´_..-‐''´          ハ       .    !             / \    \. トゝ
       `¨¨ア¨¨´-''´               ハ          │       , ,.イ /、._,  ヽ |ゝ、  N
        _,,..‘''"´               __ .. -‐'-、     .    |      /レ' レ\,/  /V '´ l\!
                                           |. r;=、 .ノ=a=== ,, ,/a===!
          魏 幽州刺史 毌丘倹                   | |.ト、| |  ` ー--‐ "  \ーァ"!
                                          | l ヒ |:|.       r __   \l
                                           |  `ー 1|、 ヾニ二二二二フ 7′
     あんたが活躍してた記憶がないんだが……          ノ     | \     ___  /
                                      .   /   ,ヘ、  ト、 \    ̄ ̄ /l
                                        /  ./\.ヽ. ヽヽ、 \   , ' ,'
                                        ,' , ./   \ヽ、ヽ \./`iイ /
                                      . /l/l/     |\\ヽ  ヽ. Wレ
                                      /      _..⊥._ \``  |

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ        また、同じ頃に遼東征伐の論功行賞も行われている。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       .大将の司馬懿、副将の毌丘倹を筆頭に、
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ        諸将に対して領邑の加増・封爵が行われた
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────




621 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/22(日) 22:31:18.62 ID:ViRNruUo



         ____
       /     \
.    /       \        それにしても司馬懿って、本当にメリハリが効いてる奴だお。
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '=・=  =・= u|      .押せば引き、引けば押す。
    /,'才.ミ) (__人__) /       虚実というか陰陽というか……
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ


                                                 / ̄ ̄\
                                               /   _ノ  \  ( ;;;;(
                                               |    ( ─)(─  ) ;;;;)
  タネさえ割れていればこんなものかと思いがちですが、            .|      (__人__) /;;/
  そういう使い分けは案外難しいものです。                     |        ノ l;;,´
                                                |     ∩ ノ)━・'
  臨機応変の才に関しては、彼の右に出る者はいないでしょうね      /    / _ノ´
                                              (.  \ / ./   │
                                              \  “ /___|  |
                                            .    \/ ___ /




623 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 22:33:29.67 ID:cvXPSKAo

老練と言えば聞こえはいいけどさすがに役に立たなくなってきた
60以上の爺さん辞めさせて人気うp狙いにしか見えない



627 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 22:38:52.92 ID:o.euOTMo

当時の60歳以上っていうと、現代の80近くて感じ?
行軍速度だって落ちるだろうし、ある意味若返りに丁度いいww



622 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/22(日) 22:32:34.76 ID:ViRNruUo



      /.:.:.         \
       /:,:.:.:  /   ヽ    \
     /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`
     /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ 
   /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }
    N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j 
     ヽム:.} ii;_j    ii;リ ル iレヽ    そして、こうした司馬懿の振る舞いは、彼の息子たちにも受け継がれる
        `ヘ:ゝ   _     小/   
          ヾ:{>、 _ ィ<}/|/    
      _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_    
    /| l:|   | ===|   |:l゙ヽ                                     .━┓
    /  | l:l   l     l   l::l l                                     ┏┛
    l  ヽハ    l    l  //  |                             ____   ・  
                                              /      \
                                             /─    ─  \
                                           / (●)  (●)   \
                                           |    (__人__)      |
          司馬師と司馬昭に?                    \   ⊂ ヽ∩     <
                                             |  |  '、_ \ /  )
                                             |  |__\  “  /
                                             \ ___\_/
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ                 いずれ分かりますよ
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \




624 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/22(日) 22:34:02.39 ID:ViRNruUo



【紀元238年冬 魏 幽州 薊】

                 _{f7 /_/ >===彳 」   _\ マ}ハ
               _{f7 / _f〆^⌒^⌒^⌒i^⌒^マ}/ィ || ト、
            {f7 /f〆ハ   l|         く <_ノ || lヽ\
              /{{| { f」 l | l   l|   l     `'ー小、こ イ 、
          ///|  | |∧   |l    | |l ハ〈 〈/ ハ L} | ヽヽ
           く <__/|   l |  ヽ lヽ  | _L厶⊥!ヽ イ ト--' ノ ノ
        /  >ォ―!  斗-≧メ ∨ |斗=ミx! | l l | //
          / /// / |ヽ ヾ.k彳:::::ヽ    ヽ:::::::ノ|l | |l〈/    毌丘倹、東夷の動向には注意しておきなさい
         // 〈 〈_/| \∧ ゞ ‐'´  ,    ̄丿 l | l l     
      / /  ′/`ー'|  l }ハ     .  _,  イ  | |  l l         
       〈_〈 / / / |l、 ', ヽ 丶、      /厶 l l   l l    /
      /   / 厶'  l |l \ ヽ \__ >-r '´/ ノ、 |  l| /_ 
  __,/_ /     l |l  \\〈/イr┤/ / ,∠、ム― 、l´          ト|:.:ト、Ⅳ |Ⅳ トヽl|:.:.:/レ //レレl:./レレソl,   
     >  ̄`ァー―イ ̄ ト---\// 斗-、__  ´/〈 (_            |:.:.:ヽヘlヘlヘN:.:ヽl:.:.7/:.l/レンィ:.:.:.ノ}
 -‐'´   / / / 亅 〈 ヽ.  〈〈__| j /^ヽ/   |  /            ゞ:.:.:.:.:.:.:.、、:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._:._:.:.:.:.:.:∠
 _ -‐''´   / /   (   \\  >ヘ     |、 丿 〈             ≧:.:.:.:.:.fゞヘトヘ从从/〃ゞヘ彳:.:.:.:.:≦
                                             ア:.:.:.:.:.テ            Z:.:.:.:.:く`
                                             lイィ」:.:/  _   、  / , ― ヽ:.Lトトl
                                                /_|:.:| ー‐t≧=ュ},/r=≦t―ァ |:.|_ヽ
      勿論です。                                 {{ |:.:|  ゞ三三    ゞ三三  |:.| }}
                                                ヽヽ:|              l:///
      鮮卑に高句麗に韓、                            ゞl                l'/
      今度は太尉の手を借りる事なく抑えてみせます             ゙lヘ     ヽ r'     /|
                                            ,-┬― 1:{ヽ   ,.-ーー-、   /:.fー ┬ 、
                                            l  !   !:.| \    ̄ ̄  /|:.:|   | r |
                                            | | |   l:ム   ヾ川川川シ   |`゙ヽ  |||
                                            | | |  〃 ヽ   `¨¨¨¨´ _,レ   l |||

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       .司馬懿は薊を発ち、洛陽への帰途についた
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────




625 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/22(日) 22:35:49.53 ID:ViRNruUo


                      _____
                  ,ィr'´~三:::ぐ匂〉`~`::、
               /'::::::ィ,.ィ=:::`ー彡'::=ミ:::`ーt
                〃´:/イ::::::xァャ;ァャ:;ァxァミx::::ヾ:、1_
             /r'::://:::xァー’       `´`ーtァマ
.            /〈:::/′ァ'      :i        `圦
          ,′{::j,':rメ  / ,   ;|!:   i   ヾ   ヽ                . イ
.          :.ィミY:イィx  |!__j   ハ:.   i! ! j }i :.  Vヽ.        /三/
         くく⌒〉{:( }:}  |! i「Тiト:|  /大:フイ/ }   }ニi:!   /ヽ  /三ニ/
         ∧:}ノイi:y:イ .:ト、,ハ_ハ ト、! ,イ,ィ,.イレァ' /;イ,ハ!コ:ノ、/三}イ,ィ三/
          / フ/ ノ;ィi ヽ.:代:::':ツ`jハノレ'ヒ:'::ソ/ ,イ 〃1}jXヽ _三=彡三三三≧
≧x   _ ..才ニ彡' // 八   ト`  ̄   、`  ̄'イ彡!  ヾ:、 ` ¨三 `ヾ!三三三二ニ (洛陽に到着する頃には一年ねぇ)
三=<.ィ ´>x.  {:i /  ヽ  ヽ     、 _ ,  ノ!: |:  {_,、イ三三三三三三三三三三
三三三三三三≧:ヾ:、 /ハ   `::≧ュ:._ ..イ:::八 ヽ i: :  ̄ ̄`Y三三三三三≦ ̄ ´
三三三三三三>':::ヾ!::`ーvi  ∨ ̄/:≦`ァ7:::::::ヾ、 Ⅵ: : : : : :|三:イィ{三三三>x.. __
三三三r==彡': : : : : : :::::::∧  ヾ、/八ヾ、{/`ャ:::::::jハ ヾ、: : : : :.ミく辷彡三三≦ ̄ ̄ ´
三三=/: : : { く: : : : : : : ::::::::::::.   !彡!` `ニヾミ}、:::::::::ヽハ ヽ: : : : 辷彡く≦7/
三三:{: : : : ハ:. : : : : : :.::::::::::::: :}  | rt|==zア{ニ7〉): 、: / }  i::::::::::.: : : : : :{:ト{{__
≧-=ァ::r=:::} j: : : : : : : : ::::ィ::::::!  !^1j rkヲ}'r'ソ: : Yミーヘ. !::ヽ、: :_:_:_:_: : :≧ く ̄
 /:{{`ヾ:、j: : : : : : : : :::;イ:::::::: ! ,Ⅸァ、 `~¨´ rソ: : : :| `イヾノ`ヾ厂{〉 ,ィ   {: : : :
ー=彡レイ介:、:::: : : : : :ノ ヾ:::::: | /: : : ヾマx _rソ__,.、{ 〃 ハ!r=Z ̄`Yヽ ,イ|: : : :
 / :::://.:!:}ノ ̄¨7彡' /:ヘ::::::}′: : :::::/ィァ' /,  `ヾ=ァ´ }  rx}-―゙r'ィ 八::::: :

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      遼東征伐の成功は、魏の威信を東北辺境に知らしめるとともに、
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ        将軍・軍人としての司馬懿の名声を不動の物とした。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       .なにしろ、半世紀に渡っ東北辺境に君臨した公孫氏を
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ        三ヶ月程度の戦で滅亡させたのだから無理もないだろう。
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          司馬懿が「軍人」として見られるのは、遼東征伐の影響が強い
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────




626 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/22(日) 22:37:11.82 ID:ViRNruUo



【紀元238年11月 魏首都 洛陽】


   .∥                            ∧          _____| .::|─Λ
   .∥                       Λ   /| |n_n_n     ∧  n_n_n_n_| .::|⌒| :|へ
   .∧                      i.  | i'´ ̄`i∨  . ::|ニニニニニニ|...    ∨  .| :| ̄|
  ∧ヘ                 Λ | |'´.:∧| |  . . ::| ロ ロ ロ ロ .|::: .   .:.:|_n_n_n_n_n
  ΔVΔ                    | :|ヘ| | / n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n . :::|     ..:|
  ||:||:||:||            n_n_n_n_n_n_n_n_|::.: .               . :.:::|_n_n_n_n_n_n_n_n_n_
_||:||:||:||            |::.:. .        |::.:.n.    n    n   .n.:.:::|       / ̄
  |===ト、  │       |:: . . `=f==f===|::.:. .. i | i             . :.:::|  n   ,∠___
\\|_| \n_∥_n_n    |:: []__|_|__.|::.:. .. l!ヘl!  「|  「|   ____|____.|] [] [] [] [
]士ェェェェェ| ∥::ロ:ロ|___、 |::.|X⌒X⌒X⌒X|::::.::. |曰||  .|.|'⌒|.|  /_n_n_n_.n , .|========
 | /Λ /Λ:| //\ :::|─‐ヘ.∧二二二二二二二二|TT|  :|:|   |:|  .| :|ロ|: |ロ|: |ロ|: / |工工工工
 | || ||. || ||::| _./__.,>:| ゚_゚::゚::| |_l]_l]_l]_l]_l]_l]_l]_l]_l]_l.|.|_l.|-──────────|ェェェェェェェェ
 | ||_||. ||_||::| | 「| 「|| .∠∧┴/_n_n_n_n_n_n__/ l] l] l] l] l] l] l] l] l]|┴r┴r┴r┴r
]士ェェェェェ] | l」 l」|ヘ、| |:::::| ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ /_n_n_n_n_n_n_/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | ∠二二ヽl=|====| ̄|::| |:::::| ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ | ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ /_n_n_n_n_n_
 | ||:::::::Λ::| l: | 「| 「 ∧      ∧      .∧      ∧      .∧      ∧
┬┬┬| :|┬┬┬┬| :l┬┬┬┬.| :l┬┬┬┬| :l┬┬┬┬.| :l┬┬┬┬| :l┬┬┬┬.| :|┬┬┬┬‐
∧∧/`| ::|ヘ/∨∨ヘ| ::|ヘ/'∨∨ヘ| ::|ヘ/∨∨ヘ| ::|ヘ/'∨∨ヘ| ::|ヘ/∨∨ヘ| ::|ヘ/'∨∨ヘ| ::|ヘ/∨∨ヘ|
./⌒ヽ :| ::| 〃⌒ヽ | ::| ,〃⌒ヽ | ::| 〃⌒ヽ | ::| ,〃⌒ヽ | ::| 〃⌒ヽ | ::| ,〃⌒ヽ | ::| 〃⌒ヽ |
二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二
_l'__;l__ l>┬┴┬┴‐┬┴‐┬┴‐┬┴┬┴‐┬┴‐┬┴┬┴‐┬┴‐┬┴┬┴‐┬┴‐┬
__;l__l/´,>┴─┴‐─┴‐─┴‐─┴─┴─‐┴‐─┴─┴─‐┴─‐┴─┴─‐┴─‐┴


───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ        一方その頃……
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       .倭人の使節が帯方郡の者に伴われて洛陽に姿を見せた
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────




628 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/22(日) 22:39:19.13 ID:ViRNruUo


                    ∩00  ∩         
                 ⊂ニニ ⊃ ⊂ ニ )-- 、      
                   ,. ---ゝ )   | レ'/⌒ヽヽ    
                    ( (´ ̄ ̄   / /     ノ.ノ ○ O            ∩00  ∩         
                 ヾニニ⊃ ,`'∪ ⊂ニ-‐' `            ⊂ニニ ⊃ ⊂ ニ )-- 、      
                                           ,. ---ゝ )   | レ'/⌒ヽヽ    
                                           ( (´ ̄ ̄   / /     ノ.ノ ○ O
                                            ヾニニ⊃ ,`'∪ ⊂ニ-‐' `
          , '´ ̄ ̄` ー-、
        /   〃" `ヽ、 \
       / /  ハ/     \ハヘ
       |i │ l |リ⌒     ⌒}_}ハ         これが洛陽!
       |i | 从 ●    ● l小N
       |i (|ミ ⊂⊃ 、_,、_, ⊂li|ノ   ミ     .うちの国よりずっと大きいっさ!!
       | i⌒ヽ j   (_.ノ   ノi|__/⌒)
       | ヽ  ヽx>、 __, イl |::::ヽ/.      
       | ∧ 人l||l,三|:::::/l| |l||l 从
       |  l ( ⌒ ):::V::/ | ( ⌒ )
                                              / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
                                     ト、      /             \     ,:イ
      当たり前だ!                       | \___/  ___ ,,),,) ___ ヽ_/ |
                                     |     ..:::ヾ::::::ヾ:::::::::::/   ヾ::::::::::/  |   /
      韓や倭の集落と一緒にすんな!            \ ....::::;;;;ジ::::::: ヾ;;;;;/     ヾ;;;;;/   |;;::. シ
                                        ̄ ̄ ̄|:::::::::::::::::  i ̄i ̄i ̄i     | ̄
                                            ヽ::::::::::::::::::: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ノ

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       おそらく倭人の使節は、
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       .曹叡によって建てられたばかりの宮殿の数々を目にしたはずだ。
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       東の果てから来た彼らは、その威容に圧倒されたに違いない
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────




629 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/22(日) 22:40:08.02 ID:ViRNruUo



          , '´ ̄ ̄` ー-、
        /   〃" `ヽ、 \
       / /  ハ/     \ハヘ  人
       |i │ l |リ\    /}_}ハ `Y´
       |i | 从 ●    ●l小N
       |i (| ⊂⊃ 、_,、_, ⊂li|ノ       じゃあさっそく、皇帝陛下に会いに行くにょろ!
       |  i ノ、      ノi|
       |  l  x>、 __, イl |
       |  lくミヽ::::ヘ三l:::::ノl lヽ
       |  l( ⌒ )..::::V::/ ( ⌒ )


                                               / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
                                      ト、      /             \     ,:イ
      残念だがすぐには無理だな。              | \___/  ___ ,,),,) ___ ヽ_/ |
                                      |     ..:::ヾ::::::ヾ:::::::::::/   ヾ::::::::::/  |   /
      皇帝陛下はとてもお忙しい                \ ....::::;;;;ジ::::::: ヾ;;;;;/     ヾ;;;;;/   |;;::. シ
                                         ̄ ̄ ̄|:::::::::::::::::  i ̄i ̄i ̄i     | ̄
                                             ヽ::::::::::::::::::: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ノ




630 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/22(日) 22:42:39.05 ID:ViRNruUo


   ダイコウロ
― 大鴻臚府 ―

  iニ::iニl                             † __ _ .iニiニl _____†
  |_;;:| _|_______________________∧† |:;:;::;:;:|_;|_;|;:;:; :;:;:;:::;†:∧
  |_;;,/ __;:;:;:;:;:;__::;::;:::;:;__;::;:;:;::;:;__;::;:;:;:;:__;:;::;;;::; __;:;::;:;:;:__;;;:;;/;; ∧i;:;:|;:;;. 'i.†.i' :::::|:;:;:;:∧  'i,
  |;,/ ∧ヽ:;:;:∧ヽ:;:::∧ヽ;:::;::;∧ヽ;::;:∧ヽ;:;::;∧ヽ;::;::∧ヽ/_ /iロi'i,∧ :;':i鬻i'; :∧;:;/iロi'i,__ 'i、
 /,/;:;:;|ロi,,|;:;:;,|ロi,,|:;::;,|ロi,,|;:;:;:,,|ロi,,|;:;:;,|ロi,,|;:;:;;,|ロi,,|;:;:;:|ロi,,|:| /   'i, 'i,='='/ ;/   'i"`i
 i`ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ;;i:|''" ̄``|"'| _ |""|''" ̄``|;;:.|
 i,,;| | ̄|  | ̄|  | ̄|  | ̄|  | ̄|  | ̄|  | ̄|;:;l,|";;::.   | ::| |ロロli |  |";;::.   |;;:.|
 i,,;| |i_i_|  |i_i_|  |i_i_|  |i_i_|  |i_i_|  |i_i_|  |i_i_|;:;l,|";'ロ';'ロ'| ::|  ̄ |  |::::∩∩|;;:.|
 i,,;|ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニl,|";;::.   iコ:| _ |lコ:|;::::! !:! ||;;:.|;:;,.,.,,ー、;:;,.,
 i,,;|      ,ー、       ,ー、       .,ー、     .:.:l,|";;::.   | ::| |ロロli |  |;::::!_!:!_||;::.|,:';:;'':'`::';::;:;.
 i,,;| | ̄|  |  |  | ̄|  |  |  | ̄|  |  |  | ̄|::;l,|";'ロ';'ロ'| ::|    |  |;;::.''" `:|;;:.|,:''':;:;;:;`::';;::;
 i,,;| |i_i_|  |_|  |i_i_|  |_|  |i_i_|  |_|  |i_i_|..:l,|";;::.   |,,_|    |  |";;::.   |;;:.|:;:: i!',: ''i!,::_____
 i,,;|ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニl;|";;::.   |(ニニニ(ニニ;;(ニニニニニ(ニ二)__( ̄____
=;i,,;|_   __   __   __   __    l;|";;::.   | , '⌒` , .:.:.|";;::.   |;;::::...::|, |/  :::;:;|
 | |  i,'⌒`,| |  i,'⌒`,| |  i,'⌒`,| |  i,'⌒`,| |  i,'⌒`,  i:|`::.:- :'|, ;:;;;;'  'i;  :|";;::.   |;;:::...  /    :::;:;|
 |_|__,,|_;;:;' |_|__,,|_;;:;' |_|__,,|_;;:;' |_|__,,|_;;:;'  |_|__,,|_;;:;' |___,|`::.:- :'|;:;;;;'    i, ;:;|`::.:- :'|;;::..../

         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
ト、      /             \     ,:イ     陛下に謁見できるまでは、
| \___/  ___ ,,),,) ___ ヽ_/ |     この大鴻臚の役所に滞在してもらう。
|     ..:::ヾ::::::ヾ:::::::::::/   ヾ::::::::::/  |   /     
\ ....::::;;;;ジ::::::: ヾ;;;;;/     ヾ;;;;;/   |;;::. シ      ここには色々な国の使者がいるが、
   ̄ ̄ ̄|:::::::::::::::::  i ̄i ̄i ̄i     | ̄       絶対に他の国の使節とはケンカするなよ?
       ヽ::::::::::::::::::: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ノ

                                                   -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
                                                   / /" `ヽ ヽ  \
                                               //, '/     ヽハ  、 ヽ
                                               〃 {_{'´     ヽリ| l.│ i|
         はいにょろ。                              レ!小l●    ● 从 |、i|
                                                ヽ|l⊃     ⊂⊃ .|ノ│
         (これが役所……?)                          |ヘ.  r‐-、    j  | , |
                                                | /⌒l`ニ`, .イァト|/ |
                                      .          | /  /::|三/:://  ヽ |
                                                | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡,




631 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/22(日) 22:43:45.16 ID:ViRNruUo



         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
ト、      /             \     ,:イ
| \___/  ___ ,,),,) ___ ヽ_/ |     すんません。 帯方郡の者ですが……
|     ..:::ヾ::::::ヾ:::::::::::/   ヾ::::::::::/  |   / 
\ ....::::;;;;ジ::::::: ヾ;;;;;/     ヾ;;;;;/   |;;::. シ      かくかくじかじかで倭人の使節を連れて来ました
   ̄ ̄ ̄|:::::::::::::::::  i ̄i ̄i ̄i     | ̄    
       ヽ::::::::::::::::::: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ノ

                                      / |/ __/     `ー──' \
                         _/○ ヽ     /    ̄/          \  /l
                         /  キタ }ー!!   / ̄\/             \|  .l.     ┃┃
                               ノ    /   l    l ! .|ハリ   从.| l l ! ハ  l )━━ ┃┃
                         .(゜∀゜)━!! / / l    从∧ !ヽ  / .∧ハ!/ ノ .l l l     ・ ・
                                  ,'/| l l  -=<  > ∨ <  >=‐  }: l.l
                          ○\__/ .!.  lハ l|ヘ `ト ∨  ___  ∨  /  /l: . .|l
                              \/      l| ∨!リ lハ.  l  |  .|   |//  /: l: : ハ     ∀゚) 「l 「l
  歴史的大スクープの予感!!                 .l川 从小     l  l    ./ ノリ: : l: : . ' ,      l」 l」
                         ━━━(゜∀゜)━   ;′ __ \〉≧‐-Lノ -≦//_: :l: : l: : :.   \      0 0
                          /─,        /./^「(○),(` `ヽ|  | /' ,ェ、|: l: : :l: : : . ',. \
                         .   メ ━━   /.〈./ |.|l ̄|_l___>[]< イ`´`ヽ:!: : : : : : . ',   \タ━
                         . /        / .l  |.|l  |      | / l { ヽ` ノ、: : : : : : : . l ∧  ヽ
                           キター   /  .[二l」l_|二二二l |、/:|_>ーく /7\: : : :l: . l./ ∨  〉、
                             キター  / ,.イレ'.ノ::}:::::/l:::::::::`ー':o〉:::::::::l   / /::::::/: : : l: : l   ∨ ∧∧
                                  // } /:::ノ:::/ l::::::::::::::::/::::::::::人_ノノ:::::::/: : : : l: : l   ∨ ∨.l
                                                 ギョカン
                                           魏 文官 魚豢




632 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/22(日) 22:46:00.93 ID:ViRNruUo


      ―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――    ==__ ̄―===━     _  ̄ ̄─
      __―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―

             /  「 ̄ ̄\ニr  ̄ヽ
            /  _|_\   _Ll__ト
              / ∠_ / ̄ ̄     ヾヽ       .取り乱してしまいました。
          /       レ ,l l ./ l l l i l iヽ. l
            /     /|   l「lメx l l l イ.i l l. |     それでは改めて、あなたたちは朝貢に来たという話ですが、
         /     /く|.  |l.,ィrャjル'/.i | l i l/     上への報告書を書かないといけないので、
          /   /   / /l  |ゝマ」 .l/>ルl /jル'       自己紹介してもらえませんか?
         /  /  // l  |   _/ /'
      /  / ,.r<: ̄ヽ  |> '´            .お名前と陛下に捧げる進物の量、その他諸々……
     /  /   i:ト:::::ヽ:::::l( ̄) ̄)
    /  ./   .!:l::\:::::::::l V/  l                  ________
   /   /  /!:::l::::::\:::::ll/\\ヽ                    /r―――‐ ァ/ /
  /   /  //l:::::∨:::::::::::::l Ll A//                 //::::::::::::::::::::// /
 /.   / , ィ //.!::::::∨:::::::::::lrl/ ̄                 //::::::::::::::::::::// /
/   / / // ,/   !::_ヘ::::::::::::\\                   //::::::::::::::::::::// /
   / / // // ! ̄::::::/ \:::::::::ゞー―――――ァ勹´`ニ、ヽ/ ム―――‐'./ /
   / / // ///::::::::::/:::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::/^/ー´l二二二二二二二二}

                                   -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、                -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
                                  / /" `ヽ ヽ  \               / /" `ヽ ヽ  \
  ちゅるやたちは、倭国の女王様がいる     //, '/     ヽハ  、 ヽ          //, '/     ヽハ  、 ヽ
  「ヤマトノクニ」から来たにょろ!         〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|          〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|
                               レ!小l●    ● 从 |、i|          レ!小l●    ● 从 |、i|
  ちゅるやが正使の「ナソメ」で、          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│
  向かって右が副使の「タシゴリ」にょろ    /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !         /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !
                            \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
                   .           /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ | .        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
                             `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |        `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |




633 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/22(日) 22:47:53.03 ID:ViRNruUo



             /  「 ̄ ̄\ニr  ̄ヽ
            /  _|_\   _Ll__ト
              / ∠_ / ̄ ̄     ヾヽ
          /       レ ,l l ./ l l l i l iヽ. l
            /     /|   l「lメx l l l イ.i l l. |        .あの、すいません。
         /     /く|.  |l.,ィrャjル'/.i | l i l/
          /   /   / /l  |ゝマ」 .l/>ルl /jル'         「ヤマトノクニ」「ナソメ」「タシゴリ」、
         /  /  // l  |   _/ /'            どういう字を書けばいいんです?
      /  / ,.r<: ̄ヽ  |> '´
     /  /   i:ト:::::ヽ:::::l( ̄) ̄)
    /  ./   .!:l::\:::::::::l V/  l                  ________
   /   /  /!:::l::::::\:::::ll/\\ヽ                    /r―――‐ ァ/ /
  /   /  //l:::::∨:::::::::::::l Ll A//                 //::::::::::::::::::::// /
 /.   / , ィ //.!::::::∨:::::::::::lrl/ ̄                 //::::::::::::::::::::// /
/   / / // ,/   !::_ヘ::::::::::::\\                   //::::::::::::::::::::// /
   / / // // ! ̄::::::/ \:::::::::ゞー―――――ァ勹´`ニ、ヽ/ ム―――‐'./ /
   / / // ///::::::::::/:::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::/^/ー´l二二二二二二二二}
                                                     -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
                                                     / /" `ヽ ヽ  \
                                                 //, '/     ヽハ  、 ヽ
                                                 〃 {_{⌒   ⌒ リ| l │ i|
                                                 レ!小l○    ○ 从 |、i|
                                                  ヽ|l⊃ __ ⊂⊃ |ノ│
                                                /⌒ヽ__|ヘ         j /⌒i !
                                              \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
                                        .        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
                                               `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |
         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
ト、      /             \     ,:イ
| \___/  ___ ,,),,) ___ ヽ_/ |  
|     ..:::ヾ::::::ヾ:::::::::::/   ヾ::::::::::/  |   / 
\ ....::::;;;;ジ::::::: ヾ;;;;;/     ヾ;;;;;/   |;;::. シ     ああ、こいつらの国、字なんてありませんよ?
   ̄ ̄ ̄|:::::::::::::::::  i ̄i ̄i ̄i     | ̄    
       ヽ::::::::::::::::::: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ノ





634 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/22(日) 22:49:16.95 ID:ViRNruUo



             /  「 ̄ ̄\ニr  ̄ヽ
            /  _|_\   _Ll__ト
              / ∠_ / ̄ ̄     ヾヽ      では適当な当て字で、
          /       レ ,l l ./ l l l i l iヽ. l     「邪馬台国」「難升米」「都市牛利」と書いておきましょう。
            /     /|   l「lメx l l l イ.i l l. |     
         /     /く|.  |l.,ィrャjル'/.i | l i l/      まあ、蛮夷の名称なんて一部を除いて適当ですし。
          /   /   / /l  |ゝマ」 .l/>ルl /jル'      
         /  /  // l  |   _/ /'         後、AAだと誰が誰だか分からないので、
      /  / ,.r<: ̄ヽ  |> '´             額当てでもつけておいてください
     /  /   i:ト:::::ヽ:::::l( ̄) ̄)
    /  ./   .!:l::\:::::::::l V/  l                  ________
   /   /  /!:::l::::::\:::::ll/\\ヽ                    /r―――‐ ァ/ /
  /   /  //l:::::∨:::::::::::::l Ll A//                 //::::::::::::::::::::// /
 /.   / , ィ //.!::::::∨:::::::::::lrl/ ̄                 //::::::::::::::::::::// /
/   / / // ,/   !::_ヘ::::::::::::\\                   //::::::::::::::::::::// /
   / / // // ! ̄::::::/ \:::::::::ゞー―――――ァ勹´`ニ、ヽ/ ム―――‐'./ /
   / / // ///::::::::::/:::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::/^/ー´l二二二二二二二二}

                                  -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、                -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
                                  / /" `ヽ ヽ  \               / /" `ヽ ヽ  \
                              //, '/  難  ヽハ  、 ヽ          //, '/  都  ヽハ  、 ヽ
                              〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|          〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|
   字の意味は分からないけど、         レ!小l●    ● 从 |、i|          レ!小l●    ● 从 |、i|
   なんかカッコいいにょろ!            ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│
                             /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !         /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !
                           \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
                     .        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ | .        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
                            `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |        `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |




635 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 22:50:47.25 ID:KL0HxV6o

ファースト・コンタクト同然だもんな。
魏にしても、倭にしても両国の人々共によくやったと思うよ。



636 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 22:52:01.56 ID:NrCP.b.o

ここから出発したのかと感慨が湧いてくるす



637 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/22(日) 22:52:03.60 ID:ViRNruUo



             /  「 ̄ ̄\ニr  ̄ヽ
            /  _|_\   _Ll__ト
              / ∠_ / ̄ ̄     ヾヽ
          /       レ ,l l ./ l l l i l iヽ. l      それでは次の質問。
            /     /|   l「lメx l l l イ.i l l. |
         /     /く|.  |l.,ィrャjル'/.i | l i l/      .陛下に献上する貢物はどんなものがありますか?
          /   /   / /l  |ゝマ」 .l/>ルl /jル'       
         /  /  // l  |   _/ /'
      /  / ,.r<: ̄ヽ  |> '´
     /  /   i:ト:::::ヽ:::::l( ̄) ̄)
    /  ./   .!:l::\:::::::::l V/  l                  ________
   /   /  /!:::l::::::\:::::ll/\\ヽ                    /r―――‐ ァ/ /
  /   /  //l:::::∨:::::::::::::l Ll A//                 //::::::::::::::::::::// /
 /.   / , ィ //.!::::::∨:::::::::::lrl/ ̄                 //::::::::::::::::::::// /
/   / / // ,/   !::_ヘ::::::::::::\\                   //::::::::::::::::::::// /
   / / // // ! ̄::::::/ \:::::::::ゞー―――――ァ勹´`ニ、ヽ/ ム―――‐'./ /
   / / // ///::::::::::/:::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::/^/ー´l二二二二二二二二}

                                                    -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
                                                    / /" `ヽ ヽ  \
                                                //, '/  難 ヽハ  、 ヽ
     男の奴隷が四人、女の奴隷が六人、                    〃 {_{`ヽ   ノ リ| l │ i|
     それと班布(織物)を二匹二丈ですにょろ!                レ!小l●    ● 从 |、i|
                                                 ヽ|l⊃ r‐‐v ⊂⊃ |ノ│
     以上を皇帝陛下に献上致したく……                  /⌒ヽ__|ヘ  ヽ ノ   j /⌒i !
                                             \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
                                       .        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
                                              `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' 




639 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/22(日) 22:54:01.71 ID:ViRNruUo



 i |         |         | |  | |  ::|ヽ|   .::/ ..!  !  / .!
 i |     !  |      ー|‐.|─| ┼─┼::|   ::/.::/.! ./ /  i
 i |     !  |      .| |_|.._|___.! | .::/..:/ !/ヽ/  /
  :|     !/| |  ::|  | _.ィ¨¨¨|.c「 ` | ::/.:./  / /
  :|      / /| |  ::|  | ´ヽ  ヒ::」  .l/´!/               .それって少なすぎません?
  .::|   .:::{   l !   ::|  |       ̄      |
  : l      ヽ.  l !ヽ     :|   ::::::::::::::     |                後漢の安帝の頃に来た倭人の使節は、
  l    .:::::/`ーl.._!__i    .:|              |                生口を百六十人も献上していましたよ?
.  l   .:::::/  .l | !   :|          /`ヽ、rv' ̄ヽ-、
  l   .:::::::/   / .| !   :|            /,' : : : }.:.〉    \___ ___
. l  .:::::/   /  ! !    :|       /`ヽ: : :ノ:/        ヽ`ヽ`ヽ-、
 l  .:::/   /    ヽ    :|ー─r─r<´ ,'' ,,`[.ノ         |  }  } ノ┐
.   .::/  〃       \ .:|: : :/|: : |       {           l ̄)_ノノ ノ┐
  .::/ ./      __./\| :/ |.:./         ヽ、        / ̄:::::`ー'´::/
                                                  -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
                                                  / /" `ヽ ヽ  \  __
                                              //, '/     ヽハ  、 ヽ   /
                                              〃 {_{  難U  リ| l.│ i|   \
                                              レ!小l\    / 从 |、i|  ̄ ̄
            なんと!!                           ヽ|l ○   ○u | .|ノ│
                                                 |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |
                                               | /⌒l __, イァト |/ |
                                     .          | /  /::|三/:://  ヽ |
                                               | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |
         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
ト、      /             \     ,:イ
| \___/  ___ ,,),,) ___ ヽ_/ | 
|     ..:::ヾ::::::ヾ:::::::::::/   ヾ::::::::::/  |   /   (元々帯方郡に来ただけだからしょうがねぇよな)
\ ....::::;;;;ジ::::::: ヾ;;;;;/     ヾ;;;;;/   |;;::. シ  
   ̄ ̄ ̄|:::::::::::::::::  i ̄i ̄i ̄i     | ̄    
       ヽ::::::::::::::::::: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ノ




640 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 22:56:24.51 ID:KL0HxV6o

>>639
日本国は発展途上国なんだ、ODAもらっちまえww



641 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/22(日) 22:57:35.87 ID:ViRNruUo


                                                /.:.:.         \
                                                 /:,:.:.:  /   ヽ    \
                                               /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`
                                              /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ
                                             /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }
   倭人の使節が皇帝に朝貢しに来たと考えにくいのは、           .N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j
   この進物の異様なまでの少なさだ。                       ヽム:.} ii;_j    ii;リ ル iレヽ 
                                                  `ヘ:ゝ   _     小/   
   難升米が持ってきた進物は、皇帝に捧げるにしては少なすぎるのだ      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/   
                                                _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_    
                                              /| l:|   | ===|   |:l゙ヽ   
                                              /  | l:l   l     l   l::l l  
                                              l  ヽハ    l    l  //  |  
           ____
         /      \
        /  ─    ─\
      /    (●)  (●) \
      |     (__人__)   |        具体的な例を示してほしいお
       \     ` ⌒´   ,/
      ノ      ー‐   \
                                                    / ̄ ̄\
                                                  /  _ノ ,ヽ\
                                                  |   ( ●)(●)
    まず、後漢の安帝の時の朝貢の例ですね。               \    |     (__人__)
    今回は生口の数からして、その時の十分の一以下ですし。       .\  .|     ` ⌒ノ
                                                 \ ヽ       }
    また、曹操が楊沛という人に、                            .\_,ゝ     ノ
    「生口十人、絹百匹」を与えた事がありますが、                 /, r、    く
    これだと倭人の献上品はそれにすら及びません               ./ 〈  \    i
                                                . ヽ、 .ヽ   \ i..|
                                                   .て_)   \ノ
                                                         \



644 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 23:00:59.15 ID:NrCP.b.o

いきあたりバッタリ感がww



643 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/22(日) 23:00:49.06 ID:ViRNruUo



【紀元238年11月 魏首都 洛陽】

             /  「 ̄ ̄\ニr  ̄ヽ
            /  _|_\   _Ll__ト
              / ∠_ / ̄ ̄     ヾヽ
          /       レ ,l l ./ l l l i l iヽ. l
            /     /|   l「lメx l l l イ.i l l. |   まあ、ぶっちゃけた話、
         /     /く|.  |l.,ィrャjル'/.i | l i l/   朝貢は服従の儀礼ですし、貢物の量は問題ないんですよね。
          /   /   / /l  |ゝマ」 .l/>ルl /jル'
         /  /  // l  |   _/ /'       .じゃあ次の質問に……
      /  / ,.r<: ̄ヽ  |> '´
     /  /   i:ト:::::ヽ:::::l( ̄) ̄)
    /  ./   .!:l::\:::::::::l V/  l                  ________
   /   /  /!:::l::::::\:::::ll/\\ヽ                    /r―――‐ ァ/ /
  /   /  //l:::::∨:::::::::::::l Ll A//                 //::::::::::::::::::::// /
 /.   / , ィ //.!::::::∨:::::::::::lrl/ ̄                 //::::::::::::::::::::// /
/   / / // ,/   !::_ヘ::::::::::::\\                   //::::::::::::::::::::// /
   / / // // ! ̄::::::/ \:::::::::ゞー―――――ァ勹´`ニ、ヽ/ ム―――‐'./ /
   / / // ///::::::::::/:::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::/^/ー´l二二二二二二二二}
                                                    -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
                                                    / /" `ヽ ヽ  \
                                                //, '/  難  ヽハ  、 ヽ
                                                〃 {_{/    \リ| l │ i|
                                                レ!小l○    ○ 从 |、i|
     (次に来る時は貢物の内容を考えないと……)               ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│
                                               /⌒ヽ__|ヘ         j /⌒i !
                                             \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
                                       .        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
                                              `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ        なお、この次に来た倭人の使節は、
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       .奴隷・倭錦・綿衣・帛布・短弓と矢など、多種多様な進物を献上している。
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ        やはり、難升米の事例が特殊だったのかもしれない
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────



646 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 23:03:27.36 ID:GD2vjl2o

多種多様になったってことは、魏の方もはっきり相手に少ないって言ったんだなwwww



645 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/22(日) 23:03:00.98 ID:ViRNruUo



             /  「 ̄ ̄\ニr  ̄ヽ
            /  _|_\   _Ll__ト
              / ∠_ / ̄ ̄     ヾヽ
          /       レ ,l l ./ l l l i l iヽ. l
            /     /|   l「lメx l l l イ.i l l. |
         /     /く|.  |l.,ィrャjル'/.i | l i l/    倭国、難升米さんの邪馬台国って、どこにあるんですか?
          /   /   / /l  |ゝマ」 .l/>ルl /jル'
         /  /  // l  |   _/ /'           帯方郡からの道のりでいいので教えてください
      /  / ,.r<: ̄ヽ  |> '´
     /  /   i:ト:::::ヽ:::::l( ̄) ̄)
    /  ./   .!:l::\:::::::::l V/  l                  ________
   /   /  /!:::l::::::\:::::ll/\\ヽ                    /r―――‐ ァ/ /
  /   /  //l:::::∨:::::::::::::l Ll A//                 //::::::::::::::::::::// /
 /.   / , ィ //.!::::::∨:::::::::::lrl/ ̄                 //::::::::::::::::::::// /
/   / / // ,/   !::_ヘ::::::::::::\\                   //::::::::::::::::::::// /
   / / // // ! ̄::::::/ \:::::::::ゞー―――――ァ勹´`ニ、ヽ/ ム―――‐'./ /
   / / // ///::::::::::/:::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::/^/ー´l二二二二二二二二}


                                                     -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
                                                     / /" `ヽ ヽ  \
                                                 //, '/  難  ヽハ  、 ヽ
    帯方郡から倭に行くには、海岸に沿って船で進んで、            〃 {_{`ヽ   ノ リ| l │ i|
    その後で大海を渡るにょろ。                           レ!小l●    ● 从 |、i|
                                                  ヽ|l⊃ r‐‐v ⊂⊃ |ノ│
    すると対馬国に着くから、そこから東南へ進んで……         ./⌒ヽ__|ヘ  ヽ ノ   j /⌒i !
                                              \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
                                        .        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
                                               `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |




647 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 23:04:40.99 ID:GD2vjl2o

これが現代も論争の絶えない最大原因の記録に
というか、通訳が悪かったとか、言ってる方がまともな方向感覚があるかという根本問題があるよな



649 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/22(日) 23:06:28.25 ID:ViRNruUo



― 説明が長すぎるので省略 ―


             /  「 ̄ ̄\ニr  ̄ヽ
            /  _|_\   _Ll__ト
              / ∠_ / ̄ ̄     ヾヽ      なるほど。
          /       レ ,l l ./ l l l i l iヽ. l     
            /     /|   l「lメx l l l イ.i l l. |     .海の彼方にあるのは分かるんですが、
         /     /く|.  |l.,ィrャjル'/.i | l i l/     実際どれだけの距離があるのかはよく分かりませんね。
          /   /   / /l  |ゝマ」 .l/>ルl /jル'      .
         /  /  // l  |   _/ /'         .まあ、遠くから来たのを強調できればいいので、
      /  / ,.r<: ̄ヽ  |> '´            適当に一万二千里と書いておきましょう
     /  /   i:ト:::::ヽ:::::l( ̄) ̄)
    /  ./   .!:l::\:::::::::l V/  l                  ________
   /   /  /!:::l::::::\:::::ll/\\ヽ                    /r―――‐ ァ/ /
  /   /  //l:::::∨:::::::::::::l Ll A//                 //::::::::::::::::::::// /
 /.   / , ィ //.!::::::∨:::::::::::lrl/ ̄                 //::::::::::::::::::::// /
/   / / // ,/   !::_ヘ::::::::::::\\                   //::::::::::::::::::::// /
   / / // // ! ̄::::::/ \:::::::::ゞー―――――ァ勹´`ニ、ヽ/ ム―――‐'./ /
   / / // ///::::::::::/:::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::/^/ー´l二二二二二二二二}

                                             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \ 
                                    ト、      /             \    ,:イ 
   邪馬台国に行った人間の話だと、             | \___/  ___ ,,),,) ___ ヽ_/ |   
   一ヶ月はかかるそうですよ。                |     ..:::ヾ::::::ヾ:::::::::::/   ヾ::::::::::/  |   /    
                                    \ ....::::;;;;ジ::::::: ヾ;;;;;/     ヾ;;;;;/   |;;::. シ   
   それぐらいはありそうです                    ̄ ̄ ̄|:::::::::::::::::  i ̄i ̄i ̄i     | ̄     
                                           ヽ::::::::::::::::::: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ノ 




650 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 23:07:46.62 ID:KL0HxV6o

軍事動員力も、技術力も、明らかに上の相手に、
正確な地理を教えるのは危険だということぐらいはわかってたんじゃないかな。
難升米さんGJ



653 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/08/22(日) 23:11:50.16 ID:H/pKtg.o

班超は部下の甘英を西に派遣し、甘英はシリアまで到達したが、現地のパルティア人の船乗りは
「大秦(ローマ)までは順風で3ヶ月、逆風なら2年かかる」と大嘘ついてローマ行きを断念させたそうな。

シリアからローマまで、あと一歩だったのに。



651 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/22(日) 23:09:37.69 ID:ViRNruUo



             /  「 ̄ ̄\ニr  ̄ヽ
            /  _|_\   _Ll__ト
              / ∠_ / ̄ ̄     ヾヽ
          /       レ ,l l ./ l l l i l iヽ. l
            /     /|   l「lメx l l l イ.i l l. |     これだけ情報があれば、上への報告書が書けそうです。
         /     /く|.  |l.,ィrャjル'/.i | l i l/
          /   /   / /l  |ゝマ」 .l/>ルl /jル'       後日、陛下から詔勅が下されると思うので、
         /  /  // l  |   _/ /'           それまではここで待っていてください
      /  / ,.r<: ̄ヽ  |> '´
     /  /   i:ト:::::ヽ:::::l( ̄) ̄)
    /  ./   .!:l::\:::::::::l V/  l                  ________
   /   /  /!:::l::::::\:::::ll/\\ヽ                    /r―――‐ ァ/ /
  /   /  //l:::::∨:::::::::::::l Ll A//                 //::::::::::::::::::::// /
 /.   / , ィ //.!::::::∨:::::::::::lrl/ ̄                 //::::::::::::::::::::// /
/   / / // ,/   !::_ヘ::::::::::::\\                   //::::::::::::::::::::// /
   / / // // ! ̄::::::/ \:::::::::ゞー―――――ァ勹´`ニ、ヽ/ ム―――‐'./ /
   / / // ///::::::::::/:::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::/^/ー´l二二二二二二二二}

                                  -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、                -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
                                  / /" `ヽ ヽ  \               / /" `ヽ ヽ  \
                              //, '/  難  ヽハ  、 ヽ          //, '/  都  ヽハ  、 ヽ
                              〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|          〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|
                              レ!小l●    ● 从 |、i|          レ!小l●    ● 从 |、i|
    分かりましたにょろ!             ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│
                             /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !         /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !
                           \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
                     .        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ | .        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
                            `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |        `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |




652 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/22(日) 23:10:38.62 ID:ViRNruUo


                                                    ___
                                                  /      \
     しかし、邪馬台国ってのはどこにあるんだお?               /⌒   ⌒   \
                                               /(● ) (● )   ヽ
     話聞いてると、とんでもなく遠くにあるような?              | ⌒(__人__)⌒      |
                                              \   `⌒ ´     /
                                                  /             \

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }               人々の話を聞く限りでは、倭国の奥地にあるような感じですね
   ヽ     ノ        \      
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \




654 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/22(日) 23:12:13.93 ID:ViRNruUo



【紀元238年11月 魏首都 洛陽】

― 数日後 ―
           __, .- 、:―. 、 -.、 __
          /_:_:_: :_: : : : : : :、ヽ\
          /- :7: ̄ : /: : : :!: : : : : :ヽ: : ヽ
        / : :/ : /: :ィ:!l : : :.}: :| :}:、: : ト : : :l
      i: : /r :/! :ハト{ヽ ハノ}/} !:ハ !} : : :!
      | :l |ハ:{_ヽ{- ='_,ヽ '=ナリ-}:リ: :|!
      | :| : :|_ァr云く   l' ´ァr云jく |.: : | |
      |: |: : l`┴='- '   l` =゙ー┴^!:. : !|       あんたらが倭人の使節か?
      | :| : :|       |      |: : :| :|
      |: |: : |      `_´      |: : :|: |        うちは中書省の王基ってもんやけど、
       l |: :!    ー 二ニ    /1: : l: :|        陛下の詔勅を伝えに来たんや。
        !: :||: : l\         .イ:.:|: : :|: :l
      | : :|! : : !| 丶、     イ:.|:.:.:| : : !: :l       .さっそく読み上げるで
     j: : :.:| : : :l   ` ー ´  !:.|:.:.:|:. : :| | |
     / : : :.:!: : : :l        {:.:!.:.:l:. : : ! l :l
     // : :.:._l. :l :ハ         ヽl!:.l:. : l: !:..l :l
     {j:ノ^くヽl:. l: :l ヽ        ソl : :l. |:.:ハ :l

          魏 文官 王基
                                  -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、                -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
                                  / /" `ヽ ヽ  \               / /" `ヽ ヽ  \
                              //, '/  難  ヽハ  、 ヽ          //, '/  都  ヽハ  、 ヽ
                              〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|          〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|
                              レ!小l●    ● 从 |、i|          レ!小l●    ● 从 |、i|
         おおっ!                ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│
                             /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !         /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !
                           \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
                     .        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ | .        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
                            `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |        `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ        後日、曹叡から倭人に対して詔勅が下された。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       .
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       .以下にその内容を紹介する
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ      
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────




655 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/22(日) 23:14:20.90 ID:ViRNruUo



     /::/:/::::::::|::. : : : :     . . . .\ . ヽ
.     /:::/:j::::::::::|:::l:::::. : :l. : : ヽ: : : : : : : : :\ l
    /:::/:::l::::::::::::l::::::ヽ:.. :ヽ:..l:. :\. \ : : : : : :ヽ
.   /:::/:::::l::::::|::::::ヽ:::::::ヽ:...:ヽ\、: \:..ヽ: ヽ: : : :}         .親魏倭王の卑弥呼に制詔を下す。
  |::l:::::::l:::::::!:::::::::{ヽ::::::l\:::l\、`丶ト、ヽ: l: :|:/       
   {::::!::::::l::::::::ト:::ヽ:ヽ. \レノ \` ̄ァ三..ヽl: |: イ:!       .帯方郡太守の劉夏が使者をつけて、
    !::|::::::l::::::::{ \{>≦、`  | r{:.ーjゝイ/: !:l       汝の大夫の難升米と副使の都市牛利を護衛し、.
   |::l:::::::l:::ト::::l ´,.イ:.ーイ     !    ̄ ̄` |:: : !|       .汝の献上物、男の奴隷四人、女の奴隷六人、
    !::l:l::::::\トlー^r‐ '´      ヽ       リ: : l:!      .班布二匹二丈を奉じてやって来た。
   l::l::l:|::::::::::|!:ト、       丶 '      ハ:: : :l!      .
.  l::|::::|::::::::::|!:.l.ヘ      __,. -‐ '   /|::|::: : :!      汝は遠い土地にいるにも関わらず、
  l:::!::::|::::::::::|!: !:T\      -‐'   ,.イ:::!::|::: : :|      .使者を派遣して献上物を捧げた。
  /::l::::::|::::::::::|l:: !:l!:::r|丶、         /ト:!:::l!::|:::. : l      
 j!:::l:::::::|:::::::::::!!: l:::::| \ ` ー-- ´ ,ハ-、:::|:::::. :l     .これこそ汝の忠孝の情のあらわれであり、
 |!::l:::::::::!:::::::::::|:: |7′  `丶、    /   i ヽ!:l::: :|     私は汝の衷情(チュウジョウ)に心を動かされた 
 !l::|:::::::::|::::::::::::l:: ト、      `ヽへ、   l  l:l:::l |     
 |!:l_: - ´!::::::::::::l:: l ヽ      /ト、 |\  l  l!:::l !
                                 -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、                -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
                                 / /" `ヽ ヽ  \               / /" `ヽ ヽ  \
                             //, '/  難  ヽハ  、 ヽ         //, '/  都  ヽハ  、 ヽ
                             〃 {_{/    \リ| l │ i|         〃 {_{/    \リ| l │ i|
                             レ!小l●    ● 从 |、i|         レ!小l●    ● 从 |、i|
(いや、無理矢理連れて来られたんですが)   .ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│         ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│
                            /⌒ヽ__|ヘ         j /⌒i !        /⌒ヽ__|ヘ         j /⌒i !
                          \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│      .\ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
                    .        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
                           `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー        詔勅というものは、必ずしも皇帝が書くとは限らない。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }        皇帝と群臣の取次ぎ役といえる中書省の役人が、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       皇帝の言葉を書き記すケースがほとんどだ。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/          皇帝がみずから詔勅を記すのを真筆と言うが、
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          そのようなケースはよほどの重大事に限られる
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────




656 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/22(日) 23:15:36.01 ID:ViRNruUo



     /::/:/::::::::|::. : : : :     . . . .\ . ヽ
.     /:::/:j::::::::::|:::l:::::. : :l. : : ヽ: : : : : : : : :\ l
    /:::/:::l::::::::::::l::::::ヽ:.. :ヽ:..l:. :\. \ : : : : : :ヽ
.   /:::/:::::l::::::|::::::ヽ:::::::ヽ:...:ヽ\、: \:..ヽ: ヽ: : : :}
  |::l:::::::l:::::::!:::::::::{ヽ::::::l\:::l\、`丶ト、ヽ: l: :|:/
   {::::!::::::l::::::::ト:::ヽ:ヽ. \レノ \` ̄ァ三..ヽl: |: イ:!     今、汝を親魏倭王となし、金印紫綬を仮授するが、
    !::|::::::l::::::::{ \{>≦、`  | r{:.ーjゝイ/: !:l     .その印綬は封印して帯方郡太守に託し、
   |::l:::::::l:::ト::::l ´,.イ:.ーイ     !    ̄ ̄` |:: : !|     代わって汝に仮授させる。
    !::l:l::::::\トlー^r‐ '´      ヽ       リ: : l:!
   l::l::l:|::::::::::|!:ト、       丶 '      ハ:: : :l!     汝の種族の者たちを鎮め安んじ、孝順に努めるように
.  l::|::::|::::::::::|!:.l.ヘ      __,. -‐ '   /|::|::: : :!    
  l:::!::::|::::::::::|!: !:T\      -‐'   ,.イ:::!::|::: : :| 
  /::l::::::|::::::::::|l:: !:l!:::r|丶、         /ト:!:::l!::|:::. : l 
 j!:::l:::::::|:::::::::::!!: l:::::| \ ` ー-- ´ ,ハ-、:::|:::::. :l
 |!::l:::::::::!:::::::::::|:: |7′  `丶、    /   i ヽ!:l::: :| 
 !l::|:::::::::|::::::::::::l:: ト、      `ヽへ、   l  l:l:::l |
 |!:l_: - ´!::::::::::::l:: l ヽ      /ト、 |\  l  l!:::l !
                                   -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、               -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
                                   / /" `ヽ ヽ  \  _        / /" `ヽ ヽ  \  _
                               //, '/     ヽハ  、 ヽ  /     //, '/     ヽハ  、 ヽ  /
                               〃 {_{  難U  リ| l.│ i|  \     〃 {_{   都U  リ| l.│ i|  \
                               レ!小l\    / 从 |、i|  ̄      レ!小l\    / 从 |、i|  ̄
                                ヽ|l ○   ○u | .|ノ│        ヽ|l ○   ○u | .|ノ│
                                  |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |         |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |
                                | /⌒l __, イァト |/ |         .| /⌒l __, イァト |/ |
                      .          | /  /::|三/:://  ヽ |         | /  /::|三/:://  ヽ |
                                | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |         | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー        曹叡は倭国の女王卑弥呼を親魏倭王に封じている。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       当時、同様の扱いを受けていたのは西域の大月氏国ぐらいであり、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       外夷への称号としては最高の位である。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/          大月氏国は西方の大国で、歴史上中国との関係も深く、
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          未開の地に住む東夷の王が大月氏国と同じ扱いを受けた事になる
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────




657 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/22(日) 23:17:58.55 ID:ViRNruUo



       //´::::::/ ̄`ヽ:'´: : `: : : \:  ヽ
     /::/:/::::::::|::. : : : :     . . . .\ . ヽ
.     /:::/:j::::::::::|:::l:::::. : :l. : : ヽ: : : : : : : : :\ l
    /:::/:::l::::::::::::l::::::ヽ:.. :ヽ:..l:. :\. \ : : : : : :ヽ
.   /:::/:::::l::::::|::::::ヽ:::::::ヽ:...:ヽ\、: \:..ヽ: ヽ: : : :}
  |::l:::::::l:::::::!:::::::::{ヽ::::::l\:::l\、`丶ト、ヽ: l: :|:/     
   {::::!::::::l::::::::ト:::ヽ:ヽ. \レノ \` ̄ァ三..ヽl: |: イ:!      .なお、汝の使者である難升米と都市牛利は、
    !::|::::::l::::::::{ \{>≦、`  | r{:.ーjゝイ/: !:l       遠くに旅をして苦労を重ねた。
   |::l:::::::l:::ト::::l ´,.イ:.ーイ     !    ̄ ̄` |:: : !|     
    !::l:l::::::\トlー^r‐ '´      ヽ       リ: : l:!      .今、難升米を率善中郎将、都市牛利を率善校尉とし、
   l::l::l:|::::::::::|!:ト、       丶 '      ハ:: : :l!      銀印青授を仮授し、引見してねぎらいの言葉をかけ、
.  l::|::::|::::::::::|!:.l.ヘ      __,. -‐ '   /|::|::: : :!     .下賜品を与えた後に帰途につかせる
  l:::!::::|::::::::::|!: !:T\      -‐'   ,.イ:::!::|::: : :| 
  /::l::::::|::::::::::|l:: !:l!:::r|丶、         /ト:!:::l!::|:::. : l 
 j!:::l:::::::|:::::::::::!!: l:::::| \ ` ー-- ´ ,ハ-、:::|:::::. :l
 |!::l:::::::::!:::::::::::|:: |7′  `丶、    /   i ヽ!:l::: :| 
 !l::|:::::::::|::::::::::::l:: ト、      `ヽへ、   l  l:l:::l |
 |!:l_: - ´!::::::::::::l:: l ヽ      /ト、 |\  l  l!:::l !
                                  -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、                -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
                                  / /" `ヽ ヽ  \               / /" `ヽ ヽ  \
                              //, '/  難  ヽハ  、 ヽ          //, '/  都  ヽハ  、 ヽ
                              〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|          〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|
                              レ!小l●    ● 从 |、i|          レ!小l●    ● 从 |、i|
  あ、ありがとうございますにょろー!!     ヽ|l ||、_,、_ ||  |ノ│          ヽ|l ||、_,、_ ||  |ノ│
                             /⌒ヽ__|ヘ || ゝ._) ||j /⌒i !         /⌒ヽ__|ヘ || ゝ._) ||j /⌒i !
                           \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
                     .        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ | .        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
                            `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |        `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |




658 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/22(日) 23:19:32.72 ID:ViRNruUo


                                         ///     ヽ ヽ  _ノ ヽ
                                        ' /,ィ /   / /  ヽ_}/へ ヽ  .i
                                        /// {  7メlハ |  |i /  ヽ.l  |
                                        {' l/lハ /.ト、`ト、l l  | v    `  !
                                          lルヘl. l::ハ. l//  l        |
                                          r '  ム' '/イ  |ヽ        |
     王基殿、下賜品は何があるんですか?              ヽ _  /' l   lノ         !
                                            ヽ    |  ,イハ       |
                                            ,リ ̄「././_」 ヘ         !
                                            ヘル'/イ´   >、 \     l
                                          ,.-‐ァ-ァ‐: : ̄\/::>.、    l
                                         「: : :{: r': : : : : : : /::´:::::::::::}    !
                                         }: r‐ケ,ト、: : : : /:::::::::::::::::::l    ヘ
      l  /  /  ,イ !   l  !       \ │ !          r{/_;イ:::ハ::ヽ: :/\::::::::::::::::/     ヘ 
     l  〃  |  i ! | |    l、 \  、     \! l、      
.     l 〈 l  │ l ! ! ヽヽ   | ヽ ヾ ヽ    ! ! !  !
     | |  !  | l トヽ‐-ヽヽ、 ヽ-ヽr‐ヽ l、 ! | | ! l ト、   
     ! !  rヽ |_ゝ!ニニ,ミ丶  \ゝニヽ-‐リ- ! ! !ハ !  !     今回は陛下が喜んでいるらしくて、
     ! |  |  !‐ゝ{ゝr`j `     イrアj`ゞ! !ノ  ! ! ! !    .下賜品は色々あるんよ。
     ! l  l  !l   ̄ ´    i   ー`- ' レ' !  │ ! | !         
.    ! | |  !       │       /,イ   l  ! !ヽ    龍文の錦が五匹、白絹五十匹、金八両に、
    /! | !   !       、 ,      /^r v-!   ! ! !  !ヽ   五尺の刀が二振り、銅鏡百枚、真珠と鉛丹各五十斤。
.   / |  !│  !ヽ    、_______,  /゙,r'|゙亅 !    ! | ! l ヽ
  /    !!   ! \    ─‐  / / / /7 !    ! ! ヽ ヽ .他にもあるんやけど、そんなところやね
  | 〈   l    l、 r`ト、     ,〃/ / 〃l  l    |  ! ヽ
-、_l、 ヽ  !    レ' ヽ ` ー- | / / / / / |  !    ! ヽ ヽ
  `ーl´ ̄´ ! !   ! l、 ヽ   〃 / / / ! 、 ヽ |    │ヽ 

───────────────────────────────────────────────


       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\
  /    (__人__)   \                     !!?
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /


───────────────────────────────────────────────




659 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/22(日) 23:21:51.97 ID:ViRNruUo



     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \      杜預さんよ。
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /      これって魏側が丸損してね?
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /                                       / ̄ ̄\
                                                /   _ノ  \
                                                |    ( ●)(●
                                       .         |      (__人__)
     朝貢なんてそんな物ですよ。                          .|,      ` ⌒´ノ
                                                 │         }
     中国が外夷、この場合は倭に対して、                      ヽ、      ソ
     深く心を注いでいるのを示すために、                     イ斗┴r┐` .;
     採算度外視で良い品々を下賜しているわけです。        / ̄`ーゞ、  / |__ 〈ー─r、
                                          /     \ ∨\  |,ベ._ / |
     これで倭が中国の国力を恐れて従属してくれれば、      {    . : : : . ヽ>ー\[ ̄{ 〉\|、_
     安い物だと思いませんか?                     |        `丶}\  __\_]~∨'\`ヽ
                                          :|   ._    \_}/r‐-}\ ゙,`''く l ゙,
                                           ト、: :./ / ̄`` ぐ└f'二)::{  ',  | !,ゞ┐




661 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 23:23:27.51 ID:SkdLEego

良い意味での中華思想の発露だなあ



662 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 23:23:39.41 ID:UL0ts4so

貢物よりも下賜品がショボかったら皇帝の格を問われるからな



665 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/08/22(日) 23:25:31.86 ID:H/pKtg.o

後世の勘合貿易も同じ発想だから、日本にとって頭を下げる利益はあったわけだ。



660 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/22(日) 23:23:24.87 ID:ViRNruUo



【紀元238年11月 魏首都 洛陽】

          , '´ ̄ ̄` ー-、
        /   〃" `ヽ、 \
       / /  ハ/  難  \ハヘ
       |i │ l |リノ     \}_}ハ      こんな東夷の田舎者に、
       |i | 从 ●    ● l小N      このようなご厚情を賜り恐悦至極……
       |i (| ⊂⊃ 、_,、_, ⊂li|ノ
       | i⌒ヽ j   (_.ノ   ノi|__/⌒)   ぜひとも皇帝陛下にお会いして、お礼を言いたいにょろ
       | ヽ  ヽx>、 __, イl |::::ヽ/.   
       | ∧__,ヘ}::ヘ三|:::::/l| |',:::::ハ
       | ヾ_:::ッリ :::∨:/ | | >'''´           
                                               ヤ ̄ ̄`ヽ_ / ̄ ̄ア
                                               / ____.{ ̄}=―ヽ {
                                             , マ∠ ―≠´ ̄``ヾー-`'>
                                           /ィ / /  /  .i  \  l
                                           ´/ /,イ ./,イ.i .l   _l  i l .lヽ!
                                            l ,イ l l r サ「{  ハ/`lメ、 l .l l
   それでしたら、正月の朝賀でお礼を言ったらどうでしょう?     l/.{ i  l/イテミ\{ .イテ:トミ/ l .l
                                             ii ll  l`マ:リ   マ:リ '/l l .l
   後何日かしたら年も明けますし……                   .|ヘ lヘ ヘ       /./ / |
                                            l  ヽ ヘ l> _` ´.r<},イ /  .l
                                           . l   ___ヘ_rl   |ヘ‐‐l/、  l
                                            l   ヘ::::ヽ   `r‐「 /' ./ヽ. l
                                           l  /:::::\:} /r ヘ ̄ ̄}::::::} ヘ
                                          ./  .{:::::::::::::と -.| ´ >}` i'::::/  ヘ
      ,ィ^ '⌒'`ヽ、                             /    Ⅵ::::::::i' _ | ./ / ハ:::l   .ヘ
       /ハ/_v、l_ヽl  i
     l !l '、_,  、_,.| l |
      l ||  ,ィ==、|! !
     ノ !| ソ 7_ ニ{ノ! l l 
    { l/(_ イ-.rく_┤| 〉         ああ、それなんやけど……
     Vヽ _スニ`_/ 入
    /  /lニYTニく   ヽ         ひょっとしたら来年の朝賀は開かれんかもしれん
    `ー1人、/-ヽクiヽ- '
       r'´, -〈 r‐、 ト、|
      rV {  l!__,.V ├i
      `!T'ヽニ ヘ= ヘ´| |
      | |  ヽ  i  ||!
      |_|  ├ ヘー1.! !
      Ll    ー'^ー' Ll




664 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/22(日) 23:25:30.12 ID:ViRNruUo



          /  /  /   >┴┴=― 、<
         / /  `<_ /       \_ム
        ./  ̄1 /    /     i   \ト、
       .l    }イ    /    l   }   ヽ ヽヽ
       l    /./  ./_,イ , l  /    ヽ ヾヽ     はい?
       .l    l./  .7| ハ/ノ/メ、l  / /  l  ト .iヽヽ
       l    l,イ  i .l≠=ミ´l/l ./サ「`メ./  | l l }'    何か問題でもあったんですか?
      l     {.l  l<{o:::::ハ  l/ァ=ト<}/  i | | l |
           ( l.ハ  ト マzリ    ん::ハ'/  .l .||l      この間、公孫淵の首が届きましたし、
     /     `{ l  .lゝ      芝' /'   .,l l |'      朝賀を取り止めるほどの一大事って?
     /        ヘ  l、     _ '  /l   /l / /       .
    ./      ___ _ヘ l \  ‘ ’ イ ,イ  ./ l/         .
   /     ./:::ヽ`ヽ\ln/‐n´   /'/ ./ /'
  ./     ./:::::::::::::ヘ::::>‐―、l l _'/ /
  /      {::::::::::::::::::::〉、   ヾY  /' >_            /: .:: : : ::/: : : : : /´: : : : : : : : : : : : : :ヽ:ヽ
                                  /: .::: : : .:/: : : : : /: : : : :/:l : : : : : : : : : : l: :l
                              .    / .:.:.:.: : .::l::/: : : : :!:.: : : : !: :|!: : : : : : :|: : : :l: :!
                                 l..:.:.:.:.: : .::l:.! .: : : : |:.|:. : : l{: :ハ: : : : : : ハ: : : :V
                                  !:.:.:.:.:.:...::/:l:. .: : : : |!:|:.. : ハ { ト、ヽ: : : | ||: : l l
                              .   !:.:.:.:.:.:.:.:.':.:!:..:: : : : :ハ{\::{_ > ´ヽト:..:人ハ..:!:}
   ちょっとなぁ……                    |:.:.:.:.:.:.:./:.:.|:.:.:. : : : |  ̄ ` -‐く  ハ'__ ソ:/イ
                                 !l:.:.:.:.:.:/:.:.:.|:.:.:.:. : : :! 、 _-,    ´  /イ: :|
   陛下の具合がよろしくないんよ。       .  ll:.:.:.:.:./:.:.:.:.|:.:.:.:. : : :!  ´^ ̄`   i^= ァ:.:| : l
                                |..:.:.:.::/:.:.:.:/|:.:.:.:. : : :|        | /:.:.:| : |
   朝賀は陛下の体調次第ってとこやなぁ      !:.:.:.:./:.:.:./:.:|:.|:.:.:. : : |      _ ´ イ:.:.:.:| : |
                              .  l:.:.:.:/:.:.:./:.:/!:.!:.:.:. : : l     ´ニ´イ:.:|:.:.:.:|: : !
                                l:.:.:./:.:.:/:./ |:.|:.:.:.:. : :ト 、_ イ´/ハ:.:l:.:.:.:| : |
                               ,':.:.:/:.:./:イ  l:.|!:.:.:.:. : ト-^ヽ:.:.:.// l:l:.l:.:.:|:. :|
                              ./:.:.:/:.:/イ \ l:ト:.:.:.:.: : :Vr\\< _ l:.!:.l:.:.l:. :!
                              :.:.:./:. へ ヽ  \! ヽ:.:.:. : lヽ.人ー\ \l:.ト l:.:|:. |_
                              :.:./   \、   ト ヽ:.:. :l ハヽ  `ヽ ヽ ヽ:!: | ヽ




666 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/22(日) 23:26:53.97 ID:ViRNruUo



      , '´ ̄ ̄` ー-、              , '´ ̄ ̄` ー-、
    /   〃" `ヽ、 \          /   〃" `ヽ、 \
   / /  ハ/     \ハヘ         / /  ハ/     \ハヘ
   |i │ l |リ  都   }_}ハ        |i │ l |リ  難   }_}ハ   それは残念にょろ。
   |i | 从 ノ    \l小N        |i | 从 ノ    \l小N
   |i (|  i ●    ● li|ノ       .|i (|  i ●    ● li|ノ   ちゅるやたちは、
   |  i ⊂⊃ 、_,、_, ⊂ノi|         |  i ⊂⊃ 、_,、_, ⊂ノi|     陛下の一日も早いご回復を祈ってるにょろ
   |  l  x>、 __, イl |         |  l  x>、 __, イl |
   |  lくミヽ::::ヘ三l:::::ノl lヽ        |  lくミヽ::::ヘ三l:::::ノl lヽ
   |  l( ⌒ )..::::V::/ ( ⌒ )       |  l( ⌒ )..::::V::/ ( ⌒ )
                                                __
                                           __, ' ̄: :,ニ、:ヽヽ、
                                        _ノ: :_/``ー'´: : :`ー:、ヽヽ、_.. -‐: : :  ̄
                                        l/r‐f: : : : : : : :\、: -、ヽ` ‐ -:-:-:-:-:-:-:-
                                        |: |: : : :、: :ヽ: \、:ヽ\トl.: :.:..: : : : : : : : : : :
  そう言ってもらえると陛下も喜んでくれるはずや。         |: l: :l: 、:ヽ_\\r'´__`lヽ: :ヽ:.:.丶、:.:. : : : : :
                                        .|: |!: \Y´_, `` l '´  |:.:..\: \:.:.:.``:.:.‐:-
  そんなわけで下賜品の準備も時間かかるし、           ヽハ_,ト、!/´    ヽ   l\:.:.:.:\: \_:_:.:.:.:.:.:
  あんたたちにはもう少し滞在してってもらうで。            fト、ヽヽ、  、_,フ /ヽ` 、-、-― ァヽ ̄:.   
  故郷が恋しいと思うけど堪忍な~。                  .\ヽ\ \、__/  l  ヽヽ   /   ヽ:.:
                                         ,. -l\    ヽ/>‐―┴ -ヽヽ l   ーヽ
  ほな、さいなら                             /   l ヽ    ヽ、r- .._|{:.:.トィ l
                                       l´\  ,、 l  \   l   / `` 丶 、ヽ__
                                       |'´  X  >   /lニl   l


───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       .難升米たちが皇帝に謁見できたのかはよく分からない
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────




668 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/22(日) 23:28:20.19 ID:ViRNruUo



― 洛陽・中書省 ―

            /         /     \`丶、
            /      / /  ,     ヽ  ヽ
         /        l / 〃   ! ',  ',   ',
          /        l / // / ,' ! ! }   !   l
       /        l  l/ // _,,厶/j_jム  l  |
        /       |  l7フ ̄///,ノィァテ} , ノノ   倭人たちは陛下の一日も早いご回復をと申しておりましたが
     /  ,    / i|  l气戎⌒   亠'ノノイ!     .実際の所はどうなってます?
      /  /   /  ,ハ  '、 ̄´     ,ハ} 川
    /  〃 / /  /rΛ  '、  マ_フ / '´ / l '、      孫資はん?
  / /  / /   /\ ヽ. \ _ ,.イ{  ,.イヽ ヽ.\_
/ /    /   /   ` ‐\ \_ハト--‐ヘ、\ \-
 /   /    /\    /` ーr--‐ヘ、_,ノ\ \ \                ,. -ォ大、-、 _
/   //   / _: : \  /:::::::::::\::::;ィ个 、  \ \ \  .          / ´iV//| ハVハヽヽ
  ./ /   /´   \: :`7:::::i::::ヽ:::::Y_::ヾ: : :`ヽ、 ヽ. \ \           // i.:.i ` |i |! |` |! :i ',:ヘ
, ' / /    l     __ _`ヽ{_::!::::::;.<::::\::\:/|  ',ヽ. ヽ }.         | i |斗ニ―-ニ‐-|:. i:}
                                            ハ:.:. k七i`  ´亡ハイ /イ
                                   .         l (ハ、ゝ  __'_  /イィ:.|
                                            l :i `ー'、  `ー ´  ./,ノ |
                                           l :i i  i:ゝ、    イ:.i :i |
    そうねぇ。                         .        l :i i  i:.:.:.|  ̄ |:.i:.:.i:. :i i
                                   .       l :i :i  i:./     `ヽr- _ i
    鬼道を操るという倭の女王に祈祷を頼みたい所ねぇ       l :i :i_ - ´_ 、   -‐ ´:i|   ヽ
                                          /://     ` ´    ,r| .i  }
                                         //.{  Y     :i  _,.rrvく_.Y  ハ
                                        // /ト、ェrv‐r-rv:{ィくv ´ ̄ `i:  i ',
                                        /  / i :{´ ̄ ̄` Y ´     i: /i
                                       ノ :/  ハ :',           /: ハ:.i  ',、

                                             魏 中書令 孫資

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       .ただし、少なくとも現皇帝である曹叡に謁見する機会はなかったはずだ
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────




669 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/22(日) 23:29:27.15 ID:ViRNruUo



        \:::::::::/'´ /                 ヽ7:::::::::i    ト.
         >:/// i /jミ、  ,  i  i i i  l  /:::::::::/ト     i::〉
        /::::::i i l |i |トヾ〃ハi  | i iハ ト、ハ  ̄}i::/  i   i'
.        `ト::::i | |il |i ||     ||ハ i| i i| | ハi|   |   |   i
         | ∨ | |il |i ||     |l l lハ| l| }|フ彡}  |   |
        | i |小 |i |i    ┼‐リ‐}ノ‐┼  彡ヘ.   |   |
        | i   ∧>‐''"      __,,.    i i  |   |        ううっ……
        | i   / ∧、__,,.            / i  |   |
        | i / / ハ               ,トイi  |   |
        | i / /   、  '       u  / | i l   l  i i
        |〃    i   `  .    ⊃     / .| i l   |  i i               __
        |′    |     i `   __   ´    L i |   |  i l           ,>'": : : : : : : :` - 、
        / /     |     |   ┌L ___   -─┘ |   |  | l          /´: : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
.        / /  _ 」__」_..ノ//Тi       /|   |   :.        ': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : i
                                             !: /: /: : :,ィ: : : : : : : : : : : : l
                魏 皇帝 曹叡                   {: ! /: :/ /ハ : : : : : : : : : : :!
                                             ハ: :!/ヘ  !Lハ : i: : : ': :! : : l
                                              Yi ヒソ  'z-ミ ヘ: : :}: ! : : !
                                                } 、   ヒソノヽ}! : !/: : : !
                                              .!、 _     //ソ : : :|
            ……陛下、お気を確かに                   l: ヽ` '  _ /!: ̄: : : : :|
                                               {: : ,ィァ<-- ノ1 : : : : : |
                                              __ヽ/ }r':/ノハ~  V : : : : :|
                                             〃  ,イ//7,」ハ /^\ : : :!
                                            _}:}  Y///, !/ ´ , _  ヽ: :!

                                             魏 曹叡の妃 郭夫人

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       何故なら、曹叡はこの時期、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       病にかかり明日をも知れぬ重態だったのだから
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────




670 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/22(日) 23:31:54.87 ID:ViRNruUo



      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \
 /  (●)  (●)  \    これはまた、えらく急な話だお
 |      (__人__)    |
 \      ` ⌒´   /

                                                / ̄ ̄\
                                              /   _ノ  \
                                              |    ( ●)(●)
    病に倒れたのが十一月八日、                        | u.   (__人__)
    しばらくは病の床についていましたが、                   |     ` ⌒´ノ
    十一月二十四日からは曹叡周辺の動きが慌しくなります。       |         }
                                             .  ヽ        }
    おそらく曹叡が自身の死期を悟ったのでしょう                ヽ     ノ
                                                 i⌒\ ,__(‐- 、
                                                 l \ 巛ー─;\
                                                 | `ヽ-‐ーく_)
                                             .    |      l
      /.:.:.         \
       /:,:.:.:  /   ヽ    \
     /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`
     /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ
   /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }
    N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j
     ヽム:.} ii;_j    ii;リ ル iレヽ     それでは死の間際の曹叡の様子を見ていこう
        `ヘ:ゝ   _     小/   
          ヾ:{>、 _ ィ<}/|/   
      _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_    
    /| l:|   | ===|   |:l゙ヽ   
    /  | l:l   l     l   l::l l  
    l  ヽハ    l    l  //  |  




671 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/22(日) 23:33:30.78 ID:ViRNruUo



【紀元238年11月 魏首都 洛陽】

        \:::::::::/'´ /                 ヽ7:::::::::i    ト.
         >:/// i /jミ、  ,  i  i i i  l  /:::::::::/ト     i::〉
        /::::::i i l |i |トヾ〃ハi  | i iハ ト、ハ  ̄}i::/  i   i'
.        `ト::::i | |il |i ||     ||ハ i| i i| | ハi|   |   |   i
         | ∨ | |il |i ||     |l l lハ| l| }|フ彡}  |   |     ……あなたを皇后に据えるわ。
        | i |小 |i |i    ┼‐リ‐}ノ‐┼  彡ヘ.   |   |    
        | i   ∧>‐''"      __,,.    i i  |   |     先帝が郭太后を皇后に立てた時も
        | i   / ∧、__,,.            / i  |   |     猛反対があったから躊躇したけど、
        | i / / ハ               ,トイi  |   |     こうなったら四の五の言ってられないわ。
        | i / /   、  '       u  / | i l   l  i i    
        |〃    i   `  .    ⊃     / .| i l   |  i i    ごめんね。こんな贈り物しかできなくて
        |′    |     i `   __   ´    L i |   |  i l   
        / /     |     |   ┌L ___   -─┘ |   |  | l
.        / /  _ 」__」_..ノ//Тi       /|   |   :.            __
        {  | ´   l::::::::://   //  | |      //:|   l    丶       ,>'": : : : : : : :` - 、
                                            /´: : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
                                           ': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : i
                                           !: /: /: : :,ィ: : : : : : : : : : : : l
                                           {: ! /: :/ /ハ : : : : : : : : : : :!
                                           ハ: :!/ヘ  !Lハ : i: : : ': :! : : l
    陛下のご寵愛がなければ今の私はありません。           Yi ヒソ  'z-ミ ヘ: : :}: ! : : !
                                              } 、   ヒソノヽ}! : !/: : : !
    陛下のご命令であれば従いましょう                   .!、 _     //ソ : : :|
                                             l: ヽ` '  _ /!: ̄: : : : :|
                                             {: : ,ィァ<-- ノ1 : : : : : |
                                            __ヽ/ }r':/ノハ~  V : : : : :|
                                           〃  ,イ//7,」ハ /^\ : : :!
                                          _}:}  Y///, !/ ´ , _  ヽ: :!

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー.       景初二年十一月二十四日。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }         曹叡はこの時になって、毛皇后の死後空席になっていた皇后の座を
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       自身が寵愛する郭夫人に与えた。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/           自身の死後に備えての事と思われる
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────




672 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/22(日) 23:35:14.69 ID:ViRNruUo



     /: : : : : : : : : : :_: _ : 、 : : : :、 : : : : : : : : : :ハ
    /: ::/: / : | : : : //-'-'∨:',: : : : l : : : l : : : : : : ::l
    /: :/ :/:::l: :| : : //    V ',: : : :| : : : l : : : : : : |
    l :/ :/: __l: :| : // , --‐─|/.',: : :|: : : ::l: : : : : : : :!
    | l: /:|: :/l:`|:/|/: : :      V:::l、: : : |: : : : : : : |
    l/|,'l: |/: : : : : : : :: ┬─┬‐ァ∨. ',: : |--.、 : : : l
      l: l|ハ:TTT: :   !:::::::ク       !: /,くヽ}: : : :l     ……なんて、いい子ぶって話受けちゃったけど、
      |/  l: ::ヒl|    ̄         |/lノ ソl: : : :l    .これからどうすればいいのよ?
        l: : : :ノ               _ノ: : : ::l
          '     __          | : : : : : : l    とりあえず郭徳……、いや、今は甄徳だったわね。
         \  └‐┘     /   l__: : : : :!   
          |:\      , "    __jイ}) V : : l    彼ぐらいしか頼れないし、ダメもとで相談しよっか?
          |: : :>- =く___,.ィl:l:l:>'   l : : :l
          |: : : >'´ィ〉l:l:l:l:l:l:l:l:l:l:/     }: : : !
          l : :∧l´ ,'l:l:l:l:l:l:l:l:l:l/.}       /-\::!
          ,': :/  l /l:l:l:l:l:l:l:l:l:/ |     /   ヽ
            /: /  .l/l:l:l:l:l:l:l:l:l/  !    /     `ヽ



───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \          この皇后となった郭皇后は、涼州西平郡の豪族の娘である。
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ        ところが曹丕の時代に発生した反乱に巻き込まれ、
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       身分を剥奪されて後宮に入れられた経歴を持つ。
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       .
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .彼女に対する曹叡の寵愛は相当な物であり、
    `ヘ:ゝ    .'    小/          郭皇后の従弟の郭徳に母方の実家甄家の後を継がせたり、
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          他の彼女の一族も取り立てるなど、厚遇している
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────




673 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/22(日) 23:37:09.56 ID:ViRNruUo



― 洛陽市街 ―

        /ニYニヽ
   (ヽ  /( ゚ )( ゚ )ヽ    /)
  (((i )/ ::::⌒`´⌒::::\  ( i)))
 /∠_| ,-)___(-,|_ゝ \    俺たちに爵位が振舞われるっていう!
( ___、  |-┬-|    ,__ )
    |    `ー'´   /´
    |         /



                                                 - - ──ー - -、
                                      /i     ,.-‐''"´            \     i\
                                      l  \_/    _,,     ,,_     ヽ、_/  l
    うちは嫁さんなくしたせいなのか、              l  ::::::/    ━━     ━━      ヽ:::   l
    お上から麦やら粟をもらいましたよ。             ヾ_,;;;l   , , ,                  l;;;__ジ 
                                          .|       i ̄i ̄i ̄i  """     |   
    急にどうしたんでしょうね?                      l       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄         l
                                          ` 、  /⌒⌒i   /⌒ヽ        /
                                            `/    |   |    \   /


───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \        .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      同日、天下の男子に民爵と呼ばれる爵位を授け、
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ        一律に二等級ずつ格上げした。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       .
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       .一方で、未亡人や孤児、身寄りのない老人に穀物の下賜を命じている。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/          そうした民をいたわる振る舞いを行う事で、
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          病の回復を願ったのかもしれない
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────




674 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/22(日) 23:38:00.89 ID:ViRNruUo



      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \      宮殿造営に民を酷使したのにこの豹変ぶり……
 /  (●)  (●)  \
 |      (__人__)    |    今さらこんな真似されてもって感じだお
 \      ` ⌒´   /
                                                  / ̄ ̄\ ( ;;;;(
                                                / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)
                                                |  (●)(●)/;;/
                                                |  (__人__)l;;,´|
                                                | ./´ニト━・' .l
      病が重くなり、気が弱くなっていたかもしれません。            | .l _ニソ    }
                                                 /ヽ、_ノ    /
      そして、その影響か、曹叡はひとつの問題を引き起こします     __/  /    ノ__
                                              / /  /       `ヽ.
                                              /´  ./       ,.  ヽ.
                                              ト、_,/.       |、  ヽ
                                               |         |/  /
      /.:.:.         \
       /:,:.:.:  /   ヽ    \
     /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`
     /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ
   /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }
    N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j
     ヽム:.} ii;_j    ii;リ ル iレヽ        話は郭皇后が立てられた十一月二十四日の事
        `ヘ:ゝ   _     小/   
          ヾ:{>、 _ ィ<}/|/   
      _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_    
    /| l:|   | ===|   |:l゙ヽ   
    /  | l:l   l     l   l::l l  
    l  ヽハ    l    l  //  |  




675 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/22(日) 23:39:47.47 ID:ViRNruUo



【紀元238年11月 魏首都 洛陽】

  \:::::::::/'´ /                 ヽ7:::::::::i    ト.
    >:/// i /jミ、  ,  i  i i i  l  /:::::::::/ト     i::〉
  /::::::i i l |i |トヾ〃ハi  | i iハ ト、ハ  ̄}i::/  i   i'
  `ト::::i | |il |i ||     ||ハ i| i i| | ハi|   |   |   i
    | ∨ | |il |i ||     |l l lハ| l| }|フ彡}  |   | 
   | i |小 |i |i    ┼‐リ‐}ノ‐┼  彡ヘ.   |   |     .燕王を大将軍にして後事を任せましょう。
   | i   ∧>‐''"      __,,.    i i  |   | 
   | i   / ∧、__,,.            / i  |   |     後、夏侯献、曹爽、曹肇、秦朗に補佐させて……
   | i / / ハ               ,トイi  |   | 
   | i / /   、  '       u  / | i l   l  i i 
   |〃    i   `  .    ⊃     / .| i l   |  i i 
   |′    |     i `   __   ´    L i |   |  i l           /                 >‐ 、
   / /     |     |   ┌L ___   -─┘ |   |  | l        /   /                  \
  / /  _ 」__」_..ノ//Тi       /|   |   :.          |   ′/           !
  {  | ´   l::::::::://   //  | |      //:|   l             |  | '    /  /  .|   |
                                         l l ! |  ィ ヽ  /   |   |   |
                                         |从lハ/ /ィ/ ∨    ′  ′  |
                                           ノ z=ミ  /     /   /   |   /
                                       、´     >'   /   /     /   /
            …………                      〈    孑   ィ   /    /   /
                                        ゝ,  ´  ̄  川 ィ    /  / /
                                .        |        / _ ィ    ィ /
                                          !       ´_ ̄/ィ イ  / / ̄ ̄
                                           `  ̄ ̄ `ヽ   /Ⅵ |/l/ ̄ ̄: ヽ
                                                \/ /: : : : : : : : : : : : : :

                                             魏 中書監 劉放

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \        曹叡は自身の死後の事に関して、
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      叔父に当たる燕王曹宇を大将軍として後事を託そうとしていた。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       .また、曹宇の補佐役として、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       .日頃から曹叡と親しい夏侯献、曹爽、曹肇、秦朗を当たらせようとした。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/          曹叡にしてみれば信頼できる人間に任せたつもりだろうが、
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          群臣に信頼できる人間を持てなかったのが彼の不幸と言える
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────




676 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/22(日) 23:43:53.36 ID:ViRNruUo


            、
            ヽ‐ 、._
         ,、-''"´    ` ‐ 、
        //  //     \
       / 7´ /イ ,イi l        ヽ
       ,イ ,イ/ ァ.、l|. l         ',
       レ 「  〈ノ ゝl|',l l        i
         !  :::::::... !,' ,'´ヽ ,-ニヽノ
         ',`      ,'.,'__ノヽ/  ヽ          陛下の具合はそんなに悪いのか?
         `ー‐r  ,','ヽ_.,、l   ',
           _r"´ノ ̄¬ / .l   i
          ノフレ,-ー-、',  l    l
       ,、-"´/l  / i   l',',  il   l
      く_  / ! lr┴、__,イl .l  l l  l
       ``L._.」 〈    〉 l  l ヽ  ',
        ,'   /ヽ、_ノ  」  l  \ヽ                  _,. '´ `ヽ,/   ヾ' 、 _`''‐、,
        i  /  /ノl',  /  l l   ヽ\               //   ,、  ,、、 ヽ.  ヽ, `ヽ,r>rー‐ 、
        l /   ノ ト /",-、 l l     ', ヽ            / ,.'    /、 }/,.ヘ.i::.. i. ',.  ヽニ=刈!`i`ヽ l
        /    /__〉,- 、 〉l l     l   ',           // / / .://     |l、:::. |、.i:. . 'f/::::||  i l |
       /    /    ',-ニヽ. l ヽ    l  i          ,',' ./ ,' .::ムl_    _j|_|li;::|_l:|::. i: :i:::::::}!l  |:.l:|
                                     i i :i :|.:l.::l|:|_l|ェ、     リ-|ェl:ト、jト::.!: .:l!:::://  l:::リ
          魏 将軍 曹爽                  レ| l:::l:::!::|'´rクi}   / '゙ f伐トl:::j::.::jl‐//  .::::/
                                     ハ:!:::l:::lト{, `¨~      `¨~ノィ:::::/'7/ .:/:::/|
                                     ,'.:/〉、::lノl!   〈      / //_/ .:::/:::;イ |
                                     i.::',' />ゞ:'、   -=ー-     /´ / ..::/.:::/ l:. !
   こんな詔勅が出る時点で、相当悪いんでしょうね    !::!i i!{ } ::lヽ、  ~       / ..::/::,.イ::. l:. i
                                     ヽi |!l,/ .:::j :::i'::.、   _,,、‐'/.::::/::/ '、::. l:. ',
                                       l| |メ、.:::/ __::j_ `ニ'「::::::, '.:::::::;、‐''"~´"' 、'、:. l:. '、
                                      'l | :>'´ //´ :::::::::}:::/.::;ィ/       ヽ';:..'、 ヽ
                           曹休の息子→  '、.i;/   .i;;i  ´'‐、::::::j::://        .:::.',!::. ',. ',
                                                       ソウチョウ
                                              魏 将軍 曹肇

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      また、曹叡が補佐役にしようとした夏侯献、曹爽、曹肇、秦朗らは、
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ        何がしかの形で皇室とつながりがある、一種のボンボンばかりだった。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       .表面だけ華美で中身のない人間を嫌っていた曹叡が、
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ        そのような人々に後事を託そうとするのだからどうしようもない。
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          それにも増して問題だったのは……
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────




677 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/22(日) 23:44:27.20 ID:ViRNruUo



          , -=―=―- 、 _
       〃⌒>'´  /    丶`ニ=‐'
       ./ ,′// , ´ /  j } ヽ \
      / l  | i l / /// ,イ ハヽ ヽ
      ノ,イ八 l レ_j/∠∠///∠Ll }ヘ
    <ノ .∧ l  ムrt=k`  ィ=、ルレ′j
      / イ Vヘ. ヽVr!   jr/ムイ{
     ´ W^{ゝヘ ハ.ヽヽ _ ' /〈リヽ
         j八 }ヽ ヘ、   j`<ミ\      肝心の大将軍に指名された燕王曹宇が、
          リ朽\!`{7|:::::::::>ミ;>,     まったくやる気がなかった点である
          ノ \- 厶]::::::::f }::/:/
       r=<    V三|:::::::::| |/:/
       /‐-、 \   ∨メ、::::ノ V、
   .   /_j   , X \   ヽ {´   /
       〈  ´  \\  >ヘ、___,イヽ
       `、   ヽ \.>j    ハ│
        {     ∨  `ヽ、_,/∧|
                                                    ____
                                                  /      \
                                                / ─    ─ \
        大丈夫なのかお? この国?                     / -=・=-   -=・=- \
                                               |      (__人__)  U  |
                                               \     ` ⌒´     /




679 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 23:46:34.48 ID:x.ZMNgQo

これはひどい



680 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 23:47:12.79 ID:GD2vjl2o

そりゃ王族はロクな目にあってない国でいきなり抜擢されたら、逆に疑うわwwwwww



678 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/22(日) 23:46:22.49 ID:ViRNruUo



【紀元238年11月 魏首都 洛陽】

`ミー-彡 : : : : : : : / : : : : : : /: : : /三ミミ、: i: : ; -: : : l彡′
`ヽ三: : : : :_:彡=:l : : : : /: :,': : /ー- ..._ヾ}:/:彡i : : : : i
ー彡´: : :/   ((l:: : : :,' : ,' /      ミー ム: : : : :i
: : : : : : : ゞ-彡´: : l: : : :i : ,/三ミ¨ ー‐-= 、  ム: : : : ト、_ 彡   燕王殿下、お久しぶりです。
: : : : : : : : : : : : :_:_:l: : : :i : i:三ミ_ `ヽ     `ヽl: l: : : :i : : : : :/
ヾミ: : : : : : : : :/ .i: : : :i : l:::::心 ヾヽ    / ̄ ハ : : : i: : 彡´    陛下の事はご存知かと思いますが、
._,≧ー: : : : :{   i: : : :i: :l:::ツ __      /仍 ./ : l: : : l彡´      さっそく宮殿に赴き、今後の事を協議しましょう。
`ミ:_: : : : : : : : :\_l: : : :i: :l ̄´       {ツ_./: : : l: : :l        
    ̄ ̄ ̄フ:_: : : '; : : i : l            、./i : : : l : ,′       私は先に行っておりますので
       〃 リ: / ';: : :i: :l         / .,'::i: : : :l: :′
      /  .i リ /i:'; : i: :l    ー ‐ ァ /≦l: : : l ;
  ム、      r┴.',: :i: l\    ¨ / ̄ミ .l: : :i!:;                   _,-ヘ、
. ////>、    |::::::::::'; :i ト ≧:.__ イ      l: : ji;                   √   ヽ
                                               /     i |
          魏 将軍 秦朗                           /   、、  | |
                                            〈 _~`` 」 |
                                             /彡三三ミl、 |
                                           /~__, -─ 、_キ \」
                                         ∠ '"~ヽ () () _,-~"'_>
                                           ̄ ̄(~-、_√  _/
                                            /'"~ ゜X° ̄`ヽ
                                           ノ i  ゜l|°  i  )
                                          / /   /'|     | ヽ、,、
   (なんだって私が大将軍にされんといかんのだ)        ,へ'   /  /ー|     |, -' )(.)
                                       〃  `ヽ'  /L9|    ("   (.)|
                                       `,ー-、_/   // ヽ |   〈_, -─-、)
                                       〈 .(∪レ-''~/  | .!_   レ'////
                                       ``'  ヽi !, ─、! | ̄ ! レレ-'
                                           └-', i ! ヽ |  | ζ
                                             〈 -ニ 《 i  ! ζ
                                           i'⌒~"'' ,-i'⌒~"'' 」'
                                           ー--- '~ ー─--'~

                                           魏 燕王 曹宇




681 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/22(日) 23:48:35.97 ID:ViRNruUo



  ,ィ'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`゙'く;\  `、;;;;;;;;;;`-、
  / :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙i `、 ヽ、.;;;;;;;;;;`-、
 ! :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\`、  `、;;;;;;;;;;;;;;`
  ! :::::::::::::::::::::::::::::::::,、、:::::,--,:::::::::::\`、  '-、;;;;;;;;;
 `', ::::::::::::::::::::::::::::::,' /::::/  /:::::::::::::: \\_ \;;;;
  ヘ, ::::::::::::::::::::::::!_,,':::::::i,__,/::::::::::::::::::::::::\\_`
   ゙:、  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`\゙        (子建兄上が生きてりゃなあ……)
    `-、  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`‐
     `゙':、;´ ::::::::::::::::::::::::,r=-=====──
       〔 :::::::_,,r=冖'゛
        \、 `ヽ,弋
        /\、 ヽ,ヽ,     __,. -'彡'-、_
      _,,イr‐¢ニ=====;;¢;;-‐'" _,r'"  /\
      |  `':、\  ソ夂∥    "    /



───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .燕王曹宇、字を彭祖。曹操の九男で、曹叡には叔父の一人に当たる。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       .曹操の子だが年齢は曹叡と差はなく、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       .そのために曹叡とは親しい間柄にあり、他の諸王より厚遇されていた。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ        なお、妻は五斗米道の教主張魯の娘である。
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          この時、たまたま洛陽に滞在していたのが運の尽きだった
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────




682 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/22(日) 23:50:03.83 ID:ViRNruUo


       _ ,.─-ヘ,__
       i´      \
     |  !        ゙i
    |   !, キ    ゙i
    |   |´キ      ン
    |  (=三三三三彡)
    i  (=三三三三彡)                 私には大将軍のような重責を担う力はありません。
    i /        キ ヽ             
    /_========、\           それに藩王が政治を担うなど、先帝の詔勅に違反します。
   ∠イ __|:::::::::():::::()::: i___ \ゝ           
      _ヽ ̄`ヽ、:::,/ ̄´ ノ              後事に関しては別の者をお選び頂きますよう
    ,r'´゙r   ゚Χ゚     `〉
    /   !    ゚∧゚ ,__  i \
  /    i    | i     ゙i   ト,_
 ∧     /   |= = i     ir'`( )\             \:::::::::/'´ /                 ヽ7:::::::::i    ト.
、) \  /     |!,9=‐i!    |  `′ l              >:/// i /jミ、  ,  i  i i i  l  /:::::::::/ト     i::〉
i    」    ||``'''''''`゙||   t___/             /::::::i i l |i |トヾ〃ハi  | i iハ ト、ハ  ̄}i::/  i   i'
《 ̄ ̄iッ == "   T  ゙ミ==" i  》              `ト::::i | |il |i ||     ||ハ i| i i| | ハi|   |   |   i
                                    | ∨ | |il |i ||     |l l lハ| l| }|フ彡}  |   | 
                                   | i |小 |i |i    ┼‐リ‐}ノ‐┼  彡ヘ.   |   |   
                                   | i   ∧>‐''"      __,,.    i i  |   | 
                                   | i   / ∧、__,,.            / i  |   |   
     叔父上なら適任だと思ったんだけど         | i / / ハ               ,トイi  |   | 
                                   | i / /   、  '       u  / | i l   l  i i 
                                   |〃    i   `  .    ⊃     / .| i l   |  i i 
                                   |′    |     i `   __   ´    L i |   |  i l  
                                   / /     |     |   ┌L ___   -─┘ |   |  | l  
                                  / /  _ 」__」_..ノ//Тi       /|   |   :.  
                                  {  | ´   l::::::::://   //  | |      //:|   l     

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      曹宇は自身の大将軍就任は受けたのだが、
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ        曹叡に死後の事を頼まれても、一貫してこれを拒否した。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       .曹宇の真意はよく分からないが、単純に自信がなかったのか、
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ        あるいは火中の栗を拾いたくなかったのかもしれない。
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          とにかく、このような曹宇の反応は曹叡を戸惑わせた
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────



683 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 23:50:39.86 ID:o.euOTMo

お前に後時を託すとか言っておいて、色気を見せたら誅殺とかありえるもんなぁww



685 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 23:52:38.57 ID:5GuH1nw0

あの曹沖の実弟なのは関係ないだろうけど、
自分の能力と限界はわきまえてたようにも読めるけどね



684 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/22(日) 23:51:39.51 ID:ViRNruUo



  \:::::::::/'´ /                 ヽ7:::::::::i    ト.
    >:/// i /jミ、  ,  i  i i i  l  /:::::::::/ト     i::〉
  /::::::i i l |i |トヾ〃ハi  | i iハ ト、ハ  ̄}i::/  i   i'
  `ト::::i | |il |i ||     ||ハ i| i i| | ハi|   |   |   i
    | ∨ | |il |i ||     |l l lハ| l| }|フ彡}  |   | 
   | i |小 |i |i    ┼‐リ‐}ノ‐┼  彡ヘ.   |   |  
   | i   ∧>‐''"      __,,.    i i  |   |       いったい燕王は何考えてるのよ。
   | i   / ∧、__,,.            / i  |   |  
   | i / / ハ               ,トイi  |   |       .二人とも、意見を聴かせて?
   | i / /   、  '       u  / | i l   l  i i 
   |〃    i   `  .    ⊃     / .| i l   |  i i 
   |′    |     i `   __   ´    L i |   |  i l 
   / /     |     |   ┌L ___   -─┘ |   |  | l             /   /     /    ',\      \  ヽヽ
  / /  _ 」__」_..ノ//Тi       /|   |   :.   .         /   /  / / '    |  ヽ  ヘ   ヽ  ヽヽ
  {  | ´   l::::::::://   //  | |      //:|   l              /   / / ! .! {     }   Y  ヽ   ',   ヽ|
                                          ,'   ,'  ,' |  ! ヽ    ハ A ⊥.._ |   l     .|
                                          ,'    |  |  | 斗 ┤ヽ   !´|从ハ/l `.| I | |   '|
                                  .       | |   |  ト〃ヽ !ヽ|  \ |     '_ | イ | ′/ |
                                  .       | |   |  | Ⅵ ,.. --z    `  z´―‐ ヾ/ / ′/ |
                                        V ',  .V V zァ'´ ̄`            ∠.イ / ,′ i!
    燕王殿下は、ご自身の力量が分かっているんだよ      V ヽ、 V ヾ       '          }// i! /
                                         V  \ Nハ        ___ ,       /'´  ,'| /
                                  .          ',  |  ヾヽ.        _        / l  / j'
                                  .          ヽハ  | \\            イ/}/| ′
                                             ヽ| ヽ|ヾ > .     . ' ト '._  j/
                                                 _ //\ > - < /ヽ: : \.._




686 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/22(日) 23:52:39.84 ID:ViRNruUo


                    _,. -─‐- .._
               ,. ´´ ̄,>>ニヘへゝ.._
              // /./// /l lヘ. \`
                / /  /<,.イ / / ! l ヘ l 、 ヽ
            / l , l {.__,厶/ {  |│l |l l ハ
             / イ_{ |リV /ノ` ゝノ 」_j. 川  }
          /  / ヘ! r‐==、     `メリ  イ        それに燕王殿下が言うように、
            /  ,ハ           ,! ‐=ミ //ノ'′     藩王が政治の要職に就任するのはご法度。
          /  ,/ /`ヽ.    ._       /イ「
        /   / / ,ハ、    `¨´   ノ l |        すぐにでも燕王殿下の代わりとなる人を
       /  / / / /イ{、丶     ,. ´l| _ -ヘ        選ばなくちゃいけないわ
      /⌒ゝ'‐-一/  |'ゝjハrゝ-ァ´\-,ニ‐  ̄ `\
    , イ:.::.::.::.::.::.::.:/   l、v  ̄j「、,ゝ、/ \:.::.::.::.::.::.\
   / ノ.::.::.::.::.::.::.:/    l ^^'1| _リ >′   \:.::.::.::.::.::.\
  //´.::.::.::.::.::.:.:::/      ヘ\ |:| /        }:.::.::.::.::.::.::.:\   \:::::::::/'´ /                 ヽ7:::::::::i    ト.
                                        >:/// i /jミ、  ,  i  i i i  l  /:::::::::/ト     i::〉
                                      /::::::i i l |i |トヾ〃ハi  | i iハ ト、ハ  ̄}i::/  i   i'
                                      `ト::::i | |il |i ||     ||ハ i| i i| | ハi|   |   |   i
                                        | ∨ | |il |i ||     |l l lハ| l| }|フ彡}  |   | 
                                       | i |小 |i |i    ┼‐リ‐}ノ‐┼  彡ヘ.   |   | 
    曹爽じゃダメかしら?                      .| i   ∧>‐''"      __,,.    i i  |   | 
                                       | i   / ∧、__,,.            / i  |   | 
    あの子なら皇子じゃないから、                 | i / / ハ               ,トイi  |   | 
    先帝の意志にも抵触しないし、                | i / /   、  '       u  / | i l   l  i i 
    あの曹真の息子だから皆助けてくれるでしょうし……   |〃    i   `  .    ⊃     / .| i l   |  i i
                                       |′    |     i `   __   ´    L i |   |  i l
    少し不安はあるけど……                   / /     |     |   ┌L ___   -─┘ |   |  | l
                                      / /  _ 」__」_..ノ//Тi       /|   |   :
                                      {  | ´   l::::::::://   //  | |      //:|   l   




687 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 23:54:39.95 ID:GD2vjl2o

どう見ても自業自得です、ありがとうございました、だよなwwww



688 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/22(日) 23:54:48.21 ID:ViRNruUo


              _  ' ´  ̄ ̄ ̄ > 、
               /             \
          /   !   |  |  !  |  ヘ   ヽ
         /     .!   |  | 斗  l     ' ',   ハ
 .        /  |  |  | .´| ヽ  ヘ.   | l   ハ
 .         |   |  |  | .Yf アぅミ Y   | l   l ハ    .陛下。
 .         |   |  ∧  V弋fタ  ヽ|  / V  | |    
 .         |  l.∧ ヽ ヽ |   `   l}ィ坏 '  /  |    曹爽殿が悪いとは言わないけど、
           V V \ ヽ \       マt7./   ,′   肝心な人を忘れていないかな?
           V V  \\ ヾ  r 、_ ´  イ   /     .
          ヽ ヽ   { ヾ   ゝ‐ '   /  /
         , -―- ≧ _\ ヽ .       ィ   /
      //: : : : : :.-―― ヾ> ‐ < / /          /  ′ /  / / / /    }  |      | |   \
      /: : : : : : : : : : : : :/ ̄ ヽ .ィ }イ'´             i   |    ' ′  ′    ′| |     | |     .
     /: : : : : : : : : : : : :/ : : : : : : ',                 | i | i |  | | | |    /   ,′ ′    | |     |
 .   / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : }                 | | | | |  l,.⊥ L..|_ //  // /}  }| | |  .     |
   / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |\               l | | | |  | |_,」 ⊥ // ` // //  . 厂 丶|  i     |
                                      | | | ∧ !-‐、――- 、__//} / / / ヽ  . |    |
                                       \| |V  .  'フ孑iT ア'   /イ}/ /ヽ.   }| |   
                                            \i|   }シ    /' ノ /  }   /       !
      劉放の言うとおりね。                       リ         /     {_ ノ/  i
                                           /               r‐ 'l    |     ヽ
      人臣の最高位にいるのは誰だったかしら?        丶.__                ′|   l
                                                L. _                |   i |
                                                 {___             |  |  、
                                               ∧         /  _八   、 \
                                               ヘ.___ .  ´| i\/{.   \  \ \
                                                        }_   | |∨    /\  \ \




689 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/22(日) 23:56:03.02 ID:ViRNruUo



  \:::::::::/'´ /                 ヽ7:::::::::i    ト.
    >:/// i /jミ、  ,  i  i i i  l  /:::::::::/ト     i::〉
  /::::::i i l |i |トヾ〃ハi  | i iハ ト、ハ  ̄}i::/  i   i'
  `ト::::i | |il |i ||     ||ハ i| i i| | ハi|   |   |   i
    | ∨ | |il |i ||     |l l lハ| l| }|フ彡}  |   | 
   | i |小 |i |i    ┼‐リ‐}ノ‐┼  彡ヘ.   |   |    でもねぇ。
   | i   ∧>‐''"      __,,.    i i  |   | 
   | i   / ∧、__,,.            / i  |   |    司馬懿には長安で蜀に備えていてもらい……
   | i / / ハ               ,トイi  |   | 
   | i / /   、  '       u  / | i l   l  i i 
   |〃    i   `  .    ⊃     / .| i l   |  i i 
   |′    |     i `   __   ´    L i |   |  i l  
   / /     |     |   ┌L ___   -─┘ |   |  | l  
  / /  _ 」__」_..ノ//Тi       /|   |   :.  
  {  | ´   l::::::::://   //  | |      //:|   l     

                            //    //   / ∧/ ||  |    |斗─-<,_  ! ヽ l  | ! ',
                           //    l //   ,斗- ┼ー||  |    | !    l} ` ト、 || ,' ∧. l
                           / | l  |/ l /  ll   |   ||  |   / |__l|___|L. / / / ', l
                           ,′l |  | イ   ||__ヽ_レ'  ̄ ̄´,. -─ー   ` / / ∧  l l
 蜀と呉を相手にした状況で、          ハ ヘ   ', ヽ__/ - ── 、      ,ィ千天卞ミ >/ ∠、l  l l
 本当に曹爽殿が               ./ ∧ \ \  l,ィ扞弌ミト、        ┴ゞ'ー'  //ヽ} 〉 l  l l
 役に立つなんて思っているの?      / /  \ \ ∨厶⊥ゞ'┴                 ´ ,'Y´ノハ. l  l l
                         \  //{\{ \ゝ          i            /´ ,イヾ, l  l l
 本当の意味で               `ヽ\厶ヾ `ゝハ                        //| |  | l  l ',
 国家を担える臣なんて……        :::::::\>、__\\∧       ー- -ー '゙     / ̄\l | l  l  ヽ
                           ::::::::::::::´::/ ` ーヘ                 ,. ′    ヽ | |  ',  
                           :::::::::::::/       ` 、                /       \ !  \ 
                           :::::::/         ∧ > 、       ,.イ>            \   
                           :/           /  \  `ミューィ≦´//          〈:\ _
                                        〈.    \ _ヽ/__,/ /            }:::::ヽ:::




690 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/22(日) 23:57:55.08 ID:ViRNruUo



/:/:/:: |:::|::::::|   |  .|  ./://ハ::/ |::! |::::/:|:/|ハ |;::i:::| /〃! !:| ,|::|  /:!:::|    /:|.ィ...!|
:://::::::|:::|::::::|   !,  |  !|i:|l:| |′ .!:| .Ⅵ |':::|':|:|V∨!|::|l:::|. ,|::! /:|:|∧/::|::::|   ∨|':|. |l
〃:::::;イ:::|::::::!    !.i  ! l::|i:|i|    ハ|  ハ|   ' ハ|:ヘ';::ハ|:/!/1:レ/:j: /|::::::|::::| ,| イ:/!:| |!
'::::::;イ:|::::|:::::|   .l .!  .|..∧:Wリ   ,    ,;;;;;;;;;     ヾ;| ' {:リ::/:::/://::!::::::l::::! /j//]/1:! |
:::::/:レ|::::|:::::|   .! |  ! |: :.    .ト\ ;;;;;;;;;;; ;; ;;;;;;;;;;;;   ィ:::/:/::/:/!::j:::::/::::l///// !:イ|
::/:::::::|::::|:::::!   l .|  ! |: ;;;;;;;;,,,,,, ヽ\`丶、   ;;;;;;;;;;   / //:::///:/::: /:::::::://〃 //l|
':::::::::::!::::!::::! ,|. .| |  ! |;;;: :. ,;;;;;;;,   丶`  `丶;;;;        /イ::〃〃;:::::/::::: イ/〃 .// |!
:::::::::::|::::|::::|. !|  | l  ! |;: : : . ,,;;;;;,    \    、` 、   ;/'; ::/':イ//::::/::::/イ/'  ./イ |
;::::::::::!::::!::::| l:!  .| !  |l |: : :,,;;;        `  ,,_>一  ,;;;;;;;; /:///:/:/イУ  ./′
∨:::::|::::|::::|. !|  !  |:!|: :,;;;;: : .    :::::丶..        ;;; ;イ:::/イ://イ| |  !
;:∨:::!::::|::::| l:|  |  ト!.| ;;;; : : : .            ,,  _,. イ|::::::/'::|/イ  !.|  |     太尉の他に誰がいるのかしら?
ハ:∨|:::::!:::l | l   .|  |:|.ト、;: : : : : .       _,,...:,<|:::::::::!:|:::::::::/i::!|  .!|   |
:::ヽヾ::::|::::| !:|.   |  |:|.レヘ;;: : : : : . . . . _,,. <:::::::|:::::l:::::::::|:|:::::::::::l::|l  !|i:! !
::::::ヾ!::::!::::!.|:|   !  .И|、:::|::::|:> ,_,...イ:::::_⊥ .-┴ '-ミ::::l:|::::::::::::!:|:!  .|:i:| |
::::::::::|::::|::::| !|.   ! , | |l \:::!:::::::::|:斗‐'"´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ;::::::::::!:|:!  .| |l |
::::::::::!::::|::::|.l:|   ! ! .l l|   ` <´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ::::::|:l:|  |l | !
::::::::::!::::|::::l.|:|   | | !.|!     ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ:::!|::!  |l...| .|
匕:/|:::::|::::リ::|   l | | |       ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:Ⅶ:|.   l| ! |
:::::;' |:::::|:::::::::|     ',∨ト、        ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.Ⅴ   !| | |
::::匕!:::::!::::::::|     .| ト、ヽ        ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.ハ   l| . | !
:::::::/|::::|:::::::::!     .| Ⅳ/         ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:::::::..:.:.:ハ  l|  !|

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      ここで劉放と孫資は、司馬懿を召し寄せて皇室の柱石とすべきと、
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ        二人がかりで曹叡を説得している。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       .
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       .曹叡は二人の主張を受け入れ、
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ        曹爽と司馬懿に後事を託す事にした。
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          一度はこの線で詔勅が作られたのだが……
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────




691 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/22(日) 23:58:44.48 ID:ViRNruUo



     ____
   /     \
  /  ─    ─\
/   ‐=・=‐ ‐=・= \      何か一悶着ありそうな言い方だお
|       (__人__)    |
\     ` ⌒´   ,/                                     .. - ─……‐-. .、
                                             ,. '"´ . : : : : : : : : : : : : : :`ヽ、
                                                 ,.'´. : : : : : : ,.: : : : : : : : : : : :ヽ
                                            /. :./: : :/:/: : /:l: : : |: :l:l: : : : : :.!
                                           , イ: :〃l: : :/:/: : /: :|: : : |: :|:|: :|: :i: : ::`ヽ
                                            |: 〃 l: :/:/_L/1 : |: : /|: :|:|: :|: :|: : :.:.:.::.';
   一度は劉放と孫資の説得に折れた曹叡だったが、          |/ Ⅳl:/l/ {  |: /|: /. |: :|:|: :|: :|: : l: :.l:!
   彼はまだ迷っていた。                            { ∧Ⅵィ行ミヽ|/ .|/ ̄「/メ、/: /: : l: :.l:!
                                              ,′: :l 辷ソ    ニ二_l/l: /: : ./: :.l: l
   案の定というか何というか、                          .l: l: : l   ,    〒テテミV/: : /: :./l: {
   劉放と孫資が退出すると、                          l/l: : ト、       辷ソノ: : :,.イ: : /l人{
   曹叡の気持ちが変わってしまう。                       .l: : l/ ヽ `     〃: ∠ノl/
                                                 \|   >r‐r‐ < ィ´l/l/
   しかも、それを煽った人間がいた                           l:/ ,. -─┴┐
                                                 ∠二二ヽ    !
                                               ,. イ. : : : : :.ヽ. ヽ    ヽ
                                            ,. ィ77.イ. : : : : : : :.', !     `、
                                          ∠∠//.:.:l. : : : : : :.:.:.:l |      ハ
                                           |:l i.ll:/.:.:.::j. : : : : : :.:.:.:.l |     j:{
                                           |:| i/.:.:.:.:.:{. : : : : : :.:.:.:.:l L_ _ __{」




692 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/23(月) 00:02:08.47 ID:02izU4wo



【紀元238年11月 魏首都 洛陽】

        _, ‐<ヽ/   `ヽ、  ー- 、>、,___
      ,. '´       ヽ   ヽ、-‐‐jレヘ,.   `!
     /      /ミ;、/jlil i:...i:..:l:...:!ヾ゙,ノリl| i l、   |
   ,ィ  /   //ヾヾ-''リ:..:l::..l!:.:ll:..:!.::.',:::/:;}. l l   l |
  // / / if     /|:::jl:::jl::i:|l:.:i::::::|/::/ l !  .l |
/ /〃 .:/ /::/|-‐-  / j:/TTKAH!::l:::!::/  j   リ      陛下は陛下の意志を貫けばいいんです。
  l/ l .::l::::!:::l l、=,=、  /'ノり'´テ弐l;ハ;レ゙  ,'  ,/′
  |! ', ::::!:::l:::| ´ t'ヒj      ゞニツ;/ /./  /,'!       そうすれば燕王殿下も分かってくれるはずです
    /ト、{'、:{ヾト、 ''゙¨’ ,       //..::/:/ .::// i
  / ノ .:/ヾ:::':,   ヽ     ,イ.:/..::/.::://   !
  / ,/./ .:::::/:´:、    ー‐一 //:/.:::::/:/:/::l. i. i                  , . -―-y‐: =: : .、
 {,オ'´ .:;:ィ' .:::::/´ヽ、   ̄ / j/::::;:イ/..:,イ l:::l. |  !                   /: : : : : : : : : : : : : : : \     ./
 // .:// .:/ ..:::/:`':ーッ‐/::/ /:∠l::! l::::l |  i                  /: : : : :_: _: : : : : : ;∠:ヾ : ハ`ーニツ_,/
/ { ;r'゙ / ./ ..:::∠r‐ァ-‐ '/7.:/  ,':/   ´' 、:::l !  .!                彡: : : /: : : : :三ミ:/〃 : :}、:ハ.: : : :_ノ
! }{  j/ .:.::::/,イジ´ `'x'/ i:/  j:i    ::...ヾ! j i .::i           ーニ三彡/、,' : : : : : ;三ミ,'彡; -; ハ : ハ: :X
  |! //.:.::::;r7 f;f゙´   /'| |!   l:!    .:::::::::!:/ l:::::|        _ . - :彡/| i: : :,': :/二ミ',:/"二',: : : :}: : `≧‐
                                     、_; :彡´: : : :ヾi: : ,': /     ̄    ',: : : i: : :ミーッ‐
                                      `ミ三:_ : : ;ノ; t : : ,'= ニニ ー ― ニ¨,i: : : i : : 彡′
                                       ゝ-= ニァ〈 i: : :乍乏ミ    彡示〉i : : ト≦._
     それと西方には太尉が必要です。                 ノ : ゙i: : : i辷少ゝ   匕ツ゚,i: : :ト 、
                                        _/_: = i : : i      、    ./.i: : :iー゛-
     一刻も早く長安に戻っていただくべきかと?           ̄ / i : : i\   , 、 ./::::i : /\ 
                                                   〉; : i\>::. ¨ ,イヽ:::::ノ:/::::::/
     劉放と孫資の甘言には耳を貸さぬよう                  { ム: :i>、` =ーイ〈  〉/∧::::/
                                              ./`:ム i. i`i=ニX. マ.{〃::::∨ 
                                             ./::::::::::ヾ::,!i:::マ i. ', ムゝ::::::::::〉

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .それは、当初曹叡が後事を託すつもりだった夏侯献、曹肇、秦朗たちだ。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }         彼らにすれば、劉放と孫資の主張通りになった場合、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       自分たちが失脚するのが目に見えている。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/          また、彼らが劉放と孫資と折り合いが悪かったのも
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          この騒動の一因かもしれない
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────




693 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/23(月) 00:03:44.19 ID:02izU4wo



  \:::::::::/'´ /                 ヽ7:::::::::i    ト.
    >:/// i /jミ、  ,  i  i i i  l  /:::::::::/ト     i::〉
  /::::::i i l |i |トヾ〃ハi  | i iハ ト、ハ  ̄}i::/  i   i'
  `ト::::i | |il |i ||     ||ハ i| i i| | ハi|   |   |   i
    | ∨ | |il |i ||     |l l lハ| l| }|フ彡}  |   | 
   | i |小 |i |i    ┼‐リ‐}ノ‐┼  彡ヘ.   |   |     .うーん。
   | i   ∧>‐''"      __,,.    i i  |   | 
   | i   / ∧、__,,.            / i  |   |     あなたたちがそこまで言うのなら、
   | i / / ハ               ,トイi  |   |     司馬懿には長安へ行ってもらおうかしら?
   | i / /   、  '       u  / | i l   l  i i 
   |〃    i   `  .    ⊃     / .| i l   |  i i     .叔父上の意見は?
   |′    |     i `   __   ´    L i |   |  i l  
   / /     |     |   ┌L ___   -─┘ |   |  | l  
  / /  _ 」__」_..ノ//Тi       /|   |   :.
  {  | ´   l::::::::://   //  | |      //:|   l 

                                             |  -i         !
                                           .  i  -〈三三三三三三〉
                                             i   -,!         ヽ,
 蜀の蒋なんとかというのが漢中に駐屯していますし、           i  /  ,__丿   ヽ__、ヽ,
 北伐の可能性が全くないとは言い切れません。              i /  /:::::::()::::::()::i\ ,/
                                           . ∠ivy/i'=-──-、,-='フ(V )
 そうなると蜀軍を抑えてくれるのは、太尉しかいない気がします      (  ),\      i/ /、 iT ラ
                                             / ̄ ラ/     ∞  ヽ|.__i
                                            /   /         XX  y  !

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      曹叡は曹肇たちの主張に同意し、
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ        司馬懿に洛陽に戻らせずに長安へ向かわせる事にした。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       .
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       .大将軍となった曹宇も、これには反対しなかった。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/          .ただし、詔勅を扱う中書省は劉放と孫資が握っていたため、
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .この命令は大将軍曹宇の名で司馬懿に送られたらしい
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────




694 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/23(月) 00:06:24.73 ID:02izU4wo



― 中書省 ―
                                              ,. ‐ッ'7⌒. ー 、
                                             / /. '   }   \
                                             / . / /-‐//ノ.」_!  }
                                          / ′/.i レ‐-´ '/ノノリ ハ
  劉放!                                 _ . '  | 从 N ィrワ  . f_ク '/ ノ.|
                           ,. ‐   ̄ `  ̄ ̄      ' 人刈 " " '  "" 川  |
  大変な事になったわ!!                     _   -  '  >'ヘ   ⌒  /´ノ___|
                               _ .. -   ¨      /  / `i ェ -<ア .´   ¨ \
  大将軍の名前で、                      /      ,. -   ̄    ,_′_,.}Ⅵ‐/ナ   , -/⌒"'ー
  太尉に長安行きの命令が出されたって!!!    /         _ム‐ァ:/ノ/_ナ    ′′
                                /           ,イナ代ノ ' _ナ i              _
                              , '               {_ナ\_.. -'         ‐‐…T ¨ ̄ ̄
                                            |メ~' メ//メ  ` ー 、    /
                                             メ{  メ//メ     ` T ´
          /   !   |  |  !  |  ヘ   ヽ
         /     .!   |  | 斗  l     ' ',   ハ
 .        /  |  |  | .´| ヽ  ヘ.   | l   ハ
 .         |   |  |  | .Yf アぅミ Y   | l   l ハ
 .         |   |  ∧  V弋fタ  ヽ|  / V  | |
 .         |  l.∧ ヽ ヽ |   `   l}ィ坏 '  /  |     せっかく詔勅書いていた所なのに、
           V V \ ヽ \       マt7./   ,′    それはないんじゃないのかなぁ?
           V V  \\ ヾ  r 、_ ´  イ   /
          ヽ ヽ   { ヾ   ゝ‐ '   /  /       .今まではどんな陛下の命令も聞いてきたけど、
         , -―- ≧ _\ ヽ .       ィ   /        今回ばかりはちょっと納得がいかないよ?
      //: : : : : :.-―― ヾ> ‐ < / /
      /: : : : : : : : : : : : :/ ̄ ヽ .ィ }イ'´
     /: : : : : : : : : : : : :/ : : : : : : ',
 .   / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : }

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ        しかし、これはすぐに劉放たちの知る所となった。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      .
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       彼らにしても、曹肇たちの主張が通れば失脚するのは目に見えている。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ          それを逃れるには、何か策を講じる必要があった
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────




695 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/23(月) 00:08:55.25 ID:02izU4wo



             //  /   /::/ / /  ∧::,\::イ
            / ,'   '  /  L/ / '  ! ハ::', ヽヽ
        // {   {  |  |   ! l   l l T  ハ ハ
          //   '   l  |斗┤- l  l   | ! !  ! | ハ
       //   ハ ハ 从 A |   |  l  斗| 、|  | i| |
.       //   ∧ V  弌之外 ̄ ` ≦_// ' / / '              /
.     //    ' ∧ N ゝ ¨¨`    代 fミ/イイ ィ                /
     //   / /_iハ       ,  `¨¨ / イ |                /       いっそ強硬手段に出ましょうか?
.  //   / / 、 ハ     {`  ァ     /ィ  l  !             ,<     /
../ /  , ´  ̄ ̄ヽ ヽ ヽ   ー    , 个 |  |  |            /  \/    こう見えても
.  / / : : : : : : : : : : \\>  -‐<   | |  |  |       /     ト 、r 、  .武勇には自信あるわよ?
  / /::: : : : : : : : : : : : : : :\}、!  ̄\__'  |  |  |      /      r 、ヽ ヽ
. / {::::: : : : : : : : : : : : : : : : :ヽゝ=、 、\:: : :ヽl  l  |   __/ / `      ,\ \ ヽ
,'   !:::: : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽゝ ヽヽ ヽ:: : :\l  |  /  /ヽ /   / / ヽ
   l::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ V/    ヽ: : : \ /  /  /   / /

                                          ,.. - < ̄ ̄ `>―‐ 、
                                         /              ヽ
                                         /                 >‐ 、
                                      /   /                  \
                                        |   ′/           !
                                        |  | '    /  /  .|   |
   そんな真似をする必要はないと思うよ。           l l ! |  ィ ヽ  /   |   |   |
                                      |从lハ/ /ィ/ ∨    ′  ′  |
   この中書省らしいやり方で、                    ノ z=ミ  /     /   /   |   /
   あのお坊ちゃんたちを社会的に抹殺すればいい。     、´     >'   /   /     /   /
                               .         〈    孑   ィ   /    /   /
   そうしないと後で困っちゃうでしょ?               ゝ,  ´  ̄  川 ィ    /  / /
                               .        |        / _ ィ    ィ /
                                         !       ´_ ̄/ィ イ  / / ̄ ̄
                                          `  ̄ ̄ `ヽ   /Ⅵ |/l/ ̄ ̄: ヽ
                                               \/ /: : : : : : : : : : : : : :




696 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/23(月) 00:10:15.66 ID:02izU4wo


                                             ,  -─── - 、
                                        - ‐ ' ´            ` ‐、
                                         /                \
                                        /                   ヽ
                                           //                    ',
                                       ,'  ,'    /l i            i
                                         i !  i  i  ,イ l', l ', ヽ          l
                                         l l  l  li / ! l ',ト、',   ',   !    l
                                        l !  l  l,ィ、  ',.! ヽ \ヽ. ',   l     ,'
                                       !',  l  l トヽ ', , イー-、.i  l   ヽ/
                                         ',ヽ ', l l:リ    l::::(  ゝ l`ヽ 〃ヽ
         ―― 曹爽殿?                        ト、l''     L:::::プ l',l_.ノ/l  ',
                                          / l l\ _   ' "´ ,.イ l‐''´  l  i
                                         /  l l  ` ‐-r ‐ ' ´ ,' /     l  l
                                        / / ', !  /´:l    /ノ`ヽー、   l  l
                                       / /   _,.イ::::/「」  /::::::::::::::::::::l  l   l
                                      //   /::::::/::::/;;;ヽー〈:::::::::::::::::::::::l   ',  l
                                    /     /:::::::;'::::/;;;;;;;;;;;;;/:::::::::::::::::::::l   ヽ、 !
                                   /       /::::::::i:::::;';;;;;;;;;/:::::::::::::::::::::::::::l     ` ‐、
                                 //        ノ::::::::::l:::::l;;;;;;;;l:::::::::::::::::::::::::::::::::l       ヽ\
                               / /      「:::::::::::::l:::::l;;;;;;;;;ト、::::::::::::::::::::::::::」           ヾ


───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ        事態を把握した劉放と孫資は、病床の曹叡に再度会いに行った。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       .
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       .彼らは、曹叡亡き後を曹爽と司馬懿に任せる決意を固めていた
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────




697 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/23(月) 00:12:07.02 ID:02izU4wo



    / ̄ ̄ ̄\
  /        \
 /    ─   ─ ヽ
 |    (●)  (●) |     なんとなく察しはつくけど、劉放と孫資の動機を聞いときたいお
 \  ∩(__人/777/
 /  (丶_//// \

                                                   / ̄ ̄\
                                                 /       \
                                                 | _ノ  ヽ、   |
                                                 | (ー)(ー)  |
   劉放と孫資にすれば、そうした方がメリットがあるからです。          .|  (__人__)   |
                                    .             l  `⌒ ´   }
   まず、外任が長いために朝廷に基盤を持たない司馬懿に恩を売り、     ヽ      ./
   司馬懿と結ぶ事で自分たちの地位を保つ。                   /:ヽ    .ノ,'ヽ、--、
                                             ,.-‐,ィ‐"/ゝ.ヽ.___ノゝ::::::::ヽ、:::ヽ.
   次に曹爽に関しては、                            //::_,、/,';;;;;;;゙;;;;;;;;;;;;;";;;;;|:゙、::::_::ゝ、ヽ.
   「こいつなら思い通りに動かせる」というのがあったんでしょう    ノ:::i ̄//;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l::::/::::::::::::l:::゙i
                                          /:::: /::::`ヽ,';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|/:::::::::::::::l:::゙,
                                          |:::::|::/::,ィ '";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙、::::::::::::::::/::::、
                                          l:::::;/:/:  :|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::::::l::::::゙,




698 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/23(月) 00:17:57.87 ID:02izU4wo



【紀元238年11月 魏首都 洛陽】

.         /   /  / / '    |  ヽ  ヘ   ヽ  ヽヽ
        /   / / ! .! {     }   Y  ヽ   ',   ヽ|
        ,'   ,'  ,' |  ! ヽ    ハ A ⊥.._ |   l     .|
        ,'    |  |  | 斗 ┤ヽ   !´|从ハ/l `.| I | |   '|       陛下。
.       | |   |  ト〃ヽ !ヽ|  \ |     '_ | イ | ′/ |      
.       | |   |  | Ⅵ ,.. --z    `  z´―‐ ヾ/ / ′/ |       これはどういうことなの?
        V ',  .V V zァ'´ ̄`            ∠.イ / ,′ i!      
        V ヽ、 V ヾ       '          }// i! /       陛下の発した詔勅が覆されるなんて、
       V  \ Nハ        ___ ,       /'´  ,'| /       絶対にあってはならない話なんだけど
.          ',  |  ヾヽ.        _        / l  / j'
.          ヽハ  | \\            イ/}/| ′
           ヽ| ヽ|ヾ > .     . ' ト '._  j/   
               _ //\ > - < /ヽ: : \.._   
. /: : :  ̄ ̄ ̄ ̄ : /: :/    \__/  ∧: : : \: : ̄   \:::::::::/'´ /                 ヽ7:::::::::i    ト.
                                     >:/// i /jミ、  ,  i  i i i  l  /:::::::::/ト     i::〉
                                    /::::::i i l |i |トヾ〃ハi  | i iハ ト、ハ  ̄}i::/  i   i'
                                    `ト::::i | |il |i ||     ||ハ i| i i| | ハi|   |   |   i
                                     | ∨ | |il |i ||     |l l lハ| l| }|フ彡}  |   | 
    まあ、なんというか。                    | i |小 |i |i    ┼‐リ‐}ノ‐┼  彡ヘ.   |   |  
                                    | i   ∧>‐''"      __,,.    i i  |   |  
    曹肇たちの意見に流されたというか……        | i   / ∧、__,,.            / i  |   | 
                                    | i / / ハ               ,トイi  |   | 
    正直、まだ迷っているのよね               .| i / /   、  '       u  / | i l   l  i i 
                                    |〃    i   `  .    ⊃     / .| i l   |  i i 
                                    |′    |     i `   __   ´    L i |   |  i l 
                                    / /     |     |   ┌L ___   -─┘ |   |  | l 
                                   / /  _ 」__」_..ノ//Тi       /|   |   :.
                                   {  | ´   l::::::::://   //  | |      //:|   l   




699 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/23(月) 00:19:57.22 ID:02izU4wo


                        ___     _
            __  .  ´        >:'___  `ヽ`ヽ
      ___∠  /      _  <:::::::::::_::l     :.::::〉
       \:::::::::::::_:::ヽ'       ´   ` 、ト::::::/:j::k     v'
        \:::::::::/'´ /                 ヽ7:::::::::i    ト.
         >:/// i /jミ、  ,  i  i i i  l  /:::::::::/ト     i::〉
        /::::::i i l |i |トヾ〃ハi  | i iハ ト、ハ  ̄}i::/  i   i'
.        `ト::::i | |il |i ||     ||ハ i| i i| | ハi|   |   |   i
         | ∨ | |il |i ||     |l l lハ| l| }|フ彡}  |   |
        | i |小 |i |i    ┼‐リ‐}ノ‐┼  彡ヘ.   |   |    あちらを立てればこちらが立たず、
        | i   ∧>‐''"      __,,.    i i  |   |    どうしたものかしら?
        | i   / ∧、__,,.            / i  |   |
        | i / / ハ               ,トイi  |   |    .少しでいいから考えさせてもらえない?
        | i / /   、  '       u  / | i l   l  i i
        |〃    i   `  .    ⊃     / .| i l   |  i i
        |′    |     i `   __   ´    L i |   |  i l
        / /     |     |   ┌L ___   -─┘ |   |  | l
.        / /  _ 」__」_..ノ//Тi       /|   |   :.
        {  | ´   l::::::::://   //  | |      //:|   l    丶
        ノ  j/     |:::::::::{ L ノノ/77ヾ、     //::::l  ` ‐--‐ \
.     //i /    |:::::::::ト-- ´イ{{ }}\ヾニニ ∠:::::::ゝ --──-  \


──────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ        やはり病になると気力がなくなってしまうのか、
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       .曹叡は自身の死後の事についてなかなか決断を下せなかった。
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       .
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ        とはいえ、彼は何らかの決断を迫られていた
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
──────────────────────────────────────────────




700 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/23(月) 00:21:08.39 ID:02izU4wo



         _ .. --==ニ¨ `ヽ- ―- 、
       .._ニ-‐ァ―――-   :.‐'´   ..  \
     /´  /:ィ/:_. - ´  .:/  ヽ:  \:.. {:. ヽ
    { \/∠ -'_二  :// .:/ ヽ:  lヽ:.  ヽ:.\:|
      /´ フ´  .:// / :/  | }  |:. ト:.  l:.  \_
     / / .:ィ :/ /ノ :/ | / { :|:. ∧ :!|:.  l:. `ヽ ̄´
      //i :/ /  ィ /{ .:!:ハォ:7 丁「「:. }:. | l ! トヽ
        /  | ..:!/イ7´丁ミヽト{ /'ァz=≠トv .ト: | | |
        | /| ../|{ fr筰ミト  ´ ´ヤぅ刈イ:  ト.}: :|!|
        ∧! !:/ 小.`辷:リ     `フ7′/.:レ } ハ
          /{イ:/ハ    '_  /´/:.   /l: /′
         / ´ |l j .:.\   ‘ニ’  /: ,.. ノ}//
        ハ ̄ ̄ ̄`ヽl>ュ.. _ イ:イイムハ{ _ノ{_
       ノ ̄ ̄ ̄  ‐- 、 ヽ/}  |/_j_.ゝ┴‐´三弐
     ≦三三三-_ _  \ト/´__.. -==―――`i、     十一月二十七日、再び詔勅が下された
      l!        ̄`ヽzzzzf´ ̄         lト}
     rヘ          |  _ |           l| {
     ノ、__i!        fヽ ! | ハ           |ハ
      { __,、!        _| {| ! |     __     |  !
     ヽ ノ{_l!      }ハ、 ヽハ. ヽ  /´'/     lト.、|
      ト、 _,l!___ {. l\ ` ー  \j  {    __j-:、:\
      レ|   {ト:ヽヽ:`ヽ._ ̄`        |-‐ニ-――-、::ヽ|
     _ 上L._  ヽ\\ヽ:ト.二、      {´_: -‐  ̄ `ト、:ヽ{
  /´:.:.:.:.:.:_`ヽ }/ >`-/7く_> 、     ` ー‐- 、 ! ヽ:}
 ⌒ヽ- ´{  `ヽ:\{:.:,.孑{zトミ:.:`ヽミヽ、         ├‐ ´
       \   ノ7ァニj彳_/:{`ヽ〉_/`j┬ \       j
         ̄ /:リ: : : : /:.:.| ̄  ̄` Lト、  ト、      /
        /:/ : : : / : :j : : : : : : : | : :  ̄:} ` ー‐'



701 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/23(月) 00:24:35.81 ID:02izU4wo



【紀元238年11月 魏首都 洛陽】

  \:::::::::/'´ /                 ヽ7:::::::::i    ト.
    >:/// i /jミ、  ,  i  i i i  l  /:::::::::/ト     i::〉
  /::::::i i l |i |トヾ〃ハi  | i iハ ト、ハ  ̄}i::/  i   i'
  `ト::::i | |il |i ||     ||ハ i| i i| | ハi|   |   |   i      .曹爽。
    | ∨ | |il |i ||     |l l lハ| l| }|フ彡}  |   |     
   | i |小 |i |i    ┼‐リ‐}ノ‐┼  彡ヘ.   |   |     .燕王に代えて、あなたを大将軍にするわ。
   | i   ∧>‐''"      __,,.    i i  |   |     
   | i   / ∧、__,,.            / i  |   |     そこに控えている劉放と孫資、
   | i / / ハ               ,トイi  |   |     後、司馬懿も帰って来るから、
   | i / /   、  '       u  / | i l   l  i i     みんなで上手くやって頂戴……
   |〃    i   `  .    ⊃     / .| i l   |  i i    
   |′    |     i `   __   ´    L i |   |  i l  
   / /     |     |   ┌L ___   -─┘ |   |  | l                  ___
  / /  _ 」__」_..ノ//Тi       /|   |   :.            ̄`,>´       ` ヽ、     
  {  | ´   l::::::::://   //  | |      //:|   l                /             ヽ
                                           // l :l :l // l l'      丶   .
                                           ,' ,'i ::l :l l ://i :li li ', ',  :i   ',
                                           l l l :l :l \./'', l ', l i> i  :l   :l  .
                                       ノヽ. i.i i l }卞.フi ', 卞___フi7i :l  /
                                        ヽ/  ',', i :i:} i:.しj  ' i :.:.: ノ .l lヽ /   
                                        {`>、',l l:{Zz ´   `Zz  j :i }j丿',
      大船に乗ったつもりでいてくれ!               {_/  l l:l \      .ィ´i/ノ i  ヽ 
                                           \. ゝl ./:.:l`7‐‐ ´/:.:li/ヽ ',   ヽ
                                          / :/\ l:.:.:.l/{c|\/l:.:.:l  \丶  丶
                                          / :/  )l: : :  ̄ ̄ ̄: : : :l.   / ヽ  ',
                                         / :/   ヽ: : : : : : : : : : : : :,}__./   ヽ. ',
                                        ./ :/   「´: : : : : : : : : : : : :ヽ_}     ヽ ',
                                       / :/    7ァー----、_,----ヽ       ヽ,

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }         詔勅を発するに及び、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       まず曹爽が曹叡の下に召し寄せられ、劉放・孫資とともに詔勅を受けた
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────




702 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/23(月) 00:25:25.82 ID:02izU4wo



   `\               、  /イ    / i//      :// ./ :i.i ',. ヽ \
       ´下、       ヽ /  //   |:/ i/     ./:/ / l  :| ! l.i ヘ
         \v、         /イ   /i/:/   :/ :/:/  :/  l  | | :i:.l  i
|i          ` 、`ー _       /  / ///  // :/:/  i  i  l :| :|i |  l
`\           ` -マ`     /  / / i/  .i/  :i-i‐= 7 ̄/ヽ i :i  :i :i  |
          ー 、_        / / / :/,イ | i| :i :|´ ̄  ̄ ` -∨/  //  l i
、                   / //  .;// |i:i|i :i:| ハi ィ' て_)`ヽ、ヽ ` v/_,./ :/
                  / イ//  :ハ,i 'ヘ|.i:.i|.i |   `ト、:::::ソ `    =`ヽ∧/
                 /  //   .:/ ヽ く:iハ:.i: i|     `´     .ィ=ミ、 `.ヘ´   これで一安心ね
     `  _       / i:イ /    //  :ハ、_ ヘ',            、トイハ /
`\    ./  - _ イ // |/    .://  /  .i:i|  ヘ    ヘ、      〈 ` く '/´/
   \ :/   /ィ /|イ./  /     :/  /  /ハ      ` v 、   ´  /イ /
    r` 入、///  /´  /    /   /  i:.i  ゝ       ` 、ン    ,.イ | /
    /ヌく l:\      /    /   /   ki   :\      ヽ    / i |/
    /:i:ト;:ヘ,l:.:.\  _ -、   /   /  ,. イ Vヘ  .:\      ,. イ   :i /
   /::i::|i|::iヘ:::.:.:.\/.:.:.:.:.:.\ /   :/.:/´  ト、  ∨i   ` .r.-‐ ´  :i   :i/
   /:.:i::.| |::.i:ヘ:::.::.:.:.\、.:.:.:.:.:.:\、 r‐ ´    ト、:\  `´V.i  //ハ:.:.:i  :i   /   r 、
\ /:.:.i|:.:|: |:.:.i:.ヘ::::.:.:.:.:\\.:.:.:.::::::|       | \::\   ∨,.イ \! :i  /  r、ゝ


───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      詔勅の内容を要約すると以下のようになる。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }         一、大将軍曹宇を罷免し、曹爽を後任の大将軍とする。
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j        一、夏侯献、曹肇、秦朗の職を解き、各自自邸に戻る事。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/.          見れば分かるが、劉放と孫資の主張が受け入れられる結果となった
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────



705 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/23(月) 00:28:52.84 ID:rz8iQUs0

同じ参謀列伝でも、ブラック董昭の比じゃないなこの2人はww
程郭董劉蒋に続けて彼らの伝を読んで嫌いになる人も多いそうだが。



714 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/23(月) 00:39:56.92 ID:TV7swEMo

>>705
まあでも保身っていうのは綺麗事だけじゃできんしなあ
だからこそ極稀に綺麗に全うした人が讃えられるわけで



708 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/08/23(月) 00:31:48.66 ID:ilBspsco

孫資は孫と玄孫も曲者



709 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/23(月) 00:32:05.52 ID:AEVNjf6o

とはいえ、代替案がボンボンの集まりを
上層部にするんじゃあ、こいつらの提案が悪いってわけでもないよな



703 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/23(月) 00:25:59.77 ID:02izU4wo



             i´             `,    |
            /__,--------、_______   _i    |
          /          ==ヽ ̄ ` 、   |
        ./             '==t       |
       ,/_,-----,---――‐ _-、_  ヾ    \__ヽ          (……助かった)
     //     .|:::i´ヽ:::::::::i `l::::::::`ー-'ヽ、   \`
     //  ____,-,i::::ヽ_,i:::::::::ヽ_,ノ:::::::::::,,-‐'`ー,-----
      ̄ ̄   ヽ`=:::::::::::::::::::,--―''' ̄    /
             `ヽ\:::::::::|      ,  /              .    ,r-vミヲ三シィ'ヽ
            /´_,___ヽ;;;;;|__,,,,、,/   ,\                 i:::;r::::r::::<//!i:.ヽ
          /i´   '-ヽ`i;;;フ /-'    /  \               ,':i'::イ゙'^''iヽヽ//i!i::.',
         / |     <ヽ'/       i    `i              ,'.:!::!'+  ! -'、`i/i!i::::',
         |     /, ヘ\    _  ,,     ノ             l:::!::!"O  "O'i:f^i!iィ:ノ
                                            ヽ!`''、''   '' !!'"::l"
                                             ):::::>゜-ュ'"::::::::il
                                            (i::/iヽ l/__\::::!リ
                                             /i l/゚ヽ/ ,ヘ'"
                                            //:。    ゜: l |
           そんな……                          |j==-- ,,_゜ : l l
                                           /゜    。`''rlノ
           父さんの名誉挽回の機会だったのに         /_/      i lヽ
                                          ヽ,|`'''--r ..,,」__| |
                                         .   ',   li,   |~
                                         .   i  ,' ヽ  '、
                                             ト,,,,,|  ',,,,,ィi
                                         .    !:::::|   ヽ:::::l
                                             ';:::|    ヽ:::!,
                                             ノ:::!,   ノ:::::)
                                             `-┘  `ー''"
───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       .勿論、曹宇たちは失脚してしまう
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────




706 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/23(月) 00:29:44.02 ID:02izU4wo



  \:::::::::/'´ /                 ヽ7:::::::::i    ト.
    >:/// i /jミ、  ,  i  i i i  l  /:::::::::/ト     i::〉
  /::::::i i l |i |トヾ〃ハi  | i iハ ト、ハ  ̄}i::/  i   i'
  `ト::::i | |il |i ||     ||ハ i| i i| | ハi|   |   |   i  
    | ∨ | |il |i ||     |l l lハ| l| }|フ彡}  |   | 
   | i |小 |i |i    ┼‐リ‐}ノ‐┼  彡ヘ.   |   | 
   | i   ∧>‐''"      __,,.    i i  |   |    これを司馬懿の下に届けてくれる?
   | i   / ∧、__,,.            / i  |   | 
   | i / / ハ               ,トイi  |   |    なるべく急いでね?
   | i / /   、  '       u  / | i l   l  i i 
   |〃    i   `  .    ⊃     / .| i l   |  i i    .あんまり時間がないのよ
   |′    |     i `   __   ´    L i |   |  i l 
   / /     |     |   ┌L ___   -─┘ |   |  | l 
  / /  _ 」__」_..ノ//Тi       /|   |   :.
  {  | ´   l::::::::://   //  | |      //:|   l   


                                             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                                    ト、      /   _ノ     ,_ノ\     ,:イ
                                    | \___/    / iニ)ヽ,   /rj:ヽヽ ヽ_/ | 
    か、必ず太尉にお届けします!            .|     ..:::ヾ:::::: ;〈 !:::::::c!  ' {.::::::;、! 〉 |   /
                                    \ ....::::;;;;ジ:::::::  (つ`''"   `'ー''(つ   |;;::.シ  
                                       ̄ ̄ ̄|::::::::::::::::: l |      l |   | ̄ 
                                           ヽ:::::::::::::::::l::. r‐''""~)  l  ノ


───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ         また、曹叡はこの詔勅とは別に自筆の詔勅、真筆を書き、
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       それを一人の召使いに託して、目下帰還中の司馬懿の下に届けさせた。
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .最期にどうしてもやらなければならない事が、ひとつだけ残っていた
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────




707 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/23(月) 00:31:27.18 ID:02izU4wo



【紀元238年11月 魏 司隷 河内郡】


  /イ::/::ヽ    | ||  |  |      |  |  l   、 ヽ
 |::| /:/l::ハ::.     | |.|   |l  |    |   |  |  |    ',  ヘ
 |::l'::/ |::|_ノ::〉  / | | |   | | |l    |   |  |  | l   |  ハ
. /√l トr-イ   |-ト、|| | l |l  |   |  |  | |   |   | l
/:/ l |::|  |  | \|`\ト、| | |  |  /; / | /l |   |   | |
:/  | |::l   l   |气f><ヽ|、\ , l  /// |./ ノ /   /  .ハ |
   | |::|  ヽ  |  ゙{ l! }`ヾミ  ∨//厶-―<./   /   / | |
   | |::|   ト、 l  ヾー<        斗=ミ、_/ /}  /   |ノ     洛陽に立ち寄らなくともよいので、
   | |::|    | \             _( リノ ''// /ノ/     イ   長安に戻って本来の任に復すべし……
  | ヾ    |               `¬ /  /イ|    /:/
  !      |\           /   ∠ イ   L|   /. :/    差出人は大将軍曹宇、燕王殿下ね。
    |     |  \      ―-;     /  |  ィ  /. : :/
.   l    ト、  \            <    |// /. : : :/ -―ァ   三公相手にこんな書状を送りつけるなんて、
   |   |::::::`::ー- >  _  イ   |  |: : : : : _ -―<_  配慮を欠いたやり方ねぇ
.__∧    |::::::::/二二[]二.ヽ |    イ    |: : : : : : : : : : : : : : : :
――{ーヘ   |:://::::::/::ハ:::|\\ /. :|   ト、: : : : : : : : : : : : :ー-
::::::::::.ヽ〉∧  |::\ヽ:/::イ  |::|__/:厶-―‐|    |::..\: : : : : : : : : : : : : :
::::::::::::::..\ヘ ∨ `ー' |::|  ゞ--'´ 〉:::::::::::|    |::::::::..\: : : : : : : : : : : :


───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       この時司馬懿の軍は、洛陽に程近い河内郡まで戻って来ており、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       ちょうど河内郡のあたりで大将軍曹宇の名の命令書を受け取っていた
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────




710 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/23(月) 00:35:07.98 ID:02izU4wo



  ̄.フ´./       /  ハ   V  \    ヽ.    ヽ
 / /      /    {   ヽ、      ヽ    :.
. '/{/         i {     \ \ \_.ノ   \   }
.八 }  /     ! V     \ }  ̄`  _ \.ヽ. l
  /  ,イ.   i /\_ヽ_.、.   ヽ! _ ノ    、.、リ.      太尉。
. 厶.イ八  i | ,イ ̄ヽ.\\i ヽー―く ̄  ̄ ヽ、∨
   ヽ{ ヽ. {八 { テt::: ァヾ. 、.!  }、 >) `ヽ___ ヾ{__      ひょっとしたら陛下に何かあったのかもしれません。
    `  ヾ! ヽ、  ̄     ノハ ノ ) //      ̄`Y `ヽ
       /            ノく._〃-――   , イ   〉   ここは河内郡に留まり、
       ヽ.          ´   / ̄フフツxz、/ .ノヽ  /    洛陽の様子をうかがってみては如何でしょうか?
         \ _ _       /: : : : : :   {ト、     ソ人
          ヽ      ノ: : : : : :   ∧. }!   (’
              ヽ -― く´: : : : : : :    ∧ノ
                }_______∧_         , ィ  / /   , ! ! 、 ヽ  ヽ(ヌ::.::.::.::.::Y)_
                                    //  / , l| |  /| l| |l lハ 、  、て)、::.::.:::|< ̄》
           魏 文官 虞松              / /  / / l| l | ,'|l| |l | |l `、 ∨;=ヘ::.:::ル1 ̄}
                                    /  / /| l|! l| ll | l| | |l   ll l|《_」「l「`ト、/
                                   '/  /l l| | || | l| l| | |l | l|>七 l| 厂}j,小 !
                                   '  / l| l| | |l |八 | | l|T"/jL斗;ァj / // l:l |
    けれど、事を荒立てたくはないわねぇ。        /l| l| { 丁二ニ、ヽノ リ' /^玄沙 // / , // l
                                   / //∧ l 八 弋忘ト        // / |:l l| |
    それと中央の有象無象を相手にするより、     '/〃|,小. ヽ \^"´         -=彳i 〃/l」 l| {
    諸葛亮のいない蜀を見張る方が楽だもの。     |l i| |l |il \ `丶、  ___、-_ァ   , ||!/| l|!
                                   |l i| |l |i| |li| l「`7"フ´/ r-′  /=k| |l l  ∨!
    このまま長安に行きましょうか?           |l i| リ i|l |li| iハ { ′  ヽ::`フ:i^ヽ、//| |{ !  { l
                                   |川/ |l| |lil 川\r、__rヘノY^!::ト::.::.:「 Nヘ八  い、
                                   | l/{ l|l|/ji| ノ !厂ヽ\ ヽ、∨ ヽ::.:〉 l |ハ ヽ、




712 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/23(月) 00:38:31.10 ID:02izU4wo


                  ,. . . . .---. . .
                ィ´.ィヽ/\,.ヘ ,、`: .、
              /. : `. : . : . : . : . : . : \. :\
             /. : . : . : . :/. : . : . : . : . :. \. :.',
.            /. : .:/. : , : .l. : . : . :!.:l.:ト:ヽ : . : ヽ: ',
           //. : .l/. :.l/!ハ. :!. : . :ll.:!.!.:!. :!.:l.:ヽ:∨.:
         l/l. : . ll. :.,'l≧ト、!',. : _|_斗--:!-!.:! ';.∨|
         l !. l. :.!. :!イ|::(.代 !. :テ7T:ト!、!.:.!:|、:i';.l.:|      太尉、失礼します。
             ';.ハ: !'; |',弋::j `l: l:!{::{::::クィ:|.:!!l }:|.リ.:!
             lハ:!ヽlト、 ̄   |/j `ー',イN/ |イリ: ハ!     洛陽より陛下の召使いと称する者が来たんですが、
             ヽ 八  丶    ' ,':;ケ´ヘ. : . :ヘ     どう処置すればいいんでしょうか?
              lト、\ ´ `   ィ/!_. : . ∨. : .:',
                  __ヽ.>ィ>‐ ≦::≠´ !. : . :V. : .lヽ
               ,ィ/ /.:l!. /,ゝィト    /\. : .V. : ', \
                l |! //!./ィ彡'l V  /   > :V. :.',ヽ \
              /y'  イ ニ´!」l!  V i!      >、.:', \
           レ / /:::::::::>/\ \l!    /'   Y.:'., `ミト、
          / ll  /:!::::::/:,'   \ __/'      l. : ヘ  `トー

               魏 文官 石苞                    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                                    ト、      /   _ノ     ,_ノ\     ,:イ
                                    | \___/    / iニ)ヽ,   /rj:ヽヽ ヽ_/ | 
                                    |     ..:::ヾ:::::: ;〈 !:::::::c!  ' {.::::::;、! 〉 |   /
                                    \ ....::::;;;;ジ:::::::  (つ`''"   `'ー''(つ   |;;::.シ  
                                       ̄ ̄ ̄|::::::::::::::::: l |      l |   | ̄ 
                                           ヽ:::::::::::::::::l::. r‐''""~)  l  ノ


───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       そこに現れたのが曹叡の真筆を託された召使いである
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────




715 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/23(月) 00:42:05.47 ID:02izU4wo



         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
ト、      /   _ノ     ,_ノ\     ,:イ
| \___/    / iニ)ヽ,   /rj:ヽヽ ヽ_/ | 
|     ..:::ヾ:::::: ;〈 !:::::::c!  ' {.::::::;、! 〉 |   /   ……という次第で、陛下は太尉の帰還を待っておられます
\ ....::::;;;;ジ:::::::  (つ`''"   `'ー''(つ   |;;::.シ  
   ̄ ̄ ̄|::::::::::::::::: l |      l |   | ̄ 
       ヽ:::::::::::::::::l::. r‐''""~)  l  ノ

                                      /イ;小ヽノ::/ | | | \ ヽ \  ゙,       l l  ヽ
                                    〈:{_/:/ |:|`ー'  | |、rr==≧ミメ、  \ i     イ | j   '
                                      ヾ:/ |:||    | l `_ゝ'ノヾー    |  / |/|.′   l
                                    //  |:|∧   |  `''" ̄`     lイ=ミメ、lノ  ′| |
  虞松!                            /::/   |:| ヽ   '、          、 ヽ'_ヘ /  / /| |
                              .    /::/   |::|  \  ヽ        /   ゛''/ イ/ jノ
  私はすぐに洛陽に向かうわ!!            /{:::{    レ′  |`   \   r=ー 、        ハ ノ }
                              、  /  ̄   /|   |         ̄`ー'     / / イ
  兵たちには動揺しないよう            ::::V       / |     |             ー ニ´- ' ノ
  伝えておきなさい!!!             ―‐ 、 、   /  !   |            イ |
                              ::.::.::.:..\\′ / l  | ___ \  ,  i´ l  |
                              .::.::.::.::.::...\\/  |   |7/::.::.::.::>ト二.   | |  |
                              ::.::.::.::.::.::.::.:..\\_,l   |/.::.::.:/ ´ 小:ト\| l  |
                              .::.::.::.::.::.::.::.::.::...\ヾl  |::.::.::.{::{__ イ:| |:| }::}|  |  |l
                              ::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::l ∥  l\.::.`ー'::|:| |:lV:/ |  l  | l
                              .::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:l ||   | ヽ::.::.::.::|:| ト-く |  |  | l

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ        召使いが所持していた真筆の詔勅を見た司馬懿の行動は速かった。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       .彼は曹叡の命が残りわずかと悟り、馬を馳せて洛陽に向かう
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────




716 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/23(月) 00:42:43.10 ID:02izU4wo



【紀元238年12月 魏首都 洛陽】


   .∥                            ∧          _____| .::|─Λ
   .∥                       Λ   /| |n_n_n     ∧  n_n_n_n_| .::|⌒| :|へ
   .∧                      i.  | i'´ ̄`i∨  . ::|ニニニニニニ|...    ∨  .| :| ̄|
  ∧ヘ                 Λ | |'´.:∧| |  . . ::| ロ ロ ロ ロ .|::: .   .:.:|_n_n_n_n_n
  ΔVΔ                    | :|ヘ| | / n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n . :::|     ..:|
  ||:||:||:||            n_n_n_n_n_n_n_n_|::.: .               . :.:::|_n_n_n_n_n_n_n_n_n_
_||:||:||:||            |::.:. .        |::.:.n.    n    n   .n.:.:::|       / ̄
  |===ト、  │       |:: . . `=f==f===|::.:. .. i | i             . :.:::|  n   ,∠___
\\|_| \n_∥_n_n    |:: []__|_|__.|::.:. .. l!ヘl!  「|  「|   ____|____.|] [] [] [] [
]士ェェェェェ| ∥::ロ:ロ|___、 |::.|X⌒X⌒X⌒X|::::.::. |曰||  .|.|'⌒|.|  /_n_n_n_.n , .|========
 | /Λ /Λ:| //\ :::|─‐ヘ.∧二二二二二二二二|TT|  :|:|   |:|  .| :|ロ|: |ロ|: |ロ|: / |工工工工
 | || ||. || ||::| _./__.,>:| ゚_゚::゚::| |_l]_l]_l]_l]_l]_l]_l]_l]_l]_l.|.|_l.|-──────────|ェェェェェェェェ
 | ||_||. ||_||::| | 「| 「|| .∠∧┴/_n_n_n_n_n_n__/ l] l] l] l] l] l] l] l] l]|┴r┴r┴r┴r
]士ェェェェェ] | l」 l」|ヘ、| |:::::| ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ /_n_n_n_n_n_n_/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | ∠二二ヽl=|====| ̄|::| |:::::| ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ | ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ /_n_n_n_n_n_
 | ||:::::::Λ::| l: | 「| 「 ∧      ∧      .∧      ∧      .∧      ∧
┬┬┬| :|┬┬┬┬| :l┬┬┬┬.| :l┬┬┬┬| :l┬┬┬┬.| :l┬┬┬┬| :l┬┬┬┬.| :|┬┬┬┬‐
∧∧/`| ::|ヘ/∨∨ヘ| ::|ヘ/'∨∨ヘ| ::|ヘ/∨∨ヘ| ::|ヘ/'∨∨ヘ| ::|ヘ/∨∨ヘ| ::|ヘ/'∨∨ヘ| ::|ヘ/∨∨ヘ|
./⌒ヽ :| ::| 〃⌒ヽ | ::| ,〃⌒ヽ | ::| 〃⌒ヽ | ::| ,〃⌒ヽ | ::| 〃⌒ヽ | ::| ,〃⌒ヽ | ::| 〃⌒ヽ |
二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二
_l'__;l__ l>┬┴┬┴‐┬┴‐┬┴‐┬┴┬┴‐┬┴‐┬┴┬┴‐┬┴‐┬┴┬┴‐┬┴‐┬
__;l__l/´,>┴─┴‐─┴‐─┴‐─┴─┴─‐┴‐─┴─┴─‐┴─‐┴─┴─‐┴─‐┴


───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ        十二月一日、司馬懿が洛陽に到着する。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       .当時の景初暦で言えば、ちょうど正月、一月一日となる
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ      
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────




717 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/23(月) 00:43:47.06 ID:02izU4wo



        イ ト、 __〃                 ヾ r,==r ( __ j }         | . .. : :: ::: :::::::::::::::::
        /'_j |_ヽ_ |       |      |   |!  ,. ヽ_ノ∧!` ‐‐ '          | . .. : :: ::: :::::::::::::::::
        `7!K<二) ) | !  |! ! |       |! | l,  |!リ rr===、!ゝ、_          .| . .. : :: ::: :::::::::::::::::
       /ィ'ヾ,、 ̄ ._j_j _|!|| ! ハ      l  | j!_!_j ハ ` =ィK__ ) )ヽ        .| . .. : :: ::: :::::::::::::::::
      `´! /ハi  ヽヾヾ`!`lト、l! ヽ!.  リ!!丁|!l リノ|! ., / /∧ー r"|        .| . .. : :: ::: :::::::::::::::::
         |// |^ヽヾヽ!ヽ== 、 、ヾヽヽ,ノ "γ.='= 、,メ!/! ,.V  l l レ'        | . .. : :: ::: :::::::::::::::::
         |Yハ  ̄i  |ト ! fj !         ' ! fj ! 1 リ /,   | l          | . .. : :: ::: :::::::::::::::::
        ,ィ' ||!|ハ,, ヾ. ゝ‐ '          ゝ- '  / イliリ,   ヽ\         | . .. : :: ::: :::::::::::::::::
       / j ヾ! |!ゝ、._\       ;         ,イ ///    | \` - 、     .| . .. : :: ::: :::::::::::::::::
       V  人 ヽ:::::ヽ`                ∧:レ'//   │  `ー'´       .| . .. : :: ::: :::::::::::::::::
          |   |!ハ ヾ,::::ヽ      ‐  -     ,イ::!/ '/     |            .| . .. : :: ::: :::::::::::::::::
          |   |ヾ ヾ \ヾ`..、        イ |:!:/   ,ハ    |            .| . .. : :: ::: :::::::::::::::::
          |   |, ハ \ ヽr-- >_ - _<、_ j__j/   イ|: l   | .         /| . .. : :: ::: :::::::::::::::::
          |  ||! ヾ.ヽ.  ゙ゝ | !´::::フイト、ヽ: ̄::フ ,/ ,|从.   |        / ,/ |/): :: ::: :::::::::::::::::
          |  ィヽ    `..、  ゝ=='〃|l|::ヽヽ--/イ,,  |  ヽハ.|       / y ,/.. : :: ::: :::::::::::::::::
          |  ハ '!   rー '´ゞ ::::::::: |l|:::::l ! ̄::::〃ヽ rrァ ::⌒::ヽ     ./    | . .. : :: ::: :::::::::::::::::




718 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/23(月) 00:44:40.51 ID:02izU4wo



  \:::::::::/'´ /                 ヽ7:::::::::i    ト.
    >:/// i /jミ、  ,  i  i i i  l  /:::::::::/ト     i::〉
  /::::::i i l |i |トヾ〃ハi  | i iハ ト、ハ  ̄}i::/  i   i'
  `ト::::i | |il |i ||     ||ハ i| i i| | ハi|   |   |   i  
    | ∨ | |il |i ||     |l l lハ| l| }|フ彡}  |   | 
   | i |小 |i |i    ┼‐リ‐}ノ‐┼  彡ヘ.   |   |     ……よ、ようやく、き、来てくれたわね。
   | i   ∧>‐''"      __,,.    i i  |   | 
   | i   / ∧、__,,.            / i  |   |     .ま、まずは、り、遼東を平定した功績、た、大儀。
   | i / / ハ               ,トイi  |   | 
   | i / /   、  '       u  / | i l   l  i i     ほ、本当ならゆっくり話したいけど、も、もう時間が……
   |〃    i   `  .    ⊃     / .| i l   |  i i 
   |′    |     i `   __   ´    L i |   |  i l 
   / /     |     |   ┌L ___   -─┘ |   |  | l    , =/      /==' ' : l : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
  / /  _ 」__」_..ノ//Тi       /|   |   :.   |レ     ∠ノ: : : : : :..:.:l : : : : : : : : : : : :ヽ : : : : : : : : :
  {  | ´   l::::::::://   //  | |      //:|   l      .イ    /l|.: : : : : : : : : :.l l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
                                  V  /=='': : : : : : : : : : :.l: :l:.: : : : : : :..:. : | l : : : : : : : : : : :
                                  ィ| /=イ: l : : │ : : : : !: : :l :.l..:: : : : : : : : : | |  : : : : : : : : :
                                  ,イ! ト ヽ.:.:|: : : :|..: : : : :| : :ト.ヽ : : : : : : : : .∧!ヽ:ヽ. : : : : : :l : :
                                  ::| |::ヽ V : : :│  : : :l、 : :l \i : : : : : : :. l__lj__j ハ : : : /l
     仲達めがお側におります。            ::| |: ::j  ヽ: :.:l\_:_:j__ヽl..__ \  : : : :ィ リ Y: .ヘ : : ,
                                  ::|  / /\ゝ´ \: :l ー\    \ : :/     l :/|  /
     どうかご安心を……                 ::|   /: :.|  \!  ゝ\   ヽ    ゝ/ ___,.ィ /:/ ! /
                                  :: : 丁| : : :.ヽ.     _____`.,        ` ̄´ /  ..イイ
                                  ::.: : |│、  : :\ ´´  ̄ ´             //..: : :|
                                  :: : : ゝ\:ゝ、. . :\              /   イ  ..: : : |
                                  ::ヽ: : : \\l `ー‐`          _     イ   .: : : : |
                                  :: : \: : : \\            ̄     /│ : : : : : |




719 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/23(月) 00:45:56.05 ID:02izU4wo



  \:::::::::/'´ /                 ヽ7:::::::::i    ト.
    >:/// i /jミ、  ,  i  i i i  l  /:::::::::/ト     i::〉
  /::::::i i l |i |トヾ〃ハi  | i iハ ト、ハ  ̄}i::/  i   i'
  `ト::::i | |il |i ||     ||ハ i| i i| | ハi|   |   |   i.      だ、誰か。
    | ∨ | |il |i ||     |l l lハ| l| }|フ彡}  |   | 
   | i |小 |i |i    ┼‐リ‐}ノ‐┼  彡ヘ.   |   |      ら、蘭卿を呼んで頂戴。
   | i   ∧>‐''"      __,,.    i i  |   |       あ、あの子を太子にしなくちゃいけない。
   | i   / ∧、__,,.            / i  |   |     
   | i / / ハ               ,トイi  |   |      こ、ここにいる人間には、
   | i / /   、  '       u  / | i l   l  i i     .あの子の将来を見守ってほしい
   |〃    i   `  .    ⊃     / .| i l   |  i i 
   |′    |     i `   __   ´    L i |   |  i l
   / /     |     |   ┌L ___   -─┘ |   |  | l                __
  / /  _ 」__」_..ノ//Тi       /|   |   :.            ,>'": : : : : : : :` - 、
  {  | ´   l::::::::://   //  | |      //:|   l              /´: : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
                                         ': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : i
                                         !: /: /: : :,ィ: : : : : : : : : : : : l
                                         {: ! /: :/ /ハ : : : : : : : : : : :!
                                         ハ: :!/ヘ  !Lハ : i: : : ': :! : : l
                                          Yi ヒソ  'z-ミ ヘ: : :}: ! : : !
     側に控えておりますよ                         } 、   ヒソノヽ}! : !/: : : !
                                           .!、 _     //ソ : : :|
                                           l: ヽ` '  _ /!: ̄: : : : :|
                                           {: : ,ィァ<-- ノ1 : : : : : |
                                          __ヽ/ }r':/ノハ~  V : : : : :|
                                         〃  ,イ//7,」ハ /^\ : : :!
                                        _}:}  Y///, !/ ´ , _  ヽ: :!




720 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/23(月) 00:52:38.82 ID:02izU4wo



                ,. ‐ ''"´ ̄ ¨゙''ー、
             >'′         `心‐、
             ○: : : : : : : : : : : : : : :: : :ヽ
             ; ; ; ; ; |: |: ::λ: :|..|..|.............}ミヾ
             : : |/|/|/|/ |/|// }/}_彡ミヾソ
             : : |  ◯     ◯' .|: : :ヽ::}
             : : !  :::::::     :::::::: {:: ::/|/
             :::!入.  rv- ..__   }: ::{ ′
             ヾヾゝ、_.!   /  ,ノ
             ゙`゙゙゙゙>‐≧=<‐'"´
              /:::::::\ィ=|:::::::\
             // ̄ミヾ\|:::::::/|
                                       ー  
               魏 皇太子 曹芳             ー  l,': : :;':;':::::;':::/:/::/,':;イ:;'l:l:::l::l:. : :l::. : : : i: : :::::l
                                           l i: :::i:;'::::;':::「ト、;' ,';イ:;' l::l::li::l:. : :l:::. : : ::l..::::::::l
                                          l l: ::l:'i:::i:; イ!ト ゝ l:i l::l::l';:l:::::::l:::: : .:::l:::::::::::!
                                           l: :l::l::l;':;':l l: li/   l  プー- 、:;'l::::..::::;':::ヽ:::;'
                                            ';:l :!:l:;'::lΖ-'   !  ,' ::ヽ、 ..ゝ::::;'/i::::::::;:ク
                                            ';:::/i:::lヽ        i:. lli .:/,':::/ ノ::-ァノ: ',
   (斉王殿下は初めて会うが、なんか馬鹿そうな子供だな)     ,/ :/ l: l  \ _   ΖZ"´ /::/' ´:/ l::::: :i
                                          / :/   ';l    ,ゝーr‐ ' ´ /::/- '´   l:::::: :l
                                          / :/         i: :,.イ)!   /:/',       l:::::: :l
                                         / :/        l ,' () !  ' ´)  ,ゝ、    l:::::: :l
                                        / :/    /`ヽ 〈l i()   () /::;: -┐  l:::::: :l
                                        ,' ;'    /   ', ! l()   ()/; -´: : : :',   l:::::: :l

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      曹叡には実子がおらず、養子を二人設けていた。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       そのうち上の子の名を曹芳、字を蘭卿といい、斉王となっていたが、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       .曹叡はこの八歳の少年を皇太子に立てた。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/          曹芳の出自は、曹丕の弟の曹彰の孫という説もあるが不明。
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          宮中奥深くで育てられたせいか、誰も彼の経歴を知る者がいなかった
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────




721 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/23(月) 00:53:32.68 ID:02izU4wo



  \:::::::::/'´ /                 ヽ7:::::::::i    ト.
    >:/// i /jミ、  ,  i  i i i  l  /:::::::::/ト     i::〉
  /::::::i i l |i |トヾ〃ハi  | i iハ ト、ハ  ̄}i::/  i   i'
  `ト::::i | |il |i ||     ||ハ i| i i| | ハi|   |   |   i  
    | ∨ | |il |i ||     |l l lハ| l| }|フ彡}  |   | 
   | i |小 |i |i    ┼‐リ‐}ノ‐┼  彡ヘ.   |   |.     し、司馬懿、わ、私の病気は重いの。
   | i   ∧>‐''"      __,,.    i i  |   |  
   | i   / ∧、__,,.            / i  |   |    だ、だから、後の事はあなたに任せるわ。
   | i / / ハ               ,トイi  |   |  
   | i / /   、  '       u  / | i l   l  i i    そ、曹爽と協力して、幼い太子を補佐してあげて
   |〃    i   `  .    ⊃     / .| i l   |  i i 
   |′    |     i `   __   ´    L i |   |  i l
   / /     |     |   ┌L ___   -─┘ |   |  | l      |   |   |           ∥  |   | トヽ
  / /  _ 」__」_..ノ//Тi       /|   |   :.   __ |   |、  ト、 {         ||   |   | | |l
  {  | ´   l::::::::://   //  | |      //:|   l       ヽ\|   | \ | ヽ\     |.| 厶   /l | ||
                                  __/;ハ ヽ 斗―\l- \\.  /イ/ | //,イ|
                                  ー'´ ヘ\\ヽ二 \    \/ >┬ ァ| 〃 |
                                      ヽ 弋F千 卞、       ^ー'彡/   ∧          
                                  ト     \ `ニ´ ̄"             /   /  '        /.
     …………                       | l\\  \          〉    / イ   ',     /..:::/
                                  | |  \>ー一    __ __,,.   イ  |、    ′ / /.:::/ 
     陛下におかれましては……             | |     \        -   /| |\   У /.:::厶
                                  二丶    ト>        /  |  |   \// ̄_,. -‐
                                  ::::::.ヽ\   |::7r―- `=二´    |  |   /     ̄
                                  ::::::::::.ヽ \ |:| |::::::/r‐::共::ト\   |   |一'二二二、、_,.. 
                                  :::::::::::::::..\ヽトl:::::|:|::::|:| |:|:.ヾV<|   '::::::::::::::::::::::::.ヽ\:::::::
                                  ::::::::::::::::::::::l |:l \|:|::::|:| |:|:::::}:}\:l / .:::::::::::::::::::::::::::.\\
                                  ::::::::::::::::::::::| |:|   ゞニイ ゞニ仆、/ ∧:::::::::::::::::::::::::::::::::::.\




722 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/23(月) 00:54:39.35 ID:02izU4wo




    l.l             、               /
    l              〉,          /
     l                /ノ          , ′
     ;                        /
    j                     /  /
    i       - ...__  _,,.. -     _/ _彡イ       
     ;              `´       ̄ ̄ イ   |  先帝が陛下の事を私にお頼みになったのをお忘れのご様子
    u           ==         / |
                    ,  '´|  |
`   、                  , '´   |  |
   `   .,          イ     |  ;
_____>_、 _,  < l |       |  /
::::::::::::::: /.::::::::::|:::::::|二::.\ l |    / /
:::::::::::/.:::::/ ̄|:::::::ト、::|\:.\ |   / /      /




───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       .司馬懿は頓首して、涙を流したと伝えられている
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────




723 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/23(月) 00:55:29.49 ID:02izU4wo



  \:::::::::/'´ /                 ヽ7:::::::::i    ト.
    >:/// i /jミ、  ,  i  i i i  l  /:::::::::/ト     i::〉
  /::::::i i l |i |トヾ〃ハi  | i iハ ト、ハ  ̄}i::/  i   i'
  `ト::::i | |il |i ||     ||ハ i| i i| | ハi|   |   |   i  
    | ∨ | |il |i ||     |l l lハ| l| }|フ彡}  |   | 
   | i |小 |i |i    ┼‐リ‐}ノ‐┼  彡ヘ.   |   |     そ、そうよね。
   | i   ∧>‐''"      __,,.    i i  |   |  
   | i   / ∧、__,,.            / i  |   |     そ、曹家と司馬家は古いお付き合いなんだから、
   | i / / ハ               ,トイi  |   |     大丈夫なはずよね。
   | i / /   、  '       u  / | i l   l  i i  
   |〃    i   `  .    ⊃     / .| i l   |  i i     .あ、あなたに会えたんだから、もう思い残す事は……
   |′    |     i `   __   ´    L i |   |  i l
   / /     |     |   ┌L ___   -─┘ |   |  | l     ……はぁ
  / /  _ 」__」_..ノ//Тi       /|   |   :. 
  {  | ´   l::::::::://   //  | |      //:|   l     

                             ./ : : : : : /l |  \: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
                             /: : : : : :://  ヽ    \: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
                            ./: : : : : :://    \ -───<: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
                           /: : : : : ::/イ      \  __  \: : : : : : : : , --、: : : : : : : : : : : : : : :\
                           ,': : : : : : :l/ ,.-        , '´ /:::::l Y       /   l: : : : : : : : : : : : : : : : ヘ
                           l: : : : : : : V  __       ヒ:::ノ _rっ      (_ l  !: : : : : : : : : : : : : : : : :∧
     陛下!!?              V: : : : : : ハY´l::::l                  /  /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :
                            ヽ: : : : : : :l rl:::l                  /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
                                  l `´/                /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
                                    l .〈                /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
                                  ', `  ,. -─-,         /-────- 、: : : : : : : : : : : : : :
                                   \  `ー一'      _/         /: : : : : : : : : : : : : :
                                    \     ,x≦ ̄ ̄  \        ./: : : : : : : : : : : : : : :
                                      \  /         \      / \: : : : : : : : : : : :




724 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/23(月) 00:56:41.13 ID:02izU4wo



                        ___     _
            __  .  ´        >:'___  `ヽ`ヽ
      ___∠  /      _  <:::::::::::_::l     :.::::〉
       \:::::::::::::_:::ヽ'       ´   ` 、ト::::::/:j::k     v'
        \:::::::::/'´ /                 ヽ7:::::::::i    ト.
         >:/// i /jミ、  ,  i  i i i  l  /:::::::::/ト     i::〉
        /::::::i i l |i |トヾ〃ハi  | i iハ ト、ハ  ̄}i::/  i   i'
.        `ト::::i | |il |i ||     ||ハ i| i i| | ハi|   |   |   i
         | ∨ | |il |i ||     |l l lハ| l| }|フ彡}  |   |
        | i |小 |i |i    ┼‐リ‐}ノ‐┼  彡ヘ.   |   |
        | i   ∧>‐''"      __,,.    i i  |   |
        | i   / ∧、__,,.            / i  |   |
        | i / / ハ               ,トイi  |   |
        | i / /   、  '          / | i l   l  i i
        |〃    i   `  .    ⊃     / .| i l   |  i i
        |′    |     i `   __   ´    L i |   |  i l
        / /     |     |   ┌L ___   -─┘ |   |  | l
.        / /  _ 」__」_..ノ//Тi       /|   |   :.
        {  | ´   l::::::::://   //  | |      //:|   l    丶
        ノ  j/     |:::::::::{ L ノノ/77ヾ、     //::::l  ` ‐--‐ \
.     //i /    |:::::::::ト-- ´イ{{ }}\ヾニニ ∠:::::::ゝ --──-  \


───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ        景初二年十二月一日、皇帝曹叡崩御。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       .享年三十四歳。明皇帝、明帝と諡号を贈られている
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────




725 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/23(月) 00:57:12.55 ID:02izU4wo



   // /  /   ,/ /   ,,イ/// /\;_:!::| ! ヾ::!
   Y | /!    ! /  _∠/-/ ナ /─ ,//!:| /  j:::! /
     i ! |   |/ ./ //  _j/   //.|::|''  /ヽ:ヽ|
     ゞ! \  i! /i ,ィ';-f='j〆   // /::|  /  !:::||
         \|::/ "/:/ /     j/  !:::|  /,//j/
          ,. ゝ'  ´ ̄´"     / ,イ! :| ,,/ イ/
       ,.                / / | .::|/ /
        ヽ              /,/ イ',l :::|'' /
        i         // ,ィ " | | :::| / j !
         !`      ,/-ー "'   | /l::::| /  i |
        丶     ´        // `"'j/  | | /     (我ながら、尻拭いばかりの人生よねぇ?)
          `!           //  /:::|   | | |
          !           //  /|::::|   | | l
          `─ -. 、.._    //  / j:::/l  .| ! l
                 ̄ ヽ//  /  |:| |   / ゞ
                   //. / ,,イ| |   |
                _., -/" / // / |   |
             /::/''// /: : j / ::|   |
            /:::::/ ,/ / : : : /メ:::::|   |
            \::::::ソ ./: : : : . //::::::|   |
    ____      /イ: : : : : : : //::::::::|   |
   /      ̄ ̄''メ── ----//:::::::::::|   |
   |         /// : : : : :: // ::::::::::::|   |

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ        曹叡の死。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       .それは司馬懿がまたしても重い荷物を背負った瞬間だった
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────




726 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/23(月) 00:57:51.26 ID:02izU4wo



       ____
      /      \
     / ⌒  ⌒   \
   /  (ー) (ー) /^ヽ     ……にしても、曹叡はケツの穴の小さい奴だお
  |   (__人__)( /   〉|
  \   ` ⌒´  〈 / ⌒^ヽ
―――――――― \ _ _ _ )

                                                / ̄ ̄\
                                              /  ヽ、_  \
                                             (●)(● )   |
                                             (__人__)     |
         ……と言うと?                           (          |
                                         .    {          |
                                             ⊂ ヽ∩     く
                                              | '、_ \ /  )
                                              |  |_\  “ ./
                                              ヽ、 __\_/




727 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/23(月) 00:58:28.09 ID:02izU4wo



      / ̄ ̄\    γ⌒))⌒) ))
    /ノ( :::\:::/::::i  / ⊃    ゞ        
   / ⌒( ●)::::( ●)\ ∩⌒)彡⌒)         .いくら一族の者が可愛いからとは言え、
  |      (__人__) 〃/ ノ              .曹爽と司馬懿に同等の権限を与えるなら、  
  |      |r┬-|   / / ))    γ⌒))⌒) )) 司馬懿一人にうちの丞相みたいな大権を与えるべきだお!!.
  \::::::;:::.... `ー'´  _/( ⌒)ミ⌒) _/ ⊃     .
  / _ ̄""   / \/ /    __ノノ  ))   そこまですれば司馬懿だって意気に感じるはずだお!!!
 (___)    ./      ))             .


                                            / ̄ ̄\
                                          /   _ノ  \
                                          |    ( ー)(ー)
    劉備と諸葛亮のようにですか。                    .|     (__人__)
                                           |     ` ⌒´ノ
    それができたら、この後の魏の混乱も              .  |       nl^l^l
    多少は違った形になったかもしれませんね           .  ヽ      |   ノ
                                            ヽ    ヽ く
                                            /     ヽ \




728 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/23(月) 01:00:25.32 ID:02izU4wo



      ____
    /:::::::::  u\
   /ノ└ \,三_ノ\   ,∩__      後、この乱世の最中に幼帝を立てるとかアホもいいとこだお!!
 /:::::⌒( ●)三(●)\ fつuu
 |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒ | |   |      まだ曹操の息子も生き残ってる奴がいるし、
 \:::::::::   ` ⌒´   ,/_ |   |      .そいつらに任せるべきだお!!!
   ヽ           i    丿      .
  /(⌒)        / ̄ ̄´        幼帝ばっか立てた後漢の衰亡を見れば分かりそうなもんなのに!!!
 / /       /


                                                 / ̄ ̄\
                                               /   _ノ  \
                                               |    ( ●)(●)
     痛い所を突いてきますね。                         . | u.   (__人__)
                                                |     ` ⌒´ノ
     確かに曹叡の後継者の選び方は問題がありました。         .  |         }
                                              .  ヽ        }
     実際、曹叡の期待とは裏腹に、                         ヽ     ノ
     曹叡の遺言はことごとく裏目に出てしまいます。                 i⌒\ ,__(‐- 、
                                                  l \ 巛ー─;\
     そして、その裏目につけこむのが……                      | `ヽ-‐ーく_)
                                              .    |      l




730 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/23(月) 01:02:58.59 ID:Kohaz2M0

やらない夫そんな事言っちゃっていいのかよww



729 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/23(月) 01:02:13.99 ID:02izU4wo



| ャ≠≡!「|ミx、 ヽト} [|ヽ./ / /! /! \f {  〃 ハ    / /
| ヾ:{  ヽ!'´:::`ヾ:.、Ⅵ / `x/ l i |    { i / / / /   〃 イ
|  `  /rァrぅr、:.ヘ\{  i/  !ハ    Xく/ / /  // /リ  /
l    {:! :: |! :: ;}  丶   j′{   / Xムメ='≠'//   /ヽ
    `;廴_ ゙ ′.:/           Ⅵ;′〃::://くィK:r/ . イ j//
     ´  ̄ ̄ `          ′ " {::´::::::::::ハ/イ:::::レイノ
                          ‘.::::::::::/ く   トノ'斗'-        明帝の失策は……
                          ヾ:::::{  `ー、!r- .._
                       ,       `.:::ヽ   j’  .イ:
                    /          \:丶 〃 .ノ:::::
: .                ´          ` .:`ゞ;彡 "
: : .                                ヾ;! 〃:
: : :.            ̄    、                }:Ⅳ/: :
\: : :.                        ヽ. ___ ..'イィ7: : :
:::::::ヽ:. .            .:`             ̄ ´ /-;' : : :
                        , -、                        , -――- 、
                        !   ',                   く ̄`'ー 、 ,rz:yェュヽ
                        ヽ.  ヽ     __            /.:ト 、 ー-{{ rャz_}}ハ
                         ヽ   \  /´ }           / '}   丶、 ヽ,:クー'ヽ.〉 li
                         r‐ヽ.  ヽノ   /          l.: /     >‐ゝ〃ヽl l|
                        r |   {:. ,     九、         l: /- 、   ' ,ィfメ、 \ l :!
                      . 「', \_}l   ノ }' \           ヽ!:y=、     ヘ:りj  、Y´Vl
                       l ヽ_〕 _ イ _〕\´l\       _ハ:り 、    ´xXx  fヽjノ
カナたちが余す所なく頂いたかしら! ` ー 't--イ  __j´ / _} \    //⌒ヾ  _, -'´)   ,rー」
                           フ⌒K´ '  ヽ、|   ヽ、__./ ̄ `ヽー 、ニ´  r '´ ̄ ̄¨ヽ
                           厶ィ l \    / |  、 ヽ `丶 -  V 」ト-イ_V´ . 二 _ 」、
                           /  ハ.  丶、{_ 」   `     ヽ   /   _}。 Y゙-―‥チ:〉
                            └ 'イ. ヘ    / イ    /‐t―     ヽ、, イノ  l:ト、 , -_」{
                              / ,  l   'ーォ /    /  \__ ,    f´ ̄`フ|」 匕.-'‐i|
                             ´} '´\  / {   /      /     ≦三} 。  K≧イ!
                              ¨´ケ ハ フ | /      /     └=' 、  /ハ  l
                               {.ノ} し'イj'       /          /`ヽ }'´ :|

────────────────────────────────────────────────
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \  ( ;;;;(       .  
 |    ( ─)(─  ) ;;;;)         
 |      (__人__) /;;/            彼ら、司馬懿の息子たちです。
 .|        ノ l;;,´          
  |     ∩ ノ)━・'           まあ、これに関してはまた追々……
/    / _ノ´             
(.  \ / ./   │            
\  “ /___|  |             
  \/ ___ /
────────────────────────────────────────────────




731 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/23(月) 01:03:17.30 ID:02izU4wo



      ____
    /_ノ   ヽ_\
   /( ●) ( ●)\      とうとう晋王朝建国へのカウントダウンが始まったってわけかお。
 / ::::::⌒(__人__)⌒::::\
 |        ̄      |    それはそうと、さっきの倭人はどうなったんだお?
 \               /

                                                 /.:.:.         \
                                                  /:,:.:.:  /   ヽ    \
                                                /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`
                                                /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ
                                              /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }
                                               N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j
    彼らは曹叡の死によって帰国の機会を逃してしまった            ヽム:.} ii;_j    ii;リ ル iレヽ 
                                                   `ヘ:ゝ   _     小/   
                                                     ヾ:{>、 _ ィ<}/|/   
                                                 _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_    
                                               /| l:|   | ===|   |:l゙ヽ   
                                               /  | l:l   l     l   l::l l  
                                               l  ヽハ    l    l  //  |  




732 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/23(月) 01:06:33.36 ID:02izU4wo



【紀元238年12月 魏首都 洛陽】

― 大鴻臚府 ―

                  ∧  iニニiニiiニニiニi
          †_____| ̄|_____/;:;:'i,....|  |;;| |  |;;|iニニiニi               iニ::iニi
     †  'i.|.i' /;i 'i.|.i'   'i.|.i';:;: ;,;'†iニ 'i.|.i' 'i.|.i' .'i.|.i'.ー†、,______________| |::|
    ∧ ,i鬻i、; i ,'i鬻i`、 /鬻i、;;;;;;∧ /i鬻i,/i鬻i/i鬻i、::∧ :.::.:__::.::.:.__:::.:.:..__:.::.:.__: \!_|
   |/ 'i,_iニニニ.、iニニニニヽiニニニ.、:/  'i, ニニ'i,,,ニニ'i,,ニニ,/  'i,::/∧:::/∧:::./∧.::/∧:::/∧
  ,,,/i''"``i:|i--i|;:;||i_i i_i |;:;|:|i--i|;:;|i''"``l|i--i|;;|i--i||i--i;i''"``i:| i:ロ|::| i:ロ|::| i:ロ|::| i:ロ|::| i:ロ|\
 | / i''"``i;|i_ii_i|;:;||i_i i_i |;:;|:|i_ii_i|;:;|i;ロ;: ||i_ii_i|:,|i_ii_i||i_ii_i;|;;   |ニニニニニニニニニニニニニニニニニニi
, ;|/__i'ニニi'ニニニニニニニニニニニニニニ;:iニニニ|ニニニニニニニニニ;iニニニ|:                |
;;`|∩| ::::l |i--i|; __|ロロ|_,,|i--i|;;:;|   | |i_i| |.|i--i| |i_i| |;;   | | ̄| | ̄| | ̄| | ̄| | ̄| |
; |:! !|コ :::i |i_ii_i|; iLiLiLiLiL||i_ii_i|;;:;i;ロ;: | |i_i| |.|i_ii_i| |i_i| |;;   | |_i_i| |_i_i| |_i_i| |_i_i| |_i_i| |
;!;:|:!_!i'ニニiニニニニ `ー--- "ニニニニ;:iニニニ|lニニニニニニニニニiニニニ|ニニニニニニニニニニニニニニニニニニi
; |  | ;;::i|i--i|;| ;;i:, '⌒`、| ;;i|i--i|:;|   | |i_i|;, '⌒`、:|i_i|;;|;;   | ..!;;:∩|''⌒ 、 !;;:∩| |i_i| :|i_i| |
; |  | ;;:;i|i_ii_i|;| ;;i:|   || ;;i|i_ii_i|:;i;ロ;: | |i_i|;|   |:|i_i|;;|;;   | ::!::::! !|::...  i !::::! !| |i_i| :|i_i| |
:';:;'':':`::';:;============ニニニニニ;:iニニニ|ニニニ]ニニニ]ニニ:iニニニ|;;| ̄ ̄|:ニニニ| ̄ ̄|ニニニニニニi
-ー''"’~| ,,.:;:、。,., ,.;:::.,、。、|;;;;.  ,.,,,':';::':';:;'':'`::';:::ニニニ i,,':';::':';:;'':'`::';::':';::':ニニニi:;'':'`::';::':';:;'':'`::';::
:';:;'':'`:';:;'':'`::';::;::':';:::;;:':';:::;::':';::':';::;;::;;'':'`::';::;;:`:; ニニニi,,':';::':';:;'':'`:':';::':':';::'::';:::';:;'':'`::';::




733 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/23(月) 01:07:02.56 ID:02izU4wo



    '´ ̄ ̄` ー-、
 /   〃" `ヽ、 \
/ /  ハ/  難  \ハヘ    ━━┓┃┃
|i │ l |リノ    `ヽ}_}ハ        ┃   ━━━━━━━━
|i | 从 (○   (○l小N.      ┃               ┃┃┃
|i (| ⊂⊃ 、_,、_, ≦ 三                           ┛
| i⌒ヽ j  (_'゚       ≦ 三 ゚。 ゚
| ヽ  ヽx。≧         三 ==- ゚    皇帝陛下がお亡くなりに!!?
      -ァ,          ≧=- 。
     -ァ,          ≧=- 。                            ,ィ^ '⌒'`ヽ、
      ≦`Vヾ        ヾ ≧                             /ハ/_v、l_ヽl  i
                                                l !l '、_,  、_,.| l |
                                                 l ||  ,ィ==、|! !
       そうなんよ。                                 ノ !| ソ 7_ ニ{ノ! l l
                                               { l/(_ イ-.rく_┤| 〉
       そのおかげでお役所も忙しくて、                     Vヽ _スニ`_/ 入
       例の下賜品の準備も遅れそうなんや。                 /  /lニYTニく   ヽ
                                               `ー1人、/-ヽクiヽ- '
       せやからもうちょっと待ったって。                      r'´, -〈 r‐、 ト、|
                                                 rV {  l!__,.V ├i
       それかもういっその事……                        `!T'ヽニ ヘ= ヘ´| |
                                                 | |  ヽ  i  ||!
                                                 |_|  ├ ヘー1.! !
                                                 Ll    ー'^ー' Ll




734 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/23(月) 01:08:35.42 ID:02izU4wo


         __, --、- 、
        /イ⌒´ `´ `ヽ
       ///' { /ノイj ハ }, ト
        !{ {l ト.トl_{ /'r'フ_'lイl
        !从!::ト^⌒ 〉⌒ハ{
     _ _ |.::ノ ::ト、 、=j ノ: !l
   ,.._〈〈| !!::{  :!rl` ニィl:|: { ヽ
   ,ニ=`` ヽ,rァ{ ` ァiく トl: ヽ |        /) _
    ̄ヽ´ { ∧ ヽV ハ ヽヽ! ト!_     n //ノ∠     次の朝賀に参加せえへん?
    小- r'LL}i j'__ jl レ=Vノ ハ     l V、 ´<
   / !l V1 <j/ニ_ヽl!ブ'´{ V  !   _〉 ノ ノ ̄      たぶん来年は派手な朝賀になると思うんよ
  _ノ  l V/       ヽTヽ    }  ヽ / {  /´
 {   ゚<ノl 、    j j_ノ   ノ  _〉' ヽ.V ヽ
 ヽ _/  ヽ >ー‐i T | l了ニハ /   >>′
       ヽlー―┤||| !  ! ヽ   /
        }ヽ ___j_j ! !_ァヘ   ー'
          /` ー---、 | r '´ ヽ
.       /、    j ! !   ハ
        ∧\   / / ヽヽ/∧                                -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
                                                   / /" `ヽ ヽ  \
                                               //, '/  難  ヽハ  、 ヽ
                                               〃 {_{/    \リ| l │ i|
                                               レ!小l○    ○ 从 |、i|
      (女王様、ちゅるやはまだ帰れそうにないにょろよ)           ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│
                                              /⌒ヽ__|ヘ         j /⌒i !
                                            \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
                                      .        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
                                             `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |


───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       .結局難升米たちは、翌年の正始元年まで洛陽に滞在していたらしい
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ      
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────




735 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/23(月) 01:10:32.87 ID:02izU4wo



【紀元238年12月 倭 邪馬台国】

                                       ノト     |
                                      彳ミ    ノiミ
                       __,,.. .-‐ '''""~~""''' ‐-彡彡ミ .彡ミ..,,____
                  _,..-'''"              彡彡ミミ 彡;;;ミミ    ̄ ~~""''
         __,,.. .-‐ '''""~                  彡彡ミミミミ彡彡ミミミ ____,,.. .-
__,,.. .-‐ '''""~""''' ‐- ...,,____,,.. .-‐ '''""~''''''''''''''''''''''''~""''' ‐-、_ii|__,,.. .-‐''""~
  .,.:,..:..   .,. :,..:.. ,.:,..:..  .... :.:.:...:::. ....  .,.:,..:..   .,.:,..:..  .,.:,..:..  .,.:,. .,.:,..:..  .,.:,..:..   .,.:,..:..
 .,.:,..:..  .,.:,..:..  .,.:,..:.. ... ... ,.:.:.:...:::.. .    .,.:,.   .:..   .,.:,..:..   .,.: .,.:,..:..  .,.  :,..:..   .
.,.:,    ..    ..      .,.   :,..:..     ,..   ,.:,..:..      .,.:,..:..    .,.:,..:..     .,.:,
    ... ,...              ... ,..   .     .,.:,..:..          .,.        :,..:..
  ...             .,.:,..:..                  .,.:,           ..:..
,,       .,.:,           ..         ..            .,.            ,..
''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''''"""''""''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''''"""''""''"""'''''""''''
''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''''"""''""''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''''"""''""''"""'''''""''''
''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''''"""''""''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''''""



736 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/23(月) 01:12:14.44 ID:02izU4wo



≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::



                                          .これ、そこのちゅるやよ。

                                          難升米たちはまだ帰らぬのか?
                             ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: .帯方郡に行ったにしては帰りが遅すぎる。
                    ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
               :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: .帰って来たら生き肝にせねば……
二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
       ミ、.  └―‐/:::::::::::/::::ヾi:::::::::::::::/  ゝ、:::::::::|  ̄
         ´ミミミ、/:::::::::::::::}:::::::::|::::::::::::/  ヾハ::::::::::|
            \::::::::::::ノ::::::::::!:::::::::/   ,.ヾ゙ l::::::::::|
               `ー'⌒ ー‐‐ト、__ノ}゙''''"   ト、__;ノ}                    -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
                        `ー'´       `ー‐'´                    / /" `ヽ ヽ  \
                                                //, '/     ヽハ  、 ヽ {
                                                 ; 〃 {_{\  u / リ| l.│ i| ;
    申し訳ありませんにょろー!!!                        レ!小l●    ● 从 |、i| .ガクガク.
                                                 ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│;
    (難升米、早く帰って来るっさ!!)                        | 八   {  }  _l /ノ |
                                               ;: | lr'⌒)、._ ̄_ (´ j // i | {
                                              ガク ….l/ヾ三} l___/{彡'´} i | ;
                                                 ;  |l   ノl |二//|   l ,イl|
                                                 ;  | ゝー' ∧! //∧__j/ l | ;

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       .倭人たちの珍道中はもうしばらく続く
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       .
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────




737 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/23(月) 01:12:45.13 ID:j.wOiUgo

キツネ様ー!?



738 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/23(月) 01:13:26.83 ID:02izU4wo


【番外編に続く】

新規CAST

~魏~

●曹芳(そうほう) 片岡優希(咲-Saki-) 
●郭皇后(かくこうごう) 如月千早(THE IDOLM@STER)
●曹肇(そうちょう) 藤崎あかり(ヒカルの碁)
●曹宇(そうう) 黒魔道士(ファイナルファンタジー)

~他~

●班固(はんこ) 南春香(みなみけ)
●班昭(はんしょう) 南千秋(みなみけ)                  ::::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::::    
                                         |    ≫'"´  \ヽ-、〉:|  
                                         |/\/ ̄     --Ⅵー|  
                                         |:::::l ::|/_ ̄`  ´ ̄ |:::|::| 
                                         |:::::|:::斤::::卞   'T::::カ|:::|::|  
     今回はここまでになります。                    |::'^|:::| ヒcソ    ヒrリ ::::i):|
                                         |::ゝi: i│       /:::i:::|  
     なお、幕間は火曜の夜あたりに投下予定           .| :::::i:::::ト   -  イ:::::i::::|  
                                         |:::::::i:::::|::::/`L._爪::::/::::/::::|  
                                         | ::::::|:::::iヘ/{_}\/'7:::/、:::| 
                                         |:::/|:::::|/ /「ト、 Ⅵ:::i ハ::| 
                                         |::|丶|:::::|/| |。| |∨|:::|/ l |




742 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/23(月) 01:15:01.11 ID:AEVNjf6o

乙でした
珍道中扱いされてるwwww



744 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/23(月) 01:17:34.57 ID:IsaftMo0

おつー。
腹黒疑惑があって司馬氏との駆け引きや鍾会との関係性も
グレーな郭皇后に千早を当てたのはビックリですが、あの辺りは描写するんだろうか。



745 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/23(月) 01:19:05.92 ID:34vpOsYo



けどやる夫の言い分も無理難題だよな



747 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/23(月) 01:29:24.39 ID:xR7q6HIo

>>745
だよな、あの主従が無茶すぎる。
ただ幼帝擁立は、実子じゃない事考えるとなあ。
それこそ曹宇を次の帝でも良かったよな。



753 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/23(月) 04:01:42.88 ID:59FdoAoo

乙です。

しかし、後事を託した面子が文帝の時と比べるとなあ。
司馬懿はともかく、相方になぜ実績のある老臣を選ばなかったんだ。



754 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/23(月) 07:26:37.51 ID:AEVNjf6o

司馬懿以外の先代から実績ある老臣は全滅してるからじゃね?
ちょうど入れ替え時期で明帝からの臣下が育てようって時期っぽいし



787 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/24(火) 23:53:54.44 ID:pRU6axko


>>754 満寵将軍が何か言いたいようです】

                            ___
             ┌‐/ヽー/>ー-..、  /´:.:.:.:.:.`>、
     , <´:.:.:.:.:.:`>トヾゝ=/´: : : i: :i: :ヽく:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:j
   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:ヽ:.:(:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.l:.:.:.:.iト:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
   ヽ_:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:i:..ヽ:へ、_レ=ヘ_:.:jヘ:.:.:.:.:.:.:.:/
      ` >==、:.l:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:ヽヾ:○::::://:.:.}:.:/〃ハ
      レ--ー 、>、:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:ヾヽ</:.:/:.l´`ー>ノノイ
      { ____  }ハ\:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.<:.:/:.:.j   ノ´´ `j                _ ___
      レ′ ヽ} l:.:.ヽ丿:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノ<彡ゝ、____ク           ,. :'´: :,. -―‐-ミ:ヽ、
      レ'¨¨><ゝ、_ゞ___:.:____.:.:.:.:..:γヽ丿<彡クフノノ          /: : : :厶ィ': ´ ̄ ̄ヾ : :\
      ヽ/ l´\ヘ、_____ ヽ、(:.:.)¨ ヽノ人   <彡"           /: : : : : :.!: :M: : : : : }、: ヽト、:.\
    __∧´/ ヽヽ  ヽ<´ ̄`ヽ \__:>":´/  ヽ               i: : :.!: : : レ‐' ` ̄⌒ ⌒" トヘ:ハ!
                                         ト--|: : :.!: : 、|  ー‐'' ´ `'ー  }: :.ト
                                         `ー‐!: : :!: : : :! ┬┬  ┬┬ {: :.ハ
                                            ',: :.ハ :_N.  t:::ノ    t:::ノ VVリ
    この時点での魏の中核を成しておるのは、              i: :弋こ     __,.   }
    赤壁前後から太祖に仕え始めた者が主じゃ。             |: ハ: : :}\  /   1  / 
                                           />=くf⌒Y ` {_  _,ノイ|
    それ以前から仕えていた者となると、                   /:.|   ヽ ヘ,、  _「 |::!:::}
    もう満寵将軍ぐらいしかおらぬのではないか?         /: :.|  ,r‐┴く:ト、__i⌒!::|イヽ ,. -‐ 、
                                        /: : :∨ / 、    }:::::!C|: :|:イ | :}/ 、   \
    その満寵将軍もだいぶくたびれておるが……       ./: : :./:/ /.| ̄`ーv-J ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ し、__,__} ̄|
                                     /: : : : /:./  |                         |
                                    /: : : : :/:.人  | 東方戦線の影の薄さは異常  |
                                   /: : : : :./: : : :`ー-|                    |




788 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/25(水) 00:20:44.84 ID:Xj1mey.o

むしろ西方が異常なんだと思いますww



789 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/25(水) 00:28:22.90 ID:TUOEhX20

官渡の直前に仕えた田豫がまだ現役だね



790 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/25(水) 00:40:25.34 ID:.Sz06Bgo



               _ ___
           ,. :'´: :,. -―‐-ミ:ヽ、
         /: : : :厶ィ': ´ ̄ ̄ヾ : :\
         /: : : : : :.!: :M: : : : : }、: ヽト、:.\
        i: : :.!: : : レ‐' ` ̄⌒ ⌒" トヘ:ハ!
      ト--|: : :.!: : 、|  ー‐'' ´ `'ー  }: :.ト
      `ー‐!: : :!: : : :! ┬┬  ┬┬ {: :.ハ
         ',: :.ハ :_N.  t:::ノ    t:::ノ VVリ      >>789
         i: :弋こ     __,.   }        .念のため確認してみたが、
         |: ハ: : :}\  /   1  /        田豫爺さんが太祖に仕えた時の官職は「丞相軍謀掾」じゃった。
        />=くf⌒Y ` {_  _,ノイ|
          /:.|   ヽ ヘ,、  _「 |::!:::}          文面から見るに、やはり赤壁の頃ではないかのう?
      /: :.|  ,r‐┴く:ト、__i⌒!::|イヽ ,. -‐ 、
     /: : :∨ / 、    }:::::!C|: :|:イ | :}/ 、   \   ま、年の話に関しては、妾も人の事は言えんがのう
   /: : :./:/ /.| ̄`ーv-J ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ し、__,__} ̄|
  /: : : : /:./  |                         |
 /: : : : :/:.人  |                         |←この時期七十歳ぐらい
/: : : : :./: : : :`ー-|                    |




755 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/23(月) 08:04:03.63 ID:59FdoAoo

盧毓、蒋済、衛臻etcといるよ>老臣

つか、曹爽ってそれこそ名ばかり武衛でしょうが。
実務経験もろくにないのに、幼帝の補佐やらせるって無茶だよ。



756 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/23(月) 10:05:47.92 ID:M5D3b7Eo

司馬懿の話も面白いな。
司馬懿を主人公にした小説とかないの?



757 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/23(月) 10:12:19.64 ID:34vpOsYo

あるよ。塚本青史の『仲達』

怨まれたくないから先に言っておくけど、ネットで書評とか見てから購入の検討をすすめるww

あと黒田紀宏って人の『小説 司馬懿仲達』ってのがあるけど、こちらは未読



759 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/23(月) 10:43:30.26 ID:7GzJ3Gwo

ここまでの話見てるだけでもわかるけど、
司馬懿のストーリーって派手さが無く、地味に堅実な活躍が多くて、
伝記としては盛り上がりに欠けるんじゃないかな。
司馬一族として見れば波乱万丈なとこもあるけど。



760 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/23(月) 11:39:17.49 ID:6OerdGs0

>>757
あれを予備知識ない人に勧めるなww

司馬懿は表舞台に出てくるのが、曹操や劉備らの大物がほとんど退場してからだからと思う。
戦った外敵も諸葛亮を除けば、孟達や公孫淵、朱然辺りとやや地味。

あとどうしても政争の色が強いから後世から司馬氏全体を見ると評価がね。
石勒みたいなこと考えてた人も多からこその晋書なのかも。



761 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/08/23(月) 13:32:54.23 ID:bi7wPIE0

万事に卒がなさ過ぎるので地味に見える。

強すぎるのも問題である。



762 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/23(月) 13:44:13.95 ID:34vpOsYo

とういか、司馬懿って立場が最初から強者の側なんだよ
だから諸葛亮相手も、孟達や公孫淵に対しても、
(内実はどうあれ)弱者の前に立ちふさがる強者になる
華がない・地味ってのも、無理する必要が無い余裕のある立場ってことで

それが悪いことだとは言わないが、物語の題材としては
そりゃ曹操や劉備・諸葛亮と比べて何段も落ちるわな



764 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/23(月) 15:55:34.08 ID:5Y9aOzIo

なんでも出来ておまけに父親の影響で超礼儀正しいとか無敵超人にも程があるわい



765 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/24(火) 00:41:10.80 ID:45zMSbMo

※ちょっと時間が空いたので、今から幕間投下します。



766 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/24(火) 00:42:37.34 ID:45zMSbMo



【幕間】

     / ̄ ̄\
.   ./   _ノ  ヽ
    |    ( ●) (●)
    |      (__人__)  ∫   今回の幕間は、明帝曹叡が後世の史家にどう評価されたのかを紹介しましょう。
    |     `⌒´ノ ∬
.   ヽ         } | ̄|    .本編での紹介の仕方ですと微妙な感じですが、
     ヽ     ノ |_|)    実際の所はどうだったのでしょう?
____/      イー┘ |
| |  /  /     ___/
| |  /  /      |
| | (    ̄ ̄ ̄⌒ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|




767 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/24(火) 00:44:07.07 ID:45zMSbMo



          ト、  ,.   ―--、__
          レ' ´      ,__} `ヽ
          _,/     ,. ィ´  `Y´ ̄`ヽ、  __,.ィ
           </    ,f´! ノ / ,ィik i  (ヾ<´/ノ     _人_
         |    j i| /A/_/   }ノ!川i l〉 }))/ト、      `Y´  
         !ヽ   |ルヘ{^Vヽ イヒ卅ミ//イ`Y! ヽ
           l     ! ト、_,   ,ィcミ、{(_ 〈__」i|  }
            l     ,ハ !'' ̄  ,  〈_r'ノ》'ヘ、 \ァ-、       明帝は風姿に見るべきものがあり、
            !    } ト、_ー-  '''~/イリ/!\_,ノ _> 、_    望み見ると犯しがたい威厳があった。
         i    ハ VK ̄))_,. イリ|i// | K        `ヽ
           {   ,/((ヽ\ (( ̄二ニユ|{:{y┴'='`ヽ、__    }
         A       ヾ `ヽ}」L_, t-=、 __       ,.  '
       /リ}             ヽ| ̄ ヘ、  ̄_`))> '~       :..   |        /!
      ./ ∧        )   }_    7 ̄ ((         ⌒):  |        }ヽ∠-┴──-- 、r 、  /|
               (  ,ノニ='  }              く   〈     ≠ ,ィ   rミイ  、 ヽL_>‐、」
                ヽ(_,     ノ               }   ヽ. / / / /  /_,  |__| l | |   |
                                     /    | {   |T下「   ヽ  V!/l |   |
                                     |     {     圭三ニ  千三込、}ム    |
                                      \  r┘    /       -z   }!   ト、
  皇太子であった頃は朝臣と交際する事はなく、         }  `¬     {           厂l|  |{
  政治問題にも無関心で、ひたすら書籍に没頭していた。   ヽーヘ{   _ ->、       _∠i ハ  | \
                                            </   } ̄`7Tブ´: : ∨ |   |   丶
                                          ‐¬    /   | 「: : ,ノ : : \|  L.  く
                                      r≦-‐   ̄|l    |    | `フ⌒{ : : : : ヽ  {_  \
                                      |       |l   〈   / j′. : |: : : : : : ∨Tー-ミ、 |
                                       |       (^ー 、  \く  「: : : :|: : : : : : :V{    j〉
                                       |       `7 「 ̄`ヽー<: : : : 〈 : : : : : : :|`
                                        |    _ T´〉: : : : : : : :`: : : ;ノ : : : : : : : |

────────────────────────────────────────────────
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \              
 |    ( ●)(●)            
. |     (__人__)             最初に紹介するのは、魏の国史として成立した王沈『魏書』の曹叡評です。
  |     ` ⌒´ノ             
.  |         }              立場上、魏の皇帝である曹叡を賞賛する姿勢に終始していますが、
.  ヽ        }              .彼の特徴と言える部分は分かるかと思います
   ヽ     ノ              
   .>    <                .
   |     |
────────────────────────────────────────────────




768 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/24(火) 00:44:54.98 ID:45zMSbMo


                             __ ∧_ヘ__
                      _,,, --‐''''''''/ ''-!:::::ヽヽ、>
                ___  ,/:::::_::::ヘ::::::/  '''!::ヽ:ヽ::!'
              /   >'":::::::::!ミ,,ハヽ::~!'''''' ̄!ヽ:::::ヽ:::!
             ∠___/:::::::/::!:::!    ヽ:!:::!::::!:::!:::!::ヽ::!:::!ヽ
               ///::::::::!:::!:::!:!    !-‐!''!'''''!/:!::!ヽ:!:::! ヽ
              /r//!:::::!::!::::!:,,!,,!..   !!:::リ,,、、リ へ!:::::/!::::! ヽ
              /::::!::::!:::::!:::ヽ-'"リヽ  リ. "、、、、 !ゝ/::/::!::!::! !  .即位後は大臣をねぎらい礼遇し、
            /::::::!:::::ヽ:::!:::::ヽ'r''""  、    ノ!-'/::::!:::!::! /!  功績を立てた者や有能な者を選び、
           /::::::::::/::,rヘヽ:::!ヽ ```  __ ノ/:::::/::::::/:::!:!//    真実と虚偽を取り違える事なく、
         /;;;;; ,/::/   /:::'':::!:\__   (:::::::::/:::::::/::::!'''~    軽佻浮薄さや讒言の類を断ち切ろうとした。
     ,, -- ''"::::__,,,../    /:/:ノ::!::::!_:::~!''''''', ii::iヽ::::ノ:::::/
   /:::::,r''''''~ ̄ , -‐''''''~'''''"::::::/"--,-\~~   !:!.!:! '--i'''''''!--、   .また、重大事を決定する際には、
   /:::::/    /:::,r-/::::::::::::::::::/  ヽ、!  ヽ、  //,,ヽ''--!__ ! ! !    群臣が揃って皇帝の大計に心服した。
  !:::::::!    /:::/ /::::::::/::::::::::::ヽ  ヽ.  >''' >=!ヘ__/ .! ! ヽ
  !::::::!    !:/   (::::::::/::::::::::::::::ヽ   ヽ!  \///Vヽヽ ヽ/ /
  \:::!    !:!   ヽ::::/::::::::::::::::::::ヽ,   !  ,,,-''"/ ヽ ノ !  ヽ/
    \!_  !::!   !:::!:::::::::::::::::::::::::ヽ,  ヽ< /  ./ 丿  !
         \'==-\!:::::::、--、::::,-!ヽ,  ヽ ∨    ! /   /
              \;;;;;/ !::::! ヽヽ、 ヽ      !    /
                   ヽ!  ! ヽ  !      !   /
                       ! ヽ /     /   .!



769 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/24(火) 00:45:35.27 ID:45zMSbMo


                      _. -‐1
                  _   / / ,.  ト、
             _, /  ̄ \ ̄Y /   } |
            / /    \.  ヽ ヘ{__ / |
        /,>‐イ ハ ヽ.  ト、\.ヽ,ハイ  ̄` ー-r
.      __,ィ'⌒y' ,.  ハ」ハヽ.|  | Y hi.Vド=、.  ,.ィ′
      \ `ー{ | i |'゙  !i l:| ハィ|T丁| i,ハ_  ,ノ! {
       ヽ才i | |l. |   j从「|,rfi片!'>リ∨,ハ「\.ヽ.\
        /| l | |ハ.l,≧、     ヒゾ'    )くヘ.  \  ヽ
        ノ .乂.{ \K゙iじ!           ⌒,ノヽ.   ヽ  \
      ⌒ヽ个|\ハ. '´ヽ /ヽ.    /Гヽ. \  \  ` ̄   生来記憶力に優れ、
.           | j  | ハ   \_丿  / |   \ \  \     一度見聞きした事は最後まで忘れなかった。
         リ  i八乂> ..__ ∠ ,ィ_士=- 、 \ \  \
.         / ,. /  ト、 ヽ..f´ ̄ /     ̄`>'7ー-x≧__    屈辱を胸におさめて耐え、直言をよく受け入れ、
      / / /  /ヽ.\,.∟/      / <二 ニ = '´     身分の低い者の上書を認めたので、
  _.. - '´_. /   /!  {  У /  /   ̄  /  ∠ - ―    一月のうちに何千もの封書が届けられたが、
./  /    / :|  _>',.. '     /  _∠ -'´         .文章が下手でも嫌がらずに最後まで見た。
    /    /   / /      :// イ_‐チ''´ ̄ ̄´¨¬=ァ
.   /    /   / ,:′     ,〃/  :/         /
}.  !     !  /  .!       /       /       / /
 ,丿     /  :/         '       /       厂 ̄
  _ _./  :/          ,     , ' __   __,ノ \   /
 ̄      ハ /        ,     / /,   ̄¨ \  o ,>‐ '



770 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/24(火) 00:47:08.82 ID:45zMSbMo



       ., ──‐、
      /     \
.     .|     _ノ  ヽ
     |     ( ●) (●)
     |       (__人__) , -―ーっ        以上が王沈『魏書』の曹叡評になります。
      |     ` ⌒´ノ ( ゝ彡 ̄
.      ン         } ゙| ̄'|            .次に紹介するのは東晋の人、孫盛という人の曹叡評です
    /⌒ヽ、     ノ  .|,  |
__/   ノ \_ィ ´ー‐ィ'   ∫          この孫盛という人は、
| |  /   /    r_____ ∬            今回朝廷で暗躍した孫資の玄孫に当たります
| | /   /      |i    ┌‐┐
| | ( 〆⌒'──r─≒、.((|   |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄└‐┘ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




771 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/24(火) 00:47:42.47 ID:45zMSbMo



              /:.:./レ 7/{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\_
             /:.:.:.:./  〃/:.:.:.:.:.:.:.:..|:.:.∨~^^´\-:.:.:.:.∑
        ___, ノイ:.:.:/イ/V:.:./:.:.:|:.:.:.:|ハ:.:|       V≠=寸
             /:.:.:.:.:./:.:.:.:.|:./lV:.::|、:.:.:| l:|  ____  W::::/
          /::ィ:.:.:.:.l:.:.:孑|::|廾|:代、:.::| '~|´_-   ` |::::|
         /´ /:.:.:.:.|:.:.:.|! |/_ 二ヘ! ヽ::| ´イ升テ=、 z. |::/‐、    老人にこんな話を聞いた。
           |ハ::|:.:|/l::| 〃{ヒっ┘     `^─'′  .|'f;^:. !
           l !:N:|イ¨|       |            l:::ノj:/    明帝は天性容姿に優れ、
               `| l{{<∧      { 、        |^;:./     立つと髪が地面に垂れたらしい。
                \ {:〉'´ \   ___、    j_/
               _/  {:..  弋云 ̄ 二ノ   /!       .どもりで口数は少なかったが、
             /´`ー-ぐマゝく_∨ ̄_ ̄   ,.'::ト、_      沈着剛毅で決断力があったそうだ
            /   ー-、/X`ー/      //::|::::::::ヽ
           /´  ヽ _ くジ′∨` ーzァ7フ/ ::|!::::: :::',
          ./  _、_  \  〉  ム:..        .{!:::   .:'、
         /    __犬_   } / }\__〉      /  V     '、
         _/    〈___ノノ /|:.:       /   |  /!.  \_
  ,,.、 -‐ ''"´/     :.:.:}:.:.:../!.:|::.:      ,′  /  /:::|::..  ヽ`丶、
´      ノ      ..:.:ノー彳 :.:ト:|::.:.       〈/ ̄/  /::::::|:::::...  \   `丶、

                 東晋 文官 孫盛




772 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/24(火) 00:48:18.46 ID:45zMSbMo



             . -―==≠´\_
        .......:::´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...ー-
        / .:::::::::::::::::::::::::::::::::::/.:::::::::::::::::::::`丶
      / .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.:::::::::::::::::::ト、:::::::.\
.     /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::ハ:::::ハト、:::::::::.⌒ヽ
    /.::::::::::::/.::::::::::/.:::::::::::::/|:::::;  l::::| |:!ヽ::::::ハ
    :::::::::::::::l::::::::::/:::::::::/::/ |::厶 l::::| |厂{:::∧
   |:::::::::::::::l::/.::/.::::::i:::i::::i/厂  |:八 ム、 Ⅵ     明帝の治世の初期は、諸公が補佐する事になっていたが、
   |:::::::::::::::/:::∧::::::::Ⅵ:::| /,二、/  ヒフ_, {      明帝は全員地方の長官として処遇し、
   |:::::::::::::::八{::ハ:::::::| 八|.ィ:::厂, ,;   V  、     .政治はみずから執り行った。
   |::::::::::::::::::_::::::::l\|  ^===彡     \ |
   ヽ:::::::::::/ `ヽ:|                , ノ |     だが、大臣を手厚く待遇し、善意に満ちた直言を聞き入れ、
     \::::{ ( く_                     |     厳しい諫言をした者がいても、その者を殺したりはしなかった。
      \ヽ  }               ,_-xく|
.          \>―ヘ           /こ´个\    .明帝の君主としての度量は立派だった思うぜ?
          |     \          丿  ゙゙
        /|       `ニ==‐―┬=≦ __
         |  \      \:::::::::::::::::|      ∧
         |    `  ー-=ニ二::_::::|       //∧
.       /               `ヽ    ////∧



773 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/24(火) 00:52:12.04 ID:45zMSbMo


                  _,、ィ´ ̄`ヾ)、,,,,,.._
                   ,、イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
              ____,,.ィ:´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
              ̄ /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          /::::::::::::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
            /:::::::::::::::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
           /;イ::::::::::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::::/"ヾj`'!::::::::::::::::,′      
         / /::::::::::::::::: ::::::::::::::::::::::::::::::/  リ l:::イ:::::::/       
         /::/!::::::::::::::::/:::/:::::::::/!/     // !:::::ム        ただし、徳業を樹立し教化する事を考えず、
          |/ |::/!:::::::/ /::/ !:;イ::::j! |       /__.!:::/ヽ}       .皇族を大切にするという根本を固めず、
         |  .|//:/::/`!:/ート,|:::ハ.!≦二 ̄  /::/,ノノ        .国家の大権を皇族以外の臣下に委ね、
           リ !:|:::ヘ !'ニヱ>!:l i   ニヱゝ/イムノ`_ー 、      皇室の守りを失くしちまった。
             _ , .-!ヘ/A?U    リ l        /.:.! /ゝ: ` 
     _ - ´    _,、 ヾ|ヘ      〈、,        /.:.:.|/ /X:.ヽ    こればかりは残念だな
  .,イ´  _ - ‐ ´ \ヽ.| ヘ   ,r=_‐-、    イ.:.:.:.:!  /   
 /!  ィ ´           |   ヽ/>ゞー‐‐′ //   :.:|  :/   
/ レ′           |  </ヽ、 `゙´ / /   .::!/     
  l                |   /ヘ   ̄ ´  /ヘ  .:.|        
  l、               | /   ヽ、   .,/   \.:.:| 


────────────────────────────────────────────────
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \              
 |    ( ●)(●)            
. |     (__人__)             一応断わっておきますが、
  |     ` ⌒´ノ             彼は東晋の人なので、例のアレは知っているはずなんですけどね。
.  |         }             
.  ヽ        }              .まあ、皇室の処遇というのは難しいわけです
   ヽ     ノ              
   .>    <               
   |     |
────────────────────────────────────────────────




774 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/24(火) 00:52:38.64 ID:45zMSbMo



     / ̄ ̄\
.   ./   _ノ  ヽ
    |    ( ●) (●)
    |      (__人__)  ∫     最後に紹介するのは、『三国志』の著者陳寿の曹叡評です。
    |     `⌒´ノ ∬
.   ヽ         } | ̄|      蜀出身の晋の官吏から見た曹叡像といった感じでしょうか?
     ヽ     ノ |_|)   
____/      イー┘ |
| |  /  /     ___/
| |  /  /      |
| | (    ̄ ̄ ̄⌒ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|




775 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/24(火) 00:53:28.84 ID:45zMSbMo



         / ̄ ̄ ̄\
         /        \
      /   ─   ─  ヽ        明帝は沈着剛毅で決断力と識見を持ち、心意気をもって行動し、
       |   (●)  (●)  |        .人民に対する君主として優れた気概を持ってたお。
      \   (__人__) __,/
      /   ` ⌒´   \        .ただし、この時代、人々は疲弊し天下は分裂崩壊したのに、
    _/((┃))______i | キュッキュッ  先祖の優れた事業を整え、大業の基礎を固めずに、
 .. / /ヽ,,⌒)  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(,,ノ \     .秦皇漢武の真似をして宮殿を建てたお
 /  /_________ヽ..  \
 . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


           / ̄ ̄ ̄\
         / ─    ─ \
       /  (●)  (●) ヽ
        |    (__人__)    |
        \    ` ⌒´  _,/         これは将来への考慮という観点に立てば……
        /            \
       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  トン
    _(,,)   重大な失敗  (,,)_
    /  |            |  \
  /    |__________」   \


────────────────────────────────────────────────
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \              
 |    ( ●)(●)            
. |     (__人__)             これが『三国志』『明帝紀』における曹叡評です。
  |     ` ⌒´ノ             
.  |         }              また彼は、続く『三少帝紀』において、
.  ヽ        }              .曹叡の後継者選びに批判を加えています
   ヽ     ノ              
   .>    <               
   |     |
────────────────────────────────────────────────




776 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/24(火) 00:54:22.60 ID:45zMSbMo



         ____
         / _ノ ヽ_\
.     / (ー)  (ー)\         古代では天下を公共の物と考え、ただ賢者にのみ与えられたお。
    l^l^ln  ⌒(__人__)⌒ \
    ヽ   L   |r┬-|    |        .後世になると世襲になって、嫡子を後継ぎに立てたお。
     ゝ  ノ  `ー‐'    /        .嫡子が後を継げない場合は、傍系の親族の優れた奴を選ぶべきで、
   /   /         \        .漢の文帝・宣帝が良い例だお。
  /   /            \ 
. /    /         -一'''''''ー-、.    これは不変の法則なんだお
人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))


         ___
       /     \ キリッ
      /   \ , , /\
    /    (●)  (●) \.          明帝はそれができずに、
     |       (__人__)   |        私情に囚われて幼子を慈しみ育て、天子の位を伝えた上に、
      \      ` ⌒ ´  ,/        一人の人物に委託の責任を負わせずに、
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ      あくまで一族の者を参与させた結果……
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄         曹爽が誅滅され、斉王が帝位を追われるハメになったんだお
.      |          |


────────────────────────────────────────────────
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \              
 |    ( ●)(●)            
. |     (__人__)             なんかネタバレしてくれてますが、
  |     ` ⌒´ノ             彼の言い分を聞くと、皇帝が私情優先してどうするんだという感じでしょうか?
.  |         }             
.  ヽ        }              .彼がこういう厳しい評価を下すのも珍しい気がします
   ヽ     ノ              
   .>    <                .
   |     |
────────────────────────────────────────────────




777 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/24(火) 00:56:20.99 ID:45zMSbMo



     / ̄ ̄\
.   ./   _ノ  ヽ
    |    ( ●) (●)           まあ、彼の言うように、もう少し考えて後継者を選んでおけば、
    |      (__人__)  ∫         魏の行く末も違った形になったかもしれません。
    |     `⌒´ノ ∬         
.   ヽ         } | ̄|          この時点では取り返しができる可能性がありました。
     ヽ     ノ |_|)        .
____/      イー┘ |         それほどまでに皇帝曹芳の治世はひどい事になってしまうので……
| |  /  /     ___/        
| |  /  /      |                     番外編を挟んだ次回以降は、
| | (    ̄ ̄ ̄⌒ヽ                   魏の暗部を紹介していく事になると思います
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|




778 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/24(火) 01:23:54.02 ID:5JWgRPQo

こんな時間に乙でした。



781 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/24(火) 02:00:19.25 ID:dY54oxoo



孫盛の評価はちょっと意外だねえ。
それとも、だからこそ「皇族を厚遇するのが正しい」という立場を変えられなかったのか。



782 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/24(火) 04:39:55.88 ID:axvCrawo

乙です。

孫盛は、それはそれ、これはこれ、で考えられたんじゃないかと。
魏は皇族を冷遇しすぎて失敗、晋は皇族を優遇しすぎて失敗と。



783 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/24(火) 07:34:09.92 ID:PKKXfXUo

乙でした

皇族の扱いは難しい問題だな
どっちも極端にしすぎて失敗したのは確かだし



784 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/24(火) 12:12:32.39 ID:lEtgfAM0

孫盛が蜀呉に厳しい(ただし赤壁における江表伝などの嘘はよく指摘する)けど、
魏に対しては厳しいんだか甘いんだかよくわからん。

孫資周りは巧くカバーしてるんだろうけど、
裴松之や習鑿歯みたいな方向性があまり見えんのよね。
それでいいのかもしれないけど。



785 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/24(火) 14:14:00.98 ID:cV6ppyco

実際、中華の王家はその繰り返しだからなあ。



786 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/24(火) 14:16:13.68 ID:b2uMEXgo

つーか中庸を保ち続けた社会はないだろ
振れる間隔の長短はあるが極端から極端に揺れ動く間にわずかな安定があるだけだ



807 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/27(金) 22:12:48.96 ID:ca9j0Yw0

この先、魏の主要人物は悲惨な末路のオンパレードだなぁ


>>807 最近の悩みはどうやって彼らを死なせるかに尽きる。



798 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/08/26(木) 23:39:24.18 ID:OwO/zUw0

>>1
正史じゃないけど、資治通鑑の司馬光は登場するの?
一応、祖先は西晋の高祖宣帝・司馬懿の弟司馬孚だといわれているし



799 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/26(木) 23:46:56.72 ID:Y.OF6r2o

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
581 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 12:37:36.79 ID:H71pVNQ0
GAで一番可愛いのはナミコさんだろjk

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【前回のレス見て思ったこと】

     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \      >>581
|       (__人__)    |      同志ハケーン。つかGA読んでる人って意外と多いみたいだお。
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |       .>>798
.\ “  /__|  |       ちょっとなんとも言えんお
  \ /___ /



802 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/27(金) 01:18:24.66 ID:mA5tsGY0

>>799
ナミコさんもいいけどサメちゃん先生もいいよね
恋する乙女は可愛いですよ



803 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/27(金) 01:56:26.94 ID:Kz9OqIQo

だからどーしてトノせんせーのミリキに気づく人が少ないのか……



808 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/27(金) 23:40:39.29 ID:QoMsxrIo



        ____
      /::::::::::  u\
     /:::::::::⌒ 三. ⌒\
   /:::::::::: ( ○)三(○)\
    |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒  |  _________
   \::::::::::   ` ⌒´   ,/.   | |              |
   ノ::::::::::u        \   | |              |
. /::::::::::::::::     u      | |              |
 |::::::::::::: l  u            | |              |
 ヽ:::::::  -一ー_~、⌒)^),-、    |_|_______|
  ヽ::::::::___,ノγ⌒ヽ)二二二     | |  |

「三国志」人形アニメの川本喜八郎さんが肺炎で死去 85歳
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/entertainers/100827/tnr1008271046009-n1.htm

                                              ::::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::::    
                                              |    ≫'"´  \ヽ-、〉:|  
                                              |/\/ ̄     --Ⅵー|  
                                              |:::::l ::|/_ ̄`  ´ ̄ |:::|::| 
    人形劇三国志の張飛が好きでした。                    |:::::|:::斤::::卞   'T::::カ|:::|::|  
                                              |::'^|:::| ヒcソ    ヒrリ ::::i):|
    ご冥福をお祈り申し上げます                        |::ゝi: i│       /:::i:::|  
                                              | :::::i:::::ト   -  イ:::::i::::|  
                                              |:::::::i:::::|::::/`L._爪::::/::::/::::|  
                                              | ::::::|:::::iヘ/{_}\/'7:::/、:::| 
                                              |:::/|:::::|/ /「ト、 Ⅵ:::i ハ::| 
                                              |::|丶|:::::|/| |。| |∨|:::|/ l |



809 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/28(土) 07:57:46.47 ID:29JkkWso

>>808

嗚呼、傷ましい哉、悲しい哉・・
命数は天にありと云えど、誰をか是を痛まざらん・・・

彼の人形劇がはじめて見た三国志でした。

ご冥福をお祈りいたします。



811 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/08/29(日) 00:57:10.20 ID:43jLEsIo



::::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::::  
|    ≫'"´  \ヽ-、〉:|  
|/\/ ̄     --Ⅵー|     
|:::::l ::|/_ ̄`  ´ ̄ |:::|::|       >>809 あの孔明の声は本当にはまっていたと思う。
|:::::|:::斤::::卞   'T::::カ|:::|::|
|::'^|:::| ヒcソ    ヒrリ ::::i):|       さて、次回の番外編の告知をしていなかったが、
|::ゝi: i│       /:::i:::|       次の土曜日までには投下に漕ぎ着けたいと考えている。
| :::::i:::::ト   -  イ:::::i::::|       
|:::::::i:::::|::::/`L._爪::::/::::/::::|       テーマは「手紙について」、下の御仁の得意分野と言える
| ::::::|:::::iヘ/{_}\/'7:::/、:::| 
|:::/|:::::|/ /「ト、 Ⅵ:::i ハ::|       .
|::|丶|:::::|/| |。| |∨|:::|/ l |

                                              ,'      ; .l l l !ill !i  i:/ メ、l::::::::
                                              ,'   ,:    /| i l l. ill. i  ! ,i l:::::::::
                                              ,'   /    / l   l. il|i l  ∧メ !::::::::
                                             ,'   ,'   . ,'i lハ ', i. ill    X ',、::::::::::
                                           ,'f ,' ,'  i i i! ! i l  i il i   i l.l! iヽ::::::::
                                            li'}  ハ: ,'i i、! ', ' ヾi  i i  i l l l ! i:::::::r^
                                              i!.i ソ il ir !ミ、、 i  !、 ', ! ',l  i ', ',',::::i
  僕ほどの能書家の手にかかれば、                   l i ,' ハ i !! 廴ツ、ヾ  ':、 i i  i !ヽゝ::::l
  手紙の偽造など朝飯前さ                           !.li!.l|!| リ ` ェ、..ヾ ヾ、 ヽ:、 i ! ハ、!l ヾ、::l
                                            ! !从      """ヾ:、ヾ: 、弌itーマ、:ヽi
                                             ′ i           .:: ヽ ー`=.公、`:i
                        、、_                    _,r:::i     rー-‐ '''' ー ‐ --:: 、:ヽ::i
                           `''''"'''ー- 、、、、、、、、、 -‐ー''''''' /:::'.     ``¨':':‐:::::::-::::::::、_  ヽ:;::l
                                       '"       ./" ゙:,  ゙、   ヽ、,..:::::::::::::::/ , ` 、  `
                                        __,      ',::、   ゙ヽ 、:_:::::::::::r ;´ ' ヽ、  ` -、
                                 `;;=--‐‐''''""         ',:::、  `'':::::::::::::;: '   i    ヽ、,
                                i´          ,      ',::ヽ    ::::;::i  _ -t^ヽ、_   ゙`
                                   l          i       ヽ::`:ー ':::::i .ノ:i ノ:::::::: 〉
                                 '          il      ,.ゞ=ー'"メ /::::レ:::::::::::/
                                   i           il   _ ,ィニ´ ニヽ    ーヽ:::::::::::::::/



846 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/09/01(水) 00:42:05.94 ID:Mm2uEuEo



::::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::::  
|    ≫'"´  \ヽ-、〉:|  
|/\/ ̄     --Ⅵー|   
|:::::l ::|/_ ̄`  ´ ̄ |:::|::|  
|:::::|:::斤::::卞   'T::::カ|:::|::|     
|::'^|:::| ヒcソ    ヒrリ ::::i):|     番外編の投下は、9/4(土)の夜、21:30頃を予定。
|::ゝi: i│       /:::i:::|     
| :::::i:::::ト   -  イ:::::i::::|     内容は先にも言ったように、「手紙について」
|:::::::i:::::|::::/`L._爪::::/::::/::::|     
| ::::::|:::::iヘ/{_}\/'7:::/、:::|     
|:::/|:::::|/ /「ト、 Ⅵ:::i ハ::|  
|::|丶|:::::|/| |。| |∨|:::|/ l |
                                                   ___
                                                  /     \
                                                /        \
                                                /::::::           ヽ
   なお、今度の番外編は長文地獄になるかもしれないお。           |:::::          i
                                                ヽ:::        __/
   本編はまったく進まんし、興味ない人はスルーした方がいいかも……   /::::        \
                                                |:::         _)
                                                |::::         i
                                                \___、_____  ノ _)



847 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/09/01(水) 19:51:20.16 ID:.KiS7uQo

ドンと来い



849 名前: 1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2010/09/04(土) 19:49:48.03 ID:SZM7SJwo

【お知らせ】
今仕事から帰って来ましたが、ちょっとフラフラするので、
一晩休んで明日の早い時間帯に番外編を投下します。

暑い日が続きますので、皆様くれぐれもご自愛ください。



853 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/09/04(土) 20:39:30.48 ID:4vrm55Uo

暑さでやられている人が多いです。体調管理を気をつけてください。


やる夫が正史を書くようです 番外編 『文学自覚の時代』



[ 779 ]

>蜀の蒋なんとかというのが漢中に駐屯していますし、
さりげにディスってるんじゃねぇw
[ 2010/08/25 19:37 ] [ 編集 ]

コメントの投稿









管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yaruobox.blog11.fc2.com/tb.php/1167-3c76f623


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。