スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) |
CM(-)

中編 『 空も飛べるはず 』 その1

※「やる夫たちは楽しいゲームに参加するようです」の完結後に投下された
  未完の
【 埋めネタ 】の完成版

7 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:31:01 ID::Px9khQW6

では、ちょいとしたら投下させていただきます
レス数は、目算で大体200~ぐらいです



8 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:33:22 ID::Px9khQW6



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    ┌──────────────────┐
:::::::::::::::::::::::::::::( )::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  │むかしむかし、じゃなくていまいま。      .
:::::::::::::::::::::::| ̄| 三| ̄ ̄ ̄|\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  │                           .
     TTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTヽ         │とある普通の学校の、普通のクラス。    .
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|ヽ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|\iヽ     └──────────────────┘
      | ̄|| ̄|  |  | |  | ̄|| ̄|  | ̄|| ̄|  .|  \iヽ::::::::
      |_||_|  |  | |  |_||_|  |_||_|  .|   \i::::::::::::::::::::::::
    _____|  | |_________.|     |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    _____|  |.|_________|      |:::::::::::::::::::::::::::::::::_,,-'~''^'-^゙-、::::::::
      | ̄|| ̄|  |  | |  | ̄|| ̄|  | ̄|| ̄|  .|     |____   ノ:::::::::::::::::::::::::::゙-_::::::::
      |_||_|  |  | |  |_||_|  |_||_|  .|     |     ..|\ i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
    _____|  | |_________.|     |LlLl LlL |  i:::::::::::::::::::;;;;;;::::__,,-''~i、
    _____|  |.|_________|      |======= | ゞ:::::::::::::::::::::::|.レ/:::::::i
      | ̄|| ̄|  |  | |  | ̄|| ̄|  | ̄|| ̄|  .|     |LlLl LlL | ヾ_:::::::::::_,,-''ソ/::::::::::;/
      |_||_|  |  | |  |_||_|  |_||_|  .|     |======= |  |゙-、_::: i;;;;//::::::::,-'~
              |  | |               |     |LlLl LlL |  |   ゙ヽy /_,,-''~
             | ̄| ̄| ..:::::::::::::::::::::: | ̄| ̄|   |     |======= |  |    |i:|
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |  | ..:::::::::::::::::::::: |  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
             |  |  |        |  | [草野高等学校]
             |  |  |        |  |
             |  |  |        |  |
             |  |  |        |  |
 ______|_|/          |_|__________________




9 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:33:34 ID::Px9khQW6


           ┌───────────────────────┐
           │そこに、寒凪ノエルという変わった娘がいました。    │
           │                                  │
           │見た目は、少し無愛想な可愛らしい女の子。     ......
           │                                  │
           │クール系美少女として一部の好事家達の        ..
           │ぴゅあぴゅあなハートを刺激しそうな娘です。       │
           └───────────────────────┘


     /.. .: : : : : : : : : : : : :|: : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: : : : : : : 丶
     ,′.: : : : : : : : : : : : :::|: : : : : : : : : : : : : : : : : : i}: : : : : : : :::.
 .  / . .: : : : : : : : : : : : : ::|: : : : : : : : : : : : : : : l : : i}: : : : : : : : :::.
    ′.: : : : : : l: : : : :/| : /|: : : : : : : : :|: : : : : :|: ::i}: : : : : : : : : ::i
  / . .: : : : : : ::! : : : :{ | / : : : : : : : : :l: : : : : : :ト; : i}: : : : : : : : : :::l
  ,'. . .:: : : : : : : ! : : : :| l;′ i: l : : : : : : l: : l: : : : | '; :i}: : : : : : : : : :::|
  l. . .:: : : : : : :/! : : : :|    И: : : : : : :| : ;i: : : : | レl : : : : : : : : : : |
  |. . . : : : : : : |  ̄ ̄     l : : : : : : |/l_:_:_:_:|   !: : : : : : : : : : :|
  . . l}: : : : : : l ― __―…  ̄ ̄ ̄ …―__ ― !: : : : : : : : : : ;
  ヽ. .l: : : : : : :| 〃^f炊卞、      rf炊テ坏`ヽ.,': : : : : : : : : : ,
   ∨: : : : : : :!   弋zツ           弋zツ  ′ : : : : : :|:/
   |. . : : : : : |                       / : : ; : : : : : :|:,′
   l. . : : : : : ト,  ヘノヘノ     、     ヘノヘノ ': : ::/: : : : : : :;′
   |. . : : : : : |ハ                 / : /: : : : : : :/
   |. . : : : : : |込                   ムイ: : : : : : : ;イ{
   |. . : : : : : |/∧        __ __       从: : : : : : ハヽ、
   |. . /i : : : |//'{ヘ、                ///i}: : : : :/  丶 ニ=-
   |. / l : : ::!/ ∨≫ 、         ィ//}'///|: : /l/
   |/  l : : :| /∨i}/|    _       |'/ レiル'/!: /⌒ヽ、 
 .       l/l/ {   \ir!             !/  レ| ;′ /⌒ヽ_
       __yv   ||ー‐==ニニ=彡'l|,へ   ヽ    /⌒ヽ
     /⌒ヽ/     ||          ||  \  }-=-≪
    /     \   ||        /~    ヽ〃    \



11 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:33:45 ID::Px9khQW6


              ┌────────────────────────┐
              │だけど彼女は、少し……いや、かなり変な子でした。   ..
              │                                    │
              │学校ではいつも寝てばかり。                ......
              │たまに起きていてもうわの空。                 .
              │何を考えているのか、さっぱり分かりません。        .
              └────────────────────────┘


                _..     ̄ `   、
             .              \
           /               l  ヽ
           /         ハ        l ', ,ハ
         /          ,' }    i , |  l  ',
         ,'       {   iv‐jル―'^ー' ┤ j   :.
               rヘ-‐‐'         `ヽ   l
         l         | ,x==ミ`   ´r=ミ 从 i{
         | l      li          、    |   h      「……くー……」
         ! l   |    八                 i    |
         ',   }    ヽ             ,    |
         ' , V       \     r'つ    八  N
         )ノ{     |⌒      ´    . '   /
             ト.      「ヽ.        /l  V
             j八    |   `  ..__ イ∧}i   }
           厂j∧   |      「`ヽ,'  !  v'\
         _/  { ‘, 「`ヽ  ___厶イ 厂 | /> > . ┌───────────────────────────┐
       /     ヽ ヽ{          Y´j/ <"´   .│これでまず、「いつも寝ている変な子」として、            .
      {       \         ,イ   ',  〉、    .│「皆と同じ」が大好きな一部の人達から反感を買いました。     .
     /::`ヽ       \      / |   レヘ::::\    └───────────────────────────┘
    /::::::::::/\        >-‐一′ ,∧   | : : \:::ヽ
  /´ ヽ::::/ : : : : \                 \/: : : : : :Y^}




12 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:33:56 ID::Px9khQW6


    ┌─────────────┐
    │遅刻は当たり前。         .
    │時には無断欠席もあり。     .
    │授業が終わると即帰宅。     │
    └─────────────┘


                 ___
                ´    ` ̄`丶、
             /     _         \
             _      `\      ヽ
           / /         ヽ      '、
             / /    {   |\       ヽ  i
          ′     ,'|  |  ヽ\│    :|  |
            /     | / |l  i| 七ト-│ }  :| ,′
        /イ  |  N-八__リ  '弋| /   i /
         | l  |ハ_|{代心    ''' |     八
         |八   i\`´  ,    レ|  :/⌒
         ∨ ' 、   ヽ   、-,  |  厂^>       「……帰ろっと」
.               ヽ   个ト  ..__ イ|  ∧_/
               }    |'V⌒ハ  /| ん' >‐ 、
               |人  |人  ┴〈  ∨ムイ   ヽ
                   ∧│    _人 |::::::::|     '.
              / Vト、    /∨ ::::::|     '.
              ,′  |::::`rー''´  /::::::::::| ヽ    ',
               {.  、|::::: |    /::::::::::::{ ハ
               j    |:::::⊥...r‐厶:.::___∨ ヽ    '、
             ,′   l/  {::{      ̄ ̄ ̄`  '、
              /  /〔‐ュ   ィ⌒> ..._         }
           /  〈`ーイ /::::::::::::::::::::::::::::>::ーr---一


   ┌────────────────────────────────┐
   │そんな彼女に、学校の教師達は                          ....
   │「やる気の無い生徒」「協調性に欠けた生徒」                    │
   │という判断を下しました。                              ......
   │                                              ..
   │所謂問題児扱いです。                                ...
   │ヤンチャという名の非行、若しくは犯罪行為を行っている生徒と同様か、    .
   │下手したら彼ら以上に問題のある生徒だという評価を、              .
   │彼女は大半の教師から与えられてしまいました。                  .
   └────────────────────────────────┘

.

13 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:34:21 ID::Px9khQW6


           ┌──────────────────────┐
           │いつも寝ている癖に、成績、               │
           │特に理数系の教科に関しては抜群に良い彼女。     │
           │                                │
           │これで、日々真面目に勉学に取り組んでいる      │
           │人達から、文字通り睨まれる事になりました。   ......
           └──────────────────────┘


                  /     ..:::::::::::::::::::::::::::::::::_:::::::::::::::::\
                      ..::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::ヽ
                   /     ..::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::\::ヽ
               /    ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::.
                   ..:::::::::::: :::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
              |     ::::::::::::: ::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /:: | i
              |    ::::::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::/ ::: | |
                  ::::::::/ ::::::::::::::::::::|/: /|::::::::j::::::::::::::::: /:|::::: | |
                       :::::/  .::::::::::::::::::::|: /⌒| ::/|::::::::::::/:/ |:::::i| j
               ∨:} :/ ..:::::::::::::::::::::::爪^ア尓ミ L:::::::/l/.⌒|::::リ /
                   ∨:::/ .::::::::::::::::::::::::::|  弋(ソ     y≦ァ从/i/
                    厶:∧  :::::::::::::::::::::::::|         ヒ(ン,:'::/ /
                 j人::ヽ  :::::::::::::::::::::|          、  .::::/ /
                   _}:::',  :::::::::::::::::::|           /:::/ /    「……あっ、また100点だ……」
                  __厂V__:∧ ::::::::::::::i:::|         ..::::/ /
              / /   : : : :Vヘ ::::::::::i:::|、    ´` .イ:::::::/
            / ー┴  _: : : : : : \::::::i:::|/>: :-<}::::::/|/
           ノ       `: :ー-: : :\i:::|\_人/⌒|::::∧|
          〃         : : : : : : : : :\: ヽ|: : : : : ): :j/: :}
         r┴─―<  . : : : : : : : : : : : 丶、: _八: : : : : :j
        厶____/`⌒丶、_: : : : : : : : : : : : : : : : :\ : : ,′
          /             `⌒丶、: : : : / ̄ ̄\/ヽ∧             _
.         /       \          ー‐/       \} |              //
       ,′       ヽ        |   /         ̄/`ー────'7´ /
      {              ___」._ /          /        /   /
                 }  / ハ,     /          /        /   /

     ┌────────────────────────┐
     │また、普通の高校生らしく勉強が嫌いな人達からは    │
     │「ガリ勉女」と揶揄されるようにもなりました。       .....
     │                                    │
     │今はもう、いやとっくの昔に、                ......
     │勉強が出来る事は一般的な学生社会において、    ......
     │ステータスではなくなっているのです。           .....
     └────────────────────────┘

.

14 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:34:36 ID::Px9khQW6


      ┌───────────────────────┐
      │運動が苦手なのかそれとも嫌いなのか、          │
      │体育の授業は常にサボるか、やる気のない態度。    .
      └───────────────────────┘


.       / : : : : /:.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\: : : : :\
      / : : : : /:.: : : : : : : : : : : : : : :./: : :/: : : : : : : : : : : : : :\: : : : :ヽ
      : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/: : :/: : : : : : : : : : : : : : : :i ヽ: : : : : :
      : : : : :/ : : : : : : : : : : : : : : : /: : :/ : : : : |: : : : : : : : : : : :i : i: : : : : : :
     : : : : / : : : : : : : : : : : : : : : /: : :/ : : : : : : : : : : : : : : : : : i : i : : : : : : :
    l: : : : ′: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |: : : : : : : : : : / ! !: : : : : !: :
    | : : : |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.i..: : : : : : : /:/ |: :|: : : : : |: :
.     !: : : :|:.: : : : : : : : : : : : : : :l : : : : : / : : : /|:.: : : : : : /:/  :|: :|: : : : : |: :!
     |: : : :. : : : : : : : : : : : : : : :|: : : :__/: : : :/-|: : : : : :./'7 ̄ 了 |: : : ;.ィ: :.|
     |:./: : ', : : : : : : : : : : : : : :.i: : /:./: : : ;.' /: : : : : /|/    |/ | イ : : : : !    「……面倒だなぁ……」
     |ハ::::::::. : : : : : : : : : : : : : iイ//_/   ̄ ̄ ̄ ,xrや㍉ /.: i:.: : : : :
     |  ヽ::::::.: : : : : : : : : : : : : i. ≪¨て::うヽ       いノ ' .: : : !: :|: : ,′
.         \::.: : : : : : : : : : : : :i.   乂_り           ¨´ .: : : : i: :.|: :,′
.            ', .: : : : : : : : : : : :.\               ; : : : :.i: /|:/
.         _ ', : : :|:.:: : : : : : : |  丶        '     {: : : : :|/ .|'
      /:. :. :. ', : : !' : : : : : : : |                    八 : : : l
.    _/:. :. :. :. :. ', : :! ', : : : : : : |          ,..      .イ:.: : : : :.!
  /:. /:. :. __:.: ' : |:. ', : : : : : :|` .           イ:::::::::: : : i : |
. / :. :. :. :. :. :. :. :. : : ', | :. ', : : : : :.:丶 `       /  l:::::::::: : : :|', |
. /:. :. :._,、 -――‐--...',|.:.:. ', : : : : |:. :.\_{__ `¨´ヽ: \ !::::::::: : : :! ':|
/:. :./\///////\:::::::``: ', : : : :! :. :. :. :. :. :. :. :. : }ヽ:.:ヽ::/|:: : : :


    ┌────────────────────────────┐
    │これで、協調性を重視する人達の不興をおおいに買いました。  ....
    │                                         .
    │「皆と同じ」じゃないノエルは、                       │
    │彼らにとって、決して看過する事の出来ない存在なのです。    ....
    └────────────────────────────┘



15 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:34:48 ID::Px9khQW6


    ┌────────────────────────────────┐
    │極めつけは、これでした。                              ....
    │                                              ..
    │昨年の秋、学校全体が文化祭の準備で盛り上がっていた頃の話です。   ...
    │                                              ..
    │彼女が所属していたクラスもまた、楽しい文化祭にしようと、         ......
    │模擬店の準備にクラス一丸となって取り組もうとしていました。        .....
    └────────────────────────────────┘


                 ___
                ´    ` ̄`丶、
             /     _         \
             _      `\      ヽ
           / /         ヽ      '、
             / /    {   |\       ヽ  i
          ′     ,'|  |  ヽ\│    :|  |
            /     | / |l  i| 七ト-│ }  :| ,′
        /イ  |  N-八__リ  '弋| /   i /
         | l  |ハ_|{代心    ''' |     八        「……早く帰ろっと」
         |八   i\`´  ,    レ|  :/⌒
         ∨ ' 、   ヽ   、-,  |  厂^>
.               ヽ   个ト  ..__ イ|  ∧_/
               }    |'V⌒ハ  /| ん' >‐ 、
               |人  |人  ┴〈  ∨ムイ   ヽ
                   ∧│    _人 |::::::::|     '.    ┌─────────────────────────┐
              / Vト、    /∨ ::::::|     '.   │話し合いに参加しないどころか、帰りのHRが終わると、   .
              ,′  |::::`rー''´  /::::::::::| ヽ    ',  │いつもの様に早々と帰りの準備を済ませ、          ...
               {.  、|::::: |    /::::::::::::{ ハ        │教室から出て行ってしまいました。                .
               j    |:::::⊥...r‐厶:.::___∨ ヽ    '、 └─────────────────────────┘
             ,′   l/  {::{      ̄ ̄ ̄`  '、
              /  /〔‐ュ   ィ⌒> ..._         }
           /  〈`ーイ /::::::::::::::::::::::::::::>::ーr---一




16 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:34:58 ID::Px9khQW6


                  . : : : : ̄》ミ: 、_
                    / : : : / : : i{ : : : : \
                 /: : : :/:/: / : i㍉: : : : : :ヽ
                   /: : : :/:/: /i i :|  \、: : : : .
               iく`| : i/イi: | i:l:|y≦、ミ: 、: : i
               |: :i| : l 从|八j从{r') 》 }ハj :|
               |: :||: :爪 ヒ)   ´   h } : |
               |: :||从{   ′   .u イi : i|       「ちょっと、寒凪さん!」
               |: :||/}人   (_,  /: |:l:i :i|
               |: :リ:/: : i>:.._ __/|: : : |:l:i 八
                  ノイ:/≪三三\____ヒi:ノ l:|ハ{`
                ノ'⌒ヽ.\三三\   {三i从
       (\     _∠/    (\三三\ノ三ノ}ミ 、
         ヽ \.∠.三三.ミ 、 i >`=手气__.ノ'  八
        __,人 `く     }い|  j     {y-〈  ヽ {  \
       _} 、 丶 \   ハ }/       小. ヽ   ‘,三.ミヽ
       { -、 \ )(__{.∠フフ个 .     / |i }  ‘,  }ア⌒〈ハ
        \ \_ノ´  ` ̄´ | \   /   |i   i .人   ∨
          `¨´        |     ,/   八   |/'iーヘ.  `、
                   |     {   /  ∨ | l   .   、
                 八    ハ /    ヽ| l    冫  冫
                  /  ヽ   }/      )| /  /
               く__≫, 二三三三≧ 、___} ´  /
                     / /  二三二二三三三〈  ./
                 / /  二三  ニ二三三三} 「
                    / /  二三  二二三三三{.ノっ


     ┌───────────────────────────────┐
     │普段は放置という名の無視を決め込んでいる                ......
     │クラスメイト達も、さすがにこの行為には黙ってはいられませんでした   ...
     │                                            ....
     │彼らは、悠々と帰宅の途につくノエルに詰め寄りました。          .....
     │すると彼女は、いつもと変わらぬ調子で、こう言ったのです。         │
     └───────────────────────────────┘




17 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:35:08 ID::Px9khQW6


///////|                   ヽ     ヽ
///////|                 Y      .
///////|              i
///////|       ′         i}        Y  i
///////|    /          リ   }    i  |
///////|  / 〃         /         |  }
///////| イ_/ {_       イ/     /    |  /      「……ゴメン。ボク、やる事があるから」
///////|          ̄_ 二 」〈   //     i| ./
///////|         〃(r:::::ノリ^≫イ/     l}/
///////|        ` ー ´    ′ /   リ
///////|              /  /  / /
///////|              /   /  / /
///////|          < _ . イ  /イ
///////|-           i        ハ {     ┌───────────────────────┐
///////|             イ |      {      │ノエルはそれだけ言うと、                   .
///////|_    -‐  /: :|    /ハ     │思わず唖然としてしまったクラスメイト達を尻目に、     │
///////|         /: : : :i    /\      .│のんびりとした足取りで学校を後にしました。      ..
///////|___   /: : : : : :i    /: : : 〉_     └───────────────────────┘
///////|: : : : : : : : : : : : : : :.   /: : /: : :\
///////|: : : : : : : : : : : : : :.ノ  }/: : : : : : : : : : :.
///////|: : : : : : : : : : : : :ー:イ/: : : : : : : : : : : : 〉

   ┌─────────────────────┐
   │次の日も、そのまた次の日も。            │
   │彼女は手伝いに一切参加する事なく、       ..
   │文化祭当日も当たり前の如く欠席しました。    .
   └─────────────────────┘




18 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:35:21 ID::Px9khQW6


      ┌───────────────────────────┐
      │この出来事が決定打となり、ノエルはクラス中から        ....
      │明確な拒絶という名の無視をされる様になりました。         │
      │                                       .
      │彼女の耳に入る様に、悪口を囁かれるようにもなりました。   ...
      └───────────────────────────┘


.       / : : : : /:.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\: : : : :\
      / : : : : /:.: : : : : : : : : : : : : : :./: : :/: : : : : : : : : : : : : :\: : : : :ヽ
      : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/: : :/: : : : : : : : : : : : : : : :i ヽ: : : : : :
      : : : : :/ : : : : : : : : : : : : : : : /: : :/ : : : : |: : : : : : : : : : : :i : i: : : : : : :
     : : : : / : : : : : : : : : : : : : : : /: : :/ : : : : : : : : : : : : : : : : : i : i : : : : : : :
    l: : : : ′: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |: : : : : : : : : : / ! !: : : : : !: :
    | : : : |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.i..: : : : : : : /:/ |: :|: : : : : |: :
.     !: : : :|:.: : : : : : : : : : : : : : :l : : : : : / : : : /|:.: : : : : : /:/  :|: :|: : : : : |: :!
     |: : : :. : : : : : : : : : : : : : : :|: : : :__/: : : :/-|: : : : : :./'7 ̄ 了 |: : : ;.ィ: :.|
     |:./: : ', : : : : : : : : : : : : : :.i: : /:./: : : ;.' /: : : : : /|/    |/ | イ : : : : !
     |ハ::::::::. : : : : : : : : : : : : : iイ//_/   ̄ ̄ ̄ ,xrや㍉ /.: i:.: : : : :    「…………」
     |  ヽ::::::.: : : : : : : : : : : : : i. ≪¨て::うヽ       いノ ' .: : : !: :|: : ,′
.         \::.: : : : : : : : : : : : :i.   乂_り           ¨´ .: : : : i: :.|: :,′
.            ', .: : : : : : : : : : : :.\               ; : : : :.i: /|:/
.         _ ', : : :|:.:: : : : : : : |  丶        '     {: : : : :|/ .|'
      /:. :. :. ', : : !' : : : : : : : |                    八 : : : l
.    _/:. :. :. :. :. ', : :! ', : : : : : : |          ,..      .イ:.: : : : :.!
  /:. /:. :. __:.: ' : |:. ', : : : : : :|` .           イ:::::::::: : : i : |
. / :. :. :. :. :. :. :. :. : : ', | :. ', : : : : :.:丶 `       /  l:::::::::: : : :|', |
. /:. :. :._,、 -――‐--...',|.:.:. ', : : : : |:. :.\_{__ `¨´ヽ: \ !::::::::: : : :! ':|
/:. :./\///////\:::::::``: ', : : : :! :. :. :. :. :. :. :. :. : }ヽ:.:ヽ::/|:: : : :!

       ┌──────────────────────┐
       │もっとも彼女は、その事について           .....
       │別段気にしている様子はありませんでしたが。     .
       └──────────────────────┘



19 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:35:31 ID::Px9khQW6


      ┌─────────────────────────┐
      │二年生に進級してからも、ノエルの周りは敵ばかり。      │
      │                                   .....
      │初めは彼女の評判を知らずに話しかけていた生徒も、   ..
      │周囲の空気を読んですぐに離れていきました。        .
      └─────────────────────────┘


                _..     ̄ `   、
             .              \
           /               l  ヽ
           /         ハ        l ', ,ハ
         /          ,' }    i , |  l  ',
         ,'       {   iv‐jル―'^ー' ┤ j   :.
               rヘ-‐‐'         `ヽ   l
         l         | ,x==ミ`   ´r=ミ 从 i{
         | l      li          、    |   h
         ! l   |    八                 i    |      「……くー……すぴー……」
         ',   }    ヽ             ,    |
         ' , V       \     r'つ    八  N
         )ノ{     |⌒      ´    . '   /
             ト.      「ヽ.        /l  V
             j八    |   `  ..__ イ∧}i   }
           厂j∧   |      「`ヽ,'  !  v'\
         _/  { ‘, 「`ヽ  ___厶イ 厂 | /> > ┌─────────────────────┐
       /     ヽ ヽ{          Y´j/ <"´     │もっとも彼女は、その事について            │
      {       \         ,イ   ',  〉、   │別段気に病む様子もなく、               .
     /::`ヽ       \      / |   レヘ::::\   │相も変わらず学校では寝てばかりでしたが。   ...
    /::::::::::/\        >-‐一′ ,∧   | : : \:::ヽ     └─────────────────────┘
  /´ ヽ::::/ : : : : \                 \/: : : : : :Y^}




20 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:35:42 ID::Px9khQW6


     ┌───────────────────────────────┐
     │そんな彼女の状況について、                            ..
     │頭を悩ましている人間が一人だけいました。                  ..
     │                                            ....
     │クラスの委員長を務めている、美筆できない子です。            .....
     │クラスの人達は、ある程度の尊敬と若干の侮蔑の意を             .
     │込めて、彼女の事を「ない子」若しくは「ない子さん」と呼んでいました。    .
     └───────────────────────────────┘


             !/ /     .ヘヽV」∠ヽ.   \\\
          __ノ/ .. - 、 ̄ ≠‐ - :.:`ヽへ  \\}
            フ  /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ:.:V| !   V {
          ///: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :Ⅵリ : : : : : :、
    .       i//: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ∨ハ: : i: : 、: \
          /:: : : : ::| │: : : : : : : :ヽ: : : : |: : : : | ∨} : }: : :厂`
            |: : |: : :/|: :|: : : : : ヽ│: | : : : |: : : : レレ∨}:j!: : ト、
            |: : |: : l:八:|: : : : : : :ト|、:|\ : | : : : :}∨j/: :j!: : :レ
           |: :i|: : |  人: : |: : 八|∨ ̄| ∧: : : ル─く/V⌒ヽ
           |: :i|: : |/ _\|: /  ィうi心、 |: : //⌒Y}:厂! !     「……はぁ……一体どうしたものか……」
          厶八.:ハ. xぅ心|/     VJソ 〉|: ∧し///.:|!ノ| {
           |: :\∧ヽVソ           (|/\\イ : :ハ∧ゝ
           |/∨/ // ) ,     (\ ヽ ',ヽV N
               〈/ {∨ /         ヽ丶 | | | |八
              {  |/ 〈、  ‐-―   } j_| l | |\
                   j  } >   _,.. ィノ `  ` }  〉ー---――-、
                 丶、 '⌒丶  ∨|く/     / /     /
              /{ ̄\     \ マ7        / /     /    |


     ┌─────────────────────────────────┐
     │悩んでいる主な理由は、ノエルがクラスに溶け込めていない事について。     .
     │彼女は良くも悪くも、全体の和を尊重する人間なのです。             ...
     └─────────────────────────────────┘




21 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:35:53 ID::Px9khQW6


     ┌────────────────────────────┐
     │ない子さんはまず、周りの意識を変えてみようと考えました。    ..
     │                                         .
     │具体的には、「あの子だって色々と事情あるかもしれないし、    .
     │そんなに邪険にする事ないんじゃ……」といった感じで。        .
     │                                         .
     │以下、試しにその案を伝えてみた友人の美樹さやかの反応。     │
     └────────────────────────────┘


              /      ,.イ l | l  i   |     、ヽ
              / i  i  // / | |  |、  .|ヽ  ヽ | |
             .|  |  |  ./ 、!  |ヽ .|ヽ  ト |、  | iぅ.|
             | l |  | /,.-、`ー ! .| | ゙、_|_,!,`、 | |ぅ.|
             | | |  l ,|´r';;;}`    l|  ,,i!=,、 .l | | ||
             | | |  , i、|弋り       {r';;| ! リ} ,'| l|   「えっ? 寒凪に優しくしろ?
             | l |  l |ヽl ,,,    、   弋り  l/ .l l|   いやいやいや、そんなの絶対ムリ、無理むりムリだって。
             ,.!,  .ヽ  {     ____    ,,,  /  | |   だって寒凪だよ? みんな100%ムリっしょ」
            / l| ヽ ヽ ヽ、   (   )     ノ  / /
              ヽr---、 ヽ`r 、_ ー '  ___,. イi | ,/ /
           __,. '´    _`、ヽ_ ー--<_,i____/ レ .リ/ /   「というか、あたし自身がムリだし。
        r ' ´       ヽ  ヽ 、_ヽ .|l|`,7______       ない子も、あんなのに深く関わらない方がいいと思うよ」
        ヽ  _       i ゝ   ______}_ {=   ト-、
        r '´       |/ | / `ヽ、,}r-,_   ヽ ヽ
      ,. -'´   ヽ   |  |  / 、 `ヽ、,!,,A ヽヽ、__||  ゝ、___
   __,,/-___     ヽ, _|__,-,/ -、`ヽ、ノノ  ヽ ヽ-'!、    ,...ヽ
  /  ̄`ー―― ,,z::/´  /    '´ フ´{  _  .l |  ヽ  ./  /
 /        ,./::/   /   ___,. '´-`゙ ' ´  ` L_! - }/ `ーL
./         ,}::/   /- '´/              /  ― 、  .i
ヽ        Y::{    |  /              へ     `ヽヽ

    ┌─────────────────────┐
    │……友人の中では割とさっぱりとした性格で、   │
    │人付き合いの良い彼女ですらこの有様です。  .....
    │                              ..
    │ない子さんだって、周囲の不興を買ってまで     .
    │ノエルを庇おうとは考えていません。         .
    │                              ..
    │よって、この案は却下です。              .
    └─────────────────────┘



22 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:36:05 ID::Px9khQW6



    ┌──────────────────────────┐
    │次にない子さんが考えたのは、                   │
    │ノエル自身の意識を変えるという事。              ......
    │                                     ...
    │具体的には、「周りの人ともっとよく話してみたら……?」    
    │とか、「少しは皆と合わせてみたら……?」的な事を、     ...
    │オブラートで包みまくってノエルに伝えてみる、みたいな。    .
    └──────────────────────────┘

  ┌──────────────────────────┐
  │早速ない子さんは、周囲に人がいない瞬間を見計らって、   │
  │彼女にクラス委員長として話しかけて、              
  │自分の考えを伝えてみる事にしました。             ....
  └──────────────────────────┘


           _彡'     ,..-──‐</ / ヘ    ヘ 、\
        __,ノ /   . へ、 / ̄`  . `ヽ.  ',│   V) ノ
.           ̄ ¨フ  /           ` 、ノl | |     '.′
         / , /                  \ノ/.    八
          / /                  Vム       \
          ノ {′     /    |            Vj     ト 、\
.        |  |  /  ,ハ    |\      }    }   │  }ゝ ` `
         | | |  小: |≧ミ\  | ‐ -ヘ.ー-/ヽ.   /    ∧ ノ(
        Ⅵ. |. l |ィ=≠=ァ-`,j.  ィ=≠=ァ-} ノ  /| レ'  ヽ
         ヽj、 l |`弋;;;;ソ.       弋;;;;ソ j/|  /リi     |    「……寒凪さんだって、
           ヽ 小                 j//j/ ハ    ,'     皆と楽しくやれた方が良いと思うんだけどなぁ……」
        fヽ    lヽゝ    ヽ          /イ ハ|ノ|.::|  j! /
        | |    |ハ                u  イ:::| |:::| 八(
        | |       \    △    .  ,. ´レ |:::| |:::|/  ヽ
        | │       >; ._     <::ト;ー:八::し':ノ
    ノ⌒`(  ̄ヽ. , ‐ ¨::::::::::L::_:: ̄::::´::::::_ソ::::::::::::::::ヾ= 、
   /  `ヽ T  V:::::::::::::::::::::::::::::::~::::: ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ.
    {  `ヽ ヽノ   }::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、:::::::::::::::::::';
   ヽ ゝ _)‐'  /j::::::::::::/ー -- _ ;;;;;;;;:::::::::::::丿::::::::::::::::::∧

     ┌───────────────────┐
     │という一文を、最後に付け加えて。        │
     │                          ......
     │すると、ない子さんの話を眠たそうな顔で   │
     │聞いていたノエルは、一言。           .
     └───────────────────┘



23 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:36:22 ID::Px9khQW6


          /                   \
        /   /       .:/        \   ヽ
.       /   /       .:/::/        ヽ
     ,′               }      jハ  ハ
         :/          /          i |   :i
      { / :;′        /   /  /}    / /| |  |  |
     V .:{:         i   /  /メ   /|: /⌒|  |  |
     八 .::.        | イi|: //___/i_j厶:/厶イ │
     {:ハ::ハ        |/斗七=ミ     ヒツノ/ .:i:ノ  リ   「……別に、いい。どーでも、いい」
.       ':∧:::{   !八ヽ弋)ソ           ::|: |: /
.         j:ハ :::.   |丶:\         '   '  :|/|/
       /⌒ヘ |)、   ::l⌒     _    厶イ::|
.   /⌒フ   ヽ|ハ:.  ::ト      ´   イ  !::|
   /  ´ ̄ ̄ ̄\!  :.   ::| >  _..、< |::i:: :八|
.  /   /:::: ̄`丶\∧  |`ー┴'⌒} ヽ|::i:: l
 /  /\::::::::::::::::::\ヽヘ │    人  )人:│





             _    .__
             ,> ゛"Y´  <_
           , ',,-≦三三≧ -._ヽ,ゝ
              レ´    .、 \\ `゛ `ヽ、
          / 〃  .,  ヽ j ヽ, ヘ ヽ;⌒
          /   .l   l i!    \ l\ \j
        ノl. |  | ! レハ __ヽ\ ヽ、ヾ ,>
        ⌒|.∧ TヾN  |ヽN  | ./l ̄` ム
            ヽ|.',N.〃ミ\N彳;ヽ.ハ/ ! ,人(          「……えっ? 寒凪さん、ちょっと……」
          lヽ.l弋丿,  ゞィ丿 .|イ/
          レl ヽ   、  u,イ 人|
           \|へ≧-≦//- 、
            lヽ´ヽ>,-,</  /ヽ
              | |  ヾi-i〃   /   !
              |,'   ∨    ',   .|
               l{.   ..:;;:..    }   {
               | ',       ハ    l




24 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:36:33 ID::Px9khQW6


                  _,. - ''  ̄ ̄ `
               ,  '´                 `ヽ
             /                    \
            /                       ヽ
            /                          ',
           ′   /               \           ',
          ,′   /    !          ',    `      i
          {     .{      ハ     .!      |       i   |
          i     i  /    .!   ト     .|       |  .|
          |     | .!   八   .!ヘ..==┼      |  i
          ',    |-十.‐  !  \ ! 彡キ示ミァ     | ,'
          i    .l  《テ;ミト、 \  {::t:i::/       |./
           i     !人.ヽ弋ッソ      .ゞ‐'/.イ   !,イ /      「ボク、やる事があるんだ。
           .|    ! ` .ヽ,,,        "" .ム.i  / l/       だから、みんなと仲良くしてる暇なんてない。
           | .ハ `|  ト、   ´         '| ./ヽ′       ゴメンね、美筆さん」
           レ l  ! ゝ  |i{ `  .  -   イ | /  〉
              \|  l\ヽ.  > .‐ ァ ´   | //  ̄  ̄ヽ
               ∧ i\}     /    |/ \    \
               /:.:.:|    \_ /   / '   ` ─、─‐'
             /i.:.:. |   /    |  /            〉
                | :. !:.:.:.:\_    レ'     > <_  /
               }、/|.:.:.:.:.:/.:.:.:`..───...、_/i弋ニノi:',ヽ
               |:.:.:| :.:.:./ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:





                                         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                                        .│ スタスタスタスタ…  >
        _」ヽ  /|_                         \______/
         >  ゙V´ ∠イz‐、_
      /  ,ヘ,_ / __/ ∨マ´
     //  /    ´        `丶、
    _,//  /                \  っ
   _,//   ∧                   ヽ
  _,//  〃/ ヽ/     {             っ
  ,ノイ|  l i   ii   /   ∧  ヽ\      ハ
   小 | ヽ,_,ノ|   | i ./  \     }ヽ  、 |
.   从 .|    .|   | N__ノ  \}´_j、ハ  i |    「あっ……! 待って、寒凪さん!」
   ノハ小    .|  八 _ -- 、     , -、 iハi |
    从ヾミ   |   |/ i 示       示i` i{V |
     ノハ小 Y |   |  迅     .少  i i  |
        (ヾ∧  !            / i ,リ
   ,/ ̄ ̄入 \∨i'、  ,-ーー''/ / ノ| /
  < < <     </     、_丶  _, イ     '
   ソ\\   \    / ///  \     ┌─────────────────────────┐
 / \\\   `,,-ーイ///    ヽ    .│それだけ言うと、ノエルはさっさと帰ってしまいました。    .
/     \\\ゞ \_, ノ//     i     │取り付く島もあったモンじゃありません。            ..
                           │                                   .....
                           │よって、この案も失敗。                       │
                           └─────────────────────────┘



25 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:36:44 ID::Px9khQW6


                 ヽヘ      \
                     \\,     ヽ
       |              V∧     Vヽ,
  /   │       !          V|ヾ      ゝ
 .  !  │    │  |    ヽ:      ヽハ      \
  | ∧ ハ   .│   |    ハ     ヾゝ::.:.:.:.:.:.  ヽヘ
  ::, -┴ 、   ::/l  :::ト、    ::l    ..:::Nl :.:.:.:.:.ヽ:.:. |
∠´     ヽ ::__:i l  :::l `、   :l    .:::::j:::.:.:.:.:.:.ハ:. ,      「うーん……一体どうしたものか……」
    ̄`~ヽ `y l l :∧:l__ `、 .::l ::::::::::::___:j:::.:.:.:.:.:! j/
  ヽ、    l/ /| -V ̄ヽ   W| ::::「二ヽ|.:.:.:.リ V
、   l   /イ´:::! _______ | :::|┌j l.:.:.:/
_ \. L/ /!::::::| ' ̄|「::::::::::|「 〉 | :::|/// .:(
i ノ`'´  ∧ ヽ::|   ̄ ̄ ̄ ´ l ::::| / :.:ゝ\
二__ __ ,イ /  `       U  } ::::|く´  :.| `ー
 || |「 |l |  r、         ,ィ :::::| ヽ jノ

     ┌───────────────────────────┐
     │立て続けの失敗にめげる事なく、                   .
     │次の一手を思案するない子さんに、                  .
     │少々お節介な所のある友人、さやかはこう問いかけました。  .....
     └───────────────────────────┘



26 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:36:54 ID::Px9khQW6


.           /                     ヽ
          /           /   /        \
.         /            ′ __/  }\   __   ハ
       .′               i  ´/ }ノ   \X } ハ 八__
                     i   .′ ′    } }ノ\ } |
       |            | /  __      ィハ }ノ |
       |     i    |     { .ィ7てヽ.      |り'{  |
.        八.    i    |    V |{:::::} }      {:::} i  |
        }    i    |    { 八:::ノノ      ¨ {  |
        i   i| |    |     i   ¨      '  ""}  |    「ねぇ、ない子ー。ない子はさぁ、
        ∨ } i{ |   卜   i|   """       .// ′    どうしてあんなのにこだわるワケ?」
.         }ノ}八ヽ  |ハ.  i|       △   イ /V
            ヽ{\{//ハ  i| 、        / |/
                r=/ハ }\ヽ   rー‐'      「ない子は委員長だから、
               / ̄¨i}ノ  }ノ==z{__          皆の事も考えなきゃいけないのは分かるけどさぁ……
                 /  __       /           別にイジメられてるワケでもあるまいし、ほっときゃいいじゃん」
              ム彳 ⌒ヽ`ヽ ー- 、{
            __ノ       \ \r―-ミヘ
        r=<             {:::::::::::::`ヽ___
        |:::::....            〉 \::::::::::::::::}:::ヽ
         |::::::::::....          /   ヽ:::::::::::{::::::}
.         }:::::::::::::::::...       /     }::::::::::}::::/
        r==ー一        /__ノ    ヽ__ 小_{
       /..........::.:::::::__ノ    __/::::::....       |  ヽ




         / ./ |  |  //i |    |   |ヽ  | | | | |ヽ.|
         |  |  |  | /,rr―|lヽ  l、 、 .|´t-r-、l | | |,.| |
         |  |  |  | l/ |l  `、ヽ l ヽヽ | ヾiヽ, l .| |/,l|
         |  |  i  |,'l ノr=-、 ヽ ヽヽヽヽト=-|、 l|| | ト, l|
         |  |  |、 | / r'//i    `   r'//、ヽ| .l | |}.l l|    「それとも……あんなのにこだわらなきゃいけない
         |  |  .|ヽ.|   { `-'l        ト-.'l}  .| ! リ,' lヽ、   理由でもあるワケ?」
          | |  l |、{ 弋_リ       弋_リ  .| ,'  r' |l|ヽ
          |ヽ l  ヾ.|  ,,,,,      '    ,,,,,  .| l | |l.|
          リヽ l  ヽlゝ               ,./ / /|l | リ  「もし良かったら、アタシに教えてくんない?
          |  ヽヽ ヽ `ヽ 、_    っ   ,. - ' ,/ イ/ ! ,リ     ちょっと興味あるからさぁ」
            ヾiヽ r、 i  _,> 、 __ - '´|_r4 / i/ !'´
               ヽ ヾ |ヾf==ヽ、___, ,___ t==.}
                ヽ、 ,り     ,l|l    ,.[
           ,r‐ -- '_´ノ-' ̄ ̄ヽ、__,l|l_,r,///,,`ーr=r- 、___
         /   l  |///////////,|///L,-///////`ヽ    ヽ




27 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:37:04 ID::Px9khQW6


          !/ /     .ヘヽV」∠ヽ.   \\\
       __ノ/ .. - 、 ̄ ≠‐ - :.:`ヽへ  \\}
         フ  /             `ヽ:.:V| !   V {
       ///                   Ⅵリ     :、
.        i//                   ∨ハ  i 、 \
       /  ./   /     !   !  、     ∨}  }  厂`   「……ううん、特に理由はないよ」
      . |  ./   /     !    !  ト、    ∨} j! ト、
      |  :i   ハi   .|  ! :|   V     j/ j!  レ
       |  :l: :/_ V|∧ _|:_|__|    l    :ハ /V⌒ヽ  「ただ、ちょっと心配なだけ」
        | : : | : : f _,}N_ ⅤN∨__}N__}N.   |-、! ! ! |
        |: : ∧: l:|f下ィタヽ Ⅵィ卞ィタ厂}|   |rj j!ノ|{
        Ⅴ:lヽⅥ|   ̄   '    ̄´  |   |ノ .!ハ∧ゝ  「クラス皆仲良し……ってのは無理だと思うけど、
        ヾ、 \ """      """" ,i  /: :/         せめて無視したり、されたりってのは無くなって欲しいんだよね」
         \/|: >  . _´`__  イ:/: : 厶i/
           _レ> '  /}      }f: : /  ||\
          /´    .|: :`ー一: :´:|: /   ,リ   ヽ
            /  Ⅴ  ハ: : : : : : ;/Ⅳ、 /     ハ
         /   }:    ` ̄ ̄   |{  \ / /   !
        「{   Y´              }//    }、
         ハ \ f               i/     {

      ┌────────────────────────┐
      │ない子さんは、嘘を付いてはいませんでした。        │
      │ただ、もう一つの理由を敢えて言わなかっただけで。  .....
      └────────────────────────┘

   ┌──────────────────────────┐
   │悪い人間ではないものの、少々口が軽く、            ..
   │また、明確な拒絶の意志を込めた無視を             │
   │「イジメ」と認識しない程度には酷薄な面を持つ        ......
   │さやかに言うのは、どう考えてもNGだと思ったからです。    │
   └──────────────────────────┘

.

28 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:37:14 ID::Px9khQW6


        ┌───────────────────────────┐
        │ない子さんが妙に頑張る理由。                   .....
        │それを説明するには、二月程時間を遡る必要があります。   ....
        └───────────────────────────┘



   / /                               / /
  | | | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | | | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  | | | |            モ ラ ラ ー G A M E.         | | | |   正宗 家具
  | | | |              素 否 津              | | | |________
 ̄..| | | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | | | |:::::::::::::::::::::::::::::::::::
  | | | | .|| ̄ ̄ ̄||. | | ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄| | || ̄ ̄ ̄||  | | | |:::::::::::::::::::::::::::::::::::
  | | | | .||___||. | |        |        | | ||___||  | | | |:::::::::::::::::::::::::::::::::::
  | | | |::::::::::::::::::::::::::::: | |        |        | | ::::::::::::::::::::::::::: | | | |┬┴┬┴┬┴
  | | | |::::::___________: | |       [|]       | | ::::::::::::::::::::::::::: | | | |┴┬┴┴┬┴
  | | | |:::::|_|_|_|_|_|::| |        |        | |  ____ | | | |┬┴┬┴┬┴
  | | | |:::/_____/| | |        |        | |// / / //| :| | | |┴┬┴┴┬┴
 ̄ ̄ ̄ ̄|______|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |二二二 |/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




            ┌────────────────────────────┐
            │学年が上がって少し経った頃の休みの日。               .
            │用事で少し遠出をしたない子さんは、                 .....
            │たまたま目に付いた小さなゲームショップに入りました。       .
            └────────────────────────────┘




29 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:37:25 ID::Px9khQW6


             |\_  ̄ト、ー―-、
       _____> \| L___|
       >_____    ___ <
       l/        ヽ /    \!ゝ
     /      /ミヽ Vr勿\   \ヾ
    //  >-―┴┴- ∠.:\lVVV\\
  ∠/  /            ヽ   ゝ 》
  /:/: . : /: . : . : . : . : . : . : . : . : . : .. :ヽ: . :}: | ノ
  /:/|: . /: . : . : . : . :/: . : . : . : . :  .   ',:.:| :∧
  |/ :|: /: . : .:/: . : . ハ:: . : . : . : . : . :  .  ', |'  |
  j:/!: . : .,': . : .:/: .|: . : .// /レ'|i ト、|: . N  l
   ハl   l i.〃____\ |, _´___\ヽ l i |.| l l|   「うん……品揃えはそこまで良くないけど、値段は割と安いかな。
   ヽ!  ハ 〃 ゞ-:::ノ  ヽ! ゞ-;;ノ 〉  l l !.| l |     あっ、サモナイのDS版意外と安い……買おっかな……」
   i Y/   Y    ̄         ̄ / 》 ///i |. |
   .| l !  .ハ ´´   `    ´´イ// /レ'| .i ト、|
    ハ~、ゝ>.、   ―   ∠/ / /レヘ トヽハノ
     レ//, 、/⌒ > - ァ ´ ム ム/
      /,.-/_ く  `ー '"´   ノ  \
   . / __)/`ー--- ‐ '"ヘヘ   ヽ
    /    ___ノ    ,.     il    〉

       ┌────────────────────────────┐
       │ない子さん、実は意外とゲーム好きだったりするのです。     ......
       │具体的に言うと、『降魔霊符伝イヅナ』シリーズや           .
       │『ギレンの野望』シリーズを思わずやり込んじゃうぐらいには。    │
       └────────────────────────────┘



30 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:37:36 ID::Px9khQW6


      ┌───────────────────────┐
      │目ぼしいものを見繕ったない子さんは、          .
      │先日臨時の小遣いが入った為割合潤っている     ..
      │財布を片手に、いそいそとレジへと向かいました。  .....
      │                                  │
      │その時、カウンターにいた店員。それが――       .
      └───────────────────────┘


             /      /      \
                  /     ヽ    ヽ
           /  /    |   /   ハ    '、
                 ,′   /  /∨  j∧   ハ
           {  {    {/l/⌒|   厂Lj V
.             ∨      代)::ア  ̄ イ):ア リ  l |
              } 八.   八| 、、、     / 八|
           ノヘ::::::..   |\    '  ,′,′
              ヽハ.  |、     ‐  ノ /       
                イ::::} :|: > ,_  <|:: リ       「……いらっしゃいませー」
              厂V{ ト、   { ノY^|::人
               /⌒  ∨  ̄ ̄ 人_|/_>
           /(>┬-、 `ー─=彡  〉`ヽ
          /⌒\/  \        /  }ハ
            /    ヽ    }\_roイ  }   ',             ┌────────────────┐
              }        │    | ∧           │……そう、ノエルだったのです。    .
        〈/     rーー‐┐  :| r-─ヘ _∧     /゙)    └────────────────┘
        /     │|―┬-┤   ├┬‐イ      / ヘ、
        ,′     ./|│  {}  |  o| | {} |   〉  /r仁 }
         〈_     _ノ│  {}  |   :| | {} |_ .. イ  _{ fー ノ
         「`ー¬´  L....⊥...」    └┴'''7   | _{:{/` /
         |    |         │    ハ  '"´ ヾ=r'′
         |     |          o|    {ハ     /
         l     |            孑    ) ヘ_   /




31 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:37:47 ID::Px9khQW6
                  
                |\_  ̄ト、ー―-、
          _____> \| L___|
          >_____    ___ <
           l/        ヽ /    \!ゝ
        /      /ミヽ Vr勿\   \ヾ
       //  >-―┴┴- ∠.:\lVVV\\
     ∠/  /            ヽ   ゝ 》
     /:/: . : /: . : . : . : . : . : . : . : . : . : .. :ヽ: . :}: | ノ
     /:/|: . /: . : . : . : . :/: . : . : . : . :  .   ',:.:| :∧
      |/ :|: /: . : .:/: . : . ハ:: . : . : . : . : . :  .  ', |'  |        「……寒凪さん?」
     j:/!: . : .,': . : .:/: .|: . : .// /レ'|i ト、|: . N  l
      ハl   l  /ヽ、_、;: | ,_,.ハ\ヽ l i |.| l l|
      ヽ!  ハ ./-― o- ヽ! - o―- 〉  l l !.| l |
      i Y/  Y.l ` ー     ー ' / 》 ///i  |. |
      .| l !    |´´´    '     ´´´イ// /レ'|  i ト、|
        ハ~、ゝ>、   (_)  u .∠/ / /レヘ トヽハノ
         レ//, 、/⌒ > - ァ ´ ム ム/    
         /,.-/_ く  `ー '"´   ノ  \ 
      . / __)/`ー--- ‐ '"ヘヘ   ヽ
       /    ___ノ    ,.     il    〉
       !   __,ノ   /      ヽ   l





    〃!            /   |__        |
    i |_|」 _      |    ,厶-‐( ` ー-=ニ、   |
    |´「八{    | | , ´〃 ̄ ̄`ヽ‐- 、   \  |
  八| ,.ニ ミト 、ハ| j '-‐' -‐=    \ \, -‐ 、|
  | く(´ん心ヾ   .′ xf云心ミメ、  ヽ /   _ \
  |   弋::ツ    l    ん:::::):}  )::>  }/  /   ` ヽ
  八           '.  弋)つツ '"  ,' } /  , -、  ヽ     「……あっ、委員長――じゃなかった。美筆さんだ……」
    \          .    `゚゛      / しj   /´ ̄ ,  \
   ト \      ′ \       .イ / しノ  ,-‐く    |
   ト、              >‐-= =-‐ ´   |_ノ\    ├- 、
   | \     (::::)  (____ . _     ´        |ニニ\
   |   l丶.           .イ /   `ヽ          |ニニ二\
   ∨ハ|   丶        <〃/     /`¨广^ヽ、     |ニニニ二ヽ
    ヽ.|    ` ー=≦  |/ /     /l/`ヽ/ニニニニ}`   ├ニニニ二}

      ┌───────────────────┐
      │知らないフリをしようかと考える前に、    ....
      │思わず声をかけてしまったない子さん。    │
      └───────────────────┘



32 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:38:05 ID::Px9khQW6


          ┌─────────────┐
          │ない子さんは思いました。  .....
          └─────────────┘

                 ヽヘ      \       \ヾヾヾl | | l|∥//
                     \\,     ヽ     ミミミ   
       |              V∧     Vヽ,  ヽミミ,  (どうしよう……)
  /   │       !          V|ヾ      ゝ  二ニ  
 .  !  │    │  |    ヽ:      ヽハ      \三≡. (なんか気まずいなぁ……)
  | ∧ ハ   .│   |    ハ     ヾゝ::.:.:.:.:.:.  ヽ ≡≡ 
  ::, -┴ 、   ::/l  :::ト、    ::l    ..:::Nl :.:.:.:.:.ヽ:.:. | 三≡. 
∠´     ヽ ::__:i l  :::l `、   :l    .:::::j:::.:.:.:.:.:.ハ:. , 二ニ (私、寒凪さんとは殆ど喋った事ないし……)
    ̄`~ヽ `y l l :∧:l__ `、 .::l ::::::::::::___:j:::.:.:.:.:.:! j/  彡  
  ヽ、    l/ /| -V ̄ヽ   W| ::::「二ヽ|.:.:.:.リ V    . 彡  
、   l   /イ´:::! _______ | :::|┌j l.:.:.:/      〃/  
_ \. L/ /!::::::| ' ̄|「::::::::::|「 〉 | :::|/// .:(         ∥/l |l l |ヽヾヽ
i ノ`'´  ∧ ヽ::|   ̄ ̄ ̄ ´ l ::::| / :.:ゝ\
二__ __ ,イ /  `        U  } ::::|く´  :.| `ー
  || |「 |l |  r、         ,ィ :::::| ヽ jノ

     ┌────────────────────┐
     │と。ない子さん、こういうシチュエーションは   ..
     │割と苦手な方だったりするのです。         .
     └────────────────────┘



33 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:38:18 ID::Px9khQW6


      ┌───────────────────────────┐
      │ですが、こちらから気付いて声をかけてしまった以上、       .
      │もう後戻りは出来ません。気分はまさしくデコのチェルノブ。   ...
      └───────────────────────────┘


           _彡'     ,..-──‐</ / ヘ    ヘ 、\
        __,ノ /   . へ、 / ̄`  . `ヽ.  ',│   V) ノ
.           ̄ ¨フ  /           ` 、ノl | |     '.′
         / , /                  \ノ/.    八
          / /                  Vム       \
          ノ {′     /    |            Vj     ト 、\
.        |  |  /  ,ハ    |\      }    }   │  }ゝ ` `
         | | |  小: |≧ミ\  | ‐ -ヘ.ー-/ヽ.   /    ∧ ノ(
        Ⅵ. |. l |ィ=≠=ァ-`,j.  ィ=≠=ァ-} ノ  /| レ'  ヽ    「……寒凪さん。ここで、何をしているの?」
         ヽj、 l |`弋;;;;ソ.       弋;;;;ソ j/|  /リi     |
           ヽ 小                 j//j/ ハ    ,'
        fヽ    lヽゝ    ヽ          /イ ハ|ノ|.::|  j! /
        | |    |ハ             .u    イ:::| |:::| 八(
        | |       \    △     ,. ´レ |:::| |:::|/  ヽ    ┌───────────────────┐
        | │       >; ._     <::ト;ー:八::し':ノ        │と、月並みな質問。                │
    ノ⌒`(  ̄ヽ. , ‐ ¨::::::::::L::_:: ̄::::´::::::_ソ::::::::::::::::ヾ= 、        │そんなもの見れば分かるだろ!       .....
   /  `ヽ T  V:::::::::::::::::::::::::::::::~::::: ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ.      │という突っ込みは敢えて無しな方向で。     .
    {  `ヽ ヽノ   }::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、:::::::::::::::::::';      └───────────────────┘
   ヽ ゝ _)‐'  /j::::::::::::/ー -- _ ;;;;;;;;:::::::::::::丿::::::::::::::::::∧




34 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:38:32 ID::Px9khQW6


             /            \      \
                            ヽ       \
            /     /           }          ヽ
              / /    ::                 ヽ  ヽ
          / /    .:::|
           ,′   | ::/:|     | / │l    |       }
             |    |  |: |i::   │-‐=l∧    |          }
         |  |八_|八 |`|ハ_:N _  \{∨       j:::  リ
         |    iハ x气ミ     ィ弍≧x /  /      /::::../
         |   ::::.   Vソ      V)ソ'"/   /      /:::::./
         | :|  i::::              /       /:::::./       「……バイト。今日は開店から夕方まで」
         ヽ∧ i:::i   '           / /     /:::::イ
           \八            //|     .:::::八{
                |  ヽ   ‘ ヽ     ´  |    /∧{
                |    \        イ  |   ://
                | ∧  个:::--r ´    |  .:/|:|\
                l/ ハ   |厶-ハ_,/⌒Yレ| ::| jノ  }
                j_/   ⌒/〈  / | | ∧  〈
              〈     /  人_ノ,,人 ∨  \. \
.               _人  __,/   ノ ̄ /⌒⌒\〉  \
           / ー‐'´   /  / _/______ \  ノ
             〈       /{__/ /::::::::::::::::::::::::::::::: ̄\{
             >           /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\

      ┌──────────────────────────┐
      │質問が月並みなら、                        ......
      │返答もこれ以上は答えようがないというシンプルなもの。    │
      │                                     ...
      │ノエルは簡潔に、ありのままの事実を答えました。       ...
      └──────────────────────────┘




35 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:38:43 ID::Px9khQW6

              _   _,
           ___,> Y´'ー -、
          _>z二_ _ __`ー≧__
          >┴'´ ̄`  ‐-、 ̄ 7 <
        , '"         ヽ `Y′之>
      / ./ ,   !   ,へ   ヽ .}<い
      ./  /  ハ ∧ ‐- ハ _,ハ:   ハ V. レ
     |  ! _/_ |/   r≠=ァ!-‐'!ヽ  .} !"i}
     | /.|/r≠、'   | _rソ'|.  ト、  /| ∧ハ
     ∨ヽ/.| jリ    ´ ̄⊂⊃.|ノ  /i .八ノ
   。   / 7 ´        イ ハ ∧|/ル′     「あっ、ああ、そうなんだ……
        i八  l7 ̄'ヽ    /V/ |レ         えっと……いつから、やってるの?」
  ⊂    .!/|\  -‐' ,'  /イ、ハ_'゛
    ι    ∨ `ー‐ァE二ニ:::::::`ヘ、_
           `' _ノ;/  \:::::::::::::::::::::ヽ.
            /!::;ー―‐‐'ヽ /::::::::::::::::',.
    /)    /:/        i':´(\:::::|
   //)/´!  ,|/    "     .ヽr(\\ヘ
   | /`i /   /:{   '三'     }`(\ヽ∨|
   /| /´!イヽr/:::::\  , ヽ    .//(ヽ、 |,




          /                   \
        /   /       .:/        \   ヽ
.       /   /       .:/::/        ヽ
     ,′               }      jハ  ハ
         :/          /          i |   :i
      { / :;′        /   /  /}    / /| |  |  |
     V .:{:         i   /  /メ   /|: /⌒|  |  |
     八 .::.        | イi|: //___/i_j厶:/厶イ │
     {:ハ::ハ        |/斗七=ミ     ヒツノ/ .:i:ノ  リ    「去年の今頃から。それからずーっと、やってる」
.       ':∧:::{   !八ヽ弋)ソ           ::|: |: /
.         j:ハ :::.   |丶:\         '   '  :|/|/
       /⌒ヘ |)、   ::l⌒     _    厶イ::|
.   /⌒フ   ヽ|ハ:.  ::ト      ´   イ  !::|
   /  ´ ̄ ̄ ̄\!  :.   ::| >  _..、< |::i:: :八|
.  /   /:::: ̄`丶\∧  |`ー┴'⌒} ヽ|::i:: l
 /  /\::::::::::::::::::\ヽヘ │    人  )人:│




36 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:38:56 ID::Px9khQW6

             _, -‐‐-
           .   ´〃      `  、
       /                  \
     /     ‐-            ヽ
.     / /         `ヽ         ヽ
    / /           ヽ          ハ
   ,       |    、              |
    i      |    | \  }           j
    |       |    |'´ 八jハ        ,
   l     |、_ト .__,从ィ笊ラハ{          /
   ',  \Nァ=ミ、   ノ Vソ |  /    〃
        ⌒ Vソ         | '      /(          「…………」
    ヽ  }ハ   、       ノイ    ∧
       \  }ト、   _     |    ,
        \ 个ト .      .イ |     {
          i  l | N≧ 爪   |  ∧ハ
          l∧  |___ ノ}  ハ '   \
         ノ ハ |    ,     }     \
         / lハ|       ___       ヽ




                 ヽヘ      \
                     \\,     ヽ
       |              V∧     Vヽ,
  /   │       !          V|ヾ      ゝ
 .  !  │    │  |    ヽ:      ヽハ      \
  | ∧ ハ   .│   |    ハ     ヾゝ::.:.:.:.:.:.  ヽヘ
  ::, -┴ 、   ::/l  :::ト、    ::l    ..:::Nl :.:.:.:.:.ヽ:.:. |
∠´     ヽ ::__:i l  :::l `、   :l    .:::::j:::.:.:.:.:.:.ハ:. ,     「…………」
    ̄`~ヽ `y l l :∧:l__ `、 .::l ::::::::::::___:j:::.:.:.:.:.:! j/
  ヽ、    l/ /| -V ̄ヽ   W| ::::「二ヽ|.:.:.:.リ V
、   l   /イ´:::! _______ | :::|┌j l.:.:.:/
_ \. L/ /!::::::| ' ̄|「::::::::::|「 〉 | :::|/// .:(
i ノ`'´  ∧ ヽ::|   ̄ ̄ ̄ ´ l ::::| / :.:ゝ\
二__ __ ,イ /  `       U  } ::::|く´  :.| `ー
 || |「 |l |U r、         ,ィ :::::| ヽ jノ

    ┌─────────────────────┐
    │再び簡潔な答え。                   ...
    │そして、訪れる無言の気まずい間。         .
    │                              ..
    │だけどない子さんはめげません。          ..
    │これがない子さんの良い所でもあり、        .
    │ともすればウザがられる所でもあるのです。     .
    └─────────────────────┘



37 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:39:09 ID::Px9khQW6

          __
           > `ー∧―一 Z
          /r__     、 `ユ
        厶'⌒ー一 ⌒ヽ ヽ」 \
         /      ヽ \\   二ア
        ./   /   !  、」  ヽハ 、. ハ
       /   !ハ ! !    、 ヘ iゝ>ハ
      /i .i! l_i V ヽ_  \≧、 r‐\
      ̄! l!ト.∧iヘ   iヽト、. } l/   .f
     .人ハi |:::::::ト、r、!|:::::::| j!/i` .∧{
      ゝ} 、 `ー '    `ームレ |/レ′    「えっと……この店では、
       } ト、>x. _―_u.ィj ハ.|         週何回ぐらい、働いてるのかな?」
       レ ゝ ヽ-r1ハ¨¨i/./‐x
          i \ゝ:l]::::::彳’  ハ
          | i  ヾ. y”   / ハ
          |ノ    ゙     }  .ハ
          l!        λ  ヘ
          |ゝ       f ヘ  ∧
          | ノ         キ ヘ.  ∧
         y′         キ /`  .∧
         /         ヾ     〉
        ./           \ ./




             /            \      \
                            ヽ       \
            /     /           }          ヽ
              / /    ::                 ヽ  ヽ
          / /    .:::|
           ,′   | ::/:|     | / │l    |       }
             |    |  |: |i::   │-‐=l∧    |          }
         |  |八_|八 |`|ハ_:N _  \{∨       j:::  リ
         |    iハ x气ミ     ィ弍≧x /  /      /::::../
         |   ::::.   Vソ      V)ソ'"/   /      /:::::./
         | :|  i::::              /       /:::::./       「週6回。休みは日曜だけ」
         ヽ∧ i:::i   '           / /     /:::::イ
           \八            //|     .:::::八{
                |  ヽ   ‘ ヽ     ´  |    /∧{
                |    \        イ  |   ://
                | ∧  个:::--r ´    |  .:/|:|\
                l/ ハ   |厶-ハ_,/⌒Yレ| ::| jノ  }
                j_/   ⌒/〈  / | | ∧  〈
              〈     /  人_ノ,,人 ∨  \. \
.               _人  __,/   ノ ̄ /⌒⌒\〉  \
           / ー‐'´   /  / _/______ \  ノ
             〈       /{__/ /::::::::::::::::::::::::::::::: ̄\{




38 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:39:20 ID::Px9khQW6

                 |\_  ̄ト、ー―-、
          _____> \| L___|
          >_____    ___ <
           l/        ヽ /    \!ゝ
        /      /ミヽ Vr勿\   \ヾ
       //  >-―┴┴- ∠.:\lVVV\\
     ∠/  /            ヽ   ゝ 》
     /:/: . : /: . : . : . : . : . : . : . : . : . : .. :ヽ: . :}: | ノ
     /:/|: . /: . : . : . : . :/: . : . : . : . :  .   ',:.:| :∧
      |/ :|: /: . : .:/: . : . ハ:: . : . //レ'|i ト  .  ', |'  |
     j:/!: . : .,': . ヽ、_、|: . : ./,_,.ハ、|:  . N  l
      ハl   l i.〃iシト、\ | ,. =、\ヽ l i |.| l l|     「……週6回? 寒凪さん、それちょっと多くない……かな?」
      ヽ!  ハ 〃弋歹  ヽ! 代歹 〉  l l !.| l |
      i Y/   Y           ̄  / 》 ///i  |. |
      .| l !    |´´´   `    ´´´イ// /レ'|  i ト、|
        ハ~、ゝ>、   (_) U ∠/ / /レヘ トヽハノ
         レ//, 、/⌒ > - ァ ´ ム ム/    
         /,.-/_ く  `ー '"´   ノ  \ 
      . / __)/`ー--- ‐ '"ヘヘ   ヽ
       /    ___ノ    ,.     il    〉
       !   __,ノ   /      ヽ   l

     ┌─────────────────────────────┐
     │意外な答えが返ってきました。                         │
     │ない子さんはてっきり、部活にでも入ってないと              │
     │割合暇な土日だけやっているものだろうと考えていたからです。    │
     └─────────────────────────────┘

         ┌───────────────────┐
         │確かに、高校生のバイトとしては       ....
         │かなり多いシフトと言わざるをえません。    │
         └───────────────────┘

  ┌──────────────────────┐
  │というかそもそも、ない子さん達が通う高校は、    .
  │アルバイト禁止な筈なのです。              .
  │ノエルさんだって、多分その事は知ってる筈。     .
  │                                │
  │なのに、何故……?                     .
  │と、ない子さんは問いかけようとしました。      ....
  │すると、ノエルはこう言いました。           .....
  └──────────────────────┘



39 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:39:37 ID::Px9khQW6


             /      /     / /  \        :::::::ヽ
                / /     /|      ∧   ヽ        :::::::::::
            / /     / :|      /::::|    ';        :::::::::::|
              / /        :|     i/ :::::|    :|     丶  :::::::::|
              ,′   :i     /:|     │:::::::|    :|      ヽ::::::::::|
          i  :|   :|   /::::|     │   |    :|       ::::::::|
          |  :|   :| i │ | i   i |   | |\  |        ::::::::|
          | /|  /| i │ | i   i | _| |  \│      :::::::::|
          | ::八i |八|  {ー-|八___N´ __ | 厂 `フイ        :::::::::|   「ううん、多くない。
          | i:  ーヘ ≫=zミ_       ´x==ァ≪. /       :::,'| ::|    だってボク、やらなきゃいけない事があるから。
          |ハ::.   i:. ヽち:::ノ`      ち:::ノ '"/ /     .:::/ |::/    だから、いっぱい稼がなきゃいけないんだ」
          |  ::.   iハ                 / /     ::::i j/
              ヽ::   i::::.     ,       / イ     八{
              ∨ i::人            //│    (  \
              |:: i:: :丶、   ‐-      / |     厶-- 、
              | i   ::::j:::> 、    イ:::::/|   /⌒ヽ::::.::\
              レ|   :::∨ \::::厂::::::::: _/ │  ハ\/ :.::.::.:`⌒\
                 |   ::/|    ̄ ̄ ̄´     |   /::.::.::.:ヽ   .::.::.::.::.:)
                _人|  ::|八       ___ノ| i/   ::.::} ̄ノ⌒><





             〃 /´`ミヽ
          .∧∥/_,,,,く´-=-
          { .ヾ_j   ´ ̄ `ヽ、__
        ,-='''ヾ    ̄`""'' ,,,,,    `ヽ
       ノ,,,,,        '"´  `ヾ、  :::',
     ./ ´  `             ハ :::',
    〃                   .', ::::,
    ∥      ./::    ヽ,ハヽ、   ij | ::i
   ∥_i,,-1'''"7''/;;,, i   ,,ィ''''l"''-,,_  ∥ i! ::::l
   il´ .i .|___/ハ/ l !     l j ソハ `.∥./ ヽ::i
   |i  l l l乂`t;;;、ミl lヽハ. l-‐_,,,=ァ ./::Y  ヾ、_    「……へぇ……そう、なんだ……」
   .l  | i l,,j ゞiiiiリァヽヾ ノ ノjiiij.リ/.j /l:::ト, ヽ,,l_
   从ハ \.ゝー''´  `"´ヾ-<,,./ / ', lハ ::l
    \j ヽ ハ"""   ,、    //!/  .',::::|
     ', \`ヽ u       / .ノl    ',::l
      ', :::ハ 、   -     /l:::|\   ',\
      ヽ、:j `i=‐::::......,,,,, イ i:::l::i、 .\  ',
        ヾ、 ヾ ミ===-∥ ヽ::'、ヽ、 \,,ハ
           _ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.il   ヽ,ゝ´   \

      ┌─────────────────────────────────┐
      │『やらなきゃいけない事』の内容がとても気になったない子さんでしたが、    ..
      │特に仲良くもないクラスメイトの、何となく込み入っているっぽい事情には    ..
      │あまり立ち入らない方が懸命だと瞬時に判断したない子さんは、        .....
      │それ以上は会話を続けずに、購入したゲーム3点、計4662円也を払って、   ...
      │そそくさとその場を後にしました。                           ....
      └─────────────────────────────────┘



40 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:39:49 ID::Px9khQW6


       ┌─────────────────────────────────┐
       │あれ以来、そのゲームショップには足を運んでいないない子さんでしたが、  .....
       │ノエルが言った「やらなきゃいけない事」が、ずっと気になっていたのです。   ..
       └─────────────────────────────────┘

             !/ /     .ヘヽV」∠ヽ.   \\\
          __ノ/ .. - 、 ̄ ≠‐ - :.:`ヽへ  \\}
            フ  /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ:.:V| !   V {
          ///: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :Ⅵリ : : : : : :、
    .       i//: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ∨ハ: : i: : 、: \
          /:: : : : ::| │: : : : : : : :ヽ: : : : |: : : : | ∨} : }: : :厂`
            |: : |: : :/|: :|: : : : : ヽ│: | : : : |: : : : レレ∨}:j!: : ト、
            |: : |: : l:八:|: : : : : : :ト|、:|\ : | : : : :}∨j/: :j!: : :レ
           |: :i|: : |  人: : |: : 八|∨ ̄| ∧: : : ル─く/V⌒ヽ        (あれは……何だったんだろう……?)
           |: :i|: : |/ _\|: /  ィうi心、 |: : //⌒Y}:厂! !
          厶八.:ハ. xぅ心|/     VJソ 〉|: ∧し///.:|!ノ| {
           |: :\∧ヽVソ           (|/\\イ : :ハ∧ゝ
           |/∨/ // ) ,     (\ ヽ ',ヽV N
               〈/ {∨ /         ヽ丶 | | | |八
              {  |/ 〈、  ‐-―   } j_| l | |\
                   j  } >   _,.. ィノ `  ` }  〉ー---――-、
                 丶、 '⌒丶  ∨|く/     / /     /
              /{ ̄\     \ マ7        / /     /    |

    ┌───────────────────────────────┐
    │高校生が、殆ど休みのなくバイトをしてもやらなければならない事……  ....
    │何か高価なものが欲しいのか……それとも、生活が大変なのか……    .
    │                                            ....
    │あまり趣味の良い興味であるとは言えない事は分かっていましたが、  ......
    │それでもない子さんは知りたかったのです。                  ...
    │ノエルの「やらなきゃいけない事」を。                        │
    └───────────────────────────────┘



41 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:40:00 ID::Px9khQW6


      ┌───────────────────┐
      │これが、ない子さんがノエルにこだわる、    .
      │もう一つの理由だったりするのです。     ..
      └───────────────────┘

         _...〟.-∠≠ ニ二ニ≧=<´  ヘ.     ', ヘ\ヽ.
       /    ´、_, '⌒`^  、 \::\ } l     ヽヘ ヽ}
      /              丶\::V| |      Vl
    /                 `Vヽl |      ヽ ' .
   /                    | Ⅵ/,       ヽ.\
  /         /        〉   |  ∨ヘ.      ト、 \_
  |     /|    |         :|   |   ∨i    、   |
  |    / |    :|  :| |  :|    |   |    l :|   |  l
  |    |  |    :|  :| |  :|    |  : |    :|/   ハ.  ト、
   |  |ヽ|  |    :| : | ::|  :|    |  : |    /    / l/⌒ヽ
    | .| _| ̄`\  |  :| |  :|\  :|  ::|   ∧.   ,'  ´
   ノ  :|| i`ヽ、 ヽ::|  | ´ ̄` \|  :| / | :| {     ┌──────────────────────────┐
  //|:|  |::::::::|  ヾ  /´|´` ̄ ̄| |  :|'´`i:jノ :| |     │ノエルの境遇を改善する過程で彼女仲良くなり、         .
  ,'.  |:| 弋_ノ    ' 弋:::::::::::::ノ.|  :|  /.:::| ハ ',      │互いにある程度込み入った事も話せる仲になってから、       │
 ノ   |:\     ,     `‐‐‐ ' |  |_/  / / ヽ_>     │真相を聞いてみたい……                            │
     | :/\          //  :|  : //        │                                     ...
     |: /  |`.. 、 _`__ /_//|  :|  :ハ           │そんな、少々打算的ではあるが                      .
    //    |    : ヽ/    / |  |  :i          │大筋においては善意からくる動機であります。           .
    ハ    |   /`ヽ、   /  /:/ |  :|          └──────────────────────────┘
           | /    \   // 人 :|    ヘ
          |: |       ヽハ /|\ヽ   ノ
         ハ:|       ヽ/  |  `  '


        ┌─────────────────────┐
        │どう足掻いても悪人には成り切れないタイプ。    .
        │それが、美筆できない子という少女なのです。   │
        └─────────────────────┘



42 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:40:11 ID::Px9khQW6


        ┌───────────────────────────────┐
        │とは言え、いくらない子さんが陰でこっそり努力をしても、            .
        │肝心のノエルが、今の状況をさっぱり改善する気が無さそうなので、    .
        │まったくと言って良い程意味がありませんでした。               ..
        └───────────────────────────────┘

                _..     ̄ `   、
             .              \
           /               l  ヽ
           /         ハ        l ', ,ハ
         /          ,' }    i , |  l  ',
         ,'       {   iv‐jル―'^ー' ┤ j   :.
               rヘ-‐‐'         `ヽ   l
         l         | ,x==ミ`   ´r=ミ 从 i{
         | l      li          、    |   h
         ! l   |    八                 i    |
         ',   }    ヽ             ,    |     「……くぅ……すぅ……」
         ' , V       \     r'つ    八  N
         )ノ{     |⌒      ´    . '   /
             ト.      「ヽ.        /l  V
             j八    |   `  ..__ イ∧}i   }      ┌─────────────────────┐
           厂j∧   |      「`ヽ,'  !  v'\      │今日も今日とてノエルは、               │
         _/  { ‘, 「`ヽ  ___厶イ 厂 | /> >   .│気持良さそうに居眠りをしています。            │
       /     ヽ ヽ{          Y´j/ <"´       │                                    │
      {       \         ,イ   ',  〉、     .│周りの微妙に冷たい視線と、教師の明らかに      │
     /::`ヽ       \      / |   レヘ::::\     │厳しい視線を何ら気にする様子も無く。       │
    /::::::::::/\        >-‐一′ ,∧   | : : \:::ヽ    └─────────────────────┘
  /´ ヽ::::/ : : : : \                 \/: : : : : :Y^




43 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:40:22 ID::Px9khQW6


                 ヽヘ      \ っ     \ヾヾヾl | | l|∥//
                     \\,     ヽ っ   ミミミ   
       |              V∧     Vヽ,  ヽミミ, 
  /   │       !          V|ヾ      ゝ  二ニ 
 .  !  │    │  |    ヽ:      ヽハ      \三≡.  (ああ……寒凪さん、早く起きてよぉ……)
  | ∧ ハ   .│   |    ハ     ヾゝ::.:.:.:.:.:.  ヽ ≡≡ 
  ::, -┴ 、   ::/l  :::ト、    ::l    ..:::Nl :.:.:.:.:.ヽ:.:. | 三≡.
∠´     ヽ ::__:i l  :::l `、   :l    .:::::j:::.:.:.:.:.:.ハ:. , 二ニ (先生……どう考えてもキレてるんだからぁ……)
    ̄`~ヽ `y l l :∧:l__ `、 .::l ::::::::::::___:j:::.:.:.:.:.:! j/  彡 
  ヽ、    l/ /| -V ̄ヽ   W| ::::「二ヽ|.:.:.:.リ V    . 彡 
、   l   /イ´:::! _______ | :::|┌j l.:.:.:/      〃/
_ \. L/ /!::::::| ' ̄|「::::::::::|「 〉 | :::|/// .:(         ∥/l |l l |ヽヾヽ
i ノ`'´  ∧ ヽ::|   ̄ ̄ ̄ ´ l ::::| / :.:ゝ\
二__ __ ,イ /  `          } ::::|く´  :.| `ー
  || |「 |l |  r、      U  ,ィ :::::| ヽ jノ


     ┌──────────────────────┐
     │ない子さんの心配は、どこまでいっても空回り。    .. 
     │心配し過ぎて、とうとう微熱まで出始める始末。   ...
     │                                │
     │ノエルを取り巻く状況は、改善されるどころか      │
     │日に日に悪くなっていく一方でした。          ..│
     └──────────────────────┘

.

44 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:40:34 ID::Px9khQW6


.       / : : : : /:.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\: : : : :\
      / : : : : /:.: : : : : : : : : : : : : : :./: : :/: : : : : : : : : : : : : :\: : : : :ヽ
      : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/: : :/: : : : : : : : : : : : : : : :i ヽ: : : : : :
      : : : : :/ : : : : : : : : : : : : : : : /: : :/ : : : : |: : : : : : : : : : : :i : i: : : : : : :
     : : : : / : : : : : : : : : : : : : : : /: : :/ : : : : : : : : : : : : : : : : : i : i : : : : : : :
    l: : : : ′: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |: : : : : : : : : : / ! !: : : : : !: :
    | : : : |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.i..: : : : : : : /:/ |: :|: : : : : |: :
.     !: : : :|:.: : : : : : : : : : : : : : :l : : : : : / : : : /|:.: : : : : : /:/  :|: :|: : : : : |: :!
     |: : : :. : : : : : : : : : : : : : : :|: : : :__/: : : :/-|: : : : : :./'7ヽ 了 |: : : ;.ィ: :.|
     |:./: : ', : : : : : : : : : : : : : :.i: : /:./: : : ;.' /: : : : : /|/    |/ | イ : : : : !
     |ハ::::::::. : : : : : : : : : : : : : iイ//_ノ   ̄ ̄ ̄ ,xrや㍉ /.: i:.: : : : :
     |  ヽ::::::.: : : : : : : : : : : : : i. ≪¨て::うヽ       いノ ' .: : : !: :|: : ,′    「…………」
.         \::.: : : : : : : : : : : : :i.   乂_り           ¨´ .: : : : i: :.|: :,′
.            ', .: : : : : : : : : : : :.\               ; : : : :.i: /|:/
.         _ ', : : :|:.:: : : : : : : |  丶        '     {: : : : :|/ .|'
      /:. :. :. ', : : !' : : : : : : : |                    八 : : : l
.    _/:. :. :. :. :. ', : :! ', : : : : : : |          ,..      .イ:.: : : : :.!
  /:. /:. :. __:.: ' : |:. ', : : : : : :|` .           イ:::::::::: : : i : |
. / :. :. :. :. :. :. :. :. : : ', | :. ', : : : : :.:丶 `       /  l:::::::::: : : :|', |
. /:. :. :._,、 -――‐--...',|.:.:. ', : : : : |:. :.\_{__ `¨´ヽ: \ !::::::::: : : :! ':|
/:. :./\///////\:::::::``: ', : : : :! :. :. :. :. :. :. :. :. : }ヽ:.:ヽ::/|:: : : :!

    ┌──────────────────────────────┐
    │そんなこんなで時は経ち、1学期の期末試験を控えたある日の事。  ......
    │                                          ......
    │ない子さんは、ある事に気が付きました。                  ...
    │                                          ......
    │ノエルさんの様子が、どことなくおかしい事に。                 │
    └──────────────────────────────┘

.

45 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:40:44 ID::Px9khQW6


         _...〟.-∠≠ ニ二ニ≧=<´  ヘ.     ', ヘ\ヽ.
       /    ´、_, '⌒`^  、 \::\ } l     ヽヘ ヽ}
      /              丶\::V| |      Vl
    /                 `Vヽl |      ヽ ' .
   /                    | Ⅵ/,       ヽ.\
  /         /        〉   |  ∨ヘ.      ト、 \_
  |     /|    |         :|   |   ∨i    、   |
  |    / |    :|  :| |  :|    |   |    l :|   |  l
  |    |  |    :|  :| |  :|    |  : |    :|/   ハ.  ト、
   |  |ヽ|  |    :| : | ::|  :|    |  : |    /    / l/⌒ヽ
    | .| _| ̄`\  |  :| |  :|\  :|  ::|   ∧.   ,'  ´
   ノ  :|| i`ヽ、 ヽ::|  | ´ ̄` \|  :| / | :| {
  //|:|  |::::::::|  ヾ  /´|´` ̄ ̄| |  :|'´`i:jノ :| |        (……あれ? なんか……変だ)
  ,'.  |:| 弋_ノ    ' 弋:::::::::::::ノ.|  :|  /.:::| ハ ',
 ノ   |:\     ,     `‐‐‐ ' |  |_/  / / ヽ_>
     | :/\        u .//  :|  : //
     |: /  |`.. 、 _`__ /_//|  :|  :ハ
    //    |    : ヽ/    / |  |  :i
    ハ    |   /`ヽ、   /  /:/ |  :|
           | /    \   // 人 :|    ヘ
          |: |       ヽハ /|\ヽ   ノ
         ハ:|       ヽ/  |  ` 

     ┌──────────────────────┐
     │いつもは張り付いた様な無表情を           ..
     │浮かべている横顔が、どこか物憂げだったり。   ....
     │                                │
     │いつもは寝ている筈の授業中、             │
     │何かを考えて込んでいるかの様に、         .....
     │ずっと俯いていたり。                  .....
     └──────────────────────┘



46 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:40:56 ID::Px9khQW6


          /                   \
        /   /       .:/        \   ヽ
.       /   /       .:/::/        ヽ
     ,′               }      jハ  ハ
         :/          /          i |   :i
      { / :;′        /   /  /}    / /| |  |  |
     V .:{:         i   /  /メ   /|: / ヽ|  |  |
     八 .::.        | イi|: ノ /___/i_j厶:/厶イ │  「…………」
     {:ハ::ハ        |/斗七=ミ     ヒツノ/ .:i:ノ  リ
.       ':∧:::{   !八ヽ弋)ソ           ::|: |: /
.         j:ハ :::.   |丶:\         '   '  :|/|/
       /⌒ヘ |)、   ::l⌒     _    厶イ::|
.   /⌒フ   ヽ|ハ:.  ::ト      ´   イ  !::|
   /  ´ ̄ ̄ ̄\!  :.   ::| >  _..、< |::i:: :八|
.  /   /:::: ̄`丶\∧  |`ー┴'⌒} ヽ|::i:: l
 /  /\::::::::::::::::::\ヽヘ │    人  )人:│


    ┌─────────────────────┐
    │他にも、細かい所が色々。               │
    │                              ..
    │恐らく、知らず知らずの内に            ......
    │ノエルを観察する様になっていた           .
    │ない子さんだからこそ気付いた変化でした。     .
    └─────────────────────┘


                |\_  ̄ト、ー―-、
          _____> \| L___|
          >_____    ___ <
           l/        ヽ /    \!ゝ
        /      /ミヽ Vr勿\   \ヾ
       //  >-―┴┴- ∠.:\lVVV\\
     ∠/  /            ヽ   ゝ 》
     /:/: . : /: . : . : . : . : . : . : . : . : . : .. :ヽ: . :}: | ノ
     /:/|: . /: . : . : . : . :/: . : . : . : . :  .   ',:.:| :∧
      |/ :|: /: . : .:/: . : . ハ:: . : . //レ'|i ト  .  ', |'  |
     j:/!: . : .,': . ヽ、_、|: . : ./,_,.ハ、|:  . N  l       (……何があったんだろう?)
      ハl   l i.〃iシト、\ | ,. =、\ヽ l i |.| l l|
      ヽ!  ハ 〃弋歹  ヽ! 代歹 〉  l l !.| l |
      i Y/   Y           ̄  / 》 ///i  |. |
      .| l !    |´´´   `    ´´uイ// /レ'|  i ト、|
        ハ~、ゝ>、   (_)   ∠/ / /レヘ トヽハノ
         レ//, 、/⌒ > - ァ ´ ム ム/    
         /,.-/_ く  `ー '"´   ノ  \ 
      . / __)/`ー--- ‐ '"ヘヘ   ヽ
       /    ___ノ    ,.     il    〉
       !   __,ノ   /      ヽ   l

     ┌──────────────────────┐
     │良くも悪くもお節介でお人好しなない子さんは、     │
     │思わず心配してしまいます。               │
     └──────────────────────┘

   ┌──────────────────────┐
   │かと言って、学校でのノエルの立場と、         .
   │そんな彼女に自ら関わっている所を誰かに     ....
   │見られた場合の自分の立場の変遷を考えると、    .
   │なかなか声をかける事は出来ませんでした。    ....
   └──────────────────────┘

.

47 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:41:09 ID::Px9khQW6


       ┌───────────────────┐
       │そうこうしている間にも、ノエルの表情は   ..
       │日に日に暗く落ち込んでいきます。     ......
       └───────────────────┘

                  /     ..:::::::::::::::::::::::::::::::::_:::::::::::::::::\
                      ..::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::ヽ
                   /     ..::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::\::ヽ
               /    ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::.
                   ..:::::::::::: :::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
              |     ::::::::::::: ::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /:: | i
              |    ::::::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::/ ::: | |
                  ::::::::/ ::::::::::::::::::::|/: /|::::::::j::::::::::::::::: /:|::::: | |
                       :::::/  .::::::::::::::::::::|: /ノ| ::/|::::::::::::/:/ |:::::i| j
               ∨:} :/ ..:::::::::::::::::::::::爪^ア尓ミ L:::::::/l/\レ::::リ /
                   ∨:::/ .::::::::::::::::::::::::::|  弋(ソ     y≦ァ从/i/
                    厶:∧  :::::::::::::::::::::::::|         ヒ(ン,:'::/ /
                 j人::ヽ  :::::::::::::::::::::|          、  .::::/ /
                   _}:::',  :::::::::::::::::::| u          /:::/ /      「……あっ……」
                  __厂V__:∧ ::::::::::::::i:::|         ..::::/ /
              / /   : : : :Vヘ ::::::::::i:::|、    ´' .イ:::::::/
            / ー┴  _: : : : : : \::::::i:::|/>: :-<}::::::/|/
           ノ       `: :ー-: : :\i:::|\_人/⌒|::::∧|
          〃         : : : : : : : : :\: ヽ|: : : : : ): :j/: :}
         r┴─―<  . : : : : : : : : : : : 丶、: _八: : : : : :j
        厶____/`⌒丶、_: : : : : : : : : : : : : : : : :\ : : ,′
          /             `⌒丶、: : : : / ̄ ̄\/ヽ∧             _
.         /       \          ー‐/       \} |              //
       ,′       ヽ        |   /         ̄/`ー────'7´ /
      {              ___」._ /          /        /   /
                 }  / ハ,     /          /        /   /
      ハ         │ {/ │  /          /        /   /
.      {ハ          | │ │/⌒\          /        /   /
.      |  ヽ        } |  jノ 、_  }        /        /   /

   ┌─────────────────────────┐
   │期末テストの成績も、前回はほぼ満点だった        .....
   │理数系の教科の成績も落ち込んでしまったようでした。  .....
   └─────────────────────────┘

         ┌───────────────────────┐
         │…それでも、少々成績が残念なない子さんよりは     │
         │ずっと良かったのは、ここだけの話ですけども。      │
         └───────────────────────┘



48 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:41:22 ID::Px9khQW6


                 ___
                ´    ` ̄`丶、
             /     _         \
             _      `\      ヽ
           / /         ヽ      '、
             / /    {   |\       ヽ  i
          ′     ,'|  |  ヽ\│    :|  |
            /     | / |l  i| 七ト-│ }  :| ,′
        /イ  |  N-ノ.i__リ  '弋| /   i /
         | l  |ハ_|{代心    ''' |     八       「……そろそろ、いかなきゃ……」
         |八   i\`´  ,    レ|  :/⌒
         ∨ ' 、   ヽ   、-,  |  厂^>
.               ヽ   个ト  ..__ イ|  ∧_/
               }    |'V⌒ハ  /| ん' >‐ 、
               |人  |人  ┴〈  ∨ムイ   ヽ
                   ∧│    _人 |::::::::|     '.
              / Vト、    /∨ ::::::|     '.
              ,′  |::::`rー''´  /::::::::::| ヽ    ',
               {.  、|::::: |    /::::::::::::{ ハ
               j    |:::::⊥...r‐厶:.::___∨ ヽ    '、
             ,′   l/  {::{      ̄ ̄ ̄`  '、
              /  /〔‐ュ   ィ⌒> ..._         }
           /  〈`ーイ /::::::::::::::::::::::::::::>::ーr---一




49 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:41:32 ID::Px9khQW6


                                        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                                       .│  テクテクテクテク…  >
         _...〟.-∠≠ ニ二ニ≧=<´  ヘ.     ', ヘ\ヽ.     \_______/
       /    ´、_, '⌒`^  、 \::\ } l     ヽヘ ヽ}
      /              丶\::V| |      Vl
    /                 `Vヽl |      ヽ ' .
   /                    | Ⅵ/,       ヽ.\
  /         /        〉   |  ∨ヘ.      ト、 \_
  |     /|    |         :|   |   ∨i    、   |
  |    / |    :|  :| |  :|    |   |    l :|   |  l
  |    |  |    :|  :| |  :|    |  : |    :|/   ハ.  ト、
   |  |ヽ|  |    :| : | ::|  :|    |  : |    /    / l/⌒ヽ
    | .| _| ̄`\  |  :| |  :|\  :|  ::|   ∧.   ,'  ´
   ノ  :|| i`ヽ、 ヽ::|  | ´ ̄` \|  :| / | :| {        「……こそーっと、ねっ……」
  //|:|  |::::::::|  ヾ  /´|´` ̄ ̄| |  :|'´`i:jノ :| |
  ,'.  |:| 弋_ノ    ' 弋:::::::::::::ノ.|  :|  /.:::| ハ ',
 ノ   |:\.    ,     `‐‐‐ ' |  |_/  / / ヽ_>
     | :/\        u //  :|  : //
     |: /  |`.. 、 _`__ /_//|  :|  :ハ
    //    |    : ヽ/    / |  |  :i   f´ ̄ ̄ ̄`ヽ
    ハ    |   /`ヽ、   /  /:/ |  :|   | コソコソ… .|
           | /    \   // 人 :|   廴___ ノ
          |: |       ヽハ /|\ヽ   ノ
         ハ:|       ヽ/  |  `  '

      ┌─────────────────┐
      │心配が募りに募ったない子さんは、    │
      │遂に、思い切った行動に出ました。  ......
      └─────────────────┘

    ┌──────────────────┐
    │授業が終わり、ゆったりとした足取りで    │
    │帰宅の途に付くノエルの後をこっそりと    │
    │つける事にしたのです。           ...
    └──────────────────┘


.

50 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:41:48 ID::Px9khQW6



______________    | |  |  ./|...|  | l/  !
          ,r'i   | |/  .|  |...|。。_。。   l
        /o |    | ./l  |/ . |0|  |o  /
      ./o0.,r'i    | |  !      |o|  |0/
     ./0o./ . |    | |/  /l |o|  |0
__./o0.//l |    |   ./l. | |0|__|o
o。o。.|0o/  l  ! .|    |   | .l  |,r'
。o。o.|/./| .l/ . |    |. .  | .l/
 ̄ ̄|  l  l     |    |    |/        ┌────────────────────────┐
    |  |/     . |    |  /         .│辿り着いた先は、とある古ぼけた雑居ビル。        .
    |         |__|/           .│                                    │
    |     /| |                  │表には、一見陰険そうな男が一人立っておりました。   .
    |   /  | |                     └────────────────────────┘
    | .  |  . . |,r'
    | .  |  /
    | .  |/
    |  /
__|/







51 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:42:01 ID::Px9khQW6


                       /     `丶、
                        /     , /ヽ、  \
                    ,__ノ   / /|/L.._ },ハ|  ト、
                    `7   /|/´   ,_  |  |         「――やぁ――ってたよ――」
                      レ ハ{ ,ノ        j |
                      |ハ j、  !   __   ハN
                        `|,ハ.  、'´ /  八|       「――さぁ――中に――」
                          \  ̄   / |リ
                                - ゙   |
                             _」       |、_
                  _,、____ ,. -‐ヘ,寸 }     _} 厂` ー- 、
                  }: : : /    V '、   ‐,ァ゙ /      `ヽ
                  ,_,,」: : j       \\ _//           }、___
                  r'^ 〈 : : /  }      \_,/          _」ン . : : 八_





     /.. .: : : : : : : : : : : : :|: : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: : : : : : : 丶
     ,′.: : : : : : : : : : : : :::|: : : : : : : : : : : : : : : : : : i}: : : : : : : :::.
 .  / . .: : : : : : : : : : : : : ::|: : : : : : : : : : : : : : : l : : i}: : : : : : : : :::.
    ′.: : : : : : l: : : : :/| : /|: : : : : : : : :|: : : : : :|: ::i}: : : : : : : : : ::i
  / . .: : : : : : ::! : : : :{ | / : : : : : : : : :l: : : : : : :ト; : i}: : : : : : : : : :::l
  ,'. . .:: : : : : : : ! : : : :| l;′ i: l : : : : : : l: : l: : : : | '; :i}: : : : : : : : : :::|
  l. . .:: : : : : : :/! : : : :|    И: : : : : : :| : ;i: : : : | レl : : : : : : : : : : |
  |. . . : : : : : : |  ̄ ̄     l : : : : : : |/l_:_:_:_:|   !: : : : : : : : : : :|
  . . l}: : : : : : l   __ノ …  ̄ ̄ ̄ … \__    !: : : : : : : : : : ;      「――んっ……――」
  ヽ. .l: : : : : : :| 〃^f炊卞、      rf炊テ坏`ヽ.,': : : : : : : : : : ,
   ∨: : : : : : :!   弋zツ           弋zツ  ′ : : : : : :|:/
   |. . : : : : : |                       / : : ; : : : : : :|:,′
   l. . : : : : : ト,  ヘノヘノ     、     ヘノヘノ ': : ::/: : : : : : :;′
   |. . : : : : : |ハ                 / : /: : : : : : :/
   |. . : : : : : |込                   ムイ: : : : : : : ;イ{
   |. . : : : : : |/∧        __ __    .u  从: : : : : : ハヽ、
   |. . /i : : : |//'{ヘ、                ///i}: : : : :/  丶 ニ=-
   |. / l : : ::!/ ∨≫ 、         ィ//}'///|: : /l/
   |/  l : : :| /∨i}/|    _       |'/ レiル'/!: /⌒ヽ、 
 .       l/l/ {   \ir!             !/  レ| ;′ /⌒ヽ_
       __yv   ||ー‐==ニニ=彡'l|,へ   ヽ    /⌒ヽ
     /⌒ヽ/     ||          ||  \  }-=-≪
    /     \   ||        /~    ヽ〃    \

    ┌────────────────────────────┐
    │当たり前の様にノエルを出迎える陰険そうな             ....
    │若い男と、いかにも恐る恐るといった風に出迎えられるノエル。    │
    │                                         .
    │どう見ても、友人だの、兄妹だの、あるいは恋人だのといった、    │
    │所謂「まともな関係」には思えません。                  │
    └────────────────────────────┘



52 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:42:12 ID::Px9khQW6


                          \
                |              \
              /|     ト、         ヽ
            /  |     | \    | :、〈\:、
          〃   |      |   ヽ ',  | 〈ヽ、 `
         /      |j、  |!   , ヘ   |  :、\
          ,'       |「ヽ  ',卜/_,..ム「V|   ::、
/ヽ    |  厂^¨"二` ト- \ V'T::::}ノ|jリ   トミ、
!  〉.   ! 代T:::::T¨`     \     | !  ; | `ヽ   「――かい――でも心配は――」
’, ∧   ’ { ` ̄                 ゙  ハ|
  、ヽヘ.   ト ':、           ',      八 八
  \,厶  ‘::、\          〉    ハトj/  \
     ヘ\ Y^\_             / |
;     j: \`\   、_     _...   /
|    八  \      ̄ ̄     , '
|イ ハリ     `丶          ,::仁..,__
'リ ノ /            .._   ,/ : : : : : . `\~'^ヽ,__
\ /              / : : : : : . \: : : : : .\..__ └ヘ.,__
: . \             ,ハ、: : : : : : : . \ : : : : `: :}      h、
: : : . \           {  \ : : : : : : : . 丶 : : : : {__    {_: \
: : : : : . \             }>、: : : : : : : : : : : : : : /     /: : :}





            /   /                :.
          '   /    /             ハ
         i   '    /l     l   ト.       l }
         l    ハ-/‐l ,   |、 」_!  ,     | /
         八  ∨ jノ .|ハ.   | ヽハlヽ/    //
          ヽ ハ ヾヒテ' \|`ヒテ>ハ    /, |
           |  ゝ :::::      ::::: 厶イ  /∧|    「――う、うん……――」
           |  ∧    ′     _, l  '/
             И  ト.   c  u  .イ/: l /
           , -‐ヘ.  |l `≧=-<__|_厶  ∧
        /> 、 ヽ|`丶、    / / ∧厶ヽ
       /⌒′  \      ー=≠\^ イく/ \>、
.      /         丶 、      /ヽ  }    }∧
      { \         |` ーr‐ ´   | \!   / }

    ┌─────────────────────────┐
    │あまり話の内容は聴こえませんでしたが、            .
    │どう考えても兄妹同士の仲睦まじい会話でもなければ、  ....
    │恋人同士の甘酸っぱい会話でもありませんでした。     ..
    │                                   .....
    │そんな不穏な会話を交わしながら、              ....
    │二人はビルの中へと入って行きました。             │
    └─────────────────────────┘



53 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:42:22 ID::Px9khQW6


               \    ヽ V/ / /
        __ , .イ       V }  イニミー- ノ
         ̄¨ー .,      /ヽ   / ヽ r-イ
           /     ./:::...:.>=<__:.:ハ \       ,ィ
         ./      i / <´       >::> >..._  / '--ァ
  、__ , ィ    /   ハ !  ,, -        ハ 从 <  ヘ   '-ァ
    ̄ ̄= ≠  { i   /八! /           }/ ヾミ;、 ヘ=-┴
         /   !i!  //  ,'                \
         ,'    ハ  川 /  ,     /              ヘ
       /     ∧ |  ,  ,'     ,ィ       ,'   i   ハ
     / _,      }! i  ,'   ,/ ,'    / /i   ./|    |
   / イ7      |  |  ,' ´¨,テナ=i‐-  ィ/ 十-.|,,_i    .i    「……どっ、どうしよう……!?」
    ̄  i    i!  从  | .i l / しヘ、//| ,孑气く     .|
       |  / .|   ∧ .| .| lK| {::::} |   l/l f:::i lヾノ/   |
       人 八 {、  ,' ∧ > l, 弋_辷'ン_      、辷ン  /  / ノ.,'
      / | {_ ノ!   |::|{ \!    ̄"´      `" ̄ イ.///./
       Vーイ{   |::| ト.、 > u         '    イ/
            /   .|::| |::|::|           u ,ィ'
         /  /Y゚|::| |::|::|、    ⊂ニ=⊃  /
         /../ _ト.|::| 川゚|          /
         ー "   ノ/!_|  .|: |,,,__    l ̄ ´
                 y' `~~"'-ミ二ニl
             >'"         t、
           /             \

   ┌──────────────────────────────┐
   │さてさて、困ったのはない子さん。                        │
   │                                          ......
   │臆病ではあるがそれなりに正義感が強く、                  .
   │かと言って後先も考えず飛び込む勇気を持ちあわせてはおらず、    .
   │即人や警察を呼んで大事にしたがる程思慮が浅くもない彼女。      .
   └──────────────────────────────┘



54 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:42:32 ID::Px9khQW6


                 ヽヘ      \
                     \\,     ヽ
       |              V∧     Vヽ,
  /   │       !          V|ヾ      ゝ
 .  !  │    │  |    ヽ:      ヽハ      \
  | ∧ ハ   .│   |    ハ     ヾゝ::.:.:.:.:.:.  ヽヘ
  ::, -┴ 、   ::/l  :::ト、    ::l    ..:::Nl :.:.:.:.:.ヽ:.:. |
∠´     ヽ ::__:i l  :::l `、   :l    .:::::j:::.:.:.:.:.:.ハ:. ,   「むむむむむむむ…………!」
    ̄`~ヽ `y l l :∧:l__ `、 .::l ::::::::::::___:j:::.:.:.:.:.:! j/
  ヽ、    l/ /| -V ̄ヽ   W| ::::「二ヽ|.:.:.:.リ V
、   l   /イ´:::! _______ | :::|┌j l.:.:.:/
_ \. L/ /!::::::| ' ̄|「::::::::::|「 〉 | :::|/// .:(
i ノ`'´  ∧ ヽ::|   ̄ ̄ ̄ ´ l ::::| / :.:ゝ\
二__ __ ,イ /  `          } ::::|く´  :.| `ー
 || |「 |l |  r、       u ,ィ :::::| ヽ jノ

      ┌───────────────────────┐
      │彼女は悩みました。しばらく悩みました。         .
      │具体的な時間を言うと、15分と28秒程悩みました。  ....
      │                                  │
      │悩んだ結果、一つの答えを出しました。         ...
      └───────────────────────┘

.

55 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:42:42 ID::Px9khQW6


                         |
                      \  __  /
                      _ (m) _ピコーン
                         |ミ|
                      /  .`´  \

                   \    ヽ V/ / /
            __ , .イ       V }  イニミー- ノ
             ̄¨ー .,      /ヽ   / ヽ r-イ
               /     ./:::...:.>=<__:.:ハ \
             ./      i / <´       >::> >..._
      、__ , ィ    /   ハ !  ,, -        ハ 从 <
        ̄ ̄= ≠  { i   /八! /           }/ ヾミ;、
             /   !i!  //  ,'                \
             ,'    ハ  川 /  ,     /              ヘ
              /     ∧ |  ,  ,'     ,ィ       ,'   i   ハ
           / _,      }! i  ,'   ,/ ,'    / /i   ./|    |    「……そうだ! 間違ったフリをしよう!」
       / イ7      |  |  ,' ´¨,テナ=i‐-  ィ/ 十-.|,,_i    .i
        ̄  i   i!  从  | .i l ,rfj ̄ヾ、//| ,ム」_:,;     .|
           |  / .|   ∧ .| .| lK {| ::::::リ    l/,イ}:::::::ハノ/   |
           人 八 {、  ,' ∧ > l,  ゛ー ''        K.__,/ }/  / ノ.,'
          / | {_ ノ!   |::|{ \!             `"" イ.///./
           Vーイ{   |::| ト.、 > u   __    '    イ/
                /   .|::| |::|::|    /  \     ,ィ'
             /  /Y゚|::| |::|::|、 / /~\ ヽ‐、_,/
             /../ _ト.|::| 川゚|>イ ,.へ `< ヽr‐ァ―=‐、
            ー ",/´\ノ/!_|  .|: |,  イ ,、〆``'ー /;;/.:/   ヘ
                 /     ヘ:.:|;i;;;;;;;ハ   ∨ ̄   /;;/.:/ /  ハ
                i      ∧:!;!;;;;;;|:}   |!     /;;;;!://    i
                 |!     ∧l;|;;;;;;|,'   |!    〈 ;;;レ        |
                 |!      ヽ|;; ;/     ハ     ∨!         |

    ┌───────────────────────────┐
    │間違ってビルの中に迷い込んだ、                    │
    │ドジで可愛い(自称)女子高生を演じる事にしたのです。     .....
    │                                       .
    │勿論、すぐに人を呼べる様に、110の番号を携帯に登録し、  ......
    │何かがあればすぐに通報出来る様に準備をして。         .
    └───────────────────────────┘

        ┌───────────────────────┐
        │意外と大胆だが冷静な所もあるない子さんでした。   │
        │偉いぞ、ない子さん! 頑張れ、ない子さん!       │
        └───────────────────────┘

.

56 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:42:52 ID::Px9khQW6


       ┌──────────────────────────┐
       │……無責任な煽りはさておき。                   .
       │                                     ...
       │実際、どうして自分は、仲良くも何ともない、          ......
       │それどころか会話すらまともに交わした事のない        ..
       │ノエルという少女の為に、危なそうな橋を渡っているのか。    │
       └──────────────────────────┘


                              _z‐ 、イ_
                       (ヽ __≧∨ レ  >
                        __≧___ .   . ̄\
                  .               <  <ヽ   ィ
                     /                      ̄ /
                    /                  ヽ   <
                 /                    .ィ   ソ
               '    /     :!            レ1 .≦
             i   /_l /   /|        レ  く
             |  N |/|  /./ __! /!       ,'.  r<_ノ
             |. i: N下ィテ|/l/  |/`|  j.__. イ:   .|
             |. | {  u  '   下ィテア|   /r‐ }/| _人′     「……こっそり、こっそりっと……」
              N| l\   、      /  /r'_,/. |/
                   |./ f `ト---r   /  /  /`>ー 、
                  /′ . |イ;/、  /イイ .///⌒V
                     '. {\_____イ.///     '.
                      ∨\_,|o|___|f` く{       ,
                    辷_ |o|   ` ̄ '、     :
              f´ ̄ ̄ ̄`ヽ`トキ― 、_、_》、     i  ))
               .| コソコソ… .|    !      }  {ヽ   '.
             廴___ ノ\            iヽ!     '.  ))
                       {           ノ ∧    '.

           ┌───────────────────┐
           │ない子さんには、分かりませんでした。     │
           │                          ......
           │自分を妙に突き動かす衝動の正体が、     │
           │まだ分かっていませんでした。          │
           └───────────────────┘



57 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:43:06 ID::Px9khQW6


               |   |                    |               |
               |   | ○                 |               |
               |   |                    |               |
      ,.         |   |                    |               |
    ,;:' ゙        |   |                    |               | :.;'
               |   |.                 |               |   :.
               |   |                    |               |
               |   |                    |               |
               |   |:                 |               |
               |   |                    |               |
              .::' |   |                    |               |
               |__|__________|________,;;'|
            /                                \
            /                  ,';.              \
         ,/                  ,
      /
      /
:   /
:';./    ┌────────────────────────┐
       │薄暗いビルの中をこそこそと探索していると、       ..
       │やがて、中から話声がする扉の前に辿り着きました。    │
       │                                    │
       │何となくノエルは、ここにいる様な気がしました。      .
       └────────────────────────┘






58 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:43:16 ID::Px9khQW6


        ┌────────────────────────┐
        │足音を立てぬよう、扉にこっそりこっそりと近づき、   ......
        │中の物音に聞き耳とやらを立ててみるない子さん。    .
        └────────────────────────┘


         _...〟.-∠≠ ニ二ニ≧=<´  ヘ.     ', ヘ\ヽ.
       /    ´、_, '⌒`^  、 \::\ } l     ヽヘ ヽ}
      /              丶\::V| |      Vl
    /                 `Vヽl |      ヽ ' .
   /                    | Ⅵ/,       ヽ.\
  /         /        〉   |  ∨ヘ.      ト、 \_
  |     /|    |         :|   |   ∨i    、   |
  |    / |    :|  :| |  :|    |   |    l :|   |  l
  |    |  |    :|  :| |  :|    |  : |    :|/   ハ.  ト、
   |  |ヽ|  |    :| : | ::|  :|    |  : |    /    / l/⌒ヽ
    | .| _| ̄`\  |  :| |  :|\  :|  ::|   ∧.   ,'  ´
   ノ  :|| i`ヽ、 ヽ::|  | ´ ̄` \|  :| / | :| {
  //|:|  |::::::::|  ヾ  /´|´` ̄ ̄| |  :|'´`i:jノ :| |
  ,'.  |:| 弋_ノ    ' 弋:::::::::::::ノ.|  :|  /.:::| ハ ',       (……絶対に、気づかれないようにっと……)
 ノ   |:\.    ,     `‐‐‐ ' |  |_/  / / ヽ_>
     | :/\        U //  :|  : //
     |: /  |`.. 、 _`__ /_//|  :|  :ハ
    //    |    : ヽ/    / |  |  :i
    ハ    |   /`ヽ、   /  /:/ |  :|
           | /    \   // 人 :|    ヘ ))
          |: |       ヽハ /|\ヽ   ノ
         ハ:|       ヽ/  |          ))


              ┌────────────────────────┐
              │もう、心臓はバクバクです。                   │
              │まさか自分が、『メタルギアソリッド』や『天誅』の様な  ......
              │真似を実際にするなんて、思ってもみませんでした。   ..
              └────────────────────────┘




59 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:43:27 ID::Px9khQW6


       ハ              |/| /   八 {
       |∧                |/ / /
            丶  ..___       z‐'゙ /|/
           ',         _.    }j  /          「――じゃあ――って――」
         'ー   -=≦     ^ヘ{
             ',  _,,.. -=''"¨´ ̄ ̄{
             }/      _、 <._
           _,,∠ ~'⌒´ ̄   ̄⌒ーヘ.__
       __厂⌒                  \_
      ノ   、_,、_ 、_ノ^ヽ.._,,.__          `





          r┴‐く ̄.|`'7  }      |       .ムy /
          /¨'‐ 、. \\|  {      ' ^      .ム ノ
          |ヽ   `く ). ` l  r――――‐ァ  /¨
         l  `¨' ‐ク   |  `ー……―'  ./       「――へへへっ――良い――してんじゃん――」
        ',        /\    ̄ ̄   ./l
         ヽ        ,.イ_ . \     /  |>、
      ___/ `ー   /|  `  、_ ̄ ̄_,. -‐'  .| \-- .._
__.  -‐ ' , -/ \     / .|   | ̄`'┴┴  ̄|  .|   ヽ     ̄¨ ー―‐┐
 \  / \   ` 、. / .|\   フ¨'T T T弋 / |   ヽ            


     ┌─────────────────────┐
     │中からは、二人の男の声。              .
     │                              ..
     │一人は恐らく、あの一見陰険そうな男のもの。    │
     │                              ..
     │もう一人は知らない男。                .
     │声の感じから、何となく粗暴な印象。         .
     └─────────────────────┘



60 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:43:42 ID::Px9khQW6


           |  ∧    ′  u  ._, l  '/
             И  ト.   c     .イ/: l /
           , -‐ヘ.  |l `≧=-<__|_厶  ∧         「――うん……――った――」
        /> 、 ヽ|`丶、    / / ∧厶ヽ
       /⌒′  \      ー=≠\^ イく/ \>、
.      /         丶 、      /ヽ  }    }∧
      { \         |` ーr‐ ´   | \!   / }


        ┌─────────────────┐
        │そして、細々とではあるが、         .│
        │かすかに聴こえたノエルの声。       .
        │                         .
        │細く、淡く、掠れている様な高い声。  .....
        └─────────────────┘

    ┌─────────────────────────┐
    │そのか細い声を、ない子さんは聴き逃しませんでした。    │
    └─────────────────────────┘




61 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:43:53 ID::Px9khQW6


                   \    ヽ V/ / /
            __ , .イ       V }  イニミー- ノ
             ̄¨ー .,      /ヽ   / ヽ r-イ
               /     ./:::...:.>=<__:.:ハ \
             ./      i / <´       >::> >..._
      、__ , ィ    /   ハ !  ,, -        ハ 从 <
        ̄ ̄= ≠  { i   /八! /           }/ ヾミ;、
             /   !i!  //  ,'                \
             ,'    ハ  川 /  ,     /              ヘ
              /     ∧ |  ,  ,'     ,ィ       ,'   i   ハ
           / _,      }! i  ,'   ,/ ,'    / /i   ./|    |
       / イ7      |  |  ,' ´¨,テナ=i‐-  ィ/ 十-.|,,_i    .i
        ̄  i   i!  从  | .i l ,rfj ̄ヾ、//| ,ム」_:,;     .|    「たっ――たのもー!!」
           |  / .|   ∧ .| .| lK {| ::::::リ    l/,イ}:::::::ハノ/   |
           人 八 {、  ,' ∧ > l,  ゛ー ''        K.__,/ }/  / ノ.,'
          / | {_ ノ!   |::|{ \!             `"" イ.///./
           Vーイ{   |::| ト.、 > u   __    '    イ/
                /   .|::| |::|::|    /  \     ,ィ'
             /  /Y゚|::| |::|::|、 / /~\ ヽ‐、_,/          _/\/\/\/|_
             /../ _ト.|::| 川゚|>イ ,.へ `< ヽr‐ァ―=‐、      \          /
            ー ",/´\ノ/!_|  .|: |,  イ ,、〆``'ー /;;/.:/   ヘ     < …ガチャ!  >
                 /     ヘ:.:|;i;;;;;;;ハ   ∨ ̄   /;;/.:/ /  ハ     /           \
                i      ∧:!;!;;;;;;|:}   |!     /;;;;!://    i      ̄|/\/\/\/\/
                 |!     ∧l;|;;;;;;|,'   |!    〈 ;;;レ        |
                 |!      ヽ|;; ;/     ハ     ∨!         |

    ┌─────────────────────────┐
    │気が付いたら、ない子さんは扉を開けていました。       │
    │                                   .....
    │割と臆病で慎重な所のある普段のない子さんからは、     │
    │考えられない大胆で無謀な行動です。              │
    └─────────────────────────┘



62 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:44:06 ID::Px9khQW6


  / / / /     /  /     } \
 / / /  | | ̄ ̄ ̄厶イレ    /   \
 |/| | |  くニ\ |   / / |/ レイ   ハ|
   〉 \> \|」  レイ|i|_丁  :|   | |
   レイヽイ |i|丁}   \_    厶イ⌒|リ
    厶 | /r'           |.  |    「……誰だ、コイツ?」
      ハ|   ` ^      u   /  /
      |. ',             | ィ |
      \|             / |V
        \  ―――、  /  |
          \.      / /  :|\
           | ̄ ̄ ̄ ̄  / /  |\
           /\   / ̄ ̄    /





                  \_
           ーテ¨´ ̄ ̄ ̄  `丶、
         .  ´               \
        /                  ∨
     ー=''´                   ヽ
      7/      /  /|           .!
      /  / // 〃  |,ハ             ',
      ノ //,.x< ///  ||            !
      7/xヘ`tv`   ___,,..    |/|    j    ハ{
      /ィ|          ¬tz-,. |     从    |
       l{   /       ̄   |    /  }  ハ|        「さあ……君の知り合いかい?」
       ハ              |/| /   八 {
       |∧                |/ / /
            ` ヽ     u    z‐'゙ /|/
           ',          _.   }j  /
         'ー   -=≦     ^ヘ{
             ',  _,,.. -=''"¨´ ̄ ̄{
             }/      _、 <._
           _,,∠ ~'⌒´ ̄   ̄⌒ーヘ.__
       __厂⌒                  \_
      ノ   、_,、_ 、_ノ^ヽ.._,,.__          `

     ┌────────────────────────┐
     │中には、一見陰険そうな男と、               ......
     │声の印象通り、粗暴そうな男。                ..
     │                                    │
     │二人とも、突然の妙な闖入者に、                │
     │少し驚いている――というよりは、戸惑っていました。   │
     └────────────────────────┘



63 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:44:17 ID::Px9khQW6


              /          \      \
             / /            \      \
             ,       /             ヽ
          / /     /      ∧     i       ハ
            / /     /         l ',               i
              /      i| ,イ     ,イ| 斗 ト
            ' i    ,イム| |   |凵  V \         l
           ,  |   「'リ _ W__」          \!
          | ト  |  ,-==、      ,≠=x  |       |  |
        |   リ \| 〃 :О      ´ О: ゝ./      |
        |∧        -=-        -=- ' /      | /
        リ :|   ヽ         、       /         N
          |    ',                 / イ       /|       「……委員長? どーして、ここに……?」
            、    ト             u  ´ /     /V
               | ヽ      ‐-、     |    /´
            i     !   \      ̄      /l    / ヽ
            |   `↓ヘ / `  、   _ <.  |  /   〉
            | .ハ | {   、 ハ`    , - |  ハ_∧
           レ l  !  l\ \__, 7´   |/_/    ̄ヽ
             \| ∧ i       /    厂 \    \
               /:.:.:|     > '´|   /    ` ─、─‐'
             /i.:.:. |   /    |  /            〉
                | :. !:.:.:.:\_    レ'     > <_  /
               }、/|.:.:.:.:.:/.:.:.:`..───...、_/i弋ニノi:',ヽ
               |:.:.:| :.:.:./ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:
               |:.:.:|o :/ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:| i
               |:.:.:! :/ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ .:.:.:.:.:.:.:.:. └───┘}
             \|:.l:.:.:.:./\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、|
                 |:.:l:.:.:〈   \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}

     ┌──────────────────────┐
     │そして、ノエルもまた、                   .
     │いきなり現れた知り合いに、               │
     │彼女にしては珍しく、面食らっていたのでした。   ....
     └──────────────────────┘



64 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:44:27 ID::Px9khQW6



                       ●


                       ●


                       ●



              _   _,
           ___,> Y´'ー -、
          _>z二_ _ __`ー≧__
          >┴'´ ̄`  ‐-、 ̄ 7 <
        , '"         ヽ `Y′之>
      / ./ ,   !   ,へ   ヽ .}<い
      ./  /  ハ ∧ ‐- ハ _,ハ:   ハ V. レ
     |  ! _/_ |/   r≠=ァ!-‐'!ヽ  .} !"i}
     | /.|/r≠、'   | _rソ'|.  ト、  /| ∧ハ      ~事情説明中~
     ∨ヽ/.| jリ    ´ ̄⊂⊃.|ノ  /i .八ノ
   。   / 7 ´        イ ハ ∧|/ル′
        i八  l7 ̄'ヽ  U /V/ |レ
  ⊂    .!/|\  -‐' ,'  /イ、ハ_'゛
    ι    ∨ `ー‐ァE二ニ:::::::`ヘ、_
           `' _ノ;/  \:::::::::::::::::::::ヽ.
            /!::;ー―‐‐'ヽ /::::::::::::::::',.
    /)    /:/        i':´(\:::::|
   //)/´!  ,|/    "     .ヽr(\\ヘ
   | /`i /   /:{   '三'     }`(\ヽ∨|
   /| /´!イヽr/:::::\  , ヽ    .//(ヽ、 |,ハ




65 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:44:37 ID::Px9khQW6


                   \    ヽ V/ / /
            __ , .イ       V }  イニミー- ノ
             ̄¨ー .,      /ヽ   / ヽ r-イ
               /     ./:::...:.>=<__:.:ハ \
             ./      i / <´       >::> >..._
      、__ , ィ    /   ハ !  ,, -        ハ 从 <
        ̄ ̄= ≠  { i   /八! /           }/ ヾミ;、
             /   !i!  //  ,'                \
             ,'    ハ  川 /  ,     /              ヘ
              /     ∧ |  ,  ,'     ,ィ       ,'   i   ハ
           / _,      }! i  ,'   ,/ ,'    / /i   ./|    |
       / イ7      |  |  ,' ´¨,テナ=i‐-  ィ/ 十-.|,,_i    .i
        ̄  i    i!  从  | .i l ,rfj ̄ヾ、//| ,ム」_:,;     .|
           |  / .|   ∧ .| .| lK {| ::::::リ    l/,イ}:::::::ハノ/   |
           人 八 {、  ,' ∧ > l,  ゛ー ''        K.__,/ }/  / ノ.,'    「――と、いう訳でして……つい……」
          / | {_ ノ!   |::|{ \!             `"" イ.///./
           Vーイ{   |::| ト.、 >     __    '    イ/
                /   .|::| |::|::|    /  \   U ,ィ'
             /  /Y゚|::| |::|::|、 / /~\ ヽ‐、_,/
             /../ _ト.|::| 川゚|>イ ,.へ `< ヽr‐ァ―=‐、
            ー ",/´\ノ/!_|  .|: |,  イ ,、〆``'ー /;;/.:/   ヘ
                 /     ヘ:.:|;i;;;;;;;ハ   ∨ ̄   /;;/.:/ /  ハ
                i      ∧:!;!;;;;;;|:}   |!     /;;;;!://    i
                 |!     ∧l;|;;;;;;|,'   |!    〈 ;;;レ        |
                 |!      ヽ|;; ;/     ハ     ∨!         |


     ┌───────────────┐
     │あせあせとたどたどしく、        │
     │突然の闖入者になってしまった  ....
     │経緯を説明するない子さん。    ..
     └───────────────┘

  ┌────────────────────────────────┐
  │内心もうドッキドッキです。                                │
  │背中なんてクーラーが効いてる室内なのに冷や汗でびっしょり。          │
  │でもそんな事を気にしている余裕は、ない子さんにはナッシングでした。       │
  └────────────────────────────────┘



66 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:44:49 ID::Px9khQW6


                          \
                |              \
              /|     ト、         ヽ
            /  |     | \    | :、〈\:、
          〃   |      |   ヽ ',  | 〈ヽ、 `
         /      |j、  |!   , ヘ   |  :、\
          ,'       |「ヽ  ',卜/_,..ム「V|   ::、
/ヽ    |  厂^¨"二` ト- \ V'T::::}ノ|jリ   トミ、
!  〉.   ! 代T:::::T¨`     \     | !  ; | `ヽ     「……ふーん……」
’, ∧   ’ { ` ̄                 ゙  ハ|
  、ヽヘ.   ト ':、           ',      八 八
  \,厶  ‘::、\          〉    ハトj/  \
     ヘ\ Y^\_             / |
;     j: \`\   、_     _...   /
|    八  \      ̄ ̄     , '
|イ ハリ     `丶          ,::仁..,__
'リ ノ /            .._   ,/ : : : : : . `\~'^ヽ,__
\ /              / : : : : : . \: : : : : .\..__ └ヘ.,__
: . \             ,ハ、: : : : : : : . \ : : : : `: :}      h、
: : : . \           {  \ : : : : : : : . 丶 : : : : {__    {_: \
: : : : : . \             }>、: : : : : : : : : : : : : : /     /: : :}

    ┌──────────────────────┐
    │ない子さんのたどたどしい説明を、          ....
    │特に怒鳴る事もなく、ただただ黙って           │
    │陰険そうな男と粗暴そうな男は聞いていました。   .
    └──────────────────────┘

  ┌────────────────────────┐
  │どうやら、少しは話の分かりそうな人達みたいです。    .
  │ない子さん、ちょびっとだけ一安心。             .
  └────────────────────────┘



67 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:45:01 ID::Px9khQW6


  / / / /     /  /     } \
 / / /  | | ̄ ̄ ̄厶イレ    /   \
 |/| | |  くニ       |/ レイ   ハ|
   〉 \>  \      /    |   | |
   レイヽイ ┰      ┰   厶イ⌒|リ
    厶 | `ー      ー'     |.  |    「おいおい……お前、もしかして、
      ハ|   ` ^      u   /  /      AVか何かの撮影だと思ったのかぁ?」
      |. ',             | ィ |
      \|             / |V
        \  ―――、  /  |
          \.      / /  :|\
           | ̄ ̄ ̄ ̄  / /  |\
           /\   / ̄ ̄    /





                    /{  /!
              /   V  }
             _{  /  厶_
            /    {  ´   `ヽ、
        、__/  _x≦三三≧、   \_,
.          `ーァ ´         `}トヘ  く
.            /L_          WN   ト.
          /  /       , 、_j } V  l   「は、はい……
         lム__」{、 i   TV二厶」 Li〔l l    だって、こんな所でする事なんて、
          |  | |从仏{ { V从仏从| | |    そ、その……えっ、Hな事なんじゃないかって、
          | .| |/ _ニ       ニ_ ヾ| | /    考えられなかったし……」
            { | { {_:::ツ    {_:::ツ } | }
           | |       '    u  | l/
          \|、 xxx /ヽ xxx |/     「そ、それに……
                 `   、 二 .. .´        よく見たら、この部屋……」
        r 、  ,. -r-{ノ,   {‐- 、_  , 、
        |. } /{  { V    }   } }、{. |
        |. |/   、 ヽ V⌒ ∨ / /  |. |
        /⌒V^V   \  |: : : : |  /  {^V⌒ヽ
        |、_〉_} !     ト |: : : : | /!   ノ {_〈 { ∧
       lノ ノ ノ    j |: : : :| j   {  ヽ V  }

    ┌──────────────────────┐
    │そう言ってない子さんは、部屋に置かれていた   ....
    │いくつかの機材を指さしました。             │
    └──────────────────────┘



68 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:45:12 ID::Px9khQW6


          ┌──────────────────────────┐
          │テレビやら、プレイヤーやらは勿論の事、              │
          │ビデオカメラらしきやら、遮光板らしきものまであり、     ......
          │どう考えても今から○○を撮影します、といった具合です。    │
          │怪しいです、怪しさ満点です、非常に怪しすぎます。       │
          │                                           .│ 
          │……ちなみに、○○の中身は、各自想像すること。         │
          └──────────────────────────┘


             r―┬―――――――r―――‐‐.、
             l::::::::{:.: : : : : :SD::2000x:l:::::::::l ´:::::::`il
              |┐:::|: : : : : : : : : : : : : : :l:…:::|{::(:::::}:||
              l┘:::| :_:_:._:._:_:_:_:_:_(_:_:_)l … 八::::::::: '
             l::::::::ゝ._:_:_:_:_:_:_:_:_: : :.:l{::::::::} `ー /
              l:::::::::::::::::s:o:n:y::::::::::Y:: l::::::::::',   /
              ト::::::::`ー::::―::::‐::‐:::彡:::::::::::::::::¨::¨}
             `ー ―――‐ヾ;:::::::┌ ´ ̄ ̄ ̄
                     (¨):::::;::≧ョュ
             _______}-‐=彡"¨
            〈::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::):::::::::|
              ̄ ̄    ̄ ̄ ̄ ̄|::{◯}:{
                    / // ∧
                    / /// ∨∧
                    / / //   ∨∧
              / /   //     ∨∧


     ┌───────────────────────────┐
     │後、何故かバナナやらでかいソーセージやら、             │
     │しまいにはヨーグルトっぽいものまで                   │
     │皿に乗って置いてありましたが、そちらにはない子さん、    ......
     │気を留めませんでした。……意外とウブだぞ、ない子さん!   ..
     └───────────────────────────┘



69 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:45:24 ID::Px9khQW6


                  \_
           ーテ¨´ ̄ ̄ ̄  `丶、
         .  ´               \
        /                  ∨
     ー=''´                   ヽ
      7/      /  /|           .!
      /  / // 〃  |,ハ             ',
      ノ //,.x< ///  ||            !
      7/xヘ`tv`   ___,,..    |/|    j    ハ{
      /ィ|          ¬tz-,. |     从    |   「ああ、あれね……あれらは撮影に使う機材さ」
       l{   /       ̄   |    /  }  ハ|
       ハ              |/| /   八 {     「まっ、殆ど中古で揃えた安物ばかりだけどね」
       |∧                |/ / /
            丶  ..___       z‐'゙ /|/
           ',         _.    }j  /
         'ー   -=≦     ^ヘ{
             ',  _,,.. -=''"¨´ ̄ ̄{
             }/      _、 <._
           _,,∠ ~'⌒´ ̄   ̄⌒ーヘ.__
       __厂⌒                  \_
      ノ   、_,、_ 、_ノ^ヽ.._,,.__          `





             !/ /     .ヘヽV」∠ヽ.   \\\
          __ノ/ .. - 、 ̄ ≠‐ - :.:`ヽへ  \\}
            フ  /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ:.:V| !   V {
          ///: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :Ⅵリ : : : : : :、
    .       i//: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ∨ハ: : i: : 、: \
          /:: : : : ::| │: : : : : : : :ヽ: : : : |: : : : | ∨} : }: : :厂`
            |: : |: : :/|: :|: : : : : ヽ│: | : : : |: : : : レレ∨}:j!: : ト、
            |: : |: : l:八:|: : : : : : :ト|、:|\ : | : : : :}∨j/: :j!: : :レ
           |: :i|: : |  人: : |: : 八|∨ ̄| ∧: : : ル─く/V⌒ヽ   「さっ――撮影ぃ!!?
           |: :i|: : |/ _\|: /  ィうi心、 |: : //⌒Y}:厂! !     やっ、やっ、やっぱり……!!」
          厶八.:ハ. xぅ心|/     VJソ 〉|: ∧し///.:|!ノ| {
           |: :\∧ヽVソ ////////  (|/\\イ : :ハ∧ゝ
           |/∨/ // ) ,     (\ ヽ ',ヽV N
               〈/ {∨ / u        ヽ丶 | | | |八
              {  |/ 〈、  ‐-―  u } j_| l | |\
                   j  } >   _,.. ィノ `  ` }  〉ー---――-、
                 丶、 '⌒丶  ∨|く/     / /     /
              /{ ̄\     \ マ7        / /     /    |




70 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:45:34 ID::Px9khQW6


                       /     `丶、
                        /     , /ヽ、  \
                    ,__ノ   / /|/L.._ },ハ|  ト、   「……撮影と言っても、18歳未満は絶対に
                    `7   /|/´   ,_  |  |     見ちゃいけないような、大人のビデオじゃないよ~」
                      レ ハ{ ,ノ        j |
                      |ハ j、  !   __   ハN
                        `|,ハ.  、'´ /  八|        「ハハッ、残念でしたっ★」
                          \  ̄   / |リ
                                - ゙   |
                             _」       |、_
                  _,、____ ,. -‐ヘ,寸 }     _} 厂` ー- 、
                  }: : : /    V '、   ‐,ァ゙ /      `ヽ
                  ,_,,」: : j       \\ _//           }、___
                  r'^ 〈 : : /  }      \_,/          _」ン . : : 八_
    /⌒ ー- .._   _,≧ン゙/ ___」                 //. : : : : : >'⌒´ ̄
  ,ノ. : : : : : : : : : `'<.._ ̄ ̄ ̄  !                  /_... : : : /. : : : : : : : :
  |: : : : : : : : : : : : : : : : : :二` : : : ;ハ                /. : : : : :/. : : : : : : : : : :
  !: : : : 、: : : : : : : : : :`¨ニ=- : : : : :,                 /. : : : '´. : : : : : : : : : :/
  }、: : : : .\: : : : : : : : : : : : : : :`ヽ: :}     ``           ム._/. : : : : : : : : : : :/. :
  {: :ヽ、: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|              厂 : : : : : : : : : : : :/. : : :
  {ゝ、: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|             , : : : : : : : : : : : : : : : _:ノ^´

    ┌───────────────────────┐
    │と、ニヤニヤ笑いながら否定する陰険そうな男。     │
    │嘘っぽいです。どう考えても嘘っぽいです。       ...
    │「訴状を読んでいないからコメント出来ない」という  ......
    │コメントぐらい嘘っぽいです。                 .
    └───────────────────────┘



71 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:45:49 ID::Px9khQW6


                   \    ヽ V/ / /
            __ , .イ       V }  イニミー- ノ
             ̄¨ー .,      /ヽ   / ヽ r-イ
               /     ./:::...:.>=<__:.:ハ \
             ./      i / <´       >::> >..._
      、__ , ィ    /   ハ !  ,, -        ハ 从 <
        ̄ ̄= ≠  { i   /八! /           }/ ヾミ;、
             /   !i!  //  ,'                \
             ,'    ハ  川 /  ,     /            ハ
              /     ∧ |  ,  ,'     ,ィ       ,'   i    .
           / _,      }! i  ,'   ,/ ,'    / /i   ./|   ハ    「…………」
       / イ7      |  |  ,' ´¨,テナ=i‐-  ィ/ 十-.|,,_i    .i
        ̄  i   i!  从  | .i l 卞ヮェ\,.!_/./| /ヽ川,;    .|
           |  / .|   ∧ .| .| l 、゙气彳 ゙'  l/f''仗'‐,.ノ/   .|
           人 八 {、  ,' ∧ > l, ` ー- '.´       ゙” , //  / ノ.,'
          / | {_ ノ!   |::|{ \!            ̄ イ.///./
           Vーイ{   |::| ト.、 >         '   イ/
                /   .|::| |::|::|  u         ,ィ'
             /  /Y゚|::| |::|::|、    . ⊂⊃ ,/
               /../   ト.|::| 川゚| > ,_   , .<
            ー "   ノ/!_|  .|: |,,,__    i´
                    y' `~~"'-ミ二ニl
                >'"         t、

     ┌────────────────────────┐
     │ない子さんは、思わず男を睨みつけてしまいました。    │
     │                                    │
     │どうする、ない子さん? 緊迫だぞ、ない子さん!       │
     └────────────────────────┘



72 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:46:02 ID::Px9khQW6



      ┌──────────────────────┐
      │だけど陰険そうな男は、続けてこう言いました。    .
      └──────────────────────┘


               /       /| ∧    \_
              _/     //  |/ |ハ    〈
             ^1    /|//_,. / 、_ |/|   ',    「……まあ、15歳ぐらいまでの良い子ちゃん達は、
              } j  |/,z云‐     ‐云z,|   ハ    見ちゃいけないビデオなんだけどね」
               /从 l           |ハ j从
              '⌒j∧|       、 ,       jハリ    「ぶっちゃけると、『イメージビデオ』ってヤツの撮影なんだよ。
               八 :、            /      いや、『セクシービデオ』とか言った方が分かりやすいかな……?
                 ヘ、 `¨ ̄ ̄¨´  /「       まあとにかく、君が想像している様な代物じゃない事は確かだね」
                   >、        ,ィ{/^
                 /_| `    ´ ]:\
    、_ノ{/しヘ..    // :|      |:_ヽ\       /Lノ^ヘ..__
    〉        `¨}>'´ : 厂´__.. 、  ,... __`|: : .`<{`¨´     <
   <          `7 : : :| 、             ,|: : : :_r'^       〈
    /   ーn     { : : :| \          / |: : _}      _,.、 <^
   ^7  / レヘ、    `^{_:|   丶      /   」ノ     _/^Y^. : `V^
     ⌒7. :|: :厂^Tヽ.,__,`Z、   \__/   〈__,.r~'T~ : : |: : : : :{
       } : :|:/ . : :| : : : | : : :\_       _/. :|: : /. : : : :|: : : : : |
      /. : : |/. : : : | : : : | : : : : /      !: : : :|: /. : : : : :|: : : : : :l
     / . : : { : : : : :| : : : | : : : /       | : : :|/. : : : : : :| : : : : : l





          !/ /     .ヘヽV」∠ヽ.   \\\
       __ノ/ .. - 、 ̄ ≠‐ - :.:`ヽへ  \\}
         フ  /             `ヽ:.:V| !   V {
       ///                   Ⅵリ     :、
.        i//                   ∨ハ  i 、 \
       /  ./   /     !   !  、     ∨}  }  厂`
      . |  ./   /     !    !  ト、    ∨} j! ト、
      |  :i   ハi   .|  ! :|   V     j/ j!  レ      「……『イメージ、ビデオ』……?」
       |  :l: :/_ V|∧ _|:_|__|    l    :ハ /V⌒ヽ
        | : : | : : f _,}N_ ⅤN∨__}N__}N.   |-、! ! ! |
        |: : ∧: l:|f下ィタヽ Ⅵィ卞ィタ厂}|   |rj j!ノ|{
        Ⅴ:lヽⅥ|   ̄   '    ̄´  |   |ノ .!ハ∧ゝ
        ヾ、 \ """      """" ,i  /: :/
         \/|: >  . _´`__ uイ:/: : 厶i/
           _レ> '  /}      }f: : /  ||\
          /´    .|: :`ー一: :´:|: /   ,リ   ヽ
            /  Ⅴ  ハ: : : : : : ;/Ⅳ、 /     ハ
         /   }:    ` ̄ ̄   |{  \ / /   !
        「{   Y´              }//    }、
         ハ \ f               i/     {

    ┌───────────────────────────┐
    │聞き慣れない単語に、思わず聞き返してしまうない子さん。     │
    │                                       .
    │ない子さん、生憎とアダルティな方面の知識は            │
    │残念ながらあまり持ってなかったりするのです。           .
    └───────────────────────────┘



73 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:46:18 ID::Px9khQW6


                    -- 、 ,ィ -- 、
                  ,.-‐ '´ r-ミヽ / へ,.-、\
               / _/ ̄ .r-、ヽ/___   \.\
                 / .// ..:..:..:ム___.∨:___ヽ.   ヽ ',
            <...:.l..l l..:.:ハ..ト、       }..:..:..:..:.l ヽ
            ≦..:..:..vl:l >l-トl、 l  ,  レ }/l.:./: く
             ろ_..:.l..:| ¨_二ヽニァ}.l l ___ノ,ニ>イ..:..:ミ
          ,. -く. /.}__:l  ! {_:j ' >  Z''r‐-、 }..:__.「  「よーするにだなぁ、イカクセー癖にAVも借りられねえような
          l   / Y.:.:.}-<´       |       l/r V   チキンキッズ共でも安心して買ったり借りたりできるような、
          r┴‐く ̄.|`'7  }      |       .ムy /    ちょび~っとだけ、エロイビデオの事だぜ!」
          /¨'‐ 、. \\|  {      ' ^      .ム ノ
          |ヽ   `く ). ` l  r――――‐ァ  /¨    「分かったかい、ガキ」
         l  `¨' ‐ク   |  `ー……―'  ./
        ',        /\    ̄ ̄   ./l
         ヽ        ,.イ_ . \     /  |>、
      ___/ `ー   /|  `  、_ ̄ ̄_,. -‐'  .| \-- .._
__.  -‐ ' , -/ \     / .|   | ̄`'┴┴  ̄|  .|   ヽ     ̄¨ ー―‐┐
 \  / \   ` 、. / .|\   フ¨'T T T弋 / |   ヽ             ヽ
  .\/    \     7 .ト、 \/ l  l | |  ' l .|    ',        l   ヽ
   /        ` 、___/  | ',    |  | | |  / |     '        ,    l
 ̄¨/           /  | ヽ  .|  | | | /  |       l      :l  ′   ├┐
 ./               /  .l   \ |  | | |/    l     |       :l: /   :/  人
_/             /   ト、  .\  | レ'   ,.l     ,      |/  / /   \





        _」ヽ  /|_
         >  ゙V´ ∠イz‐、_
      /  ,ヘ,_ / __/ ∨マ´
     //  /    ´        `丶、
    _,//  /                \
   _,//   ∧                   ヽ
  _,//  〃/ ヽ/     {
  ,ノイ|  l i   ii   /   ∧  ヽ\      ハ
   小 | ヽ,_,ノ|   | i ./  \     }ヽ  、 |
.   从 .|    .|   | N__ノ  \}´_j、ハ  i |      「そ、そうなんだ……それなら一安心――」
   ノハ小    .|  八 _ -- 、     , -、 iハi |
    从ヾミ   |   |/ i 示       示i` i{V |
     ノハ小 Y |   |  迅     .少  i i  |
        (ヾ∧  !            / i ,リ
   ,/ ̄ ̄入 \∨i'、  ,-ーー''/ / ノ| /
  < < <     </     、_丶  _, イ     '
   ソ\\   \    / ///  \
 / \\\   `,,-ーイ///    ヽ
/     \\\ゞ \_, ノ//     i

   ┌────────────────────┐
   │と、ない子さんはほーっと息をつこうとして、    .
   └────────────────────┘



74 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:46:30 ID::Px9khQW6



                 |\_  ̄ト、ー―-、
          _____> \| L___|     ,ィ
          >_____    ___ <   / '--ァ
           l/        ヽ /    \!ゝ  ヘ   '-ァ
        /      /ミヽ Vr勿\   \ヾ  ヘ=-┴
       //  >-―┴┴- ∠.:\lVVV\\
     ∠/  /   u        ヽ   ゝ 》
     /:/: . : /: . : . : . : . : . : . : . : . : . : .. :ヽ: . :}: | ノ
     /:/|: . /: . : . : . : . :/: . : . : . : . : U.   ',:.:| :∧
      |/ :|: /: . : .:/: . : . ハ:: . : . : . : . : . :  .  ', |'  |
     j:/!: . : .,': . : ./ハ:|: . : .// /レ'|i ト、|: . N  l     「……って、やっぱエロイビデオって事じゃん!!」
      ハl   l i.〃 -一_,\ |l ,_ー- \ヽ l i |.| l l|
       ヽ!  ハ〃 z≠ミ  ゞ z≠ミ´ 入 | l | ll     「ありえないありえない、そんなのありえないよっ!」
.       i Y/   Y ゚   ///////   ゚ / 》 ///i | |
.      .| l !   ハ    r -‐-、 u イ/ /レ'|.i ト、|
.        ハ~ ゝ! \   |   j ∠/ //レヘ トヽハノ
           ,  --`>ヽ-- ' _ ´ム ム/、
.         /l ヽ` \ 、  u イf´┐Yヽ、
         /  \ \i> ー ´く 、`ヽ  } ヽ
          /  / ̄/7へ、 : : : : : v〉   ノ  i
       /   .{    ^、} : : : : :/    //  !
        /   f::.\    ヽ : : :」ー―‐く/   |


     ┌───────────────────────────┐
     │即やっぱ怪しいビデオだという事に気付き、             │
     │ツッコミを入れました。気がついて良かったね、ない子さん。    │
     └───────────────────────────┘



75 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:46:49 ID::Px9khQW6


                       /     `丶、
                        /     , /ヽ、  \
                    ,__ノ   / /|/L.._ },ハ|  ト、    「ちなみに今回撮影しようと思ってた内容なんだけどね~」
                    `7   /|/´   ,_  |  |
                      レ ハ{ ,ノ        j |     「まずバナナを×××に見立ててナメるんだ。
                      |ハ j、  !   __   ハN      所謂擬似×××ってヤツだね。
                        `|,ハ.  、'´ /  八|       .次に、ヨーグルトを顔にちょっと垂らして塗りつけるんだ。
                          \  ̄   / |リ       これは擬似××ってヤツさ。口の周りについた××××に
                                - ゙   |       見立てたヨーグルトをナメたりするのがポイントだね。で、他には――」
                             _」       |、_
                  _,、____ ,. -‐ヘ,寸 }     _} 厂` ー- 、
                  }: : : /    V '、   ‐,ァ゙ /      `ヽ
                  ,_,,」: : j       \\ _//           }、___
                  r'^ 〈 : : /  }      \_,/          _」ン . : : 八_





               \    ヽ V/ / /
        __ , .イ       V }  イニミー- ノ
         ̄¨ー .,      /ヽ   / ヽ r-イ
           /     ./:::...:.>=<__:.:ハ \
         ./      i / <´       >::> >..._      ,ィ
  、__ , ィ    /   ハ !  ,, -        ハ 从 <    / '--ァ
    ̄ ̄= ≠  { i   /八! /           }/ ヾミ;、  ヘ   '-ァ
         /   !i!  //  ,'                \   ヘ=-┴
         ,'    ハ  川 /  ,     /              ヘ
       /     ∧ |  ,  ,'     ,ィ       ,'   i   ハ
     / _,      }! i  ,'   ,/ ,'    / /i   ./|    |
   / イ7      |  |  ,' ´¨,テナ=i‐-  ィ/ 十-.|,,_i    .i     「……ひょ~っ……!」
    ̄  i    i!  从  | .i l / しヘ、//| ,孑气く     .|
       |  / .|   ∧ .| .| lK| {::::} |   l/l f:::i lヾノ/   |
       人 八 {、  ,' ∧ > l, 弋_辷'ン_      、辷ン  /  / ノ.,'
      / | {_ ノ!   |::|{ \!    ̄"´      `" ̄ イ.///./
       Vーイ{   |::| ト.、 > u         '    イ/
            /   .|::| |::|::| xxx       xxx ,ィ'
         /  /Y゚|::| |::|::|、    ⊂ニ=⊃  /
         /../ _ト.|::| 川゚|          /
         ー  y' "   ノ/!_|  .|: |,,,__    l ̄ ´
                   y' `~~"'-ミ二ニl
               >'"         t、
             /             \

    ┌─────────────────┐
    │陰険そうな男は、嬉々とした顔で、   ....
    │撮影しようとしている映像の内容の  ......
    │概要をペラペラと語り始めました。     .
    └─────────────────┘

  ┌────────────────────┐
  │意味が何となく分かる程度には性の知識を  ....
  │持ち合わせているない子さんは、        ....
  │ひたすら赤面するばかりです。         ......
  └────────────────────┘



76 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:46:59 ID::Px9khQW6


                          \
                |              \
              /|     ト、         ヽ
            /  |     | \    | :、〈\:、
          〃   |      |   ヽ ',  | 〈ヽ、 `
         /      |j、  |!   , ヘ   |  :、\
          ,'       |「ヽ  ',卜/_,..ム「V|   ::、    「……と、まあ、こんな内容のビデオを
/ヽ    |  厂^¨"二` ト- \ V'T::::}ノ|jリ   トミ、   撮影しようと思ってた訳さ」
!  〉.   ! 代T:::::T¨`     \     | !  ; | `ヽ   
’, ∧   ’ { ` ̄                 ゙  ハ|     「どうだい? 君も良かったら出てみるかい?
  、ヽヘ.   ト ':、           ',      八 八      普通にバイトするよりはずっと儲かると思うよっ♪」
  \,厶  ‘::、\          〉    ハトj/  \
     ヘ\ Y^\_             / |        「もし親バレが嫌だったら、ちょっと出演料は落ちるけど、
;     j: \`\   、_     _...   /            顔にモザイクかけてあげるからさぁ」
|    八  \      ̄ ̄     , '
|イ ハリ     `丶          ,::仁..,__
'リ ノ /            .._   ,/ : : : : : . `\~'^ヽ,__
\ /              / : : : : : . \: : : : : .\..__ └ヘ.,__
: . \             ,ハ、: : : : : : : . \ : : : : `: :}      h、
: : : . \           {  \ : : : : : : : . 丶 : : : : {__    {_: \





                    -- 、 ,ィ -- 、
                  ,.-‐ '´ r-ミヽ / へ,.-、\
               / _/ ̄ .r-、ヽ/___   \.\
                 / .// ..:..:..:ム___.∨:___ヽ.   ヽ ',
            <...:.l..l l..:.:ハ..ト、       }..:..:..:..:.l ヽ
            ≦..:..:..vl:l >l-トl、 l  ,  レ }/l.:./: く
             ろ_..:.l..:| ¨_二ヽニァ}.l l ___ノ,ニ>イ..:..:ミ   「おいおい……こんなイモっぽいのが出ても
          ,. -く. /.}__:l  ! {_:j ' >  Z''r‐-、 }..:__.「   マニアぐらいにしか売れねーだろうがよ!
          l   / Y.:.:.}-<´       |       l/r V    カッカッカッカッ!」
          r┴‐く ̄.|`'7  }      |       .ムy /
          /¨'‐ 、. \\|  {      ' ^      .ム ノ
          |ヽ   `く ). ` l  r――――‐ァ  /¨
         l  `¨' ‐ク   |  `ー……―'  ./
        ',        /\    ̄ ̄   ./l
         ヽ        ,.イ_ . \     /  |>、
      ___/ `ー   /|  `  、_ ̄ ̄_,. -‐'  .| \-- .._
__.  -‐ ' , -/ \     / .|   | ̄`'┴┴  ̄|  .|   ヽ     ̄¨ ー―‐┐

     ┌────────────────────────┐
     │……何気に失礼な事を言われたない子さんですが、    │
     │気にせず、肝心要の事を問い正すことにしました。    ..
     └────────────────────────┘




77 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:47:10 ID::Px9khQW6


              _   _,
           ___,> Y´'ー -、
          _>z二_ _ __`ー≧__
          >┴'´ ̄`  ‐-、 ̄ 7 <
        , '"         ヽ `Y′之>
      / ./ ,   !   ,へ   ヽ .}<い
      ./  /  ハ ∧ ‐- ハ _,ハ:   ハ V. レ
     |  ! _/_ |/   r≠=ァ!-‐'!ヽ  .} !"i}
     | /.|/r≠、'   | _rソ'|.  ト、  /| ∧ハ   「で、で、でも……!
     ∨ヽ/.| jリ    ´ ̄⊂⊃.|ノ  /i .八ノ     や、やっぱエッチなビデオだし、
   。   / 7 ´        イ ハ ∧|/ル′     それに騙して無理矢理出すなんて……!」
        i八  l7 ̄'ヽ    /V/ |レ
  ⊂    .!/|\  -‐' ,'  /イ、ハ_'゛
    ι    ∨ `ー‐ァE二ニ:::::::`ヘ、_
           `' _ノ;/  \:::::::::::::::::::::ヽ.
            /!::;ー―‐‐'ヽ /::::::::::::::::',.
    /)    /:/        i':´(\:::::|
   //)/´!  ,|/    "     .ヽr(\\ヘ
   | /`i /   /:{   '三'     }`(\ヽ∨|
   /| /´!イヽr/:::::\  , ヽ    .//(ヽ、 |,ハ





                  \_
           ーテ¨´ ̄ ̄ ̄  `丶、
         .  ´               \
        /                  ∨
     ー=''´                   ヽ
      7/      /  /|           .!
      /  / // 〃  |,ハ             ',    「……無理矢理?
      ノ //,.x< ///  ||            !   おいおい、人聞きの悪い事言わないでおくれよ。
      7/xヘ`tv`   ___,,..    |/|    j    ハ{    ノエルちゃんの了解はちゃーんと取ってるさ。
      /ィ|          ¬tz-,. |     从    |     あらかじめ、どんな内容の映像を撮影するかも教えてからね」
       l{   /       ̄   |    /  }  ハ|
       ハ              |/| /   八 {
       |∧                |/ / /    「……ねぇ、そうでしょ、寒凪さん?」
            丶  ..___       z‐'゙ /|/
           ',         _.    }j  /
         'ー   -=≦     ^ヘ{
             ',  _,,.. -=''"¨´ ̄ ̄{
             }/      _、 <._
           _,,∠ ~'⌒´ ̄   ̄⌒ーヘ.__
       __厂⌒                  \_
      ノ   、_,、_ 、_ノ^ヽ.._,,.__          `

  ┌────────────────────────┐
  │そう言って陰険そうな男は、                   .
  │ノエルの方に顔を向けました。               ......
  │つられてない子さんを、ノエルの方に向き直ります。     │
  └────────────────────────┘



78 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:47:23 ID::Px9khQW6


             /      /     / /  \        :::::::ヽ
                / /     /|      ∧   ヽ        :::::::::::
            / /     / :|      /::::|    ';        :::::::::::|
              / /        :|     i/ :::::|    :|     丶  :::::::::|
              ,′   :i     /:|     │:::::::|    :|      ヽ::::::::::|
          i  :|   :|   /::::|     │   |    :|       ::::::::|
          |  :|   :| i │ | i   i |   | |\  |        ::::::::|
          | /|  /| i │ | i   i | _| |  \│      :::::::::|  「……うん、そう」
          | ::八i |八|  {ー-|八___N´ __ | 厂 `フイ        :::::::::|
          | i:  ーヘ ≫=zミ_       ´x==ァ≪. /       :::,'| ::|  「ボク、ちゃんと分かってるから。
          |ハ::.   i:. ヽち:::ノ`      ち:::ノ '"/ /     .:::/ |::/    全部、分かってるから」
          |  ::.   iハ                 / /     ::::i j/
              ヽ::   i::::.     ,       / イ     八{
              ∨ i::人            //│    (  \
              |:: i:: :丶、   ‐-      / |     厶-- 、
              | i   ::::j:::> 、    イ:::::/|   /⌒ヽ::::.::\
              レ|   :::∨ \::::厂::::::::: _/ │  ハ\/ :.::.::.:`⌒\
                 |   ::/|    ̄ ̄ ̄´     |   /::.::.::.:ヽ   .::.::.::.::.:)
                _人|  ::|八       ___ノ| i/   ::.::} ̄ノ⌒><
            /{ 八  ::|  ー─=ニ二      | |   ..::.ノ'´⌒\////\

     ┌─────────────────────────┐
     │先程まで蚊帳の外に置かれ気味だったノエルは、     .....
     │静かに、だけどハッキリと、自分の意志で、頷きました。   │
     └─────────────────────────┘



79 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:47:33 ID::Px9khQW6


                 |\_  ̄ト、ー―-、
          _____> \| L___|
          >_____    ___ <
           l/        ヽ /    \!ゝ
        /      /ミヽ Vr勿\   \ヾ
       //  >-―┴┴- ∠.:\lVVV\\
     ∠/  /            ヽ   ゝ 》
     /:/: . : /: . : . : . : . : . : . : . : . : . : .. :ヽ: . :}: | ノ
     /:/|: . /: . : . : . : . :/: . : . : . : . :  .   ',:.:| :∧
      |/ :|: /: . : .:/: . : . ハ:: . : . //レ'|i ト  .  ', |'  |
     j:/!: . : .,': . ヽ、_、|: . : ./,_,.ハ、|:  . N  l
      ハl   l i.〃iシト、\ | ,. =、\ヽ l i |.| l l|
      ヽ!  ハ 〃弋歹  ヽ! 代歹 〉  l l !.| l |      「……ど、どうして……?」
      i Y/   Y           ̄  / 》 ///i  |. |
      .| l !    |´´´   `    ´´´イ// /レ'|  i ト、|     「なんで、寒凪さんみたいな子が……?」
        ハ~、ゝ>、   (_)  u ∠/ / /レヘ トヽハノ
         レ//, 、/⌒ > - ァ ´ ム ム/    
         /,.-/_ く  `ー '"´   ノ  \ 
      . / __)/`ー--- ‐ '"ヘヘ   ヽ
       /    ___ノ    ,.     il    〉
       !   __,ノ   /      ヽ   l





          /                   \
        /   /       .:/        \   ヽ
.       /   /       .:/::/        ヽ
     ,′               }      jハ  ハ
         :/          /          i |   :i
      { / :;′        /   /  /}    / /| |  |  |
     V .:{:         i   /  /メ   /|: /⌒|  |  |
     八 .::.        | イi|: //___/i_j厶:/厶イ │  「……だってボク、やりたい事があるから」
     {:ハ::ハ        |/斗七=ミ     ヒツノ/ .:i:ノ  リ
.       ':∧:::{   !八ヽ弋)ソ           ::|: |: /   「だから、お金がいるんだ」
.         j:ハ :::.   |丶:\         '   '  :|/|/
       /⌒ヘ |)、   ::l⌒     _    厶イ::|
.   /⌒フ   ヽ|ハ:.  ::ト      ´   イ  !::|
   /  ´ ̄ ̄ ̄\!  :.   ::| >  _..、< |::i:: :八|
.  /   /:::: ̄`丶\∧  |`ー┴'⌒} ヽ|::i:: l
 /  /\::::::::::::::::::\ヽヘ │    人  )人:│




80 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:47:44 ID::Px9khQW6

                    、   ,バ .
               ,.ノ    }i /  } }      .
               //   .ノ'´  _,ノ厶 ____ .ノ' 、
             / .′ /  . ´_.彡'て⌒¨´   }ヽ.
              i  {.∠..__/,______⌒ヽ、    ノ  }    ,
          _ ___j,/ r‐ 、{ {三三三≧z,,_.> ´ __,.ノ   _,ノ}
     __彡‐  /  il三弐. `⌒¨¨¨¨ア´    ‘⌒¨´__,.ノ
      /   /   ,|iア´  ___.    ′         `¨て.._ _____.,ノ
    /     /    i」′  __,/              _ `弋⌒¨´
   .   / '   i li廴 _,/        . ,    、   `丶. `ヽ、
    i /j/       | |「  /           / / i、    ヽ    、 \、\
    |,/ .′i i  、八{`¨7         /_,/_∧_|_\ ヽ  }  、 \ 弋ト-`.
    l{ {  | |  l\_ _j i     ,/ _}.厶.斗{__ ヽi _,ハi  l、 ヽ.}`
     ‘, l  、 l\7^1、|、   ノ{ _人_jぅ_j厂` | 瓜j  |、\  \
     ‘, {   \}〉, { r{ い.     ∨   `¨¨`   j.ノ迅}  ,jハ `ト--`ー  「で、でも、寒凪さん、バイトしてたし……」
      ,}人  . i'∧ヽ.\l八 ヽ、  |           〉|.ノi{ _j ノ
         ヽi |//i\\__、ヽ、`ト|             / 从弋 て´
         l |//| ,i'>、_{,\ \}  し       __,  ′` ミ_,
         ,ノ ∨∧_}//,厶            <´ ノ /
        / /} \{///{,//〉、   `  .._     ,i′.
      / ./ ノ  jバ¨⌒'<,//>、      `≧r‐‐〈ハ.、
     ,{  i{ {  /i.ノ{ 、 {ヽ./∧    /,ノ^}   ヽ./





             _, -‐‐-
           .   ´〃      `  、
       /                  \
     /     ‐-            ヽ
.     / /         `ヽ         ヽ
    / /           ヽ          ハ
   ,       |    、              |
    i      |    | \  }           j    「あれじゃ、足りなかったんだ」
    |       |    |'´ 八jハ        ,
   l     |、_ト .__,从ィ笊ラハ{          /     「だから、もっとお金の稼げるバイト探してて……
   ',  \Nァ=ミ、   ノ Vソ |  /    〃      ボクがバイトしてる店の常連さんだった、
        ⌒ Vソ         | '      /(       この人達にも聞いてみて……」
    ヽ  }ハ   、       ノイ    ∧
       \  }ト、   _     |    ,        「そしたら、『こんなバイトがあるんだけど……』
        \ 个ト .      .イ |     {         って、教えてくれて……」
          i  l | N≧ 爪   |  ∧ハ
          l∧  |___ ノ}  ハ '   \
         ノ ハ |    ,     }     \
         / lハ|       ___       ヽ




81 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:47:57 ID::Px9khQW6


                       /     `丶、
                        /     , /ヽ、  \
                    ,__ノ   / /|/L.._ },ハ|  ト、
                    `7   /|/´   ,_  |  |
                      レ ハ{ ,ノ        j |
                      |ハ j、  !   __   ハN    「だってノエルちゃん、結構可愛いからね~
                        `|,ハ.  、'´ /  八|      こういう子を出したら売れると思ったのさ~テヘッ★」
                          \  ̄   / |リ
                                - ゙   |
                             _」       |、_
                  _,、____ ,. -‐ヘ,寸 }     _} 厂` ー- 、
                  }: : : /    V '、   ‐,ァ゙ /      `ヽ





                                    '壬::::::::::::::::::::::::::::::::>: : : : :ー、: : i: ::: : >ー
=─ ..                                /、 ヽ:::::::::≧::::::-‐ニ二: : : : : : : }:::::::>´: : `
     `  、                       〃/´{:::::::::>´" >‐''': ̄: : : >:::::::::V::::::::ニ: : : : :
        ` 、                   イ/  /::>',ィ、 ´レ‐''>::::::::>'::::::::::::::::::::>´_: :
           ` .、                 ,'/{ > ´   `<:.ヽー‐ ´ V::::::::::::::::::::::::::::/: : :}:
     .,'           ヽ               , 'ゝ>'    {゙ヽ、. Ⅶ|     `<::::::::::::::::/,: : :}:/
    /          ヽ                  }>´.    、匕又{:.:|  /     ` </::::/: : : : :
   ./                `ヽ          ./.       > /入:>V / /  <壬:::://: : : :
   ./             _><_      ./}          ヽ  〃 ∠   _._/::>::::::{: :/{/
  /             >‐ ´  ヽ  ` ー-、ニ>´ .i              /  ニミ三_::::::}´V:::::::::::::/:
../       >‐ '´       ,___ンi   i  ト、         ./  .ヤ ト公,、  `Ⅵ=}:::::::::::::::::
      /         . < ̄  /     i   .i   く\     .,     .:>=ニ‐'   /壬}::::::<´
      , '    、 ,<´   `ー、ヽ     i   i  =、 .\\ ´゛      `" "  ,<´//⌒゙ ̄
     ./       `ー───ヽ.ン  ヽ、   i  、   \ \\          / ___../
   ./                /    .ヽ  i  \.   \ ` くゝ       /ー''´
  ./        ー‐ ''  ̄ ̄ }      V _}   \    "  _  . <     「お前さんと違って、下手なジュニアアイドルより
//               〃、      `ヽ'7 ‐- .._ヽ. <´  /´        ルックスはイケてるしな。こいつは大ヒットモンだぜ、
. /           ` ー‐ ´} >-- .、   ヽ、     ̄ ̄'''>/           カッカッカッカッ!」
/                / / /  >、   `\      / |

     ┌─────────────────────────────┐
     │……またもや失礼な事を言われたない子さんでしたが、       ......
     │ない子さん、最早粗暴そうな男の言葉は左から右へ受け流し状態。   │
     │                                           .
     │ノエルが「自分から出たがった」という事実は、             .....
     │ない子さんにかなりの衝撃を与えていました。               .
     └─────────────────────────────┘



82 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:48:15 ID::Px9khQW6


                    |\_  ̄ト、ー―-、
              _____> \| L___|
              >_____    ___ <
             l/        ヽ /    \!ゝ
             /      /ミヽ Vr勿\   \ヾ
              //   / >-―┴┴-∠\lV \\
         /       r' _,ノ           :`ヽ: :\
        /イ    .r'´厂/             ヽ: :ヽ
       / / :/V|V } r'〃     /        `ヽ  ': :丶
        / :/::  .::r'/ /    〃    ,           '.  ': :リ
        |:/l::::: .::::{″′   .′   /    :i i       : ::l
        | |::::/:::爿 i     l !  _厶斗 |LL !  | !: ::!
          |:::|:::::::::i | | 斗i'´/从」人__ノ_j_」_`ト l i:::::|
         |::|!::: |::Ⅵ v   ,ィf^    ィトxiト、/ l: :::|   「……寒凪さん。そんなに……お金が必要なの?」
           |ハ:::|、:∧从   ヒ_り    ヒ.り {レ′′|
           Ⅵ V:::Vハ   '.  u     ′   ノ /,イ!レ′
             `{ V:|ヾ: ハ   ト、  (_`ア  .ィ 〃/ リ
               . '´ ̄ハ  |} >‐ァ≦千l {ル'
             /   { ハ |     ′} } l|/ハ
              .′    ヽ }人ヽ__.ノノ丿!′ i
                i      ト、 、二二´イ ノ i  |





             _, -‐‐-
           .   ´〃      `  、
       /                  \
     /     ‐-            ヽ
.     / /         `ヽ         ヽ
    / /           ヽ          ハ
   ,       |    、              |
    i      |    | \  }           j
    |       |    |'´ 八jハ        ,
   l     |、_ト .__,从ィ笊ラハ{          /    「うん。だってボク、『やらなきゃいけない事』があるから。
   ',  \Nァ=ミ、   ノ Vソ |  /    〃       でも、それをやる為には、たくさんお金が必要なんだ……」
        ⌒ Vソ         | '      /(
    ヽ  }ハ   、       ノイ    ∧
       \  }ト、   _     |    ,
        \ 个ト .      .イ |     {
          i  l | N≧ 爪   |  ∧ハ
          l∧  |___ ノ}  ハ '   \
         ノ ハ |    ,     }     \
         / lハ|       ___       ヽ

      ┌──────────────────────────────┐
      │またです。また、『やらなきゃいけない事』です。                 │
      │一体何が、ノエルにこんな事をさせるまで突き動かすのでしょうか。    │
      │ない子さんには、さっぱり分かりません。                  .....
      └──────────────────────────────┘



83 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:48:28 ID::Px9khQW6

              _   _,
           ___,> Y´'ー -、
          _>z二_ _ __`ー≧__
          >┴'´ ̄`  ‐-、 ̄ 7 <
        , '"         ヽ `Y′之>
      / ./ ,   !   ,へ   ヽ .}<い
      ./  /  ハ ∧ ‐- ハ _,ハ:   ハ V. レ
     |  ! _/_ |/   r≠=ァ!-‐'!ヽ  .} !"i}
     | /.|/r≠、'   | _rソ'|.  ト、  /| ∧ハ  「で、でも、やっぱりこんなの駄目だよ!
     ∨ヽ/.| jリ    ´ ̄⊂⊃.|ノ  /i .八ノ     もし、親や友達にでもバレでもしたら――」
   。   / 7 ´        イ ハ ∧|/ル′
        i八  l7 ̄'ヽ    /V/ |レ
  ⊂    .!/|\  -‐' ,'  /イ、ハ_'゛
    ι    ∨ `ー‐ァE二ニ:::::::`ヘ、_
           `' _ノ;/  \:::::::::::::::::::::ヽ.
            /!::;ー―‐‐'ヽ /::::::::::::::::',.   ┌─────────────────────────┐
    /)    /:/        i':´(\:::::|   │世間体を絡めてノエルを説得しようとするない子さん。    │
   //)/´!  ,|/    "     .ヽr(\\ヘ   └─────────────────────────┘
   | /`i /   /:{   '三'     }`(\ヽ∨|
   /| /´!イヽr/:::::\  , ヽ    .//(ヽ、 |,ハ





                       /     `丶、
                        /     , /ヽ、  \
                    ,__ノ   / /|/L.._ },ハ|  ト、
                    `7   /|/´   ,_  |  |
                      レ ハ{ ,ノ        j |   「ああ、その点については大丈夫だよ。
                      |ハ j、  !   __   ハN    ちゃんとメイクも髪型も変えてから撮影するからね~
                        `|,ハ.  、'´ /  八|     .ちょっと変えちゃえば、意外とバレないもんさ☆」
                          \  ̄   / |リ
                                - ゙   |
                             _」       |、_
                  _,、____ ,. -‐ヘ,寸 }     _} 厂` ー- 、
                  }: : : /    V '、   ‐,ァ゙ /      `ヽ
                  ,_,,」: : j       \\ _//           }、___
                  r'^ 〈 : : /  }      \_,/          _」ン . : : 八_
    /⌒ ー- .._   _,≧ン゙/ ___」                 //. : : : : : >'⌒´

     ┌─────────────────────────────┐
     │それが本当の事なのかどうかは、ない子さんには分かりません。   .
     │だけど少なくとも、この陰険そうな男には、ノエルを止める気など    .
     │全くないようです。まったく、駄目な大人だこと。              │
     └─────────────────────────────┘



84 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:48:39 ID::Px9khQW6


             /            \      \
                            ヽ       \
            /     /           }          ヽ
              / /    ::                 ヽ  ヽ
          / /    .:::|
           ,′   | ::/:|     | / │l    |       }
             |    |  |: |i::   │-‐=l∧    |          }
         |  |八_|八 |`|ハ_:N _  \{∨       j:::  リ
         |    iハ x气ミ     ィ弍≧x /  /      /::::../  「それに、ボク、友達なんていない。
         |   ::::.   Vソ      V)ソ'"/   /      /:::::./    パパもママも、ボクの事になんて興味ない」
         | :|  i::::              /       /:::::./
         ヽ∧ i:::i   '           / /     /:::::イ    「だから、大丈夫」
           \八            //|     .:::::八{
                |  ヽ   ‘ ヽ     ´  |    /∧{
                |    \        イ  |   ://
                | ∧  个:::--r ´    |  .:/|:|\
                l/ ハ   |厶-ハ_,/⌒Yレ| ::| jノ  }
                j_/   ⌒/〈  / | | ∧  〈
              〈     /  人_ノ,,人 ∨  \. \
.               _人  __,/   ノ ̄ /⌒⌒\〉  \





       /ァ=     >x _ .   -─‐-  、::::<  \
       /       r' _,ノ           :`ヽ: :\
      /イ    .r'´ ∨             ヽ: :ヽ
     / / :/   } r'∨     /      、     ': :丶
      / :/::  .::r' ∨   〃 / !      ト、 '.   ': :リ
      |:/l::::: .::::{ ∨′  .′/ .|   ! |  V    i: ::l
      | |::::/:::爿 i     l ハi.|  i LL !  |  !: ::!     「か、寒凪さん……」
        |:::|:::::::::i | |  /、_、i\  |ノ_j_」_`ト: l  i:::::|
       |::|!::: |::Ⅵ v: : : f iシト、 \i  ,.=、 ト、/ l: :::|
         |ハ:::|、:∧从: : : |f代歹    代歹: : {レ l:../
          Ⅵ V:::Vハ: : : '.       ′   ノ: /,イ!レ′
           `{ V:|ヾ: ハ : : ト、 u (_`ア  .ィ: 〃/ リ
             . '´ ̄ハ: : |} >‐ァ≦千l {ル'
           /   { ハ: |     ′} } l|/ハ
            .′    ヽ }人ヽ__.ノノ丿!′ i
              i      ト、 、二二´イ ノ i  |

   ┌──────────────────────┐
   │だけど、ない子さんの言葉は届きませんでした。  ....
   │「大丈夫」というノエルの言葉には、          ...
   │彼女なりの強い意志が伺えました。         ......
   └──────────────────────┘



85 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:48:49 ID::Px9khQW6


          !/ /     .ヘヽV」∠ヽ.   \\\
       __ノ/ .. - 、 ̄ ≠‐ - :.:`ヽへ  \\}
         フ  /             `ヽ:.:V| !   V {
       ///                   Ⅵリ     :、
.        i//                   ∨ハ  i 、 \
       /  ./   /     !   !  、     ∨}  }  厂`
      . |  ./   /     !    !  ト、    ∨} j! ト、
      |  :i   ハi   .|  ! :|   V     j/ j!  レ
       |  :l: :/_ V|∧ _|:_|__|    l    :ハ /V⌒ヽ
        | : : | : : f _,}N_ ⅤN∨__}N__}N.   |-、! ! ! |     「……そんなに、その『やらなきゃいけない事』ってのが大事なの?」
        |: : ∧: l:|f下ィタヽ Ⅵィ卞ィタ厂}|   |rj j!ノ|{
        Ⅴ:lヽⅥ|   ̄   '    ̄´  |   |ノ .!ハ∧ゝ
        ヾ、 \ """      """"u.,i  /: :/
         \/|: >  . _´`__  イ:/: : 厶i/
           _レ> '  /}      }f: : /  ||\
          /´    .|: :`ー一: :´:|: /   ,リ   ヽ
            /  Ⅴ  ハ: : : : : : ;/Ⅳ、 /     ハ
         /   }:    ` ̄ ̄   |{  \ / /   !
        「{   Y´              }//    }、





             /      /      \
                  /     ヽ    ヽ
           /  /    |   /   ハ    '、
                 ,′   /  /∨  j∧   ハ
           {  {    {/l/⌒|   厂Lj V
.             ∨      代)::ア  ̄ イ):ア リ  l |
              } 八.   八|        / 八|
           ノヘ::::::..   |\    '  ,′,′
              ヽハ.  |、     ‐  ノ /      「うん、大事。だって、とっても大切な事だから」
                イ::::} :|: > ,_  <|:: リ
              厂V{ ト、   { ノY^|::人
               /⌒  ∨  ̄ ̄ 人_|/_>
           /(>┬-、 `ー─=彡  〉`ヽ
          /⌒\/  \        /  }ハ
            /    ヽ    }\_roイ  }   ',




86 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:48:59 ID::Px9khQW6


           ,. ´    _ _≧x、  ヽ
            / ⌒ ⌒    \ /ヘヽV」∠ヽ.   \ \
       /   .       \   \   マミ=∨}  }  厂`
.        / //   ,     |   ヽ   '.  / Vハ`ヽへ\\}
       / //  ./l  |  ! |  ヽ,  i   i / / || |Ⅵリ  厂`
.      /〃:!  ハ||  l\|lヘlLA:A}.l   |/ /  ,リソハi  、 \
     |l| | l_l!__||ノ || |l 、l「_⊥ | l   | /  /:|∨} }  厂`
     |l| | N| lハ || リーチィて::ルT | i  ./ l/j} j! ト、
      v{ Nfト,ト,≧、 ´ ヾ:斗.リ| l| | ト、 / j/ j!  レ
     |ヘ {  代:z〉    ´    リ' .ハ } ハ /V⌒ヽ   「……他の事なんて、気にならなくなるぐらいに?
     | ∧ヘ  ハ´ ヽ _._  u./ /ノノ / レ'          嫌な事だって、我慢できるぐらいに?」
     //  v  .i..ト.       // ////
.    //   }!  }`  `7ヲ.´ 7/ /  //|
   〃_r≦二ヽ.jリ} .//   〃リ/〃//| |
    |! .リ  ァヘ. }7|//   /' //l |! /厶| |
    | /{   ィ }イ j〃ヽ   _,/イ-|从{{廴≫x--、
    r{.∧_〈.ノ/ .//    /   〃 Yリ´ /  {
    } \// {{ ∧/イ、\       〃 〃/ヽ   '、
   ノ     ̄ /f 〃/o〉二二二.≫イ    }    }
  {      / .{\{ {o/⌒}}'⌒V´ }__,≧ー~一〈
  {     ハ {\.ンf、__,〃_/ '´   _,.----、〉





     ,′.: : : : : : : : : : : : :::|: : : : : : : : : : : : : : : : : : i}: : : : : : : :::.
 .  / . .: : : : : : : : : : : : : ::|: : : : : : : : : : : : : : : l : : i}: : : : : : : : :::.
    ′.: : : : : : l: : : : :/| : /|: : : : : : : : :|: : : : : :|: ::i}: : : : : : : : : ::i
  / . .: : : : : : ::! : : : :{ | / : : : : : : : : :l: : : : : : :ト; : i}: : : : : : : : : :::l
  ,'. . .:: : : : : : : ! : : : :| l;′ i: l : : : : : : l: : l: : : : | '; :i}: : : : : : : : : :::|
  l. . .:: : : : : : :/! : : : :|    И: : : : : : :| : ;i: : : : | レl : : : : : : : : : : |
  |. . . : : : : : : |  ̄ ̄     l : : : : : : |/l_:_:_:_:|   !: : : : : : : : : : :|
  . . l}: : : : : : l ― __―…  ̄ ̄ ̄ …―__ ― !: : : : : : : : : : ;   「うん、そう。だって、ボクはやらなきゃいけないんだ。
  ヽ. .l: : : : : : :| 〃^f炊卞、      rf炊テ坏`ヽ.,': : : : : : : : : : ,     だから、どんな事だって、我慢できる」
   ∨: : : : : : :!   弋zツ          .弋zツ  .′ : : : : : :|:/
   |. . : : : : : |                       / : : ; : : : : : :|:,′
   l. . : : : : : ト,  ヘノヘノ     、     ヘノヘノ ': : ::/: : : : : : :;′
   |. . : : : : : |ハ                 / : /: : : : : : :/
   |. . : : : : : |込                   ムイ: : : : : : : ;イ{
   |. . : : : : : |/∧        __ __       从: : : : : : ハヽ、
   |. . /i : : : |//'{ヘ、                ///i}: : : : :/  丶 ニ=-
   |. / l : : ::!/ ∨≫ 、         ィ//}'///|: : /l/
   |/  l : : :| /∨i}/|    _       |'/ レiル'/!: /⌒ヽ、 
 .       l/l/ {   \ir!             !/  レ| ;′ /⌒ヽ_
       __yv   ||ー‐==ニニ=彡'l|,へ   ヽ    /⌒ヽ
     /⌒ヽ/     ||          ||  \  }-=-≪




87 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:49:24 ID::Px9khQW6


       ┌─────────────────────────┐
       │力強く、ない子さんを見据えるノエル。            ......
       │普段の彼女からは想像も付かない、             .....
       │強く折れない強固な意志。                     │
       │                                   .....
       │ない子さんは、説得は不可能だという事を悟りました。   ...
       │悲しいけど、諦めるしかありませんでした。          ...
       └─────────────────────────┘

                 ヽヘ      \
                     \\,     ヽ
       |              V∧     Vヽ,
  /   │       !          V|ヾ      ゝ
 .  !  │    │  |    ヽ:      ヽハ      \
  | ∧ ハ   .│   |    ハ     ヾゝ::.:.:.:.:.:.  ヽヘ
  ::, -┴ 、   ::/l  :::ト、    ::l    ..:::Nl :.:.:.:.:.ヽ:.:. |
∠´     ヽ ::__:i l  :::l `、   :l    .:::::j:::.:.:.:.:.:.ハ:. ,   「……そっか、分かったよ。
    ̄`~ヽ `y l l :∧:l__ `、 .::l ::::::::::::___:j:::.:.:.:.:.:! j/    じゃあ私、寒凪さんの事、見て見ぬフリしてあげる……」
  ヽ、    l/ /| -V ̄ヽ   W| ::::「二ヽ|.:.:.:.リ V
、   l   /イ´:::! _______ | :::|┌j l.:.:.:/
_ \. L/ /!::::::| ' ̄|「::::::::::|「 〉 | :::|/// .:(
i ノ`'´  ∧ ヽ::|   ̄ ̄ ̄ ´ l ::::| / :.:ゝ\
二__ __ ,イ /  `       U  } ::::|く´  :.| `ー
 || |「 |l |  r、         ,ィ :::::| ヽ jノ





          /                   \
        /   /       .:/        \   ヽ
.       /   /       .:/::/        ヽ
     ,′               }      jハ  ハ
         :/          /          i |   :i
      { / :;′        /   /  /}    / /| |  |  |
     V .:{:         i   /  /メ   /|: /⌒|  |  |
     八 .::.        | イi|: //___/i_j厶:/厶イ │
     {:ハ::ハ        |/斗七=ミ     ヒツノ/ .:i:ノ  リ   「……ありがとう、委員長――じゃなかった、美筆さん」
.       ':∧:::{   !八ヽ弋)ソ           ::|: |: /
.         j:ハ :::.   |丶:\         '   '  :|/|/
       /⌒ヘ |)、   ::l⌒     _    厶イ::|
.   /⌒フ   ヽ|ハ:.  ::ト      ´   イ  !::|
   /  ´ ̄ ̄ ̄\!  :.   ::| >  _..、< |::i:: :八|
.  /   /:::: ̄`丶\∧  |`ー┴'⌒} ヽ|::i:: l
 /  /\::::::::::::::::::\ヽヘ │    人  )人:│




88 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:49:36 ID::Px9khQW6

             _    .__
             ,> ゛"Y´  <_
           , ',,-≦三三≧ -._ヽ,ゝ
              レ´    .、 \\ `゛ `ヽ、
          / 〃  .,  ヽ j ヽ, ヘ ヽ;⌒
          /   .l   l i!  u  \ l\ \j
        ノl. |  | ! レハ __ヽ\ ヽ、ヾ ,>
        ⌒|.∧ TヾN  |ヽN  | ./l ̄` ム
            ヽ|.',N.〃ミ\N彳;ヽ.ハ/ ! ,人(
          lヽ.l弋丿,  ゞィ丿 .|イ/     「……ただし、一つだけ条件を決めさせて」
          レl ヽ   、  ,イ 人|
           \|へ≧-≦//- 、
            lヽ´ヽ>,-,</  /ヽ
              | |  ヾi-i〃   /   !
              |,'   ∨    ',   .|





                 ___
                ´    ` ̄`丶、
             /     _         \
             _      `\      ヽ
           / /         ヽ      '、
             / /    {   |\       ヽ  i
          ′     ,'|  |  ヽ\│    :|  |
            /     | / |l  i| 七ト-│ }  :| ,′    「……条件? なに、それ?」
        /イ  |  N-八__リ  '弋| /   i /
         | l  |ハ_|{代心    ''' |     八
         |八   i\`´  ,    レ|  :/⌒
         ∨ ' 、   ヽ   、-,  |  厂^>
.               ヽ   个ト  ..__ イ|  ∧_/
               }    |'V⌒ハ  /| ん' >‐ 、
               |人  |人  ┴〈  ∨ムイ   ヽ




89 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:49:46 ID::Px9khQW6


    ノ: : : : : : : : il: : : : : : : : : />-= 、:、: : l: : : : i: : : : :i: : : : : : ∧
 .´´/: : : : : : : : :ll: : : : : : : : // .心` 、ヽ\i: : : /: : : : :.l: : : : : : : :i
    ,': : : : : : i!: : :l ヽjヽ、: : / ′レ:::::::i i ノ'i: /: : : : li :l: : : : : : : :.l
.   i: : : : : : ::l >´心   \j    V:し::; /  ノ:': : : : : :l!/ヽ: : : : : : i.!
.   l: i: : :i!: : l l レ::::i         `ー'    /: : : : /′ i: : : : : : l::l
.   l/l: : l.l: ::l. ', Vノ               /: : : : / /: i!: : : : :i!:.l
    \! l: :l   `´                 /: : : /<´: : : :!i: : : : ll: l
        l: :い    `         u  /: :.//: : : : : :./l: : : :,/l/   「……寒凪さんの『やらなきゃいけない事』、私にも教えて。
       ヽ.',                    / //: :/: : : :/ .l: : : /     これだけ教えてくれたら、私は何も見なかった事にするよ。
           ヽ.     i`´ヽ       ' ,.イi、: : :i: : : :/ .l: : :/     たまたまこのビルに迷い込んだ、変な美少女って事にしてあげるね」
           !>..   `ニ´      ,. イ三三ヽ/l: : :/  .l: :./
                !>.._ ..<´三三三三三ニ.ソ  .l; ´
                    ..<i三三三三/三三.ヽ  ′
               r'´三三三三三三i三三三三.ヽ
               /k>'´ゝ、人三lllく´ヽ三三三三i





                    -- 、 ,ィ -- 、
                  ,.-‐ '´ r-ミヽ / へ,.-、\
               / _/ ̄ .r-、ヽ/___   \.\
                 / .// ..:..:..:ム___.∨:___ヽ.   ヽ ',
            <...:.l..l l..:.:ハ..ト、       }..:..:..:..:.l ヽ
            ≦..:..:..vl:l >l-トl、 l  ,  レ }/l.:./: く
             ろ_..:.l..:| ¨_二ヽニァ}.l l ___ノ,ニ>イ..:..:ミ
          ,. -く. /.}__:l  ! {_:j ' >  Z''r‐-、 }..:__.「    「びっ、美少女って……! プッー!!
          l   / Y.:.:.}-<´       |       l/r V     ちょ、それマジでありえねーってwwwww」
          r┴‐く ̄.|`'7  } xxx   |   xxx ムy /
          /¨'‐ 、. \\|  {      ' ^   u  .ム ノ
          |ヽ   `く ). ` l  r――――‐ァ  /¨             ┌────────────────────┐
         l  `¨' ‐ク   |  `ー……―'  ./             │……失礼な茶々を入れる粗暴そうな男は     .
        ',        /\    ̄ ̄   ./l            │放っておいて、二人は会話を続けます。      .
         ヽ        ,.イ_ . \     /  |>、          └────────────────────┘
      ___/ `ー   /|  `  、_ ̄ ̄_,. -‐'  .| \-- .._
__.  -‐ ' , -/ \     / .|   | ̄`'┴┴  ̄|  .|   ヽ     ̄¨ ー―‐┐




90 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:49:56 ID::Px9khQW6


             /      /     / /  \        :::::::ヽ
                / /     /|      ∧   ヽ        :::::::::::
            / /     / :|      /::::|    ';        :::::::::::|
              / /        :|     i/ :::::|    :|     丶  :::::::::|
              ,′   :i     /:|     │:::::::|    :|      ヽ::::::::::|
          i  :|   :|   /::::|     │   |    :|       ::::::::|
          |  :|   :| i │ | i   i |   | |\  |        ::::::::|
          | /|  /| i │ | i   i | _| |  \│      :::::::::|
          | ::八i |八|  {ー-|八___N´ __ | 厂 `フイ        :::::::::|
          | i:  ーヘ ≫=zミ_       ´x==ァ≪. /       :::,'| ::|
          |ハ::.   i:. ヽち:::ノ`      ち:::ノ '"/ /     .:::/ |::/    「……ボクの、やりたい事……」
          |  ::.   iハ                 / /     ::::i j/
              ヽ::   i::::.     ,       / イ     八{
              ∨ i::人            //│    (  \
              |:: i:: :丶、   ‐-      / |     厶-- 、
              | i   ::::j:::> 、    イ:::::/|   /⌒ヽ::::.::\
              レ|   :::∨ \::::厂::::::::: _/ │  ハ\/ :.::.::.:`⌒\
                 |   ::/|    ̄ ̄ ̄´     |   /::.::.::.:ヽ   .::.::.::.::.:)
                _人|  ::|八       ___ノ| i/   ::.::} ̄ノ⌒><
            /{ 八  ::|  ー─=ニ二      | |   ..::.ノ'´⌒\////\

    ┌────────────────┐
    │ノエルは、少しの間だけ迷う様に  ......
    │下を向いて、そして――        ...
    └────────────────┘



91 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:50:06 ID::Px9khQW6


     /.. .: : : : : : : : : : : : :|: : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: : : : : : : 丶
     ,′.: : : : : : : : : : : : :::|: : : : : : : : : : : : : : : : : : i}: : : : : : : :::.
 .  / . .: : : : : : : : : : : : : ::|: : : : : : : : : : : : : : : l : : i}: : : : : : : : :::.
    ′.: : : : : : l: : : : :/| : /|: : : : : : : : :|: : : : : :|: ::i}: : : : : : : : : ::i
  / . .: : : : : : ::! : : : :{ | / : : : : : : : : :l: : : : : : :ト; : i}: : : : : : : : : :::l
  ,'. . .:: : : : : : : ! : : : :| l;′ i: l : : : : : : l: : l: : : : | '; :i}: : : : : : : : : :::|
  l. . .:: : : : : : :/! : : : :|    И: : : : : : :| : ;i: : : : | レl : : : : : : : : : : |
  |. . . : : : : : : |  ̄ ̄     l : : : : : : |/l_:_:_:_:|   !: : : : : : : : : : :|
  . . l}: : : : : : l ― __―…  ̄ ̄ ̄ …―__ ― !: : : : : : : : : : ;
  ヽ. .l: : : : : : :| 〃^f炊卞、      rf炊テ坏`ヽ.,': : : : : : : : : : ,
   ∨: : : : : : :!  弋zツ           弋zツ   ′ : : : : : :|:/    「……うん、分かった」
   |. . : : : : : |                       / : : ; : : : : : :|:,′
   l. . : : : : : ト,  ヘノヘノ     、     ヘノヘノ ': : ::/: : : : : : :;′
   |. . : : : : : |ハ                 / : /: : : : : : :/
   |. . : : : : : |込                   ムイ: : : : : : : ;イ{
   |. . : : : : : |/∧        __ __       从: : : : : : ハヽ、
   |. . /i : : : |//'{ヘ、                ///i}: : : : :/  丶 ニ=-
   |. / l : : ::!/ ∨≫ 、         ィ//}'///|: : /l/
   |/  l : : :| /∨i}/|    _       |'/ レiル'/!: /⌒ヽ、 
 .       l/l/ {   \ir!             !/  レ| ;′ /⌒ヽ_
       __yv   ||ー‐==ニニ=彡'l|,へ   ヽ    /⌒ヽ
     /⌒ヽ/     ||          ||  \  }-=-≪
    /     \   ||        /~    ヽ〃    \

     ┌─────────────────────────┐
     │と、ない子の目を真っ直ぐ見据えながら、頷きました。     .
     │                                   .....
     │何故かない子さんは、そんなノエルの事を、         ....
     │いつもよりキレイだな、と思ってしまいました。          .
     └─────────────────────────┘



92 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:50:16 ID::Px9khQW6


          !/ /     .ヘヽV」∠ヽ.   \\\
       __ノ/ .. - 、 ̄ ≠‐ - :.:`ヽへ  \\}
         フ  /             `ヽ:.:V| !   V {
       ///                   Ⅵリ     :、
.       i//                   ∨ハ  i 、 \
       /  ./   /     !   !  、     ∨}  }  厂`
      . |  ./   /     !    !  ト、    ∨} j! ト、
      |  :i   ハi   .|  ! :|   V     j/ j!  レ
       |  :l: :/_ V|∧ _|:_|__|    l    :ハ /V⌒ヽ
        | : : | : : f _,}N_ ⅤN∨__}N__}N.   |-、! ! ! |     「……約束だからね。
        |: : ∧: l:|f下ィタヽ Ⅵィ卞ィタ厂}|   |rj j!ノ|{      もし破ったら、針万本飲ませてやるから……!」
        Ⅴ:lヽⅥ|   ̄   '    ̄´  |   |ノ .!ハ∧ゝ
        ヾ、 \ """      """" ,i  /: :/
         \/|: >  . _´`__ u .イ:/: : 厶i/
           _レ> '  /}      }f: : /  ||\
          /´    .|: :`ー一: :´:|: /   ,リ   ヽ
            /  Ⅴ  ハ: : : : : : ;/Ⅳ、 /     ハ
         /   }:    ` ̄ ̄   |{  \ / /   !
        「{   Y´              }//    }、

   ┌─────────────────────┐
   │すぐにない子さんは、頭に思い浮かんだ        │
   │妄思を払い除け、後日顔を合わせる約束を    .
   │済ませると、そそくさとその場を後にしました。  ....
   └─────────────────────┘



93 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:50:27 ID::Px9khQW6


                       /     `丶、
                        /     , /ヽ、  \
                    ,__ノ   / /|/L.._ },ハ|  ト、    「ああそうだ、もし良かったら、
                    `7   /|/´   ,_  |  |      .君にもサンプルあげようか~?」
                      レ ハ{ ,ノ        j |
                      |ハ j、  !   __   ハN
                        `|,ハ.  、'´ /  八|     「キューティークルなノエルちゃんの、
                          \  ̄   / |リ     .ちょっとエッチなイヒヒヒ映像が満載だよ~★」
                                - ゙   |
                             _」       |、_
                  _,、____ ,. -‐ヘ,寸 }     _} 厂` ー- 、
                  }: : : /    V '、   ‐,ァ゙ /      `ヽ
                  ,_,,」: : j       \\ _//           }、___
                  r'^ 〈 : : /  }      \_,/          _」ン . : : 八_
    /⌒ ー- .._   _,≧ン゙/ ___」                 //. : : : : : >'⌒´ ̄
  ,ノ. : : : : : : : : : `'<.._ ̄ ̄ ̄  !                  /_... : : : /. : : : : : : : :
  |: : : : : : : : : : : : : : : : : :二` : : : ;ハ                /. : : : : :/. : : : : : : : : : :
  !: : : : 、: : : : : : : : : :`¨ニ=- : : : : :,                 /. : : : '´. : : : : : : : : : :/
  }、: : : : .\: : : : : : : : : : : : : : :`ヽ: :}     ``           ム._/. : : : : : : : : : : :/. :
  {: :ヽ、: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|              厂 : : : : : : : : : : : :/. : : :
  {ゝ、: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|             , : : : : : : : : : : : : : : : _:ノ^´





                  
                |\_  ̄ト、ー―-、
          _____> \| L___|
          >_____    ___ <
           l/        ヽ /    \!ゝ
        /      /ミヽ Vr勿\   \ヾ
       //  >-―┴┴- ∠.:\lVVV\\
     ∠/  /            ヽ   ゝ 》
     /:/: . : /: . : . : . : . : . : . : . : . :┛┗ヽ: . :}: | ノ
     /:/|: . /: . : . : . : . :/: . : . : . : . :┓┏  ',:.:| :∧
      |/ :|: /: . : .:/: . : . ハ:: . : . : . : . : . :  .  ', |'  |
     j:/!: . : .,': . : .:/: .|: . : .// /レ'|i ト、|: . N  l      「……い・り・ま・せ・んっ!!」
      ハl   l  /ヽ、_、;: | ,_,.ハ\ヽ l i |.| l l|
      ヽ!  ハ ./-― o- ヽ! - o―- 〉  l l !.| l |
      i Y/  Y.l ` ー     ー ' / 》 ///i  |. |
      .| l !    |´´´    '   u´´ イ// /レ'|  i ト、|
        ハ~、ゝ>、   (_)   ∠/ / /レヘ トヽハノ    .┌──────────────────┐
         レ//, 、/⌒ > - ァ ´ ム ム/             │陰険そうな男の、人によってはとっても   │
         /,.-/_ く  `ー '"´   ノ  \          │魅力的な申し出を、ハッキリと断って。   .
      . / __)/`ー--- ‐ '"ヘヘ   ヽ         └──────────────────┘
       /    ___ノ    ,.     il    〉
       !   __,ノ   /      ヽ   l




94 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:50:37 ID::Px9khQW6



                       ●


                       ●

                      ッィ
                  __∑仆≧
                / , , ヽ`‐ £
            ,-ヽ  |/i /|/! ∧.l u i.|
            ゝ、)   |/T |/ T`|)ル/  テンカン チュー…
              σ-=‐--- 、-`、
               | .バメン φ__)ヽ
             ̄ ̄`ー=一' ̄ ̄ ̄ ̄

                       ●


                       ●




95 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:50:48 ID::Px9khQW6


┌────────────────────┐
│数日後、終業式も終わった夏休みの初日。   │
│                            ....
│ない子さんは、額ににじむ汗を拭いながら、    │
│待ち合わせの場所に向かいました。       .
└────────────────────┘





――――――――――― |_|::|─‐――――――――――――――――|_|::|―| | ..:|
  _______ __  _ _________________ __  | | ..:|
  ―――――――||    | |::|          ||┌――――────┐ | |::| ...| | ;;┌────人┐、
. .ヒデオ専門   .||    | |::|          ||│2F   Mド ナルド  .│ | |::| ...| | ;;│ピーーチク.(_,、;;) l
  _______||    |_|::|  _________________.||└────────┘ |_|::| ...| | ;;└─────┘′
     /_/_/_/_/_/ || ___    /_/_/_/_/_/_/_/|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/_/_/_/_/_/_/.| | ..:| /_/_/_/_/_/_/
  \   ..|     .|||::::::::::: |        |    .||                |::::::::::===| | | ..:|  |      |
.  \   .|[]   .|||::::::::::: |     __|  / ||               ..| ::.. ====| | | ..:|  |      |
       |     .|||::::::::::: |     /..:..;../ / / ||          || ̄|   | :::=====| | | ..:|  |      |
       |     .|||/  |    /::...:::/l|    .||          ||_|   |::======| | | ..:|---------------
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ⊥   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `='



         ┌──────────────────────┐
         │外とは打って変わって涼しい店内で、        ......
         │紙細工の様なハンバーガーをしゃむしゃむと      .
         │齧(カジ)りながら、ノエルはちょこんと座っていました。 │
         └──────────────────────┘




96 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:51:01 ID::Px9khQW6


             /            \      \
                            ヽ       \
       \   /     /           }          ヽ
         ― ./ /    ::                 ヽ  ヽ
       / / /    .:::|
           ,′   | ::/:|     | / │l    |       }
             |    |  |: |i::   │-‐=l∧    |          }
         |  |八_|八 |`|ハ_:N _  \{∨       j:::  リ
         |    iハ x气ミ     ィ弍≧x /  /      /::::../
         |   ::::.   Vソ      V)ソ'"/   /      /:::::./    「あっ……委員長だ」
         | :|  i::::              /       /:::::./
         ヽ∧ i:::i   '           / /     /:::::イ
           \八            //|     .:::::八{
                |  ヽ   ‘ ヽ     ´  |    /∧{
                |    \        イ  |   ://
                | ∧  个:::--r ´    |  .:/|:|\
                l/ ハ   |厶-ハ_,/⌒Yレ| ::| jノ  }
                j_/   ⌒/〈  / | | ∧  〈
              〈     /  人_ノ,,人 ∨  \. \
.               _人  __,/   ノ ̄ /⌒⌒\〉  \
           / ー‐'´   /  / _/______ \  ノ
             〈       /{__/ /::::::::::::::::::::::::::::::: ̄\{
             >           /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\

    ┌────────────────────┐
    │約束の時間には遅れていない筈ですが、    .
    │大分前から待っていたのでしょうか。      ....
    │汗でダラダラのない子さんとは対照的に、    │
    │涼しそうな顔をしています。            ...
    └────────────────────┘



97 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:51:20 ID::Px9khQW6

              .     ,イ
                . / .l
          、..,,_,,..、 .{  .', .,⊿´
           `'<__,.ィiヽ!   Y .i'>=.,
           ,.ィ" _,〃---'゙ミ=、ヘ,_`'=.,
          / ,イ´ /     ', `㍉.',ベ=ヘ、
         ,∠/            ',}.ヽ,ヘ .)
        〆'   ,' .,' ,'   ', . ', .!  ', ',
        ./,' ,' l  l ,'    ', ',. ', .', . ', ',
        /.,'  l .l  .! ,'    i l .l ',.! .',  l ',
        ,' .l  ! .',  l !   . l!.l. l, lソ . ! i ',、',     「……ない子でいいよ。みんなもそう呼んでるし」
      . l.i l .,  .i, l, ',l,     ,'l l,'ソⅥ l  l l.',Nヽ
   .     |.|从!  」,Lエ、 ',.',   .,'T丁T‐! l .l l .l.} `ヽ、
.         Ⅳl l',  .l _,V,,,_ヾ\,ノ ,=f乍┐ / /,',' !l
      . l| .ll 'ト, .',". 込} `    Vソ, / /.,'.,' .リ,
         l! .',ヘ'、 ''¨  、   ¨´ノ,イ ,' ,' ./ ヘ
           ', l >._   __   ,ィ",' ,'./X ∠~''=、
            'l .lヽヽT= ....' .i' ,'l ///: 〉’ : : : : : ゙',
           ,=',.l‐ヘヘ|、    l ,' l,'〃: : / : : : : : : : : ',
          /: : :',!: : l ,,_   ,,... /: : : : : :.{.; : : : : : : : : :',
          ,': : : : : : :.ヘ、   ./: : : : : : : : ゙l : : : : : : : : :',
            l : : : :,': : : : :`l==r": : : : : :.l : : ヽ; : : : : : : : :',
         l : : : :,': : : : : :.|  '; : : : : : : :',;: : : :'; : : : : : : : :'l





             _, -‐‐-
           .   ´〃      `  、
       /                  \
     /     ‐-            ヽ
.     / /         `ヽ         ヽ
    / /           ヽ          ハ
   ,       |    、              |
    i      |    | \  }           j
    |       |    |'´ 八jハ        ,
   l     |、_ト .__,从ィ笊ラハ{          /  「……うん、分かった、いいんちょ――
   ',  \Nァ=ミ、   ノ Vソ |  /    〃   じゃなかった、ない子……さん」
        ⌒ Vソ         | '      /(
    ヽ  }ハ   、       ノイ    ∧
       \  }ト、   _     |    ,
        \ 个ト .      .イ |     {
          i  l | N≧ 爪   |  ∧ハ
          l∧  |___ ノ}  ハ '   \
         ノ ハ |    ,     }     \
         / lハ|       ___       ヽ

    ┌──────────────────────┐
    │おまけにノエルの顔色は、夏も既に         ......
    │盛っているというのに真っ白です、美白です。      │
    │ない子さん、正直ちょっと羨ましかったりします。   .
    │こういう所は女の子らしいね、ない子さん!     ....
    └──────────────────────┘



98 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:51:34 ID::Px9khQW6


       ┌─────────────────────────┐
       │本当はオレンジジュースやポテトが食べたかったけど、  .....
       │微妙にダイエット中なのでウーロン茶だけを注文した     .
       │ない子さんは、ノエルの向かいの席にどさっと座り、      │
       │さっそく本題に入ります。                      │
       └─────────────────────────┘

                、  __
           ィ ‐、|V´ <
          /__/:\∧. :.\
        / ̄. : . : . :⌒ヽ. : .\
       /. : . : . : . : . : . : . :∨. : .',
.      /. : . :,-、. :斗- 、.:|. : .|. : lヽl   「……で、さっそくで悪いんだけどさ……」
.       l. :|. : _l__!.:.:」_」i__ :!.:l.:.!. : ! `
        ヽi: |.:(●\|●).:l :l./:!.:/
         ヽ. /⌒ヽ、 ''iレ!イ /レ    「寒凪さんのやりたい事って、一体何なのかな?」
.           / __ r∩レ<レ'
.           ヽ辷)_} {ス
       / ,ィ′匚}\ \ヽ
      `ー/      ヽノ
      /   ヽ |    `ー--、
.     ∠ィ¬'⌒ヽ i |     /}}





      : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/: : :/: : : : : : : : : : : : : : : :i ヽ: : : : : :
      : : : : :/ : : : : : : : : : : : : : : : /: : :/ : : : : |: : : : : : : : : : : :i : i: : : : : : :
     : : : : / : : : : : : : : : : : : : : : /: : :/ : : : : : : : : : : : : : : : : : i : i : : : : : : :
    l: : : : ′: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |: : : : : : : : : : / ! !: : : : : !: :
    | : : : |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.i..: : : : : : : /:/ |: :|: : : : : |: :
.     !: : : :|:.: : : : : : : : : : : : : : :l : : : : : / : : : /|:.: : : : : : /:/  :|: :|: : : : : |: :!
     |: : : :. : : : : : : : : : : : : : : :|: : : :__/: : : :/-|: : : : : :./'7 ̄ 了 |: : : ;.ィ: :.|
     |:./: : ', : : : : : : : : : : : : : :.i: : /:./: : : ;.' /: : : : : /|/    |/ | イ : : : : !
     |ハ::::::::. : : : : : : : : : : : : : iイ//_/   ̄ ̄ ̄ ,xrや㍉ /.: i:.: : : : :    「……ちょっと、長くなると思う。
     |  ヽ::::::.: : : : : : : : : : : : : i. ≪¨て::うヽ       いノ ' .: : : !: :|: : ,′    それで、いいなら……」
.         \::.: : : : : : : : : : : : :i.   乂_り           ¨´ .: : : : i: :.|: :,′
.            ', .: : : : : : : : : : : :.\               ; : : : :.i: /|:/
.         _ ', : : :|:.:: : : : : : : |  丶        '     {: : : : :|/ .|'
      /:. :. :. ', : : !' : : : : : : : |                    八 : : : l
.    _/:. :. :. :. :. ', : :! ', : : : : : : |          ,..      .イ:.: : : : :.!
  /:. /:. :. __:.: ' : |:. ', : : : : : :|` .           イ:::::::::: : : i : |
. / :. :. :. :. :. :. :. :. : : ', | :. ', : : : : :.:丶 `       /  l:::::::::: : : :|', |
. /:. :. :._,、 -――‐--...',|.:.:. ', : : : : |:. :.\_{__ `¨´ヽ: \ !::::::::: : : :! ':|
/:. :./\///////\:::::::``: ', : : : :! :. :. :. :. :. :. :. :. : }ヽ:.:ヽ::/|:: : : :!

     ┌──────────────────┐
     │と、前置きをして、ノエルは、        ....
     │ぽつぽつ、ぽつと話し始めました。      │
     │                           .
     │以下、彼女が話した内容の概要です。  ....
     └──────────────────┘



99 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:51:45 ID::Px9khQW6



    ┌──────────────────────────────┐
    │                   _____  . -- 、                    │
    │             /.::-  ― -.:/:/⌒:.:.、                .....
    │            / .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ               ......
    │.            / .:.:.:.:.:.:.:.:.:/ .:.:.:.:.:.:.: \:.:.:.:.ヽ                │
    │           / .:.:.:.:.:.:.:.:.:./ .:.:.:::::八.:.:.:.:.: ヽ:.:.:.:'               ..
    │           l .:.:./ :/ :::/ .:::::::/  ヽ:.:. }:.: }::.:.:.|                .
    │           l .:.:.l ::{ ::::{ .:.:::::/   .」_ハ:: l::.:.:,′               .
    │.           ' :::::, ::\弋ト.::::|  /_}/_jノ::. /     _         .
    │              ヽ:::\‐f予ぇ、:|   f::::c}ノ:::/:|    ,〈/ハ       ......
    │            \::::`代:::タ    ` ‐' ケ::.:.:|:|   / `〈_ノ       .....
    │                } .:.ゝ、  、' ノ  ノ::|:.:. |:レ/   .| | |         .
    │               ノ .: .::/ニニヽ--‐ 升:⊥イ       | | |         .
    │          ィニく _/:.:米 >' / ̄           /:/ j        .
    │         / {三ノ   {二_Y二Y_二__}          し: 人        .
    │           / / /     {___rvvュ____}    ___ト\  \:\_   ......
    │.        / / /     { ̄ ̄`^^' ̄ ̄ \_/   |)) }    フ7ァy:7     │
    │       _{ lノ     イ――――‐ァ尓< {     ∨./  ,ィニ{{((7   ....
    │  ______人    } / {      /  l:lヘ  〉     ∨:  {{((ゝミフ    ...
    │  |____/ノノ }   八:::::::} ̄ ̄/   j:} V       \ ゝミフ       .
    │  {:. ヽミ二彡へ  /::::.:::::::|   .二 7ヽ尓  \        ̄ ̄       .
    │.  ヽ   /〃二ミ> .:. ::.:.:::::|  〃ィ=/  :|  /               ......
    │   〉 ,. 二 く二ス\ .:.:.:.:::::|  {{((:/  ___|/                 ....
    │   {/:二ミヽ,フ:::::\\.:.:.:.:|ニ ヽミこ弋V/ \__ ィ                .
    │   ∨r‐ミ:>へ ::::::::::\\.:トヽヌヘ   7::::::::::::::::::ノ               .
    │.    \/    \__\`廴L}_}__/___::/                 .
    └──────────────────────────────┘

               ┌───────────────┐
               │ノエルには、妹がいました。     .
               │名前は紫、寒凪紫といいます。    .
               │彼女の3つ下だったそうです。    │
               └───────────────┘



100 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:51:55 ID::Px9khQW6

                 ___
                ´    ` ̄`丶、
             /     _         \
             _      `\      ヽ
           / /         ヽ      '、
             / /    {   |\       ヽ  i
          ′     ,'|  |  ヽ\│    :|  |
            /     | / |l  i| 七ト-│ }  :| ,′
        /イ  |  N-八__リ  '弋| /   i /     「ほら……可愛いでしょ」
         | l  |ハ_|{代心    ''' |     八
         |八   i\`´  ,    レ|  :/⌒
         ∨ ' 、   ヽ   、-,  |  厂^>
.               ヽ   个ト  ..__ イ|  ∧_/
               }    |'V⌒ハ  /| ん' >‐ 、
               |人  |人  ┴〈  ∨ムイ   ヽ
                   ∧│    _人 |::::::::|     '.
              / Vト、    /∨ ::::::|     '.





                             /i
                   ____ / ー .. _
                     >          <
                   ノ  ,{><><}- .._\
                     , _´  _/          <  ゝ
                    '´/ <  /           ヽ.   \ヽ
                 /  ノ ,. ' i     :i  ヽ       >
                    i//: :   l    :l   \  i   : :i
                    ∠: : : : i: :i: l: : i: : : :l: : :.i : : : : : : : :人    「……確かに、可愛い……
                  | :/: : : l :!ⅣNヽ: : | iⅥ/i/ヽ: : : : !´     というより、キレイな子だなぁ……」
                 |/i,ヘ i!: i下刀  ヽj乍;;丁! : :i/ /、\
                 / .,ヘ!i l弋::ノ   弋:::ノ从:./:/∨\.>
                ヽ /ヽ: : ト.、"  ー   ",.イ:./i/
                      `iル!∨i≧_‐-‐_≦i/i/
                          /十'il`十'` 、
                      / i .∧ i .∧ i .ヘ
                       / .! .> i.| i < .! ヘ
                        /  / .\!|.l/ ', ヘ

    ┌─────────────────────┐
    │ノエルの携帯に入っている、             ..
    │彼女の写真も見せてもらいました。          │
    │                              ..
    │肌が陶器の様に白い、キレイな少女でした。     │
    └─────────────────────┘



101 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:52:05 ID::Px9khQW6


            /   /                :.
          '   /    /             ハ
         i   '    /l     l   ト.       l }
         l    ハ-/‐l ,   |、 」_!  ,     | /
         八  ∨ jノ .|ハ.   | ヽハlヽ/    //
          ヽ ハ ヾヒテ' \|`ヒテ>ハ    /, |    「ホントにね……ホントに、可愛かったんだ」
           |  ゝ :::::      ::::: 厶イ  /∧|
           |  ∧    ′     ._, l  '/
             И  ト.  ` ´   .イ/: l /       「ボクなんかより、ずっとね……」
           , -‐ヘ.  |l `≧=-<__|_厶  ∧
        /> 、 ヽ|`丶、    / / ∧厶ヽ
       /⌒′  \      ー=≠\^ イく/ \>、
.      /         丶 、      /ヽ  }    }∧
      { \         |` ーr‐ ´   | \!   / }

    ┌─────────────────────────┐
    │そう愛しげに、だけど寂しげに微笑んだノエルもまた、   ....
    │ない子さんからしたらとっても可愛くて。            ...
    │                                   .....
    │悪いとは思いつつも、ない子さんは、              .
    │少しだけムカついたのです。                      │
    └─────────────────────────┘



102 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:52:15 ID::Px9khQW6

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 .:.:.:.:.:.:.:.:..    :..:⌒;       "         __,、
ヽ:_:.:.:.:.:.:. :. .: .:.:.:.:..:.ノ:::: ::: :: :        ,rヽ'⌒ `^j   ヽ ..:
   ̄ `ー ‐-‐一´:::: ::: :: :       r'´       `ー'⌒ヽ`ー、:.
   :::: ::                  ヽ,  ....... ... .... . . .. .⌒ヽ
     ┌―――――‐‐:、          ヽ.:.:._:_:.:.:.:.___:::.:.:.:.:..:::.:.:ノ
     | 田 村 医 院 | \
     |             |  |     o
TTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTネTTTiヽ、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|\
冂冂 冂冂 |  || 冂冂 冂冂 冂冂 冂冂  .|  \
二二二二二|  |l二二二二二二二二二二二二!   |
冂冂 冂冂 |  || 冂冂 冂冂 冂冂 冂冂  .|   |
二二二二二|  |l二二二二二二二二二二二二!   |
冂冂 冂冂 |  || 冂冂 冂冂 冂冂 冂冂  .|   |
二二二二二|  |l二二二二二二二二二二二二!   |

   ┌───────────────────┐
   │と、そんなどうでも良い事はおいといて、  ......
   │とりあえず話を続けましょう。         .....
   └───────────────────┘

  ┌───────────────────────┐
  │ノエルの妹……紫ちゃんは、生まれた時から       │
  │体が弱く、家に居た時よりも、              ......
  │病院に居た時の方が長い様な子だったそうです。  ......
  └───────────────────────┘


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



103 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:52:31 ID::Px9khQW6
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


             /´    `)⌒ヽ
               , ´        ∧
           /          / ∧
              i      (⌒   i
              |      /^^!   l  |
              || |_||||__. レ! ! l ∧
.            Ⅴ\仁VV 'r= | |レ'⌒Y:!
.            / ヽ.._'r ァ ノイノ  | i
.              /  ヽ.||_ /    :| ′
            \xxx《=fj=《x,_   __丿 ′      ┌──────────────────────────┐
           /}  ヽ|/: : :/ ¨‘ァヘ  '.         │そんな紫ちゃんに、彼女の両親はすっかりかかりっきり。    .
           从イ   ,}: : :/   ∧: :l ',  ,       │当然、ノエルの事なんてさっぱりほったらかし。         ...
          /亅   / : /   / : !: : : '. '.      │放っておかれたノエルは、紫ちゃんを思わず恨んだ事も、   .
 /≧x.,___/\ノ   /: :/    ,:. : :|: : : :_L|       │一度や二度ではないそうです。                    .
. | i´  ヽ.  ト、:/: |.  ,イ:.:/    / ̄厂 ̄「∨ |       └──────────────────────────┘
.人! r'  ̄ヽ | : \: | / |:/   / : : : : : : : : :∨
.  ヽ!  r‐'´\:./丿 ノ' r ,∠_⊥_,.⊥,.く
.    丶 |   r). (  亅  _,ノ: |/: : : : l :.,>‐'⌒>x.、
      \  | ヽ.|─j─ r': : /: : : : :/厶ィ´ ̄| ̄ヽハ
      \fぇ、_ノノイノィ,厶=、_,.イ :|  , j   |   丿
          |__/"     __人 |/_」L ⊥=‐'"
            `  ´ ̄  `Y´  ̄

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



104 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:52:48 ID::Px9khQW6

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   ┌──────────────────┐
   │だけど、やっぱりダメでした。        ...
   │いくら紫のコトを嫌いになろうとしても、    .
   │たまの見舞いに行った時の、        ..
   └──────────────────┘


               /:::::::::::::::/::::::/:::::::::::::::::::::::::/く:::ヽ:::::::::::::`ヽ.
                   /::::::::::::::::::/::::::::/::::::::::::/:::::::::::::::::: |:::::|::::::::::::::::::::::.
               /::::::::::::::::::/::::::::/:::::::::/::::::::::::::::::::::: j::::::}::::::::::::::::::::::',
                /::::::::::::::::::/::::::::/:::::/:::/ j:::::::::::::::: : /:::::ハ::::::::::::::::::: |
             /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: / /::::::::::::::::::/ }::/  ',:::::::::::::::::|
.             /::::::::::::::::::,|:::::::::::::::::::::::::/xく |::::::::::::::/ ,ムミヽ }:::::::::::::::: |
         /:::::::::::::::: : / |::::::::::::::::::::::/:::::し}j::::::::::::/イノ::::::|  Y::::::::::::::: |   「……おおっ、ノエルじゃないか! よくきたなっ!」
        /:::::::::::::::::::::::: { |::::::::::::: /:/{:::::::://:::::::/ ∧:::::::j   }::::::::::::::::リ
      /::::::::::::::::::::::::::: : ヽ.|:::::::::::/Ⅹ `ー' /:::/  / `ー' ノ::/lヽ : ,′
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : |::: : 〈〃 `  .//   ´    ノイ::::::::|::::Ⅹ
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : _..⊥::: : :\   ´ {二ニ=¬     ノ!::::::::|::/ }\_
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /  |  /   \  \   _/  イ: :!::::::::|/ ノ
/:::::::::::::::::::::::::::::::::::: : /:::::::::::::|:::/:::::::::::::::::>-   ̄ <´\|: :|:::j:::ノ

      ┌────────────────────┐
      │ずっと入院しているとは思えない彼女の、     .
      │せいいっぱいの強がりと。            .....
      └────────────────────┘

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



105 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:52:59 ID::Px9khQW6

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

           . . .--. .、
      ,.: : : : : : : : : : : ヾ.ミx、
     /: : : : : :…y'⌒`ヽ.: :ミx. \
   /,.: : : : : :.:.厶ィ公、.: : :\ヽ.: : :ヘ
.  // /.: : : : :/|    ! 'i|: : : :`、ヽ.: : :'.
  / ': :l: : | |: :l| | ,r .\.|ハ: : : :}: :!: : : :,
. : :i : :! :!ハハ: l| |   ,イ弐ハ!: :.! : : }ィ : : l.
 i: :| NV| 丿∨ノ  弋zソ| } }: :,イ | : : !|    「……じゃあな、ノエル。
  |:i:从 〈 イy      //イ / j丿〉: l !    また、またぜったい来てくれよなっ……!」
 |:|: :! ! ヘ.弋リ  ,    〃/j/ ,从/, } l∧
  |:ト、| | |i ハ.       '    / l//:.ノ人ハ
 |ハ 乂从:込    ´      .イィ//:.//'ヽ.',
    |l li.: : :`'=-. .   . ィ/.///^     '.
    |l l: : : :,ィ: : : :〈 ┴'" ./〃 ,      '.
    | l.: : :/.,ゝ‐f^´ー  //./        '、
.    〃: : .'/ 〃乙rヘ,_r// f            〉
    { |: : :{.|  |:|     { { 人        /|

   ┌───────────────────┐
   │帰り際にノエルを見送る際の、             │
   │寂しそうな笑顔を見ると、もうダメでした。  ....
   └───────────────────┘

     ┌───────────────────┐
     │思わず抱きしめて、守ってあげたくなる。   .
     │手を繋ぎ、外で連れ出してあげたくなる。    .
     │                          ......
     │寒凪紫とは、その様な少女でした。      ..
     │ノエルにとって、とっても大切な妹でした。    │
     └───────────────────┘

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



106 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:53:11 ID::Px9khQW6

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



,.:,; ' ''.. .,;.'..:⌒`;,: .  ..;;.,                              ` 、  '
 ,,.;. ; :.,   .. .''... .. '   ..;,):.,,                         ‐―  ○ - ‐
        ''  '.': ;,::. .  ..., ;)                         , ' ヽ
 .''.:.:´⌒`.: .: ...    . ...,. . ,;                             ,.    ヾ
.''':. .,'''.:;. .:: .'. ,.:,;  ...,; ''                          , '
-'' ' '   ー'' ー  ''' ''
                                       .:: ..'...:⌒`  : .: ..,,;.,
                                 .: ...:::⌒` ''           '.':. .,.; ,..
                             (    .: .....:   ...:.: .: ⌒` .: ..:.: .: ... .  .:.:.
                              (., .: ... : .  .:  .  ::: ....::.. :  . .: ... .. .
                                 ` . :. .;;,  .:;.   .  .  .:    . ..::
                                      '' ' 'ー '''  '' ―''' '' ‐-''

       ;"ヾ;   ;"ヾ ;"     ;:;:.;:ヾ     ノ ;ヾ
  ;"ヾ  ;":;:.;:ヾノ)) " ;";  "ヾ ;" "  ;ヾ " ;  ヾ ;ヾ    ;;;ヾ ";;;ヾ";""
    ;ヾ ;ヾ ;";ヾ;"  ;ヾ ;ヾ ;  r""ヾ ;))ヾ ;":;:.;:ヾ ; ;ヾ     ;ヾ ;;: ノ
  ;"ヾノ:;:.;: ;ヾ r:;:.;:;":;:.;:;ヾ ;ヾ ;"ヾ ;:;:.:;:))      ";ヾ   ":(^);r ;ヾ  ;   ";:""; ";
:;:.;: ; " ;;" ヾ((ヾ:;:.;: ;"  ;ノヾ" ; ;:(^) ヾ ;";ヾ ;ヾ   "〃;ヾ ;ヾ":;:.;: ; ;ヾr ;;"  ..,,

     ┌─────────────────┐
     │ある日、紫ちゃんはノエルと共に、     .
     │病院の屋上に行きました。       ......
     │たまには外の空気が吸いたいと、   .....
     │紫ちゃんが言い出したからです。      │
     └─────────────────┘

         ┌────────────────────────┐
         │内心少し面倒だと思ったノエルですが、           .
         │かと言って断る訳にもいかなかったので、           │
         │渋々、といった感じで、ノエルは紫が乗った車椅子を    │
         │ギコギイギコと押して、屋上へと行きました。         │
         └────────────────────────┘



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



107 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:53:21 ID::Px9khQW6

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                  ____
                 〃 ̄ ̄`)
                 ..-宀ーュ. __
             /: : : : : : : : : : :`ヽ,
           /.: : : : : : : : : : : : : :..ハ
              /: : : : : : : : : : : : : : : : :.∧
          /.:.:.:.:.:.:.:/.:.:./.:.:.:.:./"L : :. ∧
            /.:.:.:.:.:.:.:/ム/:.:.:.:.:メ=ミV : :.ハ
         j.:.:.:.:.:.:.:.ix=tミ! .:.:./ ィr=ミ}: : : l:.:}
         l.:.:.:.:.:.:/(弋ソ.}:// 弋ソ ): : :.l: :l      「……うわぁ……!」
         l.:.:.:.:.:.i`ミ  l/ ,  ー彡/∨j: :|
          /"l〉リ(`ヽミ   ,-,   "/,ノ:..{:.:.}
       /  {l/:j`ーrへ、  "  イ:.:.:.:.:∧人
          リ//.:.:.:ィ'¨゙〕≧r彡「`\,:.:.:.∧ノ\
         //.:.:∠: : : :l     ∨: :人_: :∧         ┌──────────────────────┐
         j'/: : ]¨:∨: /`ー  ‐'´V∧: :.} : : ヘ         │病院の屋上から見える景色を、             
          /¨ ̄´{: :∧/`ー─‐ '"}ムヘ.:.{`ミx:ヘ      │愛おしそうに見つめる紫ちゃん。             │
        /}    レ厂{       {O } ∨  , }: ヘ     │                                │
.       //}  ヽ |  {        }  } }  / {: :.∧     │こんなありふれた景色を眺めているだけで、      │
       // .j   ,>=┤        l ├=く ,/}ヘ. ∧   │一体何がそんなに楽しいのか。             │
.     ///,ノヽ≠. { o |       lO | o .}/ 〔. V ハ    │その時のノエルには、よく分かりませんでした。   ...
    ///丿   ,' |   |        |  |   |   } V ハ    └──────────────────────┘
   〃/ ノ   / |   |        |  |___j  ∧ V ハ
    {l/ 〈   ,/  ̄ ̄} .!         |O }  〔   ハ .V,ハ
   {/ /    ノ  /   ! |       |  |   \ ∧ } ,/}
   !/  _/\/   .}│       |  |    ∧ .∧ }//
   l/   {     \ / |       |  |    / ノ  ∧l/

     ┌─────────────────────────────┐
     │激しくダウナーではあるけども一応身体健康なノエルには、     ......
     │病院の屋上に出る事すら数か月ぶりの紫の想いや、          .
     │悩み、そして願望を、本質的に理解する事は出来ませんでした。    │
     └─────────────────────────────┘

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



108 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:53:31 ID::Px9khQW6

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


    ┌──────────────┐
    │ですが、そんなノエルでも、   ....
    └──────────────┘





                               / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                              .│   ……おおおおっ……!?   │
                               \_____________/



                      _,,,,,_
                     ;'::::::::::゙ー:::-::-,、__,.:-:‐:::<フア
                     ;' ;ク:::;::::::;::::::;: rー:、.:.::::.::::ミ<、___
                   _ノ''´ ,:: ,::::;:::::;::::;: ,ゞ;イノ.:::: ::: ,ミ,,,,__`)
                  (__,;::-'''''"'ー--、::;:::::;"'彡≡` xノ
                           `ヽ:;:::;' `ヾ"´
                             `ヽ、 、、)
                                ゙ー'′

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



109 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:53:42 ID::Px9khQW6

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

       ,.',.'´:./,. ´: : : : _        ヽ 
     .//: : /,ィ:/: // ̄`  ミx 
    .//´: : /∠//:. :./:./        `v   ヽ   っ
   ///:. : :.〃 .//` y':./           |  、
  ./ /:./: :/   从: :/:./     ─-     |   |  |   }  っ
    /:./: :/,ァ==ミx Ⅵ/     u    `ヽ |  |  |
   .{: {.:.:.{ { 爪ィ刈 {{               |  |  |   ′
    Ⅵ:.: |  ゞ゚'=シ  `    ,ィ斥=ミx   |  | / /
    ノ:ヽl   ¨´         爪ィ刈ヾ, /:.:.:./レ′/
    j乂八 xxx __ '     弋r=゚シ ノ/:.:.:.//彡イ    「お、おいノエル! あの赤い屋根の上を見てみろ!
      {:. {ヽ   レ ` 、    `¨¨´ /:.:.:./// : /      猫が! 猫ちゃんがゴロゴロ寝転がってるぞ!
      〉y'〉 >       >  xxx  イ.:. イ´∧:./       あ~~、可愛いなぁ~~……♪」
      Y/:/ へ __  -=≦r‐|¨7 iレ'{ ヽヽ
       !{:.{_/: /⌒>  `¨¨¨´ __} ,′:./:.人 ,′}
      人`¨¨´  `¨¨Lr‐┐ ) //: /: : >、V: :/
     〈   入            ̄//: /`¨´  \′
      ヽ(__ \__,       //: /    /  {
       }、ヽ: : (: `ー┐    //: /  /   八
       ノ   }‐┐ヽ /`ー‐//: /_r匕    /  》
      {  /\: ̄ : {: : : :./// (    彡  〃


      ┌───────────────────┐
      │普段見過ごしている様な日常の風景を、   .
      │全力で楽しもうとしている彼女の事を、    ..
      └───────────────────┘


             /      /      \
                  /     ヽ    ヽ
           /  /    |   /   ハ    '、
                 ,′   /  /∨  j∧   ハ
           {  {    {/l/⌒|   厂Lj V
.             ∨      代)::ア  ̄ イ):ア リ  l |
              } 八.   八| 、、、     / 八|   「……うん。ボクもネコ、嫌いじゃないよ……」
           ノヘ::::::..   |\    '  ,′,′
              ヽハ.  |、    ー  ノ /
                イ::::} :|: > ,_  <|:: リ
              厂V{ ト、   { ノY^|::人       ┌───────────────────────────┐
               /⌒  ∨  ̄ ̄ 人_|/_>    │可愛く、儚く、そして愛おしく思うぐらいは、出来たのでした。    .
           /(>┬-、 `ー─=彡  〉`ヽ    └───────────────────────────┘
          /⌒\/  \        /  }ハ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



110 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:53:52 ID::Px9khQW6

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::: :::::::::::::::::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::: :::::::::::::::::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;: : ...: : : : : :   : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::
: :::::::::::::::: : : : :,/゙` ``''-、:: : : : : : : : ..: : :    : : : : : : : : : : : : :::::::::::::: : : : : : : :::::
.:   : : : : : : ,i´      ゙l:: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :┌────────────────────────┐
:   : : : : : : :::|       .l゙:: ::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::: : : : : : :: : : │どれだけの間、外にいたのでしょうか。          ......
  : : : : : : : :ヽ、      : ::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;::::;: : : : : : : : : : │景色は徐々に、オレンジ色へと染められていきます。   │
: : :  :   : : : : :`'----‐′:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;: : : : : : : : : : : : : : : : └────────────────────────┘
: : .:    : :  : ::: ::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;: : : : : : ....: : : ::::::::::::::: : : : : : : : : : : ::::::::::
: : .:    : :  : ::: ::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;: : : : : : ....: : : ::::::::::::::: : : : : : : : : : : ::::::::::    /::ヽ
                   I員TTTTTTTTTTTI  _|_    ______   |FF|ニ|
    _____________           /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~! iニi  . .| FFFFFFFFF |  /二ニ,ハ
    . |IIIIlミ|三三|゙ ____|ミ| LL LL LL LL LL | iニi,___| FFFFFFFFF |  |EEE|日
 ̄ ̄|!|IIIIlミ|三三| |田田田田|ミ| LL LL LL LL LL |ll.|__|.|==/\==|.| ̄ ̄|「| ̄ ̄
lllllllll |!|IIIIlミ|三三| |田田田田|ミ| LL LL LL LL LL |ll.| ロ ロ 「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| | 田 |「|  田
 ̄ ̄. |IIIIlミ|三三| | ̄ ̄: ̄ ゙̄|ミi LL LL LL LL LL |ll.| ロ ロ .|.l⌒l l⌒l l⌒l l´| |    |「|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



111 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:54:02 ID::Px9khQW6

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   ┌──────────────────────────┐
   │「さあ、もう帰ろう」と言いかけたノエルに、            ...
   │紫ちゃんは、空のある方向を指さしながら、言いました。     .
   └──────────────────────────┘

.  /:::::::::/:::::::::,'::::i::::::: i :: \ \i|:l !::::::\
  i:::::::::::|::::::::: |:::: !::i::: ト、 ::: ハ ,斗H:::::〉:::::ヽ.
  | :::::::::| :::::::::|\l:::l::::|弌:::::::| r,ム、∨ :: ハハ    /⌒)
  '.::::::::::.!::::::::::!ヘ,f升仗ト \}} f弐ハ}:::::::|i l} }.    /  /
   '.:::::::::| i i ::| ::ヘ,,イてハ゛   弋リ | l:::i:|レ′   /  /
   '.::: : | | | ::|ヾ、癶辷ソ    ,  jイノリl    ノ  /       「……なあ、ノエル。あれを見てくれないか?」
   }i:::::| | |:::入トミx.      _,   从::\,r<   /
   || ::|| | ト、\\≧=- ャ' ノ / :: r‐く   ヽ{
   リ ::リ:::::::/\ヽ.ヽ、._   _,.‐=个=ノ   \ \
.   / :: / :: 厶.ノ ノ丿三汀≠フフl.イ   \  ヽ  厂 ̄ ̄)
  / :: / ::,.=ー一≦ ///   { {  |  \_  Y  )ノノ ̄ ̄
. / ::: i ::/       / 〃   ', ' ,  \  マ_ノー彡'´
/:::::::::| ::|     〃   {{    ヽ. \ `ー=≦三}
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



112 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:54:12 ID::Px9khQW6

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
.:.:.:.:.:.:..::::::::::::::::::::::::::::.:::.:::.::
::::::::::::::::::::..:::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::....::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:::.::
:::::::::::::::::::::::::::::::::....::::::::::::::::::::::::::::::::.::.::.:
  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:::::::::: : :
    :.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::....:::::::
      _ __:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::
:::.. :::..   `ヽ、`\:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::....           ┌───────────────────────┐
::::.. :::::::..    `ー、 ヽ,_:.:.:.:.:.:.:.:::::::::...          │ノエルが紫ちゃんの指し示した方向を見上げると、  ....
::::::.. :::::::::..      ,>  └―‐‐ 、:.::::::::::...       │そこには、二羽の鳥が、寄り添うようにして       ...
::::::::.. :::::::::::..   '‐、 「´ ̄"''ー、 \:.:::::::::..:..       │空へと飛び上がっていくのが見えました。         .
:::::::::::.. ::::::::::::..    `′     `゛` :.::.:.:..:.:.:.:...   └───────────────────────┘
::::::::::::::.. :::::::::::::..        :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.::.:.:::....
::::::::::::::::::::::::::::::::::::..      . .. ...::.:::    ____ .:::...
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..         __┌‐ー'´,--‐'"´ :.:.:.::....
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....     r'´_,.-‐-、''ー、 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.....
:::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.::.. ,ィ'´''"´    レ'"´ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::....
::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::..        : : : : : : : : : : : : : : .
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : : : : : : : : : : : : : .
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : . : : : : : : : : .
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..:.:.:.::..
             :.:.:.:.:.:..:.. :.:.:.:.:.:.::..
               : : : : :::.. :::: : : : :..
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



113 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:54:24 ID::Px9khQW6

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                 ___
                ´    ` ̄`丶、
             /     _         \
             _      `\      ヽ
           / /         ヽ      '、
             / /    {   |\       ヽ  i
          ′     ,'|  |  ヽ\│    :|  |     「……紫、あれがどうかしたの?」
            /     | / |l  i| 七ト-│ }  :| ,′
        /イ  |  N-八__リ  '弋| /   i /
         | l  |ハ_|{代心    ''' |     八
         |八   i\`´  ,    レ|  :/⌒
         ∨ ' 、   ヽ   、-,  |  厂^>
.               ヽ   个ト  ..__ イ|  ∧_/
               }    |'V⌒ハ  /| ん' >‐ 、
               |人  |人  ┴〈  ∨ムイ   ヽ
                   ∧│    _人 |::::::::|     '.
              / Vト、    /∨ ::::::|     '.





                  ____
                 〃 ̄ ̄`)
                 ..-宀ーュ. __
             /: : : : : : : : : : :`ヽ,
           /.: : : : : : : : : : : : : :..ハ
              /: : : : : : : : : : : : : : : : :.∧
          /.:.:.:.:.:.:.:/.:.:./.:.:.:.:./"L : :. ∧
            /.:.:.:.:.:.:.:/ム/:.:.:.:.:メ=ミV : :.ハ
         j.:.:.:.:.:.:.:.ix=tミ! .:.:./ ィr=ミ}: : : l:.:}   「……ノエルなら、笑わないで聞いてくれるよな?
         l.:.:.:.:.:.:/(弋ソ.}:// 弋ソ ): : :.l: :l   私はな、あのような鳥になりたかったんだ」
         l.:.:.:.:.:.i`ミ  l/ ,  ー彡/∨j: :|
          /"l〉リ(`ヽミ   ,-,   "/,ノ:..{:.:.}
       /  {l/:j`ーrへ、  "  イ:.:.:.:.:∧人
          リ//.:.:.:ィ'¨゙〕≧r彡「`\,:.:.:.∧ノ\
         //.:.:∠: : : :l     ∨: :人_: :∧
         j'/: : ]¨:∨: /`ー  ‐'´V∧: :.} : : ヘ
          /¨ ̄´{: :∧/`ー─‐ '"}ムヘ.:.{`ミx:ヘ
        /}    レ厂{       {O } ∨  , }: ヘ
.       //}  ヽ |  {        }  } }  / {: :.∧
       // .j   ,>=┤        l ├=く ,/}ヘ. ∧

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



114 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:54:41 ID::Px9khQW6

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

             /      /      \
                  /     ヽ    ヽ
           /  /    |   /   ハ    '、
                 ,′   /  /∨  j∧   ハ
           {  {    {/l/⌒|   厂Lj V
.             ∨      代)::ア  ̄ イ):ア リ  l |
              } 八.   八|        / 八|
           ノヘ::::::..   |\    '  ,′,′
              ヽハ.  |、     ‐  ノ /     「……鳥? どうして?」
                イ::::} :|: > ,_  <|:: リ
              厂V{ ト、   { ノY^|::人
               /⌒  ∨  ̄ ̄ 人_|/_>
           /(>┬-、 `ー─=彡  〉`ヽ
          /⌒\/  \        /  }ハ
            /    ヽ    }\_roイ  }   ',





           . . .--. .、
      ,.: : : : : : : : : : : ヾ.ミx、
     /: : : : : :…y'⌒`ヽ.: :ミx. \
   /,.: : : : : :.:.厶ィ公、.: : :\ヽ.: : :ヘ
.  // /.: : : : :/|    ! 'i|: : : :`、ヽ.: : :'.
  / ': :l: : | |: :l| |    \|ハ: : : :}: :!: : : :,    「ほら、だって鳥は、どこまでも自由に空を飛べて、
. : :i : :! :!ハハ: l| |   ,イ弐ハ!: :.! : : }ィ : : l.     好きなところに行けるだろ?」
 i: :| NV| 丿∨ノ  弋zソ| } }: :,イ | : : !|
  |:i:从 〈 イy      //イ / j丿〉: l !
 |:|: :! ! ヘ.弋リ  ,    〃/j/ ,从/, } l∧    「……一人じゃ病院の外にもあまり行けない、私と違ってな」
  |:ト、| | |i ハ.       '    / l//:.ノ人ハ
 |ハ 乂从:込    ´      .イィ//:.//'ヽ.',
    |l li.: : :`'=-. .   . ィ/.///^     '.
    |l l: : : :,ィ: : : :〈 ┴'" ./〃 ,      '.
    | l.: : :/.,ゝ‐f^´ー  //./        '、
.    〃: : .'/ 〃乙rヘ,_r// f            〉
    { |: : :{.|  |:|     { { 人        /|

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



115 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:54:51 ID::Px9khQW6

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


             /            \      \
                            ヽ       \
            /     /           }          ヽ
              / /    ::                 ヽ  ヽ
          / /    .:::|
           ,′   | ::/:|     | / │l    |       }
             |    |  |: |i::   │=‐-l∧    |          }
         |  |八_|八 |`|ハ_:N _  \{∨       j:::  リ
         |    iハ x气ミ     ィ弍≧x /  /      /::::../
         |   ::::.   Vソ      V)ソ'"/   /      /:::::./
         | :|  i::::              /       /:::::./  「……大丈夫だよ。紫は、きっと良くなる。
         ヽ∧ i:::i   '           / /     /:::::イ   こんな病院の中だけじゃなくて、
           \八   、__       //|     .:::::八{   .いつでも好きな時に、好きな所に行けるようになるさ」
                |  ヽ    `¨´ .   ´  |    /∧{
                |    \        イ  |   ://
                | ∧  个:::--r ´    |  .:/|:|\
                l/ ハ   |厶-ハ_,/⌒Yレ| ::| jノ  }
                j_/   ⌒/〈  / | | ∧  〈
              〈     /  人_ノ,,人 ∨  \. \
.               _人  __,/   ノ ̄ /⌒⌒\〉  \
           / ー‐'´   /  / _/______ \  ノ
             〈       /{__/ /::::::::::::::::::::::::::::::: ̄\{
             >           /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\

  ┌─────────────────┐
  │それは、不確定な未来で。       ......
  │それは、訪れぬかもしれぬ未来で。   .
  │                         .
  │けれでもノエルは、約束しました。    ..
  │楽観的な、願望を込めて。         .
  └─────────────────┘


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



116 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:55:01 ID::Px9khQW6

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                  ____
                 〃 ̄ ̄`)
                 ..-宀ーュ. __
             /: : : : : : : : : : :`ヽ,
           /.: : : : : : : : : : : : : :..ハ
              /: : : : : : : : : : : : : : : : :.∧
          /.:.:.:.:.:.:.:/.:.:./.:.:.:.:./"L : :. ∧
            /.:.:.:.:.:.:.:/ム/:.:.:.:.:メ=ミV : :.ハ
         j.:.:.:.:.:.:.:.ix=tミ! .:.:./ ィr=ミ}: : : l:.:}
         l.:.:.:.:.:.:/(弋ソ.}:// 弋ソ ): : :.l: :l
         l.:.:.:.:.:.i`ミ  l/ ,  ー彡/∨j: :|    「……空も、飛べるようになるのか?」
          /"l〉リ(`ヽミ   ,-,   "/,ノ:..{:.:.}
       /  {l/:j`ーrへ、  "  イ:.:.:.:.:∧人
          リ//.:.:.:ィ'¨゙〕≧r彡「`\,:.:.:.∧ノ\
         //.:.:∠: : : :l     ∨: :人_: :∧
         j'/: : ]¨:∨: /`ー  ‐'´V∧: :.} : : ヘ
          /¨ ̄´{: :∧/`ー─‐ '"}ムヘ.:.{`ミx:ヘ
        /}    レ厂{       {O } ∨  , }: ヘ
.       //}  ヽ |  {        }  } }  / {: :.∧
       // .j   ,>=┤        l ├=く ,/}ヘ. ∧





      /      /      \
           /     ヽ    ヽ
    /  /    |   /   ハ    '、
      ,′   /  /∨  j∧   ハ
   {  {    {/l/⌒|   厂Lj V
   ∨      代)::ア  ̄ イ):ア リ  l |    「うん、飛べるよ。紫も知ってると思うけど、
    } 八.   八| 、、、     / 八|    この世界にはね、飛行機ってものがあるんだ」
    ノヘ::::::..   |\    '  ,′,′
      ヽハ.  |、.   ー  ノ / 
      ,イ::::} :|: > ,_  <|:: リ     「それに乗って、北海道でも、沖縄でも、外国でも
       厂V{ ト、   { ノY^|::人      好きな所に行けるんだ。……空を飛んでね」
        /⌒  ∨  ̄ ̄ 人_|/_>
    /(>┬-、 `ー─=彡  〉`ヽ
   /⌒\/  \        /  }ハ
  /    ヽ    }\_roイ  }   ',
       }        │    | ∧

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



117 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:55:12 ID::Px9khQW6

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

       ,.',.'´:./,. ´: : : : _        ヽ 
     .//: : /,ィ:/: // ̄`  ミx 
    .//´: : /∠//:. :./:./        `v   ヽ
   ///:. : :.〃 .//` y':./           |  、
  ./ /:./: :/   从: :/:./     ─-     |   |  |   }
    /:./: :/,ァ==ミx Ⅵ/          `ヽ |  |  |
   .{: {.:.:.{ { 爪ィ刈 {{               |  |  |   ′
    Ⅵ:.: |  ゞ゚'=シ  `    ,ィ斥=ミx   |  | / /
    ノ:ヽl   ¨´         爪ィ刈ヾ, /:.:.:./レ′/
    j乂八    __ '     弋r=゚シ ノ/:.:.:.//彡イ   「ヒコーキかぁ……
      {:. {ヽ   レ ` 、    `¨¨´ /:.:.:./// : /    ノエルはそれ、乗ったことあるのか?」
      〉y'〉 >       >       イ.:. イ´∧:./
      Y/:/ へ __  -=≦r‐|¨7 iレ'{ ヽヽ
       !{:.{_/: /⌒>  `¨¨¨´ __} ,′:./:.人 ,′}
      人`¨¨´  `¨¨Lr‐┐ ) //: /: : >、V: :/
     〈   入            ̄//: /`¨´  \′
      ヽ(__ \__,       //: /    /  {





                 ___
                ´    ` ̄`丶、
             /     _         \
             _      `\      ヽ
           / /         ヽ      '、
             / /    {   |\       ヽ  i
          ′     ,'|  |  ヽ\│    :|  |
            /     | / |l  i| 七ト-│ }  :| ,′  「うん、あるよ。小学校の頃の修学旅行で、
        /イ  |  N-八__リ  '弋| /   i /     それに乗って北海道まで行ったんだ」
         | l  |ハ_|{代心    ''' |     八
         |八   i\`´  ,    レ|  :/⌒
         ∨ ' 、   ヽ   、-,  |  厂^>      「紫にも、話した事あるよね?」
.               ヽ   个ト  ..__ イ|  ∧_/
               }    |'V⌒ハ  /| ん' >‐ 、
               |人  |人  ┴〈  ∨ムイ   ヽ
                   ∧│    _人 |::::::::|     '.

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



118 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:55:22 ID::Px9khQW6

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

             /´    `)⌒ヽ
               , ´        ∧
           /          / ∧
              i      (⌒   i
              |      /^^!   l  |
              || |_||||__. レ! ! l ∧     「ああ、あれか! あの時に乗ったのか!
.            Ⅴ\仁VV 'r= | |レ'⌒Y:!      そうか……いいなぁ、羨ましいぞ……!」
.            / ヽ.._'r ァ ノイノ  | i
.              /  ヽ.||_ /    :| ′
            \xxx《=fj=《x,_   __丿 ′
           /}  ヽ|/: : :/ ¨‘ァヘ  '.
           从イ   ,}: : :/   ∧: :l ',  ,
          /亅   / : /   / : !: : : '. '.





          /                   \
        /   /       .:/        \   ヽ
.       /   /       .:/::/        ヽ
     ,′               }      jハ  ハ
         :/          /          i |   :i
      { / :;′        /   /  /}    / /| |  |  |
     V .:{:         i   /  /メ   /|: /⌒|  |  |  「……そんないいもんじゃなかったよ。
     八 .::.        | イi|: //___/i_j厶:/厶イ │  飛ぶ時とか、耳がキーンとするし。
     {:ハ::ハ        |/斗七=ミ     ヒツノ/ .:i:ノ  リ   行きも帰りも、どっちとも席は中側だったから、
.       ':∧:::{   !八ヽ弋)ソ           ::|: |: /   外の景色もほとんど見てないし……」
.         j:ハ :::.   |丶:\         '   '  :|/|/
       /⌒ヘ |)、   ::l⌒     _    厶イ::|
.   /⌒フ   ヽ|ハ:.  ::ト      ´   イ  !::|
   /  ´ ̄ ̄ ̄\!  :.   ::| >  _..、< |::i:: :八|
.  /   /:::: ̄`丶\∧  |`ー┴'⌒} ヽ|::i:: l
 /  /\::::::::::::::::::\ヽヘ │    人  )人:│

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



119 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:55:35 ID::Px9khQW6

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

           . . .--. .、
      ,.: : : : : : : : : : : ヾ.ミx、
     /: : : : : :…y'⌒`ヽ.: :ミx. \
   /,.: : : : : :.:.厶ィ公、.: : :\ヽ.: : :ヘ
.  // /.: : : : :/|    ! 'i|: : : :`、ヽ.: : :'.
  / ': :l: : | |: :l| | ,r 十 |ハ: : : :}: :!: : : :,
. : :i : :! :!ハハ: l| |   ,イ弐ハ!: :.! : : }ィ : : l.  「……いや、それでも私は、飛行機に乗りたいな。
 i: :| NV|‐{._∨ノ  弋zソ| } }: :,イ | : : !|    ヒコーキに乗って、空を飛んで、好きな所に自由に行きたい。
  |:i:从 〈 イy      //イ / j丿〉: l !   ここからしか見たことの無い景色を、もっと高い所から眺めたいんだ」
 |:|: :! ! ヘ.弋リ  ,    〃/j/ ,从/, } l∧
  |:ト、| | |i ハ.       '    / l//:.ノ人ハ
 |ハ 乂从:込    ´      .イィ//:.//'ヽ.',     「……うん、決めた。これを私の新しい夢にしよう……!」
    |l li.: : :`'=-. .   . ィ/.///^     '.
    |l l: : : :,ィ: : : :〈 ┴'" ./〃 ,      '.
    | l.: : :/.,ゝ‐f^´ー  //./        '、
.    〃: : .'/ 〃乙rヘ,_r// f            〉
    { |: : :{.|  |:|     { { 人        /|





             _, -‐‐-
           .   ´〃      `  、
       /                  \
     /     ‐-            ヽ
.     / /         `ヽ         ヽ
    / /           ヽ          ハ
   ,       |    、              |
    i      |    | \  }           j
    |       |    |'´ 八jハ        ,     「……そんな事で、いいの?」
   l     |、_ト .__,从ィ笊ラハ{          /
   ',  \Nァ=ミ、   ノ Vソ |  /    〃
        ⌒ Vソ         | '      /(
    ヽ  }ハ   、       ノイ    ∧
       \  }ト、   _     |    ,
        \ 个ト .      .イ |     {
          i  l | N≧ 爪   |  ∧ハ
          l∧  |___ ノ}  ハ '   \
         ノ ハ |    ,     }     \
         / lハ|       ___       ヽ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



120 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:55:45 ID::Px9khQW6

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.  /:::::::::/:::::::::,'::::i::::::: i :: \ \i|:l !::::::\
  i:::::::::::|::::::::: |:::: !::i::: ト、 ::: ハ ,斗H:::::〉:::::ヽ.
  | :::::::::| :::::::::|\l:::l::::|弌:::::::| r,ム、∨ :: ハハ    /⌒)
  '.::::::::::.!::::::::::!ヘ,f升仗ト \}} f弐ハ}:::::::|i l} }.    /  /
   '.:::::::::| i i ::| ::ヘ,,イてハ゛   弋リ | l:::i:|レ′   /  /       「ああ、もちろんだっ!
   '.::: : | | | ::|ヾ、癶辷ソ    ,  jイノリl    ノ  /         さっきできたばかりの、でっかいでっかい私の夢だ!」
   }i:::::| | |:::入トミx.      _,   从::\,r<   /
   || ::|| | ト、\\≧=- ャ' ノ / :: r‐く   ヽ{
   リ ::リ:::::::/\ヽ.ヽ、._   _,.‐=个=ノ   \ \       「鳥になる事はできないけど、
.   / :: / :: 厶.ノ ノ丿三汀≠フフl.イ   \  ヽ  厂 ̄ ̄)    私の体がよくなれば、ヒコーキに乗ることはできるだろ?」
  / :: / ::,.=ー一≦ ///   { {  |  \_  Y  )ノノ ̄ ̄
. / ::: i ::/       / 〃   ', ' ,  \  マ_ノー彡'´
/:::::::::| ::|     〃   {{    ヽ. \ `ー=≦三}





            /                       ヽ
            /                          ',
           ′   /               \           ',
          ,′   /    !          ',    `      i
          {     .{      ハ     .!      |       i   |
          i     i  /    .!   ト     .|       |  .|
          |     | .!   八   .!ヘ..==┼      |  i
          ',    |-十.‐  !  \ ! 彡キ示ミァ     | ,'    「……うん、確かに出来るね。
          i    .l  《テ;ミト、 \  {::t:i::/       |./     パパもママも、もし紫が元気になれば、
           i     !人.ヽ弋ッソ      .ゞ‐'/.イ   !,イ /      どこか旅行に行こうって言ってたし」
           .|    ! ` .ヽ,,,        "" .ム.i  / l/
           | .ハ `|  ト、   ´         '| ./ヽ′
           レ l  ! ゝ  |i{ `   ー    イ | /  〉
              \|  l\ヽ.  > .‐ ァ ´    | //  ̄  ̄ヽ
               ∧ i\}     /    .|/ \    \
               /:.:.:|    \_ /   / '   ` ─、─‐'
             /i.:.:. |   /    |  /            〉
                | :. !:.:.:.:\_    レ'     > <_  /
               }、/|.:.:.:.:.:/.:.:.:`..───...、_/i弋ニノi:',ヽ
               |:.:.:| :.:.:./ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



121 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:55:55 ID::Px9khQW6

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

             /´    `)⌒ヽ
               , ´        ∧
           /          / ∧
              i      (⌒   i     「元気になったら、かぁ……
              |      /^^!   l  |     ああ、私の体、早くよくならないかなぁ……」
              || |_||||__. レ! ! l ∧
.            Ⅴ\仁VV 'r= | |レ'⌒Y:!
.            / ヽ.._'r ァ ノイノ  | i      「そしたら私は、すぐにヒコーキに乗って
.              /  ヽ.||_ /    :| ′      空を飛んでやるというのに!」
            \xxx《=fj=《x,_   __丿 ′
           /}  ヽ|/: : :/ ¨‘ァヘ  '.
           从イ   ,}: : :/   ∧: :l ',  ,
          /亅   / : /   / : !: : : '. '.





            /   /                :.
          '   /    /             ハ
         i   '    /l     l   ト.       l }
         l    ハ-/‐l ,   |、 」_!  ,     | /
         八  ∨ jノ .|ハ.   | ヽハlヽ/    //
          ヽ ハ ヾヒテ' \|`ヒテ>ハ    /, |   「……大丈夫、紫は絶対元気になるさ。
           |  ゝ :::::      ::::: 厶イ  /∧|    紫はいい子だ、ボクなんかと違ってとってもいい子だ」
           |  ∧    ′     ._, l  '/
             И  ト.  ` ´   .イ/: l /
           , -‐ヘ.  |l `≧=-<__|_厶  ∧       「だから、元気になったら……一緒に飛行機に乗ろう。
        /> 、 ヽ|`丶、    / / ∧厶ヽ      飛行機に乗って、一緒に空を飛ぼうね」
       /⌒′  \      ー=≠\^ イく/ \>、
.      /         丶 、      /ヽ  }    }∧
      { \         |` ーr‐ ´   | \!   / }

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



122 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:56:05 ID::Px9khQW6

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

       ,.',.'´:./,. ´: : : : _        ヽ 
     .//: : /,ィ:/: // ̄`  ミx 
    .//´: : /∠//:. :./:./        `v   ヽ
   ///:. : :.〃 .//` y':./           |  、
  ./ /:./: :/   从: :/:./     ─-     |   |  |   }
    /:./: :/,ァ==ミx Ⅵ/          `ヽ |  |  |
   .{: {.:.:.{ { 爪ィ刈 {{               |  |  |   ′
    Ⅵ:.: |  ゞ゚'=シ  `    ,ィ斥=ミx   |  | / /
    ノ:ヽl   ¨´         爪ィ刈ヾ, /:.:.:./レ′/    「……それ、ほんとうか?
    j乂八    __ '     弋r=゚シ ノ/:.:.:.//彡イ     ノエル、私と約束してくれるのか?」
      {:. {ヽ   レ ` 、    `¨¨´ /:.:.:./// : /
      〉y'〉 >       >       イ.:. イ´∧:./
      Y/:/ へ __  -=≦r‐|¨7 iレ'{ ヽヽ
       !{:.{_/: /⌒>  `¨¨¨´ __} ,′:./:.人 ,′}
      人`¨¨´  `¨¨Lr‐┐ ) //: /: : >、V: :/
     〈   入            ̄//: /`¨´  \′
      ヽ(__ \__,       //: /    /  {
       }、ヽ: : (: `ー┐    //: /  / 


   ┌─────────────────────┐
   │少し不安そうに尋ねる紫ちゃんに、          │
   │ノエルは、精一杯の笑顔を作って答えました。   │
   └─────────────────────┘


     /.. .: : : : : : : : : : : : :|: : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: : : : : : : 丶
     ,′.: : : : : : : : : : : : :::|: : : : : : : : : : : : : : : : : : i}: : : : : : : :::.
 .  / . .: : : : : : : : : : : : : ::|: : : : : : : : : : : : : : : l : : i}: : : : : : : : :::.
    ′.: : : : : : l: : : : :/| : /|: : : : : : : : :|: : : : : :|: ::i}: : : : : : : : : ::i
  / . .: : : : : : ::! : : : :{ | / : : : : : : : : :l: : : : : : :ト; : i}: : : : : : : : : :::l
  ,'. . .:: : : : : : : ! : : : :| l;′ i: l : : : : : : l: : l: : : : | '; :i}: : : : : : : : : :::|
  l. . .:: : : : : : :/! : : : :|    И: : : : : : :| : ;i: : : : | レl : : : : : : : : : : |
  |. . . : : : : : : |  ̄ ̄     l : : : : : : |/l_:_:_:_:|   !: : : : : : : : : : :|     「……うん、約束するよ」と。
  . . l}: : : : : : l  .ィ'――…   ̄ ̄ ̄ …――-、 !: : : : : : : : : : ;
  ヽ. .l: : : : : : :|                     ,': : : : : : : : : : ,
   ∨: : : : : : :! ,-===x           ,,ィ==ミ、  ′ : : : : : :|:/  「ボクが紫を、空の上に連れて行ってあげる」と。
   |. . : : : : : |                     / : : ; : : : : : :|:,′
   l. . : : : : : ト,  ヘノヘノ     、     ヘノヘノ ': : ::/: : : : : : :;′
   |. . : : : : : |ハ                 / : /: : : : : : :/
   |. . : : : : : |込                   ムイ: : : : : : : ;イ{
   |. . : : : : : |/∧      `   ´      从: : : : : : ハヽ、
   |. . /i : : : |//'{ヘ、                ///i}: : : : :/  丶 ニ=-
   |. / l : : ::!/ ∨≫ 、         ィ//}'///|: : /l/
   |/  l : : :| /∨i}/|    _       |'/ レiル'/!: /⌒ヽ、 
 .       l/l/ {   \ir!             !/  レ| ;′ /⌒ヽ_
       __yv   ||ー‐==ニニ=彡'l|,へ   ヽ    /⌒ヽ
     /⌒ヽ/     ||          ||  \  }-=-≪
    /     \   ||        /~    ヽ〃    \

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



123 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:56:15 ID::Px9khQW6

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

           . . .--. .、
      ,.: : : : : : : : : : : ヾ.ミx、
     /: : : : : :…y'⌒`ヽ.: :ミx. \
   /,.: : : : : :.:.厶ィ公、.: : :\ヽ.: : :ヘ
.  // /.: : : : :/|    ! 'i|: : : :`、ヽ.: : :'.
  / ': :l: : | |: :l| | ,r 十 |ハ: : : :}: :!: : : :,
. : :i : :! :!ハハ: l| |   ,イ弐ハ!: :.! : : }ィ : : l.
 i: :| NV|‐{._∨ノ  弋zソ| } }: :,イ | : : !|
  |:i:从 〈 イy      //イ / j丿〉: l !   「……ありがとな、ノエル!!」
 |:|: :! ! ヘ.弋リ  ,    〃/j/ ,从/, } l∧
  |:ト、| | |i ハ.       '    / l//:.ノ人ハ
 |ハ 乂从:込    ´      .イィ//:.//'ヽ.',
    |l li.: : :`'=-. .   . ィ/.///^     '.
    |l l: : : :,ィ: : : :〈 ┴'" ./〃 ,      '.
    | l.: : :/.,ゝ‐f^´ー  //./        '、
.    〃: : .'/ 〃乙rヘ,_r// f            〉
    { |: : :{.|  |:|     { { 人        /|


     ┌─────────────────────────┐
     │ノエルと約束した紫ちゃんは、元気に笑いました。      ..
     │屋上から見下ろした街は既に、赤く染まっていました。     │
     │紫ちゃんの体が冷えてはいけないので、           ....
     │二人は病室に戻り、そこで別れました。             .
     └─────────────────────────┘


  ┌────────────────────────┐
  │ノエルは、「……次くる時は、飛行機の写真集でも、    │
  │図書館で借りて来ようかな……」なんて思いながら、    .
  │病室を後にしました。                     ....
  └────────────────────────┘

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



124 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:56:25 ID::Px9khQW6

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

           . . .--. .、
      ,.: : : : : : : : : : : ヾ.ミx、
     /: : : : : :…y'⌒`ヽ.: :ミx. \
   /,.: : : : : :.:.厶ィ公、.: : :\ヽ.: : :ヘ
.  // /.: : : : :/|    ! 'i|: : : :`、ヽ.: : :'.      ┌─────────────────────┐
  / ': :l: : | |: :l| | ,r 十 |ハ: : : :}: :!: : : :,   │……結局それが、                    │
. : :i : :! :!ハハ: l| |::::::::::::::::::::!: :.! : : }ィ : : l.  │ノエルが紫ちゃんと話した最後となりました。     │
 i: :| NV|‐{._∨ノ::::::::::::::::::::| } }: :,イ | : : !|      └─────────────────────┘
  |:i:从 〈::::::::::::::::::::::::::::::::::://イ / j丿〉: l !
 |:|: :! ! ヘ.:::::::::::: ,    〃/j/ ,从/, } l∧
  |:ト、| | |i ハ.       '    / l//:.ノ人ハ
 |ハ 乂从:込    ´      .イィ//:.//'ヽ.',          ┌─────────────────────┐
    |l li.: : :`'=-. .   . ィ/.///^     '.         │それから6日後、容態が急変した紫ちゃんは、    │
    |l l: : : :,ィ: : : :〈 ┴'" ./〃 ,      '.         │静かに息を引き取りました。             ..
    | l.: : :/.,ゝ‐f^´ー  //./        '、         └─────────────────────┘
.    〃: : .'/ 〃乙rヘ,_r// f            〉
    { |: : :{.|  |:|     { { 人        /|


    ┌─────────────────────────────────┐
    │ノエルがその事を知ったのは、学校で授業を受けていた時。            .
    │急いで病院に向かいましたが、辿り着いた時には既に、             .....
    │両親は深く泣き崩れ、紫ちゃんの顔には白い布がかかっていたそうです。   ...
    └─────────────────────────────────┘


          ┌───────────────────────┐
          │ノエルが紫ちゃんと交わした約束を果たす事は、     .
          │もう出来なくなってしまいました。             ....
          └───────────────────────┘

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



125 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:56:35 ID::Px9khQW6



                       ●


                       ●


                       ●


                       ●




    ′.: : : : : : l: : : : :/| : /|: : : : : : : : :|: : : : : :|: ::i}: : : : : : : : : ::i
  / . .: : : : : : ::! : : : :{ | / : : : : : : : : :l: : : : : : :ト; : i}: : : : : : : : : :::l
  ,'. . .:: : : : : : : ! : : : :| l;′ i: l : : : : : : l: : l: : : : | '; :i}: : : : : : : : : :::|
  l. . .:: : : : : : :/! : : : :|    И: : : : : : :| : ;i: : : : | レl : : : : : : : : : : |
  |. . . : : : : : : |  ̄ ̄     l : : : : : : |/l_:_:_:_:|   !: : : : : : : : : : :|
  . . l}: : : : : : l   __ノ …  ̄ ̄ ̄ … \__    !: : : : : : : : : : ;   「……ボク、あの子が生きてる時には、
  ヽ. .l: : : : : : :| 〃^f炊卞、      rf炊テ坏`ヽ.,': : : : : : : : : : ,,   なんにもしてやれなかった」
   ∨: : : : : : :! と弋zツ           弋zツつ ′ : : : : : :|:/
   |. . : : : : : |                       / : : ; : : : : : :|:,′
   l. . : : : : : ト,  ヘノヘノ     、     ヘノヘノ ': : ::/: : : : : : :;′  「だから、せめて……あの子が、お空の上で
   |. . : : : : : |ハ                 / : /: : : : : : :/     喜んでくれるような事を、やりたいんだ……」
   |. . : : : : : |込                   ムイ: : : : : : : ;イ{
   |. . : : : : : |/∧        __ __       从: : : : : : ハヽ、
   |. . /i : : : |//'{ヘ、                ///i}: : : : :/  丶 ニ=-
   |. / l : : ::!/ ∨≫ 、         ィ//}'///|: : /l/
   |/  l : : :| /∨i}/|    _       |'/ レiル'/!: /⌒ヽ、 
 .       l/l/ {   \ir!             !/  レ| ;′ /⌒ヽ_
       __yv   ||ー‐==ニニ=彡'l|,へ   ヽ    /⌒ヽ
     /⌒ヽ/     ||          ||  \  }-=-≪
    /     \   ||        /~    ヽ〃    \




126 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:56:48 ID::Px9khQW6



           ,. ´    _ _≧x、  ヽ
            / ⌒ ⌒    \ /ヘヽV」∠ヽ.   \ \
       /  .       \   \   マミ=∨}  }  厂`
.        / //   ,     |   ヽ   '.  / Vハ`ヽへ\\}
       / //  ./l  |  ! |  ヽ,  i   i / / || |Ⅵリ  厂`
.      /〃:!  ハ||  l\|lヘlLA:A}.l   |/ /  ,リソハi  、 \
     |l| | l_l!__||ノ || |l 、l「_⊥ | l   | /  /:|∨} }  厂`
     |l| | N| lハ || リーチィて::ルT | i  ./ l/j} j! ト、
      v{ Nfト,ト,≧、 ´ ヾ:斗.リ| l| | ト、 / j/ j!  レ
     |ヘ {  代:z〉    ´    リ' .ハ } ハ /V⌒ヽ
     | ∧ヘ  ハ´ ヽ _._  u / /ノノ / レ'         「……そう……だったんだ……」
     //  v  .i..ト.       // ////
.    //   }!  }`  `7ヲ.´ 7/ /  //|
   〃_r≦二ヽ.jリ} .//   〃リ/〃//| |
    |! .リ  ァヘ. }7|//   /' //l |! /厶| |
    | /{   ィ }イ j〃ヽ   _,/イ-|从{{廴≫x--、
    r{.∧_〈.ノ/ .//    /   〃 Yリ´ /  {
    } \// {{ ∧/イ、\       〃 〃/ヽ   '、
   ノ     ̄ /f 〃/o〉二二二.≫イ    }    }
  {      / .{\{ {o/⌒}}'⌒V´ }__,≧ー~一〈
  {     ハ {\.ンf、__,〃_/ '´   _,.----、〉
  ヽ    // 入イハ〉、__{     /       /

     ┌────────────────────────────┐
     │話を聞く限り、どうやらノエルの『やらなきゃいけない事』とは、   ...
     │彼女の死に別れた妹である、紫ちゃんという少女の為に        │
     │したい事だったそうです。                         ..
     └────────────────────────────┘

        ┌────────────────────────┐
        │初めて知ったノエルの辛い過去に、              │
        │若干引きつつも、大いに同情するない子さんでした。  .....
        └────────────────────────┘

.

127 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:56:58 ID::Px9khQW6


     ┌───────────────────┐
     │しかし、そこでない子さんは、           .
     │一つの疑問に思い当ります。それは――    │
     └───────────────────┘

             _    .__
             ,> ゛"Y´  <_
           , ',,-≦三三≧ -._ヽ,ゝ
              レ´    .、 \\ `゛ `ヽ、
          / 〃  .,  ヽ j ヽ, ヘ ヽ;⌒
          /   .l   l i!     \ l\ \j
        ノl. |  | ! レハ __ヽ\ ヽ、ヾ ,>
        ⌒|.∧ TヾN  |ヽN  | ./l ̄` ム
            ヽ|.',N.〃ミ\N彳;ヽ.ハ/ ! ,人(     「ところで……その『やらなきゃいけない事』って、何なの?」
          lヽ.l弋丿,  ゞィ丿 .|イ/
          レl ヽ   、   ,イ 人|
           \|へ≧-≦//- 、         「寒凪さんは……一体何をするつもりなの?」
            lヽ´ヽ>,-,</  /ヽ
              | |  ヾi-i〃   /   !
              |,'   ∨    ',   .|
               l{.   ..:;;:..    }   {
               | ',       ハ    l

    ┌────────────────────────┐
    │そう、一番肝心なポイントが、まだ見えていません。     .
    │ノエルは、紫ちゃんの為に、一体何をやりたいのか。   .
    │具体的な行動如何が分からないと、              .
    │ない子さんの疑問は解消される事はないでしょう。    ...
    └────────────────────────┘



128 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:57:09 ID::Px9khQW6


             /            \      \
                            ヽ       \
            /     /           }          ヽ
              / /    ::                 ヽ  ヽ
          / /    .:::|
           ,′   | ::/:|     | / │l    |       }
             |    |  |: |i::   │-‐=l∧    |          }
         |  |八_|八 |`|ハ_:N _  \{∨       j:::  リ
         |    iハ x气ミ     ィ弍≧x /  /      /::::../    「……ボクに、ついてきて欲しい」
         |   ::::.   Vソ      V)ソ'"/   /      /:::::./
         | :|  i::::              /       /:::::./
         ヽ∧ i:::i   '           / /     /:::::イ
           \八            //|     .:::::八{
                |  ヽ   ‘ ヽ     ´  |    /∧{
                |    \        イ  |   ://
                | ∧  个:::--r ´    |  .:/|:|\
                l/ ハ   |厶-ハ_,/⌒Yレ| ::| jノ  }
                j_/   ⌒/〈  / | | ∧  〈
              〈     /  人_ノ,,人 ∨  \. \
.               _人  __,/   ノ ̄ /⌒⌒\〉  \
           / ー‐'´   /  / _/______ \  ノ
             〈       /{__/ /::::::::::::::::::::::::::::::: ̄\{
             >           /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\





       ,_   _
     、-ー'`Y <,___       /|
  __≦ー`___ _二z<_    /  |__
  > 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<    \  /             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
 <之′Y´/        \    |   \            .│ スタスタスタ… >
   >{  ,' | 、 , ,.  ,.l  ,   ゙i    ̄ ̄              \______/
  | !、{  | 寸寸T ハT7} ィ, l
  ′J゙i, ゙i ゙i (○) (○)| ハ|.
     ゙i|゙i'(1U .,---v  |
     ゙iTィ.,_  ilili l__ノ     「……あっ!? ちょいと待たれい!」
      │「ィ::ニE7 l 
      └l´::::/ヽト┌┐
        |::::|´  ̄`i l とヽ
        |::::|     | =-'
        |:::::|    \
       /lrェリ l   ヽ \

   ┌────────────────────────────┐
   │ノエルはそれだけ言うと、そそくさと店を後にしました。       .....
   │ない子さんはまだ中身が1/3ほど残っているウーロン茶の     ....
   │カップを握りしめながら、慌ててノエルの後を追いかけました。  ......
   └────────────────────────────┘

      ┌──────────────────────────┐
      │相変わらずマイペースなノエルでしたが、              .
      │不思議とない子さんは、嫌に思った事は殆どなかったり。   ..
      └──────────────────────────┘



129 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:57:39 ID::Px9khQW6


       ┌──────────────────────┐
       │ずんずんずんずん、ずんずん教の野望の如く、   ..
       │無言且つ足早に歩を進めて行くノエルの後を、     │
       │えっちらおっちら汗だくになりながら          ...
       │追いかけて行くない子さん。               .│
       └──────────────────────┘

            ┌──────────────────────┐
            │既にカップの中は空で、喉も当然カラカラです。  ......
            │干上がりそうだぞ、ない子さん!             │
            └──────────────────────┘



                                                    ,,,
                                             _,,.-ー''''"゙゙"´゙''``'‐.、、.
                            ,,.--ー''''''"゙゙''"´``'''"´``'‐''"´ ... .. ..   . ... ...  ``'‐.、,,
.. .. . ... .::::.. . . .:: : :.. . ... :::,,,,-‐'゛``'、,,-‐'゛  ... .. ..   . ... ...    ..::   . .. . .. ... .. ..   . ... ... ゙゙゙゙''''''''''‐-- 、 ,,,,,__
_,,.--ー''''"゙゙`゙''ー-、_,,.--庁ー''''''"゙゙":;;;: : ;:.............;;;;; ; ::; : ;:; :; :  :: :;... .. ..   . ... ...  .、丶"''':、丶、`丶.'.;';':;:';'::;:';'..::.;';':;:';'::;:'":;;;: :;
i;;ii:i;;i ̄|rニユ l |l i: i:二i, .;';':;:';'::;:';'; ,. '':';;:::;:;;:爿|:::.:....;';':;:';'::;:';'; ,. '':';;:::;:;:;;::::.:....;';':;:';'::;:';'; ,. '':';;:::;:;:;;::::.:....;';':;:';'`,,,,-‐'゛::;:';'; ,.
二.ll.| . 二 ̄ ̄|=,ィ'⌒ニニエニニil]1lー-il]|_三rーilil ̄|─r‐┬||irr-、v冖v":;;;: : ;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :; :  :: :; ":;;;: : ;: ;: ;: ;: ;: ;:  ; ::;
::;...;;.;;ii:i;;:; :;..; |l巫||、_,|斤il]il]|_三rーilil ̄|─r‐┬|i、_r-lT┐┬il]il]|_三rーilil ̄|─r‐┬r'⌒ヽ'' ,. ,. '' ;';':;:';'::;:';';゙゙゙゙'''‐- 、 ,,,,,__
韭|  |:::.. ..  |巫|il]il]|_三‐┬ lil「l ̄|i、_r lil「l韭l《fニニll ̄'' ;~'',;''゚ ;~'',;'', ;~,;''゚ ;~゚''゚ ;~'',;'',;''゚ ;~,;, ‐''"~ ̄~`''‐ ,.、t''T叮 i¬-、
韭|  |l::;...;;.;.;ii:i韭lllll":;;;: : ;|韭韭|ニニエニニエニニエ : ;:;;';':;:';'::;:';'; ,. '':,.ィ;| ̄冂ilrーilil┬ li┬;:::;:;:;;::::,.‐':;ニ´ィ:爿ヱ;'::;|I|:・:|I-lT┐┬




130 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:57:50 ID::Px9khQW6


                 ___
                ´    ` ̄`丶、
             /     _         \
             _      `\      ヽ
           / /         ヽ      '、
             / /    {   |\       ヽ  i
          ′     ,'|  |  ヽ\│    :|  |
            /     | / |l  i| 七ト-│ }  :| ,′      「てく、てく、てく……」
        /イ  |  N-八__リ  '弋| /   i /
         | l  |ハ_|{代心    ''' |     八
         |八   i\`´  ,    レ|  :/⌒
         ∨ ' 、   ヽ   、-,  |  厂^>
.               ヽ   个ト  ..__ イ|  ∧_/
               }    |'V⌒ハ  /| ん' >‐ 、
               |人  |人  ┴〈  ∨ムイ   ヽ
                   ∧│    _人 |::::::::|     '.
              / Vト、    /∨ ::::::|     '.


  ┌───────────────────────┐
  │そこまでなだらかではない坂道を、            ..
  │汗も殆どかかずに登って行くノエルとは対照的に、    │
  │暑さと疲れで息が切れてきたない子さん。       .....
  └───────────────────────┘


                 ヽヘ      \
              u      \\,     ヽ
       |              V∧     Vヽ,
  /   │       !          V|ヾ      ゝ
 .  !  │    │  |    ヽ: u    ヽハ      \
  | ∧ ハ   .│   |    ハ     ヾゝ::.:.:.:.:.:.  ヽヘ
  ::, -┴ 、   ::/l  :::ト、    ::l    ..:::Nl :.:.:.:.:.ヽ:.:. |
∠´     ヽ ::__:i l  :::l `、   :l    .:::::j:::.:.:.:.:.:.ハ:. ,    「はぁ、はぁ、ふぁっ、おふぅ……あっつぅ……!」
    ̄`~ヽ `y l l :∧:l__ `、 .::l ::::::::::::___:j:::.:.:.:.:.:! j/
  ヽ、    l/ /| -V ̄ヽ  u W| ::::「二ヽ|.:.:.:.リ V
、   l   /イ´:::! _______ | :::|┌j l.:.:.:/
_ \. L/ /!::::::| ' ̄|(● )「 〉 | :::|/// .:(
i ノ`'´  ∧ ヽ::|       ´ l ::::| / :.:ゝ\
二__ __ ,イ /  `    u     } ::::|く´  :.| `ー
 || |「 |l |  r、       u ,ィ :::::| ヽ jノ

   ┌───────────────────────────────┐
   │どちらかと言えば体を動かす方が得意なない子さんは、           ..
   │もしかしたらノエルは、本気を出せばかなり運動神経が             │
   │あるんじゃないかと思いながら、彼女の後を何とか着いて行きました。    .
   └───────────────────────────────┘



131 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:58:04 ID::Px9khQW6



     ┌─────────────────────────┐
     │某ファーストフード店、またの名をMドナルドを出てから    .
     │30分弱ほどない子さんが歩かされた頃でしょうか。     ....
     │ノエルの足が、とある建物の前でピタリと止まりました。  .....
     │                                   .....
     │住宅街の外れにある、少し広めの倉庫です。          .
     └─────────────────────────┘


_____________________
_/_/_/_/_/_/_/_/_/.,:;./_/_/_∧
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ .ヘ
_/_/_/_/,.;::./_/_/_/_/_/,.:;,./_/.γヽヘ.
_/_/_/_/_/_/_/;::::.,/_/_/_/_/  ゝlノ ヘ
'''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''|,..:  ,;:  |
             ゙;;:               |   _,. -i |
        / ̄ ̄ ̄ ̄/l          |  |´ | ,..| !
       l二二二二二l/.           |  |-''!´ | !
        | | |l     | ||              |  |_,..レ''  |"''iv,,.
        | | |l___| ||          .|       |   ~"~゙''"''' w,v,,ivll、,wii,,..,..,.ill,..w,,_,,
        | | |    0| ||;:;,.           |   ;:;:, .   |                        ゙'' vw,,'w
,.:;       | | |l ̄ ̄ | ||     ゙゙      |  , _,. - '´,,.,,
____,,wiiv| |_|l___| |l_______|_,,-'´
,,       | | ,,    ,,| | ,,                         ""''´''
      ,, ''';"    ゙;^"" ""''´''
wv、,.,..,.ill,..w''"     ゙'' vw,,'wii,,..                           "゙''''~
                     ゙"'''' iw..,,_,,..,..,.ill,..w、,,_
                                  ゙''"゙v,,ivll、,w,,'wii,.,
                                            `~"゙"'''' iw..,,_,,..,..,.ill,..w、,




132 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:58:17 ID::Px9khQW6


             /      /     / /  \        :::::::ヽ
                / /     /|      ∧   ヽ        :::::::::::
            / /     / :|      /::::|    ';        :::::::::::|
              / /        :|     i/ :::::|    :|     丶  :::::::::|
              ,′   :i     /:|     │:::::::|    :|      ヽ::::::::::|
          i  :|   :|   /::::|     │   |    :|       ::::::::|
          |  :|   :| i │ | i   i |   | |\  |        ::::::::|
          | /|  /| i │ | i   i | _| |  \│      :::::::::|
          | ::八i |八|  {ー-|八___N´ __ | 厂 `フイ        :::::::::|    「……中に入って」
          | i:  ーヘ ≫=zミ_       ´x==ァ≪. /       :::,'| ::|
          |ハ::.   i:. ヽち:::ノ`      ち:::ノ '"/ /     .:::/ |::/
          |  ::.   iハ                 / /     ::::i j/
              ヽ::   i::::.     ,       / イ     八{
              ∨ i::人            //│    (  \
              |:: i:: :丶、   ‐-      / |     厶-- 、
              | i   ::::j:::> 、    イ:::::/|   /⌒ヽ::::.::\
    f´ ̄ ̄`ヽ    レ|   :::∨ \::::厂::::::::: _/ │  ハ\/ :.::.::.:`⌒\
    | ガチャ… |       |   ::/|    ̄ ̄ ̄´     |   /::.::.::.:ヽ   .::.::.::.::.:)
    廴__ ノ     _人|  ::|八       ___ノ| i/   ::.::} ̄ノ⌒><
            /{ 八  ::|  ー─=ニ二      | |   ..::.ノ'´⌒\////\


     ┌─────────────────────────┐
     │ノエルは鍵を開け、ない子さんに入れと指し示しました。    │
     └─────────────────────────┘


                |\_  ̄ト、ー―-、
          _____> \| L___|
          >_____    ___ <
           l/        ヽ /    \!ゝ
        /      /ミヽ Vr勿\   \ヾ
       //  >-―┴┴- ∠.:\lVVV\\
     ∠/  /            ヽ   ゝ 》
     /:/: . : /: . : . : . : . : . : . : . : . : . : .. :ヽ: . :}: | ノ
     /:/|: . /: . : . : . : . :/: . : . : . : . :  .   ',:.:| :∧      「う、うん、分かった」
      |/ :|: /: . : .:/: . : . ハ:: . : . : . : . : . :  .  ', |'  |
     j:/!: . : .,': . : .:/: .|: . : .// /レ'|i ト、|: . N  l
      ハl   l i.〃____\ |. , _´___\ヽ l i |.| l l|   「……おじゃまします……」
      ヽ!  ハ 〃 ゞ-:::ノ ヽ!  ゞ-;;ノ 〉 l l !.| l |
      i Y/   Y    ̄         ̄  / 》 ///i |. |
      .| l !  .ハ          u イ/ ./レ'| .i ト、|
        ハ~、ゝ>.、   ―    ∠/ //レヘ トヽハノ
      _r 、,、、  , --`>ァ   ´ム ム/    
      rv' l | .!/、   `  ̄  ̄  ̄   ヽ
     ,' .l ! ! |: : : : ` -.._r, __r,_ . .-. ''.´ヽ
     !    ' ,!: : : : : : :: :||: : : : :.||: : : : : : : : ヽ

   ┌──────────────────────────────┐
   │少々怪しいんじゃないかと思わなくもなかったない子さんでしたが、    .
   │ここまで汗だくで歩かされて、今更手ぶらでは帰れません。       .....
   │ない子さんは恐る恐るといった調子で、重たい扉を開けました。     ..
   └──────────────────────────────┘



133 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:58:29 ID::Px9khQW6


                                                      /           ││
                                                     /            ││
┌────────────────┬────────────────┐/             ││
│┌───────────────┼────────────────┤               ││
││                        │三三三三三三三三三三三三三三三三│               ││
││                        │三三三三三三三三三三三三三三三三│               ││
││                        │三三三三三三三三三三三三三三三三│               ││
││                        │三三三三三三三三三三三三三三三三│       ┌───────────┐
││                        │三三三三三三三三三三三三三三三三│       │すると、中には――   ....
││                        │三三三三三三三三三三三三三三三三│       └───────────┘
││                        │三三三三三三三三三三三三三三三三│               ││
││                        │三三三三三三三三三三三三三三三三│             .イ  ││
││                        │三三三三三三三三三三三三三三三三│         │ │ ││
││                        │三三三三三三三三三三三三三三三三│         │ │ ││
││                  ┌┐  │三三三三三三三三三三三三三三三三│         レ   ││
││                  ││  │三三三三三三三三三三三三三三三三│               ││
││                  └┘  │三三三三三三三三三三三三三三三三│               ││
││                        │三三三三三三三三三三三三三三三三│               ││
││                       f´ ̄ ̄`ヽ三三三三三三三三三三三三三三│               ││
││                       | ギギッ…|三三三三三三三三三三三三三三│               ││
││                      廴__ ノ三三三三三三三三三三三三三三│               ││
││                        │三三三三三三三三三三三三三三三三│               ││
││                        │三三三三三三三三三三三三三三三三│               ││
││                        │三三三三三三三三三三三三三三三三│               ││
││                        │三三三三三三三三三三三三三三三三│               ││
││                        │三三三三三三三三三三三三三三三三│               ││
││                        │三三三三三三三三三三三三三三三三│               ││




134 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:58:39 ID::Px9khQW6




.("'''ー-.,、_
 `、 f;;;;;;-ミェ、
   ` ;, `''、;;;;;ヽヽ、                  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
.    ヽ  `'''-'' '-、               .│  ……ひこう、き……?  .│
      "-,      `-、    ,,;;,         \___________/
.        "-,       `-、.,;;;;;'
          `-,       ,;;;;;'、          _,__,,、_,,,_        ,iー--=,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,___     _,,...,
           ̄"y    ,;;;;;;'_` 、,,__,,,,,,,,ェ--y.''~, '`;-FF'i..ミ,_ __    i|               ̄フ"  "i
              "、, .,;;;;;'  =--ー‐`.、=--ー`'~ー-i i.  .!  .|~-i'-;,,i|!.rー-,,_          ./    j
              , '~''''''ヽ',      ヽ. ̄''''''''''' 'ー┴-┴-」,,,,,,,|,,|Ii|;)- ,>,,_~- ,,       ./      !
           ,,,,;;;;;,'、   .,,,,j j      .j                   .__ ~"'-ヲ'-,,  /       .,!
         ;;;;;;'''''''''~~!`''-.';;;;;,      .,'                        ~"         .,'
               ヽI ̄ ';;;;;,     ,.' __,,,,,,....,,,_                   r-ー―-,,,,,,,,   ,;'
                ~ ̄'';;;;,__;;;;;エ~.((~     ~"'''''-、,,,_              ~" - ,,   ~"'''-'ェ,
                   ';;;;' ーー―~`ト 、         ~"''-,,,------ェェ、、,,,,,,,,,,,,,,,,...z--'-- _   '-,,
                            ~.y_、       '-,,                ~ '-,,_ "- ,
   ┌──────────────────────────┐               ~ '- ,_~-,
   │二対の翼、散らかっている操縦席、静止したプロペラ、     │-,._                ~"
   │周囲に散らばった用途も分からぬ用具の数々。         │
   │実物大の飛行機らしきものが、無造作に佇んでいました。  ....
   └──────────────────────────┘





135 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:58:52 ID::Px9khQW6

                |\_  ̄ト、ー―-、
          _____> \| L___|
          >_____    ___ <
           l/        ヽ /    \!ゝ
        /      /ミヽ Vr勿\   \ヾ
       //  >-―┴┴- ∠.:\lVVV\\
     ∠/  /            ヽ   ゝ 》
     /:/: . : /: . : . : . : . : . : . : . : . : . : .. :ヽ: . :}: | ノ
     /:/|: . /: . : . : . : . :/: . : . : . : . :  .   ',:.:| :∧
      |/ :|: /: . : .:/: . : . ハ:: . : . //レ'|i ト  .  ', |'  |     「……なに、これ……どうしたの……?」
     j:/!: . : .,': . ヽ、_、|: . : ./,_,.ハ、|:  . N  l
      ハl   l i.〃iシト、\ | ,. =、\ヽ l i |.| l l|
      ヽ!  ハ 〃弋歹  ヽ! 代歹 〉  l l !.| l |
      i Y/   Y u         ̄  / 》 ///i  |. |
      .| l !    |´´´   `    ´´´イ// /レ'|  i ト、|
        ハ~、ゝ>、   (_) u ∠/ / /レヘ トヽハノ
         レ//, 、/⌒ > - ァ ´ ム ム/    
         /,.-/_ く  `ー '"´   ノ  \ 
      . / __)/`ー--- ‐ '"ヘヘ   ヽ
       /    ___ノ    ,.     il    〉
       !   __,ノ   /      ヽ   l





             _, -‐‐-
           .   ´〃      `  、
       /                  \
     /     ‐-            ヽ
.     / /         `ヽ         ヽ
    / /           ヽ          ハ
   ,       |    、              |
    i      |    | \  }           j   「……ボクが、作った」
    |       |    |'´ 八jハ        ,
   l     |、_ト .__,从ィ笊ラハ{          /
   ',  \Nァ=ミ、   ノ Vソ |  /    〃
        ⌒ Vソ         | '      /(       _/\/\/\/\/\/\/|_
    ヽ  }ハ   、       ノイ    ∧        \                 ./
       \  }ト、   _     |    ,          < ……うそおぉんっ!!? >
        \ 个ト .      .イ |     {          /                  \
          i  l | N≧ 爪   |  ∧ハ          ̄|/\/\/\/\/\/\/\/
          l∧  |___ ノ}  ハ '   \
         ノ ハ |    ,     }     \
         / lハ|       ___       ヽ

   ┌──────────────────┐
   │思わず大声が出てしまったない子さん。  .
   │まさに驚愕の事態です。           ..
   │驚き桃の木、ない子さん!         ....
   └──────────────────┘



136 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:59:06 ID::Px9khQW6

            _   _,
         ___,> Y´'ー-、
        _>z二_ ___`ー≧__ っ
        >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
       /        ヽ `Y′之> っ
.      /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
      l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノヘ ))
    (( ,ヘ, |(○) (○) / / ,/ /
      '、 `|'''' r-‐‐┐''''.「)'/|/ /
         \ヽ、ヽ、__,ノ _,.ィT/=/       「こっ、これ、飛べるのっ!?」
        < l 7Eニ::ィ1    〉
         ゝ'イ/ヽ::::` 、 /
           i´ ̄ `ヽ::|
          j|       <
         /    ヽ  \


 ┌───────────────────────────┐
 │ない子さんは、興奮と驚きと期待と称賛と好奇心を込めて、  ......
 │飛行可能か否かをノエルに聞きました。               .
 └───────────────────────────┘


          /                   \
        /   /       .:/        \   ヽ
.       /   /       .:/::/        ヽ
     ,′               }      jハ  ハ   ┌─────────────────────┐
         :/          /          i |   :i    │だけど、返ってきたのはちょっと残念な返事。  .....
      { / :;′        /   /  /}    / /| |  |  | . └─────────────────────┘
     V .:{:         i   /  /メ   /|: /⌒|  |  |
     八 .::.        | イi|: //___/i_j厶:/厶イ │
     {:ハ::ハ        |/斗七=ミ     ヒツノ/ .:i:ノ  リ
.       ':∧:::{   !八ヽ弋)ソ           ::|: |: /  「……ううん、まだ飛べない。
.         j:ハ :::.   |丶:\         '   '  :|/|/    外側だけは、何とか見よう見まねで作ったんだけど……
       /⌒ヘ |)、   ::l⌒     _    厶イ::|     中からこれを動かす為の機械が、まだまだ足りないんだ」
.   /⌒フ   ヽ|ハ:.  ::ト      ´   イ  !::|
   /  ´ ̄ ̄ ̄\!  :.   ::| >  _..、< |::i:: :八|
.  /   /:::: ̄`丶\∧  |`ー┴'⌒} ヽ|::i:: l
 /  /\::::::::::::::::::\ヽヘ │    人  )人:│

  ┌─────────────────────┐
  │そして、こうも続けました。                │
  │「それを買う為に、お金が欲しかったんだ」と。  ....
  └─────────────────────┘

.

137 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:59:16 ID::Px9khQW6


   ┌──────────────────────────────┐
   │何でもノエルは、飛行機の外形やコクピット内の計器など、       .....
   │自分で作れそうだったものは、安いパーツを通販で取り寄せたり、     │
   │廃材置き場や粗大ゴミの日のゴミ捨て場から色々な物を拾って来て    │
   │その中から使えそうなものを取り出すなど試行錯誤を繰り返し、    .....
   │ない子さんを驚かせた例の飛行機をある程度作り上げたそうです。    .
   └──────────────────────────────┘


             /      /     / /  \        :::::::ヽ
                / /     /|      ∧   ヽ        :::::::::::
            / /     / :|      /::::|    ';        :::::::::::|
              / /        :|     i/ :::::|    :|     丶  :::::::::|
              ,′   :i     /:|     │:::::::|    :|      ヽ::::::::::|
          i  :|   :|   /::::|     │   |    :|       ::::::::|
          |  :|   :| i │ | i   i |   | |\  |        ::::::::|
          | /|  /| i │ | i   i | _| |  \│      :::::::::|  「でも、エンジンとか、
          | ::八i |八|  {ー-|八___N´ __ | 厂 `フイ        :::::::::|  重要な部分に必要なものだけは、
          | i:  ーヘ ≫=zミ_       ´x==ァ≪. /       :::,'| ::|   どうしても作れそうにないんだ……」
          |ハ::.   i:. ヽち:::ノ`      ち:::ノ '"/ /     .:::/ |::/
          |  ::.   iハ                 / /     ::::i j/
              ヽ::   i::::.     ,       / イ     八{
              ∨ i::人            //│    (  \
              |:: i:: :丶、   ‐-      / |     厶-- 、
              | i   ::::j:::> 、    イ:::::/|   /⌒ヽ::::.::\
              レ|   :::∨ \::::厂::::::::: _/ │  ハ\/ :.::.::.:`⌒\
                 |   ::/|    ̄ ̄ ̄´     |   /::.::.::.:ヽ   .::.::.::.::.:)
                _人|  ::|八       ___ノ| i/   ::.::} ̄ノ⌒><
            /{ 八  ::|  ー─=ニ二      | |   ..::.ノ'´⌒\////\

  ┌──────────────────────────────────┐
  │と、自らの実力不足を痛感するかの様な顔でため息をつくノエルでしたが、   ......
  │さらりと「作れそうなものは作った」などと、とんでもない事を言ってたりします。    │
  └──────────────────────────────────┘



138 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:59:27 ID::Px9khQW6



      ┌────────────────────────────┐
      │もしかしたらノエルは、所謂天才少女なんじゃないかと、       .
      │良く言えば飾らない成績、悪く言えば少し残念な部類に属する   ..
      │成績の持ち主であるない子さんは思いながら、したり顔で、     .
      └────────────────────────────┘


                    /{  /!
              /   V  }
             _{  /  厶_
            /    {  ´   `ヽ、
        、__/  _x≦三三≧、   \_,
.          `ーァ ´         `}トヘ  く
.            /L_          WN   ト.
          /  /       , 、_j } V  l
         lム__」{、 i   TV二厶」 Li〔l l
          |  | |从仏{ { V从仏从| | |     「ふむふむ、なるほどねぇ……」
          | .| |/ _ニ       ニ_ ヾ| | /
            { | { {_:::ツ    {_:::ツ } | }
           | |       '       | l/
          \|、    /ヽ  u  .|/
                 `   、 二 .. .´             ┌────────────────┐
        r 、  ,. -r-{ノ,   {‐- 、_  , 、      │なんて、頷いてみたり。        .....
        |. } /{  { V    }   } }、{. |        │少し見栄っ張りだよ、ない子さん!   │
        |. |/   、 ヽ V⌒ ∨ / /  |. |        └────────────────┘
        /⌒V^V   \  |: : : : |  /  {^V⌒ヽ
        |、_〉_} !     ト |: : : : | /!   ノ {_〈 { ∧
       lノ ノ ノ    j |: : : :| j   {  ヽ V  }




139 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:59:37 ID::Px9khQW6


            /     /           }          ヽ
              / /    ::                 ヽ  ヽ
          / /    .:::|
           ,′   | ::/:|     | / │l    |       }
             |    |  |: |i::   │-‐=l∧    |          }  「……この飛行機を完成させて、飛ぶ事。
         |  |八_|八 |`|ハ_:N _  \{∨       j:::  リ    これが、ボクの『やらなきゃいけない事』なんだ」
         |    iハ x气ミ     ィ弍≧x /  /      /::::../
         |   ::::.   Vソ      V)ソ'"/   /      /:::::./
         | :|  i::::              /       /:::::./   「ボクはこれで……この街の空を飛びたい」
         ヽ∧ i:::i   '           / /     /:::::イ
           \八            //|     .:::::八{
                |  ヽ   ‘ ヽ     ´  |    /∧{
                |    \        イ  |   ://
                | ∧  个:::--r ´    |  .:/|:|\
                l/ ハ   |厶-ハ_,/⌒Yレ| ::| jノ  }
                j_/   ⌒/〈  / | | ∧  〈
              〈     /  人_ノ,,人 ∨  \. \
.               _人  __,/   ノ ̄ /⌒⌒\〉  \





        ,_   _
     、- ー'`Y <,___
  __≦ー`__ _ _二z<_
  > 7  ̄、-‐  ´ ̄`'┴<
 <之′Y´ ,r'         ゛' ,
 r j>{. ,r'   へ,   !   , \. \
 J .V ハ   :ハ,_ ハ -‐ ∧ ハ  ゙i ゙i.
{i゛! {.  ,r'!'‐-!ァ=≠r   ゙i| _゙i_ !  |
ハ∧ |゙i   ,.イ  .|'ソr_ |   ',.≠r゙i|゙i |    「飛ぶって……これで!?」
 (,八. i゙i  (,|.⊂⊃ ̄`    リj |.゙i,r'∨
 ′ル゙i|∧ ハ ト        ` 7 ゙i   。
    J| ゙iV゙i u  ,r'' ̄7  八i
     "'_ハ ,.ドi  ', '‐-´  /|゙i!.    ⊃
    _ ,.ヘ´:::::::ニ二Eァ‐ー` ∨    ι
  .,r':::::::::::::::::::::/  ゙i;!、_ '`
 .,'::::::::::::::::゙i ,r''‐‐―ー;::!゙i
 |:::::/)`:'i        ゙i:゙i    (\
ヘ//)r,r'.     ゛    ゙i|,  !`゙i(\゙i
|∨,r'/)`{     '三'   }:゙i   ゙i i´゙i |
ハ,|  ,.,r')゙i゙i.    ,r' ,  /:::::゙ir,r'ト!`゙i |゙i

  ┌───────────────────────┐
  │人並み且つ常識的に生きてきたない子さんにとって、  │
  │ノエルが言った『やらなきゃいけない事』が本当に   ...
  │可能かどうか、にわかには信じられませんでした。   .
  └───────────────────────┘



140 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 23:59:48 ID::Px9khQW6


     /.. .: : : : : : : : : : : : :|: : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: : : : : : : 丶
     ,′.: : : : : : : : : : : : :::|: : : : : : : : : : : : : : : : : : i}: : : : : : : :::.
 .  / . .: : : : : : : : : : : : : ::|: : : : : : : : : : : : : : : l : : i}: : : : : : : : :::.
    ′.: : : : : : l: : : : :/| : /|: : : : : : : : :|: : : : : :|: ::i}: : : : : : : : : ::i
  / . .: : : : : : ::! : : : :{ | / : : : : : : : : :l: : : : : : :ト; : i}: : : : : : : : : :::l
  ,'. . .:: : : : : : : ! : : : :| l;′ i: l : : : : : : l: : l: : : : | '; :i}: : : : : : : : : :::|
  l. . .:: : : : : : :/! : : : :|    И: : : : : : :| : ;i: : : : | レl : : : : : : : : : : |   「うん、そう」
  |. . . : : : : : : |  ̄ ̄     l : : : : : : |/l_:_:_:_:|   !: : : : : : : : : : :|
  . . l}: : : : : : l ― __―…  ̄ ̄ ̄ …―__ ― !: : : : : : : : : : ;  「この飛行機で、空を飛んで。
  ヽ. .l: : : : : : :| 〃^f炊卞、      rf炊テ坏`ヽ.,': : : : : : : : : : ,  紫が見られなかった空を、飛べなかった空を――」
   ∨: : : : : : :!   弋zツ           弋zツ  ′ : : : : : :|:/
   |. . : : : : : |                       / : : ; : : : : : :|:,′
   l. . : : : : : ト,  ヘノヘノ     、     ヘノヘノ ': : ::/: : : : : : :;′    「……見せて、あげたいんだ」
   |. . : : : : : |ハ                 / : /: : : : : : :/
   |. . : : : : : |込                   ムイ: : : : : : : ;イ{
   |. . : : : : : |/∧        __ __       从: : : : : : ハヽ、
   |. . /i : : : |//'{ヘ、                ///i}: : : : :/  丶 ニ=-
   |. / l : : ::!/ ∨≫ 、         ィ//}'///|: : /l/
   |/  l : : :| /∨i}/|    _       |'/ レiル'/!: /⌒ヽ、 
 .       l/l/ {   \ir!             !/  レ| ;′ /⌒ヽ_
       __yv   ||ー‐==ニニ=彡'l|,へ   ヽ    /⌒ヽ
     /⌒ヽ/     ||          ||  \  }-=-≪
    /     \   ||        /~    ヽ〃    \

   ┌────────────────┐
   │だけどノエルは、語り続けます。   ....
   │自らが空を目指す理由を。       │
   └────────────────┘

       ┌────────────────┐
       │そして彼女は、決意しています。     │
       │必ず自分は空を飛ぶのだと。      │
       └────────────────┘



141 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:00:15 ID:vcYL98DM


                   \    ヽ V/ / /
            __ , .イ       V }  イニミー- ノ
             ̄¨ー .,      /ヽ   / ヽ r-イ
               /     ./:::...:.>=<__:.:ハ \
             ./      i / <´       >::> >..._
      、__ , ィ    /   ハ !  ,, -        ハ 从 <
        ̄ ̄= ≠  { i   /八! /           }/ ヾミ;、
             /   !i!  //  ,'                \
             ,'    ハ  川 /  ,     /              ヘ
              /     ∧ |  ,  ,'     ,ィ       ,'   i   ハ
           / _,      }! i  ,'   ,/ ,'    / /i   ./|    |
       / イ7      |  |  ,' ´¨,テナ=i‐-  ィ/ 十-.|,,_i    .i  「……でも、紫ちゃんに見せるって……
        ̄  i   i!  从  | .i l ,rfj ̄ヾ、//| ,ム」_:,;     .|  一体どうやって……?」
           |  / .|   ∧ .| .| lK {| ::::::リ    l/,イ}:::::::ハノ/   |
           人 八 {、  ,' ∧ > l,  ゛ー ''        K.__,/ }/  / ノ.,'
          / | {_ ノ!   |::|{ \!             `"" イ.///./
           Vーイ{   |::| ト.、 >     __    '    イ/
                /   .|::| |::|::|    /  \   u ,ィ'
             /  /Y゚|::| |::|::|、 / /~\ ヽ‐、_,/
             /../ _ト.|::| 川゚|>イ ,.へ `< ヽr‐ァ―=‐、
            ー ",/´\ノ/!_|  .|: |,  イ ,、〆``'ー /;;/.:/   ヘ
                 /     ヘ:.:|;i;;;;;;;ハ   ∨ ̄   /;;/.:/ /  ハ


  ┌──────────────────────────┐
  │ノエルの静かで固い決意に気圧されそうになりながらも、    .
  │ない子さんは、心に浮かんだ疑問をぶつけてみました。    ..
  └──────────────────────────┘


               ,  '´                 `ヽ
             /                    \
            /                       ヽ
            /                          ',
           ′   /               \           ',   ┌─────────┐
          ,′   /    !          ',    `      i     │するとノエルは、    .
          {     .{      ハ     .!      |       i   |   .└─────────┘
          i     i  /    .!   ト     .|       |  .|
          |     | .!   八   .!ヘ..==┼      |  i
          ',    |-十.‐  !  \ ! 彡キ示ミァ     | ,'
          i    .l  《テ;ミト、 \  {::t:i::/       |./       「……これ」
           i     !人.ヽ弋ッソ      .ゞ‐'/.イ   !,イ /
           .|    ! ` .ヽ,,,        "" .ム.i  / l/
           | .ハ `|  ト、   ´         '| ./ヽ′
           レ l  ! ゝ  |i{ `  .  -   イ  | ./  〉
              \|  l\ヽ.  > .‐ ァ ´   | //  ̄  ̄ヽ         ┌──────────────────┐
               ∧ i\}     /     |/ \    \     .│と言いながら、胸元のポケットから、   ......
               /:.:.:|    \_ /   / '   ` ─、─‐'      │小さな小さな、小瓶を取り出しました。   ..
             /i.:.:. |   /    |  ./            〉      └──────────────────┘
                | :. !:.:.:.:\_    レ'     > <_  /




142 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:00:30 ID:vcYL98DM



        ┌───────────────────────┐
        │中には、星の砂の様な白い粉。             .....
        │これは一体何なのかと、ない子さんは少し考えて、    .
        │すぐにそれが何なのか分かってしまいました。     ...
        └───────────────────────┘




                              爪川j刈
                         ム≧=≦ム
                        ノ ` ̄ ̄´ハ
                       /        \
                      i          i
                      |` ─  - ─ ´ |
                      |          |
                      |  ::::::::::::::::::::::  |
                      |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                      |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                      ヽ.:::::::::::::::::::::::::::::::,ノ
                        `゙  ──  '´

.

143 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:00:46 ID:vcYL98DM



                    |\_  ̄ト、ー―-、
              _____> \| L___|
              >_____    ___ <
             l/        ヽ /    \!ゝ
             /      /ミヽ Vr勿\   \ヾ
              //   / >-―┴┴-∠\lV \\
         /       r' _,ノ           :`ヽ: :\
        /イ    .r'´厂/             ヽ: :ヽ
       / / :/V|V } r'〃     /        `ヽ  ': :丶
        / :/::  .::r'/ /    〃    ,           '.  ': :リ
        |:/l::::: .::::{″′   .′   /    :i i       : ::l     「……これ、紫ちゃんの……」
        | |::::/:::爿 i     l !  _厶斗 |LL !  | !: ::!
          |:::|:::::::::i | | 斗i'´/从」人__ノ_j_」_`ト l i:::::|
         |::|!::: |::Ⅵ v   ,ィf^    ィトxiト、/ l: :::|
           |ハ:::|、:∧从   ヒ_り    ヒ.り {レ′′|
           Ⅵ V:::Vハ   '.  u    ′   ノ /,イ!レ′
             `{ V:|ヾ: ハ   ト、  (_`ア  .ィ 〃/ リ
               . '´ ̄ハ  |} >‐ァ≦千l {ル'
             /   { ハ |     ′} } l|/ハ
              .′    ヽ }人ヽ__.ノノ丿!′ i

   ┌────────────────────────────┐
   │ない子さんは小さい頃、その白い砂を見た事があります。       .
   │大好きだったお婆ちゃんが、眠ったままずっと起きなくなって。  ......
   │だからみんなで別れを告げて、見送って。              ......
   └────────────────────────────┘

       ┌───────────────────┐
       │「これがお婆ちゃんだよ」と言って、       .
       │ない子さんも見せてもらった、白い砂を。   .
       └───────────────────┘



144 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:01:16 ID:vcYL98DM


             /      /     / /  \        :::::::ヽ
                / /     /|      ∧   ヽ        :::::::::::
            / /     / :|      /::::|    ';        :::::::::::|
              / /        :|     i/ :::::|    :|     丶  :::::::::|
              ,′   :i     /:|     │:::::::|    :|      ヽ::::::::::|  「……うん、そう」
          i  :|   :|   /::::|     │   |    :|       ::::::::|
          |  :|   :| i │ | i   i |   | |\  |        ::::::::|  「ボクは、この街の空の上に紫を連れて行って、
          | /|  /| i │ | i   i | _| |  \│      :::::::::|   いっぱいいっぱい、景色を見せてあげてから――」
          | ::八i |八|  {ー-|八___N´ __ | 厂 `フイ        :::::::::|
          | i:  ーヘ ≫=zミ_       ´x==ァ≪. /       :::,'| ::|
          |ハ::.   i:. ヽち:::ノ`      ち:::ノ '"/ /     .:::/ |::/  「……紫が、ずっと空を飛んでいられるように、
          |  ::.   iハ                 / /     ::::i j/   めいいっぱいこれを、撒いてあげたいんだ」
              ヽ::   i::::.     ,       / イ     八{
              ∨ i::人            //│    (  \
              |:: i:: :丶、   ‐-      / |     厶-- 、
              | i   ::::j:::> 、    イ:::::/|   /⌒ヽ::::.::\
              レ|   :::∨ \::::厂::::::::: _/ │  ハ\/ :.::.::.:`⌒\
                 |   ::/|    ̄ ̄ ̄´     |   /::.::.::.:ヽ   .::.::.::.::.:)


    ┌───────────────────────┐
    │ない子さんは、ノエルにどんな言葉をかけようか、    .
    │考えて考えて、考えぬいて、               ......
    └───────────────────────┘


           ,. ´    _ _≧x、  ヽ
            / ⌒ ⌒    \ /ヘヽV」∠ヽ.   \ \
       /  .       \   \   マミ=∨}  }  厂`
.        / //   ,     |   ヽ   '.  / Vハ`ヽへ\\}
       / //  ./l  |  ! |  ヽ,  i   i / / || |Ⅵリ  厂`
.      /〃:!  ハ||  l\|lヘlLA:A}.l   |/ /  ,リソハi  、 \
     |l| | l_l!/||.´ || |l 、l「_⊥ | l   | /  /:|∨} }  厂`
     |l| | N| lハ || リーチィて::ルT | i  ./ l/j} j! ト、
      v{ Nfト,ト,≧、 ´ ヾ:斗.リ| l| | ト、 / j/ j!  レ
     |ヘ {  代:z〉    ´    リ' .ハ } ハ /V⌒ヽ
     | ∧ヘ  ハ´ ` _._-ノ  / /ノノ / レ'         「……紫ちゃん、喜んでくれるといいね」
     //  v  .i..ト.       // ////
.    //   }!  }`  `7ヲ.´ 7/ /  //|
   〃_r≦二ヽ.jリ} .//   〃リ/〃//| |        ┌──────────┐
    |! .リ  ァヘ. }7|//   /' //l |! /厶| |       │と、だけ言いました。   .
    | /{   ィ }イ j〃ヽ   _,/イ-|从{{廴≫x--、    └──────────┘
    r{.∧_〈.ノ/ .//    /   〃 Yリ´ /  {
    } \// {{ ∧/イ、\       〃 〃/ヽ   '、
   ノ     ̄ /f 〃/o〉二二二.≫イ    }    }
  {      / .{\{ {o/⌒}}'⌒V´ }__,≧ー~一〈

   ┌───────────────────────────┐
   │基本的に心優しいない子さんには、                 .....
   │常識や法律だのを持ち出した現実論で説き伏せる事も、    ....
   │ただの夢物語だと一笑に付す事も、出来なかったのです。    .
   └───────────────────────────┘



145 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:01:27 ID:vcYL98DM


 .  / . .: : : : : : : : : : : : : ::|: : : : : : : : : : : : : : : l : : i}: : : : : : : : :::.
    ′.: : : : : : l: : : : :/| : /|: : : : : : : : :|: : : : : :|: ::i}: : : : : : : : : ::i
  / . .: : : : : : ::! : : : :{ | / : : : : : : : : :l: : : : : : :ト; : i}: : : : : : : : : :::l
  ,'. . .:: : : : : : : ! : : : :| l;′ i: l : : : : : : l: : l: : : : | '; :i}: : : : : : : : : :::|
  l. . .:: : : : : : :/! : : : :|    И: : : : : : :| : ;i: : : : | レl : : : : : : : : : : |
  |. . . : : : : : : |  ̄ ̄     l : : : : : : |/l_:_:_:_:|   !: : : : : : : : : : :|
  . . l}: : : : : : l  .ィ'――…   ̄ ̄ ̄ …――-、 !: : : : : : : : : : ;
  ヽ. .l: : : : : : :|                     ,': : : : : : : : : : ,
   ∨: : : : : : :! ,-===x          ,,ィ==ミ、  ′ : : : : : :|:/
   |. . : : : : : |                     / : : ; : : : : : :|:,′
   l. . : : : : : ト,  ヘノヘノ     、     ヘノヘノ ': : ::/: : : : : : :;′     「……うんっ。ボクも、そう思う」
   |. . : : : : : |ハ                 / : /: : : : : : :/
   |. . : : : : : |込                   ムイ: : : : : : : ;イ{
   |. . : : : : : |/∧      `   ´      从: : : : : : ハヽ、
   |. . /i : : : |//'{ヘ、                ///i}: : : : :/  丶 ニ=-
   |. / l : : ::!/ ∨≫ 、         ィ//}'///|: : /l/
   |/  l : : :| /∨i}/|    _       |'/ レiル'/!: /⌒ヽ、 
 .       l/l/ {   \ir!             !/  レ| ;′ /⌒ヽ_
       __yv   ||ー‐==ニニ=彡'l|,へ   ヽ    /⌒ヽ
     /⌒ヽ/     ||          ||  \  }-=-≪
    /     \   ||        /~    ヽ〃    \


   ┌────────────────────────┐
   │ない子さんの優しい返事を聞いて嬉しかったのか、    .
   │ノエルは口元をゆるませました。              .....
   │常に無表情な彼女が垣間見せた、心からの笑み。     │
   └────────────────────────┘


          !/ /     .ヘヽV」∠ヽ.   \\\
       __ノ/ .. - 、 ̄ ≠‐ - :.:`ヽへ  \\}
         フ  /             `ヽ:.:V| !   V {
       ///                   Ⅵリ     :、
.       i//                   ∨ハ  i 、 \
       /  ./   /     !   !  、     ∨}  }  厂`
      . |  ./   /     !    !  ト、    ∨} j! ト、
      |  :i   ハi   .|  ! :|   V     j/ j!  レ       「…………」
       |  :l: :/_ V|∧ _|:_|__|    l    :ハ /V⌒ヽ
        | : : | : : f _,}N_ ⅤN∨__}N__}N.   |-、! ! ! |
        |: : ∧: l:|f下ィタヽ Ⅵィ卞ィタ厂}|   |rj j!ノ|{
        Ⅴ:lヽⅥ|   ̄   '    ̄´  |   |ノ .!ハ∧ゝ
        ヾ、 \ """      """u ,i  /: :/
         \/|: >  . _´`__  イ:/: : 厶i/
           _レ> '  /}      }f: : /  ||\
          /´    .|: :`ー一: :´:|: /   ,リ   ヽ
            /  Ⅴ  ハ: : : : : : ;/Ⅳ、 /     ハ

  ┌────────────────────────┐
  │そんなノエルの笑顔を、ない子さんは、           ..
  │本当に可愛いなと思ってしまいました。          ......
  │                                    │
  │「これが所謂ギャップ萌えってヤツか……!」などと、    .
  │心の中でオタクっぽいセリフを呟きながら。        ....
  └────────────────────────┘



146 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:01:41 ID:vcYL98DM



     ┌─────────────────────────┐
     │ない子さんは思いました。                    ...
     │                                   .....
     │きっとノエルも、本当は分かっている筈だと。        ......
     │瓶の中にあるのは、ただの骨の欠片、ただの物質で。    .
     │それを撒いた所で、何も変わりはないと。           ..
     └─────────────────────────┘



                              爪川j刈
                         ム≧=≦ム
                        ノ ` ̄ ̄´ハ
                       /        \
                      i          i
                      |` ─  - ─ ´ |
                      |          |
                      |  ::::::::::::::::::::::  |
                      |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                      |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                      ヽ.:::::::::::::::::::::::::::::::,ノ
                        `゙  ──  '´


.

147 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:01:57 ID:vcYL98DM



  ┌─────────────────────────┐
  │だけど、それでもノエルは、紫ちゃんが入っている……  ......
  │いや、「そこにいる」と信じる瓶の中身を空に放つ事で、    .
  │自分を納得させてあげたいんじゃないかと。          │
  └─────────────────────────┘



                  ____
                 〃 ̄ ̄`)
                 ..-宀ーュ. __
             /: : : : : : : : : : :`ヽ,
           /.: : : : : : : : : : : : : :..ハ
              /: : : : : : : : : : : : : : : : :.∧
          /.:.:.:.:.:.:.:/.:.:./.:.:.:.:./"L : :. ∧
            /.:.:.:.:.:.:.:/ム/:.:.:.:.:メ=ミV : :.ハ
         j.:.:.:.:.:.:.:.ix=tミ! .:.:./ ィr=ミ}: : : l:.:}
         l.:.:.:.:.:.:/(弋ソ.}:// 弋ソ ): : :.l: :l
         l.:.:.:.:.:.i`ミ  l/ ,  ー彡/∨j: :|
          /"l〉リ(`ヽミ   ,-,   "/,ノ:..{:.:.}
       /  {l/:j`ーrへ、  "  イ:.:.:.:.:∧人     ┌───────────────────┐
          リ//.:.:.:ィ'¨゙〕≧r彡「`\,:.:.:.∧ノ\   │そう、思いました。思って、しまいました。  .....
         //.:.:∠: : : :l     ∨: :人_: :∧     └───────────────────┘
         j'/: : ]¨:∨: /`ー  ‐'´V∧: :.} : : ヘ
          /¨ ̄´{: :∧/`ー─‐ '"}ムヘ.:.{`ミx:ヘ
        /}    レ厂{       {O } ∨  , }: ヘ
.       //}  ヽ |  {        }  } }  / {: :.∧
       // .j   ,>=┤        l ├=く ,/}ヘ. ∧
.     ///,ノヽ≠. { o |       lO | o .}/ 〔. V ハ




148 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:02:07 ID:vcYL98DM



     ┌───────────────────────┐
     │それがただの逃避なのか、                  │
     │それとも自己満足に過ぎないのか。             │
     │今のない子さんには分かりません。           ....
     │                                  │
     │でも、ない子さんの答えは、もう決まっていました。  .....
     └───────────────────────┘


                 ヽヘ      \      
                     \\,     ヽ    
       |              V∧     Vヽ,  ヽ
  /   │       !          V|ヾ      ゝ 
 .  !  │    │  |    ヽ:      ヽハ      \
  | ∧ ハ   .│   |    ハ     ヾゝ::.:.:.:.:.:.  ヽ      「…………」
  ::, -┴ 、   ::/l  :::ト、    ::l    ..:::Nl :.:.:.:.:.ヽ:.:. |
∠´     ヽ ::__:i l  :::l `、   :l    .:::::j:::.:.:.:.:.:.ハ:. , 
    ̄`~ヽ `y l l :∧:l__ `、 .::l ::::::::::::___:j:::.:.:.:.:.:! j/ 
  ヽ、    l/ /| -V ̄ヽ   W| ::::「二ヽ|.:.:.:.リ V    
、   l   /イ´:::!           .| :::|┌j l.:.:.:/          ┌───────┐
_ \. L/ /!::::::|"、_____ .| :::|/// .:(              │それは――   │
i ノ`'´  ∧ ヽ::|    ̄ ̄ ̄ ´l ::::| / :.:ゝ\          .└───────┘
二__ __ ,イ /  `          } ::::|く´  :.| `ー
 || |「 |l |.             ,ィ :::::| ヽ jノ




149 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:02:18 ID:vcYL98DM


     ┌────────────────────┐
     │ノエルの『やらなきゃいけない事』を、        │
     │心の底から応援し、手助けするということ。    │
     └────────────────────┘


               |\_  ̄ト、ー―-、
         _____> \| L___|
         >_____    ___ <
        l/        ヽ /    \!ゝ
       /      /ミヽ Vr勿\   \ヾ
     //  >-―┴┴- ∠.:\lVVV\\
    ∠/  /            ヽ   ゝ 》
    /:/: . : /: . : . : . : . : . : . : . : . : . : .. :ヽ: . :}: | ノ
   /:/|: . /: . : . : . : . :/: . : . : . : . :  .   ',:.:| :∧     「……私、寒凪さんの事、応援するよ」
   |/ :|: /: . : .:/: . : . ハ:: . : . : . : . : . :  .  ', |'  |
    j:/!: . : .,': . : .:/: .|: . : .// /レ'|i ト、|: . N  l
     ハl   l i.〃  __\ |. , _´_ \ヽ l i |.| l l|  「私なんかに出来る事があるかどうか分かんないけど、
     ヽ!  ハ 〃_,r==ミ ヽ!  r==、 ∠ l l !.| l |    何でもするから、遠慮なく言ってほしいな……!」
      i Y/   Y               / 》 ///i | |
       | l !  .ハ ´´   _ '_  ´´ イ/ ./レ'| ト、|
      ハ~、ゝ>.、  Y  ソ   ∠//レヘ トヽハノ
        レk レ  `>.- _ 一´ム ム/r
           ,/ ̄`> -- ' _ ´ム ム/  、
          /l ヽ` \ー 、.   イf´┐Y  ヽ
        /  \ \i> ー ´く 、`ヽ  }   }
       /  / ̄/7へ、 : : : : : v〉   ノ   i
.      /   .{    ^、} : : : : :/    //   !
.      /   f::.\    ヽ : : :」ー―‐く/    |

   ┌─────────────────────────┐
   │彼女の事情を聞いてしまった、良くも悪くもお節介な    .....
   │ない子さんに、今更「手を引く」「聞かなかった事にする」   │
   │なんて選択肢は、初めからなかったのです。          .
   └─────────────────────────┘



150 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:02:32 ID:vcYL98DM



            /   /                :.
          '   /    /             ハ
         i   '    /l     l   ト.       l } っ
         l    ハ-/‐l ,   |、 」_!  ,     | /   っ
         八  ∨ jノ .|ハ.   | ヽハlヽ/    //
          ヽ ハ ヾヒテ' \|`ヒテ>ハ    /, |
           |  ゝ:::::::::::::   ::::::::::::厶イ  /∧|
           |  ∧    ′     ._, l  '/    「……ありがとう、ない子さん」
             И  ト  ` ´    イ/: l /
           , -‐ヘ.  |l `≧=-<__|_厶  ∧
        /> 、 ヽ|`丶、    / / ∧厶ヽ
       /⌒′  \      ー=≠\^ イく/ \>、
.      /       丶 、      /ヽ  }    }∧
      { \         |` ーr‐ ´   | \!   / }

   ┌─────────────────────────────────┐
   │ノエルは、ない子さんの心からの申し出に戸惑いつつも、、             .
   │恥ずかしそうに、だけど嬉しそうに笑いながら、受け入れる事にしました。     .
   └─────────────────────────────────┘

      ┌───────────────────┐
      │昔から交友関係の薄い彼女にとって、   ......
      │ない子さんの愚直なまでのお節介さは、  ......
      │嬉しくもあり、心地良くもあったからです。  ....
      └───────────────────┘



151 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:02:45 ID:vcYL98DM


                |\_  ̄ト、ー―-、
          _____> \| L___|
          >_____    ___ <
           l/        ヽ /    \!ゝ
        /      /ミヽ Vr勿\   \ヾ
       //  >-―┴┴- ∠.:\lVVV\\
     ∠/  /            ヽ   ゝ 》
     /:/: . : /: . : . : . : . : . : . : . : . : . : .. :ヽ: . :}: | ノ
     /:/|: . /: . : . : . : . :/: . : . : . : . :  .   ',:.:| :∧
      |/ :|: /: . : .:/: . : . ハ:: . : . : . : . : . :  .  ', |'  |
     j:/!: . : .,': . : .:/: .|: . : .// /レ'|i ト、|: . N  l
      ハl   l i.〃____\ |. , _´___\ヽ l i |.| l l|
      ヽ!  ハ 〃 ゞ-:::ノ ヽ!  ゞ-;;ノ 〉 l l !.| l |     「……あっ、そうだ。
   __    i Y/   Y    ̄         ̄  / 》 ///i |. |    .ちなみに、この飛行機を完成させるには、
   i ヽ  .| l !  .ハ ´´    `   ´´ イ/ ./レ'| .i ト、|     だいたい後おいくら万円ぐらい必要なのかな?」
   ヽ ヽ .ハ~、ゝ>.、    ―    ∠/ //レヘ トヽハノ
    ヽ .ヽ,_r 、,、、  --`>ァ   ´ム ム/r 、   
     ノr'^ヽr‐、_,-'ヽ: ヽ'' ~     ~-y/ ヽ_
     i ー‐、冫-i 、 ヽ: ヽ_      /:/   ヽ
     | -ーv'  ト 、  丶 ヽ _: -_/: /    ノ,ヽ
     ゝ --' ノ: ヽヽ、   ~ ヽ:ヽ^:./  _ - ~/: :i





                 ___
                ´    ` ̄`丶、
             /     _         \
             _      `\      ヽ
           / /         ヽ      '、
             / /    {   |\       ヽ  i
          ′     ,'|  |  ヽ\│    :|  |    「えっと、確か――」
            /     | / |l  i| 七ト-│ }  :| ,′
        /イ  |  N-八__リ  '弋| /   i /
         | l  |ハ_|{代心    ''' |     八
         |八   i\`´  ,    レ|  :/⌒  _/\/\/\/\/\/\/|_
         ∨ ' 、   ヽ   、-,  |  厂^> \                 ./
.               ヽ   个ト  ..__ イ|  ∧_/   < ……そんなにいっ!!? >
               }    |'V⌒ハ  /| ん' >‐ 、/                  \
               |人  |人  ┴〈  ∨ムイ     ̄|/\/\/\/\/\/\/\/
                   ∧│    _人 |::::::::|     '.
              / Vト、    /∨ ::::::|     '.
              ,′  |::::`rー''´  /::::::::::| ヽ    '

   ┌─────────────────────────┐
   │ノエルがない子さんに告げたのは、普通の高校生が      │
   │アルバイトをしたりお小遣いを貯めるぐらいでは、       .
   │到底用意出来なさそうな金額です。              ....
   │                                   .....
   │桁にしておおよそ7つの数字がもたらすインパクトは、     .
   │ない子さんの小さな度肝を抜いちゃうには充分でした。   ..
   └─────────────────────────

     ┌─────────────────────────────┐
     │ない子さんがお小遣いを何年分、                       │
     │いや何十年分貯めれば用意出来るのでしょうか。               │
     │4gamerを毎日チェックしてる程度にはゲーム好きなない子さんには、     │
     │とても無理そうです。絶対途中で使ってしまいます。             │
     │趣味には金を惜しまないタイプだぞ、ない子さん!               │
     └─────────────────────────────

.

152 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:02:57 ID:vcYL98DM


             !/ /     .ヘヽV」∠ヽ.   \\\
          __ノ/ .. - 、 ̄ ≠‐ - :.:`ヽへ  \\}
            フ  /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ:.:V| !   V {
          ///: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :Ⅵリ : : : : : :、
   .       i//: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ∨ハ: : i: : 、: \
          /:: : : : ::| │: : : : : : : :ヽ: : : : |: : : : | ∨} : }: : :厂`
            |: : |: : :/|: :|: : : : : ヽ│: | : : : |: : : : レレ∨}:j!: : ト、
            |: : |: : l:八:|: : : : : : :ト|、:|\ : | : : : :}∨j/: :j!: : :レ
           |: :i|: : |  人: : |: : 八|∨ ̄| ∧: : : ル─く/V⌒ヽ
           |: :i|: : |/ _\|: /  ィうi心、 |: : //⌒Y}:厂! !    「だ、だから、あんなエッチなビデオに出ようとしてまで……」
          厶八.:ハ. xぅ心|/     VJソ 〉|: ∧し///.:|!ノ| {
           |: :\∧ヽVソ  u        (|/\\イ : :ハ∧ゝ
           |/∨/ // ) ,     (\ ヽ ',ヽV N
               〈/ {∨ /xx      xxヽ丶 | | | |八
              {  |/ 〈、  ‐-―   } j_| l | |\
                   j  } >   _,.. ィノ `  ` }  〉ー---――-、
                 丶、 '⌒丶  ∨|く/     / /     /
              /{ ̄\     \ マ7     u  / /     /    |





          /                   \
        /   /       .:/        \   ヽ
.       /   /       .:/::/        ヽ
     ,′               }      jハ  ハ
         :/          /          i |   :i
      { / :;′        /   /  /}    / /| |  |  |
     V .:{:         i   /  /メ   /|: /⌒|  |  |
     八 .::.        | イi|: //___/i_j厶:/厶イ │  「うん……あれに出れば、たくさんお金くれるって言ってたし……
     {:ハ::ハ        |/斗七=ミ     ヒツノ/ .:i:ノ  リ   それにあの人達、悪い人じゃないから、ちょっとの間我慢するだけなら、
.       ':∧:::{   !八ヽ弋)ソ           ::|: |: /    何とか頑張れるかな、って思ったんだ……」
.         j:ハ :::.   |丶:\         '   '  :|/|/
       /⌒ヘ |)、   ::l⌒     _    厶イ::|
.   /⌒フ   ヽ|ハ:.  ::ト      ´   イ  !::|
   /  ´ ̄ ̄ ̄\!  :.   ::| >  _..、< |::i:: :八|
.  /   /:::: ̄`丶\∧  |`ー┴'⌒} ヽ|::i:: l
 /  /\::::::::::::::::::\ヽヘ │    人  )人:│

     ┌────────────────────────────────┐
     │ノエルみたいな年端もいかない少女を出演させようとする時点で、       │
     │どう考えても良い人ではないんじゃないかと思ったない子さんでしたが、   ...
     │彼女の『やらなきゃいけない事』にかけた決意を聞いてしまった以上、    ...
     │安易に諌める事は出来ませんでした。                        │
     └────────────────────────────────┘

        ┌─────────────────────┐
        │ノエルが必要だと言った額は、           ....
        │まだまだ幼く未成熟なない子さん達にとって、    │
        │手に余り過ぎるものであったからです。      ....
        └─────────────────────┘



153 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:03:07 ID:vcYL98DM


             /      /     / /  \        :::::::ヽ
                / /     /|      ∧   ヽ        :::::::::::
            / /     / :|      /::::|    ';        :::::::::::|
              / /        :|     i/ :::::|    :|     丶  :::::::::|
              ,′   :i     /:|     │:::::::|    :|      ヽ::::::::::|
          i  :|   :|   /::::|     │   |    :|       ::::::::|
          |  :|   :| i │ | i   i |   | |\  |        ::::::::|
          | /|  /| i │ | i   i | _| |  \│      :::::::::|   「今までに貯めた貯金と、
          | ::八i |八|  {ー-|八___N´ __ | 厂 `フイ        :::::::::|    あの変なビデオに出たお金を合わせても、
          | i:  ーヘ ≫=zミ_       ´x==ァ≪. /       :::,'| ::|     まだまだ足りないんだ……」
          |ハ::.   i:. ヽち:::ノ`      ち:::ノ '"/ /     .:::/ |::/
          |  ::.   iハ                 / /     ::::i j/
              ヽ::   i::::.     ,       / イ     八{      「だから、夏休みは、バイトもっと頑張って……
              ∨ i::人            //│    (  \       それと、後、もう一回ぐらいは……」
              |:: i:: :丶、   ‐-      / |     厶-- 、
              | i   ::::j:::> 、    イ:::::/|   /⌒ヽ::::.::\
              レ|   :::∨ \::::厂::::::::: _/ │  ハ\/ :.::.::.:`⌒\
                 |   ::/|    ̄ ̄ ̄´     |   /::.::.::.:ヽ   .::.::.::.::.:)
                _人|  ::|八       ___ノ| i/   ::.::} ̄ノ⌒><
            /{ 八  ::|  ー─=ニ二      | |   ..::.ノ'´⌒\////\





                |\_  ̄ト、ー―-、
          _____> \| L___|
          >_____    ___ <
           l/        ヽ /    \!ゝ
        /      /ミヽ Vr勿\   \ヾ
       //  >-―┴┴- ∠.:\lVVV\\
     ∠/  /            ヽ   ゝ 》
     /:/: . : /: . : . : . : . : . : . : . : . : . : .. :ヽ: . :}: | ノ
     /:/|: . /: . : . : . : . :/: . : . : . : . :  .   ',:.:| :∧
      |/ :|: /: . : .:/: . : . ハ:: . : . //レ'|i ト  .  ', |'  |
     j:/!: . : .,': . ヽ、_、|: . : ./,_,.ハ、|:  . N  l        「……また出演しようと、思ってるの?」
      ハl   l i.〃iシト、\ | ,. =、\ヽ l i |.| l l|
      ヽ!  ハ 〃弋歹  ヽ! 代歹 〉  l l !.| l |
      i Y/   Y           ̄  / 》 ///i  |. |
      .| l !    |´´´   `    ´´´イ// /レ'|  i ト、|
        ハ~、ゝ>、   (_)  u .∠/ / /レヘ トヽハノ    ┌───────────────────┐
         レ//, 、/⌒ > - ァ ´ ム ム/           .│ノエルは、無言で首を縦に振りました。     │
         /,.-/_ く  `ー '"´   ノ  \           .│うつむいて、辛そうな顔を浮かべながら。  ....
      . / __)/`ー--- ‐ '"ヘヘ   ヽ            └───────────────────┘
       /    ___ノ    ,.     il    〉
       !   __,ノ   /      ヽ   l




154 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:03:17 ID:vcYL98DM


           ,. ´    _ _≧x、  ヽ
            / ⌒ ⌒    \ /ヘヽV」∠ヽ.   \ \
       /  .       \   \   マミ=∨}  }  厂`
.        / //   ,     |   ヽ   '.  / Vハ`ヽへ\\}
       / //  ./l  |  ! |  ヽ,  i   i / / || |Ⅵリ  厂`
.      /〃:!  ハ||  l\|lヘlLA:A}.l   |/ /  ,リソハi  、 \
     |l| | l_l!__||ノ || |l 、l「_⊥ | l   | /  /:|∨} }  厂`
     |l| | N| lハ || リーチィて::ルT | i  ./ l/j} j! ト、
      v{ Nfト,ト,≧、 ´ ヾ:斗.リ| l| | ト、 / j/ j!  レ
     |ヘ {  代:z〉    ´    リ' .ハ } ハ /V⌒ヽ
     | ∧ヘ  ハ´ ヽ _._   u./ /ノノ / レ'       「……本当は、嫌なんだよね?」
     //  v  .i..ト.       // ////
.    //   }!  }`  `7ヲ.´ 7/ /  //|
   〃_r≦二ヽ.jリ} .//   〃リ/〃//| |
    |! .リ  ァヘ. }7|//   /' //l |! /厶| |
    | /{   ィ }イ j〃ヽ   _,/イ-|从{{廴≫x--、
    r{.∧_〈.ノ/ .//    /   〃 Yリ´ /  {
    } \// {{ ∧/イ、\       〃 〃/ヽ   '、





          /                   \
        /   /       .:/        \   ヽ
.       /   /       .:/::/        ヽ
     ,′               }      jハ  ハ
         :/          /          i |   :i
      { / :;′        /   /  /}    / /| |  |  |
     V .:{:         i   /  /メ   /|: /⌒|  |  |
     八 .::.        | イi|: //___/i_j厶:/厶イ │
     {:ハ::ハ        |/斗七=ミ     ヒツノ/ .:i:ノ  リ  「……うん、割と。
.       ':∧:::{   !八ヽ弋)ソ           ::|: |: /    でも、あれを完成させる為には、こうするしか……」
.         j:ハ :::.   |丶:\         '   '  :|/|/
       /⌒ヘ |)、   ::l⌒     _    厶イ::|
.   /⌒フ   ヽ|ハ:.  ::ト      ´   イ  !::|
   /  ´ ̄ ̄ ̄\!  :.   ::| >  _..、< |::i:: :八|
.  /   /:::: ̄`丶\∧  |`ー┴'⌒} ヽ|::i:: l
 /  /\::::::::::::::::::\ヽヘ │    人  )人:│

   ┌───────────────────────────┐
   │夢を叶えようと頑張っているノエルの肩にのしかかる、       .
   │お金というあまりにも当たり前な現実。                 .
   │                                       .
   │それを振り払ってあげるには、一体どうしたらいいのか……    │
   │ない子さんは少し考えて、一つの結論に達しました。         │
   └───────────────────────────┘



155 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:03:30 ID:vcYL98DM


    ノ: : : : : : : : il: : : : : : : : : />-= 、:、: : l: : : : i: : : : :i: : : : : : ∧
 .´´/: : : : : : : : :ll: : : : : : : : // .心` 、ヽ\i: : : /: : : : :.l: : : : : : : :i
    ,': : : : : : i!: : :l ヽjヽ、: : / ′レ:::::::i i ノ'i: /: : : : li :l: : : : : : : :l
.   i: : : : : : ::l >´心   \j    V:し::; /  ノ:': : : : : :l!/ヽ: : : : : : l
.   l: i: : :i!: : l l レ::::i         `ー'    /: : : : /′ i: : : : : : l
.   l/l: : l.l: ::l. ', Vノ            ヽヽヽ/: : : : / /: i!: :,
    \! l: :l   `´                 /: : : /<´: : : :!i:
        l: :いヽヽ  `            /: :.//: : : : : :./
       ヽ.',                    / //: :/: : : :/    「……よし、分かった。
           ヽ.     i`´ヽ       ' ,.イi、: : :i: : : :/     だったら私も……バイトする!」
           !>..   `ニ´      ,. イ三三ヽ/l: : :/
                !>.._ ..<´三三三三三ニ.ソ
                    ..<i三三三三/三三ヽ
               r'´三三三三三三i三三三三ヽ
               /k>'´ゝ、人三lllく´ヽ三三三三i
                 /k/  ′ \__\lll/三三三三彡i
             /k/      ,' )   /三三三三彡/





              /          \      \
             / /            \      \
             ,       /             ヽ
          / /     /      ∧     i       ハ
            / /     /         l ',               i
              /      i| ,イ     ,イ| 斗 ト
            ' i    ,イム| |   |凵  V \         l
           ,  |   「'リ _ W__」          \!
          | ト  |  ,-==、      ,≠=x  |       |  |
        |   リ \| 〃 :О      ´ О: ゝ./      |
        |∧        -=-        -=- ' /      | /
        リ :|   ヽ         、       /         N      「……えっ?」
          |    ',                 / イ       /|
            、    ト                ´ /     /V
               | ヽ      ‐-、     |    /´
            i     !   \      ̄      /l    / ヽ      ┌────────────────────┐
            |   `↓ヘ / `  、   _ <.  |  /   〉      .│ない子さんの出した結論に対し、        .....
            | .ハ | {   、 ハ`    , - |  ハ_∧     .│ノエルは心底意外そうな顔を浮かべます。    .
           レ l  !  l\ \__, 7´   |/_/    ̄ヽ    │だけどない子さんは気にせず続けます。      │
             \| ∧ i       /    厂 \    \    └────────────────────┘
               /:.:.:|     > '´|   /    ` ─、─‐'
             /i.:.:. |   /    |  /            〉




156 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:03:43 ID:vcYL98DM


                |\_  ̄ト、ー―-、
          _____> \| L___|
          >_____    ___ <
           l/        ヽ /    \!ゝ
        /      /ミヽ Vr勿\   \ヾ
       //  >-―┴┴- ∠.:\lVVV\\
     ∠/  /            ヽ   ゝ 》   
     /:/: . : /: . : . : . : . : . : . : . : . : . : .. :ヽ: . :}: | ノ    「私も、この夏休みバイトする。
     /:/|: . /: . : . : . : . :/: . : . : . : . :  .   ',:.:| :∧     それで足りなきゃ、二学期も。それでも足りなきゃ、三学期も。
      |/ :|: /: . : .:/: . : . ハ:: . : . : . : . : . :  .  ', |'  |     寒凪さんほどにはやれないかもしれないけど、私なりに頑張って働いてみる」
     j:/!: . : .,': . : .:/: .|: . : .// /レ'|i ト、|: . N  l   .
      ハl   l i.〃____\ |. , _´___\ヽ l i |.| l l|
      ヽ!  ハ 〃 ゞ-:::ノ ヽ!  ゞ-;;ノ 〉 l l !.| l |     「で、稼いだお金は……ほとんど寒凪さんに貸してあげる。
   __    i Y/   Y    ̄         ̄  / 》 ///i |. |    返すのはいつでもいいし、返さなくても良いよ。
   i ヽ  .| l !  .ハ ´´    `   ´´ イ/ ./レ'| .i ト、|    私が稼ぐお金なんだから、私が自由に使ってやるんだ」
   ヽ ヽ .ハ~、ゝ>.、    ―    ∠/ //レヘ トヽハノ
    ヽ .ヽ,_r 、,、、  --`>ァ   ´ム ム/r 、   
     ノr'^ヽr‐、_,-'ヽ: ヽ'' ~     ~-y/ ヽ_
     i ー‐、冫-i 、 ヽ: ヽ_      /:/   ヽ
     | -ーv'  ト 、  丶 ヽ _: -_/: /    ノ,ヽ
     ゝ --' ノ: ヽヽ、   ~ ヽ:ヽ^:./  _ - ~/: :i




                |\_  ̄ト、ー―-、
          _____> \| L___|
          >_____    ___ <
           l/        ヽ /    \!ゝ
        /      /ミヽ Vr勿\   \ヾ
       //  >-―┴┴- ∠.:\lVVV\\
     ∠/  /            ヽ   ゝ 》
     /:/: . : /: . : . : . : . : . : . : . : . : . : .. :ヽ: . :}: | ノ
     /:/|: . /: . : . : . : . :/: . : . : . : . :  .   ',:.:| :∧
      |/ :|: /: . : .:/: . : . ハ:: . : . : . : . : . :  .  ', |'  |
     j:/!: . : .,': . : .:/: .|: . : .// /レ'|i ト、|: . N  l    「……これなら、寒凪さんが、辛い思いをして
      ハl   l i.〃  __\ |. , _´_ \ヽ l i |.| l l|     お金を稼ぐ必要なんてないでしょ?」
      ヽ!  ハ 〃_,r==ミ ヽ!  r==、  l l !.| l |
   __    i Y/   Y               / 》 ///i |. |
   i ヽ  .| l !  .ハ ´´    _'_  ´´ イ/ ./レ'| .i ト、|
   ヽ ヽ .ハ~、ゝ>.、   {´ ソ   ∠/ //レヘ トヽハノ
    ヽ .ヽ,_r 、,、、  --`>ァ ` _´ ´ム ム/r 、   
     ノr'^ヽr‐、_,-'ヽ: ヽ'' ~     ~-y/ ヽ_
     i ー‐、冫-i 、 ヽ: ヽ_      /:/   ヽ
     | -ーv'  ト 、  丶 ヽ _: -_/: /    ノ,ヽ
     ゝ --' ノ: ヽヽ、   ~ ヽ:ヽ^:./  _ - ~/: :i




157 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:03:56 ID:vcYL98DM



            /   /                :.
          '   /    /             ハ
         i   '    /l     l   ト.       l }
         l    ハ-/‐l ,   |、 」_!  ,     | /
         八  ∨ jノ .|ハ.   | ヽハlヽ/    //
          ヽ ハ ヾヒテ' \|`ヒテ>ハ    /, |    「で、でも……それじゃあ、ない子さんが……」
           |  ゝ :::::      ::::: 厶イ  /∧|
           |  ∧    ′     _, l  '/
             И  ト.   c  u  .イ/: l /
           , -‐ヘ.  |l `≧=-<__|_厶  ∧
        /> 、 ヽ|`丶、    / / ∧厶ヽ
       /⌒′  \      ー=≠\^ イく/ \>、
.      /         丶 、      /ヽ  }    }∧
      { \         |` ーr‐ ´   | \!   / }

     ┌───────────────────────────┐
     │確かにない子さんの申し出は、                    ..
     │ノエルにとっては非常に助かるものでした。            .....
     │                                       .
     │ですが、少し話したばかりのクラスメイトの過剰なまでの     ...
     │善意に即座に甘えられる程、ノエルは甘ったれな性格でも、  .....
     │図々しい人間でもありませんでした。                 .
     └───────────────────────────┘



158 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:04:07 ID:vcYL98DM


         ┌─────────────────────┐
         │そんなノエルの戸惑いと遠慮を断ち切る様に   ..
         │笑いながら、ない子さんはこう言いました。    ....
         └─────────────────────┘


                       __
                      j''二´,イ´ ̄ `>、
             __      _ノ-- ´   ー- .、_  ヽ、
            /ハ `ヽ ., イ             ヽ‐、ー
          __//::V  jイ           /,.>--:::∨
       /´    ̄ヽ /     /     __∧ , ヽ;;:;ィ,
        /  ___,ィヽ!       j       ヘ ̄ {r:、ヽ  ヽ    「……私はね、頭はよくないし、
     / ,>'/::::::;.ィ∨:::l....._,..::::´ l         ヽ、 ゞィノ   , ',   寒凪さんの飛行機造りを手伝うことなんて出来ないけど、
     / イ,イ'".:.:.:.:.:.:/ ヽ.:.:.:.:.:.   !     ヽ__,.>   ー j   .それ以外の事……例えば、
     !/ !ハ.:.:.:.:.:.:.;ィ!:..  ヽ.:.:.:.:.:.:. .!     ヽ、        !   .お金を稼ぐことぐらいは出来ると思ったんだ」
      |.:.:V::V.:.:.:/:::::∨   ∧.:.:.:.:.:.:.:.ゝ--....r-‐‐<、   _,.. .,イ
 、__,.ィ.:.:.∨:∨:!:::::::::∨:.   ∧.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::>、_,,..イ:::::::: ,イ
  ヽ:::::::!.:.:.:.!:;ィヘ:!:::::::::::∨:.   ∧、.::.::::::::::::::::::::::.:.ヽ:::::::::: _(_,
    ̄ヘ.:.:.:! .!::l:ヽ:::::::::::∨:.   ∧::::`:::::''::''ヽT´`>‐-‐''": :  ヽ
       ヘ.:l ヽ!.:.:V::::::::::}::::. .: .: ヘ:::::::::、:::::ゝ_〉、::..!: : : : : : ;>-`-..、
      ヘ!   !.:.:.!:::::::::::ハ:::::::.,ィ:∧''ヽ::!'T": :l :>、_,>'": : ,    _ヽ
          j.:.:.:j::::::::lヽ:lイ::∨ ハヽ )' !: ヽ!/: : !: : : : : : l :  ,イ  ト、
           /.:.:.:ハ:::::! `''ー'∨ィ 〉::ハ ';:: f: : : :';:: : : : : :.!: :/     ! ヽ
        ノ.:.:,イ  !:::j    /´ ./ `  ';:: :!: ::::.:';:::. : : ヽ!イ     !  l
        ̄   .j:イ   ,イ  /     ∨:.∨::::::. :::::.: :j′    j .::ト,
                 /イ∨       !_:;-ヽ:::::ヘ:::::_/: :     .j:::::;イ !




159 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:04:18 ID:vcYL98DM



                / /    /=ミ、ヽ_//厶        `ヽ、
              /_/      厶≦二二ミく.:`ヽ.     、_  ',
          、__/ /   ,  ¬…'"´ ``丶、ヽ、.:',    、 ',`ヽ}
            ` ̄/  /               ヽ.ヘ:}  .ノ   ム ヽ}
           /  ⌒               、ィ.:. .   ヽ.       「それに私、寒凪さんの事応援するって言ったでしょ?
          ∠    i      ` 、i ! ! \ 、  ',  ミト  .:.:.\     私に出来る事があれば何でもするって、言ったでしょ?」
            |/     、` \ \ゝ_|_|_i__ト、\. ',   i::.:. .:.:.:ト、\
          /     \ \ \ \| ! _弍ヽ!\ヾ|  ハ:.:!:.:.:} `^`
.          i  i  i  i> ミヽi`メリリ´iT芥バミ } i^V:.:.:.ハ:.厶    /^!    「私はただ、自分に出来る事を……
           八 八 |/| 乂Nリ|/    弋ム汐 | |^ | .リ }′    | |       やりたい事をやるだけだよ!」と。
             ヾ  XヽN          .::::::: /イ !、|V.:i:.:,′   | |
               \トミ  ,ィ=-          !/ン//l:.:.{ rー 、 |, へ、
                 !_ゝ '’::::::::  `         /リ /:|:.:八:.!  \ V  _\
               ヽ \        -    ,イ/ / レ′`    } | /  _ヽ
                   ,   ´     / V , イーァ‐ァ= 、/ .し| / ,_  }
                   ハ`㌧ー.、―‐'   イ'    / /八   し'-'` /
                      `)   ハ   /      / /   ヽ {    /、
                  , --ァー{ }  /     / /     \   ∧Yヽ
                /{// |   / (   /  /       ( 廴__ノ ∧
                   / //   |  / / ).イ  ! i       |ミヽ、    //.〉

   ┌──────────────────────────────┐
   │ない子さんの言葉には、嘘偽りも打算も偽善もありませんでした。    .
   │だってない子さんは、口先だけのお節介な人ではないのですから。  ......
   └──────────────────────────────┘



160 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:04:28 ID:vcYL98DM


                  /     ..:::::::::::::::::::::::::::::::::_:::::::::::::::::\
                      ..::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::ヽ
                   /     ..::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::\::ヽ
               /    ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::.
                   ..:::::::::::: :::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
              |     ::::::::::::: ::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /:: | i
              |    ::::::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::/ ::: | |
                  ::::::::/ ::::::::::::::::::::|/: /|::::::::j::::::::::::::::: /:|::::: | |
                       :::::/  .::::::::::::::::::::|: /ノ| ::/|::::::::::::/:/ |:::::i| j
               ∨:} :/ ..:::::::::::::::::::::::爪^ア尓ミ L:::::::/l/\レ::::リ /
                   ∨:::/ .::::::::::::::::::::::::::|  弋(ソ     y≦ァ从/i/
                    厶:∧  :::::::::::::::::::::::::|         ヒ(ン,:'::/ /    「……ない子、さん……」
                 j人::ヽ  :::::::::::::::::::::|          、  .::::/ /
                   _}:::',  :::::::::::::::::::| u          /:::/ /
                  __厂V__:∧ ::::::::::::::i:::|         ..::::/ /
              / /   : : : :Vヘ ::::::::::i:::|、    ´' .イ:::::::/
            / ー┴  _: : : : : : \::::::i:::|/>: :-<}::::::/|/
           ノ       `: :ー-: : :\i:::|\_人/⌒|::::∧|
          〃         : : : : : : : : :\: ヽ|: : : : : ): :j/: :}
         r┴─―<  . : : : : : : : : : : : 丶、: _八: : : : : :j
        厶____/`⌒丶、_: : : : : : : : : : : : : : : : :\ : : ,

   ┌───────────────────────┐
   │ノエルは、殆ど話した事のなかったクラスメイトの、    .
   │底抜けのお節介という名の善意を、             │
   │受け入れても良いのかどうか、しばらく悩み――     │
   └───────────────────────┘



161 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:04:38 ID:vcYL98DM


─────────────────────────────────
           i     !人::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イ   !,イ /
           .|    ! ` .ヽxxx      xxx.ム.i  / l/
           | .ハ `|  ト、   ´     u   '| ./ヽ′ 「……ありが、とう。ボクなんかの、為に……」
           レ l  ! ゝ  |i{ `  . ー  イ | /  〉
              \|  l\ヽ.  > .‐ ァ ´   | //  ̄  ̄ヽ
               ∧ i\}     /    |/ \    \  「ボク、何年かかっても、絶対お金返すから……」
               /:.:.:|    \_ /   / '   ` ─、─‐'
             /i.:.:. |   /    |  /            〉
                | :. !:.:.:.:\_    レ'     > <_  /
─────────────────────────────────


    ┌─────────────────────────┐
    │と、ない子さんの申し出を、受け入れる事にしました。   .....
    │今までほぼ一人で頑張ってきた自分の元にやってきた   ..
    │協力者の優しさに、心から喜びながら。             .
    └─────────────────────────



162 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:04:51 ID:vcYL98DM


                    /{  /!
              /   V  }
             _{  /  厶_
            /    {  ´   `ヽ、
        、__/  _x≦三三≧、   \_,
.          `ーァ ´         `}トヘ  く
.            /L_          WN   ト.
          /  /       , 、_j } V  l
         lム__」{、 i   TV二厶」 Li〔l l
          |  | |从仏{ { V从仏从| | |    「……あっ、でもでも、一つだけ条件があるかな」
          | .| |/ _ニ       ニ_ ヾ| | /
            { | { {_:::ツ    {_:::ツ } | }
           | |       '       | l/
          \|、    /ヽ     |/
                 `   、 二 .. .´
        r 、  ,. -r-{ノ,   {‐- 、_  , 、
        |. } /{  { V    }   } }、{. |
        |. |/   、 ヽ V⌒ ∨ / /  |. |
        /⌒V^V   \  |: : : : |  /  {^V⌒ヽ
        |、_〉_} !     ト |: : : : | /!   ノ {_〈 { ∧
       lノ ノ ノ    j |: : : :| j   {  ヽ V  }





             _, -‐‐-
           .   ´〃      `  、
       /                  \
     /     ‐-            ヽ
.     / /         `ヽ         ヽ
    / /           ヽ          ハ
   ,       |    、              |
    i      |    | \  }           j     「……条件?」
    |       |    |'´ 八jハ        ,
   l     |、_ト .__,从ィ笊ラハ{          /
   ',  \Nァ=ミ、   ノ Vソ |  /    〃
        ⌒ Vソ         | '      /(
    ヽ  }ハ   、       ノイ    ∧
       \  }ト、   _     |    ,
        \ 个ト .      .イ |     {
          i  l | N≧ 爪   |  ∧ハ
          l∧  |___ ノ}  ハ '   \
         ノ ハ |    ,     }     \
         / lハ|       ___       ヽ




163 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:05:01 ID:vcYL98DM


                |\_  ̄ト、ー―-、
          _____> \| L___|
          >_____    ___ <
           l/        ヽ /    \!ゝ
        /      /ミヽ Vr勿\   \ヾ
       //  >-―┴┴- ∠.:\lVVV\\
     ∠/  /            ヽ   ゝ 》
     /:/: . : /: . : . : . : . : . : . : . : . : . : .. :ヽ: . :}: | ノ
     /:/|: . /: . : . : . : . :/: . : . : . : . :  .   ',:.:| :∧
      |/ :|: /: . : .:/: . : . ハ:: . : . : . : . : . :  .  ', |'  |
     j:/!: . : .,': . : .:/: .|: . : .// /レ'|i ト、|: . N  l
      ハl   l i.〃  __\ |. , _´_ \ヽ l i |.| l l|   「うん、絶対守ってもらいたい条件。
      ヽ!  ハ 〃_,r==ミ ヽ!  r==、  l l !.| l |   ……私にも、たまにで良いから、寒凪さんが
   __    i Y/   Y               / 》 ///i |. |   飛行機造ってる所、見せて欲しいんだ」
   i ヽ  .| l !  .ハ ´´    _'_  ´´ イ/ ./レ'| .i ト、|
   ヽ ヽ .ハ~、ゝ>.、   {´ ソ   ∠/ //レヘ トヽハノ
    ヽ .ヽ,_r 、,、、  --`>ァ ` _´ ´ム ム/r 、          「……いいかな?」
     ノr'^ヽr‐、_,-'ヽ: ヽ'' ~     ~-y/ ヽ_
     i ー‐、冫-i 、 ヽ: ヽ_      /:/   ヽ
     | -ーv'  ト 、  丶 ヽ _: -_/: /    ノ,ヽ
     ゝ --' ノ: ヽヽ、   ~ ヽ:ヽ^:./  _ - ~/: :i
     |ヽ   ./:i: :.',  ` ー -''- `' -- '- - ' ~ /: : : i
     | :|   .i:.ノ: : :',             i ./: : : : :i




164 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:05:11 ID:vcYL98DM


     /.. .: : : : : : : : : : : : :|: : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: : : : : : : 丶
     ,′.: : : : : : : : : : : : :::|: : : : : : : : : : : : : : : : : : i}: : : : : : : :::.
 .  / . .: : : : : : : : : : : : : ::|: : : : : : : : : : : : : : : l : : i}: : : : : : : : :::.
    ′.: : : : : : l: : : : :/| : /|: : : : : : : : :|: : : : : :|: ::i}: : : : : : : : : ::i
  / . .: : : : : : ::! : : : :{ | / : : : : : : : : :l: : : : : : :ト; : i}: : : : : : : : : :::l
  ,'. . .:: : : : : : : ! : : : :| l;′ i: l : : : : : : l: : l: : : : | '; :i}: : : : : : : : : :::|
  l. . .:: : : : : : :/! : : : :|    И: : : : : : :| : ;i: : : : | レl : : : : : : : : : : |
  |. . . : : : : : : |  ̄ ̄     l : : : : : : |/l_:_:_:_:|   !: : : : : : : : : : :|
  . . l}: : : : : : l  .ィ'――…   ̄ ̄ ̄ …――-、 !: : : : : : : : : : ;    「……うんっ、いいよ……!」
  ヽ. .l: : : : : : :|                     ,': : : : : : : : : : ,
   ∨: : : : : : :! ,-===x           ,,ィ==ミ、  ′ : : : : : :|:/
   |. . : : : : : |                     / : : ; : : : : : :|:,′
   l. . : : : : : ト,  ヘノヘノ     、     ヘノヘノ ': : ::/: : : : : : :;′
   |. . : : : : : |ハ                 / : /: : : : : : :/
   |. . : : : : : |込                   ムイ: : : : : : : ;イ{
   |. . : : : : : |/∧      `   ´      从: : : : : : ハヽ、
   |. . /i : : : |//'{ヘ、                ///i}: : : : :/  丶 ニ=-
   |. / l : : ::!/ ∨≫ 、         ィ//}'///|: : /l/
   |/  l : : :| /∨i}/|    _       |'/ レiル'/!: /⌒ヽ、 
 .       l/l/ {   \ir!             !/  レ| ;′ /⌒ヽ_
       __yv   ||ー‐==ニニ=彡'l|,へ   ヽ    /⌒ヽ
     /⌒ヽ/     ||          ||  \  }-=-≪
    /     \   ||        /~    ヽ〃    \

   ┌──────────────────┐
   │こうして、ない子さんとノエルの、      ...
   │ほぼ二人きりで『やらなきゃいけない事』に  │
   │かけた物語は、始まったのでした。      .
   └──────────────────┘

      ┌─────────────────────────┐
      │めでたしめでたし、と話を結ぶにはまだまだ早いので、  ......
      │もうしばらく、お付き合い下さいませ。             ....
      └─────────────────────────┘



165 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:05:21 ID:vcYL98DM



                       ●


                       ●

                  __
           .     〃 /   ゙ヽ
                {{ iノL从_i}
                iヘ | ゚ -゚ノノ  バメン テンカン チュウ…
                 ~/iI蒸I}
                 くヨハE〉
                  L」_」

                       ●


                       ●




166 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:05:51 ID:vcYL98DM



     ┌────────────────────┐
     │ノエルと別れ自宅に帰ったない子さんは、   ....
     │早速友人の美樹さやかに電話をしました。   ..
     │                            ....
     │用件は勿論、バイトに関する相談です。     .
     └────────────────────┘


  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::;;;,,,;;;,,,,;;;;;,,,,;;',,;;;';::::::::::::;;;;,,,;;;,,,,;;;;';;;,,,;;;':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;,,;;;,,,;;':::::::::;;;,,,;;,,,;;;;,,,,;;,;;';::::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: _______________:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/;:::':::;:::':::;:::':::;:::':::;:::':::;:::':::;:::':::;:::':::;:::':::/' \::::::::::::::::::::::::::::::;;;,,,,,,,;;;,,,,,,;;
     ○     /;:::':::;:::':::;:::':::;:::':::;:::':::;:::':::;:::':::;:::':::;:::':::/  \ \:::::,,,,,,,,;;;,,,;;;';;:::;;;,,,,,,,,:::::
 ;;ミゞ,   ||  /;:::':::;:::':::;:::':::;:::':::;:::':::;:::':::;:::':::;:::':::;:::':::;/    .Y´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
 ;;;ヽミゞ;,;||;/;:::':::;:::':::;:::':ノヽ;:::'::ミゞ`;;:ノ; ミゞ;:::':::;::::;:::/     <  TRRRRR,TRRRRR…… |
 ";"ミゞ:; ||, ̄| ̄ ̄ ̄ 彡ヽミゞ:ノミゞ;ノ:;ミ;  ̄ ̄ ̄|        ヽ___________,ノ
 ノミミゞ:; ||,  |  |ニlニ彡ヽミゞ:ノミミゞ;彡 ミ lニl  |     lニlニl   |
 ;;ノ彡ミi ,||ゞ, |  |___l;彡;;i;ヽミゞ;ソミ;;彡::ノミゞゞ__|゙ |     |___l___|゙   |    ;":;;:
 ノ;ヽミゞ゙||ミ;;ゝ    ノミヽミゞ;ノミミノノ;;ii;;;ヽミゞ,   |   iニニニニiニニニニi  ;::;;":;;';; ;":;;
 彡|l!:ミゞ||.  |  |ニl'ノ彡ii;ミミヽミゞ;;彡|l::lニlニl  |   i :::┌─||;i:::: i | ||  / ̄ ̄ ̄ ̄
   |l!   ||.  |  |___l___| .|l!   |l! ";:;|l |___l___|゙ |   i ゙ |i:i:i:゙||:|  i | ||   | ̄ ̄ ̄;":;;
 _|l! _||_.|_________lii:____lii:___|l!゙____|__i___|i:i:i:゙||:|_i.._| ||______
 _|'ll:,__|_|________,|'ll:,__,|!li,____,|ll:,_____________________
 ==============================================




167 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:06:14 ID:vcYL98DM


       / ./ |  |  //i |    |   |ヽ  | | | | |ヽ.|
       |  |  |  | /,rr―|lヽ  l、 、 .|´t-r-、l | | |,.| |
       |  |  |  | l/ |l  `、ヽ l ヽヽ | ヾiヽ,.l  | |/,l|
       |  |  i  |,'l ノr=-、 ヽ ヽヽヽヽト=-|、 l|| .| ト, l|
       |  |  |、 | / r'//i    `   r'//、ヽ| l | |}.l l|
       |  |  |ヽ |  { `-'l        ト-.'l}  .| ! リ,' lヽ、
          | .|  l |、{ 弋_リ       弋_リ  .| ,'  r' |l|ヽ    「えっ? ない子バイトやりたいの?」
        |ヽ l  ヾ.|  ,,,,,      '    ,,,,,  .| l | |l.|
        リヽ l  ヽlゝ      、 _ __ ,     ,./ / /|l | リ
        |  ヽヽ ヽ `ヽ 、_        ,. - ' ,/ イ/ ! ,リ   「うんっ、いいよ! ない子にもできそっ――
          ヾiヽ r、 i  _,> 、 __ - '´|_r4 / i/ !'´       じゃなかった、向いてそうなバイト、探してあげるねっ♪」
             ヽ ヾ |ヾf==ヽ、___, ,___ t==.}
              ヽ、 ,り     ,l|l    ,.[
         ,r‐ -- '_´ノ-' ̄ ̄ヽ、__,l|l_,r,///,,`ーr=r- 、___
       /   l  |///////////,|///L,-///////`ヽ    ヽ

                            _|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━|口|
                                |田|━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                             ̄


     ┌───────────────────────────────┐
     │そう言うやいなや美樹さやかは、別段理由を聞く事もなく、          .
     │すぐに校則で禁止されている筈のバイト探しに取り掛かりました。      │
     │                                            ....
     │彼女は良くも悪くもおおざっぱで世話焼きな所もある子なのです。       │
     │そんな彼女だからこそ、ない子さんはいの一番に相談したのでした。    │
     └───────────────────────────────┘



168 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:06:28 ID:vcYL98DM



          _」ヽ   /|.
            >  ゙V´∠イz‐、_
        ./            <
      /    ,ヘ  ´ ̄  ` ∨マ´                  ./〉
     //    /  ´        `丶、                //
    _,//    /             \     _人_      //
   _,//   〃   /    {         ヽ    `Y´     .//
   ,ノイ|   l′ .i  /   ∧   ヽ\ .     ハ  _!_        //
    小  !  T ´厂 「`メ   \    }ヽ i   |    !       /,イ
人   从  |   |r坏テミリiイ/ / 「ノ `メ、  | | |          _///      「いらっさっさいませ~」
'Y´ ノハ  小  ! トr:::リ     rテi{∨/  / |/リ        ///,イ
.     从 ヾ  '、. `ー'      ハr:リイ/__ノ/         ノ//.ノリ  _!_
 *  ノイ| ゝ   ヽxx   __ ' `'´ ./   /           {〈/レレヘ}   !
      ノハ小∧   \ 〈  ノ xx /  ハ.          | / ` /
        . /⌒マ `\  ヽ  _ , イヘ /リ          |` ー-く   *
     __/::::::::::::i/八ヽ<f´、:::>::: `::::` ‐- 、    rへ _/
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>r‐r|::::::::::::::::::::::::::::\   |     〉 *
.  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\女|:::::::::::::::::::/::::::::::::\  |     |
  {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\Ⅴ::::::/:::/:::::::::::::::::::`、|     |
  /::::::::::::::::::::::::::, -―:::―::‐-; !:::::::::::::::::::::::::::::, -―-、|     |
. /:::::::::::::: , -―´::::::::::::_:_::://\:::::::::::::::::::::{     ./      |` 、
/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ー::‐:/i!    `┐:::::::::::::、           /:*:\
::::::::_::_:::::::-:::::::::::::::::::::::::/  .|!  i.  i!::::::::::::::::ゝ、      /::::人::::::\
::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i!   i!  ,},._ |:::::::::::::::::::::>、__ノ::::::`Y´::::::::::\

    ┌───────────────────────────┐
    │相談から一週間後、ない子さんは美樹さやかに勧められた    .
    │個人経営のパン屋のアルバイトの面接に見事合格し、       │
    │早速店頭に立って一生懸命働き始めました。            │
    └───────────────────────────┘

        ┌─────────────────────┐
        │時給720円でパンを売ったり、袋に詰めたり、    │
        │たまに焼くのも手伝うという仕事です。        .
        │がんばれガンバレ、ない子さん!           │
        └─────────────────────┘



169 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:06:38 ID:vcYL98DM


                    ,.:,´,.:―.. _
           -=三ミ ー': `´: :_ _: : > .
              /: : : : : : : : : :_>_`: : :\
            /: :,.:´: :>=≦: : : : :>..: :ヽ
         i: :.ノ',/: : : : : : : :  ̄: : : : : \ \__
         !/: :/: : :/: : : : : : : : : : : : : : :.ヽ<´ミ=-
            ' ∨: : /: : : : : : : : : \: : : : \: :\\: :\   「アンパンお買い上げありがとうございま~す。
            i l: ,′: : : : : : : : : : :lヽ: : : :∧! i´)_): : :ヽ   ご一緒に、隣にある微妙に売れ残ってる
             l l: i: : : : : : : :、: : : : :.! !'ヽ!ヽ: :./´: : : :i `    うぐいすパンもいかかでしょうか~?」
            l l:/i: : : : ∧: :!\: :./ 迅ツ ∨: : : : : l
           !.l'、:V: : :.l/´示 `′    〃iヾヽ :/レ'
           .ヽ .\\.! 迅少    ,   / : ヾ ヽ.
              `<\〃  ー   ,イ-../`ー'
                 , ` ー―,‐ 'ィ'´{ `ー - 、    ./
                 /¨:::::::::V,__∧_j_l::::ハ::::::::::::l   ./
                /::::::::::::::::::::::ヾ ☆Y:::ハ::::::::::l /
              r'::::::::::::::::::::::::::::::::\__j:::::入xぅ,ト´
              {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V://∠,:ヽ
              j:::::::::::::::::!::::::::::::::::::∧V _二}:::::l
               {::::::::::::::::::l:::::::::::::::/:| j/ -ーソ::::::l
               |:::::::::::::::::::l:::::::::::/∠/j  rテ'::::::::::l
.              j:::::::::::::::∧{::::::/ ,/ {  _/:::::::::::::l
             /::::::::::/::;>'´   /! ∨ヘ::::ヾ:::::::ヾ、
             /:::::::::::::/     { >く{ ヽ:::::ヽ:::::::::\


     ┌─────────────────────┐
     │ない子さんにとって初めてのアルバイトは、     .
     │もちろん大変な事もありましたが、それ以上に    │
     │やりがいもあって楽しいものになりました。      .
     └─────────────────────┘


.           /      |          \
.         /      |             :.
        / /     |  |         |  ,
           ,  |  /|  |\\___ | | |   ,
        |  |  | ,>‐|  |  \\ ⌒| | |  |
        |  |  l∨  八 |   \|\| | |  |
        | 八  { ,x=ミ、\    ィテミⅥ ! 八    「……いやいやいや、
       ノ  | \〃{r'::}      {r'::リ  | |  | \  MドナルドやRッテリアじゃないんだからさ。
      / |  |   .|  ゞ‐'   、   `¨゚  | | ハj    というか、売れ残りとか勧めないでよ……」
         |    |           u  .| |/
         |八 {\.{> ..    △    .< | /
.         \ \从ハ≧= - ≦|ハ/|/ノ'
                { ̄ >< ̄|
      ___/⌒⌒¨ヾ)/⌒\_|||_/⌒¨\_
.     ,〈/⌒\ / ノ/⌒ ̄¨{  }¨ ̄⌒\  ̄`ヽ
.   / //"\ ∧~/     .{  }       \  } ‘,
.  / /゙     \}\    ,/| || |\     / /  '




170 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:06:52 ID:vcYL98DM


  ☆      。                    ・
     ゚           ゚     ☆      ・        ゚
゚          ☆      。              ☆       ゚
  。           ゚                      。
☆       ゚                    ゚
            。               ゚            ☆
  ゚    ☆                         。     ゚
                                          /
_                                         |
  \                                       |
    |                                     |
    |      /\                            /
    |   __|   |                    / ̄\  /
    |    |      |/\                   |    |  |
    |/\|         |r'´`ヽ     /  ̄ \  |    |/
               ||   |、    〔      〕 |
                   \   〕     〔 /
                     l  〔     .〕 |

  ┌────────────────────┐
  │そして、バイトが終わり、             .....
  │一旦家に帰り日が落ちるのを待ってから、  ......
  │ない子さんは、売れ残りのパンを片手に、     │
  │そっと家を出ます。向かう先は――         │
  └────────────────────┘



171 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:07:05 ID:vcYL98DM

                |\_  ̄ト、ー―-、
          _____> \| L___|
          >_____    ___ <
           l/        ヽ /    \!ゝ
        /      /ミヽ Vr勿\   \ヾ
       //  >-―┴┴- ∠.:\lVVV\\
     ∠/  /            ヽ   ゝ 》
     /:/: . : /: . : . : . : . : . : . : . : . : . : .. :ヽ: . :}: | ノ
     /:/|: . /: . : . : . : . :/: . : . : . : . :  .   ',:.:| :∧
      |/ :|: /: . : .:/: . : . ハ:: . : . : . : . : . :  .  ', |'  |
     j:/!: . : .,': . : .:/: .|: . : .// /レ'|i ト、|: . N  l
      ハl   l i.〃  __\ |. , _´_ \ヽ l i |.| l l|
      ヽ!  ハ 〃_,r==ミ ヽ!  r==、  l l !.| l |
   __    i Y/   Y               / 》 ///i |. |     「こんばんわ、寒凪さん! 調子はどうかな?」
   i ヽ  .| l !  .ハ ´´    _'_  ´´ イ/ ./レ'| .i ト、|
   ヽ ヽ .ハ~、ゝ>.、   {´ ソ   ∠/ //レヘ トヽハノ
    ヽ .ヽ,_r 、,、、  --`>ァ ` _´ ´ム ム/r 、   
     ノr'^ヽr‐、_,-'ヽ: ヽ'' ~     ~-y/ ヽ_
     i ー‐、冫-i 、 ヽ: ヽ_      /:/   ヽ       f´ ̄ ̄`ヽ
     | -ーv'  ト 、  丶 ヽ _: -_/: /    ノ,ヽ    |ガチャ…!!.|
     ゝ --' ノ: ヽヽ、   ~ ヽ:ヽ^:./  _ - ~/: :i   廴__ ノ
     |ヽ   ./:i: :.',  ` ー -''- `' -- '- - ' ~ /: : : i
     | :|   .i:.ノ: : :',             i ./: : : : :i





             /      /      \
                  /     ヽ    ヽ
           /  /    |   /   ハ    '、
                 ,′   /  /∨  j∧   ハ
           {  {    {/l/⌒|   厂Lj V
.             ∨      代)::ア  ̄ イ):ア リ  l |
              } 八.   八| 、、、     / 八|     「……ぼちぼち?」
           ノヘ::::::..   |\    '  ,′,′
              ヽハ.  |、     ‐  ノ /
                イ::::} :|: > ,_  <|:: リ
              厂V{ ト、   { ノY^|::人
               /⌒  ∨  ̄ ̄ 人_|/_>
           /(>┬-、 `ー─=彡  〉`ヽ
          /⌒\/  \        /  }ハ
            /    ヽ    }\_roイ  }   ',

   ┌───────────────────────────┐
   │……住宅街の外れにある、少し広めの倉庫。           ...
   │ノエルが、『やらなきゃいけない事』に勤しんでいる所です。   ....
   └───────────────────────────┘



172 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:07:20 ID:vcYL98DM


  ┌─────────────────────────┐
  │製造途中の飛行機が格納されているこの倉庫は、       │
  │持ち主のご好意で、掃除等のメンテナンスを欠かさず     .
  │行う事を条件に、格安で借りているそうです。         .
  └─────────────────────────┘


.("'''ー-.,、_
 `、 f;;;;;;-ミェ、
   ` ;, `''、;;;;;ヽヽ、
.    ヽ  `'''-'' '-、
      "-,      `-、    ,,;;,
.        "-,       `-、.,;;;;;'
          `-,       ,;;;;;'、          _,__,,、_,,,_        ,iー--=,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,___     _,,...,
           ̄"y    ,;;;;;;'_` 、,,__,,,,,,,,ェ--y.''~, '`;-FF'i..ミ,_ __    i|               ̄フ"  "i
              "、, .,;;;;;'  =--ー‐`.、=--ー`'~ー-i i.  .!  .|~-i'-;,,i|!.rー-,,_          ./    j
              , '~''''''ヽ',      ヽ. ̄''''''''''' 'ー┴-┴-」,,,,,,,|,,|Ii|;)- ,>,,_~- ,,       ./      !
           ,,,,;;;;;,'、   .,,,,j j      .j                      ~"'-ヲ'-,,  /       .,!
         ;;;;;;'''''''''~~!`''-.';;;;;,      .,'                         ~"         .,'
               ヽI ̄ ';;;;;,     ,.' __,,,,,,....,,,_                    r-ー―-,,,,,,,,   ,;'
                ~ ̄'';;;;,__;;;;;エ~.((~     ~"'''''-、,,,_               ~" - ,,   ~"'''-'ェ,
                   ';;;;' .,〆 ̄~~`ト 、         ~"''-,,,------ェェ、、,,,,,,,,,,,,,,,,...z--'-- _   '-,,
                      ` 、  ,ノ   ~.y_、       '-,,                ~ '-,,_ "- ,
                       .~'''''''ーー―ュz--ヲ-、          ~- ,_               ~ '- ,_~-,
                                    ~'ヽ,,,_       ''-,._                ~"
                                       ~''- ,,       ~.- ,     
                          ┌───────────────────────┐
                          │夏休みに入ったので、最近のノエルはほぼ毎日、  ......
                          │ここに泊まりこんで作業を続けています         ...
                          └───────────────────────┘



173 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:07:37 ID:vcYL98DM

                    /{  /!
              /   V  }
             _{  /  厶_
            /    {  ´   `ヽ、
        、__/  _x≦三三≧、   \_,
.          `ーァ ´         `}トヘ  く
.            /L_          WN   ト.
          /  /       , 、_j } V  l
         lム__」{、 i   TV二厶」 Li〔l l    「へぇ~……じゃあ寒凪さんは、
          |  | |从仏{ { V从仏从| | |     今、一人暮らしみたいなことやってるんだぁ……」
          | .| |/ _ニ       ニ_ ヾ| | /
            { | { {_:::ツ    {_:::ツ } | }
           | |       '       | l/
          \|、    /ヽ     |/
                 `   、 二 .. .´
        r 、  ,. -r-{ノ,   {‐- 、_  , 、
        |. } /{  { V    }   } }、{. |
        |. |/   、 ヽ V⌒ ∨ / /  |. |
        /⌒V^V   \  |: : : : |  /  {^V⌒ヽ
        |、_〉_} !     ト |: : : : | /!   ノ {_〈 { ∧
       lノ ノ ノ    j |: : : :| j   {  ヽ V  }


  ┌───────────────────────────┐
  │ない子さんは、親にあまり反抗しないタイプの所謂良い子の    │
  │部類に入りますが、それでもやはり、一人暮らしに抱く      ...
  │「自由」若しくは「束縛されない」という漠然としたイメージに、  .....
  │ちょっとした憧れを抱いている事は否めません。         .....
  └───────────────────────────┘


             /            \      \
                            ヽ       \
            /     /           }          ヽ
              / /    ::                 ヽ  ヽ
          / /    .:::|
           ,′   | ::/:|     | / │l    |       }
             |    |  |: |i::   │-‐=l∧    |          }
         |  |八_|八 |`|ハ_:N _  \{∨       j:::  リ
         |    iハ x气ミ     ィ弍≧x /  /      /::::../
         |   ::::.   Vソ      V)ソ'"/   /      /:::::./   「うん、そう。帰るの、面倒だし」
         | :|  i::::              /       /:::::./
         ヽ∧ i:::i   '           / /     /:::::イ
           \八            //|     .:::::八{
                |  ヽ   ‘ ヽ     ´  |    /∧{
                |    \        イ  |   ://
                | ∧  个:::--r ´    |  .:/|:|\
                l/ ハ   |厶-ハ_,/⌒Yレ| ::| jノ  }
                j_/   ⌒/〈  / | | ∧  〈
              〈     /  人_ノ,,人 ∨  \. \
.               _人  __,/   ノ ̄ /⌒⌒\〉  \
           / ー‐'´   /  / _/______ \  ノ
             〈       /{__/ /::::::::::::::::::::::::::::::: ̄\{
             >           /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\




174 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:07:58 ID:vcYL98DM


|| #  |            .:;,                   .:;,;
||    :|    へ                  .;:,
||    :|    _____       #;                       .;:,:
||   ,;: |    |         ||   _________     ζ
''     |    |         ||  /::<><>::/:<><>.>/|            .;:,:'
     |    |         ||  |!三三三i|!三三三i|/|  .;:,
     |    |[]       ||  |!三三三i|!三三三i|/|  _______Ⅰ__. <二
∠   |    |         ||  |!三三三i|!三三三i|/ /  r=====┐ШШ  /  .|..::
_  ,;': |__|_____||_|!三三三i|!三三三i| /__|      |___/ |_<二
/|  /              |!三三三i|!三三三i|/ ||─‐|___|─‐||  /  .|..::
  |/                             |l   |」   .|」   .||/   .<二
  |
  |
  | ̄ ̄ ̄/|                                 ____
  |    /  |                               /~::~/|
/  ./ ../|                              /~::~/ |


    ┌────────────────────────────────┐
    │倉庫の隅の方には、ノエルがどこからか調達したとおぼしき、              │
    │冷蔵庫やら炊飯器やら今時懐かしい小型ブラウン管テレビやら       .....
    │ない子さんご注目の古いゲーム機やらが、所狭しと並べられています。     │
    │                                              ..
    │家庭とはまた違うその様子はさながら、ない子さんがまだ             .
    │ロリーな幼女だった頃に密かに憧れていた秘密基地のようです。       ..
    └────────────────────────────────┘


         ┌──────────────────────────┐
         │ずっと住み続けるのは無理でしょうが、2、3日程度なら    ....
         │キャンプ感覚で泊まれそう、いや泊まりたいぐらいです。    .
         └──────────────────────────┘


.

175 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:08:11 ID:vcYL98DM


        _」ヽ  /|_
         >  ゙V´ ∠イz‐、_
      /  ,ヘ,_ / __/ ∨マ´
     //  /    ´        `丶、
    _,//  /                \
   _,//                        ヽ
  _,//  〃   /     {
  ,ノイ|  l .   ii   /   ∧  ヽ\      ハ
   小 |    .|   | i ./  \     }ヽ  、 |
.   从 .|    .|   | N__ノ  \}´_j、ハ  i |
   ノハ小    .|  八 _ -- 、     , -、 iハi |    「でも……ずっとここに泊まってて、
    从ヾミ  |   |/ i 示       示i` i{V |     寒凪さんのお家の人には怒られないの?
     ノハ小 Y |   |  迅     .少  i i  |      たまには家に帰った方が良いんじゃないかなぁ……」
        (ヾ∧  ! u          / i ,リ
   ,/ ̄ ̄入 \∨i'、  ,-ーー''/ / ノ| /
  < < <     </     、_丶  _, イ     '
   ソ\\   \    / ///  \
 / \\\   `,,-ーイ///    ヽ
/     \\\ゞ \_, ノ//     i

    ┌─────────────────────┐
    │しかし、ない子さんの場合は、何泊も勝手に     .
    │外泊などしては、両親に怒られてしまいます。   .
    └─────────────────────┘

  ┌─────────────────────────────┐
  │1泊程度ならちゃんとした理由さえあれば許可は出るでしょうが、  ......
  │2、3泊となるとまず許可は出ない、ぶっちゃけここに通っている事  ....
  │だって色々とギリギリだったりと、ない子さんには親の庇護という    .
  │名の監視の目がそれなりに行き届いてたりします。           
  └─────────────────────────────┘

        ┌────────────────────┐
        │でも、ノエルの方はどうなのかと、         │
        │ない子さんはちょっと心配になったのです。   .
        └────────────────────┘



176 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:08:21 ID:vcYL98DM


          /                   \
        /   /       .:/        \   ヽ
.       /   /       .:/::/        ヽ
     ,′               }      jハ  ハ
         :/          /          i |   :i
      { / :;′        /   /  /}    / /| |  |  |
     V .:{:         i   /  /メ   /|: /⌒|  |  |
     八 .::.        | イi|: //___/i_j厶:/厶イ │
     {:ハ::ハ        |/斗七=ミ     ヒツノ/ .:i:ノ  リ  「……別に、いい。
.       ':∧:::{   !八ヽ弋)ソ           ::|: |: /   どうせ家に帰っても、ボク、いつも一人だから」
.         j:ハ :::.   |丶:\         '   '  :|/|/
       /⌒ヘ |)、   ::l⌒     _    厶イ::|
.   /⌒フ   ヽ|ハ:.  ::ト      ´   イ  !::|
   /  ´ ̄ ̄ ̄\!  :.   ::| >  _..、< |::i:: :八|
.  /   /:::: ̄`丶\∧  |`ー┴'⌒} ヽ|::i:: l
 /  /\::::::::::::::::::\ヽヘ │    人  )人:│

    ┌──────────────────────────────┐
    │ノエルの話によると、元々共働きだった彼女の両親は、          .
    │紫ちゃんが亡くなって以降、ますます仕事にのめり込むようになり、    │
    │帰りが遅かったり午前様になるのは当たり前、               ..
    │何日も家を空ける事もざらにあると言うのです。               │
    └──────────────────────────────┘



177 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:08:32 ID:vcYL98DM


   ┌──────────────────────────────┐
   │他人の家庭の事情を詮索するのはあまり気がすすみませんが……   │
   │どうやらノエルは、両親の愛情を満足に受けているとは           │
   │言い難い状況のようでした。                         ......
   └──────────────────────────────┘


             !/ /     .ヘヽV」∠ヽ.   \\\
          __ノ/ .. - 、 ̄ ≠‐ - :.:`ヽへ  \\}
            フ  /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ:.:V| !   V {
          ///: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :Ⅵリ : : : : : :、
   .       i//: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ∨ハ: : i: : 、: \
          /:: : : : ::| │: : : : : : : :ヽ: : : : |: : : : | ∨} : }: : :厂`
            |: : |: : :/|: :|: : : : : ヽ│: | : : : |: : : : レレ∨}:j!: : ト、
            |: : |: : l:八:|: : : : : : :ト|、:|\ : | : : : :}∨j/: :j!: : :レ
           |: :i|: : |  人: : |: : 八|∨ ̄| ∧: : : ル─く/V⌒ヽ    「……寂しくは、なかったの?」
           |: :i|: : |/ _\|: /  ィうi心、 |: : //⌒Y}:厂! !
          厶八.:ハ. xぅ心|/     VJソ 〉|: ∧し///.:|!ノ| {
           |: :\∧ヽVソ           (|/\\イ : :ハ∧ゝ
           |/∨/ // ) ,     (\ ヽ ',ヽV N
               〈/ {∨ /         ヽ丶 | | | |八
              {  |/ 〈、  ‐-―   } j_| l | |\
                   j  } >   _,.. ィノ `  ` }  〉ー---――-、
                 丶、 '⌒丶  ∨|く/     / /     /
              /{ ̄\     \ マ7        / /     /    |

   ┌───────────────────────────────┐
   │ない子さんは、他人の家庭の事情にはあまり立ち入らない           │
   │慎みを持っていますが、それでも、ノエルの置かれたあまり良いとは    .
   │言えない境遇に対しては、思わず同情の念を示してしまいます。      ..
   └───────────────────────────────┘



178 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:08:42 ID:vcYL98DM

             _, -‐‐-
           .   ´〃      `  、
       /                  \
     /     ‐-            ヽ
.     / /         `ヽ         ヽ
    / /           ヽ          ハ
   ,       |    、              |  「ううん、寂しくなんてなかった。
    i      |    | \  }           j   だってボクには、『やらなきゃいけない事』があったし」
    |       |    |'´ 八jハ        ,
   l     |、_ト .__,从ィ笊ラハ{          /
   ',  \Nァ=ミ、   ノ Vソ |  /    〃      「……それに、今は――」
        ⌒ Vソ         | '      /(
    ヽ  }ハ   、       ノイ    ∧
       \  }ト、   _     |    ,
        \ 个ト .      .イ |     {
          i  l | N≧ 爪   |  ∧ハ
          l∧  |___ ノ}  ハ '   \
         ノ ハ |    ,     }     \
         / lハ|       ___       ヽ





             _    .__
             ,> ゛"Y´  <_
           , ',,-≦三三≧ -._ヽ,ゝ
              レ´    .、 \\ `゛ `ヽ、
          / 〃  .,  ヽ j ヽ, ヘ ヽ;⌒
          /   .l   l i!     \ l\ \j
        ノl. |  | ! レハ __ヽ\ ヽ、ヾ ,>
        ⌒|.∧ TヾN  |ヽN  | ./l ̄` ム
            ヽ|.',N.〃ミ\N彳;ヽ.ハ/ ! ,人(
          lヽ.l弋丿,  ゞィ丿 .|イ/
          レl ヽ   、   ,イ 人|          「……今は?」
           \|へ≧-≦//- 、
            lヽ´ヽ>,-,</  /ヽ
              | |  ヾi-i〃   /   !
              |,'   ∨    ',   .|
               l{.   ..:;;:..    }   {
               | ',       ハ    l




179 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:08:56 ID:vcYL98DM


            /   /                :.
          '   /    /             ハ
         i   '    /l     l   ト.       l }
         l    ハ-/‐l ,   |、 」_!  ,     | /
         八  ∨ jノ .|ハ.   | ヽハlヽ/    //   「……ない子さんが、いる。
          ヽ ハ ヾヒテ' \|`ヒテ>ハ    /, |     ボクなんかに、協力してくれてる。
           |  ゝ :::::      ::::: 厶イ  /∧|     ワザワザ、会いにまで来てくれている」
           |  ∧    ′     ._, l  '/
             И  ト.  ` ´   .イ/: l /
           , -‐ヘ.  |l `≧=-<__|_厶  ∧       「だから、ぜんぜん寂しくなんてない。
        /> 、 ヽ|`丶、    / / ∧厶ヽ      ……ありがとう、ない子さん」
       /⌒′  \      ー=≠\^ イく/ \>、
.      /         丶 、      /ヽ  }    }∧
      { \         |` ーr‐ ´   | \!   / }

   ┌───────────────────────┐
   │ノエルの、そのあまりにも素直に感謝の気持ちを   ....
   │示された、割合素直な性格であるない子さんは、     .
   └───────────────────────┘

.

180 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:09:06 ID:vcYL98DM


       い     ,ノ           \     )
       ゝ ー-‐' ヽ            / ` ー ' ノ
       , ´ ̄ ̄ ̄ 厂 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄{ ̄ ̄ ̄ミx
      ((       f´  ⌒⌒    `ヽ    ))
       ` ー-=ニ( (´  、__,、__,ノ 丿 )―=彡'
          >(  (´ 、,、__,  __ し <     .f´ ̄ ̄`ヽ
           l/        ヽ /    \!ゝ    | ボフッ!! .|
        /      /ミヽ Vr勿\   \ヾ   廴__ ノ
       //  >-―┴┴- ∠.:\lVVV\\
     ∠/  /   u        ヽ   ゝ 》
     /:/: . : /: . : . : . : . : . : . : . : . : . : .. :ヽ: . :}: | ノ
     /:/|: . /: . : . : . : . :/: . : . : . : . : U.   ',:.:| :∧
      |/ :|: /: . : .:/: . : . ハ:: . : . : . : . : . :  .  ', |'  |
     j:/!: . : .,': . : ./ハ:|: . : .// /レ'|i ト、|: . N  l     「……い、いや、別に……!
      ハl   l i.〃 -一_,\ |l ,_ー- \ヽ l i |.| l l|     大した事なんて、やって……ないしっ……」
       ヽ!  ハ〃 z≠ミ  ゞ z≠ミ´ 入 | l | ll
.       i Y/   Y ゚   ///////   ゚ / 》 ///i | |
.      .| l !   ハ    r -‐-、 u イ/ /レ'|.i ト、|
.        ハ~ ゝ! \   |   j ∠/ //レヘ トヽハノ
           ,  --`>ヽ-- ' _ ´ム ム/、
.         /l ヽ` \ 、  u イf´┐Yヽ、    ┌────────────────────────┐
         /  \ \i> ー ´く 、`ヽ  } ヽ         │これまた素直に、恥ずかしがってしまったのでした。     │
          /  / ̄/7へ、 : : : : : v〉   ノ  i  │直球に弱いぞ、ない子さん!                  │
       /   .{    ^、} : : : : :/    //  !  └────────────────────────┘
        /   f::.\    ヽ : : :」ー―‐く/   |




181 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:09:16 ID:vcYL98DM



                       ●


                       ●

                      ッィ
                  __∑仆≧
                / , , ヽ`‐ £
            ,-ヽ  |/i /|/! ∧.l u i.|
            ゝ、)   |/T |/ T`|)ル/  テンカン チュー…
              σ-=‐--- 、-`、
               | .ラメン φ__)ヽ
             ̄ ̄`ー=一' ̄ ̄ ̄ ̄

                       ●


                       ●




182 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:10:11 ID:vcYL98DM


,.:,; ' ''.. .,;.'..:⌒`;,: .  ..;;.,                              ` 、  '
 ,,.;. ; :.,   .. .''... .. '   ..;,):.,,                         ‐―  ○ - ‐
        ''  '.': ;,::. .  ..., ;)                         , ' ヽ
 .''.:.:´⌒`.: .: ...    . ...,. . ,;                             ,.    ヾ
.''':. .,'''.:;. .:: .'. ,.:,;  ...,; ''                          , '
-'' ' '  ┌───────────┐
     .│それからそれから。   ....│                .:: ..'...:⌒`  : .: ..,,;.,
     .└───────────┘          .: ...:::⌒` ''           '.':. .,.; ,..
                             (    .: .....:   ...:.: .: ⌒` .: ..:.: .: ... .  .:.:.
                              (., .: ... : .  .:  .  ::: ....::.. :  . .: ... .. .
                                 ` . :. .;;,  .:;.   .  .  .:    . ..::
                                    ┌────────────────────────┐
                                    │ない子さんの高校生活における二度目の夏休みは、  ....
       ;"ヾ;   ;"ヾ ;"     ;:;:.;:ヾ     ノ ;ヾ       │一度目のそれと比べ、かなり忙しくなりました。       │
  ;"ヾ  ;":;:.;:ヾノ)) " ;";  "ヾ ;" "  ;ヾ " ;  ヾ ;ヾ     ;;;ヾ└────────────────────────┘
    ;ヾ ;ヾ ;";ヾ;"  ;ヾ ;ヾ ;  r""ヾ ;))ヾ ;":;:.;:ヾ ; ;ヾ     ;ヾ ;;: ノ
  ;"ヾノ:;:.;: ;ヾ r:;:.;:;":;:.;:;ヾ ;ヾ ;"ヾ ;:;:.:;:))      ";ヾ   ":(^);r ;ヾ  ;   ";:""; ";
:;:.;: ; " ;;" ヾ((ヾ:;:.;: ;"  ;ノヾ" ; ;:(^) ヾ ;";ヾ ;ヾ   "〃;ヾ ;ヾ":;:.;: ; ;ヾr ;;"  ..,,








183 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:10:26 ID:vcYL98DM


          _」ヽ   /|.
            >  ゙V´∠イz‐、_
        ./            <
      /    ,ヘ  ´ ̄  ` ∨マ´                  ./〉
     //    /  ´        `丶、                //
    _,//    /             \     _人_      //
   _,//   〃   /    {         ヽ    `Y´     .//
   ,ノイ|   l′ .i  /   ∧   ヽ\ .     ハ  _!_        //
    小  !  T ´厂 「`メ   \    }ヽ i   |    !       /,イ
人   从  |   |r坏テミリiイ/ / 「ノ `メ、  | | |          _///        「いらっまさっさいませ~」
'Y´ ノハ  小  ! トr:::リ     rテi{∨/  / |/リ        ///,イ
.     从 ヾ  '、. `ー'      ハr:リイ/__ノ/         ノ//.ノリ  _!_
 *  ノイ| ゝ   ヽxx   __ ' `'´ ./   /           {〈/レレヘ}   !
      ノハ小∧   \ 〈  ノ xx /  ハ.          | / ` /
        . /⌒マ `\  ヽ  _ , イヘ /リ          |` ー-く   *
     __/::::::::::::i/八ヽ<f´、:::>::: `::::` ‐- 、    rへ _/
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>r‐r|::::::::::::::::::::::::::::\   |     〉 *
.  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\女|:::::::::::::::::::/::::::::::::\  |     |
  {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\Ⅴ::::::/:::/:::::::::::::::::::`、|     |
  /::::::::::::::::::::::::::, -―:::―::‐-; !:::::::::::::::::::::::::::::, -―-、|     |
. /:::::::::::::: , -―´::::::::::::_:_::://\:::::::::::::::::::::{     ./      |` 、
/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ー::‐:/i!    `┐:::::::::::::、           /:*:\
::::::::_::_:::::::-:::::::::::::::::::::::::/  .|!  i.  i!::::::::::::::::ゝ、      /::::人::::::\
::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i!   i!  ,},._ |:::::::::::::::::::::>、__ノ::::::`Y´::::::::::\

   ┌────────────────────────────┐
   │一週間の内、何日かはアルバイト。                  .....
   │日が落ちてからの何日は、ノエルの飛行機製作の手伝い……   .
   │は、文系脳なない子さんには無理むりカタツムリなので、       .
   │頑張るノエルを眺めたり、彼女とダベってみたり。          ....
   └────────────────────────────┘



184 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:10:36 ID:vcYL98DM


   ┌────────────────────────────┐
   │他には、普段はなかなか出来ない徹ゲー(徹夜 de ゲーム)やら    │
   │一人深夜映画鑑賞会やら、クーラーガンガン室内においての     │
   │爽やか☆シエスタ with アイスやら。                   .
   └────────────────────────────┘


                 ヽヘ      \
                     \\,     ヽ
       |              V∧     Vヽ,
  /   │       !          V|ヾ      ゝ
 .  !  │    │  |    ヽ:      ヽハ      \
  | ∧ ハ   .│   |    ハ     ヾゝ::.:.:.:.:.:.  ヽヘ
  ::, -┴ 、   ::/l  :::ト、    ::l    ..:::Nl :.:.:.:.:.ヽ:.:. |
∠´     ヽ ::__:i l  :::l `、   :l    .:::::j:::.:.:.:.:.:.ハ:. ,   「クックックッ……今日こそは
    ̄`~ヽ `y l l :∧:l__ `、 .::l ::::::::::::___:j:::.:.:.:.:.:! j/    ノットトレジャーハンターをフルコンプしてみせる……!」
  ヽ、    l/ /| -V ̄ヽ   W| ::::「二ヽ|.:.:.:.リ V
、   l   /イ´:::! ______ .i | :::|┌j l.:.:.:/       「覚悟しろよ……シャア!!」
_ \. L/ /!::::::| ' ̄|「::::::::::|「__人__:::|//f´ ̄ ̄`ヽ
i ノ`'´  ∧ ヽ::|   ̄ ̄ ̄ ´`Y´:::::| ./|キラーン☆.|
二__ __ ,イ /  `         !} ::::|く´ 廴__ ノ
 || |「 |l |  r、         ,ィ :::::| ヽ jノ


     ┌─────────────────────────────┐
     │後ついでに、量だけ多い夏休みの宿題やら、               │
     │自称家事手伝いな人がやる程度の家の手伝いなどもあります。   ...
     └─────────────────────────────┘

         ┌────────────────────┐
         │今をときめく女子高生(一応)の夏休みは、   ...
         │なかなか忙しかったりするのです。        .
         └────────────────────┘



185 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:10:47 ID:vcYL98DM


        ┌────────────────────────┐
        │でもそんな事をしていたら、当然、他の事……例えば、    │
        │人付き合いなんかの優先度は低くなってしまいます。    .
        └────────────────────────┘


        /: : : : :/: : : : : : : :/: : : : /l: :ヘ: : :',: : : ヘ
.        /: : : : :/: : : : : : : : :}: : : :./|:l\:.ヽ: :l: : : : :\
       }: : : : :,': : : : : : : : : :|:..:..:/__i:|  ヽ\j_: : :l: :.ト.\
       |: : : : l: : :.:.i: : : : : : |:..:./ ノl:|   ヽ:..\:.:i: : } `ヽ
       |: : : : |: : :.:.|: : : : : : |:./ ,x=:リ     ,ィぅ、i: :.|
       |: : : : |: : :.:.|: : : : : : |ィf)うハ       jr'::} l: :.|
        リ: :i: :.|:.:. : :|'^|: : :l: :| .トr':::i      ヒシ l: :.|
      /}: :|: :.|:.:. : :|ヘl: : :l: :| 弋ツ      ´、、.}:.:.|   「えっ、またバイト? そりゃ夏休みだし、
     /八: i::八:.:. : ト、}: : :l: :| 、、、、     ′ 八:.|    稼ぎたいのは分かるけどさぁ……」
        i人:.:.:ヽ:..:.',∧:.:.l:八  u     っ   .ィ:./ }:|
          \:.:\:.ヽ',:.:V:∧ 、       / j:/ iリ
           ヽト.\∧:.V、:',  ≧  ´   ノ     「まぁいいや、んじゃまた今度ね。
              / ̄ \!ヽ\-、ノ            次こそカラオケ一緒に行こうねー」
               /    丶    `l
              _ノ´ ̄ ̄`ヽ、 ̄≧トi、_
         __/        V\r‐─-、ヽ
       /          }.  ヽ::::::::::.`Y^ヽ
       }` ー--       /   ∨:::::::::j::::::::〉


                            _|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━|口|
                                |田|━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                             ̄


.      /   |              |\/.  ∨|!  /  ヾ   丶、 \
       〃   .l  {   l\「\ト、|\l、|  \ィ 川  |   ||     ヽ ̄
      ′   ハ l  |  弋"丁   ィ     ハ /⌒ヽ .|     | }
       | |   / 乂  l   r‐ 彡'´   /  ∨ /⌒ ∨      ト、!
       | |   |/  \l     ̄              )   ハ       }
      {|  l  r,彡'/ヽ         u          /:::|     /
.      ',ト、 ハ     ヽ               _ ノ|::::|  /  {      「うん、また今度……」
.       ヽ\ ヽ                      爪 |:::|::::|  / 人 |
              ヽ     、ノ⌒′          / ! .|:::|::::l /|/   `
.           `                |  |:::l;ノ /
               丶                ノイ .!:::! /
                     、              | .{:::|i/
                    ` r┬.彳         l_厶 ′
                  ∨  !人∧∧人∧|
                       |::::::::::::::::::::::::::::ヽ

   ┌───────────────────────┐
   │以前は大体受けていた遊びの誘いも、         ....
   │色々と理由をつけて何度か断るようになりました。    │
   └───────────────────────┘

      ┌────────────────────────────┐
      │基本的には人付き合いの良い美樹さやかが中心となっている   ..
      │グループですから、即ハブられる、という事はないでしょうが、    │
      │夏休み明けの人間関係が少し心配なない子さんであります。     .│
      └────────────────────────────┘



186 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:10:59 ID:vcYL98DM



─────────────────────────────────────
  ┌─────────────┐ ;      /
  │ですが、そんな杞憂など、  .....│ ;      /
  └─────────────┘'´ ̄ ̄ヽ/     ,..、、
        .Y´ ̄ ̄`ヽ      |    ,'       /ー- 、. -=― .、ヽ   __―__
        | タッ、 |       .l.    ,′     /       ,: ゙i|  ―― ̄ ̄_
        ヽ___,ノ     .i    i     /      ,,.:'  |l
                    ,! ,  !、   '  __  '"_,_;_,..-',イ
                        ,'   |`ー--‐"'''´   ̄i`- '" l
                  /     |           l     ,!
                    /     .!          .゙、   / .Y´ ̄ ̄`ヽ
                  ,'      .|           `''''"   | タッ、 .|
                 ,'     ,:'                ヽ___,.ノ
                   /     /     =  ̄――
               /     ,,.:' /       ̄  ――_
              、-゙''   '''" /
        ,:''⌒``'''<゙ヽ、、    '{    .Y´ ̄ ̄ ̄`ヽ
          !,. - 、    \ヽ、` 、.,!    | タッ…… .|
        ゙ヽ、  ` ‐ 、...ヽ、_``'く     ヽ____,ノ
          ``''‐- 、_ `` ``r'′
               `丶、ノ


─────────────────────────────────────




187 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:11:10 ID:vcYL98DM

                |\_  ̄ト、ー―-、
          _____> \| L___|
          >_____    ___ <
           l/        ヽ /    \!ゝ
        /      /ミヽ Vr勿\   \ヾ
       //  >-―┴┴- ∠.:\lVVV\\
     ∠/  /            ヽ   ゝ 》
     /:/: . : /: . : . : . : . : . : . : . : . : . : .. :ヽ: . :}: | ノ
     /:/|: . /: . : . : . : . :/: . : . : . : . :  .   ',:.:| :∧
      |/ :|: /: . : .:/: . : . ハ:: . : . : . : . : . :  .  ', |'  |
     j:/!: . : .,': . : .:/: .|: . : .// /レ'|i ト、|: . N  l
      ハl   l i.〃  __\ |. , _´_ \ヽ l i |.| l l|     「……こんばんわ、寒凪さん!
      ヽ!  ハ 〃_,r==ミ ヽ!  r==、  l l !.| l |       今日の調子はどんな感じかなー?」
   __    i Y/   Y               / 》 ///i |. |
   i ヽ  .| l !  .ハ ´´    _'_  ´´ イ/ ./レ'| .i ト、|
   ヽ ヽ .ハ~、ゝ>.、   {´ ソ   ∠/ //レヘ トヽハノ
    ヽ .ヽ,_r 、,、、  --`>ァ ` _´ ´ム ム/r 、   
     ノr'^ヽr‐、_,-'ヽ: ヽ'' ~     ~-y/ ヽ_
     i ー‐、冫-i 、 ヽ: ヽ_      /:/   ヽ    f´ ̄ ̄`ヽ
     | -ーv'  ト 、  丶 ヽ _: -_/: /    ノ,ヽ   .| ガチャ!! |
     ゝ --' ノ: ヽヽ、   ~ ヽ:ヽ^:./  _ - ~/: :i  .廴__ ノ
     |ヽ   ./:i: :.',  ` ー -''- `' -- '- - ' ~ /: : : i
     | :|   .i:.ノ: : :',             i ./: : : : :i





             /      /      \
                  /     ヽ    ヽ
           /  /    |   /   ハ    '、
                 ,′   /  /∨  j∧   ハ
           {  {    {/l/⌒|   厂Lj V
.             ∨      代)::ア  ̄ イ):ア リ  l |
              } 八.   八| 、、、     / 八|
           ノヘ::::::..   |\    '  ,′,′         「……多分、ぼちぼち?」
              ヽハ.  |、     ‐  ノ /
                イ::::} :|: > ,_  <|:: リ
              厂V{ ト、   { ノY^|::人
               /⌒  ∨  ̄ ̄ 人_|/_>
           /(>┬-、 `ー─=彡  〉`ヽ
          /⌒\/  \        /  }ハ
            /    ヽ    }\_roイ  }   ', 

   ┌────────────────────┐
   │ノエルに日々会いに行く度に           ...
   │気にならなくなっていく、ない子さんでした。   ..
   └────────────────────┘



188 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:11:20 ID:vcYL98DM



                       ●


                       ●

                  __
           .     〃 /   ゙ヽ
                {{ iノL从_i}
                iヘ | ゚ -゚ノノ  バメン テンカing チュウ…
                 ~/iI蒸I}
                 くヨハE〉
                  L」_」

                       ●


                       ●




189 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:11:55 ID:vcYL98DM


   ┌─────────────────┐
   │ある日二人は、こんな話をしました。    │
   └─────────────────┘

       ┌───────────────────┐
       │何気ない日常会話の、ほんの一場面。     .
       └───────────────────┘


    ノ: : : : : : : : il: : : : : : : : : />-= 、:、: : l: : : : i: : : : :i: : : : : : ∧
 .´´/: : : : : : : : :ll: : : : : : : : // .心` 、ヽ\i: : : /: : : : :.l: : : : : : : :i    「――ねぇ、寒凪さん。
    ,': : : : : : i!: : :l ヽjヽ、: : / ′レ:::::::i i ノ'i: /: : : : li :l: : : : : : : :.l     そういえば、何でまた、自分で1から
.   i: : : : : : ::l >´心   \j    V:し::; /  ノ:': : : : : :l!/ヽ: : : : : : i.!    飛行機を作ろうだなんて思ったの?」
.   l: i: : :i!: : l l レ::::i         `ー'    /: : : : /′ i: : : : : : l::l
.   l/l: : l.l: ::l. ', Vノ            ヽヽヽ/: : : : / /: i!: : : : :i!:.l  「誰かに飛行機に乗せてもらえるよう、
    \! l: :l   `´                 /: : : /<´: : : :!i: : : : ll: l    頼もうとかは思わなかったのかな?」
        l: :いヽヽ  `            /: :.//: : : : : :./l: : : :,/l/
       ヽ.',                    / //: :/: : : :/ .l: : : /
           ヽ.     i`´ヽ       ' ,.イi、: : :i: : : :/ .l: : :/   「グーグルでヤフれば、そういうサービスしてる業者の
           !>..   `ニ´      ,. イ三三ヽ/l: : :/  .l: :./      一つや二つは見つかりそうなんだけど……」
                !>.._ ..<´三三三三三ニ.ソ  .l; ´
                    ..<i三三三三/三三.ヽ  ′
               r'´三三三三三三i三三三三.ヽ





          /                   \
        /   /       .:/        \   ヽ
.       /   /       .:/::/        ヽ
     ,′               }      jハ  ハ
         :/          /          i |   :i    「……ボクもちょっとだけ、考えた事はある」
      { / :;′        /   /  /}    / /| |  |  |
     V .:{:         i   /  /メ   /|: /⌒|  |  |  「でもボク、紫に、ボクが連れて行ってあげるって言ったから……」
     八 .::.        | イi|: //___/i_j厶:/厶イ │
     {:ハ::ハ        |/斗七=ミ     ヒツノ/ .:i:ノ  リ
.       ':∧:::{   !八ヽ弋)ソ           ::|: |: /   「だから、ボクの手で……
.         j:ハ :::.   |丶:\         '   '  :|/|/     ボク自身の手で、連れて行きたかったんだ」
       /⌒ヘ |)、   ::l⌒     _    厶イ::|
.   /⌒フ   ヽ|ハ:.  ::ト      ´   イ  !::|
   /  ´ ̄ ̄ ̄\!  :.   ::| >  _..、< |::i:: :八|
.  /   /:::: ̄`丶\∧  |`ー┴'⌒} ヽ|::i:: l
 /  /\::::::::::::::::::\ヽヘ │    人  )人:│




190 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:12:05 ID:vcYL98DM

                    /{  /!
              /   V  }
             _{  /  厶_
            /    {  ´   `ヽ、
        、__/  _x≦三三≧、   \_,
.          `ーァ ´         `}トヘ  く
.            /L_          WN   ト.
          /  /       , 、_j } V  l
         lム__」{、 i   TV二厶」 Li〔l l     「へぇ……そうだったんだぁ……」
          |  | |从仏{ { V从仏从| | |
          | .| |/ _ニ       ニ_ ヾ| | /
            { | { {_:::ツ    {_:::ツ } | }   「でも、だからって、即自分の手で造ろうなんて、
           | |       '       | l/      普通は考えないと思うんだけどなぁ……」
          \|、    /ヽ     |/
                 `   、 二 .. .´
        r 、  ,. -r-{ノ,   {‐- 、_  , 、
        |. } /{  { V    }   } }、{. |
        |. |/   、 ヽ V⌒ ∨ / /  |. |
        /⌒V^V   \  |: : : : |  /  {^V⌒ヽ
        |、_〉_} !     ト |: : : : | /!   ノ {_〈 { ∧
       lノ ノ ノ    j |: : : :| j   {  ヽ V  }





                 ___
                ´    ` ̄`丶、
             /     _         \
             _      `\      ヽ
           / /         ヽ      '、
             / /    {   |\       ヽ  i
          ′     ,'|  |  ヽ\│    :|  |
            /     | / |l  i| 七ト-│ }  :| ,′
        /イ  |  N-八__リ  '弋| /   i /    「……ゴメン。ボク、少し変わってるから……」
         | l  |ハ_|{代心    ''' |     八
         |八   i\`´  ,    レ|  :/⌒
         ∨ ' 、   ヽ   、-,  |  厂^>
.               ヽ   个ト  ..__ イ|  ∧_/
               }    |'V⌒ハ  /| ん' >‐ 、
               |人  |人  ┴〈  ∨ムイ   ヽ
                   ∧│    _人 |::::::::|     '.
              / Vト、    /∨ ::::::|     '.




191 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:12:16 ID:vcYL98DM

               |\_  ̄ト、ー―-、
         _____> \| L___|
         >_____    ___ <
        l/        ヽ /    \!ゝ
       /      /ミヽ Vr勿\   \ヾ
     //  >-―┴┴- ∠.:\lVVV\\
    ∠/  /            ヽ   ゝ 》
    /:/: . : /: . : . : . : . : . : . : . : . : . : .. :ヽ: . :}: | ノ
   /:/|: . /: . : . : . : . :/: . : . : . : . :  .   ',:.:| :∧
   |/ :|: /: . : .:/: . : . ハ:: . : . : . : . : . :  .  ', |'  |
    j:/!: . : .,': . : .:/: .|: . : .// /レ'|i ト、|: . N  l
     ハl   l i.〃  __\ |. , _´_ \ヽ l i |.| l l|
     ヽ!  ハ 〃_,r==ミ ヽ!  r==、 ∠ l l !.| l |    「アハハッ……『少し』じゃなくて、『とても』だよー」
      i Y/   Y               / 》 ///i | |
       | l !  .ハ ´´   _ '_  ´´ イ/ ./レ'| ト、|
      ハ~、ゝ>.、  Y  ソ   ∠//レヘ トヽハノ
        レk レ  `>.- _ 一´ム ム/r
           ,/ ̄`> -- ' _ ´ム ム/  、
          /l ヽ` \ー 、.   イf´┐Y  ヽ
        /  \ \i> ー ´く 、`ヽ  }   }
       /  / ̄/7へ、 : : : : : v〉   ノ   i
.      /   .{    ^、} : : : : :/    //   !
.      /   f::.\    ヽ : : :」ー―‐く/    |





    〃!            /   |__        |
    i |_|」 _      |    ,厶-‐( ` ー-=ニ、   |
    |´「八{    | | , ´〃 ̄ ̄`ヽ‐- 、   \  |
  八| ,.ニ ミト 、ハ| j '-‐' -‐=    \ \, -‐ 、|
  | く(´ん心ヾ   .′ xf云心ミメ、  ヽ /   _ \
  |   弋::ツ    l    ん:::::):}  )::>  }/  /   ` ヽ     「……そんなに、変わってる?」
  八           '.  弋)つツ '"  ,' } /  , -、  ヽ
    \          .    `゚゛      / しj   /´ ̄ ,  \
   ト \      ′ \       .イ / しノ  ,-‐く    |
   ト、              >‐-= =-‐ ´   |_ノ\    ├- 、
   | \     (::::)  (____ . _     ´        |ニニ\
   |   l丶.           .イ /   `ヽ          |ニニ二\
   ∨ハ|   丶        <〃/     /`¨广^ヽ、     |ニニニ二ヽ
    ヽ.|    ` ー=≦  |/ /     /l/`ヽ/ニニニニ}`   ├ニニニ二}

       ┌───────────────────┐
       │そう言ってノエルは、                .
       │本当に不思議そうに首をひねりました。     │
       └───────────────────┘

   ┌────────────────────┐
   │どうやら、本当に天然な人は、          ...
   │自分を天然だなんて思わないという説は、   ...
   │あながち間違ってはいなかったようです。   .....
   └────────────────────┘



192 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:12:30 ID:vcYL98DM

          |\_  ̄ト、ー―-、
          _____> \| L___|
          >_____    ___ <
           l/        ヽ /    \!ゝ
        /      /ミヽ Vr勿\   \ヾ
       //  >-―┴┴- ∠.:\lVVV\\
     ∠/  /            ヽ   ゝ 》
     /:/: . : /: . : . : . : . : . : . : . : . : . : .. :ヽ: . :}: | ノ
     /:/|: . /: . : . : . : . :/: . : . : . : . :  .   ',:.:| :∧
      |/ :|: /: . : .:/: . : . ハ:: . : . : . : . : . :  .  ', |'  |    「うんうん、変わってる変わってるって――
     j:/!: . : .,': . : .:/: .|: . : .// /レ'|i ト、|: . N  l     あっ、もうこんな時間かぁ……」
      ハl   l i.〃____\ |. , _´___\ヽ l i |.| l l|
      ヽ!  ハ 〃 ゞ-:::ノ ヽ!  ゞ-;;ノ 〉 l l !.| l |
   __    i Y/   Y    ̄         ̄  / 》 ///i |. |   「それじゃあ私、そろそろ帰るね」
   i ヽ  .| l !  .ハ ´´    `   ´´ イ/ ./レ'| .i ト、|
   ヽ ヽ .ハ~、ゝ>.、    ―    ∠/ //レヘ トヽハノ
    ヽ .ヽ,_r 、,、、  --`>ァ   ´ム ム/r 、   
     ノr'^ヽr‐、_,-'ヽ: ヽ'' ~     ~-y/ ヽ_
     i ー‐、冫-i 、 ヽ: ヽ_      /:/   ヽ
     | -ーv'  ト 、  丶 ヽ _: -_/: /    ノ,ヽ
     ゝ --' ノ: ヽヽ、   ~ ヽ:ヽ^:./  _ - ~/: :i
     |ヽ   ./:i: :.',  ` ー -''- `' -- '- - ' ~ /: : : i
     | :|   .i:.ノ: : :',             i ./: : : : :i





                 ___
                ´    ` ̄`丶、
             /     _         \
             _      `\      ヽ
           / /         ヽ      '、
             / /    {   |\       ヽ  i
          ′     ,'|  |  ヽ\│    :|  |     「あっ……じゃあ、ボクも帰ろうかな」
            /     | / |l  i| 七ト-│ }  :| ,′
        /イ  |  N-八__リ  '弋| /   i /
         | l  |ハ_|{代心    ''' |     八    「たまには家に帰って、
         |八   i\`´  ,    レ|  :/⌒    食料とかお小遣いとか、色々調達しないといけないし」
         ∨ ' 、   ヽ   、-,  |  厂^>
.               ヽ   个ト  ..__ イ|  ∧_/
               }    |'V⌒ハ  /| ん' >‐ 、
               |人  |人  ┴〈  ∨ムイ   ヽ
                   ∧│    _人 |::::::::|     '.
              / Vト、    /∨ ::::::|     '.




193 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:12:41 ID:vcYL98DM

                |\_  ̄ト、ー―-、
          _____> \| L___|
          >_____    ___ <
           l/        ヽ /    \!ゝ
        /      /ミヽ Vr勿\   \ヾ
       //  >-―┴┴- ∠.:\lVVV\\
     ∠/  /            ヽ   ゝ 》
     /:/: . : /: . : . : . : . : . : . : . : . : . : .. :ヽ: . :}: | ノ
     /:/|: . /: . : . : . : . :/: . : . : . : . :  .   ',:.:| :∧
      |/ :|: /: . : .:/: . : . ハ:: . : . : . : . : . :  .  ', |'  |
     j:/!: . : .,': . : .:/: .|: . : .// /レ'|i ト、|: . N  l
      ハl   l i.〃  __\ |. , _´_ \ヽ l i |.| l l|
      ヽ!  ハ 〃_,r==ミ ヽ!  r==、  l l !.| l |    「へぇ、そうなんだ。それじゃあ、途中まで一緒に帰ろっか」
   __    i Y/   Y               / 》 ///i |. |
   i ヽ  .| l !  .ハ ´´    _'_  ´´ イ/ ./レ'| .i ト、|
   ヽ ヽ .ハ~、ゝ>.、   {´ ソ   ∠/ //レヘ トヽハノ
    ヽ .ヽ,_r 、,、、  --`>ァ ` _´ ´ム ム/r 、   
     ノr'^ヽr‐、_,-'ヽ: ヽ'' ~     ~-y/ ヽ_
     i ー‐、冫-i 、 ヽ: ヽ_      /:/   ヽ
     | -ーv'  ト 、  丶 ヽ _: -_/: /    ノ,ヽ
     ゝ --' ノ: ヽヽ、   ~ ヽ:ヽ^:./  _ - ~/: :i
     |ヽ   ./:i: :.',  ` ー -''- `' -- '- - ' ~ /: : : i
     | :|   .i:.ノ: : :',             i ./: : : : :i





            /   /                :.
          '   /    /             ハ
         i   '    /l     l   ト.       l }
         l    ハ-/‐l ,   |、 」_!  ,     | /
         八  ∨ j⌒ .|ハ.   | ヽハlヽ/    //
          ヽ ハ ヾヒテ' \|`ヒテ>ハ    /, |     「……うん、分かった」
           |  ゝ :::::      ::::: 厶イ  /∧|
           |  ∧    ′     ._, l  '/
             И  ト.  ` ´   .イ/: l /
           , -‐ヘ.  |l `≧=-<__|_厶  ∧
        /> 、 ヽ|`丶、    / / ∧厶ヽ
       /⌒′  \      ー=≠\^ イく/ \>、
.      /         丶 、      /ヽ  }    }∧
      { \         |` ーr‐ ´   | \!   / }

    ┌─────────────────────────┐
    │当たり前の様に、『一緒に帰る』ことを選んだ二人。    ......
    │まさかノエルとこの様な自然な友人関係を作れるとは、  .....
    │数週間前のない子さんには、夢にも思いませんでした。  ....
    └─────────────────────────┘



194 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:12:51 ID:vcYL98DM



─────────────────────────────────
         | :|  i::::         /// /       /:::::./
         ヽ∧ i:::i   '           / /     /:::::イ
           \八   、__    u  //|     .:::::八{
                |  ヽ    `¨´ .   ´  |    /∧{
                |    \        イ  |   ://
                | ∧  个:::--r ´    |  .:/|:|\
                l/ ハ   |厶-ハ_,/⌒Yレ| ::| jノ  }     (……「一緒に帰ろう」、かぁ――)
                j_/   ⌒/〈  / | | ∧  〈
              〈     /  人_ノ,,人 ∨  \. \
.               _人  __,/   ノ ̄ /⌒⌒\〉  \      ┌───────────────────────┐
           / ー‐'´   /  / _/______ \  ノ     │もっともそれは、ノエルの方も、また同じでしたが。  .....
             〈       /{__/ /::::::::::::::::::::::::::::::: ̄\{     └───────────────────────┘
             >           /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
─────────────────────────────────




195 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:13:03 ID:vcYL98DM


::::::::::::::::ヽ,ヽ,ヽ,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::ヽヽヽ,:::::::::::::::::::::::::::::::/     l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::| |_ri_ri_ri_,:::::::::::::::::::::: '、::::::::::::,r'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
ゝ:::::::::::::| r―,―,―',::::::::::::::::::::::::::~"''"~:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::':、::::::::::| |:::::::::ヽ,ヽ,,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::\:::::| |:::::::::::::ヽヽ ,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::\| |::::::::::::::::l l' 、,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::| |' ::::::::::::l l ヽ,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::| |:::::::~"'-l l:::::ll::::::::::::::::::::i"~| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|::::::::::::::::::::::
 ̄ ̄l゙"'i| |/\:::::l l"-llヽll::::::::::::::l l"l ロ ロ ロ  |-‐'""'‐-、_
 ロ .| . l| |――i::::l l::::::ll::::ll:::::::::::::l l .l        .|―――┬'
   | . l| | []  l:::::l l:::::ll::::ll-:::::::::::l l_,l ロ ロ ロ  | ロ ロ.|
:~ ̄ ̄ ̄| | ̄ ̄ ̄l l/ :::::::::::  \|______|__[],,,,|_
:,,   ,,  | |  ,, / ::::::::::::::::::::    '、――――――――――
 ,,,  ,,  | | ,, /  :::::::::::::::::::::::    \:
       | | /                   \






196 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:13:14 ID:vcYL98DM


        ...::´  /             ∨|!    /  丶、 \
      ,..:'     /   .、        川    |    ヽ ̄
    ー=彡'  .'、\\    `ヽ   !     ハ    !   .| }
.       ,'   .i.i.|. \\\  !  ト、     } ノ   {   ト、!
     i    川   \\\}  !ミミト、  // ..  !  .}   /
      |   i , |.|     .斗-┼ !ミミト、  >、 .  i  人  .―
      |   |.i i |   ´ ,,,r=≠i|  ト、ミY´`ヽ / Y´\ ゝ   .\
     !   |リ リ   .〃弋::::ソi  | !i {、. リ '  /  ,{ ヾ
      |   |fトミ      " || リ r'./ i  /  人 ト、
.      ノ人川弋リ)       .! i    ,,イ / /  / |/ `     「――んっ……?」
    /´ .从ハ  ヽ        ヽ|  ∧ ハ从 /  ′
         ヘ.             ./ /  / ∨
         ノ\   ̄     /.-‐ "´ ̄ ̄ ̄ ̄}
       i'' ̄ ̄`ミト.、   ..イ ´              |
       |三三>.  ` <´ _ _ ..-‐≠三三三三三{
       トニ三三ニ>..、   ` <三三三三三三ニ!
.         ノト.、`ヽ三三三>..、  ` ー=≠ニニニニゝ---、
       !/::::::::ト、 `゙<三三三三二二ニニニニニニニミ \
        |',:::::::::i´ \   `<三三三三三三三三三三三ニミ、 \
        |::V::::::!___..ノ>、____________`ヾ三三ミ、 \
        |::::V/  /::::| /::::::|   ∨::::::::::::::::::/::::/:::`ヽ.\三ニヽ \


           ┌───────────────┐
           │帰り道の中途、ない子さんは、    │
           │ふとどこからかの視線を感じ、   ..
           │思わず立ち止まりました。       .
           └───────────────┘


             _, -‐‐-
           .   ´〃      `  、
       /                  \
     /     ‐-            ヽ
.     / /         `ヽ         ヽ
    / /           ヽ          ハ
   ,       |    、              |
    i      |    | \  }           j
    |       |    |'´ 八jハ        ,
   l     |、_ト .__,从ィ笊ラハ{          /
   ',  \Nァ=ミ、   ノ Vソ |  /    〃
        ⌒ Vソ         | '      /(
    ヽ  }ハ   、       ノイ    ∧    「どうしたの、ない子さん?」
       \  }ト、   _     |    ,
        \ 个ト .      .イ |     {
          i  l | N≧ 爪   |  ∧ハ
          l∧  |___ ノ}  ハ '   \
         ノ ハ |    ,     }     \
         / lハ|       ___       ヽ




197 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:13:24 ID:vcYL98DM

              .     ,イ
                . / .l
          、..,,_,,..、 .{  .', .,⊿´
           `'<__,.ィiヽ!   Y .i'>=.,
           ,.ィ" _,〃---'゙ミ=、ヘ,_`'=.,
          / ,イ´ /     ', `㍉.',ベ=ヘ、
         ,∠/            ',}.ヽ,ヘ .)
        〆'   ,' .,' ,'   ', . ', .!  ', ',
        ./,' ,' l  l ,'    ', ',. ', .', . ', ',    「いや、誰かがこっちをじーっと見てる気がしたんだけど……」
        /.,'  l .l  .! ,'    i l .l ',.! .',  l ',
        ,' .l  ! .',  l !   . l!.l. l, lソ . ! i ',、',
      . l.i l .,  .i, l, ',l,     ,'l l,'ソⅥ l  l l.',Nヽ   「……気のせいだったのかな?」
   .     |.|从!  」,Lエ、 ',.',   .,'T丁T‐! l .l l .l.} `ヽ、
.         Ⅳl l',  .l _,V,,,_ヾ\,ノ ,=f乍┐ / /,',' !l
      . l| .ll 'ト, .',". 込} `    Vソ, / /.,'.,' .リ,
         l! .',ヘ'、 ''¨  、   ¨´ノ,イ ,' ,' ./ ヘ
           ', l >._   __  u ィ",' ,'./X ∠~''=、
            'l .lヽヽT= ....' .i' ,'l ///: 〉’ : : : : : ゙',
           ,=',.l‐ヘヘ|、    l ,' l,'〃: : / : : : : : : : : ',
          /: : :',!: : l ,,_   ,,... /: : : : : :.{.; : : : : : : : : :',
          ,': : : : : : :.ヘ、   ./: : : : : : : : ゙l : : : : : : : : :',
            l : : : :,': : : : :`l==r": : : : : :.l : : ヽ; : : : : : : : :',





            /   /                :.
          '   /    /             ハ
         i   '    /l     l   ト.       l }
         l    ハ-/‐l ,   |、 」_!  ,     | /
         八  ∨ jノ .|ハ.   | ヽハlヽ/    //      「……もしかしたら、気のせいじゃないかもしれない」
          ヽ ハ ヾヒテ' \|`ヒテ>ハ    /, |
           |  ゝ :::::      ::::: 厶イ  /∧|
           |  ∧    ′   u  _, l  '/     「だってない子さん、ボクなんかと違って、
             И  ト.   c     .イ/: l /        とっても可愛いから、変な人とかに……」
           , -‐ヘ.  |l `≧=-<__|_厶  ∧
        /> 、 ヽ|`丶、    / / ∧厶ヽ
       /⌒′  \      ー=≠\^ イく/ \>、
.      /         丶 、      /ヽ  }    }∧
      { \         |` ーr‐ ´   | \!   / }




198 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:13:34 ID:vcYL98DM


             !/ /     .ヘヽV」∠ヽ.   \\\
          __ノ/ .. - 、 ̄ ≠‐ - :.:`ヽへ  \\}       ,ィ
            フ  /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ:.:V| !   V {   / '--ァ
          ///: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :Ⅵリ : : : : : :、  ヘ   '-ァ
   .       i//: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ∨ハ: : i: : 、: \  ヘ=-┴
          /:: : : : ::| │: : : : : : : :ヽ: : : : |: : : : | ∨} : }: : :厂`
            |: : |: : :/|: :|: : : : : ヽ│: | : : : |: : : : レレ∨}:j!: : ト、
            |: : |: : l:八:|: : : : : : :ト|、:|\ : | : : : :}∨j/: :j!: : :レ   「……ちょっ!?
           |: :i|: : |  人: : |: : 八|∨ ̄| ∧: : : ル─く/V⌒ヽ    そ、そ、そんな事ないよっ……!」
           |: :i|: : |/ _\|: /  ィうi心、 |: : //⌒Y}:厂! !
          厶八.:ハ. xぅ心|/     VJソ 〉|: ∧し///.:|!ノ| {
           |: :\∧ヽVソ  u        (|/\\イ : :ハ∧ゝ    「そ、そっ、それに! 可愛いのは、寒凪さっ――」
           |/∨/ // ) ,     (\ ヽ ',ヽV N
               〈/ {∨ /xx      xxヽ丶 | | | |八
              {  |/ 〈、  ‐-―   } j_| l | |\
                   j  } >   _,.. ィノ `  ` }  〉ー---――-、
                 丶、 '⌒丶  ∨|く/     / /     /
              /{ ̄\     \ マ7     u  / /     /    |


     ┌───────────────────┐
     │突然ノエルから褒められたので、        .
     │ない子さんは照れまくってしまいました。    .
     │どうやらない子さんは、あまり人から       │
     │褒められるのには慣れていないようです。   │
     └───────────────────┘


             /      /      \
                  /     ヽ    ヽ
           /  /    |   /   ハ    '、
                 ,′   /  /∨  j∧   ハ
           {  {    {/l/⌒|   厂Lj V
.             ∨      代)::ア  ̄ イ):ア リ  l |   「……どうしたの、ない子さん?」
              } 八.   八| 、、、     / 八|
           ノヘ::::::..   |\    '  ,′,′
              ヽハ.  |、     ‐  ノ /      「なんでそんなに、慌ててるの?」
                イ::::} :|: > ,_  <|:: リ
              厂V{ ト、   { ノY^|::人
               /⌒  ∨  ̄ ̄ 人_|/_>
           /(>┬-、 `ー─=彡  〉`ヽ
          /⌒\/  \        /  }ハ
            /    ヽ    }\_roイ  }   ',




199 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:13:44 ID:vcYL98DM


         _...〟.-∠≠ニ二ニ≧=<´  ヘ.     ', ヘ\ヽ.
       /    ´、_, '⌒`^  、 \::\ } l     ヽヘ ヽ}
      /              丶\::V| |      Vl
    /                 `Vヽl |      ヽ ' .
   /                    | Ⅵ/,       ヽ.\
  /         /        〉   |  ∨ヘ.      ト、 \_
  |     /|    |         :|   |   ∨i    、   |
  |    / |    :|  :| |  :|    |   |    l :|   |  l
  |    |  |    :|  :| |  :|    |  : |    :|/   ハ.  ト、
   |  |ヽ|  |    :| : | ::|  :|    |  : |    /    / l/⌒ヽ
    | .| _| ̄`\  |  :| |  :|\  :|  ::|   ∧.   ,'  ´
   ノ  :|| i`ヽ、 ヽ::|  | ´ ̄` \|  :| / | :| {
  //|:|  |::::::::|  ヾ  /´|´` ̄ ̄| |  :|'´`i:jノ :| |
  ,'.  |:| 弋_ノ  u ' 弋:::::::::::::ノ.|  :|  /.:::| ハ ',     「……いや、なんでもないよ。
 ノ   |:\///  ,     `‐‐‐ ' |  |_/  / / ヽ_>   ちょっと驚いただけ……」
     | :/\       //////  :|  : //
     |: /  |`.. 、 _`__ /_//|  :|  :ハ
    //    |    : ヽ/    / |  |  :i
    ハ    |   /`ヽ、   /  /:/ |  :|
           | /    \   // 人 :|    ヘ
          |: |       ヽハ /|\ヽ   ノ
         ハ:|       ヽ/  |  

   ┌──────────────────┐
   │何故か焦ってる自分とは対照的に、     │
   │いつも通りのんびりと冷静なノエルを     .
   │見てたら、少し落ち着きました。        .
   └──────────────────┘

       ┌────────────────┐
       │きっとあのノエルの事です、     ......
       │特に何の気もなしに言ったのでしょう。.
       │ない子さんは、そう解釈しました。    .
       └────────────────┘



200 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:13:57 ID:vcYL98DM



       ┌─────────────────────┐
       │結局「見られたかもしれない」という話は、     ..
       │ない子さんが必要以上に照れてしまったので   ..
       │曖昧な結論のまま終わってしまいました。    ......
       └─────────────────────┘


       ________________
      ./ / / / / / / / / / / / / /ヽ
     / / / / / / / / / / / / / /`、 ヽ
    ./ / / / / / / / / / / / / /=== 、ヽ
    /__./__/ / / / / / / / / / / /_____ヽ
   |=ら .G| ̄ノ ̄ ̄ ̄|ノ ̄ ̄ ̄|  ノ ̄ ̄ ̄|| ||  .|
   |= ∫  =:| ノ___.ノ___.ノノ___ノ  | ||     |
   |= め 郎.:| ||                     | ||  .|
   |=ん =:|  ||                 ∧ ∧     | ||  .|
   ~~~~~~~ | ||  lVVVVl ==┻== (゚Д゚,,) .| ||  .|
         | ||  |____| | ̄ ̄| (| .G. |)  | ||  .|
       ┌┴──(    .)\≠/‐┴―┴┴┴┬┴┐
     ┌┴―──/^⌒^ヽつ─────――┬┘  |
     └─┬─‐/___ゝ ────――┬┴―┬┘
         |   | ̄ ̄|_)     | ̄ ̄|      |    |
         |   | ̄ ̄|    | ̄ ̄|      |    |
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



201 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:14:07 ID:vcYL98DM


      /\ヘヘハ/ヽ、
    /  , ヘ _/ヽヽヽ
   //  //^´ ̄`^\\ ゝ
  _,//  〃 ,  ,    、 \ヽ、
  ,ノイ| l/ //ハ|  l | ハ|   lハ|`     「んー……65点、って所かな。
   小|  l/ナ弋  |.lナナ| l |         寒凪さんの方はどんな感じ?」
    l从 |( ●)\(● )|,ルリ
   ノハ小 ゝ  __  イ|./
      //> -.||||-イi
       {{〃」:^^||||=(⌒.)  f´ ̄ ̄ ̄`ヽ
      /:::::::::||||:::::::\.\ |ズルズル… .|
      /:::::::::| ̄ ̄ ̄:l.:l  〉廴___ ノ
     |:::::::/⊃回回丿:|. ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l二二l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


        ┌───────────────────────────┐
        │そして、ふと目に止まった屋台にぶらりと立ち寄り、        ..
        │値段相応の大して旨くもないラーメンをノエルと肩を並べて     .
        │すすっている時にはもう、完全に記憶の隅に追いやられて   .....
        │いた様な、些細な話――の筈でした。               ......
        └───────────────────────────┘


    〃!            /   |__        |
    i |_|」 _      |    ,厶-‐( ` ー-=ニ、   |
    |´「八{    | | , ´〃 ̄ ̄`ヽ‐- 、   \  |
  八| ,.ニ ミト 、ハ| j '-‐' -‐=    \ \, -‐ 、|
  | く(´ん心ヾ   .′ xf云心ミメ、  ヽ /   _ \     「……ミー、トゥーで」
  |   弋::ツ    l    ん:::::):}  )::>  }/  /   ` ヽ
  八           '.  弋)つツ '"  ,' } /  , -、  ヽ
    \          .    `゚゛      / しj   /´ ̄ ,  \
   ト \      ′ \       .イ / しノ  ,-‐く    |
   ト、              >‐-= =-‐ ´   |_ノ\    ├- 、
   | \     (::::)  (____ . _     ´        |ニニ\
   |   l丶.           .イ /   `ヽ          |ニニ二\
   ∨ハ|   丶        <〃/     /`¨广^ヽ、     |ニニニ二ヽ
    ヽ.|    ` ー=≦  |/ /     /l/`ヽ/ニニニニ}`   ├ニニニ二}




202 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:14:18 ID:vcYL98DM


      ┌────────────────────────┐
      │次の日、美樹さやかから電話がかかってきました。    .
      └────────────────────────┘


         / ..................................j...................|.............ヽ
           ...........................'...........∧....i.............!ヽ................
         /............................{ ......,'/  ';..i...j....... ! Y .|........个=-
.         ' ...............::::::.........',......jトミ、 v∧!......|  !.∧........ト、
       | ,...../.....::/::..........∧yf=x `j´八.....ト、j斗七...ィ.l
        j.j ::;'......:/::::..........jイi;;id      \!,ィfかル'.....
      ノイ:.:j:....::'::::/...........|込リ          トv;} /::j... |
          |::::!::...:|:/:::........|..|         、 .`" {:::::!....|   「……ねぇ、ない子ー。昨日御坂さんから、
         !:/ :::::/:、::........八            .j:::::!....|   ない子が寒凪と歩いてた、ってメールが来たんだけど、
          |八::::{:::::ヽ::.......ト-       __     イ::::::.....'    それって本当?」
         }ノjVヽ、:.......ヽ、`r-「 l/,ィj^<_:::::jノ!:::::....'
           ,.ィ ⌒ ヽ.....>ミ{      r-、ゞ/ノ:j:::/
              j      ゞ「 ゝ、    ヽ::/ j//
             {    ::::..._ }  ....>- 、  Yヽ'_
.             .,'l   ヽ::::::〉 ̄ }...::::{`ー―-イ {.、
.          イ         'ヽ/|     ∥ |: ヽ
          .(....-ー::―::....-..............У     || j....:::)


                            _|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━|口|
                                |田|━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                             ̄


           ,. ´    _ _≧x、  ヽ
            / ⌒ ⌒    \ /ヘヽV」∠ヽ.   \ \
       /  .       \   \   マミ=∨}  }  厂`
.        / //   ,     |   ヽ   '.  / Vハ`ヽへ\\}
       / //  ./l  |  ! |  ヽ,  i   i / / || |Ⅵリ  厂`
.      /〃:!  ハ||  l\|lヘlLA:A}.l   |/ /  ,リソハi  、 \
     |l| | l_l!/||.´ || |l 、l「_⊥ | l   | /  /:|∨} }  厂`
     |l| | N| lハ || リーチィて::ルT | i  ./ l/j} j! ト、
      v{ Nfト,ト,≧、 ´ ヾ:斗.リ| l| | ト、 / j/ j!  レ
     |ヘ {  代:z〉    ´    リ' .ハ } ハ /V⌒ヽ
     | ∧ヘ  ハ´ `     u / /ノノ / レ'
     //  v  .i..ト.   っ   // ////         「えっ……? 私が……寒凪さんと……?」
.    //   }!  }`  `7ヲ.´ 7/ /  //|
   〃_r≦二ヽ.jリ} .//   〃リ/〃//| |
    |! .リ  ァヘ. }7|//   /' //l |! /厶| |
    | /{   ィ }イ j〃ヽ   _,/イ-|从{{廴≫x--、
    r{.∧_〈.ノ/ .//    /   〃 Yリ´ /  {
    } \// {{ ∧/イ、\       〃 〃/ヽ   '、
   ノ     ̄ /f 〃/o〉二二二.≫イ    }    }
  {      / .{\{ {o/⌒}}'⌒V´ }__,≧ー~一〈
  {     ハ {\.ンf、__,〃_/ '´   _,.----、〉
  ヽ    // 入イハ〉、__{     /       /

    ┌──────────────────────────┐
    │彼女の若干ない子さんを咎めている口調から察するに、     │
    │どうやら、あまり良い事だとは思われていないようです。     │
    └──────────────────────────┘



203 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:14:28 ID:vcYL98DM



                       ___
              . : : ´: : : : : :`マ: .、
             /: : : : : : : : : : : : : \:\
             .: : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: \
            /: : : : : : ! : : : : : : : : : : :!: !: 〈∨ ヽ
          ,: : : : : : : i: : : |: : : : : |: : |: |、: :. ∨:∧
            i: : : : : i : |: : : |: : : : : |: : |: | ヽ:レ '.: ∧
            |: : : : : | : |: : : |: : i: i: |: : |: |  〉 __ .i: :i
            i : : {___j.: :|: i : |: : |: |: Lヽ!: !  爪`}〈从
            |: : : : : | : |: i : i: 斗:从!__ !/  .{ヒソ 〈
            |: : : : : | : i从: : i: :! x爪^     、_   !
            |: : : : : | 八r‐v i: :!{{乂.j       {  /
            |: : : : : |': :∧{`\i!         , ′
            |: : i : : | : : : \j〉__、      /
            |: : i : : |: i: |: : |:|     ≧=-  - '′    ┌─────────────────────────┐
            |: : i : : |: i: |: : |:|\     i)、         │ちなみに御坂さんとは、その名を御坂美琴と言い、        │
            |八|: i: |: i: |: : |:|、  `'ー '  \      .│美樹さやかの友人ではありますが、同じく美樹さやかの  ....
.             i从 |: i: i: : 八\ __    -ヘ        │友人であるない子さんの友人ではありません。       .....
          「\r┤: | ∧i    /   ___  '.      │つまりは、友達の友達という訳です。             .....
          ノ   ` |从{     ./   /   `ヽ.   └─────────────────────────┘
         {   /j  |    ;  .′     }〉,
         ヽ  /   ,∧     |  ,  /   ` 〉 ′
          i {     /〉     { /      /'i  }
          |  〉.  '/∧   〉i          |  i
          i .′、  //∧   |          |  |
          | {   `'7 'ヘ   }/      ,ハ. |
            、    ./    ∨/       | 
           \___,/      }  j           ! !
                       ∧ ∧       | ヽ
                        { /          |   .〉
                  ∧ `'ー 、__    -≦  ∧
                  } \  |    |   / .!
                  /`    |    |  /  |\
                    〉       |    |     ノ  }
                 /'∧     |    |    /  ,〈
                   ////,\   |    |=ニ    /,∧

     ┌──────────────────────────────────┐
     │グループ同士での食事や遊びの際に何度か一緒になった事はありますが、    │
     │美樹さやか、若しくはノエルの様に、二人きりでは絶対に会わないであろう、    │
     │ビミョーな距離感の知り合いだったりします。                       .
     └──────────────────────────────────┘



204 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:14:42 ID:vcYL98DM


     ┌──────────────────────────┐
     │そういえば彼女の家は、あの視線を感じた場所の近くだと  ....
     │聞いた事があるようなないような気もしましたが、         │
     │ない子さんははっきりと思い出す事が出来ませんでした。    │
     └──────────────────────────┘

                 ヽヘ      \       \ヾヾヾl | | l|∥//
                     \\,     ヽ     ミミミ   
       |              V∧     Vヽ,  ヽミミ, 
  /   │       !          V|ヾ      ゝ  二ニ 
 .  !  │    │  |    ヽ:      ヽハ      \三≡.   (……あっちゃー……ちょいとマズったなぁ……)
  | ∧ ハ   .│   |    ハ     ヾゝ::.:.:.:.:.:.  ヽ ≡≡ 
  ::, -┴ 、   ::/l  :::ト、    ::l    ..:::Nl :.:.:.:.:.ヽ:.:. | 三≡.
∠´     ヽ ::__:i l  :::l `、   :l    .:::::j:::.:.:.:.:.:.ハ:. , 二ニ   (スパロボで例えるなら、精神ポイントを使い切って
    ̄`~ヽ `y l l :∧:l__ `、 .::l ::::::::::::___:j:::.:.:.:.:.:! j/  彡    .敵を倒した直後に増援が現れた感じ……)
  ヽ、    l/ /| -V ̄ヽ   W| ::::「二ヽ|.:.:.:.リ V    . 彡 
、   l   /イ´:::! _______ | :::|┌j l.:.:.:/      〃/
_ \. L/ /!::::::| ' ̄|「::::::::::|「 〉 | :::|/// .:(         ∥/l |l l |ヽヾヽ
i ノ`'´  ∧ ヽ::|   ̄ ̄ ̄ ´ l ::::| / :.:ゝ\
二__ __ ,イ /  `      u   } ::::|く´  :.| `ー
 || |「 |l |  r、         ,ィ :::::| ヽ jノ

     ┌─────────────────────────┐
     │これは、ない子さんの記憶力が悪いという訳ではなく、     │
     │単にその程度の関係だ、という事なのです。         ...
     └─────────────────────────┘

.

205 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:14:53 ID:vcYL98DM


          !/ /     .ヘヽV」∠ヽ.   \\\
       __ノ/ .. - 、 ̄ ≠‐ - :.:`ヽへ  \\}
         フ  /             `ヽ:.:V| !   V {
       ///                   Ⅵリ     :、
.       i//                   ∨ハ  i 、 \
       /  ./   /     !   !  、     ∨}  }  厂`
      . |  ./   /     !    !  ト、    ∨} j! ト、
      |  :i   ハi   .|  ! :|   V     j/ j!  レ
       |  :l: :/_ V|∧ _|:_|__|    l    :ハ /V⌒ヽ
        | : : | : : f _,}N_ ⅤN∨__}N__}N.   |-、! ! ! |
        |: : ∧: l:|f下ィタヽ Ⅵィ卞ィタ厂}|   |rj j!ノ|{    「……うん、本当だよ。たまたま会ったから、
        Ⅴ:lヽⅥ|   ̄   '    ̄´  |   |ノ .!ハ∧ゝ    ちょっと話しただけなんだけどね……」
        ヾ、 \         u  ,i  /: :/
         \/|: >  . _´`__  イ:/: : 厶i/
           _レ> '  /}      }f: : /  ||\
          /´    .|: :`ー一: :´:|: /   ,リ   ヽ
            /  Ⅴ  ハ: : : : : : ;/Ⅳ、 /     ハ
         /   }:    ` ̄ ̄   |{  \ / /   !
        「{   Y´              }//    }、
         ハ \ f               i/     {

                            _|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━|口|
                                |田|━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


     ┌────────────────────────────┐
     │ない子さん、自他共に認める嘘が苦手なタイプなので、      ......
     │適当にごまかすのはせずに、ノエルといた事は認めました。    ...
     │もっとも、理由に関してはさすがにぼかさせてもらいましたけど。   │
     └────────────────────────────┘

       ┌─────────────────────────┐
       │正直に真実を話すには、残念ながら美樹さやかという   ....
       │友人は、信用し辛いというのが正直な所だったり。       .
       └─────────────────────────┘

.

206 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:15:03 ID:vcYL98DM


 ,': : |: : : : | : :/ェ≦㍉、 ヽ |: : : : /|: : : :/ : : |: : |: : |: : : : : : :|: : : :|
!: : ',: : : /| :/   7ハ ゙  |:: : :/ | ̄/下、 |: : |: ::|.: : : : : : :|: : : : |
,゙: : : ‘.: : i |/   /し/   |: : / |:/≦≡ミx、|: |: : : : : : : !.: : : :|
, λ: : : y.{     ゝノ    |: /   !/   ,r-、ヾ、 |: :|: : : : : : :|: : : |   「……ふーん、そうだったんだぁ」
./|: : : : / `         |/   j  ,vハ ∥ |: |: : : : : : : |≧≧|
 |: : : /       ′         /しヘ/   |/: : : : : : : :!≦≦|
 |: : : :、                    ゝ、ノ    /: : : , : : : : /≧≧i   「まっ、次からは気をつけた方がいいかもねー。
 |: : : : .、       、               /: : : ,': : : : /ー、: ,'    私はいいけどさぁ、他の子が誤解したらマズいじゃん?」
─━━━━━━t''丶              /: : : /: : : : /  ,'/:,'
 i: : : : : |  \   ヽ、            /: : : /: : : : / //:,'
 :: : : : : ハ   \                   /: : : /: : : : /___ノ /
 .: : : : : | ヽ   >   _      -  イ: : : /: : : : :/ : : : :/


                            _|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━|口|
                                |田|━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                             ̄


           ,. ´    _ _≧x、  ヽ
            / ⌒ ⌒    \ /ヘヽV」∠ヽ.   \ \
       /  .       \   \   マミ=∨}  }  厂`
.        / //   ,     |   ヽ   '.  / Vハ`ヽへ\\}
       / //  ./l  |  ! |  ヽ,  i   i / / || |Ⅵリ  厂`
.      /〃:!  ハ||  l\|lヘlLA:A}.l   |/ /  ,リソハi  、 \
     |l| | l_l!__||ノ || |l 、l「_⊥ | l   | /  /:|∨} }  厂`
     |l| | N| lハ || リーチィて::ルT | i  ./ l/j} j! ト、
      v{ Nfト,ト,≧、 ´ ヾ:斗.リ| l| | ト、 / j/ j!  レ
     |ヘ {  代:z〉    ´    リ' .ハ } ハ /V⌒ヽ   「う、うん、分かってるよ。 次からは気をつける……」
     | ∧ヘ  ハ´ ヽ _._   ./ /ノノ / レ'
     //  v  .i..ト.       // ////
.    //   }!  }`  `7ヲ.´ 7/ /  //|
   〃_r≦二ヽ.jリ} .//   〃リ/〃//| |
    |! .リ  ァヘ. }7|//   /' //l |! /厶| |
    | /{   ィ }イ j〃ヽ   _,/イ-|从{{廴≫x--、
    r{.∧_〈.ノ/ .//    /   〃 Yリ´ /  {
    } \// {{ ∧/イ、\       〃 〃/ヽ   '、
   ノ     ̄ /f 〃/o〉二二二.≫イ    }    }
  {      / .{\{ {o/⌒}}'⌒V´ }__,≧ー~一〈
  {     ハ {\.ンf、__,〃_/ '´   _,.----、〉
  ヽ    // 入イハ〉、__{     /       /

  ┌────────────────────────────────┐
  │ああ、そうでした。ない子さんはすっかり気にならなくなっていましたが、    │
  │ノエルの周囲からの評判は悪く、今の所イジメなどはないものの、      ....
  │何かきっかけでもあれば、すぐさま集団による意図的な排斥を        ....
  │されてもおかしくない立場に置かれてしまっていたのでした。          ..
  └────────────────────────────────┘

.

207 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:15:19 ID:vcYL98DM


             r-:´:::::::::::::::::::::::::`....
            /:!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`..
.             '::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          /::::::::{:::::::::::::::v:::::::::::y:::::::::j:::::: ハ
.           .:'/::::l::∧::::::ト:::__Vヘ::::'::::::::::::}⊃::::l
         /ィ::::::レ-‐V:::!\!`ヽY::::/:::::::jl⊃::::'
         l:::::::jテト ヽ! テぅxy:/:::::::/llll::::!::ト、
          '::::::::|{リ     lr'j  } :::::::/y'} ::::!::lヽ
           |::j:::::! ,     ¨   l::::::/f'ノ:::::::レ′
           レ V:j    _     l::::/r'::::::::lV
             V:> 、_`  .ィ:::/ノ/}/lノ    「本当に気をつけてよね? だってない子は良い人だから、
                Vレヘ/〉`:lll´ l/¨{         アイツに付きまとわれて迷惑してないか、マジで心配なんだよね……」
             「l´   lll  __` =-,r - 、
            /`'`'V⌒>‐<こ¨`7   ハ
          ′、 Y  イ」、   / /
            ノ  v レv'/=ヘ\ _ノ 〈   .ハ        ┌─────────────────────────┐
        ∥  /   //   :ヘ V   ヽ   ヘ         │と、美樹さやかは、心配という名の圧力をない子さんに   ..
.         〈,\::-{:::::.....V..::::::::....}/........:::::}--:/        │しっかりとかけてから、電話を切りました。           .
        /'`'`}`-v           /-‐ {       └─────────────────────────┘


                            _|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━|口|
                                |田|━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                             ̄



208 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:15:31 ID:vcYL98DM






                 ヽヘ      \         f´ ̄ ̄`ヽ
                     \\,     ヽ        | プツッ .|
       |              V∧     Vヽ,      廴__ ノ
  /   │       !          V|ヾ      ゝ
 .  !  │    │  |    ヽ:      ヽハ      \
  | ∧ ハ   .│   |    ハ     ヾゝ::.:.:.:.:.:.  ヽヘ
  ::, -┴ 、   ::/l  :::ト、    ::l    ..:::Nl :.:.:.:.:.ヽ:.:. |    「……むむむむむ……」
∠´     ヽ ::__:i l  :::l `、   :l    .:::::j:::.:.:.:.:.:.ハ:. ,
    ̄`~ヽ `y l l :∧:l__ `、 .::l ::::::::::::___:j:::.:.:.:.:.:! j/
  ヽ、    l/ /| -V ̄ヽ   W| ::::「二ヽ|.:.:.:.リ V     「……どっちかと言うと、私の方が付きまとってるんだけどなぁ……」
、   l   /イ´:::! _______ | :::|┌j l.:.:.:/
_ \. L/ /!::::::| ' ̄|「::::::::::|「 〉 | :::|/// .:(
i ノ`'´  ∧ ヽ::|   ̄ ̄ ̄ ´ l ::::| / :.:ゝ\
二__ __ ,イ /  `          } ::::|く´  :.| `ー
 || |「 |l |  r、       u .,ィ :::::| ヽ jノ

    ┌──────────────────────┐
    │美樹さやかとの通話を終えてから、           .
    │ない子さんは色々考えました。            ......
    │一体これから、どうするべきなのかという事を。   ...
    └──────────────────────┘



209 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:15:41 ID:vcYL98DM


      ┌──────────────────────┐
      │美樹さやかがない子さんに警告したかった事。     │
      └──────────────────────┘


  |:i: :|: : : : :| : : : : : : |: : : : :/: :/  |:|     l:.| ヽ: : : | ゛、: : | ヽ: : :|ヽ: : : :|: : : |: lヽ
  |:l: :|: : : : :|: : : : : : : |: : : :/: /  __|l__  l:|  l: : : | ヽ: :|_,...t- :| ヽ: : :| : : :|: | :|
  |:l: : |: : : : |: : : : : : :.|: : : :l: :/   !    ̄ ̄|  l: : : | T:':.| __ヽ: | ヽ: : :|: : :.|: |: {
  |:l: : |: : : : :l: : : : : : : l: : : : /  , ==_=ミ    |  ヽ |  l:.|r.=、`i: |  |: : l: : : |: |ヾ 、
  |:l: : |: : : : : |: : : : : : :ヽ: : :| ,/ //r`       l: |   V//,C !  |: :l: : : /: |
  |:A: : |: : : : :|: : : : : : : |、: :|  / ///゙|       l:|   ////|   ,/: :/: : :/:/
  リ ヾ: |、: : : ::l: : : : : : Vヾ :|  {π/,リ           i夂ク   /: :/: : :/:/
    l: |ヽ: : : :l: : : : : : :l| ヾ:|  弋,ソ             `´    /: /: : : /:/
    ヾ >: : : :lヽ: : : : : {               、        /: /: : : /:/
    /ヾ, ヽ: :ヽヽ: : : ::ヾ 、                    ,イ/:/: : : /:iヽ、
   /     \i___ヽ: : : :ヾ,ヽ\        , - -,     ,イ: : ///: : :/:′ l l
 /       ヽ;;;;;ヽ: : ヾ、 \ヾ ヽ、      ̄   ,イ リ |:/ / イ: :/    / |
/         ヽ;;;;;;ヽ: :ヽヾ  `ヽ、` -  _,  - ' ´ |;;|  / / / /:/     / .|
           ヽ;;;;;ヽ:ヽ ヽ     ー-,  r '´   .|;;|   / /ノ     /  /
        ヽ    ヽ;;;;;;ヽ\ \    ./ / /ー―-=L  /         /ゝ
         ヽ    ヽ;;;;;ヽ   , - 、_rー-<___     }  |_____,.-  ___,ノ /、
          ヽ    ヽ;;;;;;ヽ/    }   |       |  |      ̄   /  ヽ

     ┌─────────────────────┐
     │それを意訳すると、おそらく、            ....
     │「ノエルみたいな子とこのまま一緒にいると、     │
     │ない子だって同じ様な立場になっちゃうかも     │
     │しれないよ」、という事なのでしょう。            │
     └─────────────────────┘

         ┌───────────────────────┐
         │つまりは、ない子も集団から遠ざけられてしまう、   ....
         │あるいは遠ざけてしまう可能性がある事を       ....
         │警告している、という訳です。                │
         └───────────────────────┘



210 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:15:51 ID:vcYL98DM



             !/ /     .ヘヽV」∠ヽ.   \\\
          __ノ/ .. - 、 ̄ ≠‐ - :.:`ヽへ  \\}
            フ  /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ:.:V| !   V {
          ///: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :Ⅵリ : : : : : :、
   .       i//: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ∨ハ: : i: : 、: \
          /:: : : : ::| │: : : : : : : :ヽ: : : : |: : : : | ∨} : }: : :厂`
            |: : |: : :/|: :|: : : : : ヽ│: | : : : |: : : : レレ∨}:j!: : ト、
            |: : |: : l:八:|: : : : : : :ト|、:|\ : | : : : :}∨j/: :j!: : :レ
           |: :i|: : |  人: : |: : 八|∨ ̄| ∧: : : ル─く/V⌒ヽ    「……やっぱり、マズいのかなぁ……」
           |: :i|: : |/ _\|: /  ィうi心、 |: : //⌒Y}:厂! !
          厶八.:ハ. xぅ心|/     VJソ 〉|: ∧し///.:|!ノ| {
           |: :\∧ヽVソ           (|/\\イ : :ハ∧ゝ
           |/∨/ // ) ,     (\ ヽ ',ヽV N
               〈/ {∨ /       u.ヽ丶 | | | |八
              {  |/ 〈、  ‐-―   } j_| l | |\
                   j  } >   _,.. ィノ `  ` }  〉ー---――-、
                 丶、 '⌒丶  ∨|く/     / /     /
              /{ ̄\     \ マ7        / /     /    |

      ┌──────────────────────┐
      │生憎とない子さんは、ノエルの様にマイペースを   .
      │貫き通せる程、強くも図太くもありません。       .
      │                                │
      │故に、何としてもノエルの様な境遇に           │
      │陥る事は避けなければいけません、本来は。    ...
      └──────────────────────┘

.

211 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:16:01 ID:vcYL98DM


      ┌─────────────────────┐
      │でも、今更ノエルとの付き合いを止める事は、   │
      │ない子さんには出来そうにありませんでした。   .
      └─────────────────────┘

     /.. .: : : : : : : : : : : : :|: : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: : : : : : : 丶
     ,′.: : : : : : : : : : : : :::|: : : : : : : : : : : : : : : : : : i}: : : : : : : :::.
 .  / . .: : : : : : : : : : : : : ::|: : : : : : : : : : : : : : : l : : i}: : : : : : : : :::.
    ′.: : : : : : l: : : : :/| : /|: : : : : : : : :|: : : : : :|: ::i}: : : : : : : : : ::i
  / . .: : : : : : ::! : : : :{ | / : : : : : : : : :l: : : : : : :ト; : i}: : : : : : : : : :::l      ┌────────────────────┐
  ,'. . .:: : : : : : : ! : : : :| l;′ i: l : : : : : : l: : l: : : : | '; :i}: : : : : : : : : :::| │だってない子さんは、知ってしまったから。   ...
  l. . .:: : : : : : :/! : : : :|    И: : : : : : :| : ;i: : : : | レl : : : : : : : : : : | │ノエルの『やらなきゃいけない事』を。        │
  |. . . : : : : : : |  ̄ ̄     l : : : : : : |/l_:_:_:_:|   !: : : : : : : : : : :| └────────────────────┘
  . . l}: : : : : : l ― __―…  ̄ ̄ ̄ …―__ ― !: : : : : : : : : : ;
  ヽ. .l: : : : : : :| 〃^f炊卞、      rf炊テ坏`ヽ.,': : : : : : : : : : ,
   ∨: : : : : : :!   弋zツ           弋zツ  ′ : : : : : :|:/
   |. . : : : : : |                       / : : ; : : : : : :|:,   ┌──────────────────────┐
   l. . : : : : : ト,          、          ': : ::/: : : : : : :;′│だってない子さんは、約束してしまったから。    .....
   |. . : : : : : |ハ                 / : /: : : : : : :/    │ノエルの『やらなきゃいけない事』に協力すると。  ....
   |. . : : : : : |込                   ムイ: : : : : : : ;イ{    └──────────────────────┘
   |. . : : : : : |/∧        __ __       从: : : : : : ハヽ、
   |. . /i : : : |//'{ヘ、                ///i}: : : : :/  丶 ニ=-
   |. / l : : ::!/ ∨≫ 、         ィ//}'///|: : /l/
   |/  l : : :| /∨i}/|    _       |'/ レiル'/!: /⌒ヽ、 
 .       l/l/ {   \ir!             !/  レ| ;′ /⌒ヽ_
       __yv   ||ー‐==ニニ=彡'l|,へ   ヽ    /⌒ヽ
     /⌒ヽ/     ||          ||  \  }-=-≪
    /     \   ||        /~    ヽ〃    \

    ┌───────────────────┐
    │お節介で、でも義理堅いない子さんに、    │
    │今更ノエルを裏切る様な事など、       ...
    │出来る訳がありませんでした。         .
    └───────────────────┘

.

212 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:16:13 ID:vcYL98DM



                            / {   _
                         _ _ _ .:′ -=彡  ヽ
                      ´r=/ ミ}   ー 、   \
                         ノ /  ̄ ¨  ミ | ミ=≧
                        ´ {/         }ノ:.    ヽ
                  /     {         /   \  _\
                     /         、            :.  ヽ ⌒
                   ′ /  |      \        :.  :.
                     !  ′ ト 、       ∧   ||  : ヽ }
                | /{| |  {ヽ     ! |  !||` | ∨
                | .'! | 乂 | ー\\  | j_}/| | |  | 、 ヽ   「……こんばんわ、寒凪さん」
                     り |   !禾.` \ノ´乏ミx ! ! ! .′{ヽ {
                     ∧ | :. 乂{       乂ノ,.ノ |)jノ   | }′
                    i{ |从 } ':':  '     : : : 从 j    |
                      { ∨}小、   - 、  .ィ /{ i{  ト从
      f´ ̄ ̄`ヽ              j } ' ミ=-  ´ !乂 _メ、\ { }ノ
      | …ガチャ |            , -…}ノ}    乂、_(    ヾ
      廴__ ノ           / /ヽ ' _ 彡-=从 `
                        {r'¨    /   /   }

    ┌───────────────────────┐
    │でもかと言って、ノエルとこんな事をしていると     ....
    │堂々と皆に宣言出来る勇気もないない子さんは、   ...
    │釈然としない思いを抱えたままバイトをこなし、    ......
    │ノエルが作業をしている倉庫に行きました。      .....
    └───────────────────────┘

.

213 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:16:23 ID:vcYL98DM


             /            \      \
                            ヽ       \     /
            /     /           }          ヽ   .―
              / /    ::                 ヽ  ヽ  \
          / /    .:::|
           ,′   | ::/:|     | / │l    |       }
             |    |  |: |i::   │-‐=l∧    |          }
         |  |八_|八 |`|ハ_:N _  \{∨       j:::  リ
         |    iハ x气ミ     ィ弍≧x /  /      /::::../
         |   ::::.   Vソ      V)ソ'"/   /      /:::::./
         | :|  i::::              /       /:::::./
         ヽ∧ i:::i   '           / /     /:::::イ
           \八            //|     .:::::八{    「あっ、ない子さん、こんばんわ」
                |  ヽ   ‘ ヽ     ´  |    /∧{
                |    \        イ  |   ://
                | ∧  个:::--r ´    |  .:/|:|\
                l/ ハ   |厶-ハ_,/⌒Yレ| ::| jノ  }
                j_/   ⌒/〈  / | | ∧  〈
              〈     /  人_ノ,,人 ∨  \. \
.               _人  __,/   ノ ̄ /⌒⌒\〉  \
           / ー‐'´   /  / _/______ \  ノ
             〈       /{__/ /::::::::::::::::::::::::::::::: ̄\{
             >           /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\

    ┌────────────────────────┐
    │ノエルは、普段は計器のなんやらやら           ....
    │強度がどうちゃらなどの計算をしている          .....
    │PCを用いて、何かの動画を見ていました。         .
    │                                    │
    │どうやら今は、手を休めての休憩中だったようです。   ..
    └────────────────────────┘

.

214 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:16:33 ID:vcYL98DM



             .     ,イ
               . / .l
         、..,,_,,..、 .{  .', .,⊿´
         `'<__,.ィiヽ!   Y .i'>=.,
          ,.ィ" _,〃---'゙ミ=、ヘ,_`'=.,
         / ,イ´ /     ', `㍉.',ベ=ヘ、
       ,∠/            ',}.ヽ,ヘ .)
      〆'   ,' .,' ,'   ', . ', .!  ', ',
      ./,' ,' l  l ,'    ', ',. ', .', . ', ',      「……何を見てるのかな?
      /.,'  l .l  .! ,'    i l .l ',.! .',  l ',     AVGNのトップガンを取り扱った回とか?」
     ,' .l  ! .',  l !   . l!.l. l, lソ . ! i ',、',
     l.i l .,  .i, l, ',l,     ,'l l,'ソⅥ l  l l.',Nヽ
     |.|从!  」,Lエ、 ',.',   .,'T丁T‐! l .l l .l.} `ヽ、
     Ⅳl l',  .l _,V,,,_ヾ\,ノ ,=f乍┐ / /,',' !l
     l| .ll 'ト, .',". 込} `    Vソ, / /.,'.,' .リ,
       l! .',ヘ'、 ''¨  、   ¨´ノ,イ ,' ,' ./ ヘ
         ', l >._   __   ,ィ",' ,'./X ∠~''=、
          'l .lヽヽT= .... ' .i' ,'l ///: 〉’ : :
           _,r‐‐「`'r-r'´l  |_
       ,r┬‐'´:|  ,ノ /_::l  l_, `ー、_
      ./  l ::i:::(__/  | :::〉´ l   /:\_

    ┌───────────────┐
    │ない子さんは、何の気もなしに   ..
    │モニターを覗き込んで、      ......
    └───────────────┘



215 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:16:45 ID:vcYL98DM



┌─────────────────────────────┐
│┌───────────────────────────┐│
││                   γ^´~        .|^ ´        ││
││                 /´     i      ./          ││
││                ./  ,      |  u   /    f´ ̄ ̄ ̄`ヽ
││                .| ,  |      `y   ./  . .< ヌギ,ヌギ… |
││               /   ヽ     /   ./、      廴___ ノ
││              /         /    /、^\          ││
││              / /       i|    /`\  \       ││
││            //´        |   /、ヾ`ゝ 7       ││
││          ,,,ノ´/         ,,|   .<ゝ,  , / /       ││
││      ,,,,∠二_..          /|    ∥ / / /       ││
││    /´´ ̄ ̄ ``ヾミt、  u    /´/ヽ--=∥ノ i/ |        ││
│└───────────────────────────┘│
│                  o o o o o                      │
└─────────┬─────────┬─────────┘
                ┌─┴─────────┴─┐
                └─────────────┘




216 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:16:55 ID:vcYL98DM


                   ,ィ
                 / '--ァ
        ,_   _     ヘ   '-ァ
      、-ー'`Y <,___   ヘ=-┴
   __≦ー`___ _二z<_
   > 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<.       ━━┓┃┃
  <之′Y´/        \      ┃   ━━━━━━━━
    >{  ,'  | 、 , ,.  ,.l  ,  ゙i       ┃                   ┃┃┃
   | !、{  | 寸寸T ハT7} ィ, l                            ┛
   ′J゙i, ゙i ゙i ( ◎) (◎)| ハ|
      ゙i|゙i'(1    _/  |
      ゙iTィ.,_  ゝ'゚   ≦ 三 ゚。 ゚     「……ぬわぁんだこれはぁぁっ!!?、」
       │「ィ:。≧     三 ==-
       └l´::::-ァ,       ≧=- 。
        |::::|´ イレ,、     >三  。゚ ・ ゚
        |::::≦`Vヾ      ヾ ≧
        |::::。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。 ・


    ┌───────────────────┐
    │文字通り、吹き出しました。            .
    │                          ......
    │唾とか、唾液とか、口の中の水分とか、     │
    │ここに来る前に飲んでいた           ..
    │ミルクティーの一部など、色々を。      .....
    └───────────────────┘



217 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:17:18 ID:vcYL98DM


    〃!            /   |__        |
    i |_|」 _      |    ,厶-‐( ` ー-=ニ、   |
    |´「八{    | | , ´〃 ̄ ̄`ヽ‐- 、   \  |
  八| ,.ニ ミト 、ハ| j '-‐' -‐=    \ \, -‐ 、|     「……これ、ボクが出たちょっとHなアレ。
  | く(´ん心ヾ   .′ xf云心ミメ、  ヽ /   _ \    .折原さんがサンプルを持って来てくれた」
  |   弋::ツ    l    ん:::::):}  )::>  }/  /   ` ヽ
  八           '.  弋)つツ '"  ,' } /  , -、  ヽ
    \          .    `゚゛      / しj   /´ ̄ ,  \
   ト \      ′ \       .イ / しノ  ,-‐く    |
   ト、              >‐-= =-‐ ´   |_ノ\    ├- 、
   | \     (::::)  (____ . _     ´        |ニニ\
   |   l丶.           .イ /   `ヽ          |ニニ二\
   ∨ハ|   丶        <〃/     /`¨广^ヽ、     |ニニニ二ヽ
    ヽ.|    ` ー=≦  |/ /     /l/`ヽ/ニニニニ}`   ├ニニニ二}

    ┌──────────────────────────┐
    │ノエルの話によると、あの衝撃的な光景に出くわした時、   ...
    │一緒にいた陰険そうな男……折原が、              ..
    │今日ノエルがバイトしている所へ、                 .
    │このヒワイな映像が入ったDVDを渡しにやって来たそうです。 .
    └──────────────────────────┘



218 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:17:28 ID:vcYL98DM



                       /     `丶、
                        /     , /ヽ、  \
                    ,__ノ   / /|/L.._ },ハ|  ト、
                    `7   /|/´   ,_  |  |    「いや~~、お陰様で出は売上は好調だよ~」
                      レ ハ{ ,ノ        j |
                      |ハ j、  !   __   ハN
                        `|,ハ.  、'´ /  八|     「この分だと、追加ギャラとか、
                          \  ̄   / |リ        続編の出演オファーとか、あったりするかもね~~☆
                                - ゙   |
                             _」       |、_
                  _,、____ ,. -‐ヘ,寸 }     _} 厂` ー- 、
                  }: : : /    V '、   ‐,ァ゙ /      `ヽ
                  ,_,,」: : j       \\ _//           }、___
                  r'^ 〈 : : /  }      \_,/          _」ン . : : 八_
    /⌒ ー- .._   _,≧ン゙/ ___」                 //. : : : : : >'⌒´ ̄
  ,ノ. : : : : : : : : : `'<.._ ̄ ̄ ̄  !                  /_... : : : /. : : : : : : : :
  |: : : : : : : : : : : : : : : : : :二` : : : ;ハ                /. : : : : :/. : : : : : : : : : :
  !: : : : 、: : : : : : : : : :`¨ニ=- : : : : :,                 /. : : : '´. : : : : : : : : : :/
  }、: : : : .\: : : : : : : : : : : : : : :`ヽ: :}     ``           ム._/. : : : : : : : : : : :/. :
  {: :ヽ、: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|              厂 : : : : : : : : : : : :/. : : :
  {ゝ、: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|             , : : : : : : : : : : : : : : : _:ノ^´

     ┌───────────────────────┐
     │という、喜びと不穏が織り交じった言葉を残して。   ....
     └───────────────────────┘



219 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:17:38 ID:vcYL98DM



              _   _,
           ___,> Y´'ー -、
          _>z二_ _ __`ー≧__
          >┴'´ ̄`  ‐-、 ̄ 7 <
        , '"         ヽ `Y′之>
      / ./ ,   !   ,へ   ヽ .}<い
      ./  /  ハ ∧ ‐- ハ _,ハ:   ハ V. レ
     |  ! _/_ |/   r≠=ァ!-‐'!ヽ  .} !"i}
     | /.|/r≠、' u  | _rソ'|.  ト、  /| ∧ハ
     ∨ヽ/.| jリ    ´ ̄⊂⊃.|ノ  /i .八ノ    「そ、そんな事よりも!
   。   / 7 ´      u イ ハ ∧|/ル′    .どうして! 寒凪さんは!!
        i八  l7 ̄'ヽ xxx /V/ |レ         こんなエッチなの見てるのぉっ!!?」
  ⊂    .!/|\  -‐' ,'  /イ、ハ_'゛
    ι    ∨ `ー‐ァE二ニ:::::::`ヘ、_
           `' _ノ;/  \:::::::::::::::::::::ヽ.
            /!::;ー―‐‐'ヽ /::::::::::::::::',.
    /)    /:/        i':´(\:::::|
   //)/´!  ,|/    "     .ヽr(\\ヘ
   | /`i /   /:{   '三'     }`(\ヽ∨|
   /| /´!イヽr/:::::\  , ヽ    .//(ヽ、 |,ハ

    ┌──────────────────────┐
    │ない子さんにとっては、陰険そうな男の苗字や    .
    │あるかもしれない特別ボーナスなんかよりも、   ......
    │こっちの方がよっぽど重要事項なのです。     ......
    │                                │
    │……ちょっとドキドキし過ぎだぞ、ない子さん!     .
    └──────────────────────┘



220 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:17:52 ID:vcYL98DM


          /                   \
        /   /       .:/        \   ヽ
.       /   /       .:/::/        ヽ
     ,′               }      jハ  ハ
         :/          /          i |   :i
      { / :;′        /   /  /}    / /| |  |  |
     V .:{:         i   /  /メ   /|: /⌒|  |  |
     八 .::.        | イi|: //___/i_j厶:/厶イ │  「……だって、気になったから。
     {:ハ::ハ        |/斗七=ミ     ヒツノ/ .:i:ノ  リ   ボクが、どう撮れてたのかな、とか」
.       ':∧:::{   !八ヽ弋)ソ           ::|: |: /
.         j:ハ :::.   |丶:\         '   '  :|/|/
       /⌒ヘ |)、   ::l⌒     _    厶イ::|     「ボクだって一応……女の子だし」
.   /⌒フ   ヽ|ハ:.  ::ト      ´   イ  !::|
   /  ´ ̄ ̄ ̄\!  :.   ::| >  _..、< |::i:: :八|
.  /   /:::: ̄`丶\∧  |`ー┴'⌒} ヽ|::i:: l
 /  /\::::::::::::::::::\ヽヘ │    人  )人:│





             !/ /     .ヘヽV」∠ヽ.   \\\
          __ノ/ .. - 、 ̄ ≠‐ - :.:`ヽへ  \\}
            フ  /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ:.:V| !   V {
          ///: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :Ⅵリ : : : : : :、
   .       i//: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ∨ハ: : i: : 、: \
          /:: : : : ::| │: : : : : : : :ヽ: : : : |: : : : | ∨} : }: : :厂`
            |: : |: : :/|: :|: : : : : ヽ│: | : : : |: : : : レレ∨}:j!: : ト、
            |: : |: : l:八:|: : : : : : :ト|、:|\ : | : : : :}∨j/: :j!: : :レ
           |: :i|: : |  人: : |: : 八|∨ ̄| ∧: : : ル─く/V⌒ヽ  「そ、そりゃ確かに気になるけどぉ!!
           |: :i|: : |/ _\|: /  ィうi心、 |: : //⌒Y}:厂! !    でもでもっ! 寒凪さんは、出るの嫌だったんでしょ!?」
          厶八.:ハ. xぅ心|/     VJソ 〉|: ∧し///.:|!ノ| {
           |: :\∧ヽVソ  u        (|/\\イ : :ハ∧ゝ
           |/∨/ // ) ,     (\ ヽ ',ヽV N
               〈/ {∨ /xx      xxヽ丶 | | | |八
              {  |/ 〈、  ‐-―   } j_| l | |\
                   j  } >   _,.. ィノ `  ` }  〉ー---――-、
                 丶、 '⌒丶  ∨|く/     / /     /
              /{ ̄\     \ マ7     u  / /     /    |




221 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:18:03 ID:vcYL98DM


                 ___
                ´    ` ̄`丶、
             /     _         \
             _      `\      ヽ
           / /         ヽ      '、
             / /    {   |\       ヽ  i
          ′     ,'|  |  ヽ\│    :|  |
            /     | / |l  i| 七ト-│ }  :| ,′  「うん、確かにちょっと嫌だった。
        /イ  |  N-八__リ  '弋| /   i /     でも……これを見て」
         | l  |ハ_|{代心    ''' |     八
         |八   i\`´  ,    レ|  :/⌒
         ∨ ' 、   ヽ   、-,  |  厂^>
.               ヽ   个ト  ..__ イ|  ∧_/
               }    |'V⌒ハ  /| ん' >‐ 、        .┌────────────────┐
               |人  |人  ┴〈  ∨ムイ   ヽ      │そう言ってノエルは、          ...
                   ∧│    _人 |::::::::|     '.      │モニターの画面を指さしました。     .
              / Vト、    /∨ ::::::|     '.     └────────────────┘
              ,′  |::::`rー''´  /::::::::::| ヽ    ',
               {.  、|::::: |    /::::::::::::{ ハ
               j    |:::::⊥...r‐厶:.::___∨ ヽ    '、
             ,′   l/  {::{      ̄ ̄ ̄`  '、
              /  /〔‐ュ   ィ⌒> ..._         }
           /  〈`ーイ /::::::::::::::::::::::::::::>::ーr---一



222 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:18:14 ID:vcYL98DM



┌─────────────────────────────┐
│┌───────────────────────────┐│
││          lヽ   l ヽ-‐'´ /   , -ー /l  l           ││
││          ノ l    l  /  l   /   ノ l  l            ││
││         l  L   l く_ノ l  /  /  ノ   \        ││
││         l ノ l   l     !  /   ',       ',         ││
││          し〈ヽl   \     /     ヽ\ 、.ソ       ││
││           ';::',\   lヽ   /      ,×.)ト'´         ││
││            〉::ヽ、\」___L/ー----ー ' ´::∠-┤        ││
││            / ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::; -‐ '" 7         ││
││           /   ` ‐-、::::::_r-- ‐ ' ´     /         ││
││          ./        `ヽ::::l        u  /           ││
││          /         /`l        /              ││
│└───────────────────────────┘│
│                   o o o o o                     │
└─────────┬─────────┬─────────┘
                ┌─┴─────────┴─┐
                └─────────────┘

    ┌────────────────────────────┐
    │画面の中では、際どい格好で際どい事をしている、         ....
    │でも直接エッチな事……所謂セックス等は一切しないという、     .
    │刺激に弱い純情中学生やない子さんにとって、             │
    │色々な意味でギリギリな映像が次々と映しだされていきます。   ...
    └────────────────────────────┘

        ┌────────────────────┐
        │自分のエロエロなシーンをいつも通りの     .
        │無表情で眺めているノエルとは違い、      ..
        │ない子さんはもう、ドッキドッキしまくりです。  ....
        └────────────────────┘



223 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:18:28 ID:vcYL98DM



                |\_  ̄ト、ー―-、
          _____> \| L___|
          >_____    ___ <
           l/        ヽ /    \!ゝ
        /      /ミヽ Vr勿\   \ヾ
       //  >-―┴┴- ∠.:\lVVV\\
     ∠/  /   u        ヽ   ゝ 》
     /:/: . : /: . : . : . : . : . : . : . : . : . : .. :ヽ: . :}: | ノ
     /:/|: . /: . : . : . : . :/: . : . : . : . : U.   ',:.:| :∧
      |/ :|: /: . : .:/: . : . ハ:: . : . : . : . : . :  .  ', |'  |    「ふわぁ……うわぁ……」
     j:/!: . : .,': . : ./ハ:|: . : .// /レ'|i ト、|: . N  l
      ハl   l i.〃 -一_,\ |l ,_ー- \ヽ l i |.| l l|
       ヽ!  ハ〃 z≠ミ  ゞ z≠ミ´ 入 | l | ll
.       i Y/   Y ゚   ///////   ゚ / 》 ///i | |
.      .| l !   ハ    r -‐-、 u イ/ /レ'|.i ト、|
.        ハ~ ゝ! \   |   j ∠/ //レヘ トヽハノ
           , --`>ヽ-- ' _ ´ム ム/、
.         /l ヽ` \ 、  u イf´┐Yヽ、
         /  \ \i> ー ´く 、`ヽ  } ヽ
          /  / ̄/7へ、 : : : : : v〉   ノ  i
       /   .{    ^、} : : : : :/    //  !
        /   f::.\    ヽ : : :」ー―‐く/   |

    ┌──────────────────────┐
    │顔を真っ赤にしながらモニターから顔をそらし、    .
    │それでも興味がまったく無い事もないので、       │
    │恥ずかし妥協点として、指の隙間からこっそり     │
    │映像を観ているない子さんに、             ..
    │ノエルはこんな事を話しかけてきました。      ......
    └──────────────────────┘



224 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:18:39 ID:vcYL98DM


             /      /      \
                  /     ヽ    ヽ
           /  /    |   /   ハ    '、
                 ,′   /  /∨  j∧   ハ
           {  {    {/l/⌒|   厂Lj V
.             ∨      代)::ア  ̄ イ):ア リ  l |
              } 八.   八| 、、、     / 八|  「……まるで、ボクじゃないみたいでしょ?」
           ノヘ::::::..   |\    '  ,′,′
              ヽハ.  |、     ‐  ノ /
                イ::::} :|: > ,_  <|:: リ   「自分で言うのもなんだけど……
              厂V{ ト、   { ノY^|::人    ちょっとキレイだな、って思ったんだ」
               /⌒  ∨  ̄ ̄ 人_|/_>
           /(>┬-、 `ー─=彡  〉`ヽ
          /⌒\/  \        /  }ハ
            /    ヽ    }\_roイ  }   ',   





             !/ /     .ヘヽV」∠ヽ.   \\\
          __ノ/ .. - 、 ̄ ≠‐ - :.:`ヽへ  \\}       ,ィ
            フ  /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ:.:V| !   V {   / '--ァ
          ///: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :Ⅵリ : : : : : :、   ヘ   '-ァ
   .       i//: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ∨ハ: : i: : 、: \   ヘ=-┴
          /:: : : : ::| │: : : : : : : :ヽ: : : : |: : : : | ∨} : }: : :厂`
            |: : |: : :/|: :|: : : : : ヽ│: | : : : |: : : : レレ∨}:j!: : ト、
            |: : |: : l:八:|: : : : : : :ト|、:|\ : | : : : :}∨j/: :j!: : :レ
           |: :i|: : |  人: : |: : 八|∨ ̄| ∧: : : ル─く/V⌒ヽ
           |: :i|: : |/ _\|: /  ィうi心、 |: : //⌒Y}:厂! !     「……えっ!? あっ、う、うん!
          厶八.:ハ. xぅ心|/     VJソ 〉|: ∧し///.:|!ノ| {      た、確かにそうだねっ……!!」
           |: :\∧ヽVソ  u        (|/\\イ : :ハ∧ゝ
           |/∨/ // ) ,     (\ ヽ ',ヽV N
               〈/ {∨ /xx      xxヽ丶 | | | |八
              {  |/ 〈、  ‐-―   } j_| l | |\
                   j  } >   _,.. ィノ `  ` }  〉ー---――-、
                 丶、 '⌒丶  ∨|く/     / /     /
              /{ ̄\     \ マ7     u  / /     /    |

    ┌────────────────────────┐
    │ノエルの言うとおり、エッチなイメージビデオとやらの  ......
    │被写体となっている彼女は、今隣で、ボーっと動画を  .....
    │眺めているそれとはまるで印象が異なります。      ....
    └────────────────────────┘



225 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:18:49 ID:vcYL98DM



───────────────────────────────
       ';::::Ⅵ `ト . _ .ィ   |/\__、
       ヽト、\{`ヽ从ハ     /// ̄ ̄`ヽ
            / 7 li    l  l    i \
           ,イ  / ト u, -/  l    l   ',ヽ
           / l ∠,ィ l   /へ、」    li   ', \       ┌──────────────────┐
          l l / 」 l  //    、 ,' l      \      │映像で見るノエルの肢体は……      ...
             l / く  ',/ 」     \         l    .│本当に細くて、白くて、瑞々しくて――   ...
           l,'    l ,' /       i\      ,' l\   .└──────────────────┘
           i    l/ l         ノ  l\   i/ /  ヽ
              l    ,イ l     l'´  l  ヽー'´, イ   l
           l   l  l  ',    l   l    ̄  l   l
            l   l  l       !   / ヽ     l   l
───────────────────────────────




226 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:19:01 ID:vcYL98DM

                  
                |\_  ̄ト、ー―-、
          _____> \| L___|
          >_____    ___ <
           l/        ヽ /    \!ゝ       ,ィ
        /      /ミヽ Vr勿\   \ヾ    / '--ァ
       //  >-―┴┴- ∠.:\lVVV\\  ヘ   '-ァ
     ∠/  /            ヽ   ゝ 》  .ヘ=-┴
     /:/: . : /: . : . : . : . : . : . : . : . : . : .. :ヽ: . :}: | ノ
     /:/|: . /: . : . : . : . :/: . : . : . : . :  .   ',:.:| :∧
      |/ :|: /: . : .:/: . : . ハ:: . : . : . : . : . :  .  ', |'  |     「……って、ちがーう!!!」
     j:/!: . : .,': . : .:/: .|: . : .// /レ'|i ト、|: . N  l
      ハl   l  /ヽ、_、;: | ,_,.ハ\ヽ l i |.| l l|  「私にそんなリリーな趣味はなーい!!」
      ヽ!  ハ ./-― o- ヽ! - o―- 〉  l l !.| l |
      i Y/  Y.l ` ー     ー ' / 》 ///i  |. |
      .| l !    |´´´    '     ´´´イ// /レ'|  i ト、|  「ないったら……なーいっ!!!」
        ハ~、ゝ>、u  (_)   ∠/ / /レヘ トヽハノ
         レ//, 、/⌒ > - ァ ´ ム ム/    
         /,.-/_ く  `ー '"´   ノ  \ 
      . / __)/`ー--- ‐ '"ヘヘ   ヽ
       /    ___ノ    ,.     il    〉
       !   __,ノ   /      ヽ   l





             ,       /             ヽ
          / /     /      ∧     i       ハ
            / /     /         l ',               i
              /      i| ,イ     ,イ| 斗 ト
            ' i    ,イム| |   |凵  V \         l
           ,  |   「'リ _ W__」          \!           「……どうしたの、ない子さん?」
          | ト  |  ,-==、      ,≠=x  |       |  |
        |   リ \| 〃 :О      ´ О: ゝ./      |
        |∧        -=-        -=- ' /      | /    「急に大声なんて出して……略してQOD……」
        リ :|   ヽ         、       /         N
          |    ',                 / イ       /|
            、    ト                ´ /     /V
               | ヽ      ‐-、  u  |    /´
            i     !   \      ̄      /l    / ヽ
            |   `↓ヘ / `  、   _ <.  |  /   〉
            | .ハ | {   、 ハ`    , - |  ハ_∧
           レ l  !  l\ \__, 7´   |/_/    ̄ヽ
             \| ∧ i       /    厂 \    \
               /:.:.:|     > '´|   /    ` ─、─‐'
             /i.:.:. |   /    |  /            〉
                | :. !:.:.:.:\_    レ'     > <_  /
               }、/|.:.:.:.:.:/.:.:.:`..───...、_/i弋ニノi:',ヽ

    ┌───────────────────────┐
    │恥ずかしがり屋なない子さんは、              .
    │自分の内心に大声でツッコミを入れつつ、         .
    │どこぞのエロ親父の様な思考を振り払いました。    .
    │                                  │
    │頑張ったね、ない子さん!                 ..
    └───────────────────────┘



227 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:19:15 ID:vcYL98DM


                   \    ヽ V/ / /
            __ , .イ       V }  イニミー- ノ
             ̄¨ー .,      /ヽ   / ヽ r-イ
               /     ./:::...:.>=<__:.:ハ \
             ./      i / <´       >::> >..._
      、__ , ィ    /   ハ !  ,, -        ハ 从 <
        ̄ ̄= ≠  { i   /八! /           }/ ヾミ;、
             /   !i!  //  ,'                \
             ,'    ハ  川 /  ,     /              ヘ
              /     ∧ |  ,  ,'     ,ィ       ,'   i   ハ
           / _,      }! i  ,'   ,/ ,'    / /i   ./|    |
       / イ7      |  |  ,' ´¨,テナ=i‐-  ィ/ 十-.|,,_i    .i
        ̄  i   i!  从  | .i l ,rfj ̄ヾ、//| ,ム」_:,;     .|
           |  / .|   ∧ .| .| lK {| ::::::リ    l/,イ}:::::::ハノ/   |   「こ、こんなエロいの見るの禁止ー!!
           人 八 {、  ,' ∧ > l,  ゛ー ''        K.__,/ }/  / ノ.,'   .私の目がブラックなうちは、ここで
          / | {_ ノ!   |::|{ \!      u      `"" イ.///./   .エッチなビデオなんて見ちゃいけませーん!!」
           Vーイ{   |::| ト.、 > xxxx __    ' xxx イ/
                /   .|::| |::|::|    /  \     ,ィ'
             /  /Y゚|::| |::|::|、 / /~\ ヽ‐、_,/
             /../ _ト.|::| 川゚|>イ ,.へ `< ヽr‐ァ―=‐、
            ー ",/´\ノ/!_|  .|: |,  イ ,、〆``'ー /;;/.:/   ヘ
                 /     ヘ:.:|;i;;;;;;;ハ   ∨ ̄   /;;/.:/ /  ハ
                i      ∧:!;!;;;;;;|:}   |!     /;;;;!://    i
                 |!     ∧l;|;;;;;;|,'   |!    〈 ;;;レ        |
                 |!      ヽ|;; ;/     ハ     ∨!         |





             _, -‐‐-
           .   ´〃      `  、
       /                  \
     /     ‐-            ヽ
.     / /         `ヽ         ヽ
    / /           ヽ          ハ
   ,       |    、              |
    i      |    | \  }           j
    |       |    |'´ 八jハ        ,
   l     |、_ト .__,从ィ笊ラハ{          /
   ',  \Nァ=ミ、   ノ Vソ |  /    〃    「……ここ、ボクが借りてる倉庫なんだけどなぁ」
        ⌒ Vソ         | '      /(
    ヽ  }ハ   、       ノイ    ∧
       \  }ト、   _  u  .|    ,
        \ 个ト .      .イ |     {
          i  l | N≧ 爪   |  ∧ハ
          l∧  |___ ノ}  ハ '   \
         ノ ハ |    ,     }     \
         / lハ|       ___       ヽ

    ┌────────────────────┐
    │ノエルは、ない子さんの理不尽な注意に、    │
    │渋々と言った表情を浮かべながら、      ......
    │右上の×を押して動画を閉じました。       .
    └────────────────────┘



228 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:19:25 ID:vcYL98DM

                 ___
                ´    ` ̄`丶、
             /     _         \
             _      `\      ヽ
           / /         ヽ      '、
             / /    {   |\       ヽ  i
          ′     ,'|  |  ヽ\│    :|  |
            /     | / |l  i| 七ト-│ }  :| ,′
        /イ  |  N-八__リ  '弋| /   i /    「……それにしても、ない子さん。
         | l  |ハ_|{代心    ''' |     八    こういう、エッチでスケッチワンタッチなの、
         |八   i\`´  ,    レ|  :/⌒     とっても苦手だったんだね」
         ∨ ' 、   ヽ   、-,  |  厂^>
.               ヽ   个ト  ..__ イ|  ∧_/
               }    |'V⌒ハ  /| ん' >‐ 、
               |人  |人  ┴〈  ∨ムイ   ヽ
                   ∧│    _人 |::::::::|     '.
              / Vト、    /∨ ::::::|     '.
              ,′  |::::`rー''´  /::::::::::| ヽ    ',





                |\_  ̄ト、ー―-、
          _____> \| L___|
          >_____    ___ <
           l/        ヽ /    \!ゝ
        /      /ミヽ Vr勿\   \ヾ
       //  >-―┴┴- ∠.:\lVVV\\
     ∠/  /   u        ヽ   ゝ 》
     /:/: . : /: . : . : . : . : . : . : . : . : . : .. :ヽ: . :}: | ノ
     /:/|: . /: . : . : . : . :/: . : . : . : . : U.   ',:.:| :∧
      |/ :|: /: . : .:/: . : . ハ:: . : . : . : . : . :  .  ', |'  |
     j:/!: . : .,': . : ./ハ:|: . : .// /レ'|i ト、|: . N  l    「うん、そうだよっ!! 悪いかなぁ!?」
      ハl   l i.〃 -一_,\ |l ,_ー- \ヽ l i |.| l l|
       ヽ!  ハ〃 z≠ミ  ゞ z≠ミ´ 入 | l | ll
.       i Y/   Y ゚   ///////   ゚ / 》 ///i | |
.      .| l !   ハ    r -‐-、 u イ/ /レ'|.i ト、|
.        ハ~ ゝ! \   |   j ∠/ //レヘ トヽハノ
           , --`>ヽ-- ' _ ´ム ム/、
.         /l ヽ` \ 、  u イf´┐Yヽ、
         /  \ \i> ー ´く 、`ヽ  } ヽ
          /  / ̄/7へ、 : : : : : v〉   ノ  i
       /   .{    ^、} : : : : :/    //  !
        /   f::.\    ヽ : : :」ー―‐く/   |




229 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:19:39 ID:vcYL98DM


///////|                   ヽ     ヽ
///////|                 Y      .
///////|              i
///////|       ′         i}        Y  i
///////|    /          リ   }    i  |
///////|  / 〃         /         |  }
///////| イ_/ {_       イ/     /    |  /
///////|          ̄_ 二 」〈   //     i| ./
///////|         〃(r:::::ノリ^≫イ/     l}/
///////|        ` ー ´    ′ /   リ
///////|              /  /  / /
///////|              /   /  / /     「……いーや、別に悪くないよ。
///////|          < _ . イ  /イ      ただ、ね……クスクスクス」
///////|=一         i        ハ {
///////|             イ |      {
///////|_    -‐  /: :|    /ハ
///////|         /: : : :i    /\
///////|___   /: : : : : :i    /: : : 〉_
///////|: : : : : : : : : : : : : : :.   /: : /: : :\
///////|: : : : : : : : : : : : : :.ノ  }/: : : : : : : : : : :.
///////|: : : : : : : : : : : : :ー:イ/: : : : : : : : : : : : 〉





             !/ /     .ヘヽV」∠ヽ.   \\\
          __ノ/ .. - 、 ̄ ≠‐ - :.:`ヽへ  \\}
            フ  /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ:.:V| !   V { っ
          ///: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :Ⅵリ : : : : : :、
   .       i//: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ∨ハ: : i: : 、: \ っ
          /:: : : : ::| │: : : : : : : :ヽ: : : : |: : : : | ∨} : }: : :厂`
            |: : |: : :/|: :|: : : : : ヽ│: | : : : |: : : : レレ∨}:j!: : ト、
            |: : |: : l:八:|: : : : : : :ト|、:|\ : | : : : :}∨j/: :j!: : :レ     「わ、笑うなー!!
           |: :i|: : |  人: : |: : 八|∨ ̄| ∧: : : ル─く/V⌒ヽ      ニヤニヤした目付きでこっちを見るなー!!」
           |: :i|: : |/ _\|: /  ィうi心、 |: : //⌒Y}:厂! !
          厶八.:ハ. xぅ心|/     VJソ 〉|: ∧し///.:|!ノ| {
           |: :\∧ヽVソ  u        (|/\\イ : :ハ∧ゝ
           |/∨/ // ) ,    u(\ ヽ ',ヽV N
               〈/ {∨ /xx      xxヽ丶 | | | |八
              {  |/ 〈、  ‐-―   } j_| l | |\
                   j  } >   _,.. ィノ `  ` }  〉ー---――-、
                 丶、 '⌒丶  ∨|く/     / /     /
              /{ ̄\     \ マ7     u  / /     /    |

      ┌───────────────────────┐
      │何故か妙に焦ってるない子さんを、            .
      │少し面白がってからかうノエル。              .
      │                                  │
      │どうやらノエル、意外とノリが良い性格なようです。  .....
      └───────────────────────┘



230 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:19:53 ID:vcYL98DM


    〃!            /   |__        |
    i |_|」 _      |    ,厶-‐( ` ー-=ニ、   |
    |´「八{    | | , ´〃 ̄ ̄`ヽ‐- 、   \  |
  八| ,.ニ ミト 、ハ| j '-‐' -‐=    \ \, -‐ 、|
  | く(´ん心ヾ   .′ xf云心ミメ、  ヽ /   _ \
  |   弋::ツ    l    ん:::::):}  )::>  }/  /   ` ヽ     「……一人の時に、また見よっと」
  八           '.  弋)つツ '"  ,' } /  , -、  ヽ
    \          .    `゚゛      / しj   /´ ̄ ,  \
   ト \      ′ \       .イ / しノ  ,-‐く    |
   ト、              >‐-= =-‐ ´   |_ノ\    ├- 、
   | \     (::::)  (____ . _     ´        |ニニ\
   |   l丶.           .イ /   `ヽ          |ニニ二\
   ∨ハ|   丶        <〃/     /`¨广^ヽ、     |ニニニ二ヽ
    ヽ.|    ` ー=≦  |/ /     /l/`ヽ/ニニニニ}`   ├ニニニ二}


    ┌───────────────────┐
    │ない子さんをひとしきりからかった後、    ...
    │ノエルはいつもの作業を再開しました。     .
    └───────────────────┘


                \    ヽ V/ / /
         __ , .イ       V }  イニミー- ノ
          ̄¨ー .,      /ヽ   / ヽ r-イ
            /     ./:::...:.>=<__:.:ハ \
          ./      i / <´       >::> >..._
   、__ , ィ    /   ハ !  ,, -        ハ 从 <
     ̄ ̄= ≠  { i   /八! /           }/ ヾミ;、
          /   !i!  //  ,'                \
          ,'    ハ  川 /  ,     /            ハ
.        /     ∧ |  ,  ,'     ,ィ       ,'   i    .
        / _,      }! i  ,'   ,/ ,'    / /i   ./|   ハ
    / イ7      |  |  ,' ´¨,テナ=i‐-  ィ/ 十-.|,,_i    .i
     ̄  i   i!  从  | .i l 卞ヮェz,ミ_/./| /ヽ川,;    .|
        |  / .|   ∧ .| .| l 、゙弌歹 ゙`   l/,ィ示ュ,.ノ/   .|
        人 八 {、  ,' ∧ > l, ` ー- '´     、゙'"´, //  / ノ.,'
       / | {_ ノ!   |::|{ \!            ̄ イ.///./     「まったく、もう……」
        Vーイ{   |::| ト.、 >         '   イ/
             /   .|::| |::|::|  u             ノ´
          /  /Y゚|::| |::|::|、       ⊂⊃ ,
            /../   ト.|::| 川゚| > 、_    /
         ー "   ノ/!_|  .|: |,,,__    l ̄ ´
                 y' `~~"'-ミ二ニl
             >'"         t、
           /             \

     ┌───────────────────────┐
     │ない子さんもまた、ぶつくさ文句を言いながらも、    .
     │いつも通り、作業を行うノエルを眺めながら       ..
     │たまに話しかけでもしようと、ノエルの背中が     ......
     │見える位置に腰を下ろしました。               │
     └───────────────────────┘



231 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:20:04 ID:vcYL98DM


   ┌─────────┐
   │……ところが。     .
   └─────────┘

                 ___
                ´    ` ̄`丶、
             /     _         \
             _      `\      ヽ
           / /         ヽ      '、
             / /    {   |\       ヽ  i
          ′     ,'|  |  ヽ\│    :|  |
            /     | / |l  i| 七ト-│ }  :| ,′
        /イ  |  N-八__リ  '弋| /   i /     「……ふぅ、なんだか今日はちょっと暑いね」
         | l  |ハ_|{代心    ''' |     八
         |八   i\`´  ,    レ|  :/⌒
         ∨ ' 、   ヽ   、-,  |  厂^>
.               ヽ   个ト  ..__ イ|  ∧_/
               }    |'V⌒ハ  /| ん' >‐ 、
               |人  |人  ┴〈  ∨ムイ   ヽ
                   ∧│    _人 |::::::::|     '.
              / Vト、    /∨ ::::::|   u  '.
              ,′  |::::`rー''´  /::::::::::| ヽ    ',
               {.  、|::::: |    /::::::::::::{ ハ





       /ァ=     >x _ .   -─‐-  、::::<  \
       /       r' _,ノ           :`ヽ: :\
      /イ    .r'´ ∨             ヽ: :ヽ
     / / :/   } r'∨     /      、     ': :丶
      / :/::  .::r' ∨   〃 / !      ト、 '.   ': :リ
      |:/l::::: .::::{ ∨′  .′/ .|   ! |  V    i: ::l
      | |::::/:::爿 i     l ハi.|  i LL !  |  !: ::!
        |:::|:::::::::i | |  /、_、i\  |ノ_j_」_`ト: l  i:::::|
       |::|!::: |::Ⅵ v: : : f iシト、 \i  ,.=、 ト、/ l: :::|     「……う、うん。まあ、夏だからね……
         |ハ:::|、:∧从: : : |f代歹    代歹: : {レ l:../    それに、今日は今年一番の暑さになるかもって、
         Ⅵ V:::Vハ: : : '. xx    ′ xx ノ: /,イ!レ′    天気予報で言ってたし……」
           `{ V:|ヾ: ハ : : ト、 u(_`ア  .ィ: 〃/ リ
             . '´ ̄ハ: : |} >‐ァ≦千l {ル'
           /   { ハ: |     ′} } l|/ハ
            .′    ヽ }人ヽ__.ノノ丿!′ i
              i      ト、 、二二´イ ノ i  |
             | i    V   ` ー― '´  v′ |




232 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:20:18 ID:vcYL98DM


             _, -‐‐-
           .   ´〃      `  、
       /                  \
     /     ‐-            ヽ
.     / /         `ヽ         ヽ
    / /           ヽ          ハ
   ,       |    、              |
    i      |    | \  }           j
    |       |    |'´ 八jハ        ,
   l     |、_ト .__,从ィ笊ラハ{          /
   ',  \Nァ=ミ、   ノ Vソ |  /    〃     「ない子さん、ちょっと冷房の温度下げてくれないかな?
        ⌒ Vソ         | '      /(       機械に汗が垂れちゃうといけないしね」
    ヽ  }ハ   、       ノイ    ∧
       \  }ト、   _     |    ,
        \ 个ト .      .イ |     {
          i  l | N≧ 爪   |  ∧ハ
          l∧  |___ ノ}  ハ '   \
         ノ ハ |    ,     }     \
         / lハ|       ___       ヽ





                 ヽヘ      \
            u        \\,     ヽ
       |              V∧     Vヽ,
  /   │       !          V|ヾ      ゝ
 .  !  │    │  |    ヽ:   u  ヽハ      \
  | ∧ ハ   .│   |    ハ     ヾゝ::.:.:.:.:.:.  ヽヘ   「……う、うん、分かった……」
  ::, -┴ 、   ::/l  :::ト、    ::l    ..:::Nl :.:.:.:.:.ヽ:.:. |
∠´     ヽ ::__:i l  :::l `、   :l    .:::::j:::.:.:.:.:.:.ハ:. ,
    ̄`~ヽ `y l l :∧:l__ `、 .::l ::::::::::::___:j:::.:.:.:.:.:! j/   「私も……ちょうど暑いと、思ってたし……」
  ヽ、    l/ /| -V ̄ヽ   W| ::::「二ヽ|.:.:.:.リ V
、   l   /イ´:::! _______ | :::|┌j l.:.:.:/
_ \. L/ /!::::::| ' ̄|「::::::::::|「 〉 | :::|/// .:(
i ノ`'´  ∧ ヽ::|   ̄ ̄ ̄ ´ l ::::| / :.:ゝ\
二__ __ ,イ /  `    ///// .} ::::|く´  :.| `ー
 || |「 |l |  r、       u .,ィ :::::| ヽ jノ

    ┌─────────────────┐
    │一体どうした事なのでしょう。        │
    │ない子さん、何故か気になります、    │
    │気になってしまいます。          ...
    └─────────────────┘



233 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:20:29 ID:vcYL98DM



             /            \      \
                            ヽ       \
            /     /           }          ヽ
              / /    ::                 ヽ  ヽ
          / /    .:::|
           ,′   | ::/:|     | / │l    |       }
             |    |  |: |i::   │-‐=l∧    |          }
         |  |八_|八 |`|ハ_:N _  \{∨       j:::  リ
         |    iハ x气ミ     ィ弍≧x /  /      /::::../
         |   ::::.   Vソ      V)ソ'"/   /      /:::::./
         | :|  i::::              /       /:::::./
         ヽ∧ i:::i   '           / /     /:::::イ    ┌──────────────────┐
           \八   、__       //|     .:::::八{  .│ノエルの整った横顔、さらりとした髪。    .
                |  ヽ    `¨´ .   ´  |    /∧{    .│夏だというのに、透き通った白い肌。   ....
                |    \        イ  |   ://        .│少しずつ何かと形作る、細く長い指。   ....
                | ∧  个:::--r ´    |  .:/|:|\       │少しだけ、本当にほんの少しだけ、       │
                l/ ハ   |厶-ハ_,/⌒Yレ| ::| jノ  }      │背筋に浮いている汗、その他諸々が。  ....
                j_/   ⌒/〈  / | | ∧  〈       └──────────────────┘
              〈     /  人_ノ,,人 ∨  \. \
.               _人  __,/   ノ ̄ /⌒⌒\〉  \
           / ー‐'´   /  / _/______ \  ノ
             〈       /{__/ /::::::::::::::::::::::::::::::: ̄\{
             >           /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\




234 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:20:39 ID:vcYL98DM


    〃!            /   |__        |
    i |_|」 _      |    ,厶-‐( ` ー-=ニ、   |
    |´「八{    | | , ´〃 ̄ ̄`ヽ‐- 、   \  |
  八| ,.ニ ミト 、ハ| j '-‐' -‐=    \ \, -‐ 、|
  | く(´ん心ヾ   .′ xf云心ミメ、  ヽ /   _ \     「……よし、ここはここで問題ない
  |   弋::ツ    l    ん:::::):}  )::>  }/  /   ` ヽ     ここは、こうやって……」
  八           '.  弋)つツ '"  ,' } /  , -、  ヽ
    \          .    `゚゛      / しj   /´ ̄ ,  \
   ト \      ′ \       .イ / しノ  ,-‐く    |
   ト、              >‐-= =-‐ ´   |_ノ\    ├- 、
   | \     (::::)  (____ . _     ´        |ニニ\
   |   l丶.           .イ /   `ヽ          |ニニ二\
   ∨ハ|   丶        <〃/     /`¨广^ヽ、     |ニニニ二ヽ
    ヽ.|    ` ー=≦  |/ /     /l/`ヽ/ニニニニ}`   ├ニニニ二}





          !/ /     .ヘヽV」∠ヽ.   \\\
       __ノ/ .. - 、 ̄ ≠‐ - :.:`ヽへ  \\}
         フ  /             `ヽ:.:V| !   V {
       ///                   Ⅵリ     :、
.       i//                   ∨ハ  i 、 \
       /  ./   / u  !   !  、     ∨}  }  厂`
      . |  ./   /     !    !  ト、    ∨} j! ト、
      |  :i   ハi   .|  ! :|   V     j/ j!  レ     「…………」
       |  :l: :/_ V|∧ _|:_|__|    l    :ハ /V⌒ヽ
        | : : | : : f _,}N_ ⅤN∨__}N__}N.   |-、! ! ! |
        |: : ∧: l:|f下ィタヽ Ⅵィ卞ィタ厂}|   |rj j!ノ|{
        Ⅴ:lヽⅥ|   ̄   '    ̄´  |   |ノ .!ハ∧ゝ
        ヾ、 \ """      """u i  /: :/
         \/|: >  . _´`__  イ:/: : 厶i/
           _レ> '  /}      }f: : /  ||\
          /´    .|: :`ー一: :´:|: /   ,リ   ヽ
            /  Ⅴ  ハ: : : : : : ;/Ⅳ、 /     ハ
         /   }:    ` ̄ ̄   |{  \ / /   !
        「{   Y´              }//    }、
         ハ \ f               i/     {

     ┌────────────────────┐
     │あのちょっとエッチスケッチアッチッチな    .....
     │ビデオを見てしまったからでしょうか。     ......
     │                            ....
     │何故かない子さん、今日は妙に、ノエルの   ...
     │肉体的な何かを意識してしまいます。     ......
     └────────────────────┘



235 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:20:52 ID:vcYL98DM


             _, -‐‐-
           .   ´〃      `  、
       /                  \
     /     ‐-            ヽ
.     / /         `ヽ         ヽ
    / /           ヽ          ハ
   ,       |    、              |
    i      |    | \  }           j
    |       |    |'´ 八jハ        ,
   l     |、_ト .__,从ィ笊ラハ{          /
   ',  \Nァ=ミ、   ノ Vソ |  /    〃   「……ない子さん」
        ⌒ Vソ         | '      /(
    ヽ  }ハ   、       ノイ    ∧
       \  }ト、   _     |    ,
        \ 个ト .      .イ |     {
          i  l | N≧ 爪   |  ∧ハ
          l∧  |___ ノ}  ハ '   \
         ノ ハ |    ,     }     \
         / lハ|       ___       ヽ





         _...〟.-∠≠ニ二ニ≧=<´  ヘ.     ', ヘ\ヽ.
       /    ´、_, '⌒`^  、 \::\ } l     ヽヘ ヽ}
      /              丶\::V| |      Vl      ,ィ
    /                 `Vヽl |      ヽ ' .    / '--ァ
   /                    | Ⅵ/,       ヽ.\ ヘ   '-ァ
  /         /    U   〉   |  ∨ヘ.      ト、 \_ ヘ=-┴
  |     /|    |         :|   |   ∨i    、   |
  |  u  / |    :|  :| |  :|    |   |    l :|   |  l
  |    |  |    :|  :| |  :|    |  : |    :|/   ハ.  ト、
   |  |ヽ|  |    :| : | ::|  :|    |  : |    /    / l/⌒ヽ
    | .| _| ̄`\  |  :| |  :|\  :|  ::|   ∧.   ,'  ´
   ノ  :|| i`ヽ、 ヽ::|  | ´ ̄` \|  :| / | :| {         「……ふぇっ!?」
  //|:|  |::::::::|  ヾ  /´|´` ̄ ̄| |  :|'´`i:jノ :| |
  ,'.  |:| 弋_ノ  u. ' 弋:::::::::::::ノ.|  :|  /.:::| ハ ',
 ノ   |:\///  ,     `‐‐‐ ' |  |_/  / / ヽ_>
     | :/\       //////  :|  : //
     |: /  |`.. 、 _`__ /_//|  :|  :ハ
    //    |    : ヽ/    / |  |  :i
    ハ    |   /`ヽ、   /  /:/ |  :|
           | /    \   // 人 :|    ヘ
          |: |       ヽハ /|\ヽ   ノ
         ハ:|       ヽ/  |  `  '

    ┌──────────────────────────┐
    │妙にドギマギしているない子さんに、               ....
    │ノエルがいきなり(と、ない子さんには思えるタイミングで)   ....
    │振り返って声をかけました。                    ....
    │                                     ...
    │思わず素っ頓狂な声を出してしまうない子さん。          .
    │何というか、もう本当にコーフン状態です。             │
    └──────────────────────────┘



236 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:21:03 ID:vcYL98DM


    〃!            /   |__        |
    i |_|」 _      |    ,厶-‐( ` ー-=ニ、   |
    |´「八{    | | , ´〃 ̄ ̄`ヽ‐- 、   \  |    「悪いけど、そこのボックスに入ってる
  八| ,.ニ ミト 、ハ| j '-‐' -‐=    \ \, -‐ 、|     .小さいスパナ、取ってくれるかな」
  | く(´ん心ヾ   .′ xf云心ミメ、  ヽ /   _ \
  |   弋::ツ    l    ん:::::):}  )::>  }/  /   ` ヽ
  八           '.  弋)つツ '"  ,' } /  , -、  ヽ    「今ちょっと、手が離せないんだ」
    \          .    `゚゛      / しj   /´ ̄ ,  \
   ト \      ′ \       .イ / しノ  ,-‐く    |
   ト、              >‐-= =-‐ ´   |_ノ\    ├- 、
   | \     (::::)  (____ . _     ´        |ニニ\
   |   l丶.           .イ /   `ヽ          |ニニ二\
   ∨ハ|   丶        <〃/     /`¨广^ヽ、     |ニニニ二ヽ
    ヽ.|    ` ー=≦  |/ /     /l/`ヽ/ニニニニ}`   ├ニニニ二}





                 ヽヘ      \
                     \\,     ヽ
       |              V∧     Vヽ,
  /   │       !          V|ヾ      ゝ
 .  !  │    │  |    ヽ:      ヽハ      \
  | ∧ ハ   .│   |    ハ     ヾゝ::.:.:.:.:.:.  ヽヘ
  ::, -┴ 、   ::/l  :::ト、    ::l    ..:::Nl :.:.:.:.:.ヽ:.:. |
∠´     ヽ ::__:i l  :::l `、   :l    .:::::j:::.:.:.:.:.:.ハ:. ,
    ̄`~ヽ `y l l :∧:l__ `、 .::l ::::::::::::___:j:::.:.:.:.:.:! j/
  ヽ、    l/ /| -V ̄ヽ   W| ::::「二ヽ|.:.:.:.リ V     「……う、うん、分かった……」
、   l   /イ´:::! _______ | :::|┌j l.:.:.:/
_ \. L/ /!::::::| ' ̄|「::::::::::|「 〉 | :::|/// .:(
i ノ`'´  ∧ ヽ::|   ̄ ̄ ̄ ´ l ::::| / :.:ゝ\
二__ __ ,イ /  `   /////   } ::::|く´  :.| `ー
 || |「 |l |  r、       u ,ィ :::::| ヽ jノ

   ┌────────────────────────┐
   │ノエルの些細な頼み事を引き受けたない子さんは、    │
   │彼女が指示したものを持っていきました。          │
   │                                    │
   │でも、どうしてなのでしょう。                 ......
   │いつもやっている事の筈なのに、               │
   │ない子さんの胸は、妙に昂ぶっているのです。      ....
   └────────────────────────┘



237 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:21:14 ID:vcYL98DM


           ,. ´    _ _≧x、  ヽ
            / ⌒ ⌒    \ /ヘヽV」∠ヽ.   \ \
       /  .       \   \   マミ=∨}  }  厂`
.        / //   ,     |   ヽ   '.  / Vハ`ヽへ\\}
       / //  ./l  |  ! |  ヽ,  i   i / / || |Ⅵリ  厂`
.      /〃:!  ハ||  l\|lヘ |  | | l   |/ /  ,リソハi  、 \
     |l| | l_l!__||ノ || |l 、||\| | l   | /  /:|∨} }  厂`
     |l| | N| lハ || リ l厂下}T | | i  ./ l/j} j! ト、
      v{ Nf卞オヘl|  ___リ| l| | ト、 / j/ j!  レ
     |ヘ {xx ̄    ´  ヒう勿ハリ' .ハ } ハ /V⌒ヽ
     | ∧ヘ:::::::: u     xxxx/ /ノノ / レ'
     //  v \  t,  :::::::::// ////     「……はい、寒凪さん。
.    //   }!  }` ー‐r一 7/ /  //|      これでいいかな……?」
   〃_r≦二ヽ.jリ} .//   〃リ/〃//| |
    |! .リ  ァヘ. }7|//   /' //l |! /厶| |
    | /{   ィ }イ j〃ヽ   _,/イ-|从{{廴≫x--、
    r{.∧_〈.ノ/ .//    /   〃 Yリ´ /  {
    } \// {{ ∧/イ、\       〃 〃/ヽ   '、





                 ___
                ´    ` ̄`丶、
             /     _         \
             _      `\      ヽ
           / /         ヽ      '、
             / /    {   |\       ヽ  i
          ′     ,'|  |  ヽ\│    :|  |
            /     | / |l  i| 七ト-│ }  :| ,′ 「うん、いいよ。
        /イ  |  N-八__リ  '弋| /   i /     ありがとう、ない子さん――」
         | l  |ハ_|{代心    ''' |     八
         |八   i\`´  ,    レ|  :/⌒
         ∨ ' 、   ヽ   、-,  |  厂^>
.               ヽ   个ト  ..__ イ|  ∧_/
               }    |'V⌒ハ  /| ん' >‐ 、
               |人  |人  ┴〈  ∨ムイ   ヽ
                   ∧│    _人 |::::::::|     '.
              / Vト、    /∨ ::::::|     '.
              ,′  |::::`rー''´  /::::::::::| ヽ    ',

   ┌──────────────────┐
   │と、ノエルはない子さんから          .
   │スパナを受け取ろうとして手を伸ばし、  ....
   └──────────────────┘



238 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:21:27 ID:vcYL98DM



            /   /
          /   .l             \
         /       {     l            ヽ
       /       ヽ    \           ,
.     /          \ ヽ__ ー- 、         \
   /             }     ̄ `ー― ⌒ト、   ヽ
  /              /             l ヽ  l         ┌───────────────────┐
/                /  //  /l   r‐、   ',  {  l           │ふと、二人の指先が触れ合いました。      │
               /  //   / l  |  ヽ   l  ヽ __!         │                          ......
              /  / ./   / .l  l   l   |                  │ない子さんの指に、ノエルの冷たい肌の   ..
               /  /  /   /  /   '   |   |      _  ___   .│温度が伝わって、ない子さんは――      │
            l_./  /   /  /   /   .|   |   _f ̄_ノ/__ノ    └───────────────────┘
               /  /  /   /    j  レ' ̄_ノ | /  /
                ゝ./   f   /      >.-v  仏_  レ __{
                     `ー'       八 __) ‐         !
                             {    /  ̄ ̄ ̄  |  /⌒!
                            ノ      /  ̄   └― |  .{
                              人    /         ___ノ
                          // |`ー―个 、      <
                            | {__l_____l_____工フ´/:::::/
                           人            /:::::/
                        /::::::\_________.ノ:::::/




239 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:21:37 ID:vcYL98DM


               \    ヽ V/ / /
        __ , .イ       V }  イニミー- ノ
         ̄¨ー .,      /ヽ   / ヽ r-イ
           /     ./:::...:.>=<__:.:ハ \
         ./      i / <´       >::> >..._      ,ィ
  、__ , ィ    /   ハ !  ,, -        ハ 从 <    / '--ァ
    ̄ ̄= ≠  { i   /八! /           }/ ヾミ;、  ヘ   '-ァ
         /   !i!  //  ,'                \   ヘ=-┴
         ,'    ハ  川 /  ,     /              ヘ
       /     ∧ |  ,  ,'     ,ィ       ,'   i   ハ
     / _,      }! i  ,'   ,/ ,'    / /i   ./|    |
   / イ7      |  |  ,' ´¨,テナ=i‐-  ィ/ 十-.|,,_i    .i      「……ふんにゃあっ!!?」
    ̄  i    i!  从  | .i l / しヘ、//| ,孑气く     .|
       |  / .|   ∧ .| .| lK| {::::} |   l/l f:::i lヾノ/   |
       人 八 {、  ,' ∧ > l, 弋_辷'ン_      、辷ン  /  / ノ.,'
      / | {_ ノ!   |::|{ \!    ̄"´      `" ̄ イ.///./
       Vーイ{   |::| ト.、 > u         '    イ/
            /   .|::| |::|::| xxx       xxx ,ィ'
         /  /Y゚|::| |::|::|、    ⊂ニ=⊃  /
         /../ _ト.|::| 川゚|          /   ┌────────────────────────┐
         ー  y' "   ノ/!_|  .|: |,,,__    l ̄ ´  │と、猫の如き妙ちくりんな大声をあげてしまいました。    .
                   y' `~~"'-ミ二ニl       └────────────────────────┘
               >'"         t、
             /             \





          /                   \
        /   /       .:/        \   ヽ
.       /   /       .:/::/        ヽ
     ,′               }      jハ  ハ
         :/          /          i |   :i
      { / :;′        /   /  /}    / /| |  |  |
     V .:{:         i   /  /メ   /|: /⌒|  |  |
     八 .::.        | イi|: //___/i_j厶:/厶イ │
     {:ハ::ハ        |/斗七=ミ     ヒツノ/ .:i:ノ  リ   「……ない子さん、どうしたの?」
.       ':∧:::{   !八ヽ弋)ソ           ::|: |: /
.         j:ハ :::.   |丶:\         '   '  :|/|/
       /⌒ヘ |)、   ::l⌒ u.   _    厶イ::|
.   /⌒フ   ヽ|ハ:.  ::ト      ´   イ  !::|
   /  ´ ̄ ̄ ̄\!  :.   ::| >  _..、< |::i:: :八|
.  /   /:::: ̄`丶\∧  |`ー┴'⌒} ヽ|::i:: l
 /  /\::::::::::::::::::\ヽヘ │    人  )人:│

     ┌──────────────────┐
     │ない子さんのあまりの怪しい言動に、   ...
     │さすがのノエルも思わず訝しみます。     │
     └──────────────────┘




240 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:21:47 ID:vcYL98DM


                |\_  ̄ト、ー―-、
          _____> \| L___|
          >_____    ___ <
           l/        ヽ /    \!ゝ
        /      /ミヽ Vr勿\   \ヾ
       //  >-―┴┴- ∠.:\lVVV\\
     ∠/  /   u        ヽ   ゝ 》
     /:/: . : /: . : . : . : . : . : . : . : . : . : .. :ヽ: . :}: | ノ
     /:/|: . /: . : . : . : . :/: . : . : . : . : U.   ',:.:| :∧
      |/ :|: /: . : .:/: . : . ハ:: . : . : . : . : . :  .  ', |'  |
     j:/!: . : .,': . : ./ハ:|: . : .// /レ'|i ト、|: . N  l
      ハl   l i.〃 -一_,\ |l ,_ー- \ヽ l i |.| l l|    「にゃっ、なっ、なんでもないよっ!!
       ヽ!  ハ〃 z≠ミ  ゞ z≠ミ´ 入 | l | ll      だっ、だぁっ、だから気にしないでっ!!」
.       i Y/   Y ゚   ///////   ゚ / 》 ///i | |
.      .| l !   ハ    r -‐-、 u イ/ /レ'|.i ト、|
.        ハ~ ゝ! \   |   j ∠/ //レヘ トヽハノ
           , --`>ヽ-- ' _ ´ム ム/、
.         /l ヽ` \ 、  u イf´┐Yヽ、
         /  \ \i> ー ´く 、`ヽ  } ヽ
          /  / ̄/7へ、 : : : : : v〉   ノ  i
       /   .{    ^、} : : : : :/    //  !
        /   f::.\    ヽ : : :」ー―‐く/   |





///////|                   ヽ     ヽ
///////|                 Y      .
///////|              i
///////|       ′         i}        Y  i
///////|    /          リ   }    i  |
///////|  / 〃         /         |  }
///////| イ_/ {_       イ/     /    |  /
///////|          ̄_ \ 」〈   //     i| ./
///////|         〃(r:::::ノリ^≫イ/     l}/
///////|        ` ー ´    ′ /   リ
///////|              /  /  / /      「……どう見ても、
///////|          U   /   /  / /       何でもないように見えないんだけど……
///////|          < _ . イ  /イ
///////|⊃          i        ハ {
///////|             イ |      {
///////|_    -‐  /: :|    /ハ            ┌──────────────────┐
///////|         /: : : :i    /\                 │ノエルの至極もっともな突っ込みを、   .....
///////|___   /: : : : : :i    /: : : 〉_             │ぱにぽにパニック状態なない子さんが   .
///////|: : : : : : : : : : : : : : :.   /: : /: : :\           │上手くかわせる筈もなく、そして、     .....
///////|: : : : : : : : : : : : : :.ノ  }/: : : : : : : : : : :.           └──────────────────┘
///////|: : : : : : : : : : : : :ー:イ/: : : : : : : : : : : : 〉




241 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:22:03 ID:vcYL98DM


                 ヽヘ      \
                     \\,     ヽ       ,ィ
       |              V∧     Vヽ,   / '--ァ
  /   │       !          V|ヾ      ゝ  ヘ   '-ァ
 .  !  │    │  |    ヽ:   u  ヽハ      \  ヘ=-┴
  | ∧ ハ   .│   |    ハ     ヾゝ::.:.:.:.:.:.  ヽヘ
  ::, -┴ 、   ::/l  :::ト、    ::l    ..:::Nl :.:.:.:.:.ヽ:.:. |
∠´     ヽ ::__:i l  :::l `、   :l    .:::::j:::.:.:.:.:.:.ハ:. ,
    ̄`~ヽ `y l l :∧:l__ `、 .::l ::::::::::::___:j:::.:.:.:.:.:! j/
  ヽ、    l/ /| -V ̄ヽ   W| ::::「二ヽ|.:.:.:.リ V       「……ああっ、そうだ忘れてたっ!!
、   l   /イ´:::! _______ | :::|┌j l.:.:.:/          今日はちょっと少し何となく大事な用事があるんだったぁ!!」
_ \. L/ /!::::::| ' ̄|「::::::::::|「 〉 | :::|/// .:(
i ノ`'´  ∧ ヽ::|   ̄ ̄ ̄ ´ l ::::| / :.:ゝ\   「だから今日はもう帰るねでもまた明日来るからねっ!
二__ __ ,イ / u .`   /////   } ::::|く´  :.| `ー    それじゃあバイナラ!!」
 || |「 |l |  r、       u ,ィ :::::| ヽ jノ


     ┌──────────────────────────┐
     │と、あからさまに怪しい態度と別れの言葉を残して、       .
     │ほうほうの体でノエルの元から帰る様に逃げ去りました。    .
     └──────────────────────────┘


              /          \      \
             / /            \      \
             ,       /             ヽ                   f´ ̄ ̄ ̄`ヽ
          / /     /      ∧     i       ハ           | …ピューッ!! .>
            / /     /         l ',               i           廴___ ノ
              /      i| ,イ     ,イ| 斗 ト
            ' i    ,イム| |   |凵  V \         l
           ,  |   「'リ _ W__」          \!
          | ト  |  ,-==、      ,≠=x  |       |  |
        |   リ \| 〃 :О      ´ О: ゝ./      |
        |∧        -=-        -=- ' /      | /
        リ :|   ヽ         、       /         N    「……ホントに、どうしたんだろう……?」
          |    ',                 / イ       /|
            、    ト                ´ /     /V
               | ヽ      ‐-、   U |    /´
            i     !   \      ̄      /l    / ヽ
            |   `↓ヘ / `  、   _ <.  |  /   〉
            | .ハ | {   、 ハ`    , - |  ハ_∧
           レ l  !  l\ \__, 7´   |/_/    ̄ヽ
             \| ∧ i       /    厂 \    \
               /:.:.:|     > '´|   /    ` ─、─‐'
             /i.:.:. |   /    |  /            〉

      ┌──────────────────────┐
      │一人ポツンと取り残された形となったノエルは、  ......
      │明らかにおかしかったない子さんの様子を       │
      │怪しみましたが、                     ...
      └──────────────────────┘



242 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:22:13 ID:vcYL98DM


                 ___
                ´    ` ̄`丶、
             /     _         \
             _      `\      ヽ
           / /         ヽ      '、
             / /    {   |\       ヽ  i
          ′     ,'|  |  ヽ\│    :|  |
            /     | / |l  i| 七ト-│ }  :| ,′
        /イ  |  N-八__リ  '弋| /   i /
         | l  |ハ_|{代心    ''' |     八
         |八   i\`´  ,    レ|  :/⌒       「……まっ、別にいっか。 さて、続き続き、っと……」
         ∨ ' 、   ヽ   、-,  |  厂^>
.               ヽ   个ト  ..__ イ|  ∧_/
               }    |'V⌒ハ  /| ん' >‐ 、
               |人  |人  ┴〈  ∨ムイ   ヽ
                   ∧│    _人 |::::::::|     '.
              / Vト、    /∨ ::::::|     '.
              ,′  |::::`rー''´  /::::::::::| ヽ    ',
               {.  、|::::: |    /::::::::::::{ ハ
               j    |:::::⊥...r‐厶:.::___∨ ヽ    '、
             ,′   l/  {::{      ̄ ̄ ̄`  '、
              /  /〔‐ュ   ィ⌒> ..._         }
           /  〈`ーイ /::::::::::::::::::::::::::::>::ーr---一

     ┌───────────────────────────────────┐
     │と、あまり気にする事もなく、そのまま作業を再開しました。              ......
     │どうやらノエル、割と鈍感なタイプなようです。                       ...
     │                                                    │
     │あるいは、『やらなきゃいけない事』が頭の大部分を占めている              │
     │ノエルには、他の事柄について深く考える余裕などなかったのかもしれません。    │
     └───────────────────────────────────┘



243 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:22:24 ID:vcYL98DM






  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::;;;,,,;;;,,,,;;;;;,,,,;;',,;;;';::::::::::::;;;;,,,;;;,,,,;;;;';;;,,,;;;':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;,,;;;,,,;;':::::::::;;;,,,;;,,,;;;;,,,,;;,;;';::::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: _______________:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/;:::':::;:::':::;:::':::;:::':::;:::':::;:::':::;:::':::;:::':::;:::':::/' \::::::::::::::::::::::::::::::;;;,,,,,,,;;;,,,,,,;;
     ○     /;:::':::;:::':::;:::':::;:::':::;:::':::;:::':::;:::':::;:::':::;:::':::/  \ \:::::,,,,,,,,;;;,, ┌─────────────────────┐
 ;;ミゞ,   ||  /;:::':::;:::':::;:::':::;:::':::;:::':::;:::':::;:::':::;:::':::;:::':::;/     \ \:::::::::::::│一方ない子さんは、家に帰っても           .
 ;;;ヽミゞ;,;||;/;:::':::;:::':::;:::':ノヽ;:::'::ミゞ`;;:ノ; ミゞ;:::':::;::::;:::/     ロ   \ \: : │胸のドキドキが何故かおさまりませんでした。    │
 ";"ミゞ:; ||, ̄| ̄ ̄ ̄ 彡ヽミゞ:ノミゞ;ノ:;ミ;  ̄ ̄ ̄|           | ̄    └─────────────────────┘
 ノミミゞ:; ||,  |  |ニlニ彡ヽミゞ:ノミミゞ;彡 ミ lニl  |     lニlニl   |
 ;;ノ彡ミi ,||ゞ, |  |___l;彡;;i;ヽミゞ;ソミ;;彡::ノミゞゞ__|゙ |     |___l___|゙   |    ;":;;:
 ノ;ヽミゞ゙||ミ;;ゝ    ノミヽミゞ;ノミミノノ;;ii;;;ヽミゞ,   |   iニニニニiニニニニi  ;::;;":;;';; ;":;;
 彡|l!:ミゞ||.  |  |ニl'ノ彡ii;ミミヽミゞ;;彡|l::lニlニl  |   i :::┌─||;i:::: i | ||  / ̄ ̄ ̄ ̄
   |l!   ||.  |  |___l___| .|l!   |l! ";:;|l |___l___|゙ |   i ゙ |i:i:i:゙||:|  i | ||   | ̄ ̄ ̄;":;;
 _|l! _||_.|_________lii:____lii:___|l!゙____|__i___|i:i:i:゙||:|_i.._| ||______
 _|'ll:,__|_|________,|'ll:,__,|!li,____,|ll:,_____________________
 ==============================================




244 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:22:34 ID:vcYL98DM



             !/ /     .ヘヽV」∠ヽ.   \\\
          __ノ/ .. - 、 ̄ ≠‐ - :.:`ヽへ  \\}
            フ  /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ:.:V| !   V {
          ///: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :Ⅵリ : : : : : :、
   .       i//: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ∨ハ: : i: : 、: \
          /:: : : : ::| │: : : : : : : :ヽ: : : : |: : : : | ∨} : }: : :厂`
            |: : |: : :/|: :|: : : : : ヽ│: | : : : |: : : : レレ∨}:j!: : ト、
            |: : |: : l:八:|: : : : : : :ト|、:|\ : | : : : :}∨j/: :j!: : :レ
           |: :i|: : |  人: : |: : 八|∨ ̄| ∧: : : ル─く/V⌒ヽ   「ど、どっ、どうしてだろう……?」
           |: :i|: : |/ _\|: /  ィうi心、 |: : //⌒Y}:厂! !
          厶八.:ハ. xぅ心|/     VJソ 〉|: ∧し///.:|!ノ| {
           |: :\∧ヽVソ  u        (|/\\イ : :ハ∧ゝ
           |/∨/ // ) ,     (\ ヽ ',ヽV N
               〈/ {∨ /xx      xxヽ丶 | | | |八
              {  |/ 〈、  ‐-―   } j_| l | |\
                   j  } >   _,.. ィノ `  ` }  〉ー---――-、
                 丶、 '⌒丶  ∨|く/     / /     /
              /{ ̄\     \ マ7     u  / /     /    |

         ┌───────────────────────────┐
         │こんなに頭の中が沸騰しそうな状態になってしまったのは、   ...
         │美樹さやかの家に遊びに行った際、彼女の彼氏が         .
         │置いて行ったという、今日見たそれよりも遥かにヒワイで      │
         │エロエロでそのままズバリ、いやズブリなDVDを、         ...
         │友人数人と共に生唾を飲み込みながら観た時以来です。    ...
         └───────────────────────────┘



245 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:22:46 ID:vcYL98DM



          ┌─────────────────────┐
          │ノエルの横顔を、声を、少し露出した肌を     ...
          │思い返す度に、ない子さんの体を駆け巡る、   ...
          │あやふやな高揚感と、ほのかな熱。         │
          └─────────────────────┘


                  _,. - ''  ̄ ̄ `
               ,  '´                 `ヽ
             /                    \
            /                       ヽ
            /                          ',
           ′   /               \           ',
          ,′   /    !          ',    `      i
          {     .{      ハ     .!      |       i   |
          i     i  /    .!   ト     .|       |  .|
          |     | .!   八   .!ヘ..==┼      |  i
          ',    |-十.‐  !  \ ! 彡キ示ミァ     | ,'
          i    .l  《テ;ミト、 \  {::t:i::/       |./
           i     !人.ヽ弋ッソ      .ゞ‐'/.イ   !,イ /
           .|    ! ` .ヽ,,,        "" .ム.i  / l/      ┌─────────────────────────┐
           | .ハ `|  ト、   ´         '| ./ヽ′       │ドキドキして、顔が熱くて、胸が少し苦しくて。          .
           レ l  ! ゝ  |i{ `  .  -   イ  | ./  〉      .│でも何故か、嫌な気分じゃない、そんな不思議な感覚。  .....
              \|  l\ヽ.  > .‐ ァ ´   | //  ̄  ̄ヽ    └─────────────────────────┘
               ∧ i\}     /     |/ \    \
               /:.:.:|    \_ /   / '   ` ─、─‐'
             /i.:.:. |   /    |  ./            〉
                | :. !:.:.:.:\_    レ'     > <_  /
               }、/|.:.:.:.:.:/.:.:.:`..───...、_/i弋ニノi:',ヽ
               |:.:.:| :.:.:./ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:
               |:.:.:|o :/ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:| i
               |:.:.:! :/ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ .:.:.:.:.:.:.:.:. └───┘}
             \|:.l:.:.:.:./\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、|
                 |:.:l:.:.:〈   \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.




246 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:23:01 ID:vcYL98DM




      ┌───────────────────────────┐
      │自分でも自分の事が我が事ながらよく分からなくなってきた    .
      │ない子さんは、何だかもう何もかも面倒くさくなって、         .
      │その夜は、先週買った『レッド・デッド・リデンプション』の      │
      │続きもやらずに、ふて寝してしまいました。               │
      └───────────────────────────┘


                   、  __
              ィ ‐、|V´ <
             /__/:\∧. :.\
          __/ ̄. : . : . :⌒ヽ. :\       __
          |/. : . :,-、. :斗- 、.:|. : .|ヽ===| |  「……もういいっ! 寝るっ!!」
.           |l. :|. : _l__!.:.:」_」i__ :!.:l.:.!|     .| |
         ヽi: |.:ー)\|ー).:l :l./:!.:./      | |
       _rーー‐‐- 、 _  uiレ!イ /レ ̄ヽ.___| |
     __ノ ̄ ̄ ̄ ̄` ヽ__`-ー´⌒ヽ_ノ  /| |
  / ̄     ヽ_ _  ーー ヽ__ ヽ、. /  | |
 ノ                    `ヽ/|  /| |
/                       ) |/  |_|
                      / |  |
                    /   |/




247 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:23:11 ID:vcYL98DM


,.:,; ' ''.. .,;.'..:⌒`;,: .  ..;;.,                              ` 、  '
 ,,.;. ; :.,   .. .''... .. '   ..;,):.,,                         ‐―  ○ - ‐
        ''  '.': ;,::. .  ..., ;)                         , ' ヽ
 .''.:.:´⌒`.: .: ...    . ...,. . ,;                             ,.    ヾ     ┌────────┐
.''':. .,'''.:;. .:: .'. ,.:,;  ...,; ''                          , '             │そして、翌朝、   │
-'' ' '   ー'' ー  ''' ''                                         └────────┘
                                       .:: ..'...:⌒`  : .: ..,,;.,
                                 .: ...:::⌒` ''           '.':. .,.; ,..
    f´ ̄ ̄`ヽ                   (    .: .....:   ...:.: .: ⌒` .: ..:.: .: ... .  .:.:.
    | チュン… .|                    (., .: ... : .  .:  .  ::: ....::.. :  . .: ... .. .
    廴__ ノ                       ` . :. .;;,  .:;.   .  .  .:    f´ ̄ ̄`ヽ
                                      '' ' 'ー '''  '' ―''' '' | チュン… .|
                                                   廴__ ノ
       ;"ヾ;   ;"ヾ ;"     ;:;:.;:ヾ     ノ ;ヾ
f´ ̄ ̄ ̄`ヽ.;:ヾノ)) " ;";  "ヾ ;" "  ;ヾ " ;  ヾ ;ヾ    ;;;ヾ ";;;ヾ";""
| アサチュン… | ;";ヾ;"  ;ヾ ;ヾ ;  r""ヾ ;))ヾ ;":;:.;:ヾ ; ;ヾ     ;ヾ ;;: ノ
廴___ ノ;ヾ r:;:.;:;":;:.;:;ヾ ;ヾ ;"ヾ ;:;:.:;:))      ";ヾ   ":(^);r ;ヾ  ;   ";:""; ";
:;:.;: ; " ;;" ヾ((ヾ:;:.;: ;"  ;ノヾ" ; ;:(^) ヾ ;";ヾ ;ヾ   "〃;ヾ ;ヾ":;:.;: ; ;ヾr ;;"  ..,,







248 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:23:23 ID:vcYL98DM




                  _   _,
               ___,> Y´'ー-、
              _>z二_ ___`ー≧__
              >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
             /        ヽ `Y′之>
           /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
            l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
            |ハ |rr=-  r=;ァ / / ,/レ′
             `|///  /// 「)'/|/   .__        「……ふわぁ~~、よく寝たぁ……」
           「|=ヽ、_  △  ,ィT/=== :| |
           | |   l 7ニ::ィ1│     .| |
           | |   'イ ∞` l┘     .| | f´ ̄ ̄`ヽ
           | |    i || | | ̄ヽ,___゙| | | ガバッ….|
         / ̄ーユ¨‐‐- 、_| |__ノ   :/| | 廴__ ノ
       _/     ` ヽ__  `-    ./ .| |
___ /          `ヽー、}  ./  /| |_____
    ノ           ヽ__  `ヽ./  / ..|_|
  /                ノ|  /
/                 / |/
|      .|           .| | | 
.|      |           |_ |/ 
| |     |       |  ノ| ||/   
|_|___ノ|____|_ノ |_|

     ┌─────────────────────────┐
     │スッキリ爽やか目覚めたない子さんは、             │
     │昨晩悩んでた事をさっぱり忘れた……             .
     │訳ではありませんが、不可思議な胸の昂ぶりは        .
     │おさまっていたので、昨日は少し体調が悪かっただけ。   .
     └─────────────────────────┘

          ┌───────────────────────┐
          │そこにあんな変な映像を観せられたものだから、   ....
          │思わず体の方も少しおかしくなっただけと、      ......
          │一人勝手に納得してしまいました。            ..
          └───────────────────────┘



249 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:23:38 ID:vcYL98DM


               |\_  ̄ト、ー―-、
         _____> \| L___|
         >_____    ___ <
        l/        ヽ /    \!ゝ
       /      /ミヽ Vr勿\   \ヾ
     //  >-―┴┴- ∠.:\lVVV\\
    ∠/  /            ヽ   ゝ 》
    /:/: . : /: . : . : . : . : . : . : . : . : . : .. :ヽ: . :}: | ノ
   /:/|: . /: . : . : . : . :/: . : . : . : . :  .   ',:.:| :∧
   |/ :|: /: . : .:/: . : . ハ:: . : . : . : . : . :  .  ', |'  |
    j:/!: . : .,': . : .:/: .|: . : .// /レ'|i ト、|: . N  l
     ハl   l i.〃  __\ |. , _´_ \ヽ l i |.| l l|
     ヽ!  ハ 〃_,r==ミ ヽ!  r==、 ∠ l l !.| l |   「こんばんわ、ない子さん! 今日のチョーCはどんな感G?」
      i Y/   Y               / 》 ///i | |
       | l !  .ハ ´´   _ '_  ´´ イ/ ./レ'| ト、|
      ハ~、ゝ>.、  Y  ソ   ∠//レヘ トヽハノ
        レk レ  `>.- _ 一´ム ム/r
           ,/ ̄`> -- ' _ ´ム ム/  、
          /l ヽ` \ー 、.   イf´┐Y  ヽ  f´ ̄ ̄`ヽ
        /  \ \i> ー ´く 、`ヽ  }   }  | ガチャッ .|
       /  / ̄/7へ、 : : : : : v〉   ノ   i  廴__ ノ
.      /   .{    ^、} : : : : :/    //   !
.      /   f::.\    ヽ : : :」ー―‐く/    |


   ┌──────────────────────┐
   │次にない子さんがノエルの元を訪ねた時には、    .
   │もうすっかり元通りのない子さんで。           │
   └──────────────────────┘


             /      /      \
                  /     ヽ    ヽ
           /  /    |   /   ハ    '、
                 ,′   /  /∨  j∧   ハ
           {  {    {/l/⌒|   厂Lj V
.             ∨      代)::ア  ̄ イ):ア リ  l |
              } 八.   八| 、、、     / 八|
           ノヘ::::::..   |\    '  ,′,′
              ヽハ.  |、     ‐  ノ /   「……おそらQ、まあまA……これでE?」
                イ::::} :|: > ,_  <|:: リ
              厂V{ ト、   { ノY^|::人
               /⌒  ∨  ̄ ̄ 人_|/_>
           /(>┬-、 `ー─=彡  〉`ヽ
          /⌒\/  \        /  }ハ
            /    ヽ    }\_roイ  }   ',   
              }        │    | ∧  
        〈/     rーー‐┐  :| r-─ヘ _∧     /゙)
        /     │|―┬-┤   ├┬‐イ      / ヘ、
        ,′     ./|│  {}  |  o| | {} |   〉  /r仁 }
         〈_     _ノ│  {}  |   :| | {} |_ .. イ  _{ fー ノ
         「`ー¬´  L....⊥...」    └┴'''7   | _{:{/` /
         |    |         │    ハ  '"´ ヾ=r'′
         |     |          o|    {ハ     /
         l     |            孑    ) ヘ_   /

   ┌───────────────────────────┐
   │ノエルもまた、たまにはそんな日もあるのだろうと思い、      │
   │様子がおかしかったない子さんについては、           ......
   │記憶の片隅に放り投げ、そのまま忘れ去ってしまいました。   ..
   └───────────────────────────┘



250 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:23:53 ID:vcYL98DM



        ┌──────────────────────────┐
        │結局ない子さんは、自身の中を静かに駆け巡り始めた、     │
        │幼い微熱の正体に、気づくことはありませんでした。       .
        └──────────────────────────┘

                    \    ヽ V/ / /
             __ , .イ       V }  イニミー- ノ
              ̄¨ー .,      /ヽ   / ヽ r-イ
                /     ./:::...:.>=<__:.:ハ \
              ./      i / <´       >::> >..._
       、__ , ィ    /   ハ !  ,, -        ハ 从 <
         ̄ ̄= ≠  { i   /八! /           }/ ヾミ;、
              /   !i!  //  ,'                \
              ,'    ハ  川 /         /           ハ
               /     ∧ |  ,         ,ィ     ,'   i    .
            / _,      }! i      / ,'   ./ /i   ./|   ハ
        / イ7      |  |      ,',,-―i-  ィ/ .|-― .|、 i   .i
         ̄  i   i!  从  |   i ./|/―-| //   !/- 川,;   .|
            |  / .|   ∧ .|   |/ィt=≠ト    ィ示尓//    :|
            人 八 {、  ,' ∧ >  Y Ⅵ::j:! j     じ::j //  / ノ.,'
           / | {_ ノ!   |::|{ \ ヽゞー ¨       ̄ イ ///./
            Vーイ{   |::| ト.、 >ー       '   イ/             __
                 /   .|::| |::|::| ゝ.          .ィ"         ,.≠.-!./_  ヽ
              /  /Y゚|::| |::|::|   |> .  ` ´ /ハ!        /: : : : : : : : : ヽ. ィ }
                /../   ト.|::| 川゚|  /V=、>  イ┐{       .  / : : : : : : : : : : : : X
             ー "   ノ/!_|  .|: | ./: : : : : :\∧/∧ー-、      ./: : : : : : : : : : : : : : : }
                      |_ ,,ィ:トミミ= 、_:_:_:_:_:_:_: イ: : : : :\>=彡-: : : : : : : : : : : : : : ::i
               ,. .-: :¨: : : : : : : : : :`:====≠: : : : : : ヽ: : : : : : : :ヽ: : : : : : : : : : /
               ,': :  ̄:>: :_: : : : : : : : : : : : : : : : : : :.ト、: : :\!: : : : : : : : : : : : : : : : :/
               i: : : : : : : :ハ: : : : : : : : : : : : : : : : : :.:| ヽ: : : \: : : : : : : : :r=- ''¨
              /^: : : : : : : : : :',: : : : : : : : : : : : : : : :.::.:|   \: : :.ヽ: : ;.''¨
            ,.イ: : : : : : : : : : : : ',: : : : : : : : : : : : :: : : : |__ ノハ: : : V"
         ,..:": : : : : : : : : : : : : : : : :!: : : : : : : : : : : : : : : : | {>ー<}ハ: : :i
___,,.-=¨: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :: : : : : : : : : : : : : |      .ト: : l
: : : : : : : : : : : : : : : : : : :: : : : : : : : : : : : : : : : : : :: : : : : : : : : : : ,'     .|ハ: :|
: : : : : : : : : : : : : : : : : : :: : : : : : /V=-: : : : : : : : : : : : : : : : : / ┌──────────────────────────┐
: : : : : : : : : : : : : : : : : : :: : : ,."   V: : : : : : : : : : : : : : : : /   │ない子さんがそれに気がつくのは、まだもう少し、先の話。    │
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : /      V: : : : : : : : : : : : :./      └──────────────────────────┘
: : : : : : : : : : : : : : : : :./          V: : : : : : : >-'"            i
: : : : : : : : : : : : : : :/              V: : :ィ"¨               |
: : : : : : : : : : : : : /             \:.:ハ                   |




251 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:24:04 ID:vcYL98DM



                       ●


                       ●

                      ッィ
                  __∑仆≧
                / , , ヽ`‐ £
            ,-ヽ  |/i /|/! ∧.l u i.|
            ゝ、)   |/T |/ T`|)ル/  テンカン チュードク…
              σ-=‐--- 、-`、
               | .バメン φ__)ヽ
             ̄ ̄`ー=一' ̄ ̄ ̄ ̄


                       ●


                       ●




252 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:24:56 ID:vcYL98DM


     ┌──────────────────────┐
     │それは、またある夜の事。               ....
     │                                │
     │ノエルはいつもの様に作業を、              │
     │ない子さんはいつもの如くそれを眺めていると、  .....
     │二人の元に珍客がやって来ました。         .....
     └──────────────────────┘

                       /     `丶、
                        /     , /ヽ、  \
                    ,__ノ   / /|/L.._ },ハ|  ト、
                    `7   /|/´   ,_  |  |
                      レ ハ{ ,ノ        j |
                      |ハ j、  !   __   ハN
                        `|,ハ.  、'´ /  八|     「イェ~~イ☆ ノエルちゃん、元気にしてたか~い?」
                          \  ̄   / |リ
                                - ゙   |
                             _」       |、_
                  _,、____ ,. -‐ヘ,寸 }     _} 厂` ー- 、
                  }: : : /    V '、   ‐,ァ゙ /      `ヽ
                  ,_,,」: : j       \\ _//           }、___
                  r'^ 〈 : : /  }      \_,/          _」ン . : : 八_
    /⌒ ー- .._   _,≧ン゙/ ___」                 //. : : : : : >'⌒´ ̄
  ,ノ. : : : : : : : : : `'<.._ ̄ ̄ ̄  !                  /_... : : : /. : : : : : : : :
  |: : : : : : : : : : : : : : : : : :二` : : : ;ハ                /. : : : : :/. : : : : : : : : : :



      ┌────────────────────────────┐
      │ノエルが『折原さん』と言っていた、あの時の陰険そうな男と、     .
      │相変わらず失礼な言動の粗暴そうな男の二人組です。        .
      └────────────────────────────┘


                    -- 、 ,ィ -- 、
                  ,.-‐ '´ r-ミヽ / へ,.-、\
               / _/ ̄ .r-、ヽ/___   \.\
                 / .// ..:..:..:ム___.∨:___ヽ.   ヽ ',
            <...:.l..l l..:.:ハ..ト、       }..:..:..:..:.l ヽ
            ≦..:..:..vl:l >l-トl、 l  ,  レ }/l.:./: く
             ろ_..:.l..:| ¨_二ヽニァ}.l l ___ノ,ニ>イ..:..:ミ
          ,. -く. /.}__:l  ! {_:j ' >  Z''r‐-、 }..:__.「   「おっ、今日はあん時のイモガキも一緒なのか」
          l   / Y.:.:.}-<´       |       l/r V
          r┴‐く ̄.|`'7  }      |       .ムy /
          /¨'‐ 、. \\|  {      ' ^      .ム ノ     「ノエルと並ぶと、まるでムーンと
          |ヽ   `く ). ` l  r――――‐ァ  /¨       スッポンポンだなっ! カッカッカッ……♪」
         l  `¨' ‐ク   |  `ー……―'  ./
        ',        /\    ̄ ̄   ./l
         ヽ        ,.イ_ . \     /  |>、
      ___/ `ー   /|  `  、_ ̄ ̄_,. -‐'  .| \-- .._
__.  -‐ ' , -/ \     / .|   | ̄`'┴┴  ̄|  .|   ヽ     ̄¨ ー―‐┐
 \  / \   ` 、. / .|\   フ¨'T T T弋 / |   ヽ             ヽ
  .\/    \     7 .ト、 \/ l  l | |  ' l .|    ',        l   ヽ




253 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:25:09 ID:vcYL98DM

                  
                |\_  ̄ト、ー―-、
          _____> \| L___|
          >_____    ___ <
           l/        ヽ /    \!ゝ
        /      /ミヽ Vr勿\   \ヾ
       //  >-―┴┴- ∠.:\lVVV\\
     ∠/  /            ヽ   ゝ 》
     /:/: . : /: . : . : . : . : . : . : . : . : . : .. :ヽ: . :}: | ノ
     /:/|: . /: . : . : . : . :/: . : . : . : . :  .   ',:.:| :∧
      |/ :|: /: . : .:/: . : . ハ:: . : . : . : . : . :  .  ', |'  |
     j:/!: . : .,': . : .:/: .|: . : .// /レ'|i ト、|: . N  l
      ハl   l  /ヽ、_、;: | ,_,.ハ\ヽ l i |.| l l|
      ヽ!  ハ ./-― o- ヽ! - o―- 〉  l l !.| l |        「……何しに来たのよ?」
      i Y/  Y.l ` ー     ー ' / 》 ///i  |. |
      .| l !    |´´´    '    u´´.イ// /レ'|  i ト、|
        ハ~、ゝ>、   (_)   ∠/ / /レヘ トヽハノ     「まっ、まさかまた寒凪さんをっ……!?
         レ//, 、/⌒ > - ァ ´ ム ム/    
         /,.-/_ く  `ー '"´   ノ  \ 
      . / __)/`ー--- ‐ '"ヘヘ   ヽ
       /    ___ノ    ,.     il    〉
       !   __,ノ   /      ヽ   l


     ┌────────────────────────┐
     │と、すぐさま警戒態勢に入ったない子さんを尻目に、  ......
     └────────────────────────┘


             /      /      \
                  /     ヽ    ヽ
           /  /    |   /   ハ    '、
                 ,′   /  /∨  j∧   ハ
           {  {    {/l/⌒|   厂Lj V
.             ∨      代)::ア  ̄ イ):ア リ  l |
              } 八.   八| 、、、     / 八|
           ノヘ::::::..   |\    '  ,′,′
              ヽハ.  |、    ー  ノ /    「……こんばんわ。今日も持って来てくれたの?」
                イ::::} :|: > ,_  <|:: リ
              厂V{ ト、   { ノY^|::人
               /⌒  ∨  ̄ ̄ 人_|/_>
           /(>┬-、 `ー─=彡  〉`ヽ
          /⌒\/  \        /  }ハ
            /    ヽ    }\_roイ  }   ',
              }        │    | ∧

  ┌────────────────────────┐
  │ノエルは何だか、ちょっと歓迎しちゃってる様子です。   │
  └────────────────────────┘



254 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:25:21 ID:vcYL98DM


           ,. ´    _ _≧x、  ヽ
            / ⌒ ⌒    \ /ヘヽV」∠ヽ.   \ \
       /  .       \   \   マミ=∨}  }  厂`
.        / //   ,     |   ヽ   '.  / Vハ`ヽへ\\}
       / //  ./l  |  ! |  ヽ,  i   i / / || |Ⅵリ  厂`
.      /〃:!  ハ||  l\|lヘlLA:A}.l   |/ /  ,リソハi  、 \
     |l| | l_l!__||ノ || |l 、l「_⊥ | l   | /  /:|∨} }  厂`
     |l| | N| lハ || リーチィて::ルT | i  ./ l/j} j! ト、
      v{ Nfト,ト,≧、 ´ ヾ:斗.リ| l| | ト、 / j/ j!  レ
     |ヘ {  代:z〉    ´  u リ' .ハ } ハ /V⌒ヽ
     | ∧ヘ  ハ´ ヽ _._   ./ /ノノ / レ'
     //  v  .i..ト.       // ////          「……寒凪さん、どういう事?」
.    //   }!  }`  `7ヲ.´ 7/ /  //|
   〃_r≦二ヽ.jリ} .//   〃リ/〃//| |
    |! .リ  ァヘ. }7|//   /' //l |! /厶| |
    | /{   ィ }イ j〃ヽ   _,/イ-|从{{廴≫x--、
    r{.∧_〈.ノ/ .//    /   〃 Yリ´ /  {
    } \// {{ ∧/イ、\       〃 〃/ヽ   '、
   ノ     ̄ /f 〃/o〉二二二.≫イ    }    }





                 ___
                ´    ` ̄`丶、
             /     _         \
             _      `\      ヽ
           / /         ヽ      '、
             / /    {   |\       ヽ  i
          ′     ,'|  |  ヽ\│    :|  |
            /     | / |l  i| 七ト-│ }  :| ,′
        /イ  |  N-八__リ  '弋| /   i /     「あっ、そういえば、
         | l  |ハ_|{代心    ''' |     八      ない子さんに言うの忘れてた。実はね――」
         |八   i\`´  ,    レ|  :/⌒
         ∨ ' 、   ヽ   、-,  |  厂^>
.               ヽ   个ト  ..__ イ|  ∧_/
               }    |'V⌒ハ  /| ん' >‐ 、      .┌───────────────────┐
               |人  |人  ┴〈  ∨ムイ   ヽ    │事態をよく把握出来ないない子さんに、    │
                   ∧│    _人 |::::::::|     '.    │ノエルは、ポツポツと説明を始めました。   .
              / Vト、    /∨ ::::::|     '.   └───────────────────┘
              ,′  |::::`rー''´  /::::::::::| ヽ    ',




255 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:25:31 ID:vcYL98DM


|| #  |            .:;,                   .:;,;
||    :|    へ                  .;:,
||    :|    _____       #;                       .;:,:
||   ,;: |    |         ||   _________     ζ
''     |    |         ||  /::<><>::/:<><>.>/|            .;:,:'
     |    |         ||  |!三三三i|!三三三i|/|  .;:,
     |    |[]       ||  |!三三三i|!三三三i|/|  _______Ⅰ__. <二
∠   |    |         ||  |!三三三i|!三三三i|/ /  r=====┐ШШ  /  .|..::
_  ,;': |__|_____||_|!三三三i|!三三三i| /__|      |___/ |_<二
/|  /              |!三三三i|!三三三i|/ ||─‐|___|─‐||  /  .|..::
  |/                             |l   |」   .|」   .||/   .<二
  |
  |
  | ̄ ̄ ̄/|                                 ____
  |    /  |                               /~::~/|
/  ./ ../|                              /~::~/ |

     ┌───────────────────────┐
     │ノエルによると、この倉庫に置いてある家具やら、   ..
     │用途不明な機材やらの半分ぐらいは、          .
     │二人が軽トラを用いて、粗大ゴミ置き場等から      .
     │持ち運んで来てくれたそうです。              .
     └───────────────────────┘



256 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:25:46 ID:vcYL98DM


               \    ヽ V/ / /
        __ , .イ       V }  イニミー- ノ
         ̄¨ー .,      /ヽ   / ヽ r-イ
           /     ./:::...:.>=<__:.:ハ \         ,ィ
         ./      i / <´       >::> >..._    / '--ァ
  、__ , ィ    /   ハ !  ,, -        ハ 从 <    ヘ   '-ァ
    ̄ ̄= ≠  { i   /八! /           }/ ヾミ;、   ヘ=-┴
         /   !i!  //  ,'                \
         ,'    ハ  川 /  ,     /              ヘ
       /     ∧ |  ,  ,'     ,ィ       ,'   i   ハ
     / _,      }! i  ,'   ,/ ,'    / /i   ./|    |
   / イ7      |  |  ,' ´¨,テナ=i‐-  ィ/ 十-.|,,_i    .i
    ̄  i    i!  从  | .i l / しヘ、//| ,孑气く     .|
       |  / .|   ∧ .| .| lK| {::::} |   l/l f:::i lヾノ/   |
       人 八 {、  ,' ∧ > l, 弋_辷'ン_      、辷ン  /  / ノ.,'
      / | {_ ノ!   |::|{ \!    ̄"´      `" ̄ イ.///./      「どうして、こんな事を――って、
       Vーイ{   |::| ト.、 > u         '    イ/         ああっ、私のキノピオたんがっ……!」
            /   .|::| |::|::|             ,ィ'
         /  /Y゚|::| |::|::|、    ⊂ニ=⊃  /
         /../ _ト.|::| 川゚|          /
         ー "   ノ/!_|  .|: |,,,__    l ̄ ´
                 y' `~~"'-ミ二ニl
             >'"         t、
           /             \





                  \_                         f´ ̄ ̄ ̄`ヽ
           ーテ¨´ ̄ ̄ ̄  `丶、                     | ボッカーン!! .>
         .  ´               \                   廴___ ノ
        /                  ∨
     ー=''´                   ヽ
      7/      /  /|           .!
      /  / // 〃  |,ハ             ',
      ノ //,.x< ///  ||            !
      7/xヘ`tv`   ___,,..    |/|    j    ハ{
      /ィ|          ¬tz-,. |     从    |     「そりゃぁねぇ……だってノエルちゃん可愛いし、
       l{   /       ̄   |    /  }  ハ|     一人でこんな事を頑張ってるって聞いちゃったら、
       ハ              |/| /   八 {      ダメダメだけど無駄に時間を余らせてる大人としては、
       |∧                |/ / /       思わず応援したくなっちゃうじゃないか――
            丶  ..___       z‐'゙ /|/        クックックッ……まだまだ俺の腕は衰えていないようだねぇ……!」
           ',         _.    }j  /
         'ー   -=≦     ^ヘ{
             ',  _,,.. -=''"¨´ ̄ ̄{
             }/      _、 <._
           _,,∠ ~'⌒´ ̄   ̄⌒ーヘ.__
       __厂⌒                  \_
      ノ   、_,、_ 、_ノ^ヽ.._,,.__          `

     ┌───────────────────┐
     │ない子さんは、何故か陰険そうな男と      .
     │スーファミ版のMリオカートをやりながら、  ....
     │二人が協力している理由を聞きました。    .
     └───────────────────┘



257 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:25:56 ID:vcYL98DM


  / / / /     /  /     } \
 / / /  | | ̄ ̄ ̄厶イレ    /   \
 |/| | |  くニ\ |   / / |/ レイ   ハ|
   〉 \> \|」  レイ|i|_丁  :|   | |
   レイヽイ |i|丁}   \_    厶イ⌒|リ
    厶 | /r'           |.  |     「俺達飛行機の事なんてさっぱり分かんねーけどよ、
      ハ|   ` ^         /  /      .自由業、つーかエロ屋だし、こんぐらいの事やる
      |. ',             | ィ |      時間ならいくらでも取れっからよぉ」
      \|             / |V
        \   ー‐‐ '    /  |
          \.      / /  :|\       「つーかテメェ、少しは手伝いやがれや!」
           | ̄ ̄ ̄ ̄  / /  |\
           /\   / ̄ ̄    /





               /       /| ∧    \_
              _/     //  |/ |ハ    〈      「ハハハッ……俺は生憎と頭脳労働派だから、
             ^1    /|//_,. / 、_ |/|   ',       肉体労働的なものは君にまかせるよ~」
              } j  |/,z云‐     ‐云z,|   ハ
               /从 l           |ハ j从   「それに俺、片っ端からガラクタ詰め込もうとしてる
              '⌒j∧|       、 ,       jハリ      君と違って、ちゃーんと使えそうなもの選別してたじゃないか」
               八 :、            /
                 ヘ、 `¨ ̄ ̄¨´  /「
                   >、        ,ィ{/^          「だから今は休憩させてもらってるのさ、ハハッ☆」
                 /_| `    ´ ]:\
    、_ノ{/しヘ..    // :|      |:_ヽ\       /Lノ^ヘ..__
    〉        `¨}>'´ : 厂´__.. 、  ,... __`|: : .`<{`¨´     <
   <          `7 : : :| 、             ,|: : : :_r'^       〈
    /   ーn     { : : :| \          / |: : _}      _,.、 <^
   ^7  / レヘ、    `^{_:|   丶      /   」ノ     _/^Y^. : `V^
     ⌒7. :|: :厂^Tヽ.,__,`Z、   \__/   〈__,.r~'T~ : : |: : : : :{
       } : :|:/ . : :| : : : | : : :\_       _/. :|: : /. : : : :|: : : : : |
      /. : : |/. : : : | : : : | : : : : /      !: : : :|: /. : : : : :|: : : : : :l
     / . : : { : : : : :| : : : | : : : /       | : : :|/. : : : : : :| : : : : : l

   ┌─────────────────────────┐
   │どうやら二人は、ただの酔狂ではなく、              .
   │割と真面目にノエルに協力しているようでした。       ....
   │                                   .....
   │あれよあれよという間に、粗暴そうな男の手によって、     │
   │何かの機械やら古いPCやらそれを置くらしき          .
   │小汚いテーブルなどが運び込まれていきました。      ....
   └─────────────────────────┘



258 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:26:06 ID:vcYL98DM



                       ●


                       ●

                  __
           .     〃 /   ゙ヽ
                {{ iノL从_i}
                iヘ | ゚ -゚ノノ  リンジバメン テンカン チュウ…
                 ~/iI蒸I}
                 くヨハE〉
                  L」_」

                       ●


                       ●




259 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:26:16 ID:vcYL98DM


                  \_
           ーテ¨´ ̄ ̄ ̄  `丶、
         .  ´               \
        /                  ∨
     ー=''´                   ヽ
      7/      /  /|           .!
      /  / // 〃  |,ハ             ',
      ノ //,.x< ///  ||            !
      7/xヘ`tv`   ___,,..    |/|    j    ハ{
      /ィ|          ¬tz-,. |     从    |     「――さぁて……本当はもう少し、アダルティな話でもして、
       l{   /       ̄   |    /  }  ハ|     生JKにセクシャルハラスメントでもかましたかったけど、
       ハ              |/| /   八 {      友達がいるようじゃあ、そいつも難しそうだし、
       |∧                |/ / /       俺達はそろそろ退散するよ」
            丶  ..___       z‐'゙ /|/
           ',         _.    }j  /
         'ー   -=≦     ^ヘ{
             ',  _,,.. -=''"¨´ ̄ ̄{
             }/      _、 <._
           _,,∠ ~'⌒´ ̄   ̄⌒ーヘ.__
       __厂⌒                  \_
      ノ   、_,、_ 、_ノ^ヽ.._,,.__          `





                    -- 、 ,ィ -- 、
                  ,.-‐ '´ r-ミヽ / へ,.-、\
               / _/ ̄ .r-、ヽ/___   \.\
                 / .// ..:..:..:ム___.∨:___ヽ.   ヽ ',
            <...:.l..l l..:.:ハ..ト、       }..:..:..:..:.l ヽ
            ≦..:..:..vl:l >l-トl、 l  ,  レ }/l.:./: く
             ろ_..:.l..:| ¨_二ヽニァ}.l l ___ノ,ニ>イ..:..:ミ
          ,. -く. /.}__:l  ! {_:j ' >  Z''r‐-、 }..:__.「
          l   / Y.:.:.}-<´       |       l/r V     「ついでに土産も持ってきてやったからよぉ、
          r┴‐く ̄.|`'7  }      |       .ムy /      二人で仲良く飲みな、カッカッカッカッ!」
          /¨'‐ 、. \\|  {      ' ^      .ム ノ
          |ヽ   `く ). ` l  r――――‐ァ  /¨
         l  `¨' ‐ク   |  `ー……―'  ./
        ',        /\    ̄ ̄   ./l
         ヽ        ,.イ_ . \     /  |>、
      ___/ `ー   /|  `  、_ ̄ ̄_,. -‐'  .| \-- .._
__.  -‐ ' , -/ \     / .|   | ̄`'┴┴  ̄|  .|   ヽ     ̄¨ ー―‐┐
 \  / \   ` 、. / .|\   フ¨'T T T弋 / |   ヽ             ヽ
  .\/    \     7 .ト、 \/ l  l | |  ' l .|    ',        l   ヽ




260 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:26:27 ID:vcYL98DM


            /   /                :.
          '   /    /             ハ
         i   '    /l     l   ト.       l }
         l    ハ-/‐l ,   |、 」_!  ,     | /
         八  ∨ jノ .|ハ.   | ヽハlヽ/    //
          ヽ ハ ヾヒテ' \|`ヒテ>ハ    /, |
           |  ゝ :::::      ::::: 厶イ  /∧|
           |  ∧    ′     ._, l  '/   「……二人とも、いつもありがとう」
             И  ト.  ` ´   .イ/: l /
           , -‐ヘ.  |l `≧=-<__|_厶  ∧
        /> 、 ヽ|`丶、    / / ∧厶ヽ
       /⌒′  \      ー=≠\^ イく/ \>、
.      /         丶 、      /ヽ  }    }∧
      { \         |` ーr‐ ´   | \!   / }





                       /     `丶、
                        /     , /ヽ、  \
                    ,__ノ   / /|/L.._ },ハ|  ト、
                    `7   /|/´   ,_  |  |
                      レ ハ{ ,ノ        j |     「なーに、別に全然オール構わないさ~」
                      |ハ j、  !   __   ハN
                        `|,ハ.  、'´ /  八|    
                          \  ̄   / |リ      「だって俺達、例のイメ~ジビデオで、
                                - ゙   |         た~~んまり儲けさせてもらったからね~☆」
                             _」       |、_
                  _,、____ ,. -‐ヘ,寸 }     _} 厂` ー- 、
                  }: : : /    V '、   ‐,ァ゙ /      `ヽ
                  ,_,,」: : j       \\ _//           }、___
                  r'^ 〈 : : /  }      \_,/          _」ン . : : 八_
    /⌒ ー- .._   _,≧ン゙/ ___」                 //. : : : : : >'⌒´ ̄
  ,ノ. : : : : : : : : : `'<.._ ̄ ̄ ̄  !                  /_... : : : /. : : : : : : : :
  |: : : : : : : : : : : : : : : : : :二` : : : ;ハ                /. : : : : :/. : : : : : : : : : :
  !: : : : 、: : : : : : : : : :`¨ニ=- : : : : :,                 /. : : : '´. : : : : : : : : : :/
  }、: : : : .\: : : : : : : : : : : : : : :`ヽ: :}     ``           ム._/. : : : : : : : : : : :/. :
  {: :ヽ、: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|              厂 : : : : : : : : : : : :/. : : :
  {ゝ、: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|             , : : : : : : : : : : : : : : : _:ノ^´

    ┌─────────────────────────┐
    │ノエルの若干嬉しそうな、本当に感謝してそうな        
    │表情から察するに、どうやら二人は、             ....
    │ノエルの言う通り、本当に『悪い人じゃない』ようです。    .
    │                                   .....
    │ない子さん、思わず二人を見直しちゃいました。      ......
    └─────────────────────────┘



261 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:26:37 ID:vcYL98DM

                  \_
           ーテ¨´ ̄ ̄ ̄  `丶、
         .  ´               \
        /                  ∨     /
     ー=''´                   ヽ    .―
      7/      /  /|           .!   \
      /  / // 〃  |,ハ             ',
      ノ //,.x< ///  ||            !
      7/xヘ`tv`   ___,,..    |/|    j    ハ{
      /ィ|          ¬tz-,. |     从    |
       l{   /       ̄   |    /  }  ハ|
       ハ              |/| /   八 {
       |∧                |/ / /       「……おっと、一つ用件を言うのを忘れてた。
            丶  ..___       z‐'゙ /|/        実は俺達、最近また新しくエロサイトを立ち上げたんだけどさ……」
           ',         _.    }j  /
         'ー   -=≦     ^ヘ{
             ',  _,,.. -=''"¨´ ̄ ̄{
             }/      _、 <._
           _,,∠ ~'⌒´ ̄   ̄⌒ーヘ.__
       __厂⌒                  \_
      ノ   、_,、_ 、_ノ^ヽ.._,,.__          `





       !/ /     .ヘヽV」∠ヽ.   \\\
    __ノ/ .. - 、 ̄ ≠‐ - :.:`ヽへ  \\}
      フ  /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ:.:V| !   V {
    ///: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :Ⅵリ : : : : : :、  ━━┓
    i//: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ∨ハ: : i: : 、: \     ┃
    /:: : : : ::| │: : : : : : : :ヽ: : : : |: : : : | ∨} : }: : :厂`   .┏┛
    |: : |: : :/|: :|: : : : : ヽ│: | : : : |: : : : レレ∨}:j!: : ト、    .・
    |: : |: : l:八:|: : : : : : :ト|、:|\ : | : : : :}∨j/: :j!: : :レ
    |: :i|: : |  人: : |: : 八|∨ ̄| ∧: : : ル─く/V⌒ヽ
    |: :i|: : |/ _\|: /  γ⌒ヽ |: : //⌒Y}:厂! !
    厶八.:ハ.γ⌒ヽ    ゝ __ノ |: ∧し///.:|!ノ| {     「……エロ、サイト……?」
     |: :\∧ゝ __ノ           (|/\\イ : :ハ∧ゝ
     |/∨/ // ) ,     (\ ヽ ',ヽV N
       〈/ {∨ /    _  ヽ丶 | | | |八
        {  |/ 〈、   ̄    } j_| l | |\
          j  } >   _,.. ィノ `  ` }  〉ー---――-、
        丶、 '⌒丶  ∨|く/     / /     /
       /{ ̄\     \ マ7        / /     /    |

   ┌──────────────────────┐
   │ない子さんが見直した途端、               .
   │陰険そうな男の口から発せられる嫌な予感。     │
   │                                │
   │二人に自分からも感謝の言葉をかけようとした   ...
   │口がピタリと止まります。                ....
   └──────────────────────┘



262 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:26:49 ID:vcYL98DM


               /       /| ∧    \_
              _/     //  |/ |ハ    〈  
             ^1    /|//_,. / 、_ |/|   ',    「……そのトップページに、ノエルちゃんの
              } j  |/,z云‐     ‐云z,|   ハ    セクシーでキュートな写真を、客釣り用に
               /从 l           |ハ j从    何枚か載せたいんだけどさ……」
              '⌒j∧| xxx  、 ,   xxx  jハリ
               八 :、         u /
                 ヘ、 `¨ ̄ ̄¨´  /「     「バイト料また出すから、やってくれない……?」
                   >、        ,ィ{/^
                 /_| `    ´ ]:\
    、_ノ{/しヘ..    // :|      |:_ヽ\       /Lノ^ヘ..__
    〉        `¨}>'´ : 厂´__.. 、  ,... __`|: : .`<{`¨´     <
   <          `7 : : :| 、             ,|: : : :_r'^       〈




                 ___
                ´    ` ̄`丶、
             /     _         \
             _      `\      ヽ
           / /         ヽ      '、
             / /    {   |\       ヽ  i
          ′     ,'|  |  ヽ\│    :|  |
            /     | / |l  i| 七ト-│ }  :| ,′
        /イ  |  N-八__リ  '弋| /   i /     「……バイト料にも、よるけど――」
         | l  |ハ_|{代心    ''' |     八
         |八   i\`´  ,    レ|  :/⌒
         ∨ ' 、   ヽ   、-,  |  厂^>
.               ヽ   个ト  ..__ イ|  ∧_/
               }    |'V⌒ハ  /| ん' >‐ 、
               |人  |人  ┴〈  ∨ムイ   ヽ




         !/ /    .ヘヽV」∠ヽ.    \\\
    __ノ/ ..- 、  ̄≠‐- :.:`ヽへ  \\}       ,ィ
      フ  /           `ヽ:.:V| !   V{      / '--ァ
    ///                Ⅵリ    `.、    ヘ   '-ァ
 .   i//   ハi  .|  |  |      ∨ハ  i  、\    ヘ=-┴
    /  ./ /Vヽ!_!、__|ト、_      ∨}  }  厂`
     l/|/Vトく._  i i _, ィ≦´\ト、  :j/  j!レ'  っ
     | r─‐─≧! レチ‐──‐┐`|ハ | |/V⌒ヽ
     lハ  li   ノ  ヽ. li  ,ノ  |ハ j /V/! ! |  っ
    ,ィ|  ` ┴ '´ , --、 `┴‐'´   } l /´} !ノ|{
   . { ! /// /   \ /// u | ./ソハ「::l∧ゝ
    `ヘ .u /      ヽ.    V : : / :/     「だっ、ダメーッ!!
       .へ. i  (⌒ ー---ム..,ィ≦てヽ:/ :/{      そんなエロイの、ダメーッ!!!」
       rく`{   `ー-rァ   ⌒ヽ ヽV/
      { ヽ` >ーzrァ{{ / /  〉 小1
      ハコヽヽr千 乙_メし.ん∠-‐'7
     / jコ \\ヽ/`爪ヽく.ハ\_ノ/
     ‐1_     | Yヽハ トイ  |   _/
       丁 ̄L_l_,√ト!.__|__/ /
        |  | 〉ヽヽ〉 〉-- /

     ┌────────────────────┐
     │こうして、陰険そうな男のエロい目論見と、    .
     │ノエルの若干乗りかかった儲け話と、     ......
     │ない子さんの二人に対する評価は、      .....
     │敢え無くボッチャンと、沈没してしまいましたとさ   │
     └────────────────────┘

            ┌─────────────┐
            │めでたし、めでたし……?    .
            └─────────────┘



263 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 00:27:02 ID:vcYL98DM



                       ●


                       ●

                  __
           .     〃 /   ゙ヽ
                {{ iノL从_i}
                iヘ | ゚ -゚ノノ  チョットザンネン テンカン チュウ…
                 ~/iI蒸I}
                 くヨハE〉
                  L」_」

                       ●


                       ●



中編 『 空も飛べるはず 』 その2